このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1994年の野球とは?

< 1994年 | 1994年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
        • 1.1.1.1 終盤のセ・リーグ優勝争い等
          • 1.1.1.1.1 10.8決戦と同率最終戦での最下位決定戦
      • 1.1.2 日本シリーズ
      • 1.1.3 個人タイトル
      • 1.1.4 ベストナイン
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 1月
    • 2.2 2月
    • 2.3 3月
    • 2.4 4月
    • 2.5 5月
    • 2.6 6月
    • 2.7 7月
    • 2.8 8月
    • 2.9 9月
    • 2.10 10月
    • 2.11 11月
    • 2.12 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 12月
  • 4 死去
  • 5 脚注
  • 6 参考文献

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

1994年セントラル・リーグ最終成績
【順位】
球団



勝率

優勝 | 読売ジャイアンツ | 70 | 60 | 0 | .538 | -
2位 | 中日ドラゴンズ | 69 | 61 | 0 | .531 | 1.0
3位 | 広島東洋カープ | 66 | 64 | 0 | .508 | 4.0
4位 | ヤクルトスワローズ | 62 | 68 | 0 | .477 | 8.0
阪神タイガース | 62 | 68 | 0 | .477 | 8.0
6位 | 横浜ベイスターズ | 61 | 69 | 0 | .469 | 9.0
 | 
1994年パシフィック・リーグ最終成績
【順位】
球団



勝率

優勝 | 西武ライオンズ | 76 | 52 | 2 | .594 | -
2位 | オリックス・ブルーウェーブ | 68 | 59 | 3 | .5354 | 7.5
近鉄バファローズ | 68 | 59 | 3 | .5354 | 7.5
4位 | 福岡ダイエーホークス | 69 | 60 | 1 | .5348 | 7.5
5位 | 千葉ロッテマリーンズ | 55 | 73 | 2 | .430 | 21.0
6位 | 日本ハムファイターズ | 46 | 79 | 5 | .368 | 28.5

終盤のセ・リーグ優勝争い等

『プロ野球70年史』は、この年の見出しを「10.8決戦とイチロー旋風」としている。

その10.8決戦のあったセ・リーグは、終盤に各チームの勝率が接近して、順位争いがプロ野球史上まれに見る混戦となった。

8月18日、巨人は中日を破ってマジックナンバー25を点灯させた。この時点で巨人の優勝が確実との見方もあった。また、巨人側から見ると、この試合は、このシーズン5勝を与えることとなった「苦手」今中慎二を攻略したという意味もある。

【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
ゲーム差
1位 | 読売ジャイアンツ | 58 | 42 | 0 | .580 | -
2位 | 中日ドラゴンズ | 52 | 48 | 0 | .520 | 6.0
3位 | 阪神タイガース | 50 | 51 | 0 | .495 | 8.5
4位 | 広島東洋カープ | 48 | 50 | 0 | .480 | 9.0
5位 | 横浜ベイスターズ | 45 | 53 | 0 | .459 | 12.0
6位 | ヤクルトスワローズ | 44 | 53 | 0 | .454 | 12.5

ところが、巨人が7月から9月の各月とも負け越し、マジックナンバーは17まで減らしたものの、8月30日に中日に敗れて消滅した。さらに、広島、中日とのゲーム差がすぐに近づいていった。

特に、中日は8月に8連敗し、監督の髙木守道にシーズン限りの解任を通告していた。しかし、奮起して、9月を11勝3敗で、9月に4勝10敗の巨人をとらえ、広島を優勝争いから脱落させた。9月28日、ナゴヤ球場での中日-巨人戦で、1回に立浪和義が巨人先発桑田真澄から放った本塁打による1点を先発郭源治から先発登板することもあった佐藤秀樹、さらに翌日の両チーム間の試合が台風接近により中止になることを見越して今中を抑えに投入して1-0で中日が勝利し、巨人と同率で並んだ。巨人の監督の長嶋茂雄は10月8日に「(9月29日に中止になった中日戦を)やっていたら中日の勢いからいってやられただろうし、(中略)まさにあの"ハリケーン"は神風だった」と振り返り、後年、落合博満は、この時期の巨人のチーム状態について「2試合とも中止になることを願っていた」と述べた。

その後両チームとも試合がなく迎えた9月30日、リーグは、この中止になった中日対巨人戦(第26回戦)を10月8日に組み込むことを含めた「追加日程」を発表した。この時点で、優勝争いは、同率で並び、ともに5試合を残していた巨人と中日にほぼ絞られていた。

10月6日は、一旦巨人が1ゲーム差をつけて迎えたが、中日が勝ち、巨人が敗れて、再び同率となった。結局両者とも同率で並んでから3勝1敗で8日の最終決戦を迎えた。

8日の決戦は、巨人が6-3で勝ち、優勝決定となった。先に解任通告を受けた高木監督については、終盤の優勝争いで、球団側が事実上、解任通告を撤回し、13日に同監督も辞意を撤回して、留任となった。

詳細は「10.8決戦」を参照
10.8決戦と同率最終戦での最下位決定戦

1994年のセ・リーグは同率で並んだ2チームが最終戦で直接対戦して優勝が決定した(10.8決戦)。一方で最下位も同率で並んだ2チームが最終戦で直接対戦して決定した。

10月7日の時点で単独5位だった横浜ベイスターズは8日に試合の予定がなかったが、単独最下位だったヤクルトスワローズが同日に行われた129試合目で広島東洋カープに勝ったため、ヤクルトと横浜が61勝68敗の同率で並んだ。この時点で既に公式戦全日程を終了した広島の3位と阪神タイガースの4位は確定しており、両チームにとっての最終戦となる「ヤクルト対横浜」の直接対決で敗れたチームが最下位を確定することになった。この試合は10.8決戦と同様に、9月30日にセ・リーグから発表された「追加日程」に含まれていたもので、同年のリーグ公式戦最終試合でもあった。

10月9日に神宮球場で行われた試合はヤクルトが西村龍次、横浜が斎藤隆の先発で始まった。横浜は6回表に1点を先制したが、ヤクルトは8回裏に同点とすると、9回裏には城友博が横浜のリリーフ盛田幸妃から適時打を打ち、2-1でサヨナラ勝ち。勝利投手は高津臣吾、敗戦投手は斎藤隆。これによりヤクルトは阪神と並んで同率4位となり、横浜のリーグ最下位およびセ・リーグ全成績が確定した。

日本シリーズ

1994年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
開催球場
10月22日(土) | 第1戦 | 西武ライオンズ | 11 - 0 | 読売ジャイアンツ | 東京ドーム
10月23日(日) | 第2戦 | 西武ライオンズ | 0 - 1 | 読売ジャイアンツ
10月24日(月) | 移動日
10月25日(火) | 第3戦 | 読売ジャイアンツ | 2 - 1 | 西武ライオンズ | 西武ライオンズ球場
10月26日(水) | 第4戦 | 読売ジャイアンツ | 5 - 6 | 西武ライオンズ
10月27日(木) | 第5戦 | 読売ジャイアンツ | 9 - 3 | 西武ライオンズ
10月28日(金) | 移動日
10月29日(土) | 第6戦 | 西武ライオンズ | 1 - 3 | 読売ジャイアンツ | 東京ドーム
優勝:読売ジャイアンツ(5年ぶり18回目)

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ
【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
成績
最優秀選手 | 桑田真澄 | 巨人 |  | イチロー | オリックス | 
最優秀新人 | 藪恵市 | 阪神 |  | 渡辺秀一 | ダイエー | 
首位打者 | A.パウエル | 中日 | .324 | イチロー | オリックス | .385
本塁打王 | 大豊泰昭 | 中日 | 38本 | R.ブライアント | 近鉄 | 35本
打点王 | 大豊泰昭 | 中日 | 107点 | 石井浩郎 | 近鉄 | 111点
最多安打 | 野村謙二郎 | 広島 | 169本 | イチロー | オリックス | 210本
盗塁王 | 野村謙二郎 | 広島 | 37個 | 佐々木誠 | 西武 | 37個
最高出塁率 | T.オマリー | 阪神 | .429 | イチロー | オリックス | .445
最優秀防御率 | 郭源治 | 中日 | 2.45 | 新谷博 | 西武 | 2.91
最多勝利 | 山本昌広 | 中日 | 19勝 | 伊良部秀輝 | ロッテ | 15勝
最多奪三振 | 桑田真澄 | 巨人 | 185個 | 伊良部秀輝 | ロッテ | 239個
最高勝率 | 紀藤真琴 | 広島 | .762 | 郭泰源 | 西武 | .722
最優秀救援投手 | 高津臣吾 | ヤクルト | 27SP | 赤堀元之 | 近鉄 | 33SP

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
パシフィック・リーグ
【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
球団
投手 | 山本昌広 | 中日 | 伊良部秀輝 | ロッテ
捕手 | 西山秀二 | 広島 | 吉永幸一郎 | ダイエー
一塁手 | 大豊泰昭 | 中日 | 石井浩郎 | 近鉄
二塁手 | 和田豊 | 阪神 | 福良淳一 | オリックス
三塁手 | 江藤智 | 広島 | 松永浩美 | ダイエー
遊撃手 | 川相昌弘 | 巨人 | 広瀬哲朗 | 日本ハム
外野手 | 前田智徳 | 広島 | イチロー | オリックス
A.パウエル | 中日 | 佐々木誠 | 西武
G.ブラッグス | 横浜 | K.ライマー | ダイエー
指名打者 |  | R.ブライアント | 近鉄

高校野球

メジャーリーグ

詳細は「1994年のメジャーリーグベースボール」を参照

選手会側が8月12日から232日間におよぶ史上最長のストライキ(1994年から1995年のMLBストライキ)に突入。その影響でワールドシリーズ(1994年のワールドシリーズ)が90年ぶりに中止になってしまった。

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

誕生

1月

2月

3月

4月

出典:wikipedia
2018/09/05 23:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1994年の野球」の意味を投稿しよう
「1994年の野球」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1994年の野球スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1994年の野球」のスレッドを作成する
1994年の野球の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail