このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1995年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)とは?

1995年度新人選手選択会議

開催日 1995年11月22日
開催地 東京都港区
会場 新高輪プリンスホテル
制度 2巡目まで:重複くじ引き
(大学生・社会人に逆指名権あり)
3巡目以降:変則ウェーバー
指名数 68名
入団拒否 2名
1巡目初回最多選択希望(7球団)
福留孝介(内野手・PL学園高)
« 1994
1996 »

1995年度新人選手選択会議(1995ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、1995年11月22日の午前10時30分から新高輪プリンスホテルで行われた第31回のプロ野球ドラフト会議である。

目次

  • 1 概要
  • 2 選択希望選手一覧
  • 3 指名選手
    • 3.1 セントラル・リーグ
      • 3.1.1 ヤクルトスワローズ
      • 3.1.2 広島東洋カープ
      • 3.1.3 読売ジャイアンツ
      • 3.1.4 横浜ベイスターズ
      • 3.1.5 中日ドラゴンズ
      • 3.1.6 阪神タイガース
    • 3.2 パシフィック・リーグ
      • 3.2.1 オリックス・ブルーウェーブ
      • 3.2.2 千葉ロッテマリーンズ
      • 3.2.3 西武ライオンズ
      • 3.2.4 日本ハムファイターズ
      • 3.2.5 福岡ダイエーホークス
      • 3.2.6 近鉄バファローズ
  • 4 脚注

概要

68選手の交渉権が確定した。これまで1球団最大10人であった最大指名人数が8人以内になった。中日か巨人を希望していた福留孝介に対し意中球団の巨人、中日だけでなく、ヤクルト、近鉄、日本ハム、ロッテ、オリックスの意中外球団も指名し、計7球団が競合指名。高校生選手への指名としては1985年の清原和博の6球団を超える7球団の競合となった。抽選の結果、近鉄が交渉権を獲得した。しかし福留はドラフト会議前から「巨人と中日以外からの指名ならば社会人野球へ」と宣言しており、実際に入団を拒否し、日本生命に入社した。その外れ1位の指名では原俊介に巨人と中日、澤井良輔にロッテとヤクルトが競合、いずれも前者が交渉権を獲得した。二度の抽選に失敗した中日とヤクルトはそれぞれ荒木雅博三木肇を指名した。また、野村克則が実父の野村克也が監督を務めるヤクルトに指名され入団した。

選択希望選手一覧

チーム 近鉄 阪神 ダイエー 中日 日本ハム 横浜 西武 巨人 ロッテ 広島 オリックス ヤクルト
1位① 福留孝介 | 舩木聖士 | 斉藤和巳 | 福留孝介 | 福留孝介 | 細見和史 | 高木大成 | 福留孝介 | 福留孝介 | 長谷川昌幸 | 福留孝介 | 福留孝介
1位② --- | --- | --- | 原俊介 | 中村豊 | --- | --- | 原俊介 | 澤井良輔 | --- | 今村文昭 | 澤井良輔
1位③ --- | --- | --- | 荒木雅博 | --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- | 三木肇
2位 岡本晃 | 中ノ瀬幸泰 | 松本輝 | 門倉健 | 荒井修光 | 関口伊織 | 大友進 | 仁志敏久 | 薮田安彦 | 吉年滝徳 | 川崎泰央 | 宮出隆自
3位→ 武藤孝司 | 林純次 | 土井雅弘 | 藤井優志 | 沼田浩 | 横山道哉 | 小石澤浄孝 | 清水隆行 | 飯田雅司 | 玉木重雄 | 日高剛 | 野村克則
4位← 倉本慎也 | 曽我部直樹 | 佐久本昌広 | 渡辺博幸 | 黒木純司 | 杉山俊介 | 岸川雄二 | 大場豊千 | 早川健一郎 | 伊与田一範 | 太田敦士 | 石井弘寿
5位→ 平下晃司 | --- | 高橋和幸 | 大塔正明 | 平松省二 | 鶴岡一成 | 原井和也 | 大野倫 | 松本尚樹 | 高山健一 | 田中雅興 | ---
6位← --- | --- | 福田信一 | 益田大介 | 箕田卓哉 | --- | --- | 小林聡 | 末広五大 | 鈴衛佑規 | --- | ---
7位→ --- | --- | --- | 日笠雅人 | 中西有希人 | --- | --- | --- | 天野勇剛 | --- | --- | ---
8位← --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- | 大橋晋也 | --- | --- | ---

指名選手

網掛けの選手は逆指名による入団

セントラル・リーグ

ヤクルトスワローズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 三木肇 | 内野手 | 上宮高 | 入団
2位 宮出隆自 | 投手 | 宇和島東高 | 入団
3位 野村克則 | 捕手 | 明治大学 | 入団
4位 石井弘寿 | 投手 | 東京学館高 | 入団

広島東洋カープ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 長谷川昌幸 | 投手 | 市立銚子高 | 入団
2位 吉年滝徳 | 投手 | 関西高 | 入団
3位 玉木重雄 | 投手 | 三菱自動車川崎 | 入団
4位 伊与田一範 | 外野手 | 千葉経済大学附属高 | 入団
5位 高山健一 | 内野手 | 本田技研 | 入団
6位 鈴衛佑規 | 捕手 | 伊丹西高 | 入団

読売ジャイアンツ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 原俊介 | 捕手 | 東海大学付属相模高 | 入団
2位 仁志敏久 | 内野手 | 日本生命 | 入団
3位 清水隆行 | 外野手 | 東洋大学 | 入団
4位 大場豊千 | 投手 | 上宮高 | 入団
5位 大野倫 | 外野手 | 九州共立大学 | 入団
6位 小林聡 | 投手 | 水戸農業高 | 入団

横浜ベイスターズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 細見和史 | 投手 | 同志社大学 | 入団
2位 関口伊織 | 投手 | 日本通運 | 入団
3位 横山道哉 | 投手 | 横浜高 | 入団
4位 杉山俊介 | 捕手 | 砂川北高 | 入団
5位 鶴岡一成 | 捕手 | 神港学園神港高 | 入団

中日ドラゴンズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 荒木雅博 | 内野手 | 熊本工業高 | 入団
2位 門倉健 | 投手 | 東北福祉大学 | 入団
3位 藤井優志 | 捕手 | 大阪学院大学 | 入団
4位 渡辺博幸 | 内野手 | 三菱自動車川崎 | 入団
5位 大塔正明 | 投手 | 近畿大学 | 入団
6位 益田大介 | 外野手 | 龍谷大学 | 入団
7位 日笠雅人 | 投手 | 新日本製鐵君津 | 入団

阪神タイガース

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 舩木聖士 | 投手 | NKK | 入団
2位 中ノ瀬幸泰 | 投手 | 西濃運輸 | 入団
3位 林純次 | 投手 | 東海理化 | 入団
4位 曽我部直樹 | 外野手 | サンジルシ醸造 | 入団

パシフィック・リーグ

オリックス・ブルーウェーブ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 今村文昭 | 外野手 | 九州学院高 | 入団
2位 川崎泰央 | 投手 | 敦賀高 | 入団
3位 日高剛 | 捕手 | 九州国際大学付属高 | 入団
4位 太田敦士 | 投手 | 仙台高 | 入団
5位 田中雅興 | 外野手 | 熊本工業高 | 入団

千葉ロッテマリーンズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 澤井良輔 | 内野手 | 銚子商業高 | 入団
2位 薮田安彦 | 投手 | 新日本製鐵広畑 | 入団
3位 飯田雅司 | 投手 | 敦賀気比高 | 入団
4位 早川健一郎 | 外野手 | 日産自動車 | 入団
5位 松本尚樹 | 内野手 | 住友金属 | 入団
6位 末広五大 | 内野手 | 熊本工大高 | 入団
7位 天野勇剛 | 投手 | 仙台育英学園高 | 入団
8位 大橋晋也 | 捕手 | 駒澤大学 | 拒否・トヨタ自動車入社

西武ライオンズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 高木大成 | 捕手 | 慶應義塾大学 | 入団
2位 大友進 | 投手 | 東京ガス | 入団
3位 小石澤浄孝 | 投手 | 盛岡大学附属高 | 入団
4位 岸川雄二 | 内野手 | 神奈川大学 | 入団
5位 原井和也 | 内野手 | 松下電器 | 入団

日本ハムファイターズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 中村豊 | 外野手 | 明治大学 | 入団
2位 荒井修光 | 捕手 | 早稲田大学 | 入団
3位 沼田浩 | 投手 | デュプロ | 入団
4位 黒木純司 | 投手 | 三菱自動車水島 | 入団
5位 平松省二 | 投手 | ヨークベニマル | 入団
6位 箕田卓哉 | 外野手 | 東海大学甲府高 | 入団
7位 中西有希人 | 投手 | 東山高 | 入団

福岡ダイエーホークス

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 斉藤和巳 | 投手 | 南京都高 | 入団
2位 松本輝 | 投手 | 熊本工業高 | 入団
3位 土井雅弘 | 投手 | 新日本製鐵八幡 | 入団
4位 佐久本昌広 | 投手 | 大和銀行 | 入団
5位 高橋和幸 | 投手 | 所沢商業高 | 入団
6位 福田信一 | 投手 | 青森大学 | 入団

近鉄バファローズ

【順位】
【選手名】
【守備】
【所属】
結果
1位 福留孝介 | 内野手 | PL学園高 | 拒否・日本生命入社
2位 岡本晃 | 投手 | 関西大学 | 入団
3位 武藤孝司 | 内野手 | 創価大学 | 入団
4位 倉本慎也 | 捕手 | 広島経済大学 | 入団
5位 平下晃司 | 外野手 | 日南学園高 | 入団

脚注

  1. ^ 中日新聞1995年11月22日夕刊、11月23日朝刊
プロ野球ドラフト会議(新人選手選択会議)
1960年代 | 
 |  |  |  |  | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969

1970年代 | 
1970 | 1971 | 1972 | 1973 | 1974 | 1975 | 1976 | 1977 | 1978 | 1979

1980年代 | 
1980 | 1981 | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

1990年代 | 
1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999

2000年代 | 
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009

2010年代 | 
2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019

2020年代 | 
2020 |  |  |  |  |  |  |  |  | 


« 1994
1995年の日本プロ野球
1996 »

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
優勝 ヤクルトスワローズ 2位 広島東洋カープ 優勝 オリックス・ブルーウェーブ 2位 千葉ロッテマリーンズ
3位 読売ジャイアンツ 4位 横浜ベイスターズ 3位 西武ライオンズ 4位 日本ハムファイターズ
5位 中日ドラゴンズ 6位 阪神タイガース 5位 福岡ダイエーホークス 6位 近鉄バファローズ
:日本一 :日本シリーズ出場

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/20 01:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1995年度新人選手…」の意味を投稿しよう
「1995年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1995年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1995年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)」のスレッドを作成する
1995年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail