このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1980年の野球とは?

移動先: 案内検索

1980年
こちらもご覧下さい

【社会】

政治 経済 労働 教育 交通 鉄道
【文化と芸術】

映画 日本公開映画 音楽 ラジオ
日本のテレビ 芸術 文学 出版 囲碁
【スポーツ】

スポーツ 日本競馬 サッカー 自転車競技 相撲 バスケ バレー 野球 NFL 競輪
【科学と技術】

科学 気象・地象・天象 台風 航空
【地域】

日本 日本の女性史
各年のスポーツ

1978 1979 1980 1981 1982
【日本競馬】

1978 1979 1980 1981 1982
【サッカー】

1978 1979 1980 1981 1982
【自転車競技】

1978 1979 1980 1981 1982
【相撲】

1978 1979 1980 1981 1982
【バスケットボール】

1978 1979 1980 1981 1982
【バレーボール】

1978 1979 1980 1981 1982
【野球】

1978 1979 1980 1981 1982
【NFL】

1978 1979 1980 1981 1982
【競輪】

1978 1979 1980 1981 1982
■ヘルプ

< 1980年 | 1980年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
      • 1.1.2 パシフィック・リーグプレーオフ
      • 1.1.3 日本シリーズ
      • 1.1.4 個人タイトル
      • 1.1.5 ベストナイン
      • 1.1.6 ダイヤモンドグラブ賞
      • 1.1.7 オールスターゲーム
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 大学野球
    • 1.4 社会人野球
    • 1.5 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 1月
    • 2.2 2月
    • 2.3 3月
    • 2.4 4月
    • 2.5 5月
    • 2.6 6月
    • 2.7 7月
    • 2.8 8月
    • 2.9 9月
    • 2.10 10月
    • 2.11 11月
    • 2.12 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 11月
    • 3.12 12月
  • 4 死去
  • 5 脚注

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ

【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差

優勝 | 広島東洋カープ | 73 | 44 | 13 | .624 | -
2位 | ヤクルトスワローズ | 68 | 52 | 10 | .567 | 6.5
3位 | 読売ジャイアンツ | 61 | 60 | 9 | .504 | 14.0
4位 | 横浜大洋ホエールズ | 59 | 62 | 9 | .488 | 16.0
5位 | 阪神タイガース | 54 | 66 | 10 | .450 | 20.5
6位 | 中日ドラゴンズ | 45 | 76 | 9 | .372 | 30.0
パシフィック・リーグ

【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
前・後

優勝 | 近鉄バファローズ | 68 | 54 | 8 | .5573 | 2・1
2位 | ロッテオリオンズ | 64 | 51 | 15 | .5565 | 1・3
3位 | 日本ハムファイターズ | 66 | 53 | 11 | .555 | 2・2
4位 | 西武ライオンズ | 62 | 64 | 4 | .492 | 6・4
5位 | 阪急ブレーブス | 58 | 67 | 5 | .464 | 4・5
6位 | 南海ホークス | 48 | 77 | 5 | .384 | 5・6
  • 1・2位はプレーオフで決定。前期における近鉄バファローズと日本ハムファイターズは同率の2位であり、総合順位では近鉄バファローズが優勝・日本ハムファイターズが3位となる。

パシフィック・リーグプレーオフ

1980年 パシフィック・リーグプレーオフ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月15日(水) | 第1戦 | 近鉄バファローズ | 4-1 | ロッテオリオンズ | 川崎球場
10月16日(木) | 第2戦 | 近鉄バファローズ | 4-2 | ロッテオリオンズ
10月17日(金) | 移動日
10月18日(土) | 第3戦 | ロッテオリオンズ | 4-13 | 近鉄バファローズ | 大阪球場
【年間優勝:近鉄バファローズ】

日本シリーズ

1980年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月25日(土) | 第1戦 | 近鉄バファローズ | 6-4 | 広島東洋カープ | 広島市民球場
10月26日(日) | 第2戦 | 近鉄バファローズ | 9-2 | 広島東洋カープ
10月27日(月) | 移動日
10月28日(火) | 第3戦 | 広島東洋カープ | 4-3 | 近鉄バファローズ | 大阪球場
10月29日(水) | 第4戦 | 広島東洋カープ | 2-0 | 近鉄バファローズ
10月30日(木) | 第5戦 | 広島東洋カープ | 2-6 | 近鉄バファローズ
10月31日(金) | 移動日
11月1日(土) | 第6戦 | 近鉄バファローズ | 2-6 | 広島東洋カープ | 広島市民球場
11月2日(日) | 第7戦 | 近鉄バファローズ | 3-8 | 広島東洋カープ
【優勝:広島東洋カープ(2年連続2回目)】

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ

【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
【成績】

最優秀選手 | 山本浩二 | 広島 |  | 木田勇 | 日本ハム | 
最優秀新人 | 岡田彰布 | 阪神 |  | 木田勇 | 日本ハム | 
首位打者 | 谷沢健一 | 中日 | .369 | L.リー | ロッテ | .358
本塁打王 | 山本浩二 | 広島 | 44本 | C.マニエル | 近鉄 | 48本
打点王 | 山本浩二 | 広島 | 112点 | C.マニエル | 近鉄 | 129点
最多安打 | 高橋慶彦 | 広島 | 169本 | L.リー | ロッテ | 175本
盗塁王 | 高橋慶彦 | 広島 | 38個 | 福本豊 | 阪急 | 54個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
 | 山本浩二 | 広島 | 240個 | 栗橋茂 | 近鉄 | .412
最優秀防御率 | 松岡弘 | ヤクルト | 2.35 | 木田勇 | 日本ハム | 2.28
最多勝利 | 江川卓 | 巨人 | 16勝 | 木田勇 | 日本ハム | 22勝
最多奪三振 | 江川卓 | 巨人 | 219個 | 木田勇 | 日本ハム | 225個
最高勝率 | 福士敬章 | 広島 | .714 | 木田勇 | 日本ハム | .733
最優秀救援投手 | 江夏豊 | 広島 | 30SP | 金城基泰 | 南海 | 19SP

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
江川卓 | 巨人 | 木田勇 | 日本ハム
捕手
大矢明彦 | ヤクルト | 梨田昌崇 | 近鉄
一塁手
谷沢健一 | 中日 | レオン.L | ロッテ
二塁手
基満男 | 大洋 | 山崎裕之 | 西武
三塁手
衣笠祥雄 | 広島 | 有藤道世 | ロッテ
遊撃手
高橋慶彦 | 広島 | 高代延博 | 日本ハム
外野手
山本浩二 | 広島 | L.リー | ロッテ
若松勉 | ヤクルト | 福本豊 | 阪急
杉浦亨 | ヤクルト | 栗橋茂 | 近鉄
指名打者
 | C.マニエル | 近鉄

ダイヤモンドグラブ賞

【】
【セントラル・リーグ】
【パシフィック・リーグ】

【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
【球団】

投手
西本聖 | 巨人 | 木田勇 | 日本ハム
捕手
大矢明彦 | ヤクルト | 梨田昌崇 | 近鉄
一塁手
王貞治 | 巨人 | 小川亨 | 近鉄
二塁手
基満男 | 大洋 | 山崎裕之 | 西武
三塁手
衣笠祥雄 | 広島 | 羽田耕一 | 近鉄
遊撃手
山下大輔 | 大洋 | 水上善雄 | ロッテ
外野手
山本浩二 | 広島 | 福本豊 | 阪急
J.ライトル | 広島 | 平野光泰 | 近鉄
J.スコット | ヤクルト | 簑田浩二 | 阪急

オールスターゲーム

詳細は「1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1980年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

1月

  • 1月5日 - 巨人は東京大手町の巨人軍球団事務所で張本勲ロッテオリオンズへの金銭トレードを発表、張本は会見で「巨人は間違った方向に進んでいる」と発言。
  • 1月10日 - セ・リーグは、巨人のヘッドコーチの青田昇が『サンデー毎日』のインタビューでの舌鍋問題に対し謹慎3か月の処分を下す。
  • 1月18日 - 巨人は、青田のサンデー毎日問題に関して、青田が退団したと発表。

2月

3月

  • 3月23日 - 近鉄の光井正和が広島市内で傷害事件を起こし逮捕。近鉄球団は後日、光井に対し1年間の試合出場停止の処分を下す。

4月

  • 4月5日 - プロ野球がセ・パ同時に開幕。
  • 4月6日 - 第52回選抜高等学校野球大会の決勝戦が阪神甲子園球場で行われ、高知商広陵を5-1で破り初優勝。
  • 4月8日 - 広島の山本浩二が広島市民球場での対広島1回戦の一回裏に1号2点本塁打を放ち、プロ通算300号を達成。
  • 4月9日 - 広島の衣笠祥雄が広島市民球場での対大洋2回戦の三回裏に安打を放ち、プロ通算1500本安打を達成。
  • 4月12日 - 西武の土井正博が西武球場での対近鉄2回戦の三回裏に二塁打を放ち、プロ通算300二塁打を達成。
  • 4月20日 - 日本ハムのトニー・ソレイタが大阪球場での対南海ダブルヘッダー第2試合の3回戦の第一、二、三、五打席目で本塁打を打ち、4打数連続本塁打を記録。「1試合4連続本塁打」は王貞治に次ぎ2人目。
  • 4月23日 - 大洋の松原誠が横浜スタジアムでの対阪神4回戦での一回裏に1号3点本塁打を放ち、プロ通算2000本安打を達成。
  • 4月27日 - ヤクルトスワローズの松岡弘が神宮球場での対阪神2回戦の六回表から登板し、プロ通算500試合登板を達成。
  • 4月29日 - 西武の田淵幸一が仙台宮城球場で行われた対ロッテダブルヘッダー第二試合の5回戦の一回表に3号2点本塁打を放ち、プロ通算350号本塁打を達成。
  • 4月30日 - 仙台宮城球場にてロッテ対西武の6回戦が行われ、ロッテの張本勲が1回裏に安打を放ちプロ通算5000塁打を達成、西武の山崎裕之が3回表に5号本塁打、9回表に6号本塁打を放ちプロ通算200本塁打を達成。

5月

  • 5月3日
    • ロッテの村田兆治が川崎球場での対阪急5回戦で8四球、3死球の計11四死球を記録し、パ・リーグ新記録。
    • 広島の渡辺秀武が広島球場での対ヤクルト4回戦の8回表に大杉勝男から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。
  • 5月15日 - 阪神は甲子園球場にて午後4時より記者会見を行い、監督のドン・ブレイザーが退団し後任の監督に中西太が就任したことを発表、またデーブ・ヒルトンの解雇を発表。
  • 5月27日 - 巨人の柴田勲が後楽園球場での対大洋9回戦の1回裏に二塁打を放ち、プロ通算300二塁打を達成。
  • 5月28日 - ロッテの張本勲が川崎球場での対阪急11回戦の6回裏に山口高志から6号2点本塁打を放ち、プロ野球史上初の通算3000本安打。

6月

  • 6月1日
    • 西武の土井正博が西武球場での対阪急6回戦の5回裏に安打を放ち、プロ通算4000塁打を達成。
    • 広島の衣笠祥雄が広島球場での対中日9回戦の1回裏に13号本塁打を放ち、プロ通算300本塁打を達成。
  • 6月2日 - 巨人の堀内恒夫が対ヤクルト戦で通算200勝。
  • 6月6日 - 南海対西武戦(大阪)が13-13で、引き分け試合の最多得点の日本プロ野球タイ記録。
  • 6月12日 - この日まで通算998安打、99本塁打の日本ハムの富田勝が対阪急戦の1回に関口朋幸から左中間に通算100号本塁打、7回の第4打席で関口からこの日2本目の安打で通算1000本安打。試合は5-4で日本ハムが勝利。
  • 6月14日 - 6月17日 パ・リーグで、日本ハムの菅野光夫、西武のジム・タイロン、阪急の加藤英司、ロッテの有藤通世による4日連続満塁本塁打。
  • 6月27日 - この日、ロッテは日本ハムに勝利し、近鉄が敗れたため、ロッテがパ・リーグ前期優勝達成。

7月

  • 7月1日 - 西武の土井正博が西武球場での対ロッテ前期13回戦の四回裏に13号本塁打を放ち、プロ通算450号本塁打を達成。
  • 7月4日
    • パ・リーグの後期が開幕。
    • 日本ハムのトニー・ソレイタが川崎球場での対ロッテ後期1回戦でパ・リーグ新記録となる5打席連続三振。
  • 7月5日
    • 南海対阪急の後期2回戦が大阪球場で行われ、南海の山内新一が先発し200試合連続先発を記録。七回裏南海の攻撃で二死二塁の場面で片平晋作が打席に立ちカウント2-2からの5球目を球審の寺本勇はストライクと判定し片平は見逃しの三振となるが、片平と監督の広瀬叔功がこの判定に怒って寺本に抗議、寺本は広瀬を暴力行為を働いたとして退場処分とする。八回表片平が守備についた際、片平も寺本に対し暴行を働いていたと他の審判が指摘し、審判団が協議の末、片平も退場処分。今度はコーチの新山隆史がこの宣告に怒り寺本を殴りつけたため退場を宣告。プロ野球史上初めて一度に3名の退場者が出る。
  • 7月7日 - 西武球場での近鉄対西武の後期4回戦の六回裏西武の攻撃中に、近鉄の監督の西本幸雄が球場で打ちあげられた花火の煙でボールが見えないと抗議し、試合が5分中断。中断後、一死一、二塁でジム・タイロンの打席でカウント2-1となった時、西本が再び濃霧でボールが見えないので試合ができないと抗議、試合が29分中断。
  • 7月10日
    • 阪急の福本豊が後楽園球場での対日本ハム後期2回戦の七回表に一塁走者として簑田浩二の適時打で生還し、プロ通算1000得点を達成。
    • ヤクルトの松岡弘が神宮球場での対阪神11回戦に先発して5勝目を挙げ、プロ通算150勝を達成。
  • 7月19日 - オールスターゲーム第1戦(西宮)で阪神の岡田彰布が、日本ハムの間柴茂有からオールスター史上初の新人初打席初本塁打。

8月

  • 8月1日 - 西武ライオンズ野村克也が西武球場での対南海後期4回戦に先発出場し、日本プロ野球史上初の通算3000試合出場。同年の現役引退時の記録は3017試合。
  • 8月4日 - 広島の衣笠祥雄が後楽園球場での対巨人14回戦に先発出場し、飯田徳治の1246試合連続出場を更新する1247試合連続出場のプロ野球新記録。
  • 8月7日
    • 巨人の柴田勲が神宮球場での対ヤクルト17回戦の4回表に酒井圭一から安打を放ち、プロ通算2000本安打、プロ通算3000塁打を達成。
    • 日生球場での西武対近鉄後期7回戦で、西武は7回表に山崎裕之が2、田淵幸一立花義家ジム・タイロンが本塁打を放ち、1イニング5本塁打のプロ野球タイ記録。
  • 8月8日 - 日本ハムの木田勇が後楽園球場での対西武後期2回戦で、プロ野球史上初の2試合連続の毎回奪三振となる12奪三振を記録。
  • 8月10日
  • 8月12日 - 西武の田淵幸一が西武球場での対ロッテ後期11回戦の三回裏に29号本塁打を放ち、西武はこれで日本プロ野球新記録の24試合連続本塁打。
  • 8月13日 - 南海の藤原満が大阪球場での対近鉄後期3回戦の六回裏に安打を放ち、プロ通算1000本安打を達成。
  • 8月16日 - 後楽園球場での巨人対阪神17回戦で、巨人の江川卓、阪神の小林繁が先発登板して両者の投げ合いが実現、試合は5対3で巨人が勝利。江川は176球を投じて完投して10勝目、小林は5回3失点で降板し、敗戦投手となる。
  • 8月19日 - 阪神の岡田彰布が広島市民球場での対広島15回戦の二回表に13号本塁打を放ち、これがセ・リーグ通算2万号本塁打となる。
  • 8月20日 - 中日は兼任コーチの高木守道の現役登録を抹消して一塁ベースコーチとする。
  • 8月22日 - 第62回全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が阪神甲子園球場で行われ、神奈川県代表の横浜が東東京代表の早稲田実業を6-4で破り初優勝。
  • 8月30日
    • 中日の大島康徳がナゴヤ球場での対阪神19回戦の九回裏に12号2点本塁打を放ち、プロ通算150号本塁打を達成。
    • 阪急のボビー・マルカーノが西宮球場での対近鉄後期7回戦の四回裏に22号本塁打を放ち、通算150号本塁打を達成。

9月

  • 9月2日 - 日本ハムの木田勇が日生球場での対近鉄後期9回戦で毎回奪三振16を記録、日本プロ野球初のシーズン3度目の毎回奪三振。
  • 9月6日 - 広島の衣笠祥雄が広島球場での対阪神18回戦の1回裏に阪神の江本孟紀に三振を喫し、プロ通算1000三振を記録。
  • 9月7日 - 広島の山本浩二が広島球場での対阪神19回戦の2回裏に安打を放ち、プロ通算1500本安打を達成。
  • 9月13日 - 阪急の福本豊が日生球場での対近鉄後期9回戦の1回表に三盗を成功させ、プロ通算800盗塁を達成。
  • 9月23日 - 中日の木俣達彦がナゴヤ球場での対巨人23回戦で12号、13号本塁打を放ち通算269号本塁打を記録し、江藤真一の持つ268本塁打の球団最多本塁打の記録を更新。
  • 9月28日 - ロッテの張本勲が川崎球場での対近鉄ダブルヘッダーの第1試合の後期10回戦の1回裏に11号本塁打を放ち、日本プロ野球史上3人目の通算500号本塁打を達成。

10月

  • 10月2日 - 南海の金城基泰が大阪球場での対阪急後期12回戦で9回表2死一、二塁の場面でリリーフ登板し、初球を投げる前に1塁走者の福本豊を牽制球でタッチアウトしてゲームセットとなり「0球セーブ」を記録。
  • 10月5日 - 巨人の王貞治が広島球場での対広島22回戦の7回表に安打を放ちシーズン100本目の安打となり、21年連続100安打を達成。張本勲の持つ20年連続100安打のプロ野球記録を更新。
  • 10月7日 - 日本ハム対近鉄の後期13回戦が後楽園球場にて行われ、日本ハムはこの試合が後期最終戦で、勝てば後期優勝が決定したが、近鉄が日本ハムを6-5と下し、パ・リーグ後期優勝の決定は持ち越しとなる。
  • 10月11日 - 近鉄対西武の後期13回戦が藤井寺球場にで行われ、近鉄が西武に10-4で勝利し、後期優勝を達成。
  • 10月17日 - 広島対阪神の26回戦が甲子園球場で午後2時より行われ広島が阪神を6-3と下し、2位のヤクルトが神宮球場での対中日20回戦で1-4と敗れたため、広島のリーグ優勝が決定。
  • 10月18日 - パ・リーグプレーオフ第3戦が大阪球場で行われ、近鉄がロッテに13-4で勝利し、3勝0敗でパ・リーグ優勝。
  • 10月21日 - 巨人は東京・大手町の読売新聞社会議室にて午後5時より記者会見し、監督の長嶋茂雄が辞任し、野球評論家の藤田元司が新監督に就任したと発表。

11月

出典:wikipedia
2018/01/12 14:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1980年の野球」の意味を投稿しよう
「1980年の野球」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1980年の野球スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1980年の野球」のスレッドを作成する
1980年の野球の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail