このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1977年の野球とは?

移動先: 案内検索

1977年
こちらもご覧下さい

【社会】

政治 経済 労働 教育 交通 鉄道
【文化と芸術】

映画 日本公開映画 音楽 ラジオ
日本のテレビ 芸術 文学 出版 囲碁
【スポーツ】

スポーツ 日本競馬 サッカー 自転車競技 相撲 バスケ バレー 野球 NFL 競輪
【科学と技術】

科学 気象・地象・天象 台風 航空
【地域】

日本 日本の女性史
各年のスポーツ

1975 1976 1977 1978 1979
【日本競馬】

1975 1976 1977 1978 1979
【サッカー】

1975 1976 1977 1978 1979
【自転車競技】

1975 1976 1977 1978 1979
【相撲】

1975 1976 1977 1978 1979
【バスケットボール】

1975 1976 1977 1978 1979
【バレーボール】

1975 1976 1977 1978 1979
【野球】

1975 1976 1977 1978 1979
【NFL】

1975 1976 1977 1978 1979
【競輪】

1975 1976 1977 1978 1979
■ヘルプ

< 1977年 | 1977年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
      • 1.1.2 パシフィック・リーグプレーオフ
      • 1.1.3 日本シリーズ
      • 1.1.4 個人タイトル
      • 1.1.5 ベストナイン
      • 1.1.6 ダイヤモンドグラブ賞
      • 1.1.7 オールスターゲーム
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 大学野球
    • 1.4 社会人野球
    • 1.5 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 1月
    • 2.2 2月
    • 2.3 3月
    • 2.4 4月
    • 2.5 5月
    • 2.6 6月
    • 2.7 7月
    • 2.8 8月
    • 2.9 9月
    • 2.10 10月
    • 2.11 11月
    • 2.12 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 11月
    • 3.12 12月
  • 4 死去
  • 5 出典
  • 6 外部リンク

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ

【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差

優勝 | 読売ジャイアンツ | 80 | 46 | 4 | .635 | -
2位 | ヤクルトスワローズ | 62 | 58 | 10 | .517 | 15.0
3位 | 中日ドラゴンズ | 64 | 61 | 5 | .512 | 15.5
4位 | 阪神タイガース | 55 | 63 | 12 | .466 | 21.0
5位 | 広島東洋カープ | 51 | 67 | 12 | .432 | 25.0
6位 | 大洋ホエールズ | 51 | 68 | 11 | .429 | 25.5
パシフィック・リーグ

【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
前・後

優勝 | 阪急ブレーブス | 69 | 51 | 10 | .575 | 1・2
2位 | 南海ホークス | 63 | 55 | 12 | .534 | 2・3
3位 | ロッテオリオンズ | 60 | 57 | 13 | .513 | 5・1
4位 | 近鉄バファローズ | 59 | 61 | 10 | .492 | 3・6
5位 | 日本ハムファイターズ | 58 | 61 | 11 | .487 | 4・4
6位 | クラウンライターライオンズ | 49 | 73 | 8 | .402 | 6・5
  • 優勝はプレーオフにより決定。2位以下の順位はプレーオフの結果にかかわらず勝率順とした。

パシフィック・リーグプレーオフ

1977年 パシフィック・リーグプレーオフ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月9日(日) | 第1戦 | ロッテオリオンズ | 1-18 | 阪急ブレーブス | 阪急西宮球場
10月10日(月) | 第2戦 | ロッテオリオンズ | 3-0 | 阪急ブレーブス
10月11日(火) | 移動日
10月12日(水) | 第3戦 | 阪急ブレーブス | 1-3 | ロッテオリオンズ | 県営宮城球場
10月13日(木) | 第4戦 | 阪急ブレーブス | 4-2 | ロッテオリオンズ
10月14日(金) | 第5戦 | 雨天中止
10月15日(土) | 阪急ブレーブス | 7-0 | ロッテオリオンズ
【年間優勝:阪急ブレーブス】

日本シリーズ

1977年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月22日(土) | 第1戦 | 読売ジャイアンツ | 2-7 | 阪急ブレーブス | 阪急西宮球場
10月23日(日) | 第2戦 | 読売ジャイアンツ | 0-3 | 阪急ブレーブス
10月24日(月) | 移動日
10月25日(火) | 第3戦 | 阪急ブレーブス | 3-5 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
10月26日(水) | 第4戦 | 阪急ブレーブス | 5-2 | 読売ジャイアンツ
10月27日(木) | 第5戦 | 阪急ブレーブス | 6-3 | 読売ジャイアンツ
【優勝:阪急ブレーブス(3年連続3回目)】

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ

【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
【成績】

最優秀選手 | 王貞治 | 巨人 |  | 山田久志 | 阪急 | 
最優秀新人 | 斉藤明雄 | 大洋 |  | 佐藤義則 | 阪急 | 
首位打者 | 若松勉 | ヤクルト | .358 | 有藤道世 | ロッテ | .329
本塁打王 | 王貞治 | 巨人 | 50本 | L.リー | ロッテ | 34本
打点王 | 王貞治 | 巨人 | 124点 | L.リー | ロッテ | 109点
最多安打 | 若松勉 | ヤクルト | 158本 | 福本豊 | 阪急 | 165本
盗塁王 | 柴田勲 | 巨人 | 34個 | 福本豊 | 阪急 | 61個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
 | 王貞治 | 巨人 | 272個 | 加藤秀司 | 阪急 | .405
最優秀防御率 | 新浦寿夫 | 巨人 | 2.32 | 山田久志 | 阪急 | 2.28
最多勝利 | 高橋里志 | 広島 | 20勝 | 鈴木啓示 | 近鉄 | 20勝
最多奪三振 | 池谷公二郎 | 広島 | 176個 | 村田兆治 | ロッテ | 180個
最高勝率 | 新浦寿夫 | 巨人 | .786 | 稲葉光雄 | 阪急 | .739
最優秀救援投手 | 鈴木孝政 | 中日 | 23SP | 江夏豊 | 南海 | 22SP

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
小林繁 | 巨人 | 山田久志 | 阪急
捕手
木俣達彦 | 中日 | 加藤俊夫 | 日本ハム
一塁手
王貞治 | 巨人 | 加藤秀司 | 阪急
二塁手
高木守道 | 中日 | B.マルカーノ | 阪急
三塁手
掛布雅之 | 阪神 | 有藤道世 | ロッテ
遊撃手
河埜和正 | 巨人 | 石渡茂 | 近鉄
外野手
若松勉 | ヤクルト | 福本豊 | 阪急
山本浩二 | 広島 | 門田博光 | 南海
張本勲 | 巨人 | L.リー | ロッテ
指名打者
 | 高井保弘 | 阪急

ダイヤモンドグラブ賞

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
堀内恒夫 | 巨人 | 山田久志 | 阪急
捕手
大矢明彦 | ヤクルト | 加藤俊夫 | 日本ハム
一塁手
王貞治 | 巨人 | 加藤秀司 | 阪急
二塁手
高木守道 | 中日 | 山崎裕之 | ロッテ
三塁手
高田繁 | 巨人 | 島谷金二 | 阪急
遊撃手
山下大輔 | 大洋 | 大橋穣 | 阪急
外野手
山本浩二 | 広島 | 福本豊 | 阪急
柴田勲 | 巨人 | 弘田澄男 | ロッテ
若松勉 | ヤクルト | 大熊忠義 | 阪急

オールスターゲーム

詳細は「1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1977年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

 | この節の加筆が望まれています。

1月

  • 1月5日 - 巨人の王貞治が球団と契約交渉を行い推定6360万円で更改し、日本プロ野球史上初めての年俸6千万円台となった。
  • 1月11日 - 日本ハムの坂井勝二が体力の限界を理由に引退、パ・リーグは坂井を任意引退選手として公示。
  • 1月14日 - 大洋ホエールズのオーナーで大洋漁業社長の中部謙吉が心筋梗塞で都内の病院で死去。
  • 1月21日 - 水原茂西沢道夫野球殿堂入りが決まる。
  • 1月26日 - 大洋の長田幸雄が引退。
  • 1月28日 - 大洋は新オーナーに大洋漁業副社長の中部新次郎が就任したと大洋漁業本社にて発表。

2月

  • 2月2日 - 野球殿堂に森茂雄西村幸生が特別表彰として殿堂入り。
  • 2月16日 - 株式会社横浜スタジアムの創立総会が開かれ、新役員が選出されて新会社として発足。
  • 2月25日 - 中日はキャンプ地の浜松市営球場にて、トレードを拒否して球団からキャンプへの自費参加と開幕からの出場停止処分を受けていた藤波行雄について、反省の態度が見られるとして4月7日までに短縮すると発表。

3月

4月

  • 4月1日 - プロ野球の公式戦がセ・パ同時に開幕。
  • 4月8日 - 第49回選抜高等学校野球大会の決勝戦が阪神甲子園球場で行われ、箕島高校中村高校を3-1で破り、1970年大会以来2度目の優勝。
  • 4月10日 - 巨人の柴田勲が対中日3回戦の八回表に4号3点本塁打を放ち、プロ通算150号本塁打を達成。
  • 4月18日 - 阪急の島谷金二が平和台球場での対クラウン2回戦に先発出場し、プロ通算1000試合出場を達成。
  • 4月22日 - 広島の衣笠祥雄が広島市民球場での対巨人3回戦に出場し、800試合連続出場を達成。
  • 4月24日 - 阪急の笹本信二が西宮球場での対ロッテダブルヘッダー第一試合の3回戦の3回から出場し、1試合5度の盗塁刺のパ・リーグ新記録。
  • 4月29日 - 川崎球場での大洋対阪神3回戦で、阪神の外野手佐野仙好が九回裏大洋の清水透の左中間への打球を追いフェンスに激突、頭部骨折で1か月の重傷を負う。

5月

  • 5月3日 - 巨人の柴田勲が対大洋戦4回戦の一回裏に二盗を決め、プロ通算500盗塁を達成。
  • 5月8日 - 大洋のジョン・シピンが甲子園球場での対阪神8回戦の二回表に6号本塁打を放ち、プロ野球通算150号本塁打を達成。
  • 5月15日 - 阪急の福本豊が大阪球場での対南海8回戦の九回表に三遊間安打を放ち、プロ通算1000本安打を達成。
  • 5月29日 - 巨人の張本勲が甲子園球場での対阪神9回戦の一回表に安打、四回表に安打を放ち、プロ通算4500塁打を達成。

6月

  • 6月5日 - ヤクルトの大杉勝男がナゴヤ球場での対中日7回戦の四回表に2点適時打を放ち、プロ通算1000打点を達成。
  • 6月9日 - 野球解説者の小西得郎が自宅で心筋梗塞で死去。
  • 6月14日 - 中日の高木守道がナゴヤ球場での対大洋10回戦の一回裏に8号本塁打、二回裏に9号本塁打を放ち、12日の対阪神ダブルヘッダー第一試合の最終打席で6号本塁打、第二試合で7号本塁打を放っており、4打席連続本塁打のプロ野球タイ記録。

7月

  • 7月2日 - 阪急対ロッテ13回戦が西宮球場で行われ、阪急がロッテを2-1で下し、前期優勝を達成。
  • 7月4日 - パ・リーグの後期が開幕。
  • 7月5日
    • クラウンの土井正博が仙台宮城球場での対ロッテ後期1回戦の九回表に中前安打を放ち、プロ通算2000本安打を達成。
    • ロッテの有藤通世が宮城球場での対クラウン後期1回戦の四回裏に7号本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成。
  • 7月6日 - 阪急の福本豊が西宮球場での対南海の後期1回戦の四回裏に二盗に成功し、通算597盗塁のプロ野球記録を達成。
  • 7月14日
    • 巨人の王貞治がナゴヤ球場での対中日11回戦の一回表に星野仙一から21号本塁打を放ち、通算5000塁打を記録。
    • 阪神のハル・ブリーデンが甲子園球場での対大洋15回戦の七回表に27号本塁打を放ち、これで阪神は21試合連続本塁打となり、ロッテが1971年に記録した20試合連続本塁打を抜くプロ野球新記録。
  • 7月16日 - 巨人の王貞治が後楽園球場での対広島16回戦の五回表に松原明夫から四球を選び、通算で2056四球となりベーブ・ルースの記録に並ぶ。
  • 7月19日 - 阪急の福本豊が西宮球場での対クラウン後期1回戦の三回裏に二盗を決め、通算600盗塁を達成。
  • 7月20日 - 巨人の張本勲が後楽園球場での対中日13回戦の二回裏に星野仙一から14号本塁打を放ち、プロ通算450本塁打を達成。
  • 7月21日 - 近鉄の鈴木啓示が神宮球場での対ロッテ後期2回戦に先発してロッテを4-0と無四球完封勝利を収め、プロ通算47無四球試合となり、土橋正幸の46を更新するパ・リーグ新記録。
  • 7月31日 - 近鉄の米田哲也が対クラウン後期7回戦の四回表から登板し、プロ通算945試合となり、金田正一の持つプロ最多登板944試合を抜いてプロ野球新記録を達成。

8月

9月

  • 9月3日
    • 巨人の王貞治が後楽園球場での対ヤクルト23回戦の三回裏に鈴木康二朗から40号本塁打を放ち、ハンク・アーロンのMLB本塁打記録を上回る通算756号本塁打。
    • 巨人の張本勲が対ヤクルト23回戦の八回裏に22号本塁打を放ち、プロ通算1500打点を達成。
  • 9月6日 - 広島の池谷公二郎が広島球場での対中日23回戦に先発登板し、三回表に大島康徳に、7回表に田尾安志に本塁打を打たれ、これでシーズン被本塁打が44本となり、金田留広が1971年に記録したシーズン最多被本塁打の記録42を更新する。
  • 9月14日
  • 9月23日 - 広島球場で広島対ヤクルト24回戦でヤクルトが広島に0-7で敗れたため、巨人のリーグ優勝が決まる。
  • 9月25日 - 南海の江夏豊が後楽園球場での対日本ハムダブルヘッダー第2試合の後期12回戦の九回裏一死から登板し、プロ入り通算500試合登板達成。
  • 9月27日 - ロッテの村田兆治が西京極球場での対阪急後期12回戦の六回裏に島谷金二から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。
  • 9月28日 - 南海は選手兼任監督の野村克也に対して監督を解任したと電話で通告。

10月

  • 10月1日 - 南海は外野手の広瀬叔功の新監督就任を発表、大阪市内の南海ホテルで記者会見。
  • 10月5日
    • 阪急対近鉄戦で阪急が敗れたため、ロッテのパ・リーグ後期優勝が決定。
    • 南海の監督を解任された野村克也が大阪市のロイヤルホテルで記者会見し現役続行を表明。また、自身が解任された背景について、南海OBからの圧力があったと主張する。
  • 10月7日 - 近鉄の米田哲也が対阪急後期13回戦の4回裏から登板して2イニングを投げて勝利投手となり、通算350勝を達成。
  • 10月8日 - 【MLB】ナ・リーグのプレーオフ第4戦が行われ、ロサンゼルス・ドジャースフィラデルフィア・フィリーズを4-1で破り、1974年以来通算15度目のリーグ優勝決定。
  • 10月14日 - 近鉄は投手コーチの杉浦忠を解任を発表。
  • 10月15日 - パ・リーグプレーオフの第5戦で阪急がロッテに7-0で勝利し、パ・リーグ優勝を決める。
  • 10月17日
    • 阪神は監督の吉田義男が大阪市北区の阪神電鉄本社をにオーナーの野田誠三と球団社長の田中隆造を訪ね、成績不振の責任を取るため辞任したいと申し出、了承される。
    • 中日は午後4時より名古屋市にある中日ビル「クラブ東海」で記者会見を行い、中利夫の就任就任を発表。
  • 10月18日
    • 近鉄の米田哲也が大阪市森之宮にある球団事務所を訪れて引退を申し入れ、了承される。
    • セ・リーグの公式戦全日程が終了。
  • 10月19日 - 沢村賞選考委員会が東京・数寄屋町のニュートーキョーにて正午から選考を行い、巨人の小林繁を選出。
  • 10月20日 - オーナー会議が東京・九段下のホテル・グランドパレスにて行われ、ロッテのフランチャイズを神奈川県に移転することを了承。
  • 10月27日 - 日本シリーズの第5戦が後楽園球場にて午後1時から行われ、阪急が6-3で勝利し、4勝1敗で3年連続日本シリーズ優勝達成。MVPは阪急の山田久志
  • 10月28日 - 1977年度のプロ野球の表彰選手を決めるプロ野球担当記者投票の開票が東京・銀座のコミッショナー事務局で行われ、最優秀選手にセ・リーグは巨人の王貞治、パ・リーグは山田久志が選出される。最優秀新人にセ・リーグは大洋の斎藤明夫、パ・リーグは阪急の佐藤義則を選出。

11月

2010Happy Mail