このキーワード
友達に教える
URLをコピー

BEAT_CRUSADERSとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年7月)
BEAT CRUSADERS

【出身地】
日本
【ジャンル】
ポップ・パンク
ニュー・ウェーヴ
メロディック・ハードコア
オルタナティブ・ロック
青春パンク
【活動期間】
1997年~2010年
【レーベル】
LASTRUM(1999年2003年)
NAKED TEACHER(2003年~2004年)
DefSTAR RECORDS(2004年~2010年)
【事務所】
HIGH WAVE
【公式サイト】
BEAT CRUSADERS.net
【】

【メンバー】
ヒダカトオル(ボーカル・ギター)
クボタマサヒコ(ベース)
カトウタロウ(ギター)
マシータ(ドラム)
ケイタイモ(キーボード)
【】

【旧メンバー】
umu(ベース・ボーカル)
araki(ドラム・ボーカル)
thai(キーボード・ギター・ボーカル)

BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)は、1997年にヒダカトオル(現在の表記は「日高央」)を中心に結成された日本ロックバンド略称は、ビークルまたはBECR(インディーズ時代は「B.C.」)。2010年9月に解散(YMOへのリスペクトで「散開」という表現を用いていた)。

メンバー

元メンバー

メンバーによる別ユニット

概要

結成当初はPESELA-QUESELA-INから日高央と岩原幸夫(現NEIGS・元GALLOW・元BROKENSPACE・元グループ魂)による2人組の実験的なユニットであった。後に岩原が抜け、旧メンバーが加入し4人組となったが、2003年にhidaka以外のメンバーが全員脱退、新たに4人が加入し5人組で活動。インディーズとしてLASTRUMで活動を続けていたが(この時点ではhidakaは別のインディーズレーベルLD&Kの社員であった)、2004年SME系のDefSTAR RECORDSからメジャーデビューを果たす。同年、アニメ「BECK」の主題歌「HIT IN THE USA」(初のヒット曲)を発表し、ヒダカはそのアニメの音楽監督を担当した。

メディア出演時には、メンバー全員、常にモノクロの自画像を描いたお面を付け素顔を隠している。ライブでは、1曲目を歌い始める瞬間にお面を外して客に投げる。ライブ映像がテレビで放送される場合は、顔をモザイク処理で覆うか、お面のCGが合成される(CG合成は、1曲につき約10時間かかるとの事)。生中継やPVの場合はお面をつけたまま演奏する。

ライブでは下ネタコール(おまんコール・おちんコール)が名物。(おまんコールはアルバム「BEST CRUSADERS」、シングル「WINTERLONG」、アルバム「popdod」の初回特典DVDにて聞く事が出来る)。

グループ名は、ザ・フォーク・クルセダーズ(THE FOLK CRUSADERS、略称は「フォークル」)のビート版という意味。

CDの帯の片仮名表記が、旧メンバー時代は「ビート・クルセイダーズ」だったが、新メンバーになってから「ビート・クルセイダー」になっている。これは、メジャー入りする際に姓名判断をしたところ、2画多かったので、濁点を抜いたのである。しかし、新メンバーになってからの『MUSICRUSADERS 〜MASKED "SUPERSTAR" DJ ver.〜』のトークでは、ヒダカは「ズ」と言っている。結局のところは「ビート・クルセイダース」でも「ビート・クルセイダーズ」でも間違いでは無いとのこと。

2010年9月4日、「OTODAMA'10~音泉魂~」をもって「散開」(ヒダカがリスペクトするYMOが解散時に使用していた「散開」表記を引用)した。 解散の理由のひとつとして「現状5人で演れることは演り切った」としている。

お面

お面を付け始めた由来としては諸説あり、その一つに、ヒダカが結成当時サラリーマン(インディーズレーベルLD&Kの正社員であった)だったことから、顔が分からない様にする為に付けた、というものがある。ヒダカ本人は「本来ならば(サラリーマンを続けていれば)今は課長部長クラスでは?」と語る。他の説として「インディーズ時代に配っていた顔写真のフライヤーで顔を隠して写真を撮ってみたら、初期のYMODEVOみたいで匿名性があり面白かったから、メンバーの分も作って配った」とも語っている。単に顔や見た目で好き嫌いを判断される(いわゆるルッキズム)のが嫌だからという説も当時いくつかのインタビューで見受けられた。

2003年に新メンバー加入の時、ヒダカが「お面をつけて活動をしていれば素顔が公開されないから、AVとか借りやすくなるぞ」とメンバーを説得し、結果は即OKだったと、テレビ東京JAPAN COUNTDOWN 9月10日放送分インタビューで語っていた。

ヒダカがELLEGARDENラジオ番組で「2005年9月16日テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に出演した際には、司会のタモリに「タモリ仕様」のお面を着けてもらう」と公言し、これを果たした。後に渋谷陽一BRAHMANTOSHI-LOWと雑誌にて対談した際には三人ともお面をつけていた。

また2008年6月16日にフジテレビ系『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』に出演した際には、司会のダウンタウンを含む出演者全員(テゴマストータス松本いきものがかり沢村一樹)の仕様のお面を用意し、それを全員につけさせトークをしていた。他にも過去共演した木村カエラ、ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』の校長と教頭、YOUR SONG IS GOOD阿藤快つじあやの高橋瞳等のものもあり、チャンスがあれば共演者のお面を作るのが習慣となっていた。

お面はマシータが製作している。

過去、クボタがお面を客席に投げた時に女性客の顔に命中してしまった事があり、後に客が怪我をしないように角を面取りするようにした。

ヒダカは「ミリオンセールスを達成したらお面をはずす」「TONIGHT, TONIGHT, TONIGHTが100万DL超えたらお面を外す」と語った事がある。しかし「本当にお面外すんですか?」と聞かれるとメンバーは「そんな……100万ダウンロードなんて行くわけないですから!」、ヒダカは「沢尻エリカちゃんでも50万DLだから」と当時のインタビューでも語っており(結果は15万ダウンロード)、ミリオンセールスに関しても「そんなに売れるわけない」とも語っていた。

散開(解散)後は特に表立った活動はないものの、メジャー期の音源はストリーミングやサブスクリプションサービスに解禁されている。

また、インディーズ期のメンバーで急逝したthaiを偲んで、彼の命日である11月26日前後に、彼がリードボーカルを務める楽曲から「Saturday Good-Bye」と題された追悼イベントがインディーズ期のメンバーによって行われており、主にhidaka、umu、araki、iwaharaによってインディーズ期のナンバーが演奏されている。

経歴

ディスコグラフィ

インディーズ時代

シングル

LASTRUM
【枚】
【リリース日】
【タイトル】
【規格】
【品番】
備考
1st 1999年5月10日 | NEVER POP ENOUGH e.p. | CD | LASCD-0015 | 廃盤
2nd 2000年1月20日 | FIRESTARTER | CD | LASCD-0017 | 廃盤
3rd Big Maxi Single 2000年7月20日 | HANDSOME ACADEMY | CD | LASCD-0021 | 
3rd 2002年1月25日 | CAPA-CITY  | CD |  | 非売品
NAKED TEACHER/CAPTAIN HAUS RECORDINGS
【枚】
【リリース日】
【タイトル】
【規格】
【品番】
備考
4th 2003年12月1日 | GIRL FRIDAY | CD | CH-007 | タワーレコード限定発売
初回限定ステッカーシート封入
5th 2004年4月21日 | SENSATION | CD | CH-009 | 初回限定ジャケット

オリジナルアルバム

LASTRUM
 | リリース日 | タイトル | 規格 | 規格品番
1st | 1999年6月10日 | HOWLING SYMPHONY OF... | CD | LACD-0017
2nd | 2000年3月20日 | ALL YOU CAN EAT | CD | LACD-0027
3rd | 2001年5月10日 | FORESIGHTS | CD | LACD-0036
4th | 2002年10月9日 | SEXCITE! | CD | LACD-0047

その他アルバム

LASTRUM
【枚】
【リリース日】
【タイトル】
【規格】
【品番】
備考
スプリットアルバム 2001年3月10日 | WXY | CD | LASCD-0024 | CAPTAIN HEDGE HOGとのSPLITミニアルバム
スプリットアルバム 2003年6月25日 | OZZY!! | CD | LASCD-0059 | SK@YMATE'SとのSPLITミニアルバム
ベストアルバム 2003年8月27日 | BEST CRUSADERS | CD | LACD-0060 | LIMITED EDITION BOX(初回限定盤):
1/16スケール 彩色メンバーフィギュア付き
ベストアルバム+DVD 2007年1月17日 | 1999-2003 LASTRUM YEARS CDVD BOX | CD+DVD | LACDV-0003(初回盤)
LACDV-0004(通常盤) | 「BEST CRUSADERS」と「1999-2003 LASTRUM YEARS」のセット。
初回限定プライス ¥2940(通常盤:¥3990)
コンピレーションアルバム 2010年10月6日 | LUST CRUSADERS - OTHER SIDE OF BEAT CRUSADERS | CD | LACD-0200 | インディーズ時代のレアトラック、スプリットアルバムやコンピレーションアルバムに収録されていた楽曲を集めたアルバム

ビデオ・DVD

参加作品

「SPINACH」で参加、メンバーがインディーズデビュー時以前なので異なっていてumuではなくtomotaka Hatanoとなっている。

その他収録作品

メジャーデビュー後

シングル

【枚】
【リリース日】
【タイトル】
【規格】
【品番】
備考
6th 2004年10月20日 | HIT IN THE USA | CD(CCCD)
CD(CD-DA) | DFCL-1167
DFCL-1267 | 初回生産分:"BECK×BECR コラボレーションステッカー"封入
7th 2005年4月13日 | FEEL | CD | DFCL-1188 | 初回生産分:プレゼント応募券付"感汁ステッカー"封入
8th 2006年4月5日 | DAY AFTER DAY/SOLITAIRE | CD | DFCL-1270(初回盤)
DFCL-1271(通常盤) | 初回生産限定盤:ボーナストラック2曲収録
どっちが表かわからないダブルジャケット仕様 エンダァ ライナー付
9th 2006年9月6日 | TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT | CD | DFCL-1314(初回盤)
DFCL-1315(通常盤) | 初回生産限定盤:ボーナストラック2曲収録
初回仕様限定盤:「BLEACH」描き下ろしワイドキャップステッカー
10th 2007年4月18日 | GHOST | CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤) | DFCL-1366/7(初回盤)
DFCL-1368(通常盤) | 初回生産限定盤:CD+DVD
11th 2008年1月16日 | WINTERLONG | CD | DFCL-1413 | 初回仕様限定盤:「獣神演武-HERO TALES-」描き下ろしワイドキャップステッカー
12th 2009年9月23日 | LET IT GO | CD | DFCL-1593 | 

その他のシングル

【リリース日】
【タイトル】
【品番】
備考
2009年6月24日 | DON'T SAY GOOD-BYE | TGCS-5664 | コラボレーションシングル(メロン記念日×BEAT CRUSADERS)
2009年9月9日 | ウォーアイニー | SRCL-7114 | コラボレーションシングル(高橋瞳×BEAT CRUSADERS)
初回仕様限定盤:「銀魂」描き下ろしアニメ絵柄セルシート
2010年8月4日 | Situation | DFBL-7139 | DVDシングル

オリジナルアルバム

【枚】
【リリース日】
【タイトル】
【規格】
【品番】
備考
1st 2005年5月11日 | P.O.A. -POP ON ARRIVAL- | CD | DFCL-1199(初回盤)
DFCL-1200(通常盤) | 初回3大特典:
・ボーナストラック2曲収録
・BECR×CARPET. コラボレーションステッカー封入
・スペシャルグッズプレゼント応募券封入
2nd 2007年5月30日 | EPopMAKING 〜Popとの遭遇〜 | CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤) | DFCL-1371/2(初回盤)
DFCL-1373(通常盤) | 初回生産限定盤:CD+DVD
応募券付ステッカー封入
3rd 2008年6月4日 | popdod | 4CD+DVD(アニバーサリー盤)
CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤) | DFCL-1470/4(アニバーサリー盤)
DFCL-1475/6(初回盤)
DFCL-1477(通常盤) | 完全生産限定盤:アニヴァーサリーパッケージ
CD+DVD
ボーナスCD3枚(「NEVER POP ENOUGH e.p.」「FIRESTARTER」「CAPA-CITY」復刻版)
限定スペシャルカード(13枚+1枚)
初回生産限定盤:CD+DVD

その他アルバム

【枚】
【リリース日】
【タイトル】
【規格】
【品番】
備考
ミニアルバム 2004年7月22日 | A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜 | CD(CCCD)
CD(CD-DA) | DFCL-1146
DFCL-1217 | 
リクエストカバーアルバム 2005年9月7日 | MUSICRUSADERS | CD | DFCL-1221(初回盤)
DFCL-1222(通常盤) | 初回生産限定盤:MASKED "SUPERSTAR" DJ ver.
(メンバー自身によるDJ入り)
スプリットアルバム 2006年5月3日 | BOOOOTSY | CD | DFCL-1313 | YOUR SONG IS GOODとのSPLITミニアルバム
初回仕様:ライナー付ブックレット仕様
シングル「DAY AFTER DAY/SOLITAIRE」とのW購入施策応募券付
スプリットアルバム 2006年10月11日 | CELL No.9
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/29 15:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「BEAT_CRUSADERS」の意味を投稿しよう
「BEAT_CRUSADERS」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

BEAT_CRUSADERSスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「BEAT_CRUSADERS」のスレッドを作成する
BEAT_CRUSADERSの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail