このキーワード
友達に教える
URLをコピー

AKB48グループとは?

移動先: 案内検索
 | この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
AKB48グループ

【出身地】
アジア
日本
インドネシア
タイ
台湾
フィリピン
インド
【ジャンル】
J-POP
【活動期間】
2008年 -
【レーベル】
下記参照
【事務所】
AKS ほか
(運営と所属を参照)
【共同作業者】
AKB48
SKE48
SDN48
NMB48
HKT48
NGT48
STU48
JKT48
BNK48
TPE48
MNL48
MUM48
秋元康
窪田康志
松村匠
戸賀崎智信
【】

【メンバー】
下記参照
【】

【旧メンバー】
下記参照

AKB48グループ(エーケービーフォーティーエイトグループ、AKB48 Group)とは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループAKB48とその姉妹グループから形成されるアイドルプロジェクト、ブランドであり、それらのグループの総称である。

同義の呼称・表記としてAKBグループ(エーケービーグループ)、48グループ(フォーティーエイトグループ)がある。さらに省略してAKB48GAKBG48G、単に48と表記されることもある。

なお、「AKB48グループ」と「AKB48」という名称は厳密に使い分けられているわけではなく、「AKB48」名義の活動や作品であっても姉妹グループのメンバーが参加することで、実質上は「AKB48グループ」としての活動や作品となっている場合もある。

目次

  • 1 概要
  • 2 構成グループ
    • 2.1 定義
    • 2.2 関連グループ
      • 2.2.1 番組企画ユニット
    • 2.3 AKB48グループではないもの
  • 3 歴史
  • 4 特徴
    • 4.1 運営と所属
    • 4.2 選抜メンバー
    • 4.3 各グループの特徴
  • 5 グループ体制
    • 5.1 メンバー一覧
      • 5.1.1 人数
    • 5.2 チーム
    • 5.3 研究生
    • 5.4 キャプテン・リーダー
    • 5.5 AKB48グループ総監督
    • 5.6 AKB48グループ研究生会会長
    • 5.7 派生ユニット
    • 5.8 部活動
  • 6 活動の流れ
    • 6.1 オーディション
    • 6.2 卒業
  • 7 移籍と兼任
    • 7.1 移籍メンバーの一覧
    • 7.2 兼任メンバーの一覧
  • 8 坂道シリーズとの関係
  • 9 作品
  • 10 出演・活動
    • 10.1 主なイベント
    • 10.2 活動
    • 10.3 媒体
  • 11 スタッフ
    • 11.1 主なスタッフ
    • 11.2 過去のスタッフ
  • 12 脚注
    • 12.1 注釈
    • 12.2 出典
  • 13 外部リンク

概要

AKB48には「会いに行けるアイドル」という基本コンセプトがあり、そのコンセプトを踏襲した姉妹グループによってAKB48グループが形成される。それぞれのグループが専用ないし共同の常設劇場を有し、劇場公演を実施しており、各地での握手会や写真会などを頻繁に行っている点が共通している。AKB48グループは、日本国内外の各地域を拠点としたアイドルグループであり、ローカルアイドルの側面を持つ。AKB48の全国展開は、秋元の全国の人にも「会いに行けるアイドル」を体験してもらおうというアイデアから生まれたとされ、東京まで足を運ぶのが困難な地方在住者でも、近くの劇場に行くことができるというねらいがある。AKB48グループの各グループ名は、拠点とする都市名や地域名をラテン文字表記に変換し、そこから3文字を大文字で抽出し、その後に「48」を付けたものとなる。

AKB48グループは日本だけではなく、アジア諸国にもいくつかのグループが存在する。日本国外のグループについては、AKB48のフォーマットを「日本」のまま輸出することで、日本的な文化であるアイドルが受けて、クールジャパン戦略の一環となる。日本国外のグループに関して、日本ではもっぱら「海外姉妹グループ」と称される。

2018年2月18日時点で、AKB48グループには日本国内だけで324人、日本国内外すべて合わせて411人のメンバーが所属している(詳細は後述)。

AKB48グループには、おニャン子クラブから定着・一般化したアイドルグループの脱退を意味する「卒業」の仕組みがある。秋元はAKB48とは途中経過であり、次の夢へのステップの場所であるとしている。卒業者が出たとしても、新メンバーを募集するオーディションも適宜開催しているため、このような構造がフォーマットとして構築され、グループの持続が可能となる。

「AKB48グループ」という呼称については、AKB48初の姉妹グループ・SKE48が結成された当初より使用されていたわけではない。コンサートのタイトルとして「AKB48グループ」が初めて使用されたのは、2011年5月24日 - 6月12日に開催された『見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』であり、「AKB48グループ」の使用は2011年頃から増加していき、2013年4月頃より急増している。

構成グループ

【グループ】
【活動期間】
【活動拠点】
【グループカラー】
【備考】

【現在】

AKB48 | 2005年12月 - |  日本 | 東京秋葉原 | ピンク | 
SKE48 | 2008年8月 - | 名古屋市 | オレンジ | 
NMB48 | 2010年10月 - | 大阪市難波 | ヒョウ柄 | 
HKT48 | 2011年10月 - | 福岡市(博多) |  | 
NGT48 | 2015年8月 - | 新潟市 | 白と 赤 | 
STU48 | 2017年3月 - | 瀬戸内7県 | 水色と白のボーダー(背景) | 
青(文字)
JKT48 | 2011年11月 - | インドネシア | ジャカルタ |  | 
BNK48 | 2017年2月 - |  タイ | バンコク | 蘭の色 | 
【活動開始予定】

TPE48 | 2018年2月(予定) - | 台湾 | 台北 | マンゴーの色
(グラデーション) | 
MNL48 | 2018年(予定) - |  フィリピン | マニラ |  | 
(未定) |  |  中国 | 上海 |  | 
MUM48 | 2018年(予定) - |  インド | ムンバイ | 黄緑 | 
【過去】

SDN48 | 2009年8月 - 2012年3月 |  日本 | (東京・秋葉原) | シルバー | 

AKB48グループの位置

AKB48
SKE48
NMB48
HKT48
NGT48
STU48
AKB48グループの位置(日本)
AKB48
JKT48
BNK48
MNL48
TPE48
MUM48
AKB48グループの位置(アジア)

定義

「AKB48グループ」といっても、その場面や受け手によって使い方・解釈はさまざまであり、以下のようなものがある。

  1. AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・NGT48・STU48・JKT48・BNK48、活動を終了したSDN48、運営の見直しが行われるまでのSNH48、および活動開始前のTPE48・MNL48・MUM48。これが通常「AKB48グループ」を意味する場合の最大範囲である。
  2. 上記のうち、日本国外のグループを除いたもの(日本国内と日本国外のグループでは活動がしばしば分割されるため)。「AKB48グループ」としてのコンサートや選抜総選挙じゃんけん大会のような大規模なイベントは、日本国内のグループだけで行われることがほとんどであり、もっとも一般的な使い方・解釈である。
  3. 1に加えて派生ユニットやメンバーのソロ活動を意図的に含めたもの。
  4. 1に加えて契約違反による運営見直しが発表されたSNH48を含めたもの。
  5. 1 - 4のいずれかに坂道シリーズ(乃木坂46欅坂46、活動開始前の吉本坂46の総称)を含めたもの。これは広義的な解釈によるものである。詳細は後述

関連グループ

OJS48(オージェイエス フォーティーエイト)
「OJS」はおじさん(OJiSan)の略であり、元刑事や元警察官の男性16名によって構成されるユニットである。秋元康プロデュースにより、2010年10月13日にビクターエンタテインメントからシングル「深呼吸」を発売した。以降はAKB48グループのイベントや握手会の警備を担当している。
  • 大治一雄、畑原香苗、丸尾保之、水船進、吉川昇一、山田賢治、杉谷博、瀬古安秀、江口幸徳、高木勇伸、田口康行、松本幹夫、村部光義、清水親、坪内信行、中谷満男

番組企画ユニット

以下はテレビ番組『めちゃイケてるッ!』で誕生したユニットであり、いずれもAKB48メンバーが参加している。

OKL48
「OKL」はオカレモン(OKaLemon)の略であり、AKB48メンバーとオカレモン(岡村隆史)で構成される。
BKA48
番組内企画「抜き打ち期末テスト」下位7名(バカ7)によるユニットであり、「BKA」はバカ(BaKA)の略である。
AKB48のグループ構成#OKL48」および「AKB48のグループ構成#BKA48」も参照

AKB48グループではないもの

上記の「関連グループ」を除き、AKB48グループでないものとして以下のようなものがある。

坂道シリーズ
乃木坂46は、AKB48の「公式ライバルグループ」として秋元康プロデュースにより結成された。関連グループの欅坂46結成に際し、「坂道シリーズ」の総称が使用されるようになった。詳細は後述
SNH48グループ
  • SNH48 - 中国上海で2012年10月にAKB48の姉妹グループとして秋元康プロデュースにより結成されたが、2016年6月に運営の見直しを発表してからは関係を解消し、AKB48グループとして扱われることはなくなった。
  • BEJ48GNZ48など - これら2グループに関してはAKSにより無関係であることが公式に報告されている。SNH48と異なり、これらに関しては秋元康プロデュースであった時期はない。その後、SHY48CKG48が結成されている。
=LOVE
HKT48の指原莉乃がプロデュースするアイドルユニット。AKB48グループの番組にメインとして出演することがある。
その他
下記はAKB48の名称を真似ただけで、グループ関係者も関わっていない。
  • TKB48
  1. 早稲田大学の学生が結成したダンスグループ。「TKB」は「高田馬場」の略。
  2. GMOとくとくBBが2011年4月1日に行ったエイプリルフール企画。
  • TSM48 - としまえんのポスター企画であり、「豊島」と「年増」を掛けている。
  • LSG48 - 吉本興業の女性芸人ユニット。「LSG」は「ライブスタンドガールズ」の略。
  • FKD48 - K-PROが主催するお笑いライブを行うユニット「FKDZ」の旧名。「FKD」は「吹きだまり」の略。
  • OFR48 - 入浴施設の女性スタッフによるユニット。「OFR」は「お風呂」の略。
  • SBK48 - キンタロー。が主宰する女性芸人(松竹芸能所属)によるユニット。「松竹ブサイク48」の略。

歴史

AKB48#略史」、「AKB48の歴史」、「SKE48#略歴」、「NMB48#略歴」、「HKT48#略歴」、「NGT48#略歴」、「STU48#略歴」、「JKT48#略歴」、「BNK48#略歴」、「TPE48#略歴」、および「SNH48#略歴」も参照

AKB48グループの推移

AKB48

2005年12月8日、のちにAKB48グループの軸となる女性アイドルグループ・AKB48が秋元康のプロデュースにより誕生した。それから3年後の2008年、AKB48の全国進出第1弾として初の姉妹グループとなるSKE48が名古屋市・栄に結成される。2009年には毎週土曜日の夜 (SaturDay Night) に劇場公演を行う、20歳以上のメンバーによるSDN48が結成されるが、2012年3月31日にメンバー全員が卒業し、AKB48グループでは唯一、消滅したグループとなった。2010年10月、NMB48が大阪市・難波に結成される。2011年10月、HKT48が福岡市(グループ名は「博多」に由来)に結成される。同年11月には日本国外初となる姉妹グループ・JKT48がインドネシア・ジャカルタに結成された。

NMB48
JKT48

2012年10月、SNH48が中国・上海に結成される。結成から4年後の2016年6月9日、SNH48の現地における運営サイドの契約違反を理由に、運営の見直し等を図る必要があるとして、AKB48公式サイト上に掲載されていた同グループに関するバナーや広告を削除したことを発表。

2013年5月より、日本国内各グループのチケットセンターを統合したチケッティングサイト『AKB48グループチケットセンター』がサービス開始される。同年11月には初のAKB48グループ合同オーディションである『AKB48グループ ドラフト会議』を開催。2015年に第2回、2018年に第3回が開催された。

札幌市を拠点とする新グループ「SPR48」については、2013年夏のAKB48グループの札幌ドーム公演時から構想があり、2014年9月には2015年春の発足が秋元によって言及され、各媒体で報道もなされたが、現在までにグループの立ち上げには至っていない。

2010年以降毎年行われていた『AKB48シングル選抜じゃんけん大会』は、2014年からはAKB48のシングル選抜を決めるものではなくなり、優勝者のソロデビューに特典が変更されたことにより、『AKB48グループじゃんけん大会』を称するようになった。2014年2月24日に『AKB48グループ 大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜』が開催され、初めてAKB48グループ全体における大規模なチーム再編が行われた。また同年4月より、AKB48グループの12チーム対抗で『AKB48グループ ペナントレース』が開始するが、ルールの複雑さやチームごとの公演回数の差が大きいことなどから同年9月23日をもって中止となった。同年5月16日には日本国内各グループのネットショップを統合したECサイト『AKB48グループショップ』が開設された。

BNK48

2015年8月には3年ぶりとなる新グループ・NGT48が新潟市に結成される。2017年2月にはBNK48がタイ・バンコクで結成され、同年に初めて広域の瀬戸内地方7県を拠点としたグループ・STU48が結成される。

また2018年以降にTPE48(台湾・台北)、MNL48(フィリピン・マニラ)、中国・上海を拠点とした新グループ(グループ名未定)、およびMUM48(インド・ムンバイ)が結成される予定である。さらに、韓国のオーディション番組『PRODUCE 101』とAKB48グループのノウハウを融合させたアイドルプロジェクト『PRODUCE48』が2018年に開始する予定である。

特徴

AKB48」、「SKE48#特徴」、「NMB48#特徴」、「HKT48#概要」、「NGT48#特徴」、「STU48#概要」、「JKT48#概要」、および「SDN48#概要」も参照

運営と所属

AKB48グループとしての活動は、運営会社が異なるグループも含めてAKSが運営管理を統括している。運営会社および所属事務所は、AKB48・SKE48・HKT48・NGT48の4グループがAKS、NMB48がShowtitle、STU48がSTU、JKT48がJKT48 Operation Team / JKT48 Project、BNK48がBNK48 Office、TPE48がTPE Entertainment、MNL48がHallohalloとなっている。

メンバー各人の所属事務所については、SDN48を除き、オーディションにおいて芸能事務所と契約していないことを条件としているため、グループ加入時にそれぞれのグループの運営会社の所属となるが、在籍中にグループ外の芸能事務所からの要請により移籍する場合があり、メンバーごとに所属事務所は異なる。

AKB48グループの所属先比較
【グループ】
運営会社
所属事務所 【レコード会社・レーベル】
【劇場】

AKB48 | AKS | You, Be Cool!/キングレコード | AKB48劇場
(ドン・キホーテ秋葉原店 8階)
SKE48 | AKS | avex trax
(エイベックス・エンタテインメント) | SKE48劇場
(サンシャイン栄 2階)
SDN48 | AKS | ユニバーサル ミュージック | AKB48劇場
NMB48 | Showtitle | laugh out loud! records
(よしもとミュージックエンタテインメント)
 | NMB48劇場
(YES・NAMBAビル B1階)
HKT48 | AKS | EMI RECORDS
(ユニバーサル ミュージック) | 西鉄ホール
(ソラリアステージ 6階)
パピヨン24ガスホール
(西部ガス本社ビル 2階)
スカラエスパシオ
NGT48 | AKS | アリオラジャパン
(ソニー・ミュージックレーベルズ) | NGT48劇場
(LoveLa2 4階)
STU48 | STU | You, Be Cool!/キングレコード | 
JKT48 | JKT48 Operation Team
JKT48 Project | HITS Records | JKT48劇場
(fxモール スディルマン 4階)
BNK48 | BNK48 Office | BNK48 Office | BNK48ザ・キャンパス
(ザ・モール バンカピ 4階)
(2018年2月開設予定)
TPE48 | TPE Entertainment
(熙曜娛樂科技股份有限公司) |  | 
MNL48 | Hallohallo Entertainment |  | 
MUM48 | Rashmi Raj Media Pvt. Ltd. |  | 

選抜メンバー

AKB48グループは大人数であるため、シングルの歌唱メンバーに代表される「選抜メンバー」の制度がある。シングル表題曲の選抜メンバーは、各グループで最少が7人、最大が36人であり、16人から20人程度の選出が多く、第4回以降のAKB48選抜総選挙や一時期のSKE48、NMB48のほか、HKT48の全期間においては16人で統一されている。

SKE48の結成以降、AKB48の選抜メンバーには、姉妹グループに所属するメンバーからも選出されている。そういった構造から、AKB48のメンバーは「AKB48」に所属しているにも関わらず、AKB48の選抜メンバーに選出される機会が少なくなっており、もはや「AKB48」のシングルではなく「AKB48グループ」のシングルであるともいわれる。またAKB48が主催する握手会などのイベントには姉妹グループのメンバーも参加しているが、その逆のパターンはない。このような構造上、AKB48を「本店」、その他のグループを「支店」と呼称することがあるほか、「総称としてのAKB48」と区別するため、イベント等では「AKB48単独」を称したり、ファンらの間では「純AKB」という呼び名も用いられている。こういった実情により、「AKB48」のファンはAKB48メンバーだけでの活動を支持する者も多く、50thシングル選抜発表後にTwitter上では「#AKB48単独シングル希望」という運動が起こった。なおAKB48単独でのシングルについて運営は「年に1度位はそういうのがあってもいいのかもしれないが、各姉妹グループの新たなファンが興味を持つきっかけになっていることを理解してほしい。(戸賀崎智信)」、「カップリングなどにはあります。ファンの声が盛り上がっていけばシングルもあり得ます!期待していて下さい。(茅野しのぶ)」と回答している。

各グループの特徴

HKT48は、2018年1月現在、劇場公演を行っているグループとしては唯一、専用劇場を有していない。

NGT48は特に地域密着や地元貢献に力が入れられており、新潟県のイベントへの積極的な参加や地元企業とのタイアップなどが活発に行われる。

STU48はAKB48グループで初めて「船上劇場」を拠点とし、そこで劇場公演をおこなっていく予定である。

日本国外のグループについては、日本のAKB48グループの楽曲の現地語でのカバーを発表しており、オリジナル楽曲は存在しない。JKT48においては2017年9月に握手会イベントで「Kami Butuh Single Original(私たちはオリジナルシングルを必要としている)」と書かれた横断幕を掲げたファンが現れ、現地でニュースにもなった。

SDN48については、他グループと異なり「恋愛禁止」はうたわれず、既婚者も在籍した20歳以上のメンバーによる「大人アイドルグループ」であり、楽曲や衣装はセクシー路線であったりして、差別化が図られていた。日本国内のAKB48グループの1つではあるが、活動期間中に選抜総選挙・じゃんけん大会のイベントに参加したことはなかった。

グループ体制

メンバー一覧

詳細は「AKB48#メンバー」、「SKE48#メンバー」、「NMB48#メンバー」、「HKT48#メンバー」、「NGT48#メンバー」、「STU48#メンバー」、「JKT48#メンバー」、「BNK48#メンバー」、「TPE48#メンバー」、および「SDN48#メンバー」を参照

現役メンバーのみ記載している。兼任メンバーは斜体で表記している。

AKB48
チームA
入山杏奈大家志津香、小嶋菜月、佐々木優佳里、白間美瑠、田北香世子、谷口めぐ中西智代梨樋渡結依宮崎美穂宮脇咲良山田菜々美横山由依
チームK
市川愛美、久保怜音、兒玉遥、篠崎彩奈、下口ひなな、田野優花中野郁海藤田奈那峯岸みなみ向井地美音武藤十夢、茂木忍、湯本亜美
チームB
柏木由紀加藤玲奈、後藤萌咲、坂口渚沙竹内美宥、達家真姫宝、西川怜、福岡聖菜馬嘉伶矢吹奈子、山邊歩夢
チーム4
岩立沙穂、大川莉央、大森美優、岡田奈々川本紗矢北川綾巴、北澤早紀、小嶋真子込山榛香、佐藤妃星、渋谷凪咲高橋朱里、千葉恵里、朝長美桜、野澤玲奈、村山彩希
チーム8
坂口渚沙、横山結衣、谷川聖、佐藤七海、早坂つむぎ、佐藤朱、岡部麟、本田仁美、清水麻璃亜、髙橋彩音、吉川七瀬、小栗有以小田えりな、佐藤栞、左伴彩佳、歌田初夏、横道侑里、服部有菜、野田陽菜乃、橋本陽菜、平野ひかる、長久玲奈、髙橋彩香、永野芹佳、太田奈緒、山田菜々美、山本瑠香、大西桃香、濵咲友菜、中野郁海、奥原妃奈子、人見古都音、奥本陽菜、下尾みう、春本ゆき、行天優莉奈、高岡薫、廣瀬なつき、吉田華恋、川原美咲、寺田美咲、倉野尾成美、山田杏華、谷口もか、下青木香鈴、宮里莉羅
研究生
浅井七海、稲垣香織、梅本和泉、黒須遥香、佐藤美波、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、田屋美咲、長友彩海、播磨七海、本間麻衣、前田彩佳、道枝咲、武藤小麟、安田叶、山内瑞葵、山根涼羽
SKE48
チームS
一色嶺奈、犬塚あさな、井上瑠夏、上村亜柚香、北川愛乃、北川綾巴、杉山愛佳、都築里佳、野島樺乃、野村実代、町音葉、松井珠理奈、松本慈子、山内鈴蘭、山田樹奈
チームKII
青木詩織、荒井優希、内山命、江籠裕奈、太田彩夏、大場美奈、小畑優奈、片岡成美、北野瑠華、白井琴望、惣田紗莉渚、高木由麻奈、髙塚夏生、高柳明音竹内彩姫日高優月古畑奈和松村香織、水野愛理、矢作有紀奈
チームE
相川暖花、浅井裕華、井田玲音名、市野成美、鎌田菜月熊崎晴香後藤楽々斉藤真木子、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里、髙畑結希、谷真理佳、福士奈央
研究生
渥美彩羽、石川咲姫、石黒友月、大芝りんか、岡田美紅、倉島杏実、坂本真凛、白雪希明、仲村和泉、野々垣美希、深井ねがい、森平莉子、和田愛菜
ドラフト研究生
大谷悠妃、上妻ほの香、中野愛理、西満里奈、平田詩奈
NMB48
チームN
東由樹、市川美織、梅山恋和、日下このみ、古賀成美、小嶋花梨、谷川愛梨、内木志、林萌々香、堀詩音、本郷柚巴、溝川実来、三田麻央、山尾梨奈、山本彩加山本彩
チームM
安藤愛璃菜、石田優美、磯加奈江、岩田桃夏、鵜野みずき、大段舞依、加藤夕夏、川上千尋、川上礼奈、渋谷凪咲白間美瑠、中野麗来、西澤瑠莉奈、安田桃寧、山田寿々、吉田朱里
チームBII
明石奈津子、石塚朱莉、井尻晏菜、植村梓、太田夢莉沖田彩華、久代梨奈、清水里香、城恵理子、上西怜、武井紗良、中川美音、水田詩織、村瀬紗英、森田彩花、矢倉楓子
HKT48
チームH
秋吉優花、宇井真白、上野遥、神志那結衣、兒玉遥、駒田京伽、坂口理子、指原莉乃田島芽瑠、田中菜津美、田中美久、豊永阿紀、松岡菜摘矢吹奈子、山田麻莉奈、山本茉央
チームKIV
運上弘菜、今田美奈、岩花詩乃、植木南央、熊沢世莉奈、下野由貴、田中優香、地頭江音々、冨吉明日香、朝長美桜、深川舞子、渕上舞、宮脇咲良村重杏奈、本村碧唯、森保まどか
チームTII
荒巻美咲、今村麻莉愛、 小田彩加、栗原紗英、堺萌香、坂本愛玲菜、清水梨央、武田智加、月足天音、外薗葉月、松岡はな、松本日向、宮﨑想乃、村川緋杏、山内祐奈、山下エミリー
NGT48
チームNIII
荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀加藤美南北原里英、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵
研究生
角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、髙橋真生、中村歩加、奈良未遥、西村菜那子、宮島亜弥
STU48
石田千穂、石田みなみ、磯貝花音、市岡愛弓、今村美月、岩田陽菜、大谷満理奈、岡田奈々、尾﨑舞美、甲斐心愛、門田桃奈、門脇実優菜、榊美優、佐野遥、塩井日奈子、新谷野々花、菅原早記、瀧野由美子、田中皓子、谷口茉妃菜、張織慧、土路生優里、兵頭葵、福田朱里、藤原あずさ、三島遥香、峯吉愛梨沙、森香穂、森下舞羽、矢野帆夏、薮下楓
JKT48
チームJ
シンディ・ハプサリ・マハラニ・プジアントロ・プトゥリ、デラ・デリラ、デフィ・キナル・プトゥリ、ドゥイ・プトゥリ・ボニタ、フェニ・フィトゥリヤンティ、ガブリエラ・マルガレット・ワラオー、メロディー・ヌランダニ・ラクサニ、ミシェル・クリスト・クスナディ、ヌルハヤティ、プリシリア・サリ・デウィ、リスカ・ファイルニッサ、サクティア・オクタピアニ、シャニア・ジュニアナタ、シンカ・ジュリアニ、ステファニー・プリシリア・インダルト・プトゥリ、シャフィラ・アンジェラ・ヌルハリザ、タリア・イファンカ・エリサベス
チームKIII
アリシア・チャンジア、アニンディタ・ラーマ・チャヒャディ、アヤナ・シャハブ、ベビー・チャエサラ・アナディラ、シンディ・ユフィア、ファヒルヤニ・シャファリヤンティ、フランシスカ・サラスワティ・プスパ・デウィ、フリスカ・アナスタシア・ラクサニ、ジェニファー・ラヘル・ナタシャ、リディア・マウリダ・ジュハンダル、マリア・ゲノフェフア・ナタリア・デシー・プルナマサリ・グナワン、ナディラ・シンディ・ワンタリ、ナタリア、ニ・マデ・アユ・ファニア・アウレリア、近野莉菜、ロナ・アングレアニ、シャニ・インディラ・ナティオ、シャニア・グラシア、シンタ・ナオミ、ソニア・ナタリア、フィフィヨナ・アプリアニ
チームT
アディスティ・ザラ、アドリアニ・エリサベス、チトラ・アユ・プラナジャヤ・ウィブラド、エリザベス・グロリア・セティアワン、イヴ・アントワネット・イヒワン、フィドリ・インマンダ・アッザフラ、ハシャキラ・ウタミ・クスマワルダニ、ジナン・サファ・サフィラ、マデ・デヴィ・ラニタ・ニンタラ、メラティ・プトゥリ・ラヘル・セシリア、メロディー・ヌランダニ・ラクサニ、プティ・ナディラ・アザリア、ルート・ダマヤンティ・シタンガン、タン・ジー・フイ・セリーヌ、フィオレタ・ブルハン
研究生
アマンダ・ドウィ・アリスタ、アユ・サフィラ・オクタフィアニ、デナ・シティ・ロヒャティ、ディアニ・アマリア・ラマダニ、ガブリェラ・マルセリナ、ラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア、サニア・ジュリア・モントラル
BNK48
チャープラン、キャンキャン、伊豆田莉奈、ジャー、ジャン、ジェーン、ジェニス、ジッブ、ゲーウ、カイムック、ケート、ゴーン、メイサー、マイ、大久保美織、モバイル、ミュージック、ナムヌン、ナムサイ、ニンク、ヌイ、オーン、ピアム、パン、プーペ、さっちゃん、ターワン
TPE48
阿部マリア
AKB48台湾研究生
張羽翎、陳詩雅、陳詩媛、邱品涵、國興瑀、林倢

人数

AKB48グループに所属する者は日本だけでも300人を超えており、その人数の多さで知られている。2013年3月にはAKB48単独ではあるが「最大のポップグループ」(88人)としてギネス世界記録に認定されている。

AKB48グループの在籍人数 (2018年2月18日現在)
【AKB48グループ】

411(417)
日本国内:324 | 日本国外:87(93)
【AKB48】
【SKE48】
【NMB48】
【HKT48】
【NGT48】
【STU48】
【JKT48】
【BNK48】
【TPE48】

107
(114) | 68 | 48 | 48 | 23
(24) | 30
(31) | 59 | 27 | 1
(7)
  • 「AKB48グループ」以下におけるかっこ内の数字はAKB48台湾研究生を含む人数。
  • 各グループ以下におけるかっこ内の数字は兼任メンバーを含む人数。またTPE48以下におけるかっこ内の数字はAKB48台湾研究生を含む人数。
AKB48グループの歴代在籍人数 (2018年2月18日現在)
【AKB48グループ】

【歴代メンバー】
858(902)
日本国内:703(747) | 日本国外:160
【AKB48】
【SKE48】
【SDN48】
【NMB48】
【HKT48】
【NGT48】
【STU48】
【JKT48】
【BNK48】
【TPE48】

【歴代メンバー】
294
 | 170
 | 46
 | 117
 | 68
 | 26
 | 33
 | 123
 | 30
 | 7

【現役メンバー】
114 | 68 | 0 | 48 | 48 | 24 | 31 | 59 | 27 | 7
【元メンバー】
180 | 102 | 46 | 69 | 20 | 2 | 2 | 64 | 3 | 0
【期間限定メンバー】
51 | -
  • かっこ内の人数は期間限定で在籍したメンバーも含む人数。
  • 便宜上、AKB48台湾研究生も含んでいる。
  • AKB48の3期生については『涙は句読点〜普通の女の子たちが国民的アイドルになるまで〜 AKB48公式10年史』「現役&卒業生パーフェクト名鑑」に記載されているメンバーのみ計上している。

チーム

AKB48グループには各グループを構成する「チーム」が存在し、正規メンバーは原則としてチームに所属しており、各チームにより劇場公演が行われている。グループはもとより、チームにもそれぞれの特性が存在するとされる。なおSDN48およびSTU48にチームは存在しない。

チーム名は、グループ名に使用されているラテン文字および数字(AKB48のみ)を1文字ずつをとって「チーム○」という形になる。AKB48グループ内でのチーム名の重複をふせぐため、既存チームと同一の文字があった場合にはチーム○の後に II(ツー), III(スリー), IV(フォー) というふうにローマ数字が付けられ、区別できるように配慮がなされる。

【グループ】
【チーム】
【発足日】

1AKB48 |  チームA | 2005年12月08日
チームK | 2006年04月01日
チームB | 2007年04月08日
チーム4 | 2011年06月06日
2013年08月24日(再結成)
チーム8 | 2014年04月03日
2SKE48 |  チームS | 2009年03月
チームKII | 2009年05月25日
チームE | 2010年12月06日
3NMB48 |  チームN | 2011年03月10日
チームM | 2012年01月26日
チームBII | 2012年10月10日
4HKT48 |  チームH | 2012年03月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/23 23:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「AKB48グループ」の意味を投稿しよう
「AKB48グループ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

AKB48グループスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「AKB48グループ」のスレッドを作成する
AKB48グループの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail