このキーワード
友達に教える
URLをコピー

2018_FIFAワールドカップとは?

本記事に加筆をする際は出典を忘れないでください。
出典の提示時には記事名のほか配信元・配信日もお願いします。
本記事の記述には、出典があり内容の検証性がとれるもののみ掲載しています。
 | 
この記事はスポーツに関して将来予定されるイベントを扱っています。内容は最新の情報を反映していない可能性があります。

2018 FIFAワールドカップ
2018 FIFA World Cup
Чемпионат мира по футболу 2018
【大会概要】

【開催国】
ロシア
【日程】
2018年6月14日 - 7月15日
【チーム数】
32 (6連盟)
【開催地数】
12 (11都市)
【大会統計】

【試合数】
64試合
< 20142022 >

2018 FIFAワールドカップ (: 2018 FIFA World Cup)は、2018年6月14日から7月15日にかけて、ロシアで開催される予定である第21回目のFIFAワールドカップ。東ヨーロッパでは初の開催となる。

目次

  • 1 開催国選定の経緯
    • 1.1 開催国決定
      • 1.1.1 評価レポートが重要視されず
  • 2 予選
  • 3 出場国
  • 4 本大会
    • 4.1 開催都市
      • 4.1.1 地図
      • 4.1.2 気候
      • 4.1.3 時差
    • 4.2 W杯初のビデオ副審制度導入
    • 4.3 公式球
    • 4.4 大会マスコット
    • 4.5 賞金および補償金 (負傷の保険金)
    • 4.6 選手登録及び大会前休養期間
    • 4.7 組み合わせ抽選会
    • 4.8 主審
  • 5 議論
    • 5.1 ボイコットの動き
    • 5.2 安全面
  • 6 結果
    • 6.1 グループリーグ
      • 6.1.1 順位決定方法
      • 6.1.2 グループ A
      • 6.1.3 グループ B
      • 6.1.4 グループ C
      • 6.1.5 グループ D
      • 6.1.6 グループ E
      • 6.1.7 グループ F
      • 6.1.8 グループ G
      • 6.1.9 グループ H
    • 6.2 決勝トーナメント
      • 6.2.1 ラウンド16
      • 6.2.2 準々決勝
      • 6.2.3 準決勝
      • 6.2.4 3位決定戦
    • 6.3 決勝
  • 7 テレビ放映局
  • 8 公式スポンサー
    • 8.1 FIFAパートナー
    • 8.2 FIFAワールドカップスポンサー
    • 8.3 リージョナルサポーター
      • 8.3.1 欧州地域
      • 8.3.2 アジア地域
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

開催国選定の経緯

詳細は「2018/2022 FIFAワールドカップ開催地決定投票」を参照

開催国決定

投票の結果、ロシアに決定した。これに伴いロシアは予選免除となった。

開催国の決定方法は、国際オリンピック委員会の五輪開催地決定投票と同じ方式で、英国紙のおとり取材による買収疑惑発覚で職務停止処分を受けた2理事を除く、国際サッカー連盟理事22人による投票。各回ごとに過半数の国・地域が出るまで投票を繰り返し、過半数がない場合はその回の得票最下位の国・地域を次の投票から除外する方式で行われた。同数になった場合のみ、ブラッターFIFA会長の1票で決まるという方式だった。

欧州4候補の内、最初にイングランドが落選。その後2回目でロシアが13票を集めて過半数を獲得した為、ロシアの開催が決定した。

【2018年FIFAワールドカップ開催国投票】

【立候補国】
【1回目】
【2回目】

ロシア | 9 | 13
スペイン ポルトガル | 7 | 7
オランダベルギー | 4 | 2
イングランド | 2 | 

評価レポートが重要視されず

2002年からFIFA理事を務めていた小倉純二当時日本サッカー協会(JFA)会長現JFA名誉会長によれば、開催地決定に関して最も影響力のあるのはFIFA視察団が立候補国を現地調査して提出する調査報告書(レポート)だという。ところが、今回は全く違い、レポート評価は、2018年開催が決まったロシアが全体で2番目に低く、2018年の4候補の中では最下位、同時に2022年開催が決まったカタールは全体及び2018年の5候補内の両方で最下位だった。

予選

詳細は「2018 FIFAワールドカップ・予選」を参照

出場国

初出場はアイスランドパナマで、過去のワールドカップの優勝国でイタリアを除く7ヶ国 (ウルグアイドイツブラジルイングランドアルゼンチンフランススペイン)は出場することとなった。

出場選手は2018 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

【大陸連盟】
出場
枠数 【予選大会】

予選順位 【出場国・地域】
【出場決定日】
【出場回数】
【備考】
FIFA
Rank
UEFA | 13+1 | - | 開催国 |  ロシア | 2010年12月02日 | 1102大会連続11回目 |  | 65
欧州予選 | A組1位 |  フランス | 2017年10月10日 | 1506大会連続15回目 |  | 07
A組2位 |  スウェーデン | 2017年11月13日 | 0703大会ぶり012回目 | ☆ | 25
B組1位 |  ポルトガル | 2017年10月10日 | 0705大会連続07回目 |  | 03
B組2位 |  スイス | 2017年11月12日 | 1104大会連続11回目 | ☆ | 11
C組1位 |  ドイツ | 2017年10月05日 | 1917大会連続19回目 | 前大会優勝 | 01
D組1位 |  セルビア | 2017年10月09日 | 1202大会ぶり012回目 |  | 38
E組1位 |  ポーランド | 2017年10月08日 | 0803大会ぶり008回目 |  | 06
E組2位 |  デンマーク | 2017年11月14日 | 0502大会ぶり005回目 | ☆ | 19
F組1位 |  イングランド | 2017年10月05日 | 1506大会連続15回目 |  | 12
G組1位 |  スペイン | 2017年10月06日 | 1511大会連続15回目 |  | 08
H組1位 |  ベルギー | 2017年09月03日 | 1302大会連続13回目 |  | 05
I組1位 |  アイスランド | 2017年10月09日 | 01初出場 |  | 21
I組2位 |  クロアチア | 2017年11月12日 | 0502大会連続05回目 | ☆ | 18
CONMEBOL | 4.5 | 南米予選 | 1位 |  ブラジル | 2017年03月28日 | 2121大会連続21回目 |  | 02
2位 |  ウルグアイ | 2017年10月10日 | 1303大会連続13回目 |  | 17
3位 |  アルゼンチン | 2017年10月10日 | 1712大会連続17回目 | 前大会準優勝 | 04
4位 |  コロンビア | 2017年10月10日 | 0602大会連続06回目 |  | 13
5位 |  ペルー | 2017年11月15日 | 0509大会ぶり005回目 | ○ | 10
CAF | 5 | 最終予選 | A組1位 |  チュニジア | 2017年11月11日 | 0503大会ぶり005回目 |  | 28
B組1位 |  ナイジェリア | 2017年10月07日 | 0603大会連続06回目 |  | 41
C組1位 |  モロッコ | 2017年11月11日 | 0505大会ぶり005回目 |  | 48
D組1位 |  セネガル | 2017年11月10日 | 0204大会ぶり002回目 |  | 32
E組1位 |  エジプト | 2017年10月08日 | 0307大会ぶり003回目 |  | 30
AFC | 4.5 | 最終予選 | A組1位 |  イラン | 2017年06月13日 | 0502大会連続05回目 |  | 34
A組2位 |  韓国 | 2017年09月05日 | 1009大会連続10回目 |  | 62
B組1位 |  日本 | 2017年08月31日 | 0606大会連続06回目 |  | 55
B組2位 |  サウジアラビア | 2017年09月05日 | 0503大会ぶり005回目 |  | 63
B組3位 |  オーストラリア | 2017年11月15日 | 0504大会連続05回目 | ○ | 39
CONCACAF | 3.5 | 最終予選 | 1位 |  メキシコ | 2017年09月01日 | 1607大会連続16回目 |  | 16
2位 |  コスタリカ | 2017年10月07日 | 1602大会連続05回目 |  | 22
3位 |  パナマ | 2017年10月10日 | 01初出場 |  | 49
OFC | 0.5 | 地区予選 | - | -出場国無し | 2017年11月15日- | - | - | -

本戦出場決定国
予選敗退国
不出場 - FIFA加盟国
不出場 - FIFA非加盟国

本大会

詳細は「en:2018 FIFA World Cup venues」を参照

開催都市

本大会は11都市12会場で開催される。開催都市はヨーロッパ側に集中しており、ウラル以東ではエカテリンブルクのみとなる。全会場が陸上トラックの無いサッカー・球技専用スタジアムとなる。

試合は以下の11都市 (カリーニングラードカザンモスクワニジニ・ノヴゴロドサンクトペテルブルクサマーラサランスクソチヴォルゴグラードロストフ・ナ・ドヌエカテリンブルク)で行う予定である。

2011年10月、ロシアは開催候補地を16から14に減らした。そしてモスクワ州ポドリスクのモスクワ州立スタジアムについて州政府から取り下げたことが明らかになった、またモスクワ市内のスパルタク・スタジアムディナモ・スタジアムのどちらかが落選することも明らかとなった。

なお開催地は2012年9月29日に決定された。これによって開催候補都市のうち、クラスノダールヤロスラヴリは落選となった。

2012年12月14日のFIFA理事会(現FIFA評議会)で今大会の開幕戦と準決勝1試合と決勝をモスクワのルジニキ・スタジアムで、準決勝の残り1試合をサンクトペテルブルクのサンクトペテルブルク・スタジアムで行うことを決定した。

モスクワ
サンクトペテルブルク

ルジニキ・スタジアム | スパルタク・スタジアム | サンクトペテルブルク・スタジアム
収容人数: 89,318人
(改築) | 収容人数: 46,990人
(新築) | 収容人数: 69,500人
(新築)
 |  | 

カリーニングラード
カザン
ニジニ・ノヴゴロド

カリーニングラード・スタジアム | カザン・アリーナ | ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム
収容人数: 45,015人
(新築) | 収容人数: 45,015人 (60,000人)
(新築) | 収容人数: 44,899人
(新築)
 |  | 

サマーラ
ヴォルゴグラード
サランスク

サマーラ・アリーナ | ヴォルゴグラード・アリーナ | モルドヴィア・アリーナ
収容人数: 44,918人
(新築) | 収容人数: 45,568人
(新築) | 収容人数: 45,015人
(新築)
 |  | 

ロストフ・ナ・ドヌ
ソチ
エカテリンブルク

ロストフ・アリーナ | フィシュト・スタジアム | エカテリンブルク・アリーナ
収容人数: 43,702人
(新築) | 収容人数: 47,659人
(新築) | 収容人数: 44,130人
(改築)
 |  | 

地図

2018 FIFAワールドカップスタジアム

気候

ケッペンの気候区分では最南部のソチのみが温暖湿潤気候で、その他の開催都市は亜寒帯湿潤気候に属するが、大会開催時期の6月の平均気温は、モスクワ (12.1℃~22.0℃)、サンクトペテルブルク (11.7℃~20.0℃)、カリーニングラード (10.9℃~20.5℃)、エカテリンブルク (12.1℃~23.0℃)、カザン (13.3℃~23.5℃)、ニジニ・ノヴゴロド (12.6℃~22.6℃)、サマーラ (14.4℃~25.4℃)、ヴォルゴグラード (15.0℃~26.4℃)、ロストフ・ナ・ドヌ (15.8℃~26.6℃)、ソチ (16.5℃~24.8℃)となっており、南部では日中の気温は25度を超える夏日となり、時に真夏日になることもあるなど、比較的暑くなる。

時差

ロシアの開催都市の時間帯は3つあり、最西端のカリーニングラードでは日本標準時より7時間遅れ (カリーニングラード時間) (UTC+2)、サマーラ (サマラ時間) (UTC+4)で5時間遅れ、最東端のエカテリンブルク (エカテリンブルク時間) (UTC+5)で4時間遅れ、その他の8つの開催都市は全てモスクワ時間 (UTC+3)となり6時間遅れとなる。

W杯初のビデオ副審制度導入

サッカーのルール等を決定する唯一の機関である国際サッカー評議会(IFAB)は2018年3月3日、スイスのチューリヒで年次総会(AGM)を開き、ビデオ副審(VAR=ビデオ・アシスタントレフェリー)制度をサッカーのルールに正式に導入することを決定した。3月16日、FIFA評議会(旧FIFA理事会)で、ロシアW杯全64試合でのVAR採用を正式に決定した。W杯でのVAR採用は、今大会が初となる。VARの目的は、勝敗を左右する場面での誤審を防ぐことで、VARの対象は「得点」、「PK」、「一発退場」、「(退場、警告などの)人定(退場や警告等を受ける選手の確認)」の4項目である。2016年から2年間、国際サッカー連盟(FIFA)主催大会や各国リーグなどで試験的に導入された。その結果、公式戦804試合の統計で、ビデオ判定された事案の約57%が得点とPKの有無の確認だった。533試合では判定確認が行われなかった(注:VARは短時間の映像確認である『チェック』によって明確な誤審の疑いが無い対象シーンを予め除外するため、多くの試合では時間を掛けての映像確認である『レビュー』を行わずに済むというのが利点の制度であり、この場合の「判定確認」は『レビュー』を意味する)。一方、映像確認によって試合進行が妨げられることが批判されているが、1事案に要する確認作業時間(注:この場合の「確認作業」はオン・フィールド・レビューを含む『レビュー』全体を指す)は平均60秒で、試合全体の所要時間の1%以下だった。

これまで通り試合自体は主審1人、副審2人、第4の審判1人の計4人で進められる。今大会で採用するVARは、先述の4項目で主審の判定が間違っていた可能性がある時、主審にビデオ副審(VAR)が光ファイバーリンク型無線で伝える。VARチームは4人1組のチームで、1試合につき、VARチーム1つつく。全員、国際審判員の中のトップクラスが任命される。VARチームは、ビデオ副審(VAR=ビデオ副審)1人(以下、VARリーダー)、ビデオ副審を補佐するアシスタント・ビデオ副審(AVAR)3人の計4人で、ロシア首都モスクワの国際放送センター(IBC) にあるビデオ集中運用室((VOR)全12会場の判定用全カメラと光ファイバーネットワークで結ばれている)で、試合中、常に映像を確認する。VARリーダーは、VARチームを率い、主審と交信し、対象についての誤審可能性があれば、ピッチ脇に設置されたレビュー・エリアのスクリーンでの映像での検証の提案を行ったりする。AVAR1は、他がリプレー(プレー見直し作業)中でも、常に試合をライブで見続ける。AVAR2は、オフサイド判定のみを注視する。AVAR3は、VARリーダーの補佐やVARチーム全体の円滑なコミュニケーションを図る等する。さらにVARチーム1チームにつき、スクリーンやカメラアングルの技術者4人、会場の巨大スクリーンで、観客に向かって決定を伝えるFIFAの代表1人もつく。VARチームは、スーパースローモーション(1秒960コマ)専用2台、ウルトラスローモーション(1秒1000コマ)専用6台を含む計33台のテレビ中継用カメラの他、VARチームのみアクセス可能なオフサイド判定専用2台のカメラ映像を使用できる。主審は、「一発退場」や「得点場面での攻撃側の反則」、「オフサイド(判定を受けた選手がプレーに干渉していたかの確認)」などの『主観に拠る判定』については、ピッチ脇に設置されたレビュー・エリアのスクリーンで自ら確認することもできる。また、FIFAは、会場の観客やTVを含む全ての一般人向けにVARの審査の理由とレビュー(確認作業)の結果を含む審査プロセス等をタッチタブレットのネットワークを介して、通知する。タブレットを操作すれば、VARが見ているアングルのカメラの場面を見たり、主審とVARとの審判通信システムの音声を聞いたりできる。会場内のTVと巨大スクリーンには、VARの判定結果及びリプレー等も表示され、FIFAの代表1人が決定を伝える。更なる詳細はFIFA公式HP参照のこと。

2018年3月16日のFIFA評議会(旧FIFA理事会)では、他に、今大会では「決勝トーナメント以降、公式戦交代枠3人に加え、延長戦に入った場合に限り4人目の交代を認めること」、「テクニカルエリアに、コーチング(選手への指示)目的の情報を外部から送信することの許可」も決定した。

なお、前回の2014年ブラジル大会から初めてゴールラインテクノロジー(GLT)(ゴール機械判定技術)の1つゴールコントロール4DがW杯に導入され、今大会の規則にもGLTが明記されていたが、2017年9月のレンヌカーン戦等フランスリーグ1部(リーグ・アン)2017-18のいくつかの試合で、ゴールコントロール4Dがゴール判定を失敗していることを受け、FIFAはGLTをロシアW杯で使用するかはまだ未定としていた。2018年4月25日、GLTをVARと共に今大会で使用すると、FIFAが発表した。

但し、VAR及びGLTの両方とも、あくまでもサッカーの審判補助システムであり、最終的な判定及び決定は主審が行う(GLT、VAR制度共に競技規則によって規定されているため、ワールドカップで特別な運用が行われることは無い)。

2018年4月18日から2週間をかけ、イタリアフィレンツェ近郊のコヴェルチャーノでのトレーニングセミナーで、36人の主審と63人の副審(全員国際審判員)が、試合会場での審判及びVARのトレーニングを受ける。W杯自体の重圧とW杯としては初めての試みによる重圧の為、普段の試合より審判報酬を増額している。経験やキャリア年数が豊富なトップクラスの主審は5万7000ユーロ(約740万円)を受け取り、さらに1試合担当するごとに2500ユーロ(約33万円)の報酬が追加される。トップクラスの副審は、主審より減額され、審判報酬は2万ユーロ(約260万円)、1試合ごとに1600ユーロ(約21万円)が与えられる。

2018年4月27日、FIFAはVAR専任の国際審判員13名を選出し、4月30日に発表した。この13名は、各協会及び各大陸連盟での大会でVARを経験し、更にFIFAの大会でVARを成功させ、上記のトレーニングセミナーでVARの知識やスキルを向上させた者が選ばれた。このVAR専任の13名に加え、ロシアW杯主審及び副審の一部が、VARチームに入る。各試合毎に任命されたVARチームは、試合前に確認される。

公式球

アディダスによる公式試合球の名称は、2017年11月にFIFAによって「テルスター18 (Telstar 18)」に決定した。1970年1974年に使用された初公式試合球であるテルスターの伝統と最新鋭のテクノロジーの融合がコンセプトとなっている。また、公式試合球として初めてNFCが搭載されている。

大会マスコット

2018年大会の公式FIFAワールドカップのマスコット選びは最終候補として残ったオオカミトラネコのキャラクターの中からFIFA公式サイト上のインターネット投票によって選ばれ、約53%の票を集めたオオカミのキャラクターが選出され、ザビバカ (Zabivaka)と命名された。ザビバカはロシア語で「ゴールを決める」という意味を持ち、デザインとして "RUSSIA 2018 "と書かれた茶色と白のTシャツにオレンジのスポーツ用メガネを着用している。 また白と青のTシャツと赤のショートパンツの組み合わせはサッカーロシア代表のファーストカラーとなっている。

賞金および補償金 (負傷の保険金)

本大会の優勝賞金を3800万ドルにすると、2017年10月28日にFIFAが発表した。前回のブラジル大会から300万ドル増額された。また、準優勝のチームには2800万ドル、3位には2400万ドル、4位には2200万ドル、ベスト8 (=準々決勝進出)には、1600万ドル、ベスト16 (=決勝トーナメント進出)には、1200万ドルとなり、グループリーグ敗退国 (17位 - 32位)も、800万ドルを受け取る。さらに、全出場チームには経費として150万ドルずつが支払われる。賞金総額は、6億9100万ドルとなり、前回大会の同総額5億7600万ドルから40%増となった。

また、同日FIFAは欧州クラブ協会 (ECA)との合意に基づき、2018 FIFAワールドカップ本大会に出場する全選手の各所属クラブに、総額約2億900万ドルの補償金 (負傷の保険金)を各国サッカー協会を通じて、支払うと発表した。

選手登録及び大会前休養期間

FIFA本部があるスイスの現地時間の2018年5月14日までに、出場する各サッカー協会は、FIFAの専用オンライン登録ページに選手名等を入力する形で、上限35名の予備登録リストを提出する。サッカー日程の過密化で、けが人のリスクが増加しているため、各サッカー協会や各大陸連盟からの要望があり、前回の2014ブラジル大会より予備登録上限が5名増えた。なお、本登録の23名以上登録されていればよい。予備登録リストの公表は、各協会が判断する。スイス時間の同

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/12 18:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「2018_FIFAワールドカップ」の意味を投稿しよう
「2018_FIFAワールドカップ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

2018_FIFAワールドカップスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2018_FIFAワールドカップ」のスレッドを作成する
2018_FIFAワールドカップの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail