このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2013_ワールド・ベースボール・クラシックとは?

移動先: 案内検索
ワールド・ベースボール・クラシック > 2013 ワールド・ベースボール・クラシック
【2013 WBC優勝国】


ドミニカ共和国
初優勝


2013 ワールド・ベースボール・クラシック

【概要】

【開催国・地域】
日本
中華民国(台湾)
プエルトリコ
アメリカ合衆国
【本選日程】
2013年3月2日 - 3月19日
【大会参加】
28チーム (予選免除12/予選参加16)
【本選出場】
16チーム
【前回優勝】
日本(2回目)
【結果】

優勝 ドミニカ共和国 (初)
準優勝 プエルトリコ
ベスト4 日本
オランダ
【統計】

【試合数】
39試合
【総入場者数】
885,212人 (試合平均22,697人)
【最高入場試合】
3月8日 第1ラウンド
44,256人
【大会本塁打】
42本
【大会MVP】
ロビンソン・カノ
ワールド・ベースボール・クラシック
< 20092017 >
2013年3月19日、第3回WBC決勝戦、ドミニカ共和国対プエルトリコの試合前の様子(AT&Tパーク)。

2013 ワールド・ベースボール・クラシック(英語: 2013 World Baseball Classic)は、2013年3月にアメリカ合衆国を中心に4か国・地域にて開催された野球の国際大会、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第3回大会である。今回から国際野球連盟世界選手権も兼ねて開催された。

本大会はドミニカ共和国が全8試合に勝利し、大会史上初の全勝優勝を成し遂げて第3回WBC王者になった。

目次

  • 1 開催地
  • 2 試合方式
    • 2.1 2009年大会からのルール変更点
  • 3 予選
    • 3.1 出場国・地域と日程
    • 3.2 予選ラウンド
      • 3.2.1 予選1組(ジュピターラウンド)
      • 3.2.2 予選2組(レーゲンスブルクラウンド)
      • 3.2.3 予選3組(パナマシティラウンド)
      • 3.2.4 予選4組(台北ラウンド)
    • 3.3 予選結果
  • 4 本大会
    • 4.1 出場国・地域と日程
  • 5 進行
    • 5.1 第1ラウンド
      • 5.1.1 A組(福岡ラウンド)
      • 5.1.2 B組(台中ラウンド)
      • 5.1.3 C組(サンフアンラウンド)
      • 5.1.4 D組(フェニックスラウンド)
    • 5.2 第2ラウンド
      • 5.2.1 1組(東京ラウンド)
      • 5.2.2 2組(マイアミラウンド)
    • 5.3 準決勝・決勝(サンフランシスコラウンド)
  • 6 最終成績
  • 7 表彰選手
  • 8 2013年大会開催までの主な出来事
  • 9 第3回大会の傾向と問題点
    • 9.1 ビジネス面における第2回大会からの前進
    • 9.2 各国での盛り上がり
    • 9.3 同一試合の多さの改善と得失点率の問題
    • 9.4 大会初の乱闘
  • 10 テレビ・ラジオ放送
    • 10.1 日本国内での放送
    • 10.2 日本国外での放送
  • 11 大会主催・スポンサー
  • 12 脚注
    • 12.1 注釈
    • 12.2 出典
  • 13 参考文献
  • 14 外部リンク

開催地

予選1組
予選2組
予選3組
予選4組

ジュピター | レーゲンスブルク | パナマシティ | 台北
ロジャー・ディーン・
スタジアム
 | アーミン・ウルフ・
ベースボール・アリーナ
 | ロッド・カルー・スタジアム | 新荘体育場野球場
 |  | 
 | 
A組
B組
C組
D組

福岡 | 台中 | サンフアン | フェニックス
福岡 ヤフオク!ドーム | 台中インター
コンチネンタル野球場
 | ヒラム・ビソーン・
スタジアム
 | チェイス・フィールド
 |  |  | 
D組
1組
2組
決勝トーナメント

スコッツデール | 東京 | マイアミ | サンフランシスコ
ソルト・リバー・フィールズ | 東京ドーム | マーリンズ・パーク | AT&Tパーク
 |  |  | 

試合方式

参考

  • 予告先発指名打者制を採用
  • 投手の投球制限
    • ファーストラウンドでは65球まで、セカンドラウンドでは80球まで、決勝ラウンドは95球までを原則とする。
    • ただし上記の制限投球数が打席の途中である場合は、その選手の打席が完了するまでは投球できる。
    • 50球以上の投球である場合は中4日以上、30球以上、または2試合連続の登板(この場合は30球未満でも適用)である場合は中1日以上の間隔をあけること。
  • 延長戦 回数制限なし(よって天災を除いて引き分けとはならない)。ただし12回終了時に同点で終わった場合はタイブレーカーを採用。ノーアウト1・2塁の段階という設定から試合を行い、打順は前回のイニングの続きからとし、前イニングの最後から数えて2名がそれぞれ1塁・2塁のランナーとする。
  • 点数差によるコールドゲーム 5・6回終了時に15点差以上、並びに7・8回終了時に10点差以上ついてそのイニングが完了した場合に適用する。(決勝戦を除く。)
  • 使用球 大会の公認球を使用
  • ファーストラウンドの順位決定方法 同じ勝率で終了した場合は次の順番で順位を確定させる。
  1. 対象国の直接対決の成績
  2. 3チームが並んだ場合は当該チーム間のTQB=(得点÷攻撃回)-(失点÷守備回)の大きい順
    • ここで2チームが並んだ場合は直接対決の成績
  3. 3チームが並んだ場合は当該チーム間のER-TQB=(自責得点÷攻撃回)-(自責失点÷守備回)の大きい順
    • ここで2チームが並んだ場合は直接対決の成績
  4. 3チームが並んだ場合は当該チーム間の試合における打率
    • ここで2チームが並んだ場合は直接対決の成績
  5. 3チームが並んだ場合はコイントスの勝者

2009年大会からのルール変更点

  • 予選ラウンドの新設。
  • 過去の第1回・第2回両大会のシステムを両方共に導入。
  • 投手の球数制限が見直され、第1回大会と同一の球数制限となった。1次ラウンドが65球(第2回大会では70球。以下同)、2次ラウンドが80球(85球)、準決勝と決勝では95球(100球)。
  • 投手の同日複数試合の登板禁止。
  • かみたばこ禁止。
  • ベンチとブルペン間の連絡における携帯電話の使用が可能。
  • 試合開始90分前の打順発表。
  • 決勝以外のコールドゲーム採用(準決勝もコールドゲームが採用される)。
  • 2009年大会はストライク判定を安定させるため球審はすべてMLB審判が務めていたが、2013年大会はNPB審判も球審を担当する

予選

2013 ワールド・ベースボール・クラシック 予選 (英語:2013 World Baseball Classic Qualifiers)は、前回出場国16か国・地域の内、前回大会ベスト12を予選免除とし、前回大会ブロック最下位に終わったチャイニーズタイペイ(台湾)、カナダ、パナマ、南アフリカの4か国と、新たに参加するドイツスペインイギリスフランスチェコイスラエルブラジルコロンビアニカラグアニュージーランドフィリピンタイの12か国、合計16か国により行われた予選である。4か国ずつを一組とした4組に分け、敗者復活戦を含めた6試合を行い、各組1位の合計4か国が本大会に進む方式であった。

予選ラウンドは、2012年9月19日から11月18日にかけて、ジュピター(アメリカフロリダ州)、レーゲンスブルク(ドイツ)、パナマシティ(パナマ)、台北(台湾)の4会場で開催された。

前回出場国のチャイニーズタイペイとカナダは本選進出を決めたが、パナマと南アフリカは破れ、代わりにブラジルとスペインが新たに本選に出場することとなった。

出場国・地域と日程

【出場チーム】
【所属連盟】
【本選出場】
【世界ランク】

ブラジル | COPABE | 0 | 20
カナダ | COPABE | 2 | 6
コロンビア | COPABE | 0 | 19
チェコ | CEB | 0 | 25
スペイン | CEB | 0 | 16
フランス | CEB | 0 | 30
イギリス | CEB | 0 | 21
ドイツ | CEB | 0 | 17
イスラエル | CEB | 0 | 74
ニカラグア | COPABE | 0 | 15
ニュージーランド | BCO | 0 | 28
パナマ | COPABE | 2 | 14
フィリピン | BFA | 0 | 22
南アフリカ共和国 | ABSA | 2 | 27
タイ | BFA | 0 | 23
チャイニーズタイペイ | BFA | 2 | 5
【予選ラウンド】

予選1組(9/19 - 9/23)
ジュピター
スペイン
フランス
イスラエル
南アフリカ
 | 予選2組(9/20 - 9/24)
レーゲンスブルク
カナダ
チェコ
ドイツ
イギリス
 | 予選3組(11/15 - 11/19)
パナマシティ
ブラジル
コロンビア
ニカラグア
パナマ
 | 予選4組(11/15 - 11/18)
台北
ニュージーランド
フィリピン
タイ
チャイニーズタイペイ

予選ラウンド

予選1組(ジュピターラウンド)

詳細は「2013 ワールド・ベースボール・クラシック 予選1組」を参照
 | 1回戦 |  | 2回戦 |  | 本選進出決定戦 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  | 

 |  南アフリカ | 3
 | 
 | 
 |  イスラエル | 4
 | 第1試合(9/19 19:00)
 |  | 
 |  イスラエル | 7
 |  | 
 | 
 |  イスラエル | 7
 |  | 第3試合(9/21 13:00)
 |  | 
 |  スペイン | 8
 |  | 
 | 
 |  スペイン | 2
 | 第2試合(9/20 19:00)
 |  | 
 |  フランス | 0
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 敗者復活1回戦 |  | 敗者復活2回戦 | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  | 

 |  スペイン | 13
 |  | 第6試合(9/23 17:00)
 | 
 |  南アフリカ | 5 |  スペイン | 9
 | 第5試合(9/22 19:00)
 |  |  | 
 |  南アフリカ | 3
 | 第4試合(9/21 19:00) | 
 |  | 
 |  フランス | 2
 | 
 | 
 | 
 | 
【日程】
【試合開始】
【先攻】
【スコア】
【後攻】
【回】
【試合時間】
【観客動員】
【試合詳細】

2012年9月19日 | 19:00 | イスラエル  | 7–3 | 南アフリカ共和国 |  | 3時間16分 | 1,581人 | Boxscore
2012年9月20日 | 19:00 | フランス  | 0–8 | スペイン |  | 2時間51分 | 975人 | Boxscore
2012年9月21日 | 13:00 | イスラエル  | 4–2 | スペイン |  | 2時間43分 | 814人 | Boxscore
2012年9月21日 | 19:00 | 南アフリカ共和国  | 5–2 | フランス | 11 | 3時間57分 | 922人 | Boxscore
2012年9月22日 | 19:00 | スペイン  | 13–3 | 南アフリカ共和国 |  | 3時間11分 | 1,183人 | Boxscore
2012年9月23日 | 17:00 | スペイン  | 9–7 | イスラエル | 10 | 4時間50分 | 4,463人 | Boxscore

予選2組(レーゲンスブルクラウンド)

詳細は「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/26 13:25

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2013_ワールド・ベースボ…」の意味を投稿しよう
「2013_ワールド・ベースボール・クラシック」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

2013_ワールド・ベースボール・クラシックスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2013_ワールド・ベースボール・クラシック」のスレッドを作成する
2013_ワールド・ベースボール・クラシックの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail