このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2018年のJリーグとは?

本記事に加筆をする際は出典を忘れないでください。
出典の提示時には記事名のほか配信元・配信日もお願いします。
出来事・予定節には、出典があり内容の検証性がとれるもののみ掲載しています。
2018年のJリーグ
J1

【期間】
2018年2月23日 - 12月1日
J2

【期間】
2018年2月25日 - 11月17日
J3

【期間】
2018年3月9日 - 12月2日
YBCルヴァンカップ

2017
2019

この項目では、2018年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

目次

  • 1 概要
  • 2 できごと
  • 3 J1
  • 4 J2
  • 5 J3
  • 6 表彰
    • 6.1 月間MVP
    • 6.2 月間ベストゴール
  • 7 協賛団体
  • 8 Jリーグ百年構想クラブ
  • 9 2019年度クラブライセンス審査結果
  • 10 注釈
  • 11 出典
  • 12 関連項目
  • 13 外部リンク

概要

Jリーグ発足から26年目のシーズンになる。前年のJFLの結果、この年は成績要件等を満たしてJ3に新規参入するクラブが現れなかったことから、2007年シーズン以来11年ぶりに(J3発足後では初めて)総クラブ数の増減がない。

この年からJ1とJ2の入れ替え制度に変更があり、前年まで行われてきたJ2の3位から6位までの最大4チームによりJ1昇格を争う「J1昇格プレーオフ」をリニューアルし、J2の3位から6位までの最大4チームにJ1の16位チームを加えた最大5チームによりJ1昇格・残留を争う「J1参入プレーオフ」が行われることになっている。

できごと

1月12日
J1、J2、J3各クラブのホーム開幕カードが発表された。J1はリーグ史上初となる平日(金曜日)開幕となり、2月23日にサガン鳥栖vsヴィッセル神戸(ベストアメニティスタジアム)の一戦が行われ、その他のカードは24日と25日に4試合ずつ行われる。J2は2月25日に全試合開催、J3は3月9日に1試合、10日に2試合、11日に5試合が行われる。なお、J2・松本山雅FCはホームスタジアムの松本平広域公園総合球技場(アルウィン)の芝改修工事に伴い、山梨中銀スタジアムでのホーム開幕となる(3月17日の第4節・ファジアーノ岡山戦)。
1月24日
J1、J2、J3及びYBCルヴァンカップの全試合日程が発表された。
また、Jリーグ25周年の記念ロゴが発表された。公募作品の中から選ればれたもので、25年の軌跡とこれからも大きな夢に向かって歩み続けて行く様を表す「」をモチーフに、25周年のお祝いと、支えていただいた人々へのお礼の気持ちをイメージした水引のデザインを用いたもの。
1月30日
2015年シーズンより3年間にわたり「Jリーグ女子マネージャー」を務めた佐藤美希が「Jリーグ名誉マネージャー」就任することが発表された。前任の足立梨花に続く2人目。
2月1日
2018年シーズンの登録選手が発表された。カテゴリー全体の最年長が三浦知良(横浜FC)の50歳11カ月6日、最年少が三原秀真(愛媛FC)の16歳6カ月16日(年齢は2月1日時点)。
2月27日
この日行われた理事会で、J2・J3に「優勝監督賞」を新設するとともに、通算300試合出場(J1リーグ換算)の選手に功労金を贈る制度を新設することを承認。
また、同じ理事会で、SC相模原のホームタウンを「相模原市・座間市」に変更(座間市を追加)することを承認。
同理事会では2018年の(公社)日本プロサッカーリーグ理事・監事・特任理事候補者を内定。空席となっていた専務理事に(株)ファジアーノ岡山スポーツクラブ 代表取締役、元ゴールドマン・サックス証券執行役員の木村正明を選任(木村は正式決定予定日の3月27日付でファジアーノ岡山の代表を退任)、常勤理事の木下由美子が退任し、後任に公認会計士米田惠美を選任。非常勤理事5名と監事1名が交代し、特任理事にサッカー指導者の佐伯夕利子とトラストテック執行役員の外山晋吾を選任。
2月28日
2017年までのJサテライトリーグに替わる強化育成策としてJリーグ育成マッチデーの開催を発表。
3月20日
この日行われた理事会で、試合実施要項の一部改訂を承認し即日実施。金曜開催の増加に伴い、リーグへの選手・役員登録日を毎週金曜日に固定していたものを、金曜日に試合が行われる週は木曜日に変更するというもの。
3月21日
この日開催される予定だったJ3 第3節・SC相模原 vs アスルクラロ沼津(相模原ギオンスタジアム)の試合が雪の影響により中止となった。同試合の代替開催日は7月28日に開催予定とされた。
3月27日
新たに池田純(横浜DeNAベイスターズ初代社長)・岡部恭英(TEAMマーケティング テレビ放映権セールスマネジャー)の2名とアドバイザー契約を締結。アドバイザーが7名体制となる。
4月24日
同日開催の理事会で2018JリーグYBCルヴァンカップにおける交代要員の数について、延長戦に入った場合に4人目の交代選手を認めるルール変更を決定した(プレーオフステージ第2戦から決勝戦から)。本ルールは2018年3月3日に国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会において、競技規則に追加することが決定された。
5月18日
この日開催されたJ2 第15節・ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ(シティライトスタジアム)の試合が雷雨のため62分(後半17分)・岡山 0-1 東京Vの状況で中断し、そのまま中止となった。6月27日に中断時点からの再開試合が開催された。
5月30日
この日行われた理事会で、ユニフォーム要項の改定を決定し即日実施。選手の背番号について「事前にJリーグに登録しなければならず、シーズン途中の変更は認めない」としていた規定を削除するもの。ヴィッセル神戸に加入するアンドレス・イニエスタFCバルセロナ時代に長年着用していた背番号「8」をつけられるようにするための要項改正と報じられている。
6月21日
6月23日に開催予定だったJ3 第15節・ガンバ大阪U-23 vs ザスパクサツ群馬(万博記念競技場)の試合が大阪府北部地震の影響により中止することを発表。8月18日にパナソニックスタジアム吹田で代替開催される。G大阪U-23の試合では、J3第18節・vs鹿児島ユナイテッドFC戦、J3第20節・vsY.S.C.C.横浜戦も万博記念競技場からパナソニックスタジアム吹田に会場変更して行われる。
7月7日
平成30年7月豪雨の影響により、同日に行われる予定だった以下のJ2・J3計3試合の中止を発表。
7月26日
J1 第25節以降、J2 第31節以降およびJ3 第21節以降の開催日、試合開始時間が発表された。
7月28日
台風12号の影響により、同日行われる予定だった以下のJ1・J3の4試合の中止を発表(特記なきものは試合当日に中止発表)。
7月29日
台風12号の影響により、同日行われる予定だった以下のJ2 第26節の4試合の中止を発表(特記なきものは試合当日に中止発表)。
7月31日
この日行われた理事会で、平成30年7月豪雨災害に対する支援として、義援金1,000万円を拠出することを決定。
また、同じ理事会で、松本山雅FCのホームタウンを「松本市・塩尻市・山形村・安曇野市・大町市・池田町・生坂村」に変更(生坂村を追加)することを承認。
9月25日
清水エスパルスの元経理担当社員が、2012年からの6年間において不正経理を行っていたとして、同クラブに対しJリーグ規約違反として譴責と制裁金の制裁を行うと発表。
9月27日
2019シーズンのクラブライセンスの審査結果を公表。
9月29日
台風24号の影響により、翌日(9月30日)に開催予定だった以下のJ1・J2の計4試合の中止を発表。

J1

詳細は「2018年のJ1リーグ」を参照
【チーム】








出場権または降格
1 | 川崎フロンターレ | 28 | 17 | 5 | 6 | 44 | 21 | +23 | 56 | AFCチャンピオンズリーグ2019グループステージの出場権を獲得


2 | サンフレッチェ広島 | 28 | 17 | 5 | 6 | 42 | 22 | +20 | 56 | AFCチャンピオンズリーグ2019プレーオフの出場権を獲得


3 | 鹿島アントラーズ | 28 | 13 | 6 | 9 | 41 | 35 | +6 | 45
4 | 北海道コンサドーレ札幌 | 27 | 12 | 8 | 7 | 37 | 39 | -2 | 44
5 | FC東京 | 28 | 12 | 7 | 9 | 34 | 27 | +7 | 43
6 | 浦和レッズ | 28 | 11 | 8 | 9 | 40 | 29 | +11 | 41
7 | セレッソ大阪 | 27 | 10 | 11 | 6 | 34 | 30 | +4 | 41
8 | ベガルタ仙台 | 28 | 12 | 5 | 11 | 38 | 43 | -5 | 41
9 | 清水エスパルス | 28 | 11 | 4 | 13 | 40 | 40 | 0 | 37
10 | ヴィッセル神戸 | 28 | 10 | 6 | 12 | 33 | 40 | -7 | 36
11 | 横浜F・マリノス | 28 | 10 | 5 | 13 | 50 | 48 | +2 | 35
12 | ジュビロ磐田 | 27 | 8 | 9 | 10 | 29 | 37 | -8 | 33
13 | ガンバ大阪 | 28 | 9 | 6 | 13 | 30 | 39 | -9 | 33
14 | 湘南ベルマーレ | 27 | 8 | 8 | 11 | 31 | 36 | -5 | 32
15 | 名古屋グランパス | 26 | 9 | 4 | 13 | 43 | 48 | -5 | 31
16 | サガン鳥栖 | 28 | 7 | 9 | 12 | 23 | 30 | -7 | 30 | J1参入プレーオフに出場
17 | 柏レイソル | 28 | 9 | 3 | 16 | 35 | 45 | -10 | 30 | J2リーグ 2019へ降格
18 | V・ファーレン長崎 | 28 | 8 | 3 | 17 | 33 | 50 | -17 | 27

最終更新は2018年9月30日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブにもAFCチャンピオンズリーグ2019参加資格が与えられるが、同大会優勝クラブがJ1リーグ戦上位に入った場合は、リーグ戦次点のクラブに参加資格が与えられる

J2

詳細は「2018年のJ2リーグ」を参照
【チーム】








出場権または降格
1 | 松本山雅FC | 35 | 18 | 11 | 6 | 50 | 33 | +17 | 65 | J1リーグ 2019へ昇格
2 | 大分トリニータ | 35 | 19 | 6 | 10 | 63 | 40 | +23 | 63
3 | FC町田ゼルビア | 33 | 17 | 10 | 6 | 52 | 36 | +16 | 61 | J1参入プレーオフに出場
4 | アビスパ福岡 | 35 | 17 | 9 | 9 | 50 | 35 | +15 | 60
5 | 東京ヴェルディ | 35 | 16 | 12 | 7 | 49 | 35 | +14 | 60
6 | 横浜FC | 35 | 16 | 11 | 8 | 53 | 41 | +12 | 59
7 | 大宮アルディージャ | 35 | 17 | 6 | 12 | 57 | 42 | +15 | 57
8 | 徳島ヴォルティス | 34 | 16 | 6 | 12 | 47 | 32 | +15 | 54
9 | モンテディオ山形 | 35 | 13 | 11 | 11 | 43 | 43 | 0 | 50
10 | ファジアーノ岡山 | 35 | 13 | 9 | 13 | 35 | 36 | -1 | 48
11 | レノファ山口FC | 34 | 12 | 12 | 10 | 55 | 60 | -5 | 48
12 | 水戸ホーリーホック | 35 | 13 | 8 | 14 | 39 | 37 | +2 | 47
13 | ツエーゲン金沢 | 35 | 12 | 10 | 13 | 42 | 40 | +2 | 46
14 | ヴァンフォーレ甲府 | 34 | 12 | 9 | 13 | 50 | 41 | +9 | 45
15 | 栃木SC | 35 | 12 | 8 | 15 | 34 | 42 | -8 | 44
16 | ジェフユナイテッド千葉 | 35 | 12 | 6 | 17 | 60 | 65 | -5 | 42
17 | アルビレックス新潟 | 35 | 12 | 6 | 17 | 40 | 50 | -10 | 42
18 | 愛媛FC | 35 | 11 | 9 | 15 | 31 | 43 | -12 | 42
19 | 京都サンガF.C. | 35 | 9 | 7 | 19 | 34 | 49 | -15 | 34
20 | FC岐阜 | 35 | 9 | 6 | 20 | 38 | 55 | -17 | 33
21 | ロアッソ熊本 | 35 | 7 | 6 | 22 | 41 | 69 | -28 | 27 | J3リーグ 2019へ降格
22 | カマタマーレ讃岐 | 34 | 6 | 8 | 20 | 24 | 63 | -39 | 26

最終更新は2018年9月30日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1. J1リーグ昇格ならびにJ1参入プレーオフ出場は、J1ライセンスを保有するクラブに限る。
2. J3リーグ降格は、J3リーグの上位2チームにJ2ライセンスを保有しないクラブが入った場合は対象チームが変更となる。

J3

詳細は「2018年のJ3リーグ」を参照
【チーム】








出場権または降格
1 | FC琉球 | 24 | 15 | 5 | 4 | 52 | 27 | +25 | 50 | J2リーグ 2019へ昇格
2 | 鹿児島ユナイテッドFC | 24 | 12 | 8 | 4 | 37 | 25 | +12 | 44
3 | アスルクラロ沼津 | 24 | 12 | 7 | 5 | 31 | 20 | +11 | 43
4 | ザスパクサツ群馬 | 24 | 12 | 4 | 8 | 25 | 23 | +2 | 40
5 | ガイナーレ鳥取 | 23 | 10 | 6 | 7 | 43 | 32 | +11 | 36
6 | ブラウブリッツ秋田 | 24 | 10 | 6 | 8 | 29 | 22 | +7 | 36
7 | ガンバ大阪U-23 | 23 | 9 | 7 | 7 | 39 | 29 | +10 | 34
8 | セレッソ大阪U-23 | 23 | 9 | 6 | 8 | 31 | 30 | +1 | 33
9 | 福島ユナイテッドFC | 24 | 7 | 12 | 5 | 27 | 27 | 0 | 33
10 | AC長野パルセイロ | 23 | 7 | 8 | 8 | 30 | 28 | +2 | 29
11 | グルージャ盛岡 | 24 | 8 | 4 | 12 | 31 | 45 | -14 | 28
12 | Y.S.C.C.横浜 | 23 | 6 | 9 | 8 | 30 | 33 | -3 | 27
13 | SC相模原 | 23 | 7 | 5 | 11 | 32 | 42 | -10 | 26
14 | カターレ富山 | 23 | 8 | 2 | 13 | 27 | 38 | -11 | 26
15 | 藤枝MYFC | 23 | 6 | 4 | 13 | 21 | 36 | -15 | 22
16 | ギラヴァンツ北九州 | 23 | 5 | 6 | 12 | 18 | 33 | -15 | 21
17 | FC東京U-23 | 24 | 5 | 5 | 14 | 29 | 41 | -12 | 20

最終更新は2018年9月30日の試合終了時
出典: J. League data
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決の結果 5.警告数 6.抽選.
J2リーグ22位との自動昇・降格および同21位との入れ替え戦については、J3の1位・2位クラブがJ1もしくはJ2ライセンスを保有している場合のみ行われ、1位・2位のどちらか、あるいは両方がライセンスを保有していない場合、自動昇格・降格か入れ替え戦、あるいはその両方が行われない場合がある。
2位までにU-23チームが入賞した場合、U-23チームを除く13チームの成績を基として、自動昇格、または入れ替え戦出場チームを決定する。

表彰

月間MVP

【月】
【J1】
【】
J2
【選手】
【所属】
【出典】
【選手】
【所属】
出典
2月・3月 | 林卓人 | サンフレッチェ広島 |  |  | オナイウ阿道 | レノファ山口FC | 
4月 | ディエゴ・オリヴェイラ | FC東京 |  | 小野瀬康介 | レノファ山口FC | 
5月 | パトリック | サンフレッチェ広島 |  | 古橋亨梧 | FC岐阜 | 
6月 |  |  |  | 大前元紀 | 大宮アルディージャ | 
7月 | 鈴木優磨 | 鹿島アントラーズ |  | 守田達弥 | 松本山雅FC | 
8月 | ジョー | 名古屋グランパス |  | 平戸太貴 | FC町田ゼルビア | 

月間ベストゴール

【月】
J1
【選手】
【所属】
【節】
【対戦相手(試合会場)】
【得点時間】
出典
2月・3月 | ソウザ | セレッソ大阪 | 3節 | 柏(三協F柏) | 60分 | 
4月 | 都倉賢 | 北海道コンサドーレ札幌 | 6節 | 名古屋(札幌ド) | 69分 | 
5月 | 伊東純也 | 柏レイソル | 14節 | 川崎F(三協F柏) | 32分 | 
7月 | 安西幸輝 | 鹿島アントラーズ | 17節 | 柏(カシマ) | 65分 | 
8月 | アンドレス・イニエスタ | ヴィッセル神戸 | 21節 | 磐田(ノエスタ) | 15分 | 

協賛団体

詳細は「日本プロサッカーリーグ#協賛団体」を参照
2018年 Jリーグパートナー(協賛団体)一覧(特記なきものは2017年2月12日発表)
【協賛カテゴリー種別】
【協賛団体名】
契約開始年度
Jリーグタイトルパートナー | 明治安田生命保険 | 2015年
Jリーグトップパートナー | キヤノン
キヤノンマーケティングジャパン | 1996年
アイデム | 2005年
明治安田生命保険 | 2014年
ルートインジャパン | 2015年
イオンリテール
エレクトロニック・アーツ(EAスポーツ) | 2016年
TAG HEUER, Branch of LVMH Swiss Manufactures SA
マスターカード・ジャパン | 2017年
NTTドコモ
コナミデジタルエンタテインメント | 2018年
Jリーグ百年構想パートナー | 朝日新聞社 | 2003年
リーグカップ戦スポンサー | ヤマザキビスケット | 1992年
スーパーカップスポンサー | 富士ゼロックス | 1994年
Jリーグオフィシャルエクイップメントパートナー | モルテン | 1993年
アディダス ジャパン | 2005年
Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー | Perform Investment Limited(DAZN) | 2017年
Jリーグスポーツ振興パートナー | 日本スポーツ振興センター(スポーツ振興くじ ) | 2003年
JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー | 楽天 | 2017年
Jリーグオフィシャルテクノロジーパートナー | NTTグループ | 2017年
Jリーグサポーティングカンパニー | ヤフー(Yahoo! JAPAN) | 2015年
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー
デロイトトーマツコンサルティング | 2017年

Jリーグ百年構想クラブ

特記なしはいずれも日本フットボールリーグ(JFL)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/06 08:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2018年のJリーグ」の意味を投稿しよう
「2018年のJリーグ」のコンテンツはまだ投稿されていません。

2018年のJリーグスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2018年のJリーグ」のスレッドを作成する
2018年のJリーグの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail