このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2014_FIFAワールドカップ・決勝とは?

2014 FIFAワールドカップ・決勝
表彰式でトロフィーを掲げるドイツチーム

【大会名】
2014 FIFAワールドカップ
ドイツ
アルゼンチン




【1】
【0】


(延長)
【開催日】
2014年7月13日
【会場】
エスタジオ・ド・マラカナン(リオデジャネイロ)
最優秀選手
マリオ・ゲッツェ
主審
ニコラ・リッツォーリ
2010
2018

決勝戦のエスタジオ・ド・マラカナン

2014 FIFAワールドカップ・決勝は、2014年7月13日(現地時間)にブラジルリオデジャネイロ市エスタジオ・ド・マラカナンで行われた第20回目のFIFAワールドカップ(W杯)の決勝戦である。

目次

  • 1 背景
    • 1.1 ファイナリスト
    • 1.2 7度目の対決
  • 2 決勝までの道のり
  • 3 試合詳細
    • 3.1 データ
  • 4 来賓
  • 5 テレビ中継
  • 6 脚注
    • 6.1 注記
    • 6.2 出典

背景

ファイナリスト

決勝に駒を進めたのはドイツアルゼンチンの2チーム。ドイツは2002年日韓大会以来3大会ぶり8度目の決勝進出で、通算4度目、東西統一後としては初となる優勝を目指す。アルゼンチンは1990年イタリア大会以来6大会ぶり5度目の決勝進出で、3度目の優勝を狙う。

これまで、南北アメリカ大陸で開催されたW杯でヨーロッパ各国の代表が優勝したことはなく、ドイツはこれのジンクスに挑むこととなった。

7度目の対決

ドイツとアルゼンチンのW杯での対決はこれまで6度ある。対戦成績はドイツの3勝2分け1敗である。

西ドイツ v アルゼンチン
1958年スウェーデン大会 グループ1
1958年6月8日 | 西ドイツ  | 3 - 1 |  アルゼンチン | マルメ・スタディオン(マルメ)
19:00 | ラーン 32分, 79分
ゼーラー 42分 | レポート | コルバタ 3分 | 観客数: 31,156人
主審: Leafe

アルゼンチン v 西ドイツ
1966年イングランド大会 グループ2
1966年7月16日 | アルゼンチン  | 0 - 0 |  西ドイツ | ヴィラ・パーク(バーミンガム)
15:00 |  | レポート |  | 観客数: 51,000人
主審: Konstantin Zečević

アルゼンチン v 西ドイツ
1986年メキシコ大会決勝
1986年6月29日 | アルゼンチン  | 3 - 2 |  西ドイツ | エスタディオ・アステカ(メキシコシティ)
12:00 | ブラウン 23分
バルダーノ 55分
ブルチャガ 83分 | レポート | ルンメニゲ 74分
フェラー 80分 | 観客数: 114,600人
主審: ロムアウド・アルピ・フィリョ

西ドイツ v アルゼンチン
1990年イタリア大会決勝
1990年7月8日 | 西ドイツ  | 1 - 0 |  アルゼンチン | スタディオ・オリンピコ(ローマ)
20:00 | ブレーメ 85分 (PK) | レポート |  | 観客数: 73,603人
主審: エドガルド・コデサル

ドイツ v アルゼンチン
2006年ドイツ大会 準々決勝
2006年6月30日 | ドイツ  | 1 - 1
(延長)
(4 - 2 PK戦)
 |  アルゼンチン | オリンピアシュタディオン(ベルリン)
17:00 | クローゼ 80分 | レポート | アジャラ 49分 | 観客数: 72,000人
主審: ルボス・ミシェル

 |  | PK戦 | 
ノイビル
バラック
ポドルスキ
ボロウスキ  |  |  クルス
アジャラ
ロドリゲス
カンビアッソ | 
アルゼンチン v ドイツ
2010年南アフリカ大会 準々決勝
2010年7月3日 | アルゼンチン  | 0 - 4 |  ドイツ | ケープタウン・スタジアム(ケープタウン)
16:00 |  | レポート | ミュラー 3分
クローゼ 68分, 89分
フリードリヒ 74分 | 観客数: 64,100人
主審: ラフシャン・イルマトフ

両チームが決勝で対戦するのは1986年メキシコ大会、1990年イタリア大会と2大会連続で対戦して以来3度目 で、決勝での対戦成績は1勝1敗。どちらのチームが勝っても、この直接対決時以来の優勝となる。アルゼンチンは1986年メキシコ大会決勝での勝利以外にドイツに勝ったことがない。

決勝までの道のり

決勝の舞台となるエスタジオ・ド・マラカナン

ドイツはヨーロッパ予選グループCで、W杯11回出場のスウェーデンと同組になりながらも無敗(9勝1引き分け)で本大会出場を決め、アルゼンチンは9チーム総当たりの南米予選でホーム無敗(9勝2敗5引き分け)で予選1位となり本大会出場を決めた。

本大会ではドイツはグループGに入り、初戦のポルトガル戦では前大会得点王のFWトーマス・ミュラーのハットトリックで快勝、2戦目のガーナ戦では一旦勝ち越しを許すものの途中出場のFWミロスラフ・クローゼロナウド(ブラジル)のW杯記録に並ぶ通算15得点目を挙げて追いつき引き分けに持ち込んだ。3戦目のアメリカでも押し気味に試合を進めて1-0で勝利、3試合を終えて2勝1引き分けで決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦のアルジェリア戦では前半押し込まれながらも後半盛り返し、延長戦に持ち込んでFWアンドレ・シュールレとMFメスト・エジルのゴールで下し、準々決勝ではフランスと対戦し緊迫した試合展開となったが、DFマッツ・フメルスが序盤に挙げた1点を守り切って勝利した。準決勝ではFWネイマールを準々決勝の怪我で、DFチアゴ・シウバを累積警告による出場停止で欠く開催国ブラジルを相手に7-1と歴史的勝利をマーク。決勝進出を果たした。

対するアルゼンチンはグループFに入り、初戦のボスニア・ヘルツェゴビナ戦に2-1で勝利し、2戦目のイラン戦では、イランの堅守に苦しめられるも後半アディショナルタイムのFWリオネル・メッシの得点で辛くも勝利、1戦を残して決勝トーナメント進出を決めた。グループリーグ最終戦のナイジェリア戦では打ち合いとなるも3-2で勝利し、3戦全勝でのグループ1位通過を決めた。決勝トーナメント1回戦ではスイスに対して最後まで決めきれず延長戦へ。しかし延長後半、アルゼンチンはFWアンヘル・ディ・マリアがゴールを挙げ勝利し、準々決勝へと駒を進めた。準々決勝ではベルギーと対戦し、前半開始早々のFWゴンサロ・イグアインのゴールを守り切り1-0で勝利を収め24年ぶりとなる準決勝進出を決めた。準決勝では直前に亡くなったアルフレッド・ディ・ステファノを悼んで喪章をつけて臨んだ。試合は2大会連続の決勝進出を目論んだオランダを相手に、延長戦を終えてスコアレスドローにもつれ込んだ。PK戦ではGKセルヒオ・ロメロが2本のPKを止める活躍を見せ、アルゼンチンの決勝進出に大いに貢献した。

準決勝までの6試合で17得点、得点者が8人を数えるドイツに対して決勝トーナメント3試合を無失点で勝ち上がったアルゼンチンとの組み合わせは、読売新聞が「攻撃のドイツ」対「堅守のアルゼンチン」という構図を立てた 一方でロイターはドイツがアルゼンチンのような堅守のチームと対戦していない点に注目し、「1点を争う展開になる」と予想。また、準決勝で前半に5点を挙げ楽な試合運びを行ったドイツに対し、延長戦を含めた120分を戦ったアルゼンチンの方が決勝までの間隔が1日短いこともあって、ドイツ有利との事前の見方も少なくなかった。

ドイツ ラウンド アルゼンチン
対戦国 | 結果 | グループリーグ | 対戦国 | 結果
ポルトガル | 4–0 | 第1戦 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | 2–1
ガーナ | 2–2 | 第2戦 | イラン | 1–0
アメリカ合衆国 | 1–0 | 第3戦 | ナイジェリア | 3–2
グループG
チーム
ドイツ | 3 | 2 | 1 | 0 | 7 | 2 | +5 | 7
アメリカ合衆国 | 3 | 1 | 1 | 1 | 4 | 4 | 00 | 4
ポルトガル | 3 | 1 | 1 | 1 | 4 | 7 | -3 | 4
ガーナ | 3 | 0 | 1 | 2 | 4 | 6 | -2 | 1
 | 最終結果 | 
グループF
チーム
アルゼンチン | 3 | 3 | 0 | 0 | 6 | 3 | +3 | 9
ナイジェリア | 3 | 1 | 1 | 1 | 3 | 3 | 00 | 4
ボスニア・ヘルツェゴビナ | 3 | 1 | 0 | 2 | 4 | 4 | 00 | 3
イラン | 3 | 0 | 1 | 2 | 1 | 4 | –3 | 1

対戦国 | 結果 | 決勝トーナメント | 対戦国 | 結果
アルジェリア | 2–1 (aet) | ラウンド16 | スイス | 1–0 (aet)
フランス | 1–0 | 準々決勝 | ベルギー | 1–0
ブラジル | 7–1 | 準決勝 | オランダ | 0–0 (aet) (4–2 pen.)

試合詳細

前半終了間際、ヘーヴェデスのシュートはポストを叩く。
113分、ゲッツェの決勝ゴール。

スターティングメンバー発表時点では両チームとも準決勝と同じ顔ぶれとなっていた が、ドイツのMFサミ・ケディラが試合前の練習でふくらはぎを痛め、急遽MFクリストフ・クラマーが出場することに。なお、クラマーは今大会は決勝トーナメント2試合に途中出場したのみだったため、これがW杯初先発となった。

試合は事前の予想通りドイツがボールを多く支配する展開となった が、守備を固めるアルゼンチンの前になかなか決定的なチャンスを作ることが出来ず、逆にアルゼンチンもカウンターを仕掛けるもGKマヌエル・ノイアーを中心としたドイツの守備陣に阻まれるという展開が続く。21分には、ドイツのMFトニ・クロースがノイアーへ頭で戻したバックパスをアルゼンチンのFWゴンサロ・イグアインが奪い、キーパーと1対1の局面を作り出すが、イグアインのシュートはゴール左に外れる。さらに30分にはアルゼンチンのFWリオネル・メッシが右サイドでフリーのFWエセキエル・ラベッシにパスし、ラベッシが上げたクロスにイグアインが飛び込みゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定となった。対するドイツはクラマーが試合中の接触で頭を負傷し、31分にFWアンドレ・シュールレとの交替を余儀なくされた というアクシデントもあったが、前半終了間際にビッグチャンスが訪れた。クロースの右コーナーキックにDFベネディクト・ヘーヴェデスがヘディングで合わせる。しかし、シュートはポストに弾かれゴールとはならず、前半は両チーム無得点で終了した。

後半に入り、メッシを中心に攻撃を仕掛けるアルゼンチンが徐々に攻勢を強めるがラストパスが噛み合わずゴールにはつながらなかった。一方のドイツも終盤に盛り返すも決定機には至らず、スコアレスのまま試合は延長戦へ。

延長では両チーム共に幾度か決定機を作り出すも、両チームのGKの好守もあり得点には至らず。しかし迎えた延長後半8分、左サイドをドリブルで駆け上がった途中出場のドイツのFWアンドレ・シュールレのクロスを、同じく途中出場のMFマリオ・ゲッツェが胸でコントロールしそのままボレーシュート。これが決まり、ドイツが待望の先制点を挙げた。終了間際にはアルゼンチンがゴール前でFKのチャンスを得るも、メッシのキックはゴールを大きく外れた。その直後、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。ドイツが24年ぶり(6大会ぶり)、東西統一後初の優勝を飾った。

データ

時間はブラジル時間(UTC-3)

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2014年7月13日
16:00 (UTC-3)

ドイツ 1 - 0
(延長) アルゼンチン
ゲッツェ 113分 | Report | 
エスタジオ・ド・マラカナン (リオデジャネイロ)
観客数: 74,738人
主審: ニコラ・リッツォーリ (イタリア)

ドイツ
 | 
アルゼンチン


ドイツ
【】

GK | 1 | マヌエル・ノイアー
RB | 16 | フィリップ・ラーム
CB | 20 | ジェローム・ボアテング
CB | 5 | マッツ・フメルス
LB | 4 | ベネディクト・ヘーヴェデス |  34分
CM | 23 | クリストフ・クラマー |  |  31分
CM | 7 | シュヴァインシュタイガー |  29分
RW | 13 | トーマス・ミュラー
AM | 18 | トニ・クロース
LW | 8 | メスト・エジル |  |  120分
CF | 11 | ミロスラフ・クローゼ |  |  88分
サブメンバー
GK | 12 | ロン=ロベルト・ツィーラー
GK | 22 | ローマン・ヴァイデンフェラー
DF | 2 | ケヴィン・グロスクロイツ
DF | 3 | マティアス・ギンター
DF | 15 | エリック・ドゥルム
DF | 17 | ペア・メルテザッカー |  |  120
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/04 07:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2014_FIFAワールドカッフ…」の意味を投稿しよう
「2014_FIFAワールドカップ・決勝」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

2014_FIFAワールドカップ・決勝スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2014_FIFAワールドカップ・決勝」のスレッドを作成する
2014_FIFAワールドカップ・決勝の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail