このキーワード
友達に教える
URLをコピー

5時に夢中とは?

(5時に夢中から転送)
 | この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

5時に夢中!』(ごじにむちゅう!)は、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で生放送されている情報番組である。当項では、本編(月から金曜)のほか、週末に放送されていたスピンオフ編の番組2編についても詳述する。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 番組の沿革
  • 2 放送時間の推移
  • 3 ネット局
  • 4 MC
    • 4.1 現在のMC
    • 4.2 過去のMC
    • 4.3 歴代MC
  • 5 コメンテーター
    • 5.1 現在のコメンテーター
    • 5.2 過去のコメンテーター
    • 5.3 歴代のコメンテーター
  • 6 黒船特派員
    • 6.1 現在の出演者
    • 6.2 過去の出演者
      • 6.2.1 変遷
  • 7 夢中ボーイズ( - 2006年3月)
  • 8 VIPゲスト
  • 9 番組コーナー
    • 9.1 現在放送中の毎日行われているコーナー
    • 9.2 現在放送中の各曜日コーナー
    • 9.3 終了したコーナー
  • 10 タイムテーブル
  • 11 特別番組
  • 12 姉妹番組
    • 12.1 5時に夢中!サタデー
    • 12.2 夢中にサンデー!
      • 12.2.1 レギュラー放送
      • 12.2.2 特番
  • 13 連載
  • 14 スタッフ
    • 14.1 過去のスタッフ
  • 15 参考文献
  • 16 脚注
    • 16.1 注釈
    • 16.2 出典
  • 17 関連項目
  • 18 外部リンク

概要

番組の大テーマは「言論の自由」。基本的にはワイドショースタイルであり、前半は当日発行の夕刊からの注目記事を紹介、後半は日替わりの各種コーナーで構成。

前番組『ゼベック・オンライン』の後を受け、2005年4月4日に『追っかけTV! 5時に夢中!』としてスタート。番組開始当初は前番組同様、東京都千代田区有楽町(読売会館・ビックカメラ有楽町店)にあったサテライトスタジオ「ゼベックスタジオ」からの公開生放送だったが、千代田区麹町に完成した「メディアセンター」ビル(東條會館との共同ビル)にMXの新スタジオ(稼動当時は「サテライトスタジオ」の扱い。後に本社がこの地に移転し「第1スタジオ」となる)が完成、現在はこのスタジオから生放送。

年末年始、春と秋の番組改編期間はそれぞれ1週間放送休止となる他、東京都議会中継などで番組を休止することもある。また、メインMCのスケジュールの関係上祝祭日の放送がなかったが、現役の教員で祝祭日の出演に比較的余裕のある柴田光太郎が担当していた2008年4月から1年間(この間に逸見太郎に交代している)は祝祭日も放送を行った。2009年4月からは番組予算の都合上再び祝祭日の放送がなくなったが、2010年ゴールデンウィーク以降、再び祝祭日も放送を行っている。また、2010年までは高校野球東西東京予選期間中も放送を休止していたが、2011年は放送を行った。このことについて、月曜日のレギュラー陣のマツコ・デラックス若林史江ギャラが他の曜日レギュラー陣と異なったため「祝日やらない帯番組なんてあるか」と文句を言った。

2006年7月1日のデジタル開局特番(後述)で初めてハイビジョンで制作され、レギュラー放送も2006年7月3日(月)放送分からハイビジョン化された。マルチ放送編成時、ワンセグでは『東京シティ競馬中継』を優先して放送するため、その時にはワンセグ放送のみ放送されなかったが、MXが2008年6月23日(月)からワンセグのマルチ編成を開始したため、ワンセグ放送での休止は解消され、現在では通常通り放送されている(その際、MXの地上デジタル放送では画角16:9のSD画質放送となるが、2014年4月1日からのHDとSDによる常時マルチ編成化に伴い常時HD画質による放送を行う)。ハイビジョン化以来アナログ放送では4:3サイドカット放送を行ってきたが、2010年7月5日(月)の放送から16:9レターボックス放送を行っている。

タイトルは、前番組の『ゼベック・オンライン』の打ち切りをもって同時間帯の生番組の廃枠が一度は決まり、各方面へのお詫び行脚も済んだ番組終了2週間前、当時より同枠番組のプロデューサーであった大川貴史(現・TOKYO MX制作局長)へ上司が「やっぱり4月からもやってくれ」と指令を受け、急遽の新番組立ち上げとなるも、企画会議で方針も見込みも立たないという状況下にとあるスタッフがため息のようにつぶやいた「…まさに、五里霧中だな」という一言をきっかけに決まったものである。

番組の沿革

放送時間の推移

本放送

再放送

ネット局

5時に夢中! ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送開始日 備考
東京都 | TOKYO MX1 | 独立協 | 月曜 - 金曜
17:00 - 17:59 | 2005年4月4日 | 製作局
群馬県 | 群馬テレビ | 2009年4月6日 | 
京都府 | KBS京都 | 月曜 - 金曜
17:00 - 17:45 | 2013年4月1日 | 
兵庫県 | サンテレビ | 月曜 - 金曜
17:00 - 17:59 | 
栃木県 | とちぎテレビ | 2017年4月3日 | 

MC

番組では、メインMC(司会)とアシスタントの総称を「MC」としている。

現在のMC

メインMC

アシスタント

過去のMC

※以下、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

メインMC

  • 徳光正行(2005年4月4日 - 2006年9月22日:初代メインMC)
  • 萩原流行(2006年10月2日 - 同年12月22日:2代目メインMC)
    • 3か月で降板(2007年12月31日放送の『大晦日も夢中』で萩原の降板を要望するクレームが読み上げられた)。
    • 2006年9月1日にゲストコメンテーターで出演。
    • 2015年4月22日に死去した際、翌日4月23日の放送でふかわと内藤による追悼コメントが読み上げられた。
  • 伊東孝明(2007年1月8日 - 同年12月28日:3代目メインMC)
    • 伊東四朗の次男。
    • 6月11日から7月20日は舞台出演のため6月22日までは木曜・金曜日のみ、6月28日以降は木曜日のみ出演。
    • 舞台出演に集中させるため降板。
    • 2006年10月13日にゲストコメンテーターとして出演しており、2008年5月16日には降板後初めてゲストとして出演。
    • 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月27日にVTR出演。
  • 柴田光太郎(2008年1月7日 - 同年12月31日:4代目メインMC)
    • 田宮二郎の長男。
    • 前任者・伊東孝明の代理MCとして出演していたことがあった。
    • 2006年11月14日(火)にゲストコメンテーターとして出演(富田たかしの代理)。
    • 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月27日にVTR出演。
  • 逸見太郎(2009年1月5日 - 2012年3月30日:5代目メインMC)
    • 逸見政孝の長男。
    • 『5時に夢中!サタデー』のメインMCも務めた。
    • なお2011年5月〜11月の半年間、当番組とサタデーに加え『これからはパ・リーグだ!』(日曜放送)のMCをしており、3番組全てが生放送番組であったため、夏休み期間中を除き逸見は毎日MXに来局している状態だった。
    • MC就任前の2008年9月12日にゲストコメンテーターとして出演。MC降板後も、2013年12月25日(水)にもゲストコメンテーターとして出演(中村うさぎの代理)。
    • 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月26日にVTR出演。
  • 町亞聖(2012年4月6日 - 2014年3月28日:金曜日:6代目メインMC)
    • 番組初の女性メインMC。金曜日と『5時に夢中!サタデー』のメインMCを務める。
    • 2011年8月27日に夏休みのため欠席した逸見太郎の代理で「5時に夢中!サタデー」の代理MCを務めた。
    • 2014年3月で金曜・サタデーともに降板し、4月以降MXでは『週末めとろポリシャン♪』のMCとなるため、舞台が金曜夕方から金曜昼(→土曜午前)になる。

アシスタント

  • 西尾祐里(2005年4月4日 - 2006年3月24日:月曜 - 金曜日:初代アシスタント)
    • 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月29日にゲスト出演。
  • 坂本知子(2006年4月7日 - 2008年3月7日:金曜日) - 当時TOKYO MXアナウンサー
    • 担当番組である『TOKYO MX NEWS』の担当日変更に伴い降板(後に同局を退社)。コーナー等のタイトルコールを担当。降板に伴い2008年3月31日から谷山雄二朗が担当。
    • 2008年大晦日スペシャルに「名誉解説委員」として出演。
  • 上田万由子(2006年4月3日 - 2009年7月24日:月曜 - 木曜日) - 当時TOKYO MX・TOKYO FMアナウンサー
    • 坂本知子の降板に伴い、2008年3月10日から2008年9月26日まで金曜日も担当。
  • 田野辺実鈴(2009年7月27日 - 2010年3月31日:月曜 - 木曜日) - 当時TOKYO MXアナウンサー
    • 上田万由子の産休降板に伴い就任。2006年11月に上田アナ欠席の際の代理アシスタントを務めた。担当番組異動に伴い8か月で降板。
  • 相沢礼子(2008年9月8日 - 9月19日、2008年10月3日 -2010年9月24日:金曜日)地元群馬県伊勢崎市出身。
    • 上田万由子の新婚旅行等による欠席の際のアシスタントを務め、その後 2008年10月から金曜アシスタント。2009年10月から「とっておきやに夢中!」コーナーの進行役も担当。
  • 内藤聡子(2010年4月1日 - 2016年3月31日:月曜日 - 木曜日)
    • 三桂所属のフリーアナウンサー。
    • 2015年8月21日にミッツ・マングローブの夏休みの際の代理アシスタント。
    • 2016年3月31日新宿スタジオアルタでの生放送「出張5時に夢中! in新宿スタジオアルタ Final ~内藤聡子卒業SP~」をもって降板。
    • 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月26日にゲスト出演。


代理MC

  • ブラザー・トム(2006年11月16日:木曜日)
    • 萩原流行のロケによる欠席の際の代理MC。
    • 2015年3月25日にゲストコメンテータとして登場。
  • ルー大柴(2006年11月17日:金曜日)
    • 萩原流行のロケによる欠席の際の代理MC。
    • 後述のとおり、現在ゲストコメンテーターとして最多出演(7回)している。
  • 柴田光太郎(2007年6月11日から7月17日までの月曜・火曜日)
    • 伊東孝明の舞台出演による欠席の際の代理MC。
  • 松風雅也(2007年6月13日から7月18日までの水曜日と6月29日から7月20日の金曜日)
    • 伊東孝明の舞台出演による欠席の際の代理MC。
    • 2006年12月15日にゲストコメンテーターとして出演。
  • 吉田照美(2011年8月22日:月曜日)
    • 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。
    • 2010年7月9日にゲストコメンテーターとして出演。
  • 北野誠(2011年8月23日:火曜日)
    • 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。
    • 2010年6月18日(金)・9月3日(金)・2011年7月28日(中瀬ゆかりの代理)にゲストコメンテーターとして出演。
  • 枡野浩一(2011年8月24日・2012年9月12日:水曜日)
    • 2011年8月24日は逸見太郎、2012年9月12日はふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2013年8月21日(中村うさぎの代理)にゲストコメンテーターとして出演。
  • 松尾雄治(2011年8月25日:木曜日)
    • 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。
    • 2010年11月19日(金)と2011年9月22日(中瀬ゆかりの代理)と2012年5月22日(北斗晶の代理)にゲストコメンテーターとして出演。
  • 杉山ハリー(2011年8月26日:金曜日)
    • 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。
    • 当時、金曜日の黒船特派員を務めていた。
  • マイケル富岡(2012年9月10日:月曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2012年7月20日(金)にゲストコメンテーターとして出演。
  • 岡本夏生(2012年9月11日:火曜日、2013年9月19日:木曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 当時、火曜日のレギュラーコメンテーターを務めていた。
    • 2012年については、当初(2012年8月10日のプレスリリース時点)は黒田勇樹が代理MCを務める予定と発表されていたが、実際には岡本が代理MCとなり、黒田は岡本の代理ゲストコメンテーターとして出演した。
  • 阿曽山大噴火(2012年9月13日:木曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2012年4月6日・5月11日・6月15日(いずれも金)にゲストコメンテーターとして出演。2013年12月4日(水)には中村うさぎの代理ゲストコメンテーターとして出演。
  • 篠山輝信(2013年8月30日:金曜日、2013年9月17日:火曜日)
    • 8月30日は町亞聖、9月17日はふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 代理ではあるが、逸見以来久々の2世タレントMCである(篠山紀信南沙織の間に生まれた)。
    • 2013年3月1日(金)に、フィフィと共にゲストコメンテーターとして出演。
  • 堀潤(2013年9月16日:月曜日、2016年9月30日:金曜日)
  • 山路徹(2013年9月18日:水曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2013年9月まで水曜コーナー「女ゴコロを知ってるつもり?!」のゲスト講師として度々出演。10月以降は『ニッポン・ダンディ』のレギュラーとなったため出演していない。
  • 中山秀征(2014年5月19日:月曜日)
    • ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。
  • 坪倉由幸(我が家)(2014年5月20日:火曜日)
    • ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。
  • 土屋礼央(RAG FAIR)(2014年5月21日:水曜日)
    • ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。
    • 当時、『F.C. TOKYO魂!』のMCを務めていた。
  • ゴルゴ松本(TIM)(2014年5月22日:木曜日)
    • ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。
    • 2013年5月16日(木)に中瀬ゆかりの代理ゲストコメンテーターとして出演。
    • 当時、『バラいろダンディ』の火曜ダンディを務めていた。
  • コカドケンタロウ(ロッチ)(2014年5月23日:金曜日)
    • ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。
  • 生島ヒロシ(2014年10月6日:月曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2013年11月13日・2014年1月29日(いずれも水)に中村うさぎの代理ゲストコメンテーターとして出演。
  • ミッツ・マングローブ(2014年10月7日・2016年9月27日:火曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 当時、金曜日のアシスタントを務めていた。
  • 杉村太蔵(2014年10月8日:水曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2014年1月8日(水)に中村うさぎの代理ゲストコメンテーターとして出演。
  • 長谷川豊(2014年10月9日・2016年9月29日:木曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2014年9月23日(火・祝)に「ゴジムコミュニケーション道場」の講師として出演。
    • 当時、『バラいろダンディ』のMCを務めていた(2014年当時は月 - 水曜、2016年当時はこれに加え木曜も担当)。
  • JOY(2014年10月10日:金曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2014年4月25日(金)にゲストコメンテーターとして出演。
  • マリア・テレサ・ガウ(2015年9月7日:月曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 当時、月曜日の黒船特派員を務めていた。
  • 鈴木淳也(鈴木淳也総合法律事務所)(2015年9月8日:火曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
  • 吉田たかよし(2015年9月9日:水曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2014年9月24日・2015年1月7日(いずれも水)にゲストコメンテーターとして出演。
  • おかざきなな(2015年9月10日:木曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2013年以降度々ゲスト出演しており、前週9月3日の「追跡!ベスト8」で、おかざきのMC練習風景が紹介された。
  • 遠藤章造(ココリコ)(2015年9月11日:金曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 大川プロデューサーと、大川が担当する『淳と隆の週刊リテラシー』(後の『週刊リテラシー』)に出演の田村(後述)と3人で親交があるとのことで出演。ただし過去に当番組のゲスト出演経験が全くなく、ふかわの急病時を除けば異例のケース。
  • 諸星和己(2016年9月23日・2018年8月11日:金曜日、2017年9月27日:水曜日)
    • ふかわりょう、原田龍二の夏休みの際の代理MC。
    • 2011年9月16日・2015年6月19日・2017年3月24日・2018年1月5日・5月4日・18日(いずれも金)、にゲストコメンテーターとして出演。
  • 小堺翔太(2016年9月26日:月曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 小堺一機の長男であり、篠山輝信以来3年ぶりとなる2世タレントMCである。
    • 2016年7月8日(金)にゲストコメンテーターとして出演。
  • 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)(2016年9月28日:水曜日、2017年9月28日:木曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • 2016年出演当時、直前の9月24日に『週刊リテラシー』が終了していた。後にその後継番組(同年10月1日放送開始)である『田村淳の訊きたい放題』MCを務めていた。
  • 中井美穂(2017年9月25日:月曜日)
  • 田中みな実(2017年9月26日:火曜日)
    • ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。
    • ひるキュン!』のMCを務めている。

代理アシスタント
内藤の年1回の夏休み時の代理アシスタントは、2014年までは内藤が所属する三桂所属のフリーアナウンサーが担当していたが、2015年は三桂以外のアナウンサーも担当する。

出典:wikipedia
2019/02/24 12:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「5時に夢中」の意味を投稿しよう
「5時に夢中」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

5時に夢中スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「5時に夢中」のスレッドを作成する
5時に夢中の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail