このキーワード
友達に教える
URLをコピー

DEENとは?

DEEN

【出身地】
日本
【ジャンル】
J-POP
ポップ・ロック
AOR
R&B
【活動期間】
1993年 -
【レーベル】
B-Gram RECORDS
(1993年 - 1998年)
BERG レーベル
(1998年 - 2003年)
BMGファンハウス
(2003年 - 2005年)
BMG JAPAN
(2005年 - 2009年)
アリオラジャパン
(2009年 - 2013年)
エピックレコードジャパン
(2013年 - )
【事務所】
グッデイ
【共同作業者】
坂井泉水(作詞)
葉山たけし(編曲)
古井弘人(編曲)
池田大介(編曲)
小松未歩(作詞、作曲)
AZUKI七(作詞)
大黒摩季(コーラス)
【公式サイト】
DEEN OFFICIAL SITE
【】

【メンバー】
池森秀一(ボーカル)
山根公路(キーボード)
【】

【旧メンバー】
宇津本直紀(ドラムス)
仲居辰磨(ギター)
倉澤圭介(ドラムス)
田川伸治(ギター)

DEEN(ディーン)は、ボーカル池森秀一、キーボード山根公路を中心に1993年に結成された、日本ロックバンドで、1990年代に一大ブームを巻き起こした元ビーイング系バンドである。

2019年3月時点でCD総売上枚数は1,500万枚を超えている。

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 1993年 - 1999年 1stシングル、1stアルバムが共にミリオンヒット
    • 1.2 2000年 - 2005年 ビーイングから離脱、デビュー10周年
    • 1.3 2006年 - 2012年 デビュー15周年、初の武道館公演
    • 1.4 2013年 - デビュー20周年
    • 1.5 2018年 - デビュー25周年
  • 2 メンバー
    • 2.1 現メンバーとその所属状況
    • 2.2 サポートメンバー
    • 2.3 元メンバー
  • 3 同グループ概要
    • 3.1 結成のきっかけ
    • 3.2 その他
  • 4 音楽性とバンドの特徴など
  • 5 メディア出演
    • 5.1 テレビ番組
    • 5.2 インタビュー
  • 6 ディスコグラフィ
    • 6.1 シングル
    • 6.2 配信限定シングル
    • 6.3 オリジナルアルバム
    • 6.4 ベストアルバム
    • 6.5 規格アルバム
    • 6.6 カバーアルバム
    • 6.7 ライブアルバム
    • 6.8 配信限定アルバム
    • 6.9 映像作品
  • 7 タイアップ一覧
  • 8 コンサート: LIVE JOY
  • 9 関連項目
  • 10 脚注
  • 11 外部リンク

来歴

1993年 - 1999年 1stシングル、1stアルバムが共にミリオンヒット

2000年 - 2005年 ビーイングから離脱、デビュー10周年

2006年 - 2012年 デビュー15周年、初の武道館公演

2013年 - デビュー20周年

2018年 - デビュー25周年

メンバー

現メンバーとその所属状況

※()内の西暦年数は、DEENに加入した年である。

池森秀一 (いけもり しゅういち、1993-)
担当はボーカル作詞作曲
同バンドのフロントマンでもあるが、当初はソロデビューを予定しており、1992年には『ウーマンドリームオリジナルサウンドトラック』に池森秀一として自作の『DREAMIN'』で参加している(ゲストボーカルであり正式なソロデビューではない)。後に楽曲『DREAMIN'』はDEENのデビューシングル『このまま君だけを奪い去りたい』のカップリングとして収録された。
2001年にはTUBEのアルバム 『Soul Surfin' Crew』の『Dreams of Asia J.V』にゲストボーカルとして参加している。
2001年に"SHU"名義でソロデビューを果たす。
山根公路 (やまね こうじ、1993-)
リーダー 担当はキーボードコーラス、作曲。
ハイトーンボイスのコーラスが武器でもある。池森と同じくデビュー当時からのメンバー。そのため同メンバーのサブフロントマン的な役割でシングル作品のジャケット表面に池森と共に写っている時がある。(しかし、近年は池森一人だけでジャケット表面に写るようにしてるためか、山根の池森との2ショット写真を見る機会は激減している。)
2005年、ソロデビューミニアルバム『COZZY』をファンクラブ限定でリリース。それ以後は、DEENのオフィシャルCDの作中で1トラックながらもリードボーカルをとるナンバー(「上海ロックスター」など)を制作している。

サポートメンバー

田川伸治が脱退しDEENにギターのメンバーがいなくなったため侑音がサポートメンバーになった。

元メンバー

※()内の西暦年数は、DEENに加入していた年とその期間である。

仲居辰磨 (なかい たつま、1993)
初代ギタリスト。正確な加入時期は不明だが永遠をあずけてくれの頃まで在籍。正式な脱退告知は無し。
脱退後、「中居辰磨」名義でTEARSメンバーとして活動するが1997年に解散。
1997年より「LANA」のメンバーとして活動していたが、2000年に事務所契約を終了しフリーとなる。
倉澤圭介 (くらさわ けいすけ、1993-1994)
初代ドラマー。正確な加入時期は不明だが「瞳そらさないで」の頃まで在籍。正式な脱退告知は無し。
脱退後、「PAMELAH」のサポートメンバーとして活動も現在は休止中。
宇津本直紀 (うづもと なおき、1994-1999)
2代目ドラマー。担当は、ドラムパーカッション、作曲、コーラス
倉澤に代わってファーストアルバム『DEEN』から加入し、『CHRISTMAS TIME』まで在籍。
1999年12月31日、神戸でのカウントダウンライブを最後に脱退。
DEEN在籍中には「夢であるように」のサビの部分を作曲するなど、数多くの曲を作った。
ライブの最中に俳句を披露することもあった。
DEEN脱退後もビーイングに在籍(残留)しプロデュース、ディレクション、作曲、ドラムレコーディングなどの音楽活動を行っていたが、現在は離脱している。宇津本の脱退後、DEENには正式メンバーとしてのドラマーは加入しておらず、サポートドラマーとしてHIDE(小林秀樹)が参加している。
田川伸治 (たがわ しんじ、1994-2018)
DEENの2代目ギタリスト。担当はギターベース、コーラス、作曲。
瞳そらさないで」から仲居辰磨に代わってDEENに加入。
2001年には、ソロデビューも果たした。2006年にインストロックバンド「THE SONIC TRICK」として第2次ソロデビューを果たすものの、ソロCDのリリースは現在停滞状態にある。2018年3月10日、武道館で行われた25周年ライブを最後にDEENを脱退。脱退後はソロ活動に専念する。

同グループ概要

結成のきっかけ

1993年ビーイング内ではWANDSの上杉昇が作詞、織田哲郎が作曲し、DoCoMoポケットベルのCMとのタイアップも決定していた『このまま君だけを奪い去りたい』を歌うボーカリストを探していた。そこで、ソロデビューを目指し北海道から上京していた池森秀一に試しに歌わせてみたところ評価を受け、ボーカリストに決定。急遽キーボード山根公路を加え、バンドを結成。バンド名「DEEN」は響きの良さから決定された。

ビーイングとしてはよくあることだが、完全にプロデューサー主導で結成されたバンドなので、顔を合わせるまでお互いの素性も経歴も一切知らなかった。どういった音楽志向・人間性の持ち主なのかも分からないまま活動を続け、それとは裏腹に大ヒットを続ける自分達の状況に戸惑いを感じていたという。通常であれば当事者が知らないままプロデューサー主導で結成されたバンドはそのうち活動が行き詰まることが多いが、DEENの場合はお互いに親睦を深めながら20年以上活動を続けているという稀有な例である。

ビーイングから離脱した現在も度々ビーイングの所属者が編曲を手掛けたりサポートメンバーとして参加している。またビーイング関連のライブへの参加もしている。

その他

千葉ロッテマリーンズの元監督であるボビー・バレンタインは、DEENの大ファンである。1995年初来日時、『未来のために』を聴いて以来のファンで、メンバーから招待された時に限らず、プライベートで何度もライブに足を運んでいる。2005年にはボビー・バレンタインの希望で、DEENによる試合前の国歌斉唱と始球式も行われた。同年マリーンズファン感謝デーでは、「未来のために」の英語版、「このまま君だけを奪い去りたい」、「翼を広げて」の3曲を熱唱。2006年には監督から直々に依頼され、チーム公式イメージソングとして「ダイヤモンド」を提供し、ボビー・バレンタインがPVに出演した。

『DEEN The Best キセキ』で10年ぶりに曲を提供した織田哲郎は、「あれだけ曲を大事にしてもらえると嬉しい。池森君の声とは相性が良い」と自身のHP内で語り、同じく久々にアレンジを担当した葉山たけしも彼らの誠実な人柄を自身のブログ内で度々賞賛した。

メンバー間の仲を聞かれた際、池森は「プライベートでは(メンバーと)ほとんど会うことはないんです。その方が、レコーディングで会ったときに新鮮だから」と語っている。BREAK11の最終公演の際「デビュー当時から、メンバーの誕生日にはプレゼントを必ず渡しあいこしている」と告白した。

音楽性とバンドの特徴など

カップリングやアルバム曲のほとんどは当初からメンバーが作詞作曲していた。シングル曲は、デビューからしばらくは、上杉昇や坂井泉水の詞に、織田哲郎や栗林誠一郎らに曲の提供を受け、それをリリースするという、ビーイングバンドの典型的な活動をしていた。

初のテレビ出演を果たし、オリコン1位も獲得した1995年の7thシングル『未来のために』から、シングル曲も徐々に自作へ移行。小松未歩ら、売り出し中の若手の提供を受ける時期を経て、1999年の18thシングル『JUST ONE』からは完全に自作体勢へ移行した。(その後の一部の作品を除く。)

当初はスタジオミュージシャン的な活動に徹していたDEENだが、この頃を境にツアーを数多く決行するようになり、ライブバンドとしての地位を確立した。

2002年に日本の民謡をカバーしたアルバム『和音〜Songs for Children』リリース以降は、「NEO AOR」という、DEEN流のAOR音楽を追求。最近は、メンバーの意向で若手の登用も再び見受けられるようになり、この頃からビーイング系のTUBEばかりでなく、BEGIN亀渕友香らビーイング系列外の数々のミュージシャンとコラボレートする機会も増えた。

メディア出演

テレビ番組

インタビュー

ディスコグラフィ

DEENのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 18
ライブ・アルバム 2
ベスト・アルバム 8
シングル 53
映像作品 22
トリビュート&カバーアルバム 3

シングル

 | 規格品番 | リリース日 | タイトル | 楽曲制作 | 最高位 | 収録アルバム
1st | BGDH-1002 | 1993年3月10日 | このまま君だけを奪い去りたい | 作詞:上杉昇
作曲:織田哲郎
編曲:葉山たけし | 2位 | DEEN
2nd | BGDH-1007 | 1993年7月17日 | 翼を広げて | 作詞:坂井泉水
作曲:織田哲郎
編曲:葉山たけし | 5位 | SINGLES+1
3rd | BGDH-1009 | 1993年9月22日 | Memories | 作詞:池森秀一・井上留美子
作曲:織田哲郎
編曲:葉山たけし | 4位 | DEEN
4th | BGDH-1018 | 1993年11月28日 | 永遠をあずけてくれ | 作詞:川島だりあ
作曲:栗林誠一郎
編曲:葉山たけし | 3位
5th | BGDH-1035 | 1994年6月22日 | 瞳そらさないで | 作詞:坂井泉水
作曲:織田哲郎
編曲:葉山たけし | 1位
6th | JBDJ-1001 | 1995年3月27日 | Teenage dream | 作詞:坂井泉水
作曲:栗林誠一郎
編曲:葉山たけし | 2位 | I wish
7th | JBDJ-1004 | 1995年6月19日 | 未来のために | 作詞:池森秀一
作曲:池森秀一・宇津本直紀
編曲:古井弘人 | 1位 | SINGLES+1
8th | JBDJ-1009 | 1995年12月11日 | LOVE FOREVER/少年 | (LOVE FOREVER)
作詞:山本ゆり
作曲:田川伸治
編曲:葉山たけし
(少年)
作詞:池森秀一
作曲:山根公路・田川伸治
編曲:古井弘人 | 4位 | I wish
9th | JBDJ-1015 | 1996年4月15日 | ひとりじゃない | 作詞:池森秀一
作曲:織田哲郎
編曲:古井弘人 | 3位
10th | JBDJ-1018 | 1996年7月1日 | SUNSHINE ON SUMMER TIME | 作詞:池森秀一
作曲:宇津本直紀
編曲:古井弘人 | 10位
11th | JBDJ-1020 | 1996年8月5日 | 素顔で笑っていたい | 作詞:池森秀一
作曲:織田哲郎
編曲:池田大介 | 8位
12th | JBDJ-1032 | 1997年8月27日 | 君がいない夏 | 作詞・作曲:小松未歩
編曲:池田大介 | 10位 | SINGLES+1
13th | JBDJ-1035 | 1997年12月17日 | 夢であるように | 作詞:池森秀一
作曲:DEEN
編曲:池田大介 | 13位
14th | JBDJ-1038 | 1998年2月18日 | 遠い空で | 作詞:小松未歩
作曲:吉江一男・小松未歩
編曲:池田大介 | 18位
15th | JBDJ-1040 | 1998年5月27日 | 君さえいれば | 作詞・作曲:小松未歩
編曲:池田大介 | 11位 | The DAY
16th | BVDR-11013 | 1998年11月18日 | 手ごたえのない愛 | 作詞・作曲:小松未歩
編曲:徳永暁人 | 13位
17th | BVDR-11015 | 1999年3月24日 | 遠い遠い未来へ | 作詞:AZUKI七
作曲:大野愛果
編曲:古井弘人 | 22位 | DEEN PERFECT SINGLES +
18th | BVDR-11021 | 1999年7月23日 | JUST ONE | 作詞・作曲:池森秀一
編曲:DEEN | 19位 | 'need love
19th | BVDR-11025 | 1999年11月3日 | MY LOVE | 作詞:池森秀一
作曲:山根公路・宇津本直紀
編曲:DEEN | 21位
20th | BVCR-19802 | 2000年4月19日 | Power of Love | 作詞:池森秀一
作曲・編曲:DEEN | 18位
21st | BVCR-19509 | 2000年11月15日 | 哀しみの向こう側 | 作詞:池森秀一
作曲:池森秀一・山根公路
編曲:山根公路 | 20位 | Ballads in Blue〜The greatest hits of DEEN〜
22nd | BVCR-19905 | 2002年1月30日 | 見上げてごらん夜の星を | 作詞:永六輔
作曲:いずみたく
編曲:DEEN・時乗浩一郎 | 18位 | 和音〜Songs for Children〜
23rd | BVCR-19908 | 2002年5月22日 | 夢で逢えたら | 作詞・作曲:大瀧詠一
編曲:DEEN | 44位
24th | BVCR-19602 | 2002年10月2日 | Birthday eve 〜誰よりも早い愛の歌〜 | 作詞:池森秀一
作曲:山根公路
編曲:DEEN・時乗浩一郎 | 11位 | pray
25th | BVCR-19605 | 2003年4月2日 | 翼を風に乗せて〜fly away〜 | 作詞:池森秀一
作曲:鈴木寛之
編曲:DEEN | 7位 | UTOPIA
26th | BVCR-19607 | 2003年8月13日 | 太陽と花びら | 作詞:池森秀一
作曲:池森秀一・時乗浩一郎
編曲:DEEN・大平勉 | 20位
27th | BVCR-19611 | 2003年10月1日 | ユートピアは見えてるのに | 作詞:池森秀一
作曲:土田則之
編曲:DEEN・大平勉 | 10位
28th | BVCR-19623・24
BVCR-10622 | 2004年4月28日 | レールのない空へ | 作曲:池森秀一
作曲:鈴木寛之
編曲:DEEN・鈴木寛之 | 18位 | ROAD CRUISIN'
29th | BVCR-19626・27
BVCR-19625 | 2004年6月30日 | STRONG SOUL | 作詞:池森秀一
作曲:山根公路
編曲:DEEN・時乗浩一郎 | 14位
30th | BVCR-19063 | 2004年12月22日 | 愛の鐘が世界に響きますように… | 作詞:池森秀一
作曲:山根公路
編曲:DEEN・大平勉 | 18位 | DEEN PERFECT SINGLES +
31st | BVCR-19958・9
BVCR-19957 | 2005年10月26日 | このまま君だけを奪い去りたい/翼を広げて | (このまま-)
作詞:上杉昇
作曲:織田哲郎
編曲:岩田雅之
(翼を広げて)
作詞:坂井泉水
作曲:織田哲郎
編曲:島健 | 9位 | DEEN The Best キセキ
32nd | BVCR-19970・1
BVCR-19972 | 2006年5月24日 | Starting Over | 作詞:池森秀一
作曲:織田哲郎
編曲:葉山たけし | 22位 | Diamonds
33rd | BVCR-19974・5
BVCR-19973
BVCR-19977 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/07/14 19:19

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「DEEN」の意味を投稿しよう
「DEEN」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

DEENスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「DEEN」のスレッドを作成する
DEENの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail