このキーワード
友達に教える
URLをコピー

6世紀とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年6月)
千年紀: 1千年紀
世紀: 5世紀 - 6世紀 - 7世紀
十年紀: 500年代 510年代 520年代 530年代 540年代
550年代 560年代 570年代 580年代 590年代
地中海の再統一。画像はラヴェンナサン・ヴィターレ聖堂の東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世と随臣のモザイク。
サーサーン朝の栄光。画像はホスロー1世を描いたサーサーン朝時代の大皿で、パリのフランス国立図書館メダル陳列室(コイン・メダル博物館)所蔵のもの。
無明時代のアラビア語詩人たち。イスラム教勃興直前のこの時代にアラビアでは優れた詩人たちが活躍した。画像はその代表的な詩人アンタラ・イブン・シャッダードの細密画で、勇猛な戦士の姿で描いている。
前期チャールキヤ朝。デカン地方から南インドに展開した王朝で都はバーダーミにあった。画像はキールティヴァルマン1世の弟マンガレーシャにより建立されたバーダーミのヒンドゥー教石窟寺院第3窟でヴィシュヌ神の像が安置されている。
禅宗の祖師達磨。仏教の保護者として有名な梁の武帝との問答でも知られるが、経歴に不明な点も多い。画像は雪舟等楊の「慧可断臂図」(愛知県常滑市斉年寺蔵)。
六朝の都建康。現在の南京であるこの地は中国南朝の歴代の都となり、貴族による文化が花開いた。画像は南京にある梁の武帝の異母弟蕭恢の墓を守る辟邪の石刻。
文帝。南北朝時代を終わらせて300余年ぶりに中国を統一し、「開皇の治」と呼ばれる安定期をもたらした。
関東の人物埴輪。6世紀に畿内での埴輪作成は減少するが、関東では最盛期を迎える。画像は「国宝武装男子立像(群馬県太田市出土)」で東京国立博物館蔵となっている。
モチェ文化。ペルー北部海岸地帯に成立した文化で、紀元前1世紀から紀元後7世紀まで続くが、6世紀半ば以降には急速に衰退した。画像はトルヒーヨ近郊にある「太陽のワカ、月のワカ」の神殿基壇部レリーフに極彩色で描かれた最高神アイアパエクの像。
東ゴート王国の盛衰。オドアケルを倒した東ゴート王テオドリックのもとイタリアはつかの間の平和を享受した。やがてこの国は6世紀半ばには東ローマ帝国の膝下に屈服することになる。画像はラヴェンナにあるテオドリック廟
ロッサーノの福音書』。古代末期の混乱で散逸した写本は数知れないが、この福音書は『ウィーン創世記』や『シノペの福音書』と並び現存するこの世紀に造られた数少ない写本で、「コデックス・プルプレウス」という紫染めの羊皮紙を用いた豪華なものである。
エジプトのコプト正教会。歴代東ローマ皇帝の妥協にもかかわらず、エジプトでは単性論とも呼ばれる非カルケドン派が主流派であり、この時期には帝国からの分離傾向が強まった。画像は6世紀に作られたコプト織でエジプトで熱心に崇敬された「神の母(テオトコス)」がデザインされている。
ベイト・アルファ遺跡。現在のイスラエル北部にあるユダヤ教のシナゴーグの遺跡。画像は東ローマ帝国支配の時代に作られた床面のモザイク画で黄道帯(ゾディアック)の輪が十二宮の象徴を伴って描かれている。

6世紀(ろくせいき)とは、西暦501年から西暦600年までの100年間を指す世紀

目次

  • 1 できごと
    • 1.1 500年代
    • 1.2 510年代
    • 1.3 520年代
    • 1.4 530年代
    • 1.5 540年代
    • 1.6 550年代
    • 1.7 560年代
    • 1.8 570年代
    • 1.9 580年代
    • 1.10 590年代
    • 1.11 600年代
  • 2 伝説・フィクションのできごと
  • 3 時代の動向
    • 3.1 東アジア
      • 3.1.1 大陸
      • 3.1.2 朝鮮半島
      • 3.1.3 日本
    • 3.2 西アジア
    • 3.3 南アジア
    • 3.4 東南アジア
    • 3.5 ヨーロッパ
  • 4 人物
    • 4.1 地中海世界とヨーロッパ
      • 4.1.1 イタリア(東ゴート王国からランゴバルド王国まで)
      • 4.1.2 フランク王国
      • 4.1.3 イングランド・アイルランド
      • 4.1.4 西ゴート王国
      • 4.1.5 東ローマ帝国
    • 4.2 西アジア
    • 4.3 中央アジア
    • 4.4 南アジア
    • 4.5 東アジア
      • 4.5.1 南朝
      • 4.5.2 北朝
      • 4.5.3 隋
      • 4.5.4 朝鮮
      • 4.5.5 日本
  • 5 脚注
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

できごと

500年代

詳細は「500年代」を参照

510年代

詳細は「510年代」を参照

520年代

詳細は「520年代」を参照

530年代

詳細は「530年代」を参照

540年代

詳細は「540年代」を参照

550年代

詳細は「550年代」を参照

560年代

詳細は「560年代」を参照

570年代

詳細は「570年代」を参照

580年代

詳細は「580年代」を参照

590年代

詳細は「590年代」を参照

600年代

詳細は「600年代」を参照

伝説・フィクションのできごと

時代の動向

東アジア

大陸

華北を統一していた北朝北魏の政権中枢が前世紀末に南遷し漢化政策を推し進めた結果、モンゴル高原から南下する柔然の侵攻からの国土防衛を担っていた六つの軍事駐屯地、すなわちの軍隊が著しい地位低下に見舞われ不満を募らせた末に反乱を起こす(六鎮の乱)。戦乱の末に北魏は東西に分裂し、懐朔鎮出身の高歓率いる六鎮の主力と山東系の漢人貴族が結びついて北魏皇族を戴く東魏と、武川鎮出身の宇文泰率いる武川鎮軍閥関中に拠って北魏皇族を戴く西魏が成立する。やがて東魏では高氏、西魏では宇文氏が皇位に登り北斉北周が成立する。当初の劣勢を跳ね返した北周が北斉を下して華北を再統一するが、北周政府の実権を掌握したやはり武川鎮軍閥軍閥出身の楊氏(普六茹氏)への禅譲が行われてが成立し、この政権のもとで柔然に代わって北方から圧力をかけてくる突厥に内部離間を誘って東西分裂により弱体化させることに成功するとともに南朝のが征服され、西晋滅亡以来の南北朝統一が成る。

朝鮮半島

日本

日本では古墳時代後期にあたる。ただし、泊瀬部大王(後の崇峻天皇)が暗殺され異母姉の額田部皇女(後の推古天皇)が立てられた崇峻天皇5年(592年)以降、または厩戸王(後の聖徳太子)が摂政になった推古天皇元年(593年)以降は、飛鳥時代に区分される場合もある。

西アジア

南アジア

東南アジア

ヨーロッパ

人物

地中海世界とヨーロッパ

イタリア(東ゴート王国からランゴバルド王国まで)

フランク王国

2010Happy Mail