このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1971年のロッテオリオンズとは?

成績
パシフィック・リーグ2位
80勝46敗4分 勝率.635
本拠地
都市 東京都荒川区
球場
東京スタジアム

球団組織
オーナー 中村長芳
経営母体 ロッテ
監督 濃人渉(7月23日まで)
大沢啓二(7月24日から)
« 1970
1972 »

1971年のロッテオリオンズでは、1971年のロッテオリオンズにおける動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、濃人渉監督の5年目のシーズンである。このシーズンが始まる前、大映がロッテに経営権を譲り、前年まで業務提携で参加していたロッテが経営母体となった。

概要

前年10年振りの優勝を果たしたものの大映の経営が悪化している永田雅一オーナーは、大映再建のために1月22日にロッテに経営権を譲り、長きに渡る野球生活に別れを告げた。

ペナントレースでは前年優勝を逃した阪急ブレーブスが盛り返しチームは追いつけない状態。そして7月13日にはその阪急戦で放棄試合事件が起き、球団は制裁金や損害賠償を含めて約500万円の大出費、10日後の7月23日にはその責任を問われるかたちで濃人渉監督は2軍監督へ降格、変わって大沢啓二2軍監督が後任に。たちまち1週間でゲーム差なしまで盛り返したものの追いつけず、2位となった。

シーズン終了後、「打つだけでは勝てない」と考えた大沢監督は、アルト・ロペス選手をヤクルトアトムズ外山義明投手、榎本喜八選手を西鉄ライオンズ村上公康選手とそれぞれ交換トレード。そして史上初の「両リーグ首位打者」を達成した江藤慎一選手を大洋ホエールズ野村収と交換トレード、打線が一気に小粒化した。

チーム成績

レギュラーシーズン

開幕オーダー
1 二 | 山崎裕之
2 中 | 池辺巌
3 右 | ロペス
4 一 | 江藤慎一
5 三 | 有藤通世
6 遊 | 前田益穂
7 左 | アルトマン
8 捕 | 醍醐猛夫
9 投 | 木樽正明
1971年パシフィック・リーグ順位変動
【順位】
【4月終了時】
【5月終了時】
【6月終了時】
【7月終了時】
【8月終了時】
最終成績
1位 近鉄 | -- | 阪急 | -- | 阪急 | -- | 阪急 | -- | 阪急 | -- | 阪急 | --
2位 阪急 | 0.5 | ロッテ | 2.5 | ロッテ | 6.5 | ロッテ | 1.0 | ロッテ | 3.5 | ロッテ | 3.5
3位 西鉄 | 1.0 | 近鉄 | 6.5 | 近鉄 | 14.0 | 近鉄 | 15.0 | 近鉄 | 15.5 | 近鉄 | 18.0
4位 南海 | 1.5 | 南海 | 12.0 | 南海 | 17.0 | 南海 | 14.5 | 南海 | 16.5 | 南海 | 22.5
5位 ロッテ | 2.0 | 東映 | 13.5 | 東映 | 21.0 | 東映 | 24.0 | 東映 | 28.0 | 東映 | 35.5
6位 東映 | 7.0 | 西鉄 | 西鉄 | 24.5 | 西鉄 | 26.5 | 西鉄 | 32.5 | 西鉄 | 43.5
1971年パシフィック・リーグ最終成績
【順位】
球団



勝率

優勝 | 阪急ブレーブス | 80 | 39 | 11 | .672 | -
2位 | ロッテオリオンズ | 80 | 46 | 4 | .635 | 3.5
3位 | 近鉄バファローズ | 65 | 60 | 5 | .520 | 18.0
4位 | 南海ホークス | 61 | 65 | 4 | .484 | 22.5
5位 | 東映フライヤーズ | 44 | 74 | 12 | .373 | 35.5
6位 | 西鉄ライオンズ | 38 | 84 | 8 | .311 | 43.5

オールスターゲーム1971

詳細は「1971年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照
監督 濃人渉
ファン投票 有藤通世 | 池辺巌
監督推薦 木樽正明 | 村田兆治 | 成田文男 | 醍醐猛夫 | 江藤慎一 | アルトマン

できごと

選手・スタッフ

ロッテオリオンズ 1971
監督 | 

二軍監督・コーチ | 

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 


表彰選手

リーグ・リーダー
【選手名】
【タイトル】
【成績】
回数
江藤慎一 | 首位打者 | .337 | 6年ぶり3度目
最高出塁率 | .408 | 初受賞
木樽正明 | 最多勝利 | 24勝 | 初受賞
ベストナイン
【選手名】
【ポジション】
回数
山崎裕之 | 二塁手 | 3年連続3度目
有藤通世 | 三塁手 | 3年連続3度目
アルトマン | 外野手 | 2年連続3度目

ドラフト

詳細は「1971年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)」を参照
【順位】
【選手名】
【ポジション】
【所属】
結果
1位 井上圭一 | 投手 | 三菱自動車川崎 | 翌年シーズン後に入団
2位 宮脇敏 | 投手 | 大倉工業 | 入団
3位 弘田澄男 | 内野手 | 四国銀行 | 入団
4位 倉持明 | 投手 | 日本鋼管 | 入団
5位 近藤重雄 | 投手 | 日本コロムビア | 入団
6位 松田光保 | 投手 | 藤沢商業高 | 入団
7位 橋爪昭二 | 内野手 | 国士舘大学 | 拒否・電電東京入社
8位 成重春生 | 投手 | 大昭和製紙北海道 | 入団
9位 上田容三 | 投手 | 松下電器 | 入団
10位 佐々木信行 | 捕手 | 佐沼高 | 入団
11位 薗部潔史 | 投手 | 常北高 | 入団
12位 奥田直也 | 投手 | 大鉄高 | 入団
13位 滝本康正 | 内野手 | 國學院大學 | 入団
14位 神農清治 | 外野手 | 花巻商業高 | 入団
15位 鈴木弘 | 内野手 | 大東文化大学卒 | 入団

脚注

注釈

出典

  1. ^ 年度別成績 1971年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月19日閲覧。
  2. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 千葉ロッテマリーンズ. 2016年6月23日閲覧。
« 1970
1971年の日本プロ野球
1972 »

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
優勝 読売ジャイアンツ 2位 中日ドラゴンズ 優勝 阪急ブレーブス 2位 ロッテオリオンズ
3位 大洋ホエールズ 4位 広島東洋カープ 3位 近鉄バファローズ 4位 南海ホークス
5位 阪神タイガース 6位 ヤクルトアトムズ 5位 東映フライヤーズ 6位 西鉄ライオンズ
:日本一 :日本シリーズ出場

各年の千葉ロッテマリーンズ
1950年代 | 
1950 | 1951 | 1952 | 1953 | 1954 | 1955 | 1956 | 1957 | 1958 | 1959

1960年代 | 
1960 | 1961 | 1962 | 1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969

1970年代 | 
1970 | 1971 | 1972 | 1973 | 1974 | 1975 | 1976 | 1977 | 1978 | 1979

1980年代 | 
1980 | 1981 | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

1990年代 | 
1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999

2000年代 | 
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009

2010年代 | 
2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019

2020年代 | 
2020 |  |  |  |  |  |  |  |  | 

1958年開幕直前に大映ユニオンズと球団合併

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/10 12:23

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1971年のロッテオリオンズ」の意味を投稿しよう
「1971年のロッテオリオンズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1971年のロッテオリオンズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1971年のロッテオリオンズ」のスレッドを作成する
1971年のロッテオリオンズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail