このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1967年の大洋ホエールズとは?

成績
セントラル・リーグ4位
59勝71敗5分 勝率.454
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場

球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 三原脩
« 1966
1968 »

1967年の大洋ホエールズでは、1967年の大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、三原脩監督の8年目のシーズンである。

概要

前年サンケイと同率の最下位に沈んだチームは打撃陣のテコ入れを図るべく、ディック・スチュアートを獲得。また外野手転向の江尻亮がこの年からレギュラー定着し、また捕手陣では伊藤勲に次ぐ2番手捕手として福嶋久晃が入団し、投手陣も秋山登島田源太郎に代わるエース候補として平松政次が入団するなど徐々に1960年の初優勝メンバーから別当薫体制への転換がはかられた。この年三原監督・別当ヘッドコーチの2頭体制でスタートしたチームだが、投手陣は高橋重行稲川誠、この年入団の山下律夫などが健闘するもそれ以外の投手は不調で、チームはサンケイと4位争いを演じた。最終的に1ゲーム差でサンケイを振り切ったものの、この年3連覇の巨人に25ゲーム、2位中日に13ゲームも離されて三原監督は辞任。新監督には別当ヘッドコーチが昇格した。シーズン途中には平松が都市対抗終了後に入団し、すぐにプロ入り初勝利をあげる明るい話題もあった。

チーム成績

レギュラーシーズン

開幕オーダー
1 二 | 近藤昭仁
2 右 | 江尻亮
3 中 | 近藤和彦
4 三 | 桑田武
5 一 | 松原誠
6 左 | 林健造
7 遊 | 松岡功祐
8 捕 | 伊藤勲
9 投 | 森中千香良
1967年セントラル・リーグ順位変動
【順位】
【4月終了時】
【5月終了時】
【6月終了時】
【7月終了時】
【8月終了時】
【9月終了時】
最終成績
1位 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | --
2位 阪神 | 阪神 | 6.5 | 中日 | 6.0 | 中日 | 6.5 | 中日 | 17.0 | 中日 | 15.0 | 中日 | 12.0
3位 大洋 | 1.0 | 中日 | 7.5 | 阪神 | 8.0 | 阪神 | 10.0 | 阪神 | 17.5 | 阪神 | 15.5 | 阪神 | 14.0
4位 中日 | 2.5 | サンケイ | 10.0 | サンケイ | 13.0 | サンケイ | 13.0 | 大洋 | 22.5 | 大洋 | 23.0 | 大洋 | 25.0
5位 広島 | 3.5 | 大洋 | 13.5 | 大洋 | 16.0 | 大洋 | 17.0 | サンケイ | 24.0 | サンケイ | 26.0 | サンケイ | 26.0
6位 サンケイ | 8.0 | 広島 | 16.5 | 広島 | 17.0 | 広島 | 19.5 | 広島 | 30.0 | 広島 | 34.5 | 広島 | 37.0
1967年セントラル・リーグ最終成績
【順位】
球団



勝率

優勝 | 読売ジャイアンツ | 84 | 46 | 4 | .646 | -
2位 | 中日ドラゴンズ | 72 | 58 | 4 | .554 | 12.0
3位 | 阪神タイガース | 70 | 60 | 6 | .538 | 14.0
4位 | 大洋ホエールズ | 59 | 71 | 5 | .454 | 25.0
5位 | サンケイアトムズ | 58 | 72 | 5 | .446 | 26.0
6位 | 広島カープ | 47 | 83 | 8 | .362 | 37.0

オールスターゲーム

詳細は「1967年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照
ファン投票 選出なし
監督推薦 森中千香良 | 近藤和彦 | 桑田武
補充選手 松原誠

できごと

 | 
この節の加筆が望まれています。

選手・スタッフ

大洋ホエールズ 1967
【監督】

60 三原脩


【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


表彰選手

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
【選手名】
【ポジション】
回数
近藤和彦 | 外野手 | 2年ぶり6度目

脚注

注釈

  1. ^ 1960年に一塁手部門で受賞しており、通算7度目。

出典

  1. ^ 年度別成績 1967年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月26日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞1967年5月19日13面「巨人の勝率8割 大洋 桑田の二百号むなし」毎日新聞縮刷版1967年5月p453
  3. ^ 毎日新聞1967年6月3日13面「三原・大洋監督も休養 代理は別当ヘッドコーチ」毎日新聞縮刷版1967年6月p73
  4. ^ 朝日新聞1967年10月4日13面「三原監督が辞意 大洋」朝日新聞縮刷版1967年10月p93
  5. ^ 朝日新聞1967年10月5日「三原監督が正式退団 後任は別当コーチ昇格」朝日新聞縮刷版1967年10月p129
« 1966
1967年の日本プロ野球
1968 »

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
優勝 読売ジャイアンツ 2位 中日ドラゴンズ 優勝 阪急ブレーブス 2位 西鉄ライオンズ
3位 阪神タイガース 4位 大洋ホエールズ 3位 東映フライヤーズ 4位 南海ホークス
5位 サンケイアトムズ 6位 広島カープ 5位 東京オリオンズ 6位 近鉄バファローズ
:日本一 :日本シリーズ出場

各年の横浜DeNAベイスターズ
【1950年代】
1950 | 1951 | 1952 | 1953 | 1954 | 1955 | 1956 | 1957 | 1958 | 1959

【1960年代】
1960 | 1961 | 1962 | 1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969

【1970年代】
1970 | 1971 | 1972 | 1973 | 1974 | 1975 | 1976 | 1977 | 1978 | 1979

【1980年代】
1980 | 1981 | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

【1990年代】
1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999

【2000年代】
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009

【2010年代】
2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019

【2020年代】
2020 |  |  |  |  |  |  |  |  | 

1953年開幕直前に松竹ロビンスと球団合併

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/03 04:15

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1967年の大洋ホエールズ」の意味を投稿しよう
「1967年の大洋ホエールズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1967年の大洋ホエールズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1967年の大洋ホエールズ」のスレッドを作成する
1967年の大洋ホエールズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail