このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1979年の野球とは?

移動先: 案内検索

1979年
こちらもご覧下さい

【社会】

政治 経済 労働 教育 交通 鉄道
【文化と芸術】

映画 日本公開映画 音楽 ラジオ
日本のテレビ 芸術 文学 出版 囲碁
【スポーツ】

スポーツ 日本競馬 サッカー 自転車競技 相撲 バスケ バレー 野球 NFL 競輪
【科学と技術】

科学 気象・地象・天象 台風 航空
【地域】

日本 日本の女性史
各年のスポーツ

1977 1978 1979 1980 1981
【日本競馬】

1977 1978 1979 1980 1981
【サッカー】

1977 1978 1979 1980 1981
【自転車競技】

1977 1978 1979 1980 1981
【相撲】

1977 1978 1979 1980 1981
【バスケットボール】

1977 1978 1979 1980 1981
【バレーボール】

1977 1978 1979 1980 1981
【野球】

1977 1978 1979 1980 1981
【NFL】

1977 1978 1979 1980 1981
【競輪】

1977 1978 1979 1980 1981
■ヘルプ

< 1979年 | 1979年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
      • 1.1.2 パシフィック・リーグプレーオフ
      • 1.1.3 日本シリーズ
      • 1.1.4 個人タイトル
      • 1.1.5 ベストナイン
      • 1.1.6 ダイヤモンドグラブ賞
      • 1.1.7 オールスターゲーム
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 大学野球
    • 1.4 社会人野球
    • 1.5 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 1月
    • 2.2 2月
    • 2.3 3月
    • 2.4 4月
    • 2.5 5月
    • 2.6 6月
    • 2.7 7月
    • 2.8 8月
    • 2.9 9月
    • 2.10 10月
    • 2.11 11月
    • 2.12 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 11月
    • 3.12 12月
  • 4 死去
  • 5 脚注

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ

【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差

優勝 | 広島東洋カープ | 67 | 50 | 13 | .573 | -
2位 | 横浜大洋ホエールズ | 59 | 54 | 17 | .522 | 6.0
3位 | 中日ドラゴンズ | 59 | 57 | 14 | .509 | 7.5
4位 | 阪神タイガース | 61 | 60 | 9 | .504 | 8.0
5位 | 読売ジャイアンツ | 58 | 62 | 10 | .483 | 10.5
6位 | ヤクルトスワローズ | 48 | 69 | 13 | .410 | 19.0
パシフィック・リーグ

【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
前・後

優勝 | 近鉄バファローズ | 74 | 45 | 11 | .622 | 1・2
2位 | 阪急ブレーブス | 75 | 44 | 11 | .630 | 2・1
3位 | 日本ハムファイターズ | 63 | 60 | 7 | .512 | 3・4
4位 | ロッテオリオンズ | 55 | 63 | 12 | .466 | 4・3
5位 | 南海ホークス | 46 | 73 | 11 | .387 | 5・6
6位 | 西武ライオンズ | 45 | 73 | 12 | .381 | 6・5
  • 優勝・2位はプレーオフで決定。年間勝率順位では、総合優勝の近鉄バファローズが2位・総合2位の阪急ブレーブスが首位となる。

パシフィック・リーグプレーオフ

1979年 パシフィック・リーグプレーオフ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月13日(土) | 第1戦 | 阪急ブレーブス | 1-5 | 近鉄バファローズ | 大阪球場
10月14日(日) | 第2戦 | 阪急ブレーブス | 4-7 | 近鉄バファローズ
10月15日(月) | 移動日
10月16日(火) | 第3戦 | 近鉄バファローズ | 2-1 | 阪急ブレーブス | 阪急西宮球場
【年間優勝:近鉄バファローズ】

日本シリーズ

江夏の21球」も参照
1979年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月27日(土) | 第1戦 | 広島東洋カープ | 2-5 | 近鉄バファローズ | 大阪球場
10月28日(日) | 第2戦 | 広島東洋カープ | 0-4 | 近鉄バファローズ
10月29日(月) | 移動日
10月30日(火) | 第3戦 | 近鉄バファローズ | 2-3 | 広島東洋カープ | 広島市民球場
10月31日(水) | 第4戦 | 近鉄バファローズ | 3-5 | 広島東洋カープ
11月1日(木) | 第5戦 | 近鉄バファローズ | 0-1 | 広島東洋カープ
11月2日(金) | 移動日
11月3日(土) | 第6戦 | 広島東洋カープ | 2-6 | 近鉄バファローズ | 大阪球場
11月4日(日) | 第7戦 | 広島東洋カープ | 4-3 | 近鉄バファローズ
【優勝:広島東洋カープ(初優勝)】

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ

【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
【成績】

最優秀選手 | 江夏豊 | 広島 |  | C.マニエル | 近鉄 | 
最優秀新人 | 藤沢公也 | 中日 |  | 松沼博久 | 西武 | 
首位打者 | F.ミヤーン | 大洋 | .346 | 加藤英司 | 阪急 | .364
本塁打王 | 掛布雅之 | 阪神 | 48本 | C.マニエル | 近鉄 | 37本
打点王 | 山本浩二 | 広島 | 113点 | 加藤英司 | 阪急 | 104点
最多安打 | 大島康徳 | 中日 | 159本 | 加藤英司 | 阪急 | 163本
盗塁王 | 高橋慶彦 | 広島 | 55個 | 福本豊 | 阪急 | 60個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
 | 山本浩二 | 広島 | 220個 | 加藤英司 | 阪急 | .443
最優秀防御率 | 平松政次 | 大洋 | 2.39 | 山口哲治 | 近鉄 | 2.49
最多勝利 | 小林繁 | 阪神 | 22勝 | 山田久志 | 阪急 | 21勝
最多奪三振 | 新浦寿夫 | 巨人 | 223個 | 村田兆治 | ロッテ | 230個
最高勝率 | 藤沢公也 | 中日 | .722 | 山田久志 | 阪急 | .808
最優秀救援投手 | 江夏豊 | 広島 | 31SP | 金城基泰 | 南海 | 20SP

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
小林繁 | 阪神 | 山田久志 | 阪急
捕手
木俣達彦 | 中日 | 梨田昌崇 | 近鉄
一塁手
王貞治 | 巨人 | 加藤英司 | 阪急
二塁手
F.ミヤーン | 大洋 | B.マルカーノ | 阪急
三塁手
掛布雅之 | 阪神 | 島谷金二 | 阪急
遊撃手
高橋慶彦 | 広島 | 石渡茂 | 近鉄
外野手
山本浩二 | 広島 | 福本豊 | 阪急
若松勉 | ヤクルト | 栗橋茂 | 近鉄
M.ラインバック | 阪神 | 新井宏昌 | 南海
指名打者
 | C.マニエル | 近鉄

ダイヤモンドグラブ賞

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
西本聖 | 巨人 | 山田久志 | 阪急
捕手
若菜嘉晴 | 阪神 | 梨田昌崇 | 近鉄
一塁手
王貞治 | 巨人 | 柏原純一 | 日本ハム
二塁手
高木守道 | 中日 | B.マルカーノ | 阪急
三塁手
掛布雅之 | 阪神 | 島谷金二 | 阪急
遊撃手
山下大輔 | 大洋 | 高代延博 | 日本ハム
外野手
山本浩二 | 広島 | 福本豊 | 阪急
J.スコット | ヤクルト | 簑田浩二 | 阪急
J.ライトル | 広島 | 平野光泰 | 近鉄

オールスターゲーム

詳細は「1979年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

箕島が史上3校目の春夏連覇

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1979年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

 | この節の加筆が望まれています。

1月

2月

  • 2月8日
    • プロ野球実行委員会が開かれ、江川問題に関し(1)1月31日に提示された「江川 - 小林トレード」を撤回したうえで(2)小林を阪神へ無償トレード(3)江川は阪神と契約して支配下選手とし、4月7日の開幕までトレードを認めない、と決定。
    • コミッショナーの金子鋭は、江川事件で混乱した責任をとって辞任すると実行委員会にて表明し、了承される。
  • 2月11日 - 小林繁が阪神の安芸キャンプに合流。
  • 2月16日 - 南海ホークス門田博光が右足アキレス腱を断裂。

3月

4月

  • 4月7日
    • 午前10時に銀座のセ・リーグ事務局にて阪神から巨人へ江川の譲渡の手続きを行い、その後巨人が譲渡証明書を提出し、支配下選手申請書を提出した。巨人は午前11時より港区虎ノ門のホテル・オークラにて江川卓の入団を発表。
    • 第51回選抜高校野球大会の決勝戦が阪神甲子園球場にて行われ、和歌山箕島高校が2年ぶり3度目の優勝。
    • プロ野球がセ・リーグ、パ・リーグ同時に開幕。
  • 4月9日
    • 巨人はテスト生として採用していた石井茂雄の現役選手登録をセ・リーグに申請し、この日公示される。
    • 巨人が後楽園球場での対中日3回戦に8-2と勝利し、球団通算3000勝を達成。
  • 4月10日 - 阪急の福本豊が西宮球場での対西武1回戦の2回裏に二盗を成功させ、プロ通算700盗塁を達成。
  • 4月14日
    • 西武の本拠地、西武ライオンズ球場が開場。福田赳夫首相が始球式を行う。西武対日本ハム1回戦が行われ、日本ハムが7-1と勝利。
    • 横浜スタジアムでの巨人対大洋2回戦の7回表に、横浜市中区曙町の中華料理店で起きた火事の煙が球場に流れ込み、試合が約8分間中断。
  • 4月16日 - 南海の佐々木宏一郎が大阪球場での対近鉄3回戦の7回途中から登板し、プロ通算600試合登板を達成。
  • 4月17日 - 近鉄の鈴木啓示が日生球場での対日本ハム1回戦の5回表に柏原純一から三振を奪ってプロ通算2500奪三振を達成、またこの日柏原、加藤俊夫に本塁打を打たれて通算被本塁打が381となり、金田正一の持つ最多被本塁打記録380を更新。
  • 4月21日 - 阪神の掛布雅之が阪神甲子園球場で対大洋1回戦の7回裏に4号本塁打を放ち、プロ通算100本塁打を達成。
  • 4月24日 - 開幕から引き分け2つを挟み12連敗の西武が対南海戦(西武)で移転後初勝利。新人の松沼博久がプロ初勝利を挙げる。
  • 4月29日 - 西武の土井正博が後楽園球場での対日本ハム6回戦の9回表に6号3点本塁打を放ってホームインしプロ通算1000得点を達成。

5月

  • 5月1日 - 巨人対阪神4回戦が後楽園球場にて行われ、巨人が阪神に8対7と勝利し対阪神戦通算500勝を達成。
  • 5月6日 - 近鉄のチャーリー・マニエルが藤井寺球場での対近鉄5回戦の1回裏に8号本塁打を放ち、プロ野球通算100号を達成。
  • 5月9日 - 大洋の基満男が横浜スタジアムでの対阪神4回戦の第一打席から第四打席まで二塁打を打ち、1試合4二塁打のプロ野球タイ記録。
  • 5月11日 - 広島の江夏豊が広島球場での対巨人5回表に王貞治から三振を奪い、プロ通算2500奪三振を達成。
  • 5月16日 - 大洋の平松政次が対巨人7回戦戦(石川) に先発登板し、プロ通算500試合登板を達成。
  • 5月20日 - 阪神の真弓明信がナゴヤ球場での対中日6回戦で、1回表第一打席で3号本塁打、3回表に安打、7回表に二塁打、9回表に三塁打を放ち、サイクルヒットを達成。
  • 5月23日 - 巨人の柴田勲が甲子園球場での対阪神8回戦に先発出場し、プロ通算2000試合出場を達成。
  • 5月25日 - 巨人の張本勲が横浜スタジアムでの対大洋8回戦の8回表に二塁打を放ち、プロ通算400二塁打を達成。
  • 5月26日 - 巨人の堀内恒夫が横浜スタジアムでの対大洋9回戦に先発しプロ通算500試合登板を達成。
  • 5月27日
    • 西武の野村克也が新潟での対南海6回戦の4回表に2号本塁打を放ち、プロ通算650号本塁打を達成。
    • ヤクルトのジョン・スコットが甲子園球場での対阪神ダブルヘッダー第一試合9回戦で2本塁打、第二試合の10回戦にも2本塁打を放ち1日で4本塁打。
  • 5月30日 - 阪神の若菜嘉晴が仙台での対大洋6回戦で5連続三振のプロ野球新記録。
  • 5月31日
    • 巨人の王貞治が後楽園球場での対中日7回戦の8回裏に二塁打を放ち、プロ通算400二塁打を達成。
    • 阪急の加藤英司が西宮球場での対日本ハム8回戦の6回裏に15号3点本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成。

6月

  • 6月2日 - 巨人の江川卓が後楽園球場での対阪神11回戦で先発しプロ初登板、8回126球を投げ4失点、3被本塁打の内容で敗戦投手となる。
  • 6月5日 - 日本ハムの島田誠が後楽園球場での対西武11回戦の3回裏に二盗、三盗、本盗の1イニング3盗塁プロ野球タイ記録。
  • 6月9日 - 近鉄のチャーリー・マニエルが日生球場での対ロッテ10回戦の5回裏に八木沢荘六の投球を顔面に受け顎を複雑骨折。
  • 6月12日 - 巨人の王貞治が後楽園球場での対ヤクルト7回戦で1回裏に安打を放ち、プロ野球史上初の通算5500塁打を達成。
  • 6月17日 - 日本ハムの村上雅則が藤井寺球場での対近鉄前期11回戦の五回裏二死からリリーフ登板して5勝目を挙げ、プロ通算100勝を達成。
  • 6月20日 - 巨人のジョン・シピンが横浜スタジアムでの対大洋12回戦の5回表に安打を放ち、プロ野球通算1000本安打を達成。
  • 6月21日 - 日本ハムと西武は行沢久隆吉岡悟のトレードが成立したと発表。
  • 6月23日 - 巨人の石井茂雄が甲子園球場での対阪神14回戦に3回途中からリリーフとして登板し、プロ通算700試合登板を達成。
  • 6月26日
    • 近鉄対南海前期最終戦が大阪球場で行われ1-1の引き分けとなり、近鉄が前期優勝を決める。
    • 中日の星野仙一が甲子園球場での対阪神13回戦の一回裏に阪神のマイク・ラインバックから三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。

7月

8月

  • 8月1日 - 巨人の西本聖が広島市民球場での対広島17回戦の7回裏に、三村敏之萩原康弘衣笠祥雄へ死球を与え1イニング3死球セ・リーグ新記録。3人目に死球を受けた広島の衣笠祥雄は左肩亀裂骨折で全治2週間の重傷を負うが、翌日の試合も代打で出場。
  • 8月2日 - 【MLB】ニューヨーク・ヤンキースサーマン・マンソンが、自家用セスナ機を操縦中に木に衝突して墜落事故死。
  • 8月4日 - 2か月前に死球で顎を骨折した近鉄のマニエルが、この日の対阪急戦(西宮)からフェイスガード付きヘルメットをかぶり復帰。
  • 8月12日
    • ロッテの有藤道世レオン・リーが日生球場での対近鉄後期4回戦で共に1試合3本塁打。
    • 大洋の松原誠が後楽園球場での対巨人17回戦に出場し、プロ通算2000試合出場を達成。
  • 8月17日
    • ヤクルトは球団社長の佐藤邦雄が後楽園球場にて午後5時15分より記者会見し、森昌彦、植村義信の2コーチの休養を発表し、また監督の広岡達朗について「広岡監督は、チームの指揮が取れないといっていたので、佐藤孝夫コーチを監督代行にする」と発表。これに対し、広岡は神宮球場でのクラブハウスで午後9時半に記者会見して声明文を発表し、退団を発表。
    • 横浜スタジアムでの広島対大洋18回戦で広島が大洋に4-3で勝利し、ナゴヤ球場での阪神対中日17回戦で中日が阪神に2-3で敗れ、広島が1975年以来の単独首位に立つ。
  • 8月21日
  • 8月22日 - 西宮球場での阪急対南海後期7回戦で、阪急が一回裏に二死から島谷金二以降連続10人が得点を挙げる10者連続得点のパ・リーグ新記録。
  • 8月23日 - ロッテの有藤通世が後楽園球場での対日本ハム後期8回戦の六回表に21号本塁打を放ち、プロ通算250号本塁打を達成。
  • 8月31日 - ヤクルトの船田和英が神宮球場での対巨人19回戦の五回裏に11号三点本塁打を放ち、プロ通算100号本塁打を達成。

9月

2010Happy Mail