このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2007年の日本シリーズとは?

移動先: 案内検索
2007年の日本シリーズ
チーム | 勝数(引分数)
中日ドラゴンズ() | 4
北海道日本ハムファイターズ(パ) | 1

ゲームデータ
試合日程 | 2007年10月27日-11月1日
最高殊勲選手 | 中村紀洋
敢闘選手 | ダルビッシュ有
チームデータ
中日ドラゴンズ ()
監督 | 落合博満
シーズン成績 | 78勝64敗2分
(シーズン2位/CS優勝)
北海道日本ハムファイターズ(パ)
監督 | トレイ・ヒルマン
シーズン成績 | 79勝60敗5分
(シーズン1位/CS優勝)
日本シリーズ
< 2006 | 2008 >

2007年の日本シリーズ(2007ねんのにっぽんシリーズ、2007ねんのにほんシリーズ)は、2007年10月27日から11月1日に行われたセントラル・リーグクライマックスシリーズ勝利チームの中日ドラゴンズと、パシフィック・リーグクライマックスシリーズ勝利チームの北海道日本ハムファイターズによる第58回プロ野球日本選手権シリーズである。

目次

  • 1 概要
  • 2 クライマックスシリーズからのトーナメント表
  • 3 試合日程
  • 4 試合経過等
    • 4.1 第1戦
    • 4.2 第2戦
    • 4.3 第3戦
    • 4.4 第4戦
    • 4.5 第5戦
  • 5 記録
  • 6 表彰選手
  • 7 テレビ・ラジオ中継
    • 7.1 テレビ中継
    • 7.2 ラジオ中継
  • 8 脚注
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

概要

クライマックスシリーズの導入により、これまでのリーグ優勝チームによる対戦方式から、レギュラー・シーズン上位3球団を対象としたプレーオフを勝ち抜いたチーム同士が日本一の座をかけて争う方式となった。そのため、必ずしもリーグ優勝チームが出場するとは限らなくなった。

今回の対戦は、パ・リーグレギュラーシーズンに優勝し、かつクライマックスシリーズでも勝ち上がったトレイ・ヒルマン監督率いる北海道日本ハムファイターズと、セ・リーグレギュラーシーズンは2位に終わったがクライマックスシリーズを勝ち上がった落合博満監督率いる中日ドラゴンズとなり、前年度と同じ顔合わせになった。2年連続で同一カードで日本選手権シリーズを開催するのは19921993両年のヤクルトVS西武以来、14年ぶり。また、初めて北海道での開幕となった。第5戦は11月1日に行われ、1993年以来14年ぶりの11月開催となった。

初戦は日本ハムが取ったが、その後は中日が4連勝。前年度とまったく逆のパターンでリベンジを果たし、1954年以来53年ぶり2度目の日本一を地元ナゴヤドームで達成。落合は、監督として3度目の日本シリーズ出場で初めてチームを日本一に導いた。前年と同じ顔合わせで勝者と敗者が入れ替わった日本シリーズは2回目である。また、日本プロ野球史上初めて、リーグの優勝球団ではないチームが日本シリーズを制した。

第5戦では、中日の山井大介投手が先発投手として8回パーフェクトピッチングを行い日本シリーズの新記録(過去の最高記録は村山実(阪神)の7回1/3)。山井大介と岩瀬仁紀との継投による完全試合は、参考記録ではあるが日本シリーズおよび日本プロ野球史上初である。

この日本シリーズ優勝によって、中日ドラゴンズは第3回KONAMI CUP アジアシリーズ2007の日本代表チームとして出場する権利を得た。

クライマックスシリーズからのトーナメント表

 | CS1st |  | CS2nd |  | 日本選手権シリーズ
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 

 |  | 
 |  |  | (5戦3勝制)
東京ドーム
 |  |  |  | 
 | 巨人(セ優勝) | ●●●
 | (3戦2勝制)
ナゴヤドーム |  |  |  | 
 |  |  | 中日 | ○○○ |  | 
 | 中日(セ2位) | ○○ |  | 
 |  | (7戦4勝制)
札幌ドーム
ナゴヤドーム
 | 阪神(セ3位) | ●● |  | 
 |  | 中日(セCS優勝) | ●○○○○
 |  |  | 
 |  |  |  |  | 日本ハム(パCS優勝) | ○●●●●
 |  |  |  | 
 |  |  | (5戦3勝制)
札幌ドーム | 
 |  |  |  | 
 | 日本ハム(パ優勝) | ○●○●○
 | (3戦2勝制)
千葉マリン |  |  | 
 |  |  | ロッテ | ●○●○● |  | 
 | ロッテ(パ2位) | ○●○ |  |  |  |  | 
 | 
 | ソフトバンク(パ3位) | ●○● |  |  |  | 

試合日程

  • 10月27日 - 札幌ドーム 18時15分
  • 10月28日 - 札幌ドーム 18時15分
  • 10月30日 - ナゴヤドーム 18時10分
  • 10月31日 - ナゴヤドーム 18時10分
  • 11月1日 - ナゴヤドーム 18時10分

試合経過等

2007年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月27日(土) | 第1戦 | 中日ドラゴンズ | 1-3 | 北海道日本ハムファイターズ | 札幌ドーム
10月28日(日) | 第2戦 | 中日ドラゴンズ | 8-1 | 北海道日本ハムファイターズ
10月29日(月) | 移動日
10月30日(火) | 第3戦 | 北海道日本ハムファイターズ | 1-9 | 中日ドラゴンズ | ナゴヤドーム
10月31日(水) | 第4戦 | 北海道日本ハムファイターズ | 2-4 | 中日ドラゴンズ
11月1日(木) | 第5戦 | 北海道日本ハムファイターズ | 0-1 | 中日ドラゴンズ
【優勝:中日ドラゴンズ(53年ぶり2回目)】

第1戦

10月27日 ○日本ハム3-1中日●(札幌ドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

中 日 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 【1
4 | 0
日本ハム | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | x 【3
2 | 0
  1. 中 : ●川上
  2. 日 : ○ダルビッシュ
  3. : ダルビッシュ(1勝) : 川上(1敗)
  4. : 日 – セギノール1号
  5. *開始 18時15分 有料入場者 40,616人 時間 2時間48分

オーダー

【中日】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | () | 荒木
2 | () | 井端
3 | () | 森野
4 | () | T.ウッズ
5 | () | 立浪
6 | () | 中村紀
7 | () | 李炳圭
8 | () | 谷繁
9 | () | 藤井
 |  | 堂上剛
 | 中 | 平田
 | 
【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (中) | 森本
2 | (二) | 田中賢
3 | (右) | 稲葉
4 | (指) | セギノール
5 | (左) | 工藤
6 | (三)一 | 小谷野
7 | (一) | 稲田
 | 三 | 飯山
8 | (遊) | 金子誠
9 | (捕) | 鶴岡


日本ハムが初回、セギノールの3ラン本塁打で先制。この初回の3点をダルビッシュが日本シリーズタイ記録の13奪三振(1999年第1戦の工藤公康・当時ダイエー以来)を奪う力投。完投してその3点を最後まで守り切った。中日先発・川上も初回のセギノールの本塁打と8回の単打のわずか2安打以外は1回2から8回1死まで21人の打者を連続で無安打に抑えて追加点を許さなかった。しかし、中日打線はダルビッシュの前に4安打するも、森野の犠牲フライによる1得点のみに終わった。また、8回表に代打で出場した中日・堂上剛(結果は三ゴロ)は、父親・(当時・中日)もシリーズ出場(1982年・対西武、投手として4試合登板)を果たしており、史上初めての親子での日本シリーズ出場となった。

第2戦

10月28日 ●日本ハム1-8中日○(札幌ドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

中 日 | 1 | 0 | 0 | 3 | 0 | 2 | 2 | 0 | 0 【8
8 | 0
日本ハム | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【1
4 | 0
  1. 中 : ○中田-石井-クルス-高橋
  2. 日 : ●グリン-吉川-押本-菊地-山本-萩原
  3. : 中田(1勝) : グリン(1敗)
  4. : 中 – 李炳圭1号、森野1号 日 – セギノール2号
  5. *開始 18時15分 有料入場者 40,770人 時間 3時間43分
    • 審判 球審=渡田(セ) 塁審=東(パ)、橘高(セ)、柳田(パ) 外審=杉永(セ)、秋村(パ)

オーダー

【中日】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (二) | 荒木
2 | (遊) | 井端
3 | (左)三 | 森野
4 | (一) | T.ウッズ
 | 左 | 上田
5 | (指) | 立浪
6 | (三)一 | 中村紀
7 | (右) | 李炳圭
8 | (捕) | 谷繁
9 | (中) | 藤井
 | 
【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (中) | 森本
2 | (二) | 田中賢
3 | (右) | 稲葉
4 | (指) | セギノール
 | 打 | 田中幸
5 | (捕) | 高橋
6 | (左) | 工藤
 | 打 | 川島
7 | (三) | 小谷野
 | 打一 | 小田
 | 打 | 飯山
8 | (一)三 | 稲田
 | 打 | 鶴岡
9 | (遊) | 金子誠


中日が初回、盗塁をはさんだ2安打と森野の犠飛で1点を先制。4回表に日本ハム先発・ライアン・グリンが3連続四球。中村紀のタイムリー二塁打などで3点を追加。その裏、セギノールのソロ本塁打で一点を返されたが、その後も6回に李炳圭の2ラン、7回に森野の2ランで点差を広げた。先発・中田賢一は8回まで日本ハム打線をわずか3安打、失点はセギノールの本塁打による1点に抑えた。グリンは3連続四球を与えたところから崩れ、後続の投手も勢いを止められなかった。4回表に日本ハムのグリン・吉川の二人が与えた5四球は、1イニング与四球のシリーズ新記録。

第3戦

10月30日 ○中日9-1日本ハム●(ナゴヤドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

日本ハム | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【1
9 | 0
中 日 | 7 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | x 【9
12 | 0
  1. 日 : ●武田勝-スウィーニー-建山-押本-萩原
  2. 中 : ○朝倉-久本-平井-鈴木-岡本
  3. : 朝倉(1勝) : 武田勝(1敗)
  4. *開始 18時10分 有料入場者 38,068人 時間 3時間39分
    • 審判 球審=秋村(パ) 塁審=杉永(セ)、東(パ)、橘高(セ) 外審=中村(パ)、佐々木(セ)

オーダー

【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (中) | 森本
2 | (二) | 田中賢
3 | (右) | 稲葉
 | 走左 | 川島
4 | (一) | セギノール
 | 三 | 
5 | (左)右 | 工藤
6 | (捕) | 高橋
7 | (三)一 | 稲田
8 | (遊) | 金子誠
9 | (投) | 武田勝
 | 投 | スウィーニー
 | 投 | 建山
 | 打 | 坪井
 | 投 | 押本
 | 打 | 紺田
 | 投 | 萩原
 | 打 | 小谷野
 | 
【中日】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (二) | 荒木
2 | (遊) | 井端
3 | (左)三 | 森野
4 | (一) | T.ウッズ
 | 左 | 上田
5 | (三)一 | 中村紀
6 | (右) | 李炳圭
7 | (中) | 平田
8 | (捕) | 谷繁
9 | (投) | 朝倉
 | 打 | 堂上剛
 | 投 | 久本
 | 投 | 平井
 | 投 | 鈴木
 | 投 | 岡本


中日が初回、ウッズのタイムリー安打を皮切りに6本のタイムリー安打を集中させて7点を奪い、2回にも谷繁のタイムリー二塁打で2点を追加、序盤で試合の大勢を決めた。先発・朝倉健太は大量リードにも守られ、走者を出しながらも粘りの投球で7回を1失点にまとめた。日本ハムは先発・武田勝が打者6人・1/3回でKO、2番手に先発要員のスウィーニーを登板させるものの、中日打線の勢いは止められなかった。また打線も決定打が出ず、9安打を放ちながらも僅か1点に終わる拙攻だった。

中日が1回裏に記録した1イニングでの7打数連続安打はシリーズ新記録。また、ウッズがシリーズ4つ目の併殺打を喫し、1988年の宇野勝(中日)に並ぶシリーズタイ記録。

第4戦

10月31日 ○中日4-2日本ハム●(ナゴヤドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

日本ハム | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 【2
7 | 1
中 日 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 1 | 0 | x 【4
5 | 1
  1. 日 : ●吉川-押本-武田久
  2. 中 : 小笠原-○鈴木-平井-岡本-S岩瀬
  3. : 鈴木(1勝) : 吉川(1敗) S: 岩瀬(1S)
  4. *開始 18時12分 有料入場者 38,059人 時間 3時間45分
    • 審判 球審=佐々木(セ) 塁審=中村(パ)、杉永(セ)、東(パ) 外審=渡田(セ)、柳田(パ)

オーダー

【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (中) | 森本
2 | (二) | 田中賢
3 | (右) | 稲葉
4 | (一) | セギノール
 | 走三 | 飯山
 | 打 | 高橋
5 | (三)一 | 小谷野
6 | (左) | 工藤
 | 投 | 武田久
7 | (遊) | 金子誠
8 | (捕) | 鶴岡
 | 打 | 坪井
 | 捕 | 中嶋
9 | (投) | 吉川
 | 投 | 押本
 | 左 | 川島
 | 打左 | 紺田
 | 
【中日】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (二) | 荒木
2 | (遊) | 井端
3 | (左)三 | 森野
4 | (一) | T.ウッズ
 | 投 | 岩瀬
5 | (三)一 | 中村紀
6 | (右) | 李炳圭
7 | (中) | 平田
 | 投 | 鈴木
 | 打 | 新井
 | 投 | 平井
 | 投 | 岡本
 | 打 | 井上
 | 左 | 上田
8 | (捕) | 谷繁
9 | (投) | 小笠原
 | 中 | 藤井


中日が初回、小谷野のタイムリー失策などで2点を先制するが、日本ハムは4回表に金子誠のタイムリー二塁打で1点を返すと、続く5回表には押し出し四球で同点に追いついた。しかしその裏、中日は一死満塁とし、ウッズの打席で吉川の暴投により勝ち越しに成功。7回裏には3番手の武田久から中村紀がタイムリー安打を放ってダメ押しの得点を奪った。日本ハム先発・吉川は立ち上がりこそ不安定だったが、2回以降は立ち直った。しかし自らの暴投で決勝点を与えてしまい、粘りきれなかった。また打線も、中日を上回る7安打をマークしながらも、主砲・セギノールとの勝負を避けられ、5番・小谷野が3度の得点圏で2度凡退するなど、打線の繋がりを欠いた。

第5戦

11月1日 ○中日1-0日本ハム●(ナゴヤドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

日本ハム | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【0
0 | 0
中 日 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | x 【1
5 | 0
  1. 日 : ●ダルビッシュ-武田久
  2. 中 : ○山井-S岩瀬
  3. : 山井(1勝) : ダルビッシュ(1勝1敗) S: 岩瀬(2S)
  4. *開始 18時10分 有料入場者 38,118人 時間 2時間26分
    • 審判 球審=柳田(パ) 塁審=渡田(セ)、中村(パ)、杉永(セ) 外審=秋村(パ)、橘高(セ)

オーダー

【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (中) | 森本
2 | (二) | 田中賢
3 | (右) | 稲葉
4 | (一) | セギノール
5 | (左) | 工藤
6 | (三) | 稲田
 | 打 | 坪井
 | 投 | 武田久
7 | (遊) | 金子誠
8 | (捕) | 鶴岡
 | 打 | 高橋
9 | (投) | ダルビッシュ
 | 三 | 小谷野
 | 
【中日】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | (二) | 荒木
2 | (遊) | 井端
3 | (左) | 森野
4 | (一) | T.ウッズ
5 | (三) | 中村紀
6 | (右) | 李炳圭
7 | (中) | 平田
8 | (捕) | 谷繁
9 | (投) | 山井
 | 投 | 岩瀬


中日は2回、平田の犠牲フライで1点を先制し、結果的にこの1点が決勝点となり53年ぶりの日本一を達成。レギュラーシーズン1位以外の球団が日本一を達成したのは2004年の西武、2005年のロッテ(いずれも2位)に次いで3回目であり、セ・リーグのチームでは初の事例となった。

だがこの試合、中日の先発・山井大介が8回を一人の走者も許さないパーフェクトペースであったが、9回は落合監督が守護神・岩瀬に交代させる。先発投手が被安打0のまま交代するのは、1999年第3戦の永井智浩(ダイエー)に次いで2人目であり、四死球などの走者も1人も許さずに交代したのは山井が史上初。結果的に岩瀬は3人で締めて、継投による完全試合(NPBでは参考記録扱い)を達成したものの、山井から岩瀬への継投を行った落合監督の采配については、スポーツマスコミや野球評論家などを中心に、野球ファンの間でも賛否両論が巻き起った。

詳細は「2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投」を参照

記録

シリーズ新記録(5試合シリーズ)
  • 個人最多二塁打 中村紀(中日):4
  • 個人最多奪三振 ダルビッシュ(日本ハム):24
  • チーム最低打率 日本ハム:.147
  • チーム最少安打 日本ハム:22
  • チーム最少塁打 日本ハム:35
シリーズタイ記録(5試合シリーズ)
  • 個人最多盗塁 荒木(中日):4(2人目)
  • 個人連続試合盗塁 荒木(中日):3(4人目)
  • 個人最多犠飛 森野(中日):2(2人目)
  • 個人最多併殺打 ウッズ(中日):4(2人目)
  • チーム最少安打 日本ハム:22本(2度目)
  • チーム最少得点 日本ハム:7(2度目)
  • チーム最少盗塁 日本ハム:0(2度目)
  • チーム最多三振 中日:42(2度目)
  • チーム最少刺殺 日本ハム:126(3度目)
  • 最多投手出場 中日:13(4度目)
試合記録
  • 個人最多奪三振タイ ダルビッシュ(日本ハム):13(2人目)
  • 2試合連続二桁奪三振 ダルビッシュ(日本ハム):第1戦、第5戦
  • 二桁奪三振の敗戦投手 ダルビッシュ(日本ハム):2人目
  • 先発全員奪三振 ダルビッシュ(日本ハム):第1戦
  • チーム最多連続イニング無安打(連続試合) 日本ハム:10(第4戦9回、第5戦1~9回)
  • 個人投手出場連続イニング無被安打 山井(中日):8回(第5戦)
  • 個人投手先発最多イニング無被安打 山井(中日):8回(第5戦)
  • 個人投手最多連続無走者 山井(中日):24人(第5戦)
  • チーム最少被安打 中日:0(第5戦)
  • チーム最少安打 日本ハム:0(第5戦)

表彰選手

※日本シリーズでは最優秀賞に選ばれた選手に対し、1954年から長らく自動車(原則トヨタ自動車協賛。広島カープの優勝時は資本関係上マツダ協賛)が贈られてきたが、この大会からそれがなくなり、賞金と自動車以外の各商品となった。

テレビ・ラジオ中継

テレビ中継

出典:wikipedia
2018/02/26 06:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2007年の日本シリーズ」の意味を投稿しよう
「2007年の日本シリーズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

2007年の日本シリーズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2007年の日本シリーズ」のスレッドを作成する
2007年の日本シリーズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail