このキーワード
友達に教える
URLをコピー

BIGBANGとは?

 | 
この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2016年11月)

 | 
本記事へ出典を提示される方へ:
本記事へ新たに出典を提示する際には、リンク・記事名だけ記載するのでなく以下のように最低限配信元・配信日も加えるようお願いします。
[URL 記事名] 出典元 YYYY年MM月DD日配信
ひとつの出典を複数の記述に用いる際はrefnameを使用してください。
出典をURLのまま提示しないでください。このような明記方法はウェブサイトを出典とする場合(WP:WEBREF)において推奨されていません。

 | 
本記事には多数の表記ゆれが存在します。Wikipedia:表記ガイドに沿った表記への統一をお願いします。

BIGBANG

"BIGBANG Extraordinary 20's"
(左からG-DRAGONT.O.PV.ISOLD-LITE)

【基本情報】

【別名】
ビッベン
【出身地】
韓国
【ジャンル】
K-POP
R&B
ダンス・ポップ
エレクトロ・ポップ
パンク・ロック
トラップ
バラード
J-POP
ほか
【活動期間】
2006年 -
【レーベル】
YGEX(日本)
KT(韓国)
ワーナー・ミュージック・グループ(アメリカ台湾他)
【事務所】
YGエンターテインメント
【共同作業者】
TEDDY他多数
【公式サイト】
日本公式HP
【】

【メンバー】
G-DRAGON
T.O.P
SOL
D-LITE
V.I
【BIGBANG】

【各種表記】

ハングル: 빅뱅
【発音:】
ビッベン
ローマ字: Big Bang

BIGBANG(ビッグバン)は、韓国出身の5人組男性アーティストグループYGエンターテインメント所属。2006年韓国でデビュー。日本では2009年6月24日にメジャーCDデビュー。
韓国には義務兵役の制度が存在するため、2017年2月より最年長メンバーであるT.O.P韓国軍に入隊した。残りの4人のメンバーも2018年に入隊するため、全メンバーが兵役に就くこととなり、グループは2018年より約2年間活動を休止する。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 2006年
    • 1.2 2007年
    • 1.3 2008年
    • 1.4 2009年
    • 1.5 2010年
    • 1.6 2011年
    • 1.7 2012年
    • 1.8 2013年
    • 1.9 2014年
    • 1.10 2015年
    • 1.11 2016年
    • 1.12 2017年
    • 1.13 2018年
  • 2 メンバー
    • 2.1 G-DRAGON(ジードラゴン)
    • 2.2 T.O.P(トップ)
    • 2.3 SOL(ソル)
    • 2.4 D-LITE(ディライト)
    • 2.5 V.I(ヴィ・アイ)
  • 3 作品
    • 3.1 日本での作品
      • 3.1.1 シングル
      • 3.1.2 ミニアルバム
      • 3.1.3 フルアルバム
      • 3.1.4 GAME
    • 3.2 韓国での作品
      • 3.2.1 シングル
      • 3.2.2 デジタルシングル
      • 3.2.3 ミニアルバム
      • 3.2.4 フルアルバム
      • 3.2.5 ライブアルバム
      • 3.2.6 OST
  • 4 映像作品
    • 4.1 DVD・ブルーレイ
      • 4.1.1 日本
      • 4.1.2 韓国
    • 4.2 ミュージックビデオ
      • 4.2.1 日本
      • 4.2.2 韓国
  • 5 書籍
    • 5.1 写真集
  • 6 公演
    • 6.1 コンサート
      • 6.1.1 1st Live Concert - The REAL
      • 6.1.2 WANT YOU TOUR
      • 6.1.3 2nd Live Concert - The GREAT
      • 6.1.4 GLOBAL WARNING TOUR
      • 6.1.5 STAND UP TOUR '08
      • 6.1.6 BIG SHOW 2009
      • 6.1.7 BIG SHOW 2010
      • 6.1.8 ELECTRIC LOVE TOUR 2010
      • 6.1.9 BIG SHOW 2011
      • 6.1.10 LOVE & HOPE TOUR 2011
      • 6.1.11 BIGBANG ALIVE TOUR 2012~2013
      • 6.1.12 BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014 "+a"
      • 6.1.13 2014 BIGBANG +α in Seoul
      • 6.1.14 BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 "X"
      • 6.1.15 BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE]
      • 6.1.16 BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10
      • 6.1.17 BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-
      • 6.1.18 BIGBANG 2017 CONCERT LAST DANCE IN SEOUL
      • 6.1.19 YG FAMILY TOUR
        • 6.1.19.1 YG Family 15th Anniversary Concert
        • 6.1.19.2 YG FAMILY 2014 WORLD TOUR : POWER
    • 6.2 ファンミーティング
      • 6.2.1 2012
      • 6.2.2 2014
      • 6.2.3 2016
      • 6.2.4 2017
  • 7 受賞歴
  • 8 CM
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

経歴

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年2月)

2006年

2006年YGの練習生メンバー6人で「BIGBANG The Beginning」というサバイバル番組に出演し、G-DRAGONとSOLを中心メンバーとして現在のメンバー5人でグループを結成。 8月19日に行われたYGファミリー10周年コンサートで韓国デビュー。8月29日デビューシングル『BIGBANG』発売。9月23日音楽番組「ショー!音楽中心」に出演し、「LA-LA-LA」でデビューステージを披露。9月28日、2ndシングル『BIGBANG Is V.I.P』発売。11月22日、3rdシングル『BIGBANG 03』発売。12月22日、1stフルアルバム『BIGBANG Vol.1』リリース。12月30日、自身初の単独コンサートとなる「1st Live Concert - The REAL」をソウルオリンピック主競技場で開催。

2007年

2007年8月16日、1stミニアルバム『Always』の「LIES」が韓国チャートで7週連続1位を獲得し、11月22日発売の2ndミニアルバム『HOT ISSUE』が2018年1月までに6万枚を売り上げ、「Last Farewell」が8週連続1位を記録。この年の韓国の受賞式典Mnet Asian Music Awardsの前身「Mnet KM Music Festival 2007」にて、「最優秀楽曲賞」「最優秀男性グループ賞」「編曲賞」をそれぞれ初受賞。

2008年

2008年1月4日、日本1stミニアルバム『For The World』で、インディーズレーベルから日本デビューを果たし、3月28日JCBホールでの東京公演を皮切りに、7月16日の釜山公演までの約3ヶ月間、日本、韓国、タイシンガポールインドネシアを巡る、全11都市18公演21万人超動員のアジアツアー「GLOBAL WARMING TOUR」を開催。 5月22日、SOLが1stミニアルバム『HOT』をリリースし、グループ最初のソロデビューを果たす。 8月8日、韓国で3rdミニアルバム『Stand Up』が発売され、G-DRAGONと日本人クリエイターDAISHI DANCEが共作した収録曲「HARU HARU」が6週1位、年間音源チャート2位、ダウンロード数は200万の大ヒットを記録。 この曲のヒットにより、年末にはMnet Asian Music Awardsの前身「Mnet KM Music Festival 2008」で主要三部門の一つである「最優秀アーティスト賞」の他「最優秀男性グループ賞」「デジタル配信楽曲賞」を受賞。 10月9日 - 初の日本語バージョンアルバムとなる日本インディーズ1stアルバム『Number 1』を発売。10月28日・大阪城ホール、10月29日・名古屋大学、11月1日・JCBホール(東京、2回公演)で、「STAND UP TOUR '08」を開催。11月5日、韓国で2ndフルアルバム『Remember』を発売。

2009年

2009年5月13日、グランドハイアット東京で記者会見を行い日本メジャーデビューを発表。これに伴い5人揃って東京の白金共同生活を始める。 6月24日、日本1stシングル『MY HEAVEN』発売し、日本でのメジャーデビューを果たす。 前述の『Stand Up』に収録されていた「My Heaven」を日本語バージョンで録音したもので、オリコン週間チャートにて3位を記録した。 7月8日、日本2ndシングル『ガラガラ GO!!』が発売され、オリコン週間チャート5位を記録。 7月17日にはこの曲でミュージックステーションに初出演。 8月18日 - G-DRAGONが韓国で1stフルアルバム『Hertbreaker』をリリース。タイトル曲「Hertbreaker」が収録された。韓国国内で大ヒットし、この年の「Mnet KM Music Festival 2009(M.net KM Music Festivalより改名)」でアーティスト、楽曲と並ぶ主要三部門の一つ「最優秀アルバム賞」を受賞した。 11月4日 - 発売の日本3rdシングル『声をきかせて』は、観月ありさ主演の金10ドラマおひとりさま」のオープニングテーマに起用され、オリコン週間4位を獲得した。 11月7日 - 日本で初のベストアルバム『ASIA BEST 2006-2009』を発売した。 11月26日 - 第42回ベストヒット歌謡祭にて、「ゴールドアーティスト賞」受賞。第42回 日本有線大賞新人賞を「声をきかせて」で受賞。 12月25日、MUSIC STATION SUPER LIVEに出演し、「ガラガラGO!!」を披露。 年末には第51回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。

2010年

2月16日~2月17日 - 「ELECTRIC LOVE TOUR 2010」を開催。横浜神戸東京の3都市で6万人を動員した。中でも東京では初の日本武道館公演を果たした。 6月9日 - 日本4thシングル『Tell Me Goodbye』発売。この曲は韓国ドラマで、中国アメリカ、日本では4月から9月までTBS系列で毎週水曜夜9時より放送された「IRIS-アイリス-(主演・イ・ビョンホン)」の主題歌となった。そしてこのドラマにはメンバーのT.O.Pが主要キャストである「ビッグ」役で出演した(ビッグの日本語吹き替えは魔裟斗が務めた)。なお日本国外での放送には、韓国語バージョンのこの曲が使用された。 8月25日 - 日本5thシングル『BEAUTIFUL HANGOVER』発売。8月27日この曲でミュージックステーションに出演。 12月30日 - 「Tell Me Goodbye」で第52回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。同曲を披露した。

2011年

2月24日 - 韓国で4thミニアルバム『TONIGHT』発売。また4月8日には、このミニアルバムの特別版『TONIGHT-SPECIAL ADITION-』が発売された。 5月 - 「LOVE & HOPE TOUR 2011」を開催。大阪城ホール、幕張メッセ名古屋市総合体育館の3都市3会場で、前年の倍近くとなる11万人を動員した。 アメリカ欧米諸国での人気も上昇し始め、前述の『TONIGHT』が、ビルボード誌の全米トップ・ヒートシーカーズ(全米の基本的に新人が対象の音楽チャート、新人発掘のバロメーターとされる)にて、初登場7位を記録した。 11月6日 - イギリスで開催されたヨーロッパの最大級の音楽式典「2011 MTV EUROPE MUSIC AWARDS(EMA)」にて、最優秀楽曲賞、最優秀ビデオ賞らと並列される主要タイトルの一つ「ワールドワイドアクト賞」を受賞。 11月29日 - 「Mnet Asian Music Awards 2011」にて、『TONIGHT-SPECIAL ADITION-』タイトル曲「LOVE SONG」が、最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞。

2012年

2月29日 - 「FANTASTIC BABY」や「BAD BOY」、「MONSTER」を含む5thミニアルバム『ALIVE』をリリース。収録曲はイントロも含め、韓国チャートで1位から7位を占めた。「FANTASTIC BABY」のミュージック・ビデオが3月6日にYouTubeにアップされると、閲覧数が急速に上昇。2014年3月27日には、再生回数が一億回に到達し、マイルストーンに到達した最初の男性グループとなると、2017年1月時点で2億6,700万回を超えているなど世界的な大ヒット曲となった。このアルバムを機に日本や中国をはじめアジア各国でも知名度、人気は一気に上昇。また、6月3日]]に「ALIVE」の特別版アルバム『STILL ALIVE』のタイトル曲"MONSTER"のミュージック・ビデオをYouTubeに公開。すると公開から12時間で再生回数が100万回以上を記録。100万回到達までの最速記録を樹立。「ALIVE」はグループを代表する大ヒットアルバムとなり、グループの人気は不動のものとなった。 3月28日 - このミニアルバムの日本版『ALIVE』を発売。特に「FANTASTIC BABY」の日本語版はVERBALが作詞を手掛けた。3月21日にはこのミニアルバムの告知のため笑っていいとも!に初出演。4月4日には、めざましテレビ、翌4月5日にはノンストップ!に出演し「FANTASTIC BABY」を披露した。その後もしゃべくり007世界まる見えテレビ特捜部、ミュージックステーションなど立て続けに日本のテレビ番組に出演した。 このアルバムを引っ提げ、3月2日から翌年1月27日まで、初のワールドツアーとなる「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR」を開催。東アジア東南アジア北アメリカ南アメリカ、さらにはヨーロッパを巡り、全世界12ヶ国21都市48公演で80万人を動員。5月]]から6月]]、12月]]にその一環として日本ドームツアー「BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN」 を開催。東京・大阪・福岡の3大ドーム公演を含む全6都市19公演で観客は前年から大きく増やして45,5万人を動員した。 9月15日 - G-DRAGON1stミニアルバム『One Of A Kind』がリリースされる。中でも「CRAYON」はヒットし、自身の代表曲となる。 11月30日 - 香港にてMnetが主催する韓国最高の音楽授賞式 Mnet Asian Music Awards 2012にて、4年ぶりに主要三部門の一つである「最優秀アーティスト賞」を受賞。他に「ワールドワイドパフォーマー賞」「最優秀グループ賞」など計3部門で受賞した。1stミニアルバム『One Of A Kind』がヒットしたG-DRAGONは「最優秀男性歌手賞」も受賞した。“Monster in me”というテーマで「FANTASTIC BABY」に加え、G-DRAGONのソロ曲「CRAYON」を披露した。

2013年

2月 - D-LITEが日本ソロデビュー作品のJ-POPカバーアルバム『D’scover(ディスカバー)』をリリース。オリコンアルバムウィークリーランキング2位(韓国グループ出身ソロアーティストによる1stアルバム史上最高位 (男女含め))を記録。 3月 - 6月 - 3ヶ月をかけ、日本武道館・横浜アリーナを含む全国20ヶ所26公演で全国10万人超を動員した初のソロツアー、「D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan ~DLive~」を開催。 4月 - 6月 - G-DRAGONが初のソロワールドツアー(8ヶ国13都市27公演全世界57万人動員)の日本公演「G-DRAGON 2013 WORLD TOUR ~ONE OF A KIND~ IN JAPAN」を開催し、「海外アーティスト(ソロ・グループ含む)として史上初の【西武ドーム・京セラドーム大阪・ナゴヤドーム・福岡 ヤフオク!ドーム】4大ドームツアー」、「韓国出身ソロアーティストとして史上初のドームツアー」 、「韓国出身ソロアーティストとして史上最多の日本公演動員数(4都市8公演36万1000人動員) 」という金字塔を打ち立てた 8月21日 - V.Iの2ndミニアルバム『LET'S TALK ABOUT LOVE』が韓国でリリースされ、タイトル曲の「LET'S TALK ABOUT LOVE」が韓国国内でヒットする。 9月13日 - G-DRAGONが4年ぶりとなる2ndフルアルバム『COUP D'ETAT(クーデター) 』をリリース。「COUP D'ETAT」「ピタカゲ(CROOKED)」などが収録された。 10月8日 - V.Iが日本ソロデビューアルバム『LET'S TALK ABOUT LOVE』をリリース。 11月15日 - T.O.Pが2ndシングル『DOOM DADA』を発売。自身の代表曲となる。 11月22日 - Mnet Asian Music Awards 2013にて、G-DRAGONが主要三部門の一つ「最優秀アーティスト賞」の他、「最優秀男性歌手賞」「最優秀男性ソロダンス賞」「最優秀ミュージックビデオ賞(COUP D'ETAT)」を受賞。パフォーマンスで披露した「ピタカゲ」の前奏では、6thシングル「MADE SEREIS:D」収録曲「SOBER」の落ちサビ部分が使用されていた。 11月27日 - G-DRAGONが日本ソロデビューアルバム『COUP D'ETAT [+ONE OF A KIND & HEARTBREAKER]』をリリース。 11月~2014年1月 - 海外アーティスト史上初の6大ドームツアー、「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014 "+α"」を開催。全6都市16公演で自己最多となる77万人を動員した。

2014年

3月12日 - SOLが日本デビューアルバムとなる『RISE [+SOLAR & HOT]」を、T.O.Pが韓国での新曲『DOOM DADA』の日本スペシャルパッケージをそれぞれリリース。 7月16日 - D-LITEが初のオリジナルアルバム『D’slove(ディスラブ)』をリリースし、自身初のオリコンアルバムデイリーランキング1位(7月15日付け)を記録した。 6月から7月にかけてD-LITEが2年連続ソロライブツアー「D-LITE DLive 2014 in Japan 〜D'slove~」を開催。全8都市15公演で17万人を動員し、韓国ソロアーティスト史上初2年連続10万人動員となった。 8月29日 - 味の素スタジアムで行われた「a-nation stadium fes.」に初めて、各公演のメインアーティストである「ヘッドライナー」として出演した。 SOLが8月から9月にかけてソロツアー「SOL JAPAN TOUR "RISE" 2014」を開催。全6都市19公演で7万人を動員した。 10月4日 - 第17回仁川アジア競技大会閉会式に出演。V.Iは高熱のため参加できなかった。残りの4名で、「HANDS UP」「BAD BOY」「FANTASTIC BABY」を披露した。 11月15日~2015年1月18日 - 海外アーティスト史上初の2年連続5大ドームツアー「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 "X"」を開催。全国5都市15公演で73万人超を動員した。 12月3日 - 香港にて開かれたMnet Asian Music Awards 2014にて、SOLが「EYES, NOSE,LIPS」でBIGBANGとしては2007年以来、ソロとしてはグループ初の「最優秀楽曲賞」を受賞した。また「最優秀歌唱賞」、「最優秀男性歌手賞」も受賞した。

2015年

3年ぶりの新曲を韓国で4ヵ月連続で発表し、その後2008年の『Remember』以来のフルアルバムを完成させ3年ぶりに復帰した。さらに4月から翌年3月にかけて韓国、日本、中国、台湾ほか東アジアから、東南アジア、北アメリカ、さらにはオーストラリアなど世界15ヶ国・32都市で約150万人を動員するワールドツアーを行うプロジェクト「MADE」が2015年4月より始動した。 1月末と2月上旬 - D-LITEが自身3度目の日本ライブツアー「Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D'slove]」を2都市4公演で開催。 4月25日 - ソウルオリンピック主競技場にて、翌年まで約1年続く自身最大規模のワールドツアー「BIGBANG 2015~2016 WORLD TOUR [MADE] 」のオープニング公演を行う。 5月1日 - 9年ぶりの4thシングル「MADE SERIES:M」(「LOSER」「BAE BAE」収録)発売。 5月~6月 - ワールドツアーの中国公演の第一弾が行われ、6都市12公演13万人超を動員。 6月1日 - 5thシングル「MADE SERIES:A」(「BANG BANG BANG」「WE LIKE 2 PARTY」収録)発売。 7月1日 - 6thシングル「MADE SERIES:D」(「SOBER」「IF YOU」収録)発売。 7月11日~8月1日 - ワールドツアーの東南アジア公演が行われ、全5都市8公演85,000人を動員。 8月5日 - 7thシングル「MADE SERIES:E」(「Let's not fall in love」「ZUTTER (GD&T.O.P)」収録)発売。 8月7日~8月30日 - ワールドツアーの中国公演第二弾が行われ、6都市6公演で9万人を動員した。 8月22日 - [長居陸上競技場|ヤンマースタジアム長居]]で開催された「a-nation stadium fes.」に2年連続でヘッドライナーとして出演した。 9月24日~9月27日 - 台湾の台北アリーナで4日連続公演が行われ、44,000人を動員した。 10月2日~10月13日 - 北アメリカ公演が行われ、全6都市7公演約9万人を動員。 10月17日~10月21日 - オーストラリア公演がシドニーメルボルンの2都市で行われ、3公演35,000人を動員した。 10月23日~10月26日 - マカオ公演が行われ、3万人を動員。 11月12日~2016年2月24日 - 海外アーティスト史上初の3年連続日本ドームツアー「BIGBANG 2015~2016 WORLD TOUR [MADE] IN JAPAN」を開催。全国4都市18公演、91万人超動員という自身最大規模の日本ツアーとなった。 12月2日 - MAMA2015(Mnet Asian Music Awards 2015)にて、「BANG BANG BANG」で昨年のSOLに続き、グループとしては8年ぶり2度目となる「最優秀楽曲賞」を受賞。また「最優秀アーティスト賞」も受賞し、グループとしてもソロとしても初めて主要三部門中二部門を受賞した(もう一つは「最優秀アルバム賞」)。また「最優秀ミュージックビデオ賞(BAE BAE)」「World Wide Favorite賞」も受賞し最多タイの4冠となった。パフォーマンスでは「TRUTH +DARE」というタイトルで「LOSER」「BAE BAE」「BANG BANG BANG」を披露した。

2016年

2月3日 - 日本では3年8カ月ぶりとなるカムバック・5th暫定版フルアルバム「MADE SERIES」を発売。前年に韓国で発売された4シングルの8曲とそのうち3曲の日本語バージョンの計11曲を収録したもので、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得した。 3月6日 - ソウルオリンピック主競技場で、ワールドツアーのファイナル公演が行われ、317日間に及んだワールドツアーが終了。 3月11日 - 3月26日 - 「2016 BIGBANG MADE [V.I.P] TOUR」の第一弾を中国の8都市で行った。 4月22日 - 5月22日 - アリーナツアーである「BIGBANG FANCLUB EVENT ~FANTASTIC BABYS 2016~」を開催。神戸、福岡、名古屋、千葉の全4都市27公演で計28万人を動員した。 6月5日 - 10月22日 - 「2016 BIGBANG MADE [V.I.P] TOUR」の第二弾を中国、台湾、マレーシア、アメリカの4ヵ国18都市で行った。 8月19日にデビュー10周年を迎えるにあたり、7月29日から2017年1月22日にかけて、10周年記念ライブ「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10」を日本、韓国、香港の計3ヵ国で行い、計24公演112万人を動員した。その他10周年を記念した、様々なイベントを行った。 「BIGBANG10 THE MOVIE」として、韓国では6月30日、日本では7月2日よりドキュメンタリー映画「BIGBANG MADE」が劇場で公開された。日本では観客動員が10万人を超えた。 7月29日 - 7月31日] - 「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN」をヤンマースタジアム長居で開催し、3日間で16万5000人を動員した。 8月5日 - 10月30日 - 展示会「BIGBANG10 THE EXHIBITION:A TO Z」がソウル市城東区に位置するS-FACTORYにて開催された。この展示会では、BIGBANG自身が企画・構成・製作を手掛け、デビューから10周年に至るまでのアルバム、写真、衣装、インタビュー映像、ミュージックビデオ、コンサートステージなど、BIGBANGの作品の数々が展示された。メンバーが選んだAからZで始まる26個の単語が「BIGBANGを見る5つの視線」というテーマに合わせて配置されている。 8月19日 - デビュー10周年を迎え、前日8月18日のG-DRAGONの誕生日などを記念して、誕生日や卒業および入学、結婚、入社などの特別な記念日をより一層特別に過ごすことができるユニセフの“記念寄付”プログラムを広く知らせ、後援を促すためユニセフ記念寄付を行った。 8月20日 - ソウルのソウルワールドカップ競技場で「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN SEOUL 」を開催。6万5000人を動員した。 8月27日 - 味の素スタジアムで行われた「a-nation stadium fes. powered by dTV」に、3年連続でヘッドライナーとして出演。 11月5日~12月29日 - 海外アーティスト史上初の4年連続ドームツアー「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」を開催。東京大阪福岡名古屋の全4大ドーム、16公演で78万人超を動員した。また、2016年は、日本だけに限っても、1年間で60公演を行い、計170万人以上を動員(このドームツアーの他に「[MADE]」36万人、「FANTASTIC BABYS」28万人、「0.TO.10」16.5万人、「HAJIMARI NO SAYONARA」約14万人)。これにより日本で公演を行ったアーティストの中では初の最多観客動員となった。しかも2位のは93.9万人で、ほぼダブルスコアをつける圧勝での1位であった。 12月12日夜12時 - に8年ぶりのフルアルバム『MADE』をリリースした。前年発表の8曲に、「FXXK IT」、「LAST DANCE」、「GIRLFRIEND」の新曲3曲を加えた全11曲が収録された。 12月18日 - 「SBS 人気歌謡」にて「LAST DANCE」「FXXK IT」を披露。テレビの音楽番組へ復帰した。 12月26日 - SBSの年末の音楽番組「2016 SBS歌謡大祭典」に出演し、「LAST DANCE」「FXXK IT」「BANG BANG BANG」を披露。さらにT.O.Pはオム・ジョンファとともに「D.I.S.C.O」を、G-DRAGONはCL、BewhY、Okasianとともにヒップホップステージをそれぞれ披露した。 12月30日 - 「第58回日本レコード大賞」にて「特別賞」を受賞。2009年の第51回での「最優秀新人賞」、2010年の第52回での「優秀作品賞」に続いて3度目の受賞。

2017年

1月7日~1月8日 - 「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 FINAL IN SEOUL」を韓国ソウルにある高尺スカイドームで開催。 1月21日~1月22日 - 「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 FINAL IN HONG KONG」を香港のKowloon Cruise Terminal Outdoor Activities Squareで開催。 2月9日 - 最年長のT.O.Pがグループ最初の軍入隊。 2月15日 - 5th完全版フルアルバム『MADE』の日本バージョンが発売。初週10万1000枚を売り上げ、3アルバム連続でオリコン週間ランキング初登場1位を記録。 4月12日 - D-LITEが2年半ぶりのミニアルバム「D-day」を発売し、オリコンデイリーランキング初登場1位を獲得。そのアルバムを引っ提げた自身初のソロドームツアー「D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-day~」を4月に開催。 4月15日、4月16日|16日のメットライフドーム公演、4月22日|22日、4月23日|23日の京セラドーム大阪の計4公演で15万人を動員した。 5月27日 - 6月4日 - T.O.Pを除く4人でファンイベントドームツアー「BIGBANG SPECIAL EVENT 2017」を行った。福岡ヤフオク!ドーム1公演、東京ドーム2公演、京セラドーム大阪2公演の計5公演で約25万人を動員。

6月1日、ソウル警察庁麻薬犯罪捜査隊により、麻薬類管理に関する法律違反容疑でT.O.Pを不拘束立件され、事件を検察起訴意見として送検された。警察によると、T.O.Pの容疑は2016年10月、麻草の吸煙だということが、実施された毛髪検査で陽性反応が出たことで明らかとなった。 ソウル警察庁は、T.O.Pのソウル庁広報担当官室楽隊に所属する義務警察としての服務が不適合だと判断し、6月5日に4機動団に転出した。 6月6日、4機動団部隊でT.O.Pが意識を失った状態で発見され、ソウル梨大木洞(モクトン) の病院に搬送された。意識の回復について一次情報が混乱したものの6月8日、梨大木洞病院側の関係者が「患者(T.O.P) の意識が回復した。早ければ明日中に集中治療室から一般病棟へ移ることが可能だと判断される見通しだ」と明らかにしたうえで、「精神科の治療など、追加の治療が必要な状況だ。」と説明した。6月9日、午後2時30分頃にマネージャーに車いすを押されて転院、報道陣の前に姿を見せた。その際、報道陣の「大麻使用の容疑を認めるのか?」などの質問に対しT.O.Pは「申し訳ありません」とコメントした。また転院先では精神的な治療も必要とされ、転院する病院名は明かされず、メディアの過剰な報道もセーブされた。一緒に大麻を使用したとされる事務所の歌手練習生のハン・ソヒは6月16日、薬物取締法に関する法律違反(向精神薬、大麻) で、懲役3年、執行猶予4年を宣告し、120時間の薬物治療講義と追徴金87万ウォン(約8万5千円) を命じた。 警察は、ハン氏の大麻喫煙の疑いを調査中にT.O.Pが彼女と一緒に喫煙した事実を把握。2016年10月9日~10月14日|14日、自身のソウル市龍山区の自宅でハン氏と一緒に計4回、大麻を喫煙したことが明らかになり、麻薬取締法違反(大麻) の疑いで起訴されたという。6月30日 - 初公判が開かれ検察はT.O.Pに懲役10カ月および執行猶予2年、そして追徴金87万ウォン(約8万5千円)を求刑した。T.O.P側は「軍入隊を控え、激しいストレスを受けて心理的に非常に不安定な状況で、お酒をたくさん飲み、衝動的に犯行に及んだ」、「数年前、激しい不安障害で治療を受けていた。乱れた精神状態による誤った判断で、大きな失敗をした」とし「一週間で起こった出来事で、この時が私の人生最悪の瞬間として非常に身にしみて反省している」「どんな処罰も甘んじて受ける。残りの人生の教訓にしたい」と語った。7月20日 - ソウル中央裁判所に出廷し、「量刑については、麻薬類関連の犯罪は、個人の肉体と精神を荒廃化させるだけではなく、社会全般に悪影響を及ぼす可能性が高いため、厳しく処罰する必要性がある。被告人はたくさんのファンから愛される公人として家族とファンを失望させた。この法廷で犯行をすべて認めて真剣に反省している点、被告人が二度と犯行を起こさないことを誓った点、初犯である点などを考慮した」とし「懲役10ヵ月執行猶予2年、追徴金1万2000ウォン」の判決が言い渡された。この日取材陣の前に立ったT.O.Pは、「自粛している。申し訳ないという言葉以外に、申し上げる言葉がない」として頭を下げた。引き続き控訴の意思がないという意を伝えた。T.O.Pは裁判後、「新しい気持ちで生きていく」と明らかにした。今後の服務問題に対しては、「処分に基づいて、国防の義務に最善を尽くす」と話した。

6月 - G-DRAGONが自身2度目のワールドツアー「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR ACT III, M.O.T.T.E 」を開催。それに先だって6月8日に2013年のセカンドフルアルバム「COUP D'ETAT」以来、約4年振りのソロ作『KWON JI YONG』をCDではなくUSBの形で発表。ワールドツアーは6月10日のソウルワールドカップ競技場公演で4万人を動員したのを皮切りに、その後マカオシンガポールバンコクというアジア3都市を巡る。7月11日から7月30日にはシアトルサンノゼロサンゼルスヒューストンシカゴマイアミニューヨークトロントの8都市約15万人を動員する北アメリカツアー、8月5日から8月16日には4都市(シドニーブリスベンメルボルンオークランド)で6万人動員のオセアニアツアーを行う。そして8月19日の福岡ヤフオク!ドーム公演からスタートした日本公演「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR ACT III, M.O.T.T.E IN JAPAN」では、東京ドーム2公演、京セラドーム大阪2公演、福岡ヤフオク!ドーム1公演の3大ドームで計5公演26万人を動員。自身2度目にして最大のソロドームツアーとなり、このワールドツアーの中でも最大規模の公演となった。また同時進行で8月から9月にかけて香港マニラジャカルタクアラルンプールを巡るツアー中2度目のアジアツアーを行い、日本ドームツアー終了後の9月下旬にはバーミンガムロンドンアムステルダムパリベルリンを巡り9万人を動員予定のヨーロッパツアーを行う。その後10月には台北公演を行った。合わせて全世界18ヶ国29都市36公演を行いその全てでチケットは完売し、計70万人以上を動員した。 7月8日 - SOLは、ZOZOマリンスタジアム(千葉市)で『TAEYANG 2017 WORLD TOUR 』の日本公演「TAEYANG 2017 WORLD TOUR IN JAPAN -SOL STADIUM LIVE-」の開幕公演を開催した。このツアーはSOLにとって2度目となるワールドツアーで、日本公演は7月8日、7月9日の2日間で5万人以上を動員したZOZOマリンスタジアムから始まり、ほっともっとフィールド神戸で8月5日、8月6日に追加公演が実施される。7月9日は、WINNERがオープニングアクトとして参加した。 9月、EXOとともにMnet Asian Music Awardsの最多受賞者としてギネス世界記録に登録された。 11月18日〜12月24日海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」を開催し、全4都市14公演で69万6,000人を動員。12月13日の東京ドーム公演がスカパーで生放送され、日本全国の映画館でライブビューイングされた。 12月30日-12月31日、韓国でBIGBANG 2017 CONCERT LAST DANCE IN SEOULが開催され、30日のみ日本の全国の映画館でライブビューイングも開催された。

2018年

1月6日 - 1月7日、D-LITEソロツアー「DなSHOW Vol.1 THE FINAL in HAWAII.」が開催され、7日の公演はニコニコ生放送で生中継された。 2月9日、V.Iが中国の映画「中国語:宇宙有愛浪漫同游( 英語:Love Only)」に出演すると発表され、2月28日中国の生放送アプリ「一直播」を使い生放送イベントを行い、この放送を100万人が視聴した。 2月27日G-DRAGONが入隊、続いて3月12日にSOLが入隊、3月13日にはD-LITEが入隊した。 3月10日V.Iが出演したMBCのバラエティ番組「私は一人で暮らす」内で、自身が経営するDJレーベルをYGエンターテイントが買収したことを公表。 3月14日「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」のDVDとBlu-rayが発売3月26日付のオリコン週間ランキングで1位を獲得。

メンバー

G-DRAGON(ジードラゴン)

詳細は「G-DRAGON」を参照

T.O.P(トップ)

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年5月)

出典:wikipedia
2018/11/19 00:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「BIGBANG」の意味を投稿しよう
「BIGBANG」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

BIGBANGスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「BIGBANG」のスレッドを作成する
BIGBANGの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail