このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1966年の野球とは?

移動先: 案内検索

1966年
こちらもご覧下さい

【社会】

政治 経済 労働 教育 交通 鉄道
【文化と芸術】

映画 日本公開映画 音楽 ラジオ
日本のテレビ 芸術 文学 出版 囲碁
【スポーツ】

スポーツ 日本競馬 サッカー 自転車競技 相撲 バスケ バレー 野球 NFL 競輪
【科学と技術】

科学 気象・地象・天象 台風 航空
【地域】

日本 日本の女性史
各年のスポーツ

1964 1965 1966 1967 1968
【日本競馬】

1964 1965 1966 1967 1968
【サッカー】

1964 1965 1966 1967 1968
【自転車競技】

1964 1965 1966 1967 1968
【相撲】

1964 1965 1966 1967 1968
【バスケットボール】

1964 1965 1966 1967 1968
【バレーボール】

1964 1965 1966 1967 1968
【野球】

1964 1965 1966 1967 1968
【NFL】

1964 1965 1966 1967 1968
【競輪】

1964 1965 1966 1967 1968
■ヘルプ

< 1966年 | 1966年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
      • 1.1.2 日本シリーズ
      • 1.1.3 個人タイトル
      • 1.1.4 ベストナイン
      • 1.1.5 オールスターゲーム
      • 1.1.6 ドラフト会議
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 大学野球
    • 1.4 社会人野球
    • 1.5 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 1月
    • 2.2 2月
    • 2.3 3月
    • 2.4 4月
    • 2.5 5月
    • 2.6 6月
    • 2.7 7月
    • 2.8 8月
    • 2.9 9月
    • 2.10 10月
    • 2.11 11月
    • 2.12 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 11月
    • 3.12 12月
  • 4 死去
  • 5 出典

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ

【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差

優勝 | 読売ジャイアンツ | 89 | 41 | 4 | .685 | -
2位 | 中日ドラゴンズ | 76 | 54 | 2 | .585 | 13.0
3位 | 阪神タイガース | 64 | 66 | 5 | .492 | 25.0
4位 | 広島カープ | 57 | 73 | 6 | .438 | 32.0
5位 | 大洋ホエールズ | 52 | 78 | 0 | .400 | 37.0
サンケイアトムズ | 52 | 78 | 5 | .400 | 37.0
パシフィック・リーグ

【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
【ゲーム差】

優勝 | 南海ホークス | 79 | 51 | 3 | .608 | -
2位 | 西鉄ライオンズ | 75 | 55 | 8 | .577 | 4.0
3位 | 東映フライヤーズ | 70 | 60 | 6 | .538 | 9.0
4位 | 東京オリオンズ | 61 | 69 | 4 | .469 | 18.0
5位 | 阪急ブレーブス | 57 | 73 | 4 | .438 | 22.0
6位 | 近鉄バファローズ | 48 | 82 | 3 | .369 | 31.0

日本シリーズ

1966年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月12日(水) | 第1戦 | 南海ホークス | 5-12 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
10月13日(木) | 第2戦 | 南海ホークス | 5-2 | 読売ジャイアンツ
10月14日(金) | 移動日
10月15日(土) | 第3戦 | 雨天中止 | 大阪球場
10月16日(日) | 読売ジャイアンツ | 3-2 | 南海ホークス
10月17日(月) | 第4戦 | 読売ジャイアンツ | 8-1 | 南海ホークス
10月18日(火) | 第5戦 | 読売ジャイアンツ | 3-4 | 南海ホークス
10月19日(水) | 第6戦 | 南海ホークス | 0-4 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
【優勝:読売ジャイアンツ(2年連続8回目)】

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ

【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
【成績】

最優秀選手 | 長嶋茂雄 | 巨人 |  | 野村克也 | 南海 | 
最優秀新人 | 堀内恒夫 | 巨人 |  | 該当者なし | 
首位打者 | 長嶋茂雄 | 巨人 | .344 | 榎本喜八 | 東京 | .351
本塁打王 | 王貞治 | 巨人 | 48本 | 野村克也 | 南海 | 34本
打点王 | 王貞治 | 巨人 | 116点 | 野村克也 | 南海 | 97点
最多安打 | 長嶋茂雄 | 巨人 | 163本 | 榎本喜八 | 東京 | 167本
盗塁王 | 柴田勲 | 巨人 | 46個 | 山本公士 | 阪急 | 32個
最優秀防御率 | 堀内恒夫 | 巨人 | 1.39 | 稲尾和久 | 西鉄 | 1.79
最多勝利 | 村山実 | 阪神 | 24勝 | 米田哲也 | 阪急 | 25勝
最多奪三振 | 村山実 | 阪神 | 207個 | 田中勉 | 西鉄 | 217個
最高勝率 | 堀内恒夫 | 巨人 | .889 | 皆川睦男 | 南海 | .720

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
村山実 | 阪神 | 田中勉 | 西鉄
捕手
森昌彦 | 巨人 | 野村克也 | 南海
一塁手
王貞治 | 巨人 | 榎本喜八 | 東京
二塁手
高木守道 | 中日 | 国貞泰汎 | 南海
三塁手
長嶋茂雄 | 巨人 | T.ロイ | 西鉄
遊撃手
一枝修平 | 中日 | 小池兼司 | 南海
外野手
江藤愼一 | 中日 | 高倉照幸 | 西鉄
中暁生 | 中日 | 張本勲 | 東映
山本一義 | 広島 | 毒島章一 | 東映

オールスターゲーム

詳細は「1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

ドラフト会議

詳細は「1966年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)」を参照

高校野球

中京商業が作新学院に続く史上2校目の春夏連覇

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1966年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

 | 
この節の加筆が望まれています。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

  • 6月6日 - 大洋の監督の三原脩が健康診断のため東京の九段坂病院に入院。
  • 6月7日 - 後楽園球場での東映対東京の9回戦において、7回表の東京の攻撃中にライトの故障と雷雨によってサスペンデッド・ゲームとなり、翌6月8日に続行の試合が行われることに。
  • 6月12日 - 西鉄の清俊彦北九州市営小倉野球場での近鉄バファローズダブルヘッダー第二試合の9回戦においてノーヒットノーランを達成。
  • 6月17日
    • 東京オリオンズ小山正明が東京球場での対西鉄11回戦に先発登板して無四球の完投勝利を収め、プロ野球新記録の通算58無四球試合を記録。
    • 南海の皆川睦雄が大阪球場での対対東映10回戦の1回表に三沢今朝治から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。
  • 6月19日 - 阪神の山内一弘が甲子園球場での対広島9回戦の4回裏に二塁走者で藤井栄治の適時二塁打で生還し、プロ通算1000得点を達成。
  • 6月26日 - 中日の江藤慎一が川崎球場での対大洋ダブルヘッダー第一試合の11回戦の6回表に安打を放ち、プロ通算1000本安打を達成。
  • 6月28日 - 西鉄の稲尾和久が平和台球場での対東京15回戦で勝利投手となり、金田正一、別所毅彦、ヴィクトル・スタルヒンに次いで通算250勝を達成。
  • 6月30日 - 巨人の森昌彦が札幌円山球場での対阪神11回戦に出場し、プロ通算1000試合出場を達成。

7月

  • 7月6日 - 東京の井石礼司がプロ野球2万号ホームランを放った。
  • 7月17日 - 阪神の村山実が甲子園球場での対大洋17回戦に先発して完投勝ちして17勝目を挙げ、プロ通算150勝を達成。

8月

  • 8月1日 - 第37回都市対抗野球野球大会の決勝戦が後楽園球場にて午後6時半から行われ、東京都の熊谷組が和歌山市の住友金属を4-3で下し、東京都が優勝。
  • 8月2日 - 中日の広野功が中日球場での中日対巨人14回戦において、5対3と巨人リードで迎えた9回裏に代打で起用され、堀内恒夫から代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、7対5で中日がサヨナラ勝利。
  • 8月4日 - 中日の江藤慎一が中日球場での対巨人16回戦に出場し、プロ通算1000試合出場を達成。
  • 8月12日 - 南海の皆川睦雄が大阪球場での対東京21回戦で勝利投手となって15勝目を挙げ、プロ通算150勝を達成。
  • 8月13日 - 阪神は監督の杉下茂が辞任し、総監督の藤本定義が監督に就任したと発表。
  • 8月14日 - 阪急の米田哲也が日生球場での対近鉄21回戦で勝利投手となって16勝目を挙げ、プロ通算200勝を達成。
  • 8月18日 - 巨人の王貞治が川崎球場での対大洋22回戦4回表に38号本塁打を放ち、プロ通算250本塁打を達成。
  • 8月24日 - 全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が甲子園で行われ、愛知県の中京商が愛媛県松山商に3対1で勝利し、12年ぶり6度目の優勝と共に、史上2校目の春夏連覇を達成。
  • 8月26日 - 中日の板東英二が対巨人戦において、NPB史上2度目の1球勝利投手を記録。

9月

  • 9月4日 - 阪神の権藤正利が甲子園球場での対巨人ダブルヘッダー第一試合の22回戦の三回表途中から救援登板し、プロ通算500試合登板を達成。
  • 9月5日 - プロ野球の1966年度の第一次新人選択会議が午後1時から銀座の日生会館で開かれる。
  • 9月6日 - 巨人の城之内邦雄が後楽園球場での対大洋23回戦で勝利投手となって20勝目を挙げ、プロ通算100勝を達成。
  • 9月10日 - 後楽園球場での巨人対サンケイ25回戦で、巨人の王貞治が五回裏と七回裏に敬遠され、プロ野球新記録となる1シーズン37個目の故意死球。サンケイの岡島博治は一回表に安打を打ち、プロ通算1000本安打を達成。
  • 9月13日 - 阪急の中田昌宏が日生球場での対近鉄22回戦で9号、10号本塁打を打ち、プロ通算150本塁打を達成。
  • 9月18日 - 中日球場で行われた中日対巨人22回戦で、中日はプロ野球新記録となる1試合10投手登板。
  • 9月19日 - 阪急の梶本隆夫が西宮球場の対南海ダブルヘッダー第一試合の25回戦に先発登板して敗戦投手となり、プロ野球新記録となる14連敗となる。
  • 9月22日 - ヤンキースタジアムでのニューヨーク・ヤンキースシカゴ・ホワイトソックスは4対1でホワイトソックスが勝利。この試合の観客は同球場史上最少の413人。
  • 9月23日 - 巨人対阪神24回戦が後楽園球場で行われ、巨人が阪神に4-1と勝利し、2年連続のセ・リーグ優勝。
  • 9月30日 - 東京の鈴木隆は東京球場での対東映26回戦の三回表に毒島章一から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。

10月

  • 10月4日 - 南海の野村克也が大阪球場での対東映25回戦の一回裏に安打を打ち、プロ通算1500本安打を達成。
  • 10月6日 - 南海の野村克也が大阪球場での対東映27回戦の六回裏に34号本塁打を打ち、プロ通算350本本塁打を達成。
  • 10月9日 - 西鉄対東映のダブルヘッダー第一試合の27回戦が後楽園球場にて正午から行われ西鉄が1-2で敗れたため、先に全日程を終了していた南海のリーグ優勝が決定。
  • 10月12日 - サンケイの村田元一が川崎球場での対中日ダブルヘッダー第二試合の27回戦に先発して完投勝利し、プロ通算100勝を達成。
  • 10月18日 - 沢村賞の選考が東京運動記者クラブ加盟社の部長会によって東京・銀座の「レバンテ」にて行われ、巨人の堀内恒夫と阪神の村山実を選出。
  • 10月19日 - 日本シリーズの第6戦が後楽園球場において行われ、巨人が南海に4対0で勝利し、4勝2敗で2年連続日本一を達成。
  • 10月20日 - プロ野球の最優秀選手、最優秀新人、ベストナインを選ぶ記者投票の開票が午前10時から行われ、最優秀選手にセ・リーグは巨人の長島茂雄、パ・リーグは野村克也、最優秀選手にセ・リーグは巨人の堀内恒夫、パ・リーグは「該当者なし」に。
  • 10月31日 - 巨人の広岡達朗はオーナーの正力亨と東京・銀座の読売新聞社重役室にて話合い、その後正力は広岡が現役を引退し31日付けで任意引退とすると発表。

11月

  • 11月6日 - 日米野球11回戦の全日本対ロサンゼルス・ドジャースの試合が後楽園球場で行われ、1959年以来2度目の昭和天皇夫妻が観戦する天覧試合となり、試合は11対3で全日本が勝利。
  • 11月8日 - プロ野球の第2次ドラフト会議が正午から東京・銀座の日生会館にて行われ、この日は国体出場の高校生と大学生、一部の社会人を対象で行われる。
  • 11月18日 - 【MLB】ロサンゼルス・ドジャースのサンディー・コーファックスが右肘の故障を理由に現役引退。
  • 11月22日 - 東京は午後、東京・丸の内の東京会館にて来季の首脳陣を発表し、新監督に戸倉勝城が就任したと発表。

12月

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

2010Happy Mail