このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1973年の野球とは?

移動先: 案内検索

1973年
こちらもご覧下さい

【社会】

政治 経済 労働 教育 交通 鉄道
【文化と芸術】

映画 日本公開映画 音楽 ラジオ
日本のテレビ 芸術 文学 出版 囲碁
【スポーツ】

スポーツ 日本競馬 サッカー 自転車競技 相撲 バスケ バレー 野球 NFL 競輪
【科学と技術】

科学 気象・地象・天象 台風 航空
【地域】

日本 日本の女性史
各年のスポーツ

1971 1972 1973 1974 1975
【日本競馬】

1971 1972 1973 1974 1975
【サッカー】

1971 1972 1973 1974 1975
【自転車競技】

1971 1972 1973 1974 1975
【相撲】

1971 1972 1973 1974 1975
【バスケットボール】

1971 1972 1973 1974 1975
【バレーボール】

1971 1972 1973 1974 1975
【野球】

1971 1972 1973 1974 1975
【NFL】

1971 1972 1973 1974 1975
【競輪】

1971 1972 1973 1974 1975
■ヘルプ

< 1973年 | 1973年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
      • 1.1.2 パシフィック・リーグプレーオフ
      • 1.1.3 日本シリーズ
      • 1.1.4 個人タイトル
      • 1.1.5 ベストナイン
      • 1.1.6 ダイヤモンドグラブ賞
      • 1.1.7 オールスターゲーム
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 大学野球
    • 1.4 社会人野球
    • 1.5 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 1月
    • 2.2 2月
    • 2.3 3月
    • 2.4 4月
    • 2.5 5月
    • 2.6 6月
    • 2.7 7月
    • 2.8 8月
    • 2.9 9月
    • 2.10 10月
    • 2.11 11月
    • 2.12 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 11月
    • 3.12 12月
  • 4 死去
  • 5 脚注

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

  • 本年度より、パ・リーグは年間130試合(26回総当たりホーム・アンド・アウェー)を65試合ずつ(13回総当たり)の前後期2シーズン制を採用。異なるチームがステージ優勝した場合は、その2チームがプレーオフ(年度決勝戦)に進出して5戦3勝制を行う。同一チームが前後期完全制覇である場合はプレーオフなしでそのチームの年間優勝とした。
セントラル・リーグ

【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差

優勝 | 読売ジャイアンツ | 66 | 60 | 4 | .524 | -
2位 | 阪神タイガース | 64 | 59 | 7 | .520 | 0.5
3位 | 中日ドラゴンズ | 64 | 61 | 5 | .512 | 1.5
4位 | ヤクルトアトムズ | 62 | 65 | 3 | .488 | 4.5
5位 | 大洋ホエールズ | 60 | 64 | 6 | .484 | 5.0
6位 | 広島東洋カープ | 60 | 67 | 3 | .472 | 6.5
パシフィック・リーグ

【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
前・後

優勝 | 南海ホークス | 68 | 58 | 4 | .540 | 1・3
2位 | 阪急ブレーブス | 77 | 48 | 5 | .616 | 3・1
3位 | ロッテオリオンズ | 70 | 49 | 11 | .588 | 2・2
4位 | 太平洋クラブライオンズ | 59 | 64 | 7 | .480 | 4・5
5位 | 日拓ホームフライヤーズ | 55 | 69 | 6 | .444 | 5・3
6位 | 近鉄バファローズ | 42 | 83 | 5 | .336 | 6・6
※1・2位はプレーオフにより決定。

パシフィック・リーグプレーオフ

1973年 パシフィック・リーグプレーオフ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月19日(金) | 第1戦 | 阪急ブレーブス | 2-4 | 南海ホークス | 大阪球場
10月20日(土) | 第2戦 | 阪急ブレーブス | 9-7 | 南海ホークス
10月21日(日) | 第3戦 | 雨天中止 | 阪急西宮球場
10月22日(月) | 南海ホークス | 6-3 | 阪急ブレーブス
10月23日(火) | 第4戦 | 南海ホークス | 1-13 | 阪急ブレーブス
10月24日(水) | 第5戦 | 南海ホークス | 2-1 | 阪急ブレーブス
【年間優勝:南海ホークス】

日本シリーズ

1973年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月27日(土) | 第1戦 | 読売ジャイアンツ | 6-8 | 南海ホークス | 大阪球場
10月28日(日) | 第2戦 | 読売ジャイアンツ | 2-1 | 南海ホークス
10月29日(月) | 移動日
10月30日(火) | 第3戦 | 南海ホークス | 2-8 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
10月31日(水) | 第4戦 | 南海ホークス | 2-6 | 読売ジャイアンツ
11月1日(木) | 第5戦 | 南海ホークス | 1-5 | 読売ジャイアンツ
【優勝:読売ジャイアンツ(9年連続17回目)】

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ

【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
【成績】

最優秀選手 | 王貞治 | 巨人 |  | 野村克也 | 南海 | 
最優秀新人 | 該当者なし | 新美敏 | 日拓 | 
首位打者 | 王貞治 | 巨人 | .355 | 加藤秀司 | 阪急 | .337
本塁打王 | 王貞治 | 巨人 | 51本 | 長池徳二 | 阪急 | 43本
打点王 | 王貞治 | 巨人 | 114点 | 長池徳二 | 阪急 | 109点
最多安打 | 王貞治 | 巨人 | 152本 | 福本豊 | 阪急 | 152本
盗塁王 | 高木守道 | 中日 | 28個 | 福本豊 | 阪急 | 95個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
 | 王貞治 | 巨人 | 280個 | 張本勲 | 日拓 | .448
最優秀防御率 | 安田猛 | ヤクルト | 2.02 | 米田哲也 | 阪急 | 2.47
最多勝利 | 江夏豊 | 阪神 | 24勝 | 成田文男 | ロッテ | 21勝
最多奪三振 | 高橋一三 | 巨人 | 238個 | 成田文男 | ロッテ | 178個
最高勝率 | 倉田誠 | 巨人 | .667 | 八木沢荘六 | ロッテ | .875

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
高橋一三 | 巨人 | 成田文男 | ロッテ
捕手
田淵幸一 | 阪神 | 野村克也 | 南海
一塁手
王貞治 | 巨人 | 加藤秀司 | 阪急
二塁手
J.シピン | 大洋 | 桜井輝秀 | 南海
三塁手
長嶋茂雄 | 巨人 | 有藤通世 | ロッテ
遊撃手
藤田平 | 阪神 | 大橋穣 | 阪急
外野手
若松勉 | ヤクルト | 長池徳二 | 阪急
柴田勲 | 巨人 | 張本勲 | 日拓
江尻亮 | 大洋 | 福本豊 | 阪急

ダイヤモンドグラブ賞

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
堀内恒夫 | 巨人 | 成田文男 | ロッテ
捕手
田淵幸一 | 阪神 | 野村克也 | 南海
一塁手
王貞治 | 巨人 | C.ジョーンズ | 南海
二塁手
J.シピン | 大洋 | 桜井輝秀 | 南海
三塁手
長嶋茂雄
C.ボイヤー | 巨人
大洋 | 有藤通世 | ロッテ
遊撃手
藤田平 | 阪神 | 大橋穣 | 阪急
外野手
高田繁 | 巨人 | 福本豊 | 阪急
山本浩司 | 広島 | 島野育夫 | 南海
柴田勲 | 巨人 | 弘田澄男 | ロッテ

オールスターゲーム

詳細は「1973年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1973年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

 | この節の加筆が望まれています。

1月

  • 1月16日 - 日拓ホーム株式会社が東映フライヤーズを買収し正式に調印したと、午後4時半より銀座の銀座東急ホテルでの共同記者会見にて発表、チーム名は「日拓ホームフライヤーズ」となる。
  • 1月25日 - 巨人と日拓は、巨人の渡辺秀武小坂敏彦と日拓の高橋善正のトレードが成立したと発表。

2月

  • 2月2日 - ボルチモア・オリオールズは、ドン・ビュフォードが太平洋クラブ・ライオンズと2年契約を結んだと発表。
  • 2月7日 - 東京のパレス・ホテルで午前11時から開かれたプロ野球実行委員会、午後2時から開かれたオーナー会議で日拓ホーム・フライヤーズの加入を承認。
  • 2月24日 - ヤクルトは佐藤邦雄が球団社長に就任したと発表。これまではオーナーの松園尚巳が球団社長も兼任していた。

3月

4月

  • 4月6日 - 第45回選抜高校野球大会の決勝戦が午後1時から甲子園球場にて行われ、横浜高校が広島商業を延長11回3-1で破って優勝を決める。
  • 4月14日 - プロ野球のペナント・レースがセ・パ同時に開幕。
  • 4月17日 - 巨人の長嶋茂雄が広島球場での対広島1回戦にて、2回表に2塁打を放ちプロ通算4000塁打を達成。
  • 4月20日 - ロッテの山崎裕之が後楽園球場での対阪急1回戦の4回裏に1号本塁打を放ち、プロ通算100本塁打を達成。
  • 4月22日
    • 日拓の張本勲は日生球場での対近鉄1回戦にて3安打を放ち3500塁打を記録。
    • 近鉄の土井正博は日生球場での対日拓1回戦の2回裏に3号満塁本塁打を放ち、プロ通算250本塁打を達成。
  • 4月26日 - 阪神の田淵幸一は後楽園球場での対巨人3回戦で六回表に3号本塁打、八回表に4号2点本塁打、九回表に5号3点本塁打を打ち、プロ通算100号本塁打を達成。
  • 4月27日 - 28、29日に県営宮城球場で広島対大洋の公式戦が3試合行われる予定だったが、この日広島から仙台へ飛行機で移動予定だったカープが全日空がストライキに出発できなくなり、球場側はこの3試合の開催の中止を決定。
  • 4月29日 - 川崎球場でロッテ対南海のダブルヘッダーが行われ、ロッテが第一試合に4-3、第二試合に5-0と勝利し、10連勝を記録。

5月

  • 5月3日 - 川崎球場で行われたロッテ対太平洋3回戦で、四回裏ロッテが7点を取ると、以後太平洋のファンがグランドからビン、球場の椅子を壊して投げつけるなど試合進行を妨げる騒動が起きる。この試合でロッテのジョージ・アルトマンは4回裏に5号3点本塁打を放ち、プロ野球通算150号本塁打を達成。
  • 5月6日 - 巨人の高橋一三が後楽園球場での対中日6回戦の七回表に井上弘昭から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。
  • 5月13日 - 阪神の権藤正利が新潟での対大洋3回戦の8回から救援登板し、プロ通算700試合登板を達成。
  • 5月18日 - パ・リーグは太平洋対近鉄、阪急対ロッテの2試合が行われ、パ・リーグ通算1万試合を達成。
  • 5月20日 - 太平洋の基満男が平和台球場の対近鉄戦で日本プロ野球通算3万号本塁打。ただし当時は、同試合で太平洋の梅田邦三の本塁打が3万号とされ、後に記録の見直しによって修正されている。
  • 5月22日 - 仙台市の宮城球場にてロッテ対近鉄8回戦が午後6時半から行われ、東北地方で初のナイター開催となる。試合は13-0でロッテの勝利。
  • 5月23日 - 近鉄の土井正博が宮城球場での対ロッテダブルヘッダー第1試合の9回戦の三回表に安打を打ち、プロ通算1500本安打を達成。
  • 5月23日 - 中日球場を運営する「株式会社中日スタヂアム」社長の平岩治郎が経営不振を理由に自殺(→中日スタヂアム事件)。
  • 5月25日 - 中日スタヂアムが事実上の倒産を発表。
  • 5月26日 - 大洋の江藤慎一が川崎球場での対巨人7回戦にて4回裏に安打を放ち、3000塁打を達成。
  • 5月31日 - 中日ドラゴンズの球団社長の小山武夫が名古屋市内の球団事務所で記者会見し、中日球場での試合開催に関する業務一切を肩代わりし、自主運営すると発表。

6月

  • 6月1日
    • 平和台球場での太平洋対ロッテ4回戦が行われロッテが太平洋に5-2で勝利し、敗戦に怒った太平洋のファンがグランドへ投石して大暴れするなど騒乱状態に陥り、ロッテナインが試合終了後約一時間半球場内に立ち往生し、機動隊の警備車で脱出するトラブルに見舞われる。
    • 大洋の坂井勝二が後楽園球場での対巨人9回戦に先発し、プロ通算500試合登板を達成。
  • 6月2日
    • 南海が対阪急戦で延長11回に佐藤道郎長池徳二にサヨナラ本塁打を打たれ8対7でサヨナラ負け。佐藤は3試合連続でサヨナラ本塁打を打たれている。
    • 太平洋の三浦清弘が平和台球場での対ロッテダブルヘッダー第2試合の6回戦に先発し、プロ通算500試合登板を達成。
  • 6月4日 - 阪神の鈴木皖武が遠征先の名古屋の宿舎で金田正泰監督を殴打する事件が発生。球団は鈴木に1カ月の謹慎処分を課す。
  • 6月16日 - 日拓の高橋直樹が後楽園球場での対近鉄ダブルヘッダー第二試合の9回戦に先発し、ノーヒットノーランを達成。
  • 6月17日 - 巨人の土井正三が広島球場での対広島10回戦の6回表に代打として出場し、プロ通算1000試合出場を達成。
  • 6月23日 - 日拓の大杉勝男が西宮球場での対阪急11回戦に出場し、プロ通算1000試合出場を達成。
  • 6月28日 - ロッテと中日は佐藤政夫奥田直也と、土屋紘水谷則博のトレードが成立したと発表。

7月

8月

  • 8月3日 - 南海の野村克也が大阪球場での対太平洋後期1回戦の二回裏に三輪悟から左中間に二塁打を放ってプロ通算2352本目を記録、川上哲治の持つプロ通算最多安打2351本の記録を更新。
  • 8月9日 - 日拓の大杉勝男が大阪球場での対南海後期3回戦の八回表に19号3点本塁打を放ち、プロ通算250号本塁打を達成。
  • 8月10日 - 巨人の王貞治が後楽園球場での対中日18回戦で30号本塁打を放ち、12年連続30本塁打を達成。
  • 8月14日 - 後楽園球場での巨人対ヤクルト16回戦で、巨人の王貞治が5打席連続で四球。ヤクルトの先発・松岡弘はこの試合で王への5四球を含め1試合10四球のセ・リーグタイ記録。
  • 8月22日 - 第55回全国高校野球選手権大会の決勝戦が午後1時より甲子園球場にて行われ、広島商業が静岡高校に3-2でサヨナラ勝ちし、1957年大会以来15年ぶり5度目の全国制覇。
  • 8月26日 - 巨人の長嶋茂雄が神宮球場での対ヤクルト19回戦の6回表に安田猛から安打を放ち、自身と榎本喜八の持つ15年連続100本安打を抜く16年連続年間100安打のプロ野球新記録を達成。
  • 8月30日 - 阪神の江夏豊甲子園での対中日20回戦で中日打線を延長11回ノーヒットノーランに抑え、11回裏に自ら2号サヨナラ決勝本塁打を打つ。

9月

  • 9月4日 - 中日球場の債権者会議で、来季も中日ドラゴンズの同球場での試合使用が決定。
  • 9月9日 - ヤクルトの安田猛の連続イニング無四球の日本記録が81でストップ(対阪神、甲子園)。
  • 9月15日 - 南海ホークスが大阪球場での対阪急戦に勝利して、球団通算2000勝を達成。

10月

  • 10月3日 - 藤井寺球場におけるナイター設備建設中止訴訟において、大阪地方裁判所は工事続行を禁止。
  • 10月5日 - 平和台球場で太平洋対ロッテの後期11回試合が行われ、ロッテが太平洋に1-4で敗戦し、阪急の後期優勝が決定。
  • 10月7日 - 太平洋の三浦清弘が平和台球場での対近鉄13回戦の八回表に岩木康郎から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。
  • 10月10日 - ロッテの八木沢荘六県営宮城球場での対太平洋戦において、完全試合を達成。
  • 10月11日 - 後楽園球場での巨人対阪神の25回戦の試合で、巨人の長嶋茂雄が2回表に阪神の後藤和昭の打球を右手薬指に当てて負傷し退場。港区・慈恵医大病院で診断の結果、右第四指末節開放性骨折で全治4週間と判明。今シーズンの残り試合の出場が絶望に。
  • 10月17日 - パ・リーグのオーナー懇談会が大阪市内のホテルで開かれ、日拓のオーナー西村昭孝が「16日にロッテの重光社長と会い、ロッテと日拓が合併することで合意した」と発言。
  • 10月20日 - 阪神が中日球場での対中日26回戦で2対4と敗戦。これにより、10月21日の甲子園球場での阪神対巨人戦は、勝ったチームがリーグ優勝という決戦となる。
  • 10月22日
    • 甲子園で巨人対阪神26回戦が行われ、巨人が阪神を9対0で下し、9年連続セ・リーグ優勝を達成した(スコアはs:1973年セ・リーグの最終決戦参照)。
    • ヤクルトアトムズの監督の三原脩とヘッドコーチの中西太が大洋対ヤクルトの試合後に記者会見し、今シーズン限りで退団することを発表。
  • 10月23日 - 沢村賞の選考が東京・有楽町の交通大飯店にて正午から行われ、巨人の高橋一三を選出。
  • 10月24日
  • 10月26日 - 阪急の監督の西本幸雄が大阪市北区の阪急電鉄本社にオーナーの森薫を訪ね、「潮時なので監督を辞任したい」と申し出て、了承される。
  • 10月29日 - 阪急ブレーブスは監督の西本幸雄が退任し後任にヘッドコーチの上田利治が昇格したことを大阪市北区の新阪急ホテルで発表した。

11月

2010Happy Mail