このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2016年の日本シリーズとは?

本記事を編集なさる場合、まずはPJ:BASE#NPBポストシーズンプロジェクト:野球をご一読ください。(2015年10月)
2016年の日本シリーズ
チーム | 勝数(引分数)
北海道日本ハムファイターズ(パ) | 4
広島東洋カープ(セ) | 2

ゲームデータ
試合日程 | 2016年10月22日-10月29日
最高殊勲選手 | ブランドン・レアード
敢闘選手 | ブラッド・エルドレッド
チームデータ
北海道日本ハムファイターズ (パ)
監督 | 栗山英樹
シーズン成績 | 87勝53敗3分
(シーズン1位/CS優勝)
広島東洋カープ(セ)
監督 | 緒方孝市
シーズン成績 | 89勝52敗2分
(シーズン1位/CS優勝)
日本シリーズ
< 2015 | 2017 >

2016年の日本シリーズ(2016ねんのにっぽんシリーズ、2016ねんのにほんシリーズ)は、2016年(平成28年)10月22日から10月29日まで開催された広島東洋カープ(以下、広島)と北海道日本ハムファイターズ(以下、日本ハム)による第67回日本選手権シリーズである。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 試合日程
    • 1.2 クライマックスシリーズからの勝ち上がり表
  • 2 出場資格者
  • 3 試合結果
    • 3.1 第1戦(10月22日)
    • 3.2 第2戦(10月23日)
    • 3.3 第3戦(10月25日)
    • 3.4 第4戦(10月26日)
    • 3.5 第5戦(10月27日)
    • 3.6 第6戦(10月29日)
  • 4 表彰選手
  • 5 記録
    • 5.1 個人
  • 6 テレビ・ラジオ放送およびネット配信
    • 6.1 テレビ放送
      • 6.1.1 今大会の視聴率
    • 6.2 ラジオ放送
    • 6.3 ネット配信
    • 6.4 エピソード
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

概要

2014年から3年連続で、NPBパートナーの三井住友銀行(SMBC)を冠スポンサーに迎え『SMBC日本シリーズ2016』として開催。

セ・パ両リーグとも、レギュラーシーズンで優勝した広島東洋カープ北海道日本ハムファイターズがクライマックスシリーズを勝ち抜き、本大会に出場する。広島は1991年(VS西武ライオンズ)以来25年ぶり7回目、日本ハムは2012年(VS読売ジャイアンツ)以来4年ぶり7回目の日本シリーズ出場となる。この両者は日本シリーズでは初顔合わせとなる。また、三大都市圏に本拠地を置かない球団同士の対戦は日本シリーズ史上初。

なお今大会は、セリーグで西端の広島、パリーグで北端の日本ハムと最も地理的に離れた2チーム(広島本拠地・マツダスタジアムと、日本ハム本拠地・札幌ドームは、直線距離で約1231キロ)の「史上最長距離シリーズ」となり移動には両チームとも飛行機を使用。特に、広島は今回の移動のため専用チャーター機まで手配するという気合の入れ込み様だった。

試合日程

※いずれかのチームが4勝先取した時点で、日本シリーズは終了とする。
以下、開催予定されていたが行われなかった日程は以下のとおり。
※中止試合が発生した場合であっても、第5戦と第6戦の間の移動日は設ける。
※引き分け試合の発生により、第7戦までに4勝したチームがいない場合は第7戦の翌日に広島で第8戦を行い、それでも4勝したチームがいない場合は移動日を挟んで札幌で第9戦を行う。
※パ・リーグのホームゲーム(第3戦 - 5戦)では指名打者制を採用。また、監督会議にて広島・緒方孝市監督が予告先発の採用を提案し、日本ハム・栗山英樹監督が了承したため、2014年・ソフトバンクVS阪神以来2年ぶりに予告先発が行われた。
※広島にとっては、本拠地・MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島での日本シリーズ開催および全試合ナイターでの日本シリーズ開催は球団史上初となる(ちなみに、広島がこれまで出場した過去6回の日本シリーズは、いずれも旧・広島市民球場での開催で、全試合デーゲームだった)。

クライマックスシリーズからの勝ち上がり表

 | CS1st |  | CSファイナル |  | 日本選手権シリーズ
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 

 |  | 
 |  |  | (6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
 |  |  |  | 
 | 広島(セ優勝) | ☆○○●○
 | (3戦2勝制)
東京ドーム |  |  |  | 
 |  |  | DeNA(セ1st勝者) | ★●●○● |  | 
 | 巨人(セ2位) | ●○● |  | 
 |  | (7戦4勝制)
(第1,2,6戦)MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
(第3,4,5戦)札幌ドーム
 | DeNA(セ3位) | ○●○ |  | 
 |  | 広島(セCS優勝) | ○○●●●●
 |  |  | 
 |  |  |  |  | 日本ハム(パCS優勝) | ●●○○○○
 |  |  |  | 
 |  |  | (6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
札幌ドーム | 
 |  |  |  | 
 | 日本ハム(パ優勝) | ☆○●○●○
 | (3戦2勝制)
福岡ヤフオク!ドーム |  |  | 
 |  |  | ソフトバンク(パ1st勝者) | ★●○●○● |  | 
 | ソフトバンク(パ2位) | ○○ |  |  |  |  | 
 | 
 | ロッテ(パ3位) | ●● |  |  |  | 

☆・★=クライマックスシリーズ・ファイナルのアドバンテージ1勝・1敗分

出場資格者

【北海道日本ハムファイターズ】

【役職】
【背番号】
【名前】
【投】
【打】

監督 | 80 | 栗山英樹 | -
コーチ | 81 | 吉井理人 | -
87 | 黒木知宏 | -
79 | 城石憲之 | -
88 | 金子誠 | -
78 | 高橋信二 | -
90 | 白井一幸 | -
75 | 川名慎一 | -
84 | 厚澤和幸 | -
72 | 田中幸雄 | -
89 | 伊藤剛 | -
投手 | 11 | 大谷翔平 | 右 | 左
13 | 石井裕也 | 左 | 左
14 | 加藤貴之 | 左 | 左
15 | L.メンドーサ | 右 | 右
16 | 有原航平 | 右 | 右
18 | 斎藤佑樹 | 右 | 右
19 | 増井浩俊 | 右 | 右
21 | 武田久 | 右 | 右
25 | 宮西尚生 | 左 | 左
28 | 新垣勇人 | 右 | 右
29 | 井口和朋 | 右 | 右
30 | 鍵谷陽平 | 右 | 右
34 | 吉川光夫 | 左 | 左
35 | 榎下陽大 | 右 | 右
39 | 高梨裕稔 | 右 | 右
43 | 白村明弘 | 右 | 左
48 | 谷元圭介 | 右 | 右
52 | A.バース | 右 | 右
捕手 | 8 | 近藤健介 | 右 | 左
10 | 清水優心 | 右 | 右
27 | 大野奨太 | 右 | 右
56 | 市川友也 | 右 | 右
66 | 大嶋匠 | 右 | 左
68 | 石川亮 | 右 | 右
内野手 | 2 | 杉谷拳士 | 右 | 両
3 | 田中賢介 | 右 | 左
4 | 飯山裕志 | 右 | 右
5 | B.レアード | 右 | 右
6 | 中田翔 | 右 | 右
7 | 西川遥輝 | 右 | 左
9 | 中島卓也 | 右 | 左
12 | 松本剛 | 右 | 右
23 | 渡邉諒 | 右 | 右
32 | 大累進 | 右 | 右
外野手 | 1 | 陽岱鋼 | 右 | 右
26 | 淺間大基 | 右 | 右
31 | 岡大海 | 右 | 右
37 | 矢野謙次 | 右 | 右
49 | 石川慎吾 | 右 | 右
64 | 谷口雄也 | 右 | 左
【広島東洋カープ】

【役職】
【背番号】
【名前】
【投】
【打】

監督 | 79 | 緒方孝市 | -
コーチ | 71 | 高信二 | -
74 | 河田雄祐 | -
90 | 玉木朋孝 | -
75 | 石井琢朗 | -
72 | 東出輝裕 | -
91 | 迎祐一郎 | -
71 | 畝龍実 | -
73 | 小林幹英 | -
84 | 植田幸弘 | -
投手 | 11 | 福井優也 | 右 | 右
12 | 九里亜蓮 | 右 | 右
14 | 大瀬良大地 | 右 | 右
15 | 黒田博樹 | 右 | 右
16 | 今村猛 | 右 | 右
17 | 岡田明丈 | 右 | 左
19 | 野村祐輔 | 右 | 右
21 | 中崎翔太 | 右 | 右
23 | 薮田和樹 | 右 | 右
30 | 一岡竜司 | 右 | 右
39 | 飯田哲矢 | 左 | 左
42 | K.ジョンソン | 左 | 左
53 | 戸田隆矢 | 左 | 左
57 | オスカル | 左 | 左
58 | J.ジャクソン | 右 | 右
66 | B.ヘーゲンズ | 右 | 右
70 | S.デラバー | 右 | 右
捕手 | 27 | 會澤翼 | 右 | 右
31 | 石原慶幸 | 右 | 右
32 | 白濱裕太 | 右 | 右
61 | 磯村嘉孝 | 右 | 右
内野手 | 0 | 上本崇司 | 右 | 両
2 | 田中広輔 | 右 | 左
4 | 小窪哲也 | 右 | 右
6 | 梵英心 | 右 | 右
7 | 堂林翔太 | 右 | 右
25 | 新井貴浩 | 右 | 右
33 | 菊池涼介 | 右 | 右
52 | 庄司隼人 | 右 | 左
55 | B.エルドレッド | 右 | 右
60 | 安部友裕 | 右 | 左
63 | 西川龍馬 | 右 | 左
外野手 | 9 | 丸佳浩 | 右 | 左
10 | 岩本貴裕 | 左 | 左
35 | 下水流昂 | 右 | 右
37 | 野間峻祥 | 右 | 右
38 | 赤松真人 | 右 | 右
44 | 松山竜平 | 右 | 左
49 | 天谷宗一郎 | 左 | 左
51 | 鈴木誠也 | 右 | 右

審判員:有隅昭二丹波幸一小林和公川口亘太本田英志白井一行嶋田哲也

試合結果

日本ハムはMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(以下、マツダスタジアム)での1・2戦では連敗したが、札幌ドームでの3・4・5戦では2つのサヨナラ勝ちを含むスウィープ(3戦全勝)を果たし王手をかけると、勢いそのままにマツダスタジアムに戻っての第6戦でも10-4で勝利。対戦成績を4勝2敗とし10年ぶり3度目の日本一を果たした。日本ハムの4勝は全て逆転勝利で、その全ての試合で救援投手が勝利投手となった。

一方の広島は、マツダスタジアムでの最初の1・2戦では、1失点に抑える投手陣の好投や得意の足を使った機動力野球などで2連勝したが、シーズン中は1度もなかった被3タテ(同一カード3連戦3連敗)を、札幌ドームでの3・4・5戦で喫してしまい、マツダスタジアムでの第6戦にも敗れ、2勝4敗で32年ぶりの日本一を逃した。全6試合とも、途中一度は広島がリードした展開となるが、第3戦以降はリードを守りきれず、救援投手が8回以降に日本ハムに逆転を許し、決勝点も挙げられてしまう展開だった。

なお日本ハムの武田勝、広島の黒田博樹の両投手がそれぞれ2016年限りでの現役引退を既に表明していた。黒田は第3戦(札幌ドーム)に先発投手として登板し、その後の登板はなく結果的にこの試合が現役最後の登板となった。一方の武田勝は出場資格メンバーからは外れたが、第6戦(マツダスタジアム)で日本ハムの日本一が決まると、勝利監督の栗山の胴上げに続いて、選手として唯一胴上げされ有終の美を飾った。

今大会はチームの戦力、実力よりも状態が悪いと機を見るや早々に交代させ先発要員のメンドーサ、バース等を継ぎこみ早めの継投でピンチを切り抜けた栗山監督と、いつも通りの戦いを意識しすぎたためベンチ待機している投手陣のスクランブル登板が決断できず、結果的には6連投の中継ぎ陣がスタミナ切れを起こしてしまった緒方監督と采配が明暗を分けた。

またこのシリーズにおいて、日本ハムが札幌ドームの試合で3連勝した事で、2013年の第7戦から、パの本拠地の試合でパ・リーグ出場チームがシリーズ9連勝を記録している。

SMBC日本シリーズ2016
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【開催球場】

10月22日(土) | 第1戦 | 北海道日本ハムファイターズ | 1 - 5 | 広島東洋カープ | MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
10月23日(日) | 第2戦 | 北海道日本ハムファイターズ | 1 - 5 | 広島東洋カープ
10月24日(月) | 移動日
10月25日(火) | 第3戦 | 広島東洋カープ | 3 - 4x | 北海道日本ハムファイターズ | 札幌ドーム
10月26日(水) | 第4戦 | 広島東洋カープ | 1 - 3 | 北海道日本ハムファイターズ
10月27日(木) | 第5戦 | 広島東洋カープ | 1 - 5x | 北海道日本ハムファイターズ
10月28日(金) | 移動日
10月29日(土) | 第6戦 | 北海道日本ハムファイターズ | 10 - 4 | 広島東洋カープ | MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島
【優勝:北海道日本ハムファイターズ(10年ぶり3回目)】

第1戦(10月22日)

国歌独唱
始球式
【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

日本ハム | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 【1
10 | 0
広島 | 0 | 1 | 0 | 2 | 0 | 0 | 2 | 0 | X 【5
7 | 0
  1. : ジョンソン(1勝) : 大谷(1敗)
  2. : 日 – レアード1号(7回表ソロ) 広 – 松山1号(4回裏ソロ)、エルドレッド1号(4回裏ソロ)
  3. 審判:球審…有隅、塁審…一塁: 嶋田、二塁: 本田、三塁: 白井、外審…左翼: 丹波、右翼: 小林
  4. 試合時間: 3時間39分 観客: 30619人
【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | [左] | 西川遥輝
2 | [遊] | 中島卓也
3 | [右] | 岡大海
4 | [一] | 中田翔
5 | [中] | 陽岱鋼
6 | [二] | 田中賢介
7 | [三] | B.レアード
8 | [投] | 大谷翔平
 | 捕 | 市川友也
 | 打 | 近藤健介
 | 捕 | 清水優心
9 | [捕] | 大野奨太
 | 打 | 矢野謙次
 | 投 | 石井裕也
 | 投 | A.バース
 | 投 | 鍵谷陽平
 | 打 | 谷口雄也
 | 
【広島】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | [遊] | 田中広輔
2 | [二] | 菊池涼介
3 | [中] | 丸佳浩
4 | [左] | 松山竜平
 | 打一 | 新井貴浩
5 | [右] | 鈴木誠也
6 | [一] | B.エルドレッド
 | 左 | 赤松真人
7 | [三] | 安部友裕
8 | [捕] | 石原慶幸
9 | [投] | K.ジョンソン
 | 投 | 今村猛
 | 投 | J.ジャクソン
 | 打 | 西川龍馬
 | 投 | 中﨑翔太

第2戦(10月23日)

始球式
【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

日本ハム | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【1
4 | 1
広島 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | X 【5
7 | 1
  1. : 野村(1勝) : 増井(1敗)
  2. : 広 – エルドレッド2号(6回裏ソロ)
  3. 審判:球審…白井、塁審…一塁: 本田、二塁: 丹波、三塁: 小林、外審…左翼: 川口、右翼: 嶋田
  4. 試合時間: 3時間18分 観客: 30638人
【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | [左] | 西川遥輝
2 | [遊] | 中島卓也
3 | [右] | 近藤健介
4 | [一] | 中田翔
5 | [三] | B.レアード
6 | [二] | 田中賢介
7 | [中] | 陽岱鋼
 | 捕 | 市川友也
 | 打 | 大谷翔平
8 | [捕] | 大野奨太
 | 打中 | 岡大海
9 | [投] | 増井浩俊
 | 投 | 鍵谷陽平
 | 打 | 谷口雄也
 | 投 | 井口和朋
 | 投 | L.メンドーサ
 | 
【広島】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | [遊] | 田中広輔
2 | [二] | 菊池涼介
3 | [中] | 丸佳浩
4 | [左] | 松山竜平
 | 左 | 赤松真人
5 | [右] | 鈴木誠也
6 | [一] | B.エルドレッド
7 | [三] | 小窪哲也
8 | [捕] | 石原慶幸
9 | [投] | 野村祐輔
 | 投 | 今村猛
 | 打 | 下水流昂
 | 投 | J.ジャクソン
 | 投 | 中﨑翔太

第3戦(10月25日)

始球式
【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
【10】
R
H
E

広島 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 【3
8 | 1
日本ハム | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 1X 【4
6 | 0
  1. : バース(1勝) : 大瀬良(1敗)
  2. : 広 – エルドレッド3号(2回表2ラン)
  3. 審判:球審…小林、塁審…一塁: 丹波、二塁: 川口、三塁: 嶋田、外審…左翼: 有隅、右翼: 本田
  4. 試合時間: 3時間51分 観客: 40503人
【広島】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | [遊] | 田中広輔
2 | [二] | 菊池涼介
3 | [中] | 丸佳浩
4 | [一] | 新井貴浩
5 | [右] | 鈴木誠也
6 | [指] | B.エルドレッド
7 | [左] | 松山竜平
 | 左 | 野間峻祥
8 | [三] | 安部友裕
9 | [捕] | 石原慶幸
 | 
【日本ハム】

【打順】
【守備】
【選手】

1 | [左] | 西川遥輝
2 | [右] | 近藤健介
 | 中 | 陽岱鋼
3 | [指] | 大谷翔平
4 | [一] | 中田翔
5 | [中]右 | 岡大海
6 | [三] | B.レアード
7 | [二] | 田中賢介
8 | [捕] | 大野奨太
 | 打 | 谷口雄也
 | 捕 | 市川友也
9 | [遊] | 中島卓也

第4戦(10月26日)

始球式
  • 乗松聖矢(リオデジャネイロパラリンピック車いすラグビー銅メダリスト)
【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

広島 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【1
6 | 1
日本ハム | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | X 【3
5 | 1
  1. : 谷元(1勝) : ジャクソン(1敗) S: 宮西(1セーブ)
  2. : 日 – 中田1号(6回裏ソロ)、レアード2号(8回裏2ラン)
  3. 審判:球審…嶋田、塁審…一塁: 川口、二塁: 有隅、三塁: 本田、外審…左翼: 白井、右翼: 丹波
  4. 試合時間: 3時間30分 観客: 40599人

第5戦(10月27日)

始球式
【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

広島 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 【1
7 | 0
日本ハム | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 4X 【5
7 | 0
  1. : バース(2勝) : 中崎(1敗)
  2. : 日 – 西川1号(9回裏満塁)
  3. 審判:球審…本田、塁審…一塁: 有隅、二塁: 白井、三塁: 丹波、外審…左翼: 小林、右翼: 川口
  4. 試合時間: 3時間32分 観客: 40633人

第6戦(10月29日)

始球式
【チーム】
【1】
【2】
【3】
【4】
【5】
【6】
【7】
【8】
【9】
R
H
E

日本ハム | 1 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 6 | 0 【10
12 | 2
広島 | 0 | 2 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 【4
7 | 1
  1. : バース(3勝) : ジャクソン(2敗)
  2. : 日 – レアード3号(8回表満塁) 広 – 1号(5回裏ソロ)
  3. 審判:球審…丹波、塁審…一塁: 白井、二塁: 小林、三塁: 川口、外審…左翼: 嶋田、右翼: 有隅
  4. 試合時間: 4時間1分 観客: 30693人

表彰選手

記録

個人

テレビ・ラジオ放送およびネット配信

テレビ放送

第1戦
第2戦
出典:wikipedia
2018/06/21 10:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2016年の日本シリーズ」の意味を投稿しよう
「2016年の日本シリーズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

2016年の日本シリーズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2016年の日本シリーズ」のスレッドを作成する
2016年の日本シリーズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail