このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1972年のヤクルトアトムズとは?

成績
セントラル・リーグ4位
60勝67敗3分 勝率.472
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場

球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 三原脩
« 1971
1973 »

1972年のヤクルトアトムズ(1972ねんのヤクルトアトムズ)では、1972年のヤクルトアトムズの動向をまとめる。

この年のヤクルトアトムズは、三原脩監督の2年目のシーズンである。

概要

三原脩監督・中西太ヘッドコーチ体制になって2年、しかし依然として低迷が続き、特に6月21日大洋戦では2アウトから11点取られ、2日後の23日の巨人戦では1イニング13点を取られるという散々な状態で、チーム防御率は3.73とリーグ最下位に終わり、543失点はリーグワーストだった。しかし終わってみれば4年ぶりの4位、安田猛新人王最優秀防御率のダブル受賞、そして2年目の若松勉が、ここ数年巨人の長嶋茂雄王貞治(ON砲)に独占された首位打者となり、新たなスターが誕生した。打撃陣はチーム打率が.254とリーグ1位で、102盗塁は巨人と同率1位だったが、打高傾向の中でも115本塁打とリーグ最下位、またリーグ最下位の114失策と、エラーがらみで失点するパターンも多く目立った。カード別では3位の中日や大洋などに大きく勝ち越したものの、優勝の巨人には8勝17敗1分、2位の阪神にも8勝18敗と両球団から16勝しかあげられなかった。

チーム成績

レギュラーシーズン

開幕オーダー
1 左 | 若松勉
2 二 | 武上四郎
3 一 | ロバーツ
4 右 | ロペス
5 遊 | 船田和英
6 中 | 久代義明
7 捕 | 大矢明彦
8 三 | 荒川堯
9 投 | 松岡弘
1972年セントラル・リーグ順位変動
【順位】
【4月終了時】
【5月終了時】
【6月終了時】
【7月終了時】
【8月終了時】
最終成績
1位 中日 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | --
2位 大洋 | 1.0 | 阪神 | 大洋 | 2.5 | 阪神 | 阪神 | 4.0 | 阪神 | 3.5
3位 巨人 | 2.0 | 大洋 | 1.5 | 阪神 | 3.0 | 大洋 | 4.0 | 大洋 | 8.5 | 中日 | 7.0
4位 広島 | 3.0 | 中日 | 5.0 | 中日 | 4.0 | 中日 | 5.0 | 中日 | 9.0 | ヤクルト | 14.5
5位 阪神 | 4.0 | 広島 | 7.5 | ヤクルト | 13.0 | ヤクルト | 8.5 | ヤクルト | 12.0 | 大洋 | 17.0
6位 ヤクルト | 5.0 | ヤクルト | 10.0 | 広島 | 13.5 | 広島 | 12.5 | 広島 | 20.5 | 広島 | 24.0
1972年セントラル・リーグ最終成績
【順位】
球団



勝率

優勝 | 読売ジャイアンツ | 74 | 52 | 4 | .587 | -
2位 | 阪神タイガース | 71 | 56 | 3 | .559 | 3.5
3位 | 中日ドラゴンズ | 67 | 59 | 4 | .532 | 7.0
4位 | ヤクルトアトムズ | 60 | 67 | 3 | .472 | 14.5
5位 | 大洋ホエールズ | 57 | 69 | 4 | .452 | 17.0
6位 | 広島東洋カープ | 49 | 75 | 6 | .395 | 24.0

オールスターゲーム1972

詳細は「1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照
ファン投票 大矢明彦
監督推薦 松岡弘 | ロバーツ | 若松勉

できごと

選手・スタッフ

ヤクルトアトムズ 1972
監督 | 

一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 


表彰選手

リーグ・リーダー
【選手名】
【タイトル】
【成績】
回数
安田猛 | 新人王 | 
最優秀防御率 | 2.08 | 初受賞
若松勉 | 首位打者 | .329 | 初受賞
ベストナイン
【選手名】
【ポジション】
回数
若松勉 | 外野手 | 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
【選手名】
ポジション
大矢明彦 | 捕手

ドラフト

詳細は「1972年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)」を参照
【順位】
【選手名】
【ポジション】
【所属】
結果
1位 | 永尾泰憲 | 内野手 | いすゞ自動車 | 入団
2位 | 小田義人 | 内野手 | 大昭和製紙 | 入団
3位 | 上水流洋 | 投手 | 住友金属 | 入団
4位 | 山口高志 | 投手 | 関西大学 | 拒否・松下電器入社
5位 | 鈴木康二朗 | 投手 | 日本鉱業日立 | 入団
6位 | 水江正臣 | 投手 | 津久見高 | 入団

脚注

注釈

  1. ^ 第1打席で山下慶徳に交代

出典

  1. ^ 年度別成績 1972年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月4日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。 ISBN 978-4-583-10668-7。
« 1971
1972年の日本プロ野球
1973 »

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
優勝 読売ジャイアンツ 2位 阪神タイガース 優勝 阪急ブレーブス 2位 近鉄バファローズ
3位 中日ドラゴンズ 4位 ヤクルトアトムズ 3位 南海ホークス 4位 東映フライヤーズ
5位 大洋ホエールズ 6位 広島東洋カープ 5位 ロッテオリオンズ 6位 西鉄ライオンズ
:日本一 :日本シリーズ出場

各年の東京ヤクルトスワローズ
1950年代 | 
1950 | 1951 | 1952 | 1953 | 1954 | 1955 | 1956 | 1957 | 1958 | 1959

1960年代 | 
1960 | 1961 | 1962 | 1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969

1970年代 | 
1970 | 1971 | 1972 | 1973 | 1974 | 1975 | 1976 | 1977 | 1978 | 1979

1980年代 | 
1980 | 1981 | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

1990年代 | 
1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999

2000年代 | 
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009

2010年代 | 
2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019

2020年代 | 
2020 |  |  |  |  |  |  |  |  | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/10 01:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1972年のヤクルトアトムズ」の意味を投稿しよう
「1972年のヤクルトアトムズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1972年のヤクルトアトムズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1972年のヤクルトアトムズ」のスレッドを作成する
1972年のヤクルトアトムズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail