このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ARMアーキテクチャとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年3月)
ARMアーキテクチャ
【開発者】
ARMホールディングス
【ビット数】
32ビット64ビット
【発表】
1983年
【バージョン】
ARMv8
【デザイン】
RISC
【タイプ】
Register-Register
【エンコード】
Fixed
【ブランチ】
Condition code
【エンディアン】
Bi
【拡張】
NEON, Thumb, Jazelle, VFP
【レジスタ】

16(32ビット)、31(64ビット)

ARMアーキテクチャ とは、ARMホールディングスの事業部門であるARM Ltdにより設計・ライセンスされている、組み込み機器や低電力アプリケーション向けに広く用いられている、プロセッサコアのアーキテクチャである。

概要

ARMアーキテクチャは消費電力を抑える特徴を持ち、低消費電力を目標に設計されるモバイル機器において支配的となっている。本アーキテクチャの命令セットは「(基本的に)固定長の命令」「簡素な命令セット」というRISC風の特徴を有しつつ、「条件実行、定数シフト/ローテート付きオペランド、比較的豊富なアドレッシングモード」といったCISC風の特徴を併せ持つのが特徴的だが、これは初期のARMがパソコン向けに設計された際、当時の同程度の性能のチップとしてはかなり少ないゲート数(約25,000トランジスタ)で実装されたチップの多くの部分を常に活用する設計として工夫されたもので、回路の複雑さを増さないという方向性だというように見れば、CISC風の特徴というよりむしろRISC風の特徴とも言える。ともあれ以上のような設計が、初期の世代の実装において、(性能の割に)低消費電力、小さなコア、(RISCとしては)高いコード密度といった優れた特性に結びつき、広く普及する原動力となった。

2005年の時点で、ARMファミリーは32ビット組込みマイクロプロセッサ(乃至、特にマイクロコントローラ)のおよそ75%を占め、全世界で最も使用されている32ビットCPUアーキテクチャである。ARMアーキテクチャに基づくCPUコアは、PDA携帯電話メディアプレーヤー携帯型ゲーム電卓などの携帯機器から、ハードディスクルータなどのPC周辺機器まで、あらゆる電子機器に使用される。2013年現在、NECのEMMA MobileはCortex-A9をや日立系のSuperH系のSH Mobile GシリーズはARMを内蔵するなど、携帯電話では100%近いシェアがある。

携帯機器や電子機器の高性能化に伴いARMコアの出荷数は加速度的に伸びており、2008年1月の時点で100億個以上、2010年9月の時点で200億個以上が出荷されている。ARMアーキテクチャを使用したプロセッサの例としては、テキサス・インスツルメンツOMAPシリーズやマーベル・テクノロジー・グループXScaleNVIDIATegraクアルコムSnapdragonフリースケールのi.MXシリーズ、ルネサス エレクトロニクスのRZファミリ、Synergyなどがある。

既存のARMプロセッサは組み込みとクライアントシステムに特化していたため全て32ビットであるが、顧客からは電力効率に優れるARMアーキテクチャのサーバへの応用を望む声が高まり、ARM社は2011年10月27日、ARMの64ビット拡張であるARMv8アーキテクチャを発表した。

歴史

ARMの設計は、1983年エイコーン・コンピュータ(イギリス)によって開始された。当時エイコーンはモステクノロジーMOS 6502を搭載したコンピューターを製造・販売しており、小さなハードウェア規模でシンプルな命令セットを持つ、より高速なプロセッサを開発することによって、6502を置き換えることが目的であった。

開発チームは1985年までにARM1と呼ばれる開発サンプルを完成させ、最初の製品となるARM2は次の年に完成した。ARM2は32ビットのデータバス、26ビットのアドレス空間と16個の32ビットレジスタを備えていた。レジスタの1つは、上位6ビットが状態フラグを保持するプログラムカウンタである。ARM2のトランジスタ数は30000個しかなく、おそらく世界で最もシンプルな実用32ビットマイクロプロセッサであった。これは、マイクロコードを持たないこと(モトローラMC68000の場合は1/4から1/3がマイクロコードであった)と、現在のほとんどのCPUと違ってキャッシュを含まないことによるものである。このシンプルさのために消費電力は極めて低いが、それにもかかわらず80286よりも性能は高かった。後継となるARM3は、4KBのキャッシュを含みさらに性能を高めた。

1980年代後半、アップルコンピュータはエイコーンと共同で新しいARMコアの開発に取り組んだ。この作業は非常に重要視されていたため、エイコーンは1990年に開発チームをスピンオフしてAdvanced RISC Machinesという新会社を設立した。このため、ARMは本来のAcorn RISC MachineではなくAdvanced RISC Machineの略であるという説明をよく見かけることになる。Advanced RISC Machinesは、1998年ロンドン証券取引所NASDAQに上場した際、ARM Limitedとなった。

この作業の結果、ARM6が開発された。1991年に最初のモデルがリリースされ、アップルはARM6ベースのARM610をアップル・ニュートンに採用した。

これらの変化を経てもコアは大体同じサイズに収まっている。ARM2は30000個のトランジスタを使用していたが、ARM6は35000個にしか増えていない。そこにあるアイデアは、エンドユーザーがARMコアと多くのオプションのパーツを組み合わせて完全なCPUとし、それによって古い設備でも製造でき、かつ安価に高性能を得られる、というものである。

このARM6の改良版であるARM7も、ARM6を採用した製品群に引き続き採用されたほか、普及期に入りつつあった携帯電話にも広く採用されたことから、今日のARMの礎ともなった。

さらに、新世代のARMv4アーキテクチャに基いてARM7を再設計したものがARM7TDMIである。ARM7TDMIはThumb命令(後述)を実装し、低消費電力と高いコード効率を両立する利点を備えていたことから、ライセンスを受けた多くの企業によって製品化され、特に携帯電話ゲームボーイアドバンスといった民生機器に採用されたことから、莫大な数の製品に搭載された。なお、TDMIとはThumb命令、デバッグ (Debug) 回路、乗算器 (Multiplier)、ICE機能を搭載していることを意味している。しかし、これより後のコアには全てこれらの機能が標準的に搭載されるようになったため、この名称は省かれている。

DECはARMv4アーキテクチャの設計のライセンスを得てStrongARMを製造した。233MHzでStrongARMはほんの1Wの電力しか消費しない(最近のバージョンはさらに少ない)。この業績は後に訴訟の解決の一環としてインテルに移管され、インテルはこの機会を利用して古くなりつつあったi960をStrongARMで補強することにし、それ以降XScaleという名で知られる高性能の実装を開発した。

以後も、StrongARMの技術のフィードバックを受けたARM9ARM10を経て、NECとの提携などによって携帯電話向けプロセッサとしての地位を確固たるものにしたARM11をリリースする。

2005年には製品ラインナップを一新し、高機能携帯電話などのアプリケーションプロセッサ向けであるCortex-A、リアルタイム制御向けであるCortex-R組み込みシステム向けであるCortex-Mと、ターゲットごとにシリーズを分類した。なお、Cortexの末尾に付く文字は、社名であるARMの一文字ずつをそれぞれ割り当てたものである。また、2012年11月にはARM初となる64ビットアーキテクチャによるプロセッサコアであるCortex-A50シリーズを発表した。

ARMからIPコアのライセンス供与を受けている主な企業には、モトローラIBMテキサス・インスツルメンツ任天堂フィリップスAtmelシャープサムスン電子STマイクロエレクトロニクスアナログ・デバイセズパナソニッククアルコムマーベル・テクノロジー・グループなどがある。ARMチップは世界で最もよく使われているCPUデザインの一つとなっており、ハードディスク携帯電話ルータ電卓から玩具に至るまであらゆる製品の中に見ることができる。32ビット組み込みCPUで圧倒的なシェアを占め、2004年の世界シェアは61%であった。

主な採用製品

ARM6

ARM7/7E

ARM9/9E

ARM11/11E

Cortex-M3

Cortex-A8

Cortex-A9

Cortex-A15

Cortex-A57

Cortex-A72

コアの性能と採用実績

ARM社製

ファミリー アーキテクチャ コア 特徴 キャッシュ (I/D)/MMU 性能 MIPS @ MHz 採用製品
ARM1 ARMv1 | ARM1 |  | なし |  | ARM Evaluation System second processor for BBC Micro
ARM2 ARMv2 | ARM2 | MUL(乗算)命令を追加 | なし | 4 MIPS @ 8 MHz
0.33 DMIPS/MHz | Acorn Archimedes, Chessmachine
ARMv2a | ARM250 | 統合メモリコントローラ (MMU), Graphics and IO processor. SWAP命令を追加 | なし, MEMC1a | 7 MIPS @ 12 MHz | Acorn Archimedes
ARM3 ARMv2a | ARM2a | ARMとしてはじめてのキャッシュの採用 | 4K 統合 | 12 MIPS @ 25 MHz
0.50 DMIPS/MHz | Acorn Archimedes
ARM6 ARMv3 | ARM60 | 32ビットアドレス空間をサポート(それまでは26ビット) | なし | 10 MIPS @ 12 MHz | 3DO, Zarlink GPS Receiver
ARM600 | キャッシュ、コプロセッサバス (FPA10浮動小数点演算ユニット用) | 4K 統合 | 28 MIPS @ 33 MHz | 
ARM610 | キャッシュ、コプロセッサバスは無し | 4K 統合 | 17 MIPS @ 20 MHz
0.65 DMIPS/MHz | Acorn Risc PC 600, アップル・ニュートン 100シリーズ
ARM7 ARMv3 | ARM700 |  | 8KB 統合 | 40 MHz | Acorn Risc PC 試作CPUカード
ARM710 |  | 8KB 統合 | 40 MHz | Acorn Risc PC 700
ARM710a |  | 8KB 統合 | 40 MHz
0.68 DMIPS/MHz | Acorn Risc PC 700, アップル・ニュートン eMate 300
ARM7100 | Integrated SoC. | 8KB 統合 | 18 MHz | Psion Series 5
ARM7500 | Integrated SoC. | 4KB 統合 | 40 MHz | Acorn A7000
ARM7500FE | Integrated SoC. "FE"、FPA・EDOメモリコントローラを追加 | 4KB 統合 | 56 MHz
0.73 DMIPS/MHz | Acorn A7000+
ARM7TDMI v4T | ARM7TDMI(-S) | 3ステージ パイプライン | 無し | 15 MIPS @ 16.8 MHz | ゲームボーイアドバンス, ニンテンドーDS, iPod
ARM710T |  | MMU | 36 MIPS @ 40 MHz | Psion 5 series, アップル・ニュートン
ARM720T |  | 8KB 統合キャッシュ, MMU | 60 MIPS @ 59.8 MHz | 
ARM740T |  | MPU |  | 
v5TEJ | ARM7EJ-S | Jazelle DBX | なし |  | 
ARM9TDMI v4T | ARM9TDMI | 5ステージ パイプライン | なし |  | 
ARM920T |  | 16KB/16KB, MMU | 200 MIPS @ 180 MHz | Armadillo, GP32,GP2X (マスタ), en:Tapwave Zodiac (Motorola i. MX1)
ARM922T |  | 8KB/8KB, MMU | 200/250 MHz | Cavium CNS2132 (Econa product lines)[1], Cavium STR8132 (Econa evaluation board), Ritmo Torrent Box/Mini Lan Server/BT-Downloader (ZAP-LN-86BT)[2]
ARM940T |  | 4KB/4KB, MPU |  | GP2X (スレーブ)
ARM9E v5TE | ARM946E-S |  | variable, tightly coupled memories(TCM), MPU | 231 MIPS @ 210MHz 74.47 MIPS @ 67.024MHz | ニンテンドーDS, ノキア N-Gage, Conexant 802.11 chips
ARM966E-S |  | キャッシュレス, TCMs |  | 

ST Micro STR91xF, Ethernet内蔵 [3]


ARM968E-S |  | キャッシュレス, TCMs |  | 
v5TEJ | ARM926EJ-S | Jazelle DBX | variable, TCMs, MMU | 220 MIPS @ 200 MHz | Mobile phones: ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ (K, W シリーズ),シーメンス and Benq (x65 シリーズ以降), テキサスインスツルメンツ OMAP1710
v5TE | ARM996HS | Clockless processor | キャッシュレス, TCMs, MPU |  | 
ARM10E v5TE | ARM1020E | (VFP) | 32KB/32KB, MMU |  | 
ARM1022E | (VFP) | 16KB/16KB, MMU |  | 
v5TEJ | ARM1026EJ-S | Jazelle DBX | variable, MMU or MPU |  | 
ARM11 v6 | ARM1136J(F)-S | SIMD, Jazelle DBX, (VFP) | variable, MMU | 1.25 DMIPS/MHz | TI OMAP 2, Freescale i.MX3
v6T2 | ARM1156T2(F)-S | SIMD, Thumb-2, (VFP) | variable, MPU | 1.54 DMIPS/MHz | 
v6KZ | ARM1176JZ(F)-S | SIMD, Jazelle DBX, (VFP) | variable, MMU+TrustZone | 1.25 DMIPS/MHz | iPhone, iPhone 3G, Broadcom BCM2835
v6K | ARM11 MPCore | 1-4 core SMP, SIMD, Jazelle DBX, (VFP) | variable, MMU | 1.25 DMIPS/MHz(最大608MHz) | NVIDIA Tegra
SecurCore v6-M | SC000 |  |  | 0.9 DMIPS/MHz | 
v4T | SC100 |  |  |  | 
v7-M | SC300 |  |  | 1.25 DMIPS/MHz | 
Cortex-M v6-M | Cortex-M0 | マイクロコントローラ向け。M1はFPGA上で動作。命令はM3のサブセット。Thumb-2 (BL, MRS, MSR, ISB, DSB, and DMB)対応。 |  | 0.9 DMIPS/MHz | NXP LPC11xx, Triad Semiconductor, Melfas, 忠北テクノパーク, Nuvoton, オーストリアマイクロシステムズ, ローム, SwissMicros GmbH (DM15, DM41等)
Cortex-M0+ |  | 0.93 DMIPS/MHz | NXP LPC81x, LPC82x
Cortex-M1 | なし, tightly coupled memory optional. | 0.8 DMIPS/MHz
最大 136 DMIPS @ 170 MHz (クロックはFPGA依存) | Altera Cyclone III, Actel FPGA
v7-M | Cortex-M3 | マイクロコントローラ向け(ハーバード・アーキテクチャ) | キャッシュなし, (MPU) | 1.25 DMIPS/MHz | Texas Instruments Stellaris MCU, STMicroelectronics STM32, NXP LPC1000, NXP mbed, 東芝 TX03, Luminary Micro, Ember EM3xx, Atmel AT91SAM3, Europe Technologies EasyBCU, Energy Micro EFM32, Actel SmartFusion, Renesas R-IN32
v7E-M | Cortex-M4 | マイクロコントローラ向け(ハーバード・アーキテクチャ)。M3にDSP追加。モーター制御、FA/電力制御、オーディオ/ビデオ処理など。 |  | Freescale Kinetis, NXP LPC43xx, STMicroelectronics,

Renesas Synergy MCU(S3/S5/S7)


v7-M | Cortex-M7 | マイクロコントローラ向け(ハーバード・アーキテクチャ)。M4までの3段パイプラインから、スーパースカラ(デュアル)6段パイプラインとなり、命令/データ1次キャッシュ、倍精度浮動小数点演算を追加するなど大幅に強化された。クロック周波数は最大800MHz程度までをターゲットとしており、2017年現在600MHzで動作する製品がある(NXP i.MX RT1050シリーズ)。

反面、M3,M4にあったBitBand機能が削除されているなどの変更点もある。

 | L1 命令/データ 各0~64KB, (MPU) | 2.14 DMIPS/MHz | STMicroelectronics STM32 F7, Atmel SAM x7x, NXP i.MX RT1050
v8-M | Cortex-M23 | マイクロコントローラ向け(ノイマン・アーキテクチャ) |  | 0.98 DMIPS/MHz | 
Cortex-M33 | マイクロコントローラ向け(ハーバード・アーキテクチャ) |  | 1.50 DMIPS/MHz | 
Cortex-R v7-R | Cortex-R4 | 組み込み向け | 可変キャッシュ, MMUはオプション | 1.66 DMIPS/MHz | Texas Instruments TMS570, Broadcom,

Renesas RZ/T


Cortex-R5 |  | 1.66 DMIPS/MHz | 
Cortex-R7 |  | 2.53 DMIPS/MHz | 
Cortex-A v7-A | Cortex-A5 | 低コスト、低消費電力 | L1 4K-64K可変, L2 オプション, メモリ管理ユニット, TrustZone | 400MHz〜800MHz
1.57 DMIPS/MHz | Atmel SAMA5, PS-T328, Snapdragon S4 Play, Snapdragon 200
Cortex-A7 | 1-4マルチプロセッシング 浮動小数点演算器 L2キャッシュメモリ4MB(最高) | メモリ管理ユニット, TrustZone, ラージ物理アドレス拡張 | 〜1.5Ghz
1.9 DMIPS/MHz | Snapdragon S4 Play, Snapdragon 200, 208, 210, 212, 400, Allwinner A20, Allwinner A31, MediaTek MT6589, Broadcom BCM2836
Cortex-A8 | アプリケーション向け, NEON, Jazelle RCT, Thumb-2 | 可変(L1+L2), メモリ管理ユニット, TrustZone | 600MHz〜1GHz
2.0 DMIPS/MHz | TI OMAP 3, Freescale i.MX 5, Apple A4, Samsung Exynos 3, Allwinner A1x, Rockchip RK29xx
Cortex-A9 | アプリケーション向け, 1-4コア対称型マルチプロセッシング, (VFP), (NEON), Jazelle RCT and DBX, Thumb-2, アウト・オブ・オーダー実行, 投機的実行, スーパースケーラ | メモリ管理ユニット, TrustZone | 800MHz〜2GHz
2.5 DMIPS/MHz | TI OMAP 4, Freescale i.MX 6, ST-Ericsson NovaThor U8500, NVIDIA Tegra 2, NVIDIA Tegra 3, NVIDIA Tegra 4i, STMicroelectronics SPEAr1300, ザイリンクス Zynq-7000, Apple A5, Rockchip RK3xxx, Samsung Exynos 4, HiSilicon K3V2, Kirin 910, MediaTek, Renesas RZ/A
Cortex-A15 | 1-4コア対称型マルチプロセッシング | メモリ管理ユニット, TrustZone, ラージ物理アドレス拡張 | 1GHz〜2.5GHz
3.5 DMIPS/MHz | TI OMAP 5, Samsung Exynos 5, NVIDIA Tegra 4, NVIDIA Tegra K1, HiSilicon Kirin 920, Renesas APE6, Renesas R-Car H2, Renesas MP6530
Cortex-A17 | 1-4コア対称型マルチプロセッシング | メモリ管理ユニット, TrustZone, ラージ物理アドレス拡張 |  | Rockchip RK3288
v8-A | Cortex-A32 | 超小型、低消費電力、電力効率重視。IoT機器向け。32ビット命令セット。 |  |  | 
Cortex-A35 | 低コスト、低消費電力、電力効率重視。64ビット命令セット。 | メモリ管理ユニット, TrustZone, 64bit仮想アドレス |  | MediaTek Helio X30
Cortex-A53 | 64ビット命令セット。暗号化命令 | メモリ管理ユニット, TrustZone, 64bit仮想アドレス | 2.3 DMIPS/MHz | Snapdragon 410, 412, 415, 425, 610, 615, 617, 625, 808, 810, HiSilicon Kirin 620, 930, 935, Rockchip RK3368, MediaTek MT6732, 6735, 6737, 6737T, 6738, 6750, 6752, 6753, Helio P10, P20, P25, X10, X30
Cortex-A57 |  | メモリ管理ユニット, TrustZone, 64bit仮想アドレス | 4.1 DMIPS/MHz | Snapdragon 808, 810, Nvidia Tegra X1, Samsung Exynos 7
Cortex-A72 |  | メモリ管理ユニット, TrustZone, 64bit仮想アドレス |  | Snapdragon 618, 620, 650, 652, HiSilicon Kirin 950, 955
Cortex-A73 |  | メモリ管理ユニット, TrustZone, 64bit仮想アドレス |  | HiSilicon Kirin 960, MediaTek Helio X30
v8.2-A | Cortex-A55 |  |  |  | 
Cortex-A75 |  |  |  | 

サードパーティー

ファミリー アーキテクチャ 名称 特徴 キャッシュ (I/D)/MMU 性能 MIPS @ MHz 採用製品
StrongARM v4 | SA-1 |  | 16 KB/8–16 KB, MMU | 203–206 MHz
1.0 DMIPS/MHz | 
XScale v5TE | 80200/IOP310/IOP315 | I/O Processor |  |  | 
80219 |  |  |  | 
IOP321 |  |  |  | en:Iyonix
IOP33x |  |  |  | 
PXA210/PXA250 | Applications processor |  |  | ザウルス SL-5600, SL-A300
PXA255 |  | 32KB/32KB, MMU | 400 BogoMips @400 MHz | en:Gumstix
PXA26x |  |  |  | 
PXA27x |  |  | 800 MIPS @ 624 MHz | HTC Universal, ザウルス SL-C1000,3000,3100,3200,Willcom W-ZERO3シリーズ WS003SH,WS004SH,WS007SH,WS011SH,WS020SH
PXA800(E)F |  |  |  | 
Monahans |  |  | 1000 MIPS @ 1.25 GHz | 
PXA900 |  |  |  | Blackberry 8700, Blackberry Pearl (8100)
IXC1100 | Control Plane Processor |  |  | 
IXP2400/IXP2800 |  |  |  | 
IXP2850 |  |  |  | 
IXP2325/IXP2350 |  |  |  | 
IXP42x |  |  |  | en:NSLU2
IXP460/IXP465 |  |  |  | 
Snapdragon v7-A | Scorpion | アプリケーション向け, 1-2コア対称型マルチプロセッシング, VFPv3, NEON, Thumb-2, Jazelle RCT, アウト・オブ・オーダー実行, 投機的実行 | 可変(L1+L2), MMU, TrustZone | 800MHz〜1.5GHz
2.1 DMIPS/MHz | Qualcomm Snapdragon S1, S2, S3 (第1〜3世代)
Krait | アプリケーション向け, 1-4コア対称型マルチプロセッシング, VFPv4 | MMU, TrustZone | 〜2.5GHz
3.3 DMIPS/MHz | Qualcomm Snapdragon S4 (第4世代・S4 Playは除く), 400/600/800 (第5世代)
v8-A | Kryo |  | 64KB/512KB–1MB | 〜2.6GHz
6.3 DMIPS/MHz | Qualcomm Snapdragon 820
Centriq v8-A | Folker |  |  |  | Centriq 2400
ARMADA v7-A | Sheeva PJ4 | アプリケーション向け, 1-4コア対称型マルチプロセッシング, VFPv3, Wireless MMX2, Thumb-2 | 可変(L1+L2), MMU, TrustZone | 〜1.5GHz
2.42 DMIPS/MHz | Marvell ARMADA 500/600シリーズ
Sheeva PJ4B | 組み込み向け, 1-4コア対称型マルチプロセッシング, VFPv3, NEON, Wireless MMX2, Thumb-2 | 可変(L1+L2), MMU, TrustZone | 〜1.6GHz
2.61 DMIPS/MHz | Marvell ARMADA XP/370/1500
Apple Ax v7-A | Swift | アプリケーション向け, 2コア対称型マルチプロセッシング, VFPv4 | 32KB/32KB | 1.1GHz, 1.4GHz | Apple A6, Apple A6X
v8-A | Cyclone | アプリケーション向け, 2コア, AArch64 | 64KB/64KB | 1.3GHz | Apple A7
Cyclone gen 2 | アプリケーション向け, 2コア, AArch64 | 64KB/64KB | 1.1GHz, 1.4GHz | Apple A8
Typhoon | アプリケーション向け, 3コア, AArch64 | 64KB/64KB | 1.5GHz | Apple A8X
Twister 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/30 16:42

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ARMアーキテクチャ」の意味を投稿しよう
「ARMアーキテクチャ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ARMアーキテクチャスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ARMアーキテクチャ」のスレッドを作成する
ARMアーキテクチャの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail