このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1983年の読売ジャイアンツとは?

成績
日本シリーズ敗退
3勝4敗(対西武)
セントラル・リーグ優勝
72勝50敗8分 勝率.590
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場

画像をアップロード

球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 藤田元司
« 1982
1984 »

1983年の読売ジャイアンツ(1983ねんのよみうりジャイアンツ)では、1983年シーズンについての読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、藤田元司監督の3年目のシーズンである。

目次

  • 1 チーム成績
    • 1.1 レギュラーシーズン
    • 1.2 日本シリーズ
  • 2 オールスターゲーム1983
  • 3 できごと
  • 4 選手・スタッフ
  • 5 表彰選手
  • 6 ドラフト
  • 7 出典

チーム成績

レギュラーシーズン

開幕オーダー
1 中 | 松本匡史
2 遊 | 河埜和正
3 二 | 篠塚利夫
4 三 | 原辰徳
5 左 | スミス
6 一 | 中畑清
7 右 | 淡口憲治
8 捕 | 山倉和博
9 投 | 西本聖
1983年セントラル・リーグ順位変動
【順位】
【4月終了時】
【5月終了時】
【6月終了時】
【7月終了時】
【8月終了時】
【9月終了時】
最終成績
1位 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 広島 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | -- | 巨人 | --
2位 阪神 | 3.5 | 広島 | 8.0 | 広島 | 5.0 | 巨人 | 0.5 | 広島 | 6.0 | 広島 | 7.5 | 広島 | 6.0
3位 中日 | 5.0 | 阪神 | 12.5 | ヤクルト | 12.5 | ヤクルト | 11.5 | 中日 | 12.5 | 大洋 | 15.0 | 大洋 | 11.0
4位 広島 | 5.5 | ヤクルト | 13.0 | 中日 | 14.0 | 大洋 | 12.5 | 大洋 | 13.0 | 中日 | 阪神 | 11.5
5位 ヤクルト | 大洋 | 16.0 | 大洋 | 14.0 | 阪神 | 阪神 | 14.0 | 阪神 | 15.5 | 中日 | 18.5
6位 大洋 | 7.5 | 中日 | 16.5 | 阪神 | 14.5 | 中日 | 14.0 | ヤクルト | 14.5 | ヤクルト | 19.0 | ヤクルト | 19.0
1983年セントラル・リーグ最終成績
【順位】
球団



勝率

優勝 | 読売ジャイアンツ | 72 | 50 | 8 | .590 | -
2位 | 広島東洋カープ | 65 | 55 | 10 | .542 | 6.0
3位 | 横浜大洋ホエールズ | 61 | 61 | 8 | .500 | 11.0
4位 | 阪神タイガース | 62 | 63 | 5 | .496 | 11.5
5位 | 中日ドラゴンズ | 54 | 69 | 7 | .439 | 18.5
6位 | ヤクルトスワローズ | 53 | 69 | 8 | .434 | 19.0

日本シリーズ

1983年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
開催球場
10月29日(土) | 第1戦 | 読売ジャイアンツ | 3-6 | 西武ライオンズ | 西武ライオンズ球場
10月30日(日) | 第2戦 | 読売ジャイアンツ | 4-0 | 西武ライオンズ
10月31日(月) | 移動日
11月1日(火) | 第3戦 | 西武ライオンズ | 4-5 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
11月2日(水) | 第4戦 | 西武ライオンズ | 7-4 | 読売ジャイアンツ
11月3日(木) | 第5戦 | 西武ライオンズ | 2-5 | 読売ジャイアンツ
11月4日(金) | 移動日
11月5日(土) | 第6戦 | 読売ジャイアンツ | 3-4 | 西武ライオンズ | 西武ライオンズ球場
11月6日(日) | 第7戦 | 雨天中止
11月7日(月) | 読売ジャイアンツ | 2-3 | 西武ライオンズ
優勝:西武ライオンズ(2年連続5回目)

オールスターゲーム1983

詳細は「1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照
【ポジション】
【名前】
選出回数
コーチ | 藤田元司 | 
投手 | 西本聖 | 4
江川卓 | 4
角三男 | 2
捕手 | 山倉和博 | 3
一塁手 | 中畑清 | 3
二塁手 | 篠塚利夫 | 2
三塁手 | 原辰徳 | 3
遊撃手 | 河埜和正 | 4
外野手 | 松本匡史 | 3

できごと

 | 
この節の加筆が望まれています。

選手・スタッフ

読売ジャイアンツ 1983
監督 | 
73 藤田元司

投手 | 

捕手 | 
  • 9 吉田孝司
  • 13 福島知春
  • 15 山倉和博
  • 22 笹本信二
  • 39 山崎章弘
  • 43 山本幸二
  • 56 村田真一
  • 63 与那城隆
  • 64 藤本貴久
  • 98 中村昭

  • 内野手 | 
  • 5 河埜和正
  • 6 篠塚利夫
  • 8 原辰徳
  • 19 平田薫
  • 24 中畑清
  • 25 鈴木康友
  • 31 石渡茂
  • 44 山本功児
  • 45 岡崎郁
  • 48 森谷昭
  • 50 駒田徳広
  • 53 安西健二
  • 58 鈴木伸良
  • 59 西本和美
  • 60 川相昌弘
  • 61 藤本茂喜
  • 66 栄村忠広
  • 67 大石滋昭

  • 外野手 | 
  • 2 松本匡史
  • 7 スミス
  • 10 クルーズ
  • 23 中司得三
  • 27 二宮至
  • 35 淡口憲治
  • 36 中井康之
  • 37 島貫省一
  • 38 仁村薫
  • 51 石井雅博
  • 55 吉村禎章
  • 57 西尾善政
  • 65 三井康浩
  • 90 堀田徹


  • 表彰選手

    山倉和博(捕手、2年ぶり2度目)
    原辰徳(三塁手、初受賞)
    松本匡史(外野手、初受賞)
    西本聖(投手、5年連続5度目)
    山倉和博(捕手、2年ぶり2度目)
    中畑清(一塁手、2年連続2度目)
    松本匡史(外野手、3年連続3度目)

    ドラフト

    詳細は「1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)」を参照
    【順位】
    【選手名】
    【ポジション】
    【所属】
    結果
    1位 水野雄仁 | 投手 | 徳島・池田高 | 入団
    2位 香田勲男 | 投手 | 佐世保工業高 | 入団
    3位 林哲雄 | 内野手 | 岐阜第一高 | 入団
    4位 加茂川重治 | 投手 | 茨城東高 | 入団
    5位 福島敬光 | 内野手 | 荒尾高 | 入団
    6位 上福元勤 | 内野手 | 早稲田実業高 | 入団

    出典

    1. ^ 1983年度日本シリーズ”. 日本野球機構. 2016年5月28日閲覧。
    2. ^ 年度別成績 1983年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2016年5月28日閲覧。
    3. ^ 『読売新聞』1983年4月10日付朝刊、14版、17面
    4. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 読売ジャイアンツ. 2016年5月28日閲覧。
    « 1982
    1983年の日本プロ野球
    1984 »

    セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
    優勝 読売ジャイアンツ 2位 広島東洋カープ 優勝 西武ライオンズ 2位 阪急ブレーブス
    3位 横浜大洋ホエールズ 4位 阪神タイガース 3位 日本ハムファイターズ 4位 近鉄バファローズ
    5位 中日ドラゴンズ 6位 ヤクルトスワローズ 5位 南海ホークス 6位 ロッテオリオンズ
    :日本一 :日本シリーズ出場

    各年の読売ジャイアンツ
    1930年代 | 
     |  |  |  | 1934 | 1935 | 1936 | 1937 | 1938 | 1939

    1940年代 | 
    1940 | 1941 | 1942 | 1943 | 1944 | 1945 | 1946 | 1947 | 1948 | 1949

    1950年代 | 
    1950 | 1951 | 1952 | 1953 | 1954 | 1955 | 1956 | 1957 | 1958 | 1959

    1960年代 | 
    1960 | 1961 | 1962 | 1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969

    1970年代 | 
    1970 | 1971 | 1972 | 1973 | 1974 | 1975 | 1976 | 1977 | 1978 | 1979

    1980年代 | 
    1980 | 1981 | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

    1990年代 | 
    1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999

    2000年代 | 
    2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009

    2010年代 | 
    2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019

    2020年代 | 
    2020 |  |  |  |  |  |  |  |  | 

    1945年は戦況悪化のため、公式戦を休止。合同チームによる非公式戦のみ開催。

    セントラル・リーグ優勝チーム
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 大洋
  • 1961 巨人
  • 1962 阪神
  • 1963 巨人
  • 1964 阪神
  • 1965 巨人
  • 1966 巨人
  • 1967 巨人
  • 1968 巨人
  • 1969 巨人

  • 1970年代 | 
  • 1970 巨人
  • 1971 巨人
  • 1972 巨人
  • 1973 巨人
  • 1974 中日
  • 1975 広島
  • 1976 巨人
  • 1977 巨人
  • 1978 ヤクルト
  • 1979 広島

  • 1980年代 | 
  • 1980 広島
  • 1981 巨人
  • 1982 中日
  • 1983 巨人
  • 1984 広島
  • 1985 阪神
  • 1986 広島
  • 1987 巨人
  • 1988 中日
  • 1989 巨人

  • 1990年代 | 
  • 1990 巨人
  • 1991 広島
  • 1992 ヤクルト
  • 1993 ヤクルト
  • 1994 巨人
  • 1995 ヤクルト
  • 1996 巨人
  • 1997 ヤクルト
  • 1998 横浜
  • 1999 中日

  • 2000年代 | 
  • 2000 巨人
  • 2001 ヤクルト
  • 2002 巨人
  • 2003 阪神
  • 2004 中日
  • 2005 阪神
  • 2006 中日
  • 2007 巨人
  • 2008 巨人
  • 2009 巨人

  • 2010年代 | 
  • 2010 中日
  • 2011 中日
  • 2012 巨人
  • 2013 巨人
  • 2014 巨人
  • 2015 ヤクルト
  • 2016 広島
  • 2017 広島
  • 2018 広島
  • 2019 巨人


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/06 12:42

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「1983年の読売ジャイア…」の意味を投稿しよう
    「1983年の読売ジャイアンツ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    1983年の読売ジャイアンツスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「1983年の読売ジャイアンツ」のスレッドを作成する
    1983年の読売ジャイアンツの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail