このキーワード
友達に教える
URLをコピー

E-Taxとは?

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
 | 
この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2018年4月)

e-Tax(イータックス)とは、国税庁が運営する、国税に係る申告・申請・納税に係るオンラインサービスの愛称である。正式名称を国税電子申告・納税システムという。オンライン通信にはインターネットを利用している。システムの開発・運用・保守は、国税庁がNTTデータに委託している(随意契約)。e-Taxから連動した電子納税には、Pay-easyが活用されている。

e-Taxには、いくつものセキュリティが施されており、中でも利用者の公的個人認証サービスによる電子署名が大きな特徴である。

目次

  • 1 利用状況
  • 2 長所(メリット)
  • 3 短所(デメリット)
  • 4 必要な推奨環境(国税庁において動作を確認した環境)
    • 4.1 e-Tax ソフト(WEB版)
    • 4.2 e-Tax ソフト
    • 4.3 周辺機器など
    • 4.4 留意事項
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

利用状況

2011年度(平成23年)の利用率は、重点15手続きで52.7%、所得税申告で43.7%、法人税申告で65.4%、法定調書合計表で68.5%である(一方、アメリカ合衆国内国歳入庁への個人所得税の申告における電子申告(e-file)の利用率は平成23年 (2011年) に77.2%であった)。開発費用は約500億円、年間維持費は約90億とされる。

2015年度の法人税申告件数のうち、約75%(約196万件)が利用したが、資本金が1億円以上の大企業は約52%(約1万件)にとどまっている。中小企業は税理士が経理書類をもとに申告書を作成し、電子申告するケースが多い。しかし、大企業は独自の経理・会計システムを構築しているため、電子申告を使わないケースが目立つ。「領収書などの書類を紙で決済する文化が根強くある」「紙での地方税申告を求める自治体があり、すべて紙で対応している」などの事情もあるという。

e-Taxの利用時間は、月曜日-金曜日の午前8時30分から24時(祝日等及び12月29日〜1月3日を除く。)。但し、所得税確定申告期については、24時間の受付を実施している。また、e-Taxとダウンロードコーナーの運転状況を公式サイト上にて告知している。

利用状況についての過去の記録は、公式サイト上にてPDFファイルにて告知されている。

長所(メリット)

特にその迅速性・効率性から、法人税理士等による利用が増加している。

短所(デメリット)

国税庁は、e-Taxの個人納税者への普及に努めており、利用による申告の迅速・簡易さが強調されている。しかし現実には、特に利用前のパソコンでの電子申告に関わる事前セットアップが、利用者負担の面で多くの障壁があり、「簡単に申告できる」とする国税庁のPRとの齟齬が生じている。簡便化と利用促進を図る国税庁との間には、様々なコンピュータ犯罪の可能性や、それを背景として立法された「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」の存在も影響を及ぼしており、これらが互いに相反し矛盾する関係にあることも齟齬が生じる大きな要因のひとつとなっている。

これらのデメリットを解消するための施策の一環として、平成19年 (2007年) 度から全国の税務署及び申告相談センター等において、各税務署等が代理送信をする設定としたパソコンを用意して、電子申告の体験版といえる「初回来署型電子申告」主体の確定申告相談会場を設置し(納税者がパソコンや電子証明書等を用意しなくとも電子申告できる)、パソコン操作に不慣れな者に対しては税務職員やアルバイト等がパソコン操作を補助する等の試みを行っている。平成19年度の利用率の急伸の背景には、この制度によるところのものが大きいとされている。

また平成19年 (2007年) 度では、あくまで体験版であり「翌年以後は自宅で電子申告を」という趣旨のものであったが、前述のとおり自宅で電子申告を行う際のセットアップにおけるハードルの高さは、依然として改善されていないため、平成20年 (2008年) 以降も「連年税務署等に来て電子申告を行っても良い」等、前年までのスタンスを変えた対応を取らざるを得ない状況となり、新たな問題も生まれている。

平成22年 (2010年) からは、パソコンの操作が少しでもできる者は、可能な限り自分でパソコンを操作して送信するスタンスで確定申告指導を行っており、主に勤労世代に対して、翌年以降は自宅のパソコンで申告するよう呼びかけ、確定申告期の税務署来署者の削減を図る方針が取られている。

必要な推奨環境(国税庁において動作を確認した環境)

 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2017年12月)

e-Tax ソフト(WEB版)

e-Tax ソフト

周辺機器など

留意事項

脚注

  1. ^ 国税庁「平成23年度におけるe-Taxの利用状況について(概要)」(平成23年4月)
  2. ^ 内国歳入庁「2011 filing season statistics」(2012年1月9日、2012年1月13日閲覧)
  3. ^ 2017/4/20 日本経済新聞 朝刊
  4. ^ 平成21年度におけるe-Taxの利用状況について(概要) (PDF)”. 2013年12月23日閲覧。
  5. ^ 平成22年度におけるe-Taxの利用状況について(概要) (PDF)”. 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ 平成23年度におけるe-Taxの利用状況について(概要) (PDF)”. 2013年12月23日閲覧。
  7. ^ 制度開始当初は平成19年分または平成20年分に限った2年時限の適用。平成20年 (2008年) 12月に適用が延長。
  8. ^ 広報では「3週間」と謳っているがこれは「15営業日」と同じ意味である。このため、ゴールデンウィークの前後には還付までの実日数が3週間よりも長くなる点に留意する必要がある。
  9. ^ 三井住友銀行
  10. ^ みずほ銀行
  11. ^ 足利銀行
  12. ^ 西日本シティ銀行
  13. ^ 池田信夫 blog「e-Taxの憂鬱
  14. ^ メディアテクノロジーラボ ブログ「e-Taxを利用した確定申告に挑戦。見事成功しました
  15. ^ 奥井規晶の「美しい日本の和魂洋才」「あえて国税庁に言いたい、「e-Tax」の使い勝手向上を望む
  16. ^ 広島県福山市による住民への案内例[1]。これと同様に、多くの地方自治体が、e-Taxに影響されたカード発行集中に対処を求められている。
  17. ^ 但し、納税者が送信主とならないため、5,000円の税額控除や、提出等が必要な書類の添付または提示の省略を行う等の特典を受けることはできなかった
  18. ^ 全電子申告件数のうちの過半数は、税務署等で体験的に作成した「初回来署型電子申告」によるものであった。
  19. ^ 国税庁の利用率向上策の一環として、国税職員に対して、職員自身の申告の際e-Taxを利用するよう強く勧奨していることも見逃せない、とされている。
  20. ^ e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって”. e-Tax. 国税庁. ‎2017-‎12-‎5閲覧。
  21. ^ ダウンロードコーナーのご利用に当たって【事前準備】」国税庁
  22. ^ 1 システム利用のための環境等”. e-Tax. 国税庁. 2017-‎12-‎5閲覧。
  23. ^ e-Taxソフト(SP版)を利用するに当たって
  24. ^ e-Tax利用の簡便化の概要(国税庁)

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/08 22:39

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「E-Tax」の意味を投稿しよう
「E-Tax」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

E-Taxスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「E-Tax」のスレッドを作成する
E-Taxの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail