このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2015年の日本シリーズとは?

本記事を編集なさる場合、まずはPJ:BASE#NPBポストシーズンプロジェクト:野球をご一読ください。(2015年10月)
2015年の日本シリーズ
チーム | 勝数(引分数)
福岡ソフトバンクホークス(パ) | 4
東京ヤクルトスワローズ() | 1

ゲームデータ
試合日程 | 2015年10月24日-10月29日
最高殊勲選手 | 李大浩
敢闘選手 | 山田哲人
チームデータ
福岡ソフトバンクホークス (パ)
監督 | 工藤公康
シーズン成績 | 90勝49敗4分
(シーズン1位/CS優勝)
東京ヤクルトスワローズ()
監督 | 真中満
シーズン成績 | 76勝65敗2分
(シーズン1位/CS優勝)
日本シリーズ
< 2014 | 2016 >

2015年の日本シリーズ(2015ねんのにっぽんシリーズ、2015ねんのにほんシリーズ)は、2015年(平成27年)10月24日から10月29日まで開催された東京ヤクルトスワローズ(以下、ヤクルト)と福岡ソフトバンクホークス(以下、ソフトバンク)による第66回日本選手権シリーズである。

概要

今大会は、前回大会に引き続き、NPBパートナーの三井住友フィナンシャルグループ(三井住友銀行)を冠スポンサーに迎え『SMBC日本シリーズ2015』として開催された。

日本シリーズでは2年ぶりにレギュラーシーズンにおけるリーグ優勝チーム同士の対戦となった、クライマックス・パ優勝チーム・福岡ソフトバンクホークスとクライマックス・セ優勝チーム・東京ヤクルトスワローズとの対戦(前回大会はセ・リーグ代表が、レギュラーシーズン優勝の読売ジャイアンツではなく、クライマックス・セを優勝したレギュラーシーズン2位の阪神タイガース)。なおこのカードは、日本シリーズでは初顔合わせでかつ、両チーム名がの名前同士であるのも初。また、工藤公康(ソフトバンク)・真中満(ヤクルト)の両軍監督はともに就任1年目の新人監督であり、2004年(西武ライオンズ伊東勤VS中日ドラゴンズ落合博満)以来11年ぶり4回目の新人監督同士の対戦。なお、勝利した福岡ソフトバンクの工藤監督は、シリーズ史上10人目となる新人監督でのシリーズ制覇となる。

パ・リーグのホームゲーム(第1・2戦)では指名打者(DH)制度の使用が許可された。なお、今大会は監督会議で工藤監督が予告先発を提案したが、真中監督が拒否し、合意が成立しなかったため、予告先発は行われなかった。

ソフトバンクがヤクルトを4勝1敗で退け日本一を決め、2年連続7回目(前身の南海、ダイエー時代の各2回を含む)のシリーズ制覇を果たした。なお、日本シリーズ連覇は1990年(VS巨人)・1991年(VS広島)・1992年(VSヤクルト)に3連覇した西武ライオンズ(当時)以来で、ソフトバンクとしては前身の南海、ダイエー時代を含めて球団史上初となる連続日本一の栄冠を手にした。また、12球団の中においても5球団目の達成。パ・リーグでは過去に西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)、阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)が連続日本一を経験。また、2年連続日本一を異なる監督で達成したのは史上初(前年の福岡ソフトバンク監督は秋山幸二)。

一方、ヤクルトはセ・リーグでは、1976年の読売ジャイアンツ以来、39年ぶりに前年最下位からリーグ優勝を果たし、日本シリーズに進出した(クライマックスシリーズ導入後では史上初、前年度において2年連続最下位からの日本シリーズ出場は、2001年のパ・リーグの大阪近鉄バファローズ以来14年ぶり史上3球団目)。日本プロ野球で前年最下位だった球団がリーグ優勝を果たして日本シリーズに進出するのは1960年の大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)、1975年の広島東洋カープ、1976年の巨人に続いて4球団目。パでは、2001年に大阪近鉄バファローズが記録。しかしながら、前年最下位だった球団がリーグ優勝を果たして日本シリーズに進出し、日本一になった球団は1960年の日本シリーズで毎日大映(大毎)オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に勝利した大洋だけであり、ヤクルトが日本一になれば55年ぶり2度目となったが成し遂げることはできなかった。

試合日程

※なお、第6・7戦は、それぞれ10月31日と11月1日の18時30分から福岡ヤフオク!ドームで開催する予定だった。

クライマックスシリーズからの勝ち上がり表

 | CS1st |  | CSファイナル |  | 日本選手権シリーズ
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 

 |  | 
 |  |  | (6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
明治神宮野球場
 |  |  |  | 
 | ヤクルト(セ優勝) | ☆●○○○
 | (3戦2勝制)
東京ドーム |  |  |  | 
 |  |  | 巨人(セ1st勝者) | ★○●●● |  | 
 | 巨人(セ2位) | ○●○ |  | 
 |  | (7戦4勝制)
明治神宮野球場
福岡ヤフオク!ドーム
 | 阪神(セ3位) | ●○● |  | 
 |  | ヤクルト(セCS優勝) | ●●○●●
 |  |  | 
 |  |  |  |  | ソフトバンク(パCS優勝) | ○○●○○
 |  |  |  | 
 |  |  | (6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
福岡ヤフオク!ドーム | 
 |  |  |  | 
 | ソフトバンク(パ優勝) | ☆○○○
 | (3戦2勝制)
札幌ドーム |  |  | 
 |  |  | ロッテ(パ1st勝者) | ★●●● |  | 
 | 日本ハム(パ2位) | ●○● |  |  |  |  | 
 | 
 | ロッテ(パ3位) | ○●○ |  |  |  | 

☆・★=クライマックスシリーズ・ファイナルのアドバンテージ1勝・1敗分

出場資格者

福岡ソフトバンクホークス
監督 | 81 | 工藤公康
コーチ | 70 | 佐藤義則(投手チーフ)
77 | 吉井理人(投手)
71 | 藤井康雄(打撃チーフ)
75 | 大道典良(打撃)
88 | 鳥越裕介(内野守備走塁)
78 | 飯田哲也(外野守備走塁)
85 | 的山哲也(バッテリー)
80 | 水上善雄(二軍監督)
82 | 田之上慶三郎(二軍投手)
76 | 藤本博史(二軍打撃)
投手 | 11 | 中田賢一
13 | 二保旭
16 | 東浜巨
19 | 森福允彦
20 | 寺原隼人
21 | 岩嵜翔
30 | 武田翔太
38 | 森唯斗
41 | 千賀滉大
42 | 飯田優也
44 | R.バンデンハーク
50 | 攝津正
53 | 五十嵐亮太
54 | 柳瀬明宏
55 | J.スタンリッジ
57 | 嘉弥真新也
58 | D.サファテ
65 | E.バリオス
捕手 | 8 | 鶴岡慎也
12 | 高谷裕亮
27 | 細川亨
62 | 拓也
内野手 | 0 | 高田知季
2 | 今宮健太
4 | 金子圭輔
5 | 松田宣浩
10 | 李大浩
35 | 川島慶三
36 | 明石健志
46 | 本多雄一
69 | 牧原大成
95 | B.カニザレス
外野手 | 1 | 内川聖一
6 | 吉村裕基
7 | 中村晃
9 | 柳田悠岐
24 | 長谷川勇也
37 | 福田秀平
43 | 江川智晃
51 | 上林誠知
東京ヤクルトスワローズ
監督 | 77 | 真中満
コーチ | 88 | 三木肇(作戦兼内野守備走塁)
99 | 高津臣吾(投手)
84 | 伊藤智仁(投手)
74 | 杉村繁(チーフ打撃)
76 | 宮出隆自(打撃)
73 | 福地寿樹(外野守備走塁)
78 | 野村克則(バッテリー)
投手 | 12 | 石山泰稚
14 | 秋吉亮
18 | 杉浦稔大
19 | 石川雅規
21 | 松岡健一
25 | 館山昌平
26 | 久古健太郎
29 | 小川泰弘
34 | T.バーネット
40 | 古野正人
53 | O.ロマン
54 | 中澤雅人
58 | L.オンドルセク
62 | 徳山武陽
66 | 新垣渚
68 | 山中浩史
捕手 | 28 | 田中雅彦
30 | 西田明央
51 | 藤井亮太
52 | 中村悠平
63 | 井野卓
内野手 | 2 | 大引啓次
5 | 川端慎吾
7 | 田中浩康
8 | 武内晋一
10 | 森岡良介
23 | 山田哲人
24 | 荒木貴裕
33 | 畠山和洋
46 | 谷内亮太
59 | 今浪隆博
60 | 三輪正義
外野手 | 0 | 比屋根渉
4 | W.バレンティン
9 | 飯原誉士
31 | 松元ユウイチ
41 | 雄平
50 | 上田剛史
71 | M.デニング
85 | L.ミレッジ

試合結果

SMBC日本シリーズ2015
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
開催球場
10月24日(土) | 第1戦 | 東京ヤクルトスワローズ | 2 - 4 | 福岡ソフトバンクホークス | 福岡ヤフオク!ドーム
10月25日(日) | 第2戦 | 東京ヤクルトスワローズ | 0 - 4 | 福岡ソフトバンクホークス
10月26日(月) | 移動日
10月27日(火) | 第3戦 | 福岡ソフトバンクホークス | 4 - 8 | 東京ヤクルトスワローズ | 明治神宮野球場
10月28日(水) | 第4戦 | 福岡ソフトバンクホークス | 6 - 4 | 東京ヤクルトスワローズ
10月29日(木) | 第5戦 | 福岡ソフトバンクホークス | 5 - 0 | 東京ヤクルトスワローズ
優勝:福岡ソフトバンクホークス(2年連続7回目)

第1戦

○ソフトバンク 4 - 2 ヤクルト●(福岡ヤフオク!ドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

ヤクルト | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 【2
4 | 0
ソフトバンク | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 1 | 0 | 0 | X 【4
15 | 1
  1. : 武田(1勝) : 石川(1敗)
  2. 本塁打: ヤ – 畠山1号(9回表2ラン) ソ – 松田1号(4回裏ソロ)
  3. 審判:球審…笠原、塁審…一塁: 木内、二塁: 佐々木、三塁: 丹波、外審…左翼: 佐藤、右翼: 有隅
  4. 試合時間: 3時間4分 観客: 35732人
【ヤクルト】

【打順】
【守備】
選手
1 | [左] | 比屋根
2 | [三] | 川端
3 | [二] | 山田
4 | [一] | 畠山
5 | [右] | 雄平
6 | [指] | バレンティン
7 | [遊] | 大引
8 | [中] | 上田
9 | [捕] | 中村
 | 
【ソフトバンク】

【打順】
【守備】
選手
1 | [左] | 川島
2 | [二] | 明石
3 | [中] | 柳田
4 | [指] | 李大浩
5 | [三] | 松田
6 | [右] | 中村
7 | [一] | 吉村
8 | [遊] | 今宮
9 | [捕] | 高谷

公式記録関係(NPB日本野球機構公式サイト内)

2年ぶりにリーグ優勝チーム同士の顔合わせとなった今シリーズの第1戦はソフトバンクは武田、ヤクルトは石川の先発で始まった。両チームの先発投手の好投で3回までは0-0だったが4回裏にソフトバンクが1死後、松田のシリーズ初本塁打で1点を取り、2死1.3塁となってから高谷のタイムリー内野安打、川島のタイムリーで2点を入れこの回3点を先制する。ヤクルトは先発の石川を4回で諦めリリーフ陣を投入した。6回裏にもソフトバンクは2死2塁から明石の二塁打で4点目を挙げる。先発の武田は効率のいい投球で得点を許さず、9回もマウンドに上がり2死まで取ったが、畠山が1号2ラン本塁打を放ち2点を返す。だが次の雄平を打ち取り初戦をソフトバンクが取った。武田は日本シリーズ初登板初完封を逃したものの完投勝利を挙げた。

第2戦

○ソフトバンク 4 - 0 ヤクルト●(福岡ヤフオク!ドーム)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

ヤクルト | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【0
3 | 0
ソフトバンク | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 2 | 0 | 0 | X 【4
8 | 0
  1. : バンデンハーク(1勝) : 小川(1敗)
  2. 本塁打: ソ – 李大浩1号(4回裏2ラン)、中村晃1号(6回裏ソロ)
  3. 審判:球審…丹波、塁審…一塁: 佐々木、二塁: 佐藤、三塁: 有隅、外審…左翼: 真鍋、右翼: 木内
  4. 試合時間:3時間35分 観客:35764人

公式記録関係(NPB日本野球機構公式サイト内)

【ヤクルト】

【打順】
【守備】
選手
1 | [中] | 上田
2 | [三] | 川端
3 | [二] | 山田
4 | [一] | 畠山
5 | [右] | 雄平
6 | [指] | バレンティン
7 | [遊] | 今浪
8 | [捕] | 中村
9 | [左] | 比屋根
 | 
【ソフトバンク】

【打順】
【守備】
選手
1 | [右] | 福田
2 | [二] | 明石
3 | [中] | 柳田
4 | [一] | 李大浩
5 | [三] | 松田
6 | [指] | 長谷川
7 | [左] | 中村
8 | [遊] | 今宮
9 | [捕] | 高谷

ソフトバンクの先発はシーズン負けなしのバンデンハーク、ヤクルトは小川が先発した。この試合も序盤は点が入らなかったが4回裏にソフトバンクが無死一塁から李大浩がレフトスタンドへの先制2ラン本塁打を放つ。李大浩は2年連続で日本シリーズで本塁打を放った。5回も攻めるとヤクルトはこの回途中で小川を降板し秋吉にスイッチした。2死満塁となり松田を迎えたが三振に抑えた。6回裏ソフトバンクは1死から中村晃の1号ソロ本塁打で1点追加すると、さらに1死1.2塁から福田のタイムリーで1点追加しリードを4点に広げた。先発のバンデンハークは8回を無四球に抑えた。9回は抑えのサファテが上がり、無失点で抑えた。ソフトバンクがこれで連勝し、日本シリーズの連勝を前年から続いて6連勝となった。一方ヤクルトは打線に元気がなく連敗して本拠地胴上げを消滅させてしまった。

第3戦

○ヤクルト 8 - 4 ソフトバンク●(明治神宮野球場)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

ソフトバンク | 0 | 2 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 【4
8 | 0
ヤクルト | 2 | 0 | 1 | 0 | 2 | 0 | 0 | 3 | X 【8
8 | 0
  1. : ロマン(1勝) : 千賀(1敗)
  2. 本塁打: ソ – 今宮1号(4回表ソロ)、明石1号(5回表ソロ) ヤ – 山田1号(1回裏2ラン)、2号(3回裏ソロ)、3号(5回裏2ラン)、畠山2号(8回裏ソロ)
  3. 審判:球審…有隅、塁審…一塁: 佐藤、二塁: 真鍋、三塁: 木内、外審…左翼: 笠原、右翼: 佐々木
  4. 試合時間:3時間38分 観客:31037人

公式記録関係(NPB日本野球機構公式サイト内)

【ソフトバンク】

【打順】
【守備】
選手
1 | [右] | 福田
2 | [二] | 明石
3 | [中] | 柳田
4 | [一] | 李大浩
5 | [三] | 松田
6 | [左] | 中村
7 | [遊] | 今宮
8 | [捕] | 高谷
9 | [投] | 中田
 | 
【ヤクルト】

【打順】
【守備】
選手
1 | [中] | 上田
2 | [三] | 川端
3 | [二] | 山田
4 | [一] | 畠山
5 | [右] | 雄平
6 | [左] | バレンティン
7 | [遊] | 今浪
8 | [捕] | 中村
9 | [投] | 杉浦

舞台を神宮に移しての第3戦、ヤクルトは杉浦、ソフトバンクは中田の先発となった。試合は初回から動いた。1回裏ヤクルトは1死1塁から山田の1号2ラン本塁打で先制する。ソフトバンクは2回表に2死2.3塁からピッチャー・杉浦の暴投で1点を返すと福田がタイムリーを放ち同点に追いつく。すると3回裏ヤクルトは2死から山田の2打席連続となる2号ソロ本塁打で勝ち越す。4回表にソフトバンクは今宮の1号ソロ本塁打で再び同点に追いつく。5回表にソフトバンクは明石の1号ソロ本塁打で勝ち越すと、1死後に李大浩に死球で出塁するとヤクルトは杉浦を降板させロマンをマウンドに挙げる。ロマンは起用に応え得点を許さなかった。5回裏ヤクルトは走者を出すとソフトバンクは先発の中田から千賀にスイッチし、2死1塁から山田の3打席連続となる3号2ラン本塁打で逆転。これで勢いづいたヤクルトは8回裏に1死から畠山が2号ソロを放つと2死1.3塁となってから中村のタイムリー二塁打で2点を入れ、計3点を追加して試合を決めた。ヤクルトは福岡で眠っていた打線がようやく開花してシリーズ初勝利を挙げた。ソフトバンクは投手陣が踏ん張れず初黒星を喫した。

第4戦

●ヤクルト 4 - 6 ソフトバンク○(明治神宮野球場)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

ソフトバンク | 1 | 0 | 4 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 【6
6 | 1
ヤクルト | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 【4
9 | 1
  1. : 攝津(1勝) : 館山(1敗) S: サファテ(1S)
  2. 本塁打: ソ – 細川1号ソロ(6回表)
  3. 審判:球審…木内、塁審…一塁: 真鍋、二塁: 笠原、三塁: 佐々木、外審…左翼: 丹波、右翼: 佐藤
  4. 試合時間: 4時間6分 観客: 31288人

公式記録関係(NPB日本野球機構公式サイト内)

【ソフトバンク】

【打順】
【守備】
選手
1 | [右] | 福田
2 | [二] | 明石
3 | [中] | 柳田
4 | [一] | 李大浩
5 | [三] | 松田
6 | [左] | 中村
7 | [遊] | 今宮
8 | [捕] | 細川
9 | [投] | 攝津
 | 
【ヤクルト】

【打順】
【守備】
選手
1 | [中] | 上田
2 | [三] | 川端
3 | [二] | 山田
4 | [一] | 畠山
5 | [右] | 雄平
6 | [左] | バレンティン
7 | [遊] | 今浪
8 | [捕] | 中村
9 | [投] | 館山

ヤクルトは館山、ソフトバンクは攝津の先発で始まった。1回表にソフトバンクは李大浩が1死1.2塁からレフトへの先制タイムリーヒットで1点を先制する。3回表にはまたもや李大浩が無死満塁からセンターへ走者一掃となるタイムリー二塁打で3点、さらに細川がランナー一・二塁からタイムリー二塁打で1点を入れ5点にリードを広げる。ヤクルトは先発の館山を3回で諦めた。4回裏にヤクルトは中村の二塁ゴロの間に1点を返す。だが後が続かずこの回は1点のみで終わった。6回表、ソフトバンクはシーズンでは本塁打のなかった細川が左中間へのソロ本塁打を放ちリードを広げる。ヤクルトは6回裏に無死満塁のチャンスを作ると先発の攝津から2番手の森をマウンドに送る。1死後、上田がレフトへ2点タイムリー二塁打を放つと続く川端の遊撃ゴロの間に1点を返した。だが後が続かなかった。その後はソフトバンクのリリーフ陣がヤクルト打線に得点を許さずこのまま逃げ切った。ソフトバンクは2年連続日本一に王手を賭けた。一方ヤクルトは先発の館山が誤算で崖っぷちに立たされた。

ヤクルトは、神宮球場で開催された日本シリーズにおいて、1995年第5戦以降、前日の第3戦まで8連勝していたが、この試合に敗れ本拠地での連勝は8でストップした。

第5戦

●ヤクルト 0 - 5 ソフトバンク○(明治神宮野球場)

【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

ソフトバンク | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 【5
10 | 0
ヤクルト | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【0
5 | 1
  1. : スタンリッジ(1勝) : 石川(2敗)
  2. 本塁打: ソ – 李大浩2号(4回表2ラン)
  3. 審判:球審…佐々木、塁審…一塁: 笠原、二塁: 丹波、三塁: 佐藤、外審…左翼: 有隅、右翼: 真鍋
  4. 試合時間:3時間36分 観客:31239人

公式記録関係(NPB日本野球機構公式サイト内)

【ソフトバンク】

【打順】
【守備】
選手
1 | [左] | 川島
2 | [二] | 明石
3 | [中] | 柳田
4 | [一] | 李大浩
5 | [三] | 松田
6 | [右] | 中村
7 | [遊] | 今宮
8 | [捕] | 鶴岡
9 | [投] | スタンリッジ
 | 
【ヤクルト】

【打順】
【守備】
選手
1 | [中] | 上田
2 | [三] | 川端
3 | [二] | 山田
4 | [一] | 畠山
5 | [左] | バレンティン
6 | [遊] | 今浪
7 | [右] | 雄平
8 | [捕] | 中村
9 | [投] | 石川

<
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/20 08:53

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2015年の日本シリーズ」の意味を投稿しよう
「2015年の日本シリーズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

2015年の日本シリーズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2015年の日本シリーズ」のスレッドを作成する
2015年の日本シリーズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS

2010Happy Mail