このキーワード
友達に教える
URLをコピー

4割打者とは?

移動先: 案内検索

4割打者(よんわりだしゃ)とは、野球において1シーズンの打率が4割(.400)を超えたことがある打者のこと(規定打席未満の場合は除外)。

目次

  • 1 概要
  • 2 分析
  • 3 歴代4割打者
    • 3.1 日本プロ野球
    • 3.2 メジャーリーグ
    • 3.3 韓国プロ野球
    • 3.4 台湾プロ野球
    • 3.5 キューバリーグ(木製バット導入以降)
  • 4 関連項目
  • 5 脚注

概要

リトルリーグ高校野球など、選手間の能力差が大きいレベルでは、4割を超える打率を残す選手は珍しくない。しかし、プロ野球で4割打者になることはきわめて難しい。1試合で回って来る打席は一般に3回なので、達成するには毎試合必ず1-2本は安打を打たねばならないことになる。

メジャーリーグでの最近の4割打者は1941年テッド・ウィリアムズにまで遡る。これ以降で4割打者に迫った記録としては、1977年ロッド・カルーが達成した.388、1980年ジョージ・ブレットが達成した.390、1994年トニー・グウィンが達成した.394が挙げられる。もっとも迫った例として2000年トッド・ヘルトンが規定打席に達して4割を超えていたが試合に出場を続け打率を下げてしまっている。また、テッド・ウィリアムズは23歳1ヶ月で4割打者になっており、これは打率4割達成者の最年少記録である。4割打者の中では唯一、タック・ターナーのみがスイッチヒッター(左投げ両打ち)であり、1894年に.418を記録している。

NPBに於いてはランディ・バース1986年に達成した.389が打率のシーズン最高記録であり、いまだに4割を超えた打者は存在しない(詳しくは打率を参照のこと)。なお、1989年ウォーレン・クロマティは規定打席に達した時点で4割を超えていたが、チームが優勝争いをしていたために試合に出続けた結果、打率を下げてしまい4割達成は成らなかった。ちなみにセントラルリーグを優勝し、日本シリーズをも制して日本一に輝いている

NPB以外ではベースボール・チャレンジ・リーグ野原祐也(富山、元阪神)が2007年に.412の記録を、BASEBALL FIRST LEAGUE田中耀飛(兵庫、現楽天)が2017年に.422の記録を、NPBの2軍のイースタン・リーグでは上条皇裕(大毎)が1961年に.424、鈴木健(西武)が1991年に.401の記録を残している。また、国民野球連盟1947年夏季リーグで宇高レッドソックスの茅野秀三が.403を記録している。

分析

テッド・ウィリアムズ以降、メジャーリーグに4割打者が生まれていない理由として、古生物学者であるスティーヴン・ジェイ・グールド博士は、進化論の観点から以下のような仮説を立てている。グールドは、打率が投手と打者の勝負の結果で決まる相対的な指標であることに注目し、以下のような仮説を立てた。

  • (事実1)レギュラー選手の平均打率は、どの時代でもおおむね2割台後半を維持している。
  • (事実2)レギュラー選手の打率の標準偏差は、時代が進むほど減少している。
  • (推論1)メジャーリーグをプロスポーツとして成立させるために、ルールの細かい改正が行われ、平均打率は一定の範囲内に保たれていた。
  • (推論2)初期のメジャーリーグでは多様な技術が試されたため、打率の標準偏差も大きかったが、最良の結果を残した技術のみが模倣されて多様性が減少したため、打率の標準偏差は減少した。
  • (結論)打者の能力は時代が進むにつれ向上しており、現在ではかつてないほど多くの人数が最良の打者の範疇に近づいている。そのため、最良の打者の打率と平均打率との差が小さくなり、結果的に4割打者は出現しなくなった。

この仮説によると、4割打者が消滅したのは、打者の能力が低下したためではなく、打者の能力が全体的に向上して野球というスポーツが成熟したことの証拠である。

歴代4割打者

順位は打率上位順

日本プロ野球

BASEBALL FIRST LEAGUE
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】

1 | 田中耀飛 | 兵庫ブルーサンダーズ | 右 | .422 | 2017年
ベースボール・チャレンジ・リーグ
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】

1 | 野原祐也 | 富山サンダーバーズ | 左 | .412 | 2007年
国民野球連盟
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】

1 | 茅野秀三 | 宇高レッドソックス | 左 | .403 | 1947年
日本女子プロ野球機構
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】
【達成回数】

1 | 三浦伊織 | ウエスト・フローラ | 左 | .500 | 2014年 | 2回目
2 | 岩谷美里 | 埼玉アストライア | 右 | .441 | 2017年 | 
3 | 川端友紀 | イースト・アストライア | 左 | .431 | 2013年 | 2回目
4 | 大山唯 | 兵庫ディオーネ | 左 | .4074 | 2015年 | 1回目
4 | 大山唯 | 兵庫ディオーネ | 左 | .4074 | 2016年 | 2回目
6 | 三浦伊織 | ウエスト・フローラ | 左 | .4071 | 2013年 | 1回目
7 | 川端友紀 | 京都アストドリームス | 左 | .406 | 2011年 | 1回目

メジャーリーグ

en:List of Major League Baseball players with a .400 batting average in a season」も参照
1900年以降の近代野球が対象
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】
【達成回数】

1 | ナップ・ラジョイ | フィラデルフィア・アスレチックス | 右 | .426 | 1901年 | 
2 | ロジャース・ホーンスビー | セントルイス・カージナルス | 右 | .424 | 1924年 | 2回目
3 | ジョージ・シスラー | セントルイス・ブラウンズ | 左 | .4197 | 1922年 | 2回目
4 | タイ・カッブ | デトロイト・タイガース | 左 | .4196 | 1911年 | 1回目
5 | タイ・カッブ | デトロイト・タイガース | 左 | .409 | 1912年 | 2回目
6 | ジョー・ジャクソン | クリーブランド・ナップス | 左 | .408 | 1911年 | 
7 | ジョージ・シスラー | セントルイス・ブラウンズ | 左 | .407 | 1920年 | 1回目
8 | テッド・ウィリアムズ | ボストン・レッドソックス | 左 | .406 | 1941年 | 
9 | ハリー・ハイルマン | デトロイト・タイガース | 右 | .403 | 1923年 | 
10 | ロジャース・ホーンスビー | セントルイス・カージナルス | 右 | .4027 | 1922年 | 1回目
11 | ロジャース・ホーンスビー | セントルイス・カージナルス | 右 | .40128 | 1925年 | 3回目
12 | ビル・テリー | ニューヨーク・ジャイアンツ | 左 | .40126 | 1930年 | 
13 | タイ・カッブ | デトロイト・タイガース | 左 | .4011 | 1922年 | 3回目

アメリカメジャーリーグにおいて1900年以降、打率4割が達成されたのは13回、わずか8人の選手によってのみである。また、19世紀の記録も含めた場合でも合計28回であり、19世紀には12人の選手によって15回記録されている。

19世紀、近代野球前の記録
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】
【達成回数】

1 | ヒュー・ダフィー | ボストン・ビーンイーターズ | 右 | .440 | 1894年 | 
2 | ティップ・オニール | セントルイス・ブラウンズ | 右 | .435 | 1887年 | 
3 | ロス・バーンズ | シカゴ・ホワイトストッキングス | 右 | .429 | 1876年 | *4回目
4 | ウィリー・キーラー | ボルチモア・オリオールズ | 左 | .424 | 1897年 | 
5 | タック・ターナー | フィラデルフィア・フィリーズ | 両 | .418 | 1894年 | 
6 | *フレッド・ダンラップ | セントルイス・マルーンズ | 右 | .412 | 1884年 | 
7 | エド・デラハンティ | フィラデルフィア・フィリーズ | 右 | .4096 | 1899年 | 3回目
8 | ジェシー・バーケット | クリーブランド・スパイダーズ | 左 | .4095 | 1896年 | 2回目
9 | サム・トンプソン | フィラデルフィア・フィリーズ | 左 | .407 | 1894年 | 
10 | ジェシー・バーケット | クリーブランド・スパイダーズ | 左 | .405 | 1895年 | 1回目
11 | エド・デラハンティ | フィラデルフィア・フィリーズ | 右 | .4041 | 1895年 | 2回目
12 | エド・デラハンティ | フィラデルフィア・フィリーズ | 右 | .4040 | 1894年 | 1回目
13 | ビリー・ハミルトン | フィラデルフィア・フィリーズ | 左 | .403 | 1894年 | 
14 | ピート・ブラウニング | ルイビル・カーネルズ | 右 | .402 | 1887年 | 
15 | ヒューイー・ジェニングス | ボルチモア・オリオールズ | 右 | .401 | 1896年 | 

フレッド・ダンラップは、ユニオン・アソシエーションでの記録。ロス・バーンズはナショナル・アソシエーションも含めた場合の達成回数

ナショナル・アソシエーション(NA)の記録
【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】
【達成回数】

1 | リーヴァイ・メイエール | フィラデルフィア・アスレチックス | 右 | .492 | 1871年 | 
2 | カル・マクヴィー | ボストン・レッドストッキングス | 右 | .4313 | 1871年 | 
3 | ロス・バーンズ | ボストン・レッドストッキングス | 右 | .4312 | 1873年 | 3回目
4 | ロス・バーンズ | ボストン・レッドストッキングス | 右 | .430 | 1872年 | 2回目
5 | デイヴイ・フォース | ボルチモア・カナリーズ | 右 | .418 | 1872年 | 
6 | キャップ・アンソン | フィラデルフィア・アスレチックス | 右 | .415 | 1872年 | 
7 | ロス・バーンズ | ボストン・レッドストッキングス | 右 | .401 | 1871年 | 1回目

ナショナル・アソシエーションの記録は特殊な扱いを受けているため、詳しくはNAPBBPはメジャーリーグかを参照。

各種記録 (*)は近代野球前の記録
  • 個人最多達成回数 : エド・デラハンティ(*)、タイ・カッブ、ロジャース・ホーンスビーらの3回

(NAの記録も含む場合はロス・バーンズの4回が最多)

  • 個人シーズン連続達成記録 : エド・デラハンティ(*)、ジェシー・バーケット(*)、タイ・カッブ、ロジャース・ホーンスビーらの2年連続

(NAの記録も含む場合はロス・バーンズの3年連続が最高)

韓国プロ野球

【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】

1 | 白仁天 | MBC青龍 | 右 | .412 | 1982年

台湾プロ野球

【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成年】
【達成回数】

1 | 王柏融 | Lamigoモンキーズ | 左 | .414 | 2016年 | 
2 | 王柏融 | Lamigoモンキーズ | 左 | .407 | 2017年 | 2回目
3 | 蒋智賢 | 中信兄弟エレファンツ | 左 | .402 | 2016年 | 
4 | 林泓育 | Lamigoモンキーズ | 右 | .400 | 2016年 | 

キューバリーグ(木製バット導入以降)

【順位】
【名前】
【所属】
【打席】
【打率】
【達成シーズン】
【達成回数】

1 | オスマニー・ウルティア | レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス | 右 | .469 | 2003-04 | 4回目
2 | ホセ・アブレイユ | エレファンテス・デ・シエンフエーゴス | 右 | .453 | 2010-11 | 
3 | ミチェル・エンリケス | トロンヘロス・デ・イスラ・デ・ラ・フベントゥ | 右 | .447 | 2005-06 | 
4 | オスマニー・ウルティア | レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス | 右 | .431 | 2000-01 | 1回目
5 | オスマニー・ウルティア | レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス | 右 | .425 | 2005-06 | 5回目
6 | オスマニー・ウルティア | レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス | 右 | .421 | 2002-03 | 3回目
7 | オスマニー・ウルティア | レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス | 右 | .408 | 2001-02 | 2回目
8 | アルフレド・デスパイネ | アラサネス・デ・グランマ | 右 | .404 | 2009-10 | 
9 | ノルリス・コンセプシオン | レニャドレス・デ・ラス・トゥーナス | 右 | .402 | 2001-02 | 
10 | ミチェル・エンリケス | トロンヘロス・デ・イスラ・デ・ラ・フベントゥ | 右 | .401 | 2008-09 | 1回目
11 | ミチェル・エンリケス | トロンヘロス・デ・イスラ・デ・ラ・フベントゥ | 右 | .401 | 2010-11 | 2回目

関連項目

脚注

  1. ^ 選手成績 (PDF) - BASEBALL FIRST LEAGUE
  2. ^ “<ドラフト>楽天5位・田中耀飛外野手(兵庫ブルーサンダーズ)飛距離が持ち味”. 河北新報. (2017年10月27日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171027_14035.html 2017年10月28日閲覧。
  3. ^ 森岡浩 『プロ野球人名事典 1995』(紀伊國屋書店、1995年)122頁。
  4. ^ スティーヴン・ジェイ・グールド 『フルハウス 生命の全容―四割打者の絶滅と進化の逆説』 早川書房
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/20 05:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「4割打者」の意味を投稿しよう
「4割打者」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

4割打者スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「4割打者」のスレッドを作成する
4割打者の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail