このキーワード
友達に教える
URLをコピー

All-nippon_News_Networkとは?

(All-nippon News Networkから転送)
移動先: 案内検索
 | 
この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2008年2月)

現行ロゴ(2代目、2003年10月 - )
初代ロゴ(1970年1月 - 2003年9月)

オールニッポン・ニュースネットワーク(All-Nippon News Network)は、テレビ朝日 (EX) をキー局とする日本民放テレビニュースネットワークである。略称としてANN(エーエヌエヌ)が使用される。

本項では、ANNがニュースとは別関係の付帯事業として行っている番組供給ネットワークのテレビ朝日ネットワーク (TV Asahi Network) についても解説する。なお、一般に本項で解説するANNとテレビ朝日ネットワークとを合わせてテレビ朝日系列という。

目次

  • 1 概説
    • 1.1 ネットワークの形成
  • 2 沿革
  • 3 加盟局
    • 3.1 現在の加盟局
    • 3.2 過去の加盟局
    • 3.3 現在の主な非加盟局
  • 4 支局
    • 4.1 国内
    • 4.2 海外
  • 5 ネットニュース
  • 6 特別番組
    • 6.1 国政選挙
    • 6.2 地震・津波
    • 6.3 台風
  • 7 報道番組以外での系列局共同制作番組
  • 8 テーマ音楽・曲
  • 9 主な非ネット(クロスネット含む)地域の対応
  • 10 関連項目
    • 10.1 衛星デジタル放送・動画配信関連
    • 10.2 番組販売協力局
  • 11 脚注
    • 11.1 注釈
    • 11.2 出典
      • 11.2.1 一次資料または記事主題の関係者による情報源
  • 12 外部リンク

概説

「ANN」は正式名称の「オールニッポン ニュース ネットワーク」(All-Nippon News Network)を略したものであるが、キー局のテレビ朝日が朝日新聞社の系列企業であるのみならず加盟局の大半も「朝日」を社名に冠していることもあり「“朝日”ニュースネットワーク」(“Asahi” News Network)の略と誤認されることも珍しくない。ただしこれに関して、当初は「朝日ニュースネットワーク」とするつもりだったが、当時のMBSテレビがANN加盟局であったことや、メインネットとしていないクロスネット局には朝日新聞との関連性が薄い局もあったことから朝日を名乗ることができず、Aの部分を「オールニッポン」に置き換えたとする説もある。

詳細は「ネットチェンジ#毎日放送からみた歴史」を参照

ANNは付帯事業として一般番組供給系列も兼ねているが、ニュースとは別扱いとしているため、現在はテレビ朝日ネットワーク(通称:「テレ朝ネットワーク」・「テレビ朝日系列」等)の名称を使用し、包括的番組供給については、現在はフルネット局のみをこの対象とし、クロスネット局に対しては最低限のネット保障としている。また、この番組供給系列には、TBS系列でJNNが付帯事業として運営しているTBSネットワークと同様に、日本テレビ系列NNSフジテレビ系列FNSのような略称が定められていない。

2018年4月現在の加盟局は、24のフルネット局と、2つのクロスネット局(福井放送 (FBC)、テレビ宮崎 (UMK))の26局で構成されている。基幹局のうち、九州朝日放送 (KBC) のみラテ兼営で、それ以外は全てテレビ単営である。

ANNニュースサイトの「ANNネットワーク」のリンクにはクロスネット局も含まれているが、テレビ朝日公式サイトの「系列局」のリンクはフルネット局のみとなっている。

ANNニュース協定と、ネットワーク業務協定には26局全てが参加しているが、スポーツニュース制作協定はクロスネット2局以外の24局の参加となっている。

なお、教育・教養分野の番組については、旧:NETテレビの時代に学校放送の全国ネットを受けていた局が存在する関係で、ANNとは別に民間放送教育協会(民教協)が設けられていて、民教協番組は基本的にテレ朝ネットワークに流れない。民教協の加盟局にはその地域の第1局が多いこともあり、TBS系列が全33局中16局を占める。ANN系列かつ民教協にも加盟している局は、フルネット局はテレビ朝日、朝日放送テレビ、メ〜テレの3局だけであり、クロスネット局も福井放送だけである。

詳細は「民間放送教育協会#加盟局」および「ジャパン・ニュース・ネットワーク#ネットワークの特徴」を参照

「ANN」のロゴは、2003年のテレ朝本社の六本木ヒルズ移転に伴い、当記事冒頭に掲載されているロゴデザインに変更している。また、ロゴマークの色は、原則濃い青の背景と白抜き文字で表示する。

ANN系列のリモコンキーID地図

地上デジタル放送のリモコンキーIDは、テレビ朝日を始めとして「5」が多いが、北海道テレビ(HTB)・メ〜テレ・朝日放送テレビが「6」、福井放送(FBC)が「7」、九州朝日放送(KBC)が「1」、テレビ宮崎(UMK)が「3」である。なお、リモコンキーIDに「5」を使用しない局のうちでは、ABCとKBCのみ、アナログ親局のチャンネル番号を引き継いだ。

ネットワークの形成

ANNは1970年1月1日に日本教育テレビ(NETテレビ〔NET〕 → 全国朝日放送〔ANB〕→ テレビ朝日〔EX〕)をキー局に発足し、1974年4月1日に各地の系列局とニュース協定を結んだことにより、正式なニュースネットワークとして組織された。

NETテレビのニュースは、当初自ら出資する共同テレビジョンニュース社が制作及び配給を行う『共同テレニュース』を放送する予定であったが、同じ東京地区にあるフジテレビも『共同テレニュース』を放送することになっていたため、重複を避けるべく開局直前にNETテレビの親会社筋である東映が朝日新聞社と提携して朝日テレビニュース社を設立し、同社からニュース提供を受けることに変更。1959年の開局と同時に『NETニュース』が放送されたが、この番組は朝日新聞社の関係で当初から九州朝日放送(KBC)に同時ネットされた。このとき、ANNの骨子が形成されたといえる。

詳細は「共同テレビジョン#概要」および「ANNニュース#沿革」を参照

ただし翌1960年3月までは、この番組は関西地区では未放送で、関西地区の取材は東映が契約した地元カメラマン(映画館主等)によって行われていた。1960年4月以降関西地区では(毎日新聞社系の)MBSテレビで放送されるが、これは朝日放送が大阪テレビ放送時代よりラジオ東京(現在のTBSテレビ)とニュース協定を結んでいたため、『NETニュース』が放送されなかったからである。なお、MBSテレビはこのネット受けまではニュース番組を自社制作で賄っていた。

詳細は「MBSニュース#歴史」および「毎日新聞テレビ夕刊#1965年から1974年」を参照

その後、(アナログの)UHF局の大量免許・開局に伴い、ネット局が増加したため、1970年1月1日に『NETニュース』を『ANNニュース』に改題したが、相変わらず朝日テレビニュース社が制作した外注ニュース番組をネット各局が購入する形を採っていた。

ちなみに、ANNが発足した1970年当時の加盟局数は19局であったが、このうち、ANN単独加盟(フルネット)局となったのは、キー局のテレビ朝日(当時はNETテレビ)を除けば、北海道テレビ、MBSテレビ、瀬戸内海放送、九州朝日放送の4局だけであった。また、中京広域圏については、名古屋テレビと中京テレビの2局が重複加盟していたほか、ANN発足直後は岡山・高松両地域が広域圏化する前であったため、岡山放送と瀬戸内海放送がそろって加盟していた(この当時は重複加盟ではなかった)。

1972年版『日本民間放送年鑑』に出稿したNETテレビの広告には、『NETラインネットワーク』の名称で、北海道テレビ・青森テレビ・テレビ岩手・ミヤギテレビ・福島中央テレビ・名古屋テレビ・中京テレビ・MBSテレビ・岡山放送・広島ホームテレビ・テレビ山口・瀬戸内海放送・九州朝日放送・テレビ熊本・テレビ大分・テレビ宮崎・鹿児島テレビの17局が当時の略称で記されていた。

1975年には、朝日新聞社の意向で、新聞社との資本関係を明確にするため(いわゆるネットチェンジ(腸捻転解消政策))、同年3月31日より、準キー局がMBSテレビから朝日放送テレビに変更されている。

詳細は「ネットチェンジ#朝日放送から見た歴史」および「高橋信三#腸捻転解消へ」を参照
斎藤守慶#ネットチェンジと新喜劇」および「Japan News Network#沿革」も参照

テレビ放送を主体におこなう放送ネットワークとしては、系列局の整備が他系列と比較して大きく出遅れたため、他系列メインのクロスネット局が多い時代が長く続き(特に1970年代以後に開局した新局の多くはUHFであるため、以前から先発VHFで放送していた『モーニングショー』『アフタヌーンショー』や一部のドラマ・バラエティーなどの多くのスポンサードネット番組は、ANN系列開局後もサービスエリアがVHFより狭くなることや、中継局が整備されていないことから、視聴者保護の観点であえてUHF新局に移行せず、既存VHFでのネットを維持した例が多数存在する)、1989年時点でのフルネット局はわずか12局のみであったが、その後バブル経済当時に郵政省(現在の総務省)が推進した「全国4局化」によりフルネット局新局が増え、1989年の熊本朝日放送開局を皮切りに、1996年10月の岩手朝日テレビ開局までに現在のフルネット局24局ネットワークを完成させ、7年間で文字通り「倍増」した。

平成新局#テレビジョン放送局」も参照

なお多局化が進んで以降、一部基幹局はブロックのまとめ役としての役割を担っており、テレビ朝日社長の働きかけにより、東北及び九州地区での経営統合を前提とした放送法の特例が設けられた。

ANNをメインとしないクロスネット局にも、同時または遅れ・先行ネットの番組にもフルネット局と同様のネット保障が受けられ、その保証金が高額だったため、クロスネット局はANNを離れ辛かったという。なお俗に「排他協定」とも言われるJNNのニュース協定との関係上、クロスネット時代のテレビ山口のようにニュース番組をネットせず、一般番組のみのネット保障契約を結んでいた例もあった。ちなみに、現在のJNNでは排他協定の解釈上、他系列とのクロスネットを組むことは不可能である。

詳細は「JNN排他協定#概要」および「民放テレビ全国四波化#4局未満地区の現状」を参照

沿革

加盟局

現在の加盟局

この表は、日本民間放送連盟公式サイト「会員社放送局」ページの表記に準じて記載している(一部に例外あり)。

放送対象地域
略称/ID 【社名】
開局日又は
テレビ放送開始日 【ANN加盟日】
【備考】
【記号】

北海道 | HTB 6 | 北海道テレビ放送 | 1968年11月3日 | 1970年1月1日発足時 | 基幹局 | ■
青森県 | ABA 5 | 青森朝日放送 | 1991年10月1日 |  | ■
岩手県 | IAT 5 | 岩手朝日テレビ | 1996年10月1日 |  | ■
秋田県 | AAB 5 | 秋田朝日放送 | 1992年10月1日 |  | ■
山形県 | YTS 5 | 山形テレビ | 1970年4月1日 | 1975年4月1日加盟
1980年3月31日脱退
1993年4月1日再加盟 |  | ■
宮城県 | KHB 5 | 東日本放送 | 1975年10月1日 | 基幹局 | ■
福島県 | KFB 5 | 福島放送 | 1981年10月1日 |  | 
関東広域圏 | EX 5 | テレビ朝日 | 1959年2月1日 | 1970年1月1日発足時 | キー局。基幹局。旧社名:日本教育テレビ(NET、通称:NETテレビ、1959年2月1日 - 1977年3月31日)→ 全国朝日放送(ANB、通称:テレビ朝日、1977年4月1日 - 2003年9月30日) | ■
山梨県 | なし | テレビ朝日甲府支局が取材を担当。 | 
静岡県 | SATV 5 | 静岡朝日テレビ | 1978年7月1日 | 現在の通称はあさひテレビ。旧社名:静岡県民放送(SKT、通称:静岡けんみんテレビ、1993年9月30日まで)。 | 
長野県 | abn 5 | 長野朝日放送 | 1991年4月1日 |  | 
新潟県 | UX 5 | 新潟テレビ21 | 1983年10月1日 | 旧略称:NT21(開局 - 2006年7月31日)。 | ※
富山県 | なし | テレビ朝日富山支局が取材を担当(北陸朝日放送も取材を担当することがある)。 | 
石川県 | HAB 5 | 北陸朝日放送 | 1991年10月1日 |  | 
福井県 | FBC 7 | 福井放送 | 1960年6月1日 | 1989年4月1日 | NNN/NNSメインのクロスネット局。 | ●■
中京広域圏 | NBN 6 | 名古屋テレビ放送 | 1962年4月1日 | 1970年1月1日発足時 | 基幹局。愛称:メ〜テレ。 | ■
近畿広域圏 | ABC 6 | 朝日放送テレビ | 1956年12月1日 | 1975年3月31日 | 準キー局、基幹局。 | ■
徳島県 | なし | 朝日放送徳島支局が取材を担当。 | 
高知県 | なし | 朝日放送高知支局が取材を担当。 | 
愛媛県 | eat 5 | 愛媛朝日テレビ | 1995年4月1日 |  | 
香川県 | KSB 5 | 瀬戸内海放送 | 1969年4月1日 | 1970年1月1日発足時 |  | ■
岡山県
鳥取県 | なし | テレビ朝日鳥取支局、及び米子支局が取材を担当。
ケーブルテレビにてテレビ朝日系列(県東部は朝日放送、県中西部は瀬戸内海放送)の放送を見ることができる。 | 
島根県 | テレビ朝日松江支局、及び広島ホームテレビ、山口朝日放送が取材を担当。 | 
広島県 | HOME 5 | 広島ホームテレビ | 1970年12月1日 | 旧略称:UHT(開局から1986年3月31日まで)。ニュース取材は島根県西部(大田市・美郷町以西)も含む。 | ■
山口県 | yab 5 | 山口朝日放送 | 1993年10月1日 |  | 
福岡県 | KBC 1 | 九州朝日放送 | 1959年3月1日 | 1970年1月1日発足時 | 基幹局 | 
佐賀県 | なし | 九州朝日放送佐賀支局が取材を担当。 | 
長崎県 | NCC 5 | 長崎文化放送 | 1990年4月1日 |  | 
熊本県 | KAB 5 | 熊本朝日放送 | 1989年10月1日 |  | ■
大分県 | OAB 5 | 大分朝日放送 | 1993年10月1日 |  | 
宮崎県 | UMK 3 | テレビ宮崎 | 1970年4月1日 | 1976年4月1日 | FNN/FNSメインのNNN、ANNの3系列クロスネット局。 | 
鹿児島県 | KKB 5 | 鹿児島放送 | 1982年10月1日 |  | ■
沖縄県 | QAB 5 | 琉球朝日放送 | 1995年10月1日 |  | 

過去の加盟局

●印は加盟当時メインネットであった局。▲は正式に加盟していなかったが、加盟局に準じたラインネット番組編成を行っていた局

【放送対象地域】
【略称】
【社名】
【ANN加盟期間】
【脱退理由】
【現在の系列】
【脚注】

青森県 | ATV | 青森テレビ | 1970年1月1日発足 - 1975年3月30日 | JNN協定に抵触するため。 | JNN | 
RAB | 青森放送 | 1975年3月31日 - 1991年9月30日 | 青森朝日放送開局に伴い脱退。 | NNN/NNS | 
岩手県 | TVI | テレビ岩手 | 1970年1月1日発足 - 1980年3月31日 |  | 
秋田県 | AKT | 秋田テレビ | 1970年1月1日発足 - 1987年3月31日 | FNN/FNS | 
山形県 | YBC | 山形放送 | 1980年4月1日 - 1993年3月31日 | 山形テレビのネットチェンジに伴い脱退。 | NNN/NNS | 
宮城県 | MMT | 宮城テレビ放送 | 1970年10月1日開局 - 1975年9月30日 | 東日本放送開局に伴い脱退。 | 
福島県 | FCT | 福島中央テレビ | 1970年4月1日開局 - 1981年9月30日 | 福島放送開局に伴い脱退。 | 
長野県 | TSB | テレビ信州 | 1980年10月1日開局 - 1991年3月31日 | 長野朝日放送開局に伴い脱退。 | 
新潟県 | NST | 新潟総合テレビ | 1970年1月1日発足 - 1983年9月30日 | 新潟テレビ21開局に伴い脱退。 | FNN/FNS | 
中京広域圏 | CTV | 中京テレビ放送● | 1970年1月1日発足 - 1973年3月31日 | 系列整理により名古屋テレビに1本化して脱退。 | NNN/NNS | 
近畿広域圏 | MBS | 毎日放送● | 1970年1月1日発足 - 1975年3月30日 | 腸捻転解消のためのネット再編により脱退。 | JNN | 
ABC | 朝日放送● | 1975年3月31日 - 2018年3月31日 | 朝日放送(移行後は「朝日放送グループホールディングス』)の認定放送持株会社移行により、テレビ放送部門が「朝日放送テレビ」に分割されたため。 | - | 
岡山県 | OHK | 岡山放送 | 1970年1月1日発足 - 1979年3月31日 | 1979年4月1日の岡山・香川地上波相互乗り入れに伴い脱退。テレビ朝日の番組は瀬戸内海放送に本化。 | FNN/FNS | 
鳥取県
島根県 | NKT | 日本海テレビジョン放送▲ | 1970年1月1日発足 - 1989年9月30日 |  | NNN/NNS | 
山口県 | tys | テレビ山口 | 1970年4月1日開局 - 1978年9月30日 | JNN | 
KRY | 山口放送 | 1978年10月1日 - 1993年9月30日 | 山口朝日放送開局に伴い脱退。 | NNN/NNS | 
熊本県 | TKU | テレビ熊本 | 1970年1月1日発足 - 1989年9月30日 | 熊本朝日放送開局に伴い脱退。 | FNN/FNS | 
大分県 | TOS | テレビ大分 | 1970年4月1日開局 - 1993年9月30日 | 大分朝日放送開局に伴い脱退。 | NNN/NNS・FNN/FNS
(クロスネット) | 
鹿児島県 | KTS | 鹿児島テレビ放送 | 1970年1月1日発足 - 1982年9月30日 | 鹿児島放送開局に伴い脱退。 | FNN/FNS | 

現在の主な非加盟局

※加盟の意思があった、またはその意思の可能性があったものの、結局加盟しなかった主な局を掲載。
【放送対象地域】
【略称】
【社名】
【備考(加盟しなかった理由など)】
現在の
系列 【脚注】

岩手県 | mit | 岩手めんこいテレビ | 岩手朝日テレビの開局が予定されていたためと、当地を地盤とする政治家小沢一郎の意向による。 | FNN/FNS | 
福井県 | FTB | 福井テレビジョン放送 | 開局準備期間にテレビ朝日とも協定を結ぶが、開局直前の1969年7月にフジテレビ(FNN・FNS)系列主体に変更。 | FNN/FNS | 
岐阜県 | GBS | 岐阜放送 | 名古屋テレビ・中京テレビの反対のため。最終的に名古屋テレビが中京広域圏におけるANNフルネット局となった。 | JAITS | 
近畿広域圏 | KTV | 関西テレビ放送 | 開局準備段階のNETテレビには産経新聞東京本社も関与し、株主の立場で役員を派遣していたが、産経新聞社社長にフジテレビジョンの水野成夫が就任したことに伴い、開局直前にフジテレビとのネットに変更。また、NETテレビも当初は共同テレビジョンに出資していたが、開局前に資本撤退をしている。(当時はANN発足前) | FNN/FNS | 
高知県 | KSS | 高知さんさんテレビ | 当初フジテレビが開局に難色を示していたが、の強い要望によりフジテレビがキー局となったため。 | FNN/FNS | 
愛媛県 | ITV | あいテレビ | JNN協定に抵触することと、当時愛媛朝日テレビの開局が決まっていたため。 | JNN | 
長崎県 | KTN | テレビ長崎 | NNNを主体とする日本テレビ系列(ただし、NNSはNNN脱退まで非加盟)とフジテレビ系列のクロスネット局として開局したため、比較的日本テレビや読売新聞との関係が濃い局だった一方、競合局の長崎放送(NBC・TBS系列)が朝日新聞との関係が深かった影響からか、ANNへの加盟には難色を示していたため、3系列クロスとはならず、ANNの一般番組は大半がNBCで放送された一方、KTNでの放送は少なかった。その後、1980年代に長崎県第3民放開局用周波数が割り当てられた。ちなみに、長崎文化放送開局まで同県におけるANNの取材は九州朝日放送が担当していた。 | FNN/FNS | 

支局

国内

ここでは報道取材拠点としてのもののみを取り上げる。支局所在地に別途加盟局が存在するものは除く。

取材網充実のため、加盟局のない地域を中心に支局を置いている。これらの支局は地元のケーブルテレビ会社及び技術会社への委託、もしくは駐在カメラマンの派遣により運営されている。ただし、支局管内で大事件、大規模な自然災害が起きたときは本社やキー局、近くの加盟局から取材の応援が来る。

ANNニュースにおける関東ローカル枠や土日午後のスポット枠では、関東のニュース・季節の話題に加えて以下のテレビ朝日の5支局からニュース・季節の話題も伝えられる。

以下は各局のWebサイトや会社案内などには書かれていないが、インターネットタウンページや現地での存在が確認出来たもの。

海外

2018年4月現在。海外支局はANN加盟各局がANNの承認を得た上で開設し、運営にはANN基金より費用が補助されている。海外支局はそのほとんどをテレビ朝日および朝日放送テレビが運営しているが、静岡朝日テレビも1か所を運営している。その他の基幹局は、既存支局への人員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/16 23:49

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「All-nippon_News_N…」の意味を投稿しよう
「All-nippon_News_Network」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

All-nippon_News_Networkスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「All-nippon_News_Network」のスレッドを作成する
All-nippon_News_Networkの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail