このキーワード
友達に教える
URLをコピー

Globeとは?

globe

【別名】
globe featuring
globe extreme
【出身地】
日本
【ジャンル】
J-POP
トランス
ジャングル
オルタナティヴ・ミュージック
【活動期間】
1995年 -
【レーベル】
avex globe
【公式サイト】
globe Official Website
【】

【メンバー】
MARC PANTHER
(ラップDJ)
【】

【旧メンバー】
KEIKO
(ボーカル、1995年 - 2011年)
TETSUYA KOMURO
(シンセサイザーキーボードギターコーラス、1995年 - 2018年)

globe(グローブ)は、1995年8月にデビューした日本音楽ユニット。所属レコード会社はエイベックス。所属レーベルはプライベート・レーベルのavex globe

デビューアルバム「globe」は400万枚を売り上げた。ダブルミリオンを記録した「DEPARTURES」を始め「Can't Stop Fallin' in Love」「FACE」など多数のメガヒットシングルがある。安室奈美恵華原朋美TRFらとともに小室ファミリーの一時代を築きあげた。

現在、globeとしてはマーク・パンサーのみが活動を続けている。

目次

  • 1 メンバー
  • 2 来歴
    • 2.1 Feel Like dance - Love again(1995-1998)
    • 2.2 globe 4 SINGLES - CRUISE RECORD(1998-2000)
    • 2.3 ソロプロジェクト、コラボ、小室とKEIKOの結婚(2000-2002)
    • 2.4 globe decade(デビュー10周年)、活動休止状態(2003-2008)
    • 2.5 KEIKOソロ活動、小室哲哉詐欺事件、復帰(2008-2009)
    • 2.6 15YEARS(デビュー15周年)、KEIKOの療養による活動休止(2010 - 2014)
    • 2.7 globe 2 decade(デビュー20周年)(2015 - )
  • 3 globe extreme
  • 4 ディスコグラフィ
    • 4.1 シングル
    • 4.2 アルバム
    • 4.3 DVD・VHS
    • 4.4 BOX
    • 4.5 MIX-J
  • 5 レコード大賞
  • 6 NHK紅白歌合戦
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

メンバー

TETSUYA KOMURO
小室哲哉(東京都出身、1958年11月27日 - )作詞作曲編曲シンセサイザーキーボードギターピアノ、ヴォーカル、コーラス担当
MARC PANTHER
マーク・パンサー(日本名: 酒井龍一、フランスマルセイユ出身、1970年2月27日 - )作詞、ヴォーカル、ラップベース担当
KEIKO
ケイコ(本名: 小室桂子/旧姓: 山田、大分県臼杵市出身、1972年8月18日 - )作詞、コーラス、リードヴォーカル担当

globeが特定のメンバーをフィーチャーするときはglobe featuring ○○という形式を取る。過去にglobe featuring KEIKO、globe featuring MARC、globe featuring TK名義で、それぞれCDを発売をしている。

来歴

Feel Like dance - Love again(1995-1998)

1994年6月、エイベックス・グループ主催のイベント「avex rave '94」にて2 アンリミテッドが出演した際、既に付き合いのあったマーク・パンサー小室哲哉が「よく見て、勉強しておいて」と忠告した。同年8月小室が主宰するイベント「EUROGROOVE NIGHT」内で開催されたオーディションに山田桂子が出場し、舞台から滑り落ちるというアクシデントに遭いつつも、動揺せずに最後まで歌い終えたことがきっかけとなり結成の動きが始まった。「EUROGROOVE NIGHT」にはハーフのMCとしてANISSとマークが参加しており、まずはマークと山田によりユニット「Orange」が作られ、小室がそれに参加し山田はKEIKOに改名、ユニット名は英和辞書の通り「地球」を意味するglobeとなった。もう1つの由来は、「global」という形容詞の名詞形の様に世界展開も視野に入れて、カタカナ発音でも外国人に通じる共通言語として命名した。

当初のコンセプトは「日本版2 アンリミテッド」を構想しtrfが一段落したらプロデューサーとして一歩引いた形で取り組むつもりだった。しかし、「音色作りはもちろん小室主導・音源が完成した後もPVとライヴの時に小室の代わりを見つけないといけない」という壁に当たった。「キーボーディストのオーディションをする面倒を考えたら、自分が入ったほうが良い。それに『trfと戦う』というスケール感の大きいプロジェクトには、自分自身がミュージシャンとして関わりたい」という小室の意向で「ダンス・ミュージックDREAMS COME TRUE」「ターゲットは25歳前後」というコンセプトに変更した。ZARDのようにメディアに顔を出さないシークレット・アーティストのような形態を採っており、デビュー・シングルの「Feel Like dance」のPVは当初CG映像のみで、3rdシングルの「SWEET PAIN」に至っては製作すらしないという、小室ファミリーとしては異例の徹底振りであった。この方針は、歌は大丈夫だが写真慣れしていないKEIKOへの配慮・写真は大丈夫だがラッパーとして通用するかどうか疑問符のあったマークの本質と将来性を探り、3人が自分のポジションを自覚できてより良いパフォーマンスができる様にし音楽自体のクオリティを高めるためであった。

1995年8月9日1stシングル「Feel Like dance」(オリコン初登場3位)でデビュー。「Joy to the love (globe)」(オリコン初登場1位)、「SWEET PAIN」(オリコン初登場2位)とデビュー間もなく、いずれもミリオンセラー寸前となるヒット作を連発。知名度が爆発的に上昇するに至って、globeはテレビや音楽番組への出演を解禁。同時に、「Feel Like dance」のPVをglobeの歌唱映像に変更するなど、次第に露出度を増やしていくことになった。

1996年1月1日発売の4thシングル「DEPARTURES」は売上230万枚の大ヒットとなり、globeの代表曲にもなっている。同曲はオリコン年間シングルチャート2位、プラネットCDTVの年間シングルチャート1位を記録した。 3月31日発売の1stアルバム『globe』は売上400万枚以上のヒットとなった(翌年4月、出荷枚数455万枚の当時の日本記録を達成)。このアルバムは、同年の第38回日本レコード大賞アルバム賞に選ばれた。その後、GLAYB'zベスト・アルバムがこの記録を後を追うように更新するが、当時のavex依田会長は「オリジナルで超えてみろ」と発言したとされる。8月28日発売シングル「Is this love」のPVはアメリカ・アリゾナ州で撮影され、総額1億円という破格の撮影費が投じられた。 9月『Private Tour house of globe』。ロードムービー撮影という名目のglobe初のツアーを敢行。「Is this love」のCD購入者から抽選で招待してコンサートが行われた。

1997年3月12日、2ndアルバム『FACES PLACES』を発売。その後、前代未聞の大阪福岡名古屋東京4大ドームツアー「globe@4_domes」を敢行。5月には、初の日本国外でのツアー「TK PAN-PACIFIC TOUR '97 IN TAIPEI」開催。安室奈美恵TRFとともに台湾・台北を訪れ、テレビ出演やライブを行った。

1998年3月31日発売の3rdアルバム『Love again』発売初日に200万枚出荷し、デビューアルバムから『Love again』までの3枚のアルバムの総出荷枚数が2年で1000万枚を超える。これはデビューアルバムからの出荷枚数1000万枚超えの記録を大幅に更新することになった。7〜8月には、4都市7公演の全国ツアー「globe tour 1998 “Love again”」を敢行した。

globe 4 SINGLES - CRUISE RECORD(1998-2000)

同年秋、「BRAND NEW globe 4 SINGLES」と題し、9月2日に「wanna Be A Dreammaker」、9月23日に「Sa Yo Na Ra」、9月30日に「sweet heart」、10月7日に「Perfume of love」と4連続シングルリリースを行う。10月26日付のオリコン週間シングルチャートにて4曲が同時に上位10位以内にチャートインした。これはオリコンシングルチャート史上初の記録であり、「発売日が異なる再発でない同一アーティストによるシングルの複数チャートイン」として現在も記録が保持されている。それらの活動が認められ、「wanna Be A Dreammaker」で1998年第40回日本レコード大賞を受賞した。また、この4枚のシングルを購入し、それぞれに封入されている応募券を送ると非売品シングルCD「winter comes around again」が応募者全員にプレゼントされるという企画を実施(当時はライブなどで一切この楽曲は演奏されることはないと言っていたが、2002年11月発売のベスト・アルバム『8 Years 〜Many Classic Moments〜』でTK mixで収録)。

1999年2月、初のリミックスアルバムの公開レコーディングが行われた(当日はタイトル未定であり、後に『FIRST REPRODUCTS』として発売)。このレコーディングに参加できたのは、アルバム『Relation』を購入し、応募してきた10万通の中から選ばれた200組400人、抽選倍率は約500倍であった。 9月22日、アルバム『CRUISE RECORD 1995-2000』の発売日に大阪 Virgin Megastore 心斎橋店にて発売記念インストアイベントが行われた。この日はイベントだけではなく、「1day globe ジャック!!」と銘打ち店内全てをglobeのCDで埋め尽くすという、大胆な企画も決行された。

2000年1月、globe初のライブハウスコンサート敢行。今回のライヴに参加できたのは、「Coca Cola TOUCH THE globe LIVE 2000! キャンペーン」の応募総数115万枚から選ばれた2,700人でチケットの入手倍率は約100倍であった。

ソロプロジェクト、コラボ、小室とKEIKOの結婚(2000-2002)

同年3月以降、メンバーそれぞれのソロプロジェクトが始まる。3月29日にそれぞれがglobe featuring KEIKO、globe featuring MARC、globe featuring TKとしてシングルを同時リリース。KEIKOはその年にソロコンサートツアーを2度行った。

2001年9月11日のアメリカの同時多発テロを受け、被害地の一刻も早い復興の願いをこめ、『songnation(一部、song+nationと表記)』というプロジェクトを小室哲哉およびMAX松浦を中心として発足し、チャリティーCDを発売。その第一弾にKEIKOが、ayumi hamasaki & keiko 名義で「a song is born」を発売した。 songnationとして、翌年1月にアルバム『songnation』を、3月にそのリミックス盤『songnation 2 trance』を発売。リミックスアルバムにはglobeとして参加した。

2002年7月、ベルギーDJであるPUSHとのコラボレーションシングル「dreams from above」を発売。 同年9月、X JAPANYOSHIKIが加入し、11月27日、シングル「seize the light」発売。しかし以降、YOSHIKIが関わったオリジナル楽曲は発表されていない。

11月22日、小室哲哉とKEIKOが結婚。

globe decade(デビュー10周年)、活動休止状態(2003-2008)

2003年6月、トランスJ-POPの融合をにらんで発足されたプロジェクト『Cyber X』にKEIKOがCyber X feat. KEIKOとして「be true」を発売。7月9日に開催予定だった東京ドーム公演は、アジアを拠点として活動することを目標としていたこともあり、新型インフルエンザイラク戦争など国際情勢悪化の影響で中止された。 12月、KEIKOのソロシングル『KCO』が発売。

2004年8月のデビュー10年目を迎えた際に、翌年8月9日の10周年までの1年間を「globe decade」と題してさまざまな活動を行うと小室哲哉が公式ウェブサイトで発表。globe decadeの活動として、2004年10月より2005年1月までglobe decade tourを敢行。また12月には未発表曲であった「Judgement」をツアーにて初披露した。翌年3月、exciteの有料音楽配信にてglobeとして初の配信となる「Judgement (studio live version)」をCD音源化前に発表。

2005年8月10日、アルバム『globe2 pop/rock』発売。また、a-nation'05にサプライズ・アーティストとして参加。「ポップアジア2005」に日本代表として参加し、5曲を熱唱した。

2006年8月9日、globe初のミニアルバム『new deal』を発売。その後、事実上の活動休止状態に陥る。

2007年12月25日にファンクラブ「house of globe」によるイベントが行われ、1年4か月ぶりにメンバー3名が揃い、ファンの前で数曲を披露した。このイベントにおいて、今後のglobeとしての活動展望が明かされたが、翌年、1月29日にファンクラブであるhouse of globeが、一部サービスの滞りを理由にファンクラブの休止を発表。

KEIKOソロ活動、小室哲哉詐欺事件、復帰(2008-2009)

2008年3月12日に、ユニバーサルミュージックに移籍したKEIKOが「KCO」名義で「春の雪」を発売し、4月30日にソロとしてはファーストアルバムとなる『O-CRAZY LUV』を発売した。

6月16日、小室のブログの記事において、globeが活動再開を宣言。8月31日、a-nationにシークレットアーティストとして出演し、停滞していた活動を約2年ぶりに再開させた形となった。

11月4日、小室が5億円の詐欺容疑で逮捕された。そのため、エイベックスは2008年11月~2009年1月までに発売が予定されていたシングル3枚の発売中止ならびにglobeの全曲の配信を停止することを発表。これによりglobeは活動不能の状態となった。事件に関しては小室哲哉#5億円詐欺容疑による逮捕・起訴参照。

2009年8月22日、a-nationにシークレットアーティストとして登場し、音楽活動に復帰した。その中で、小室哲哉は観客に向かって頭を下げ続け謝罪の挨拶をした。その模様は期間限定でエイベックスの携帯電話向け動画サイトBee TVで配信された。また、この日よりglobeの楽曲配信を再開した。

15YEARS(デビュー15周年)、KEIKOの療養による活動休止(2010 - 2014)

2010年9月29日、15周年記念盤『15YEARS』3種が発売。2008年11月に発売が中止されたシングル「Get Wild」と同シングルのカップリングであった「Spicy Girls」を収録。3種類のうち『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』のアルバムジャケットはシングル「Get Wild」で使用される予定だった北条司の描き下ろしイラストが採用されている。

2011年10月24日、KEIKOが自宅にいる際に首の後部に激痛を訴え倒れた。夫である小室が救急車を呼び都内病院に緊急搬送される。診断の結果「クモ膜下出血」と判明し、25日未明から約5時間にわたる手術を受けた。そのため活動不能の状態となったが、2012年9月に小室が自らのTwitterにて病気療養中のKEIKOが回復するまで、マーク・パンサーと2人で活動再開する旨を発表した。

2013年3月27日、globeの楽曲を小室哲哉とMARCがEDM (Electronic Dance Music)スタイルにリミックスしたアルバム『globe EDM Sessions』が発売された。

globe 2 decade(デビュー20周年)(2015 - )

2015年3月25日、デビュー20周年を記念して女性ボーカル&男性ラッパーによるユニット「baby globe(仮)」のオーディションを開始した。 8月5日、これまで発表した曲から20曲を小室哲哉自身により、リプロダクトしたアルバム『Remode 1』発売。 8月9日、『globe 20th anniversary special event』をシンセサイザーを小室哲哉、DJをMARCで新宿ステーションスクウェアにおいてフリーイベントとして実施。イベント冒頭にKEIKOの手書きメッセージを本人が読み上げる形でKEIKOの肉声が流れた。 12月16日HYDE浜崎あゆみなどが参加した『#globe20th -SPECIAL COVER BEST-』を発売。

2016年3月、globe MUSIC VIDEO ドラマ PROJECT をたちあげ、「FACE」が池田エライザ主演、薮内省吾監督で映像化された。 また、デビュー20周年の締めくくりとして、リプロダクト・アルバム『Remode 2』(8月3日発売)、Blu-rayボックス『globe 2 decade -live blu-ray box-』(9月7日発売)をリリース、「globe 20th FINAL ニコ生スペシャルナイト」(8月8日、六本木ニコファーレ)を開催。

2017年8月15日、小室自身の公式Instagramにて、療養中であるKEIKOの歌声を公開した。動画には「2016〜2017 KEIKO」と文字が浮かんでおり、小室は「病気後に創って唄ってみたkeikoの声です。きっと今はもっと上手になってると思う」とコメントしている。なお、KEIKOが病気発症以降、本人の歌声が公開されたのは初めてとなる。

globe extreme

globe extreme

【別名】
globe
【出身地】
日本
【ジャンル】
J-POP
トランス
【レーベル】
avex globe
【公式サイト】
globe Official Website
【】

【メンバー】
TETSUYA KOMURO(シンセサイザーキーボードギター)
MARC PANTHER(ラップ)
KEIKO(ボーカル)
YOSHIKI(ピアノギター)

globe extremeは、globeのメンバー3人にX JAPANのYOSHIKIを加えた4人で活動するときのユニット名である。YOSHIKIは2002年9月にglobeの4人目のメンバーとして加入、同年11月に唯一globeとして参加、作詞・作曲・編曲とギター演奏をした楽曲「seize the light」があるが、2005年8月に行われた『globe2 pop/rock』リリースパーティーにおいて、今後はオリジナルメンバーとしてでなくサイドメンバーとして一緒に活動し、活動の際はglobe extremeと称すると発表した 。しかしながら現在までglobe extremeとしての活動はない。


ディスコグラフィ

専用のレーベル「avex globe」のため基本的には特有の品番(AV*G)を割り振られている。

シングル

通常シングル
№ 発売日 タイトル 販売形態 規格No. 最高位
1st | 1995年8月9日 | Feel Like dance | 8cmCD | AVDG-71001 | 3位
2nd | 1995年9月27日 | Joy to the love (globe) | AVDG-71002 | 1位
3rd | 1995年11月1日 | SWEET PAIN | AVDG-71003 | 2位
4th | 1996年1月1日 | DEPARTURES | AVDG-71004 | 1位
5th | 1996年3月27日 | FREEDOM | AVDG-71005 | 3位
6th | 1996年8月28日 | Is this love | AVDG-71006 | 1位
7th | 1996年10月30日 | Can't Stop Fallin' in Love | AVDG-71007 | 1位
8th | 1997年1月15日 | FACE | AVDG-71008 | 1位
9th | 1997年3月5日 | FACES PLACES | AVDG-71009 | 3位
10th | 1997年4月9日 | Anytime smokin' cigarette | AVDG-71010 | 6位
11th | 1997年10月15日 | Wanderin' Destiny | AVDG-71011 | 2位
12th | 1998年3月31日 | Love again | AVDG-71012 | 9位
13th | 1998年9月2日 | wanna Be A Dreammaker | AVDG-71013 | 1位
14th | 1998年9月23日 | Sa Yo Na Ra | AVDG-71014 | 1位
15th | 1998年9月30日 | sweet heart | AVDG-71015 | 1位
16th | 1998年10月7日 | Perfume of love | AVDG-71016 | 2位
- | 非売品 | winter comes around again | AVCS-10153 | -
17th | 1999年3月25日 | MISS YOUR BODY | AVDG-71017 | 6位
18th | 1999年9月8日 | still growin' up | AVDG-71018 | 4位
19th | 1999年12月15日 | biting her nails | 12cmCD | AVCG-71019 | 13位
20th | 2000年6月14日 | とにかく無性に… | AVCG-71023 | 4位
21st | 2000年11月22日 | DON'T LOOK BACK / like a prayer | AVCG-71024 | 5位
22nd | 2001年3月28日 | garden | AVCG-71025 | 19位
23rd | 2001年8月1日 | try this shoot | AVCG-71026 | 10位
24th | 2001年11月14日 | Stop! In the Name of Love | AVCG-71027 | 7位
25th | 2001年12月5日 | genesis of next | AVCG-71028 | 8位
26th | 2002年2月6日 | Many Classic Moments | AVCG-71029 | 24位
27th | 2002年4月10日 | OVER THE RAINBOW / INSPIRED FROM RED & BLUE | CCCD | AVCG-71030 | 10位
28th | 2002年11月27日 | seize the light | AVCG-71032 | 8位
29th | 2003年3月26日 | get it on now feat. KEIKO | AVCG-71033 | 35位
30th | 2005年6月29日 | Here I Am / New Album Playlist | 12cmCD | AVCG-71037
AVCX-71037 | 9位
globe featuring
名義 発売日 タイトル 販売形態 規格No. 最高位
globe featuring KEIKO | 2000年3月29日 | on the way to YOU | 12cmCD | AVCG-71020 | 5位
globe featuring MARC | 2000年3月29日 | THE MAIN LORD | AVCG-71021 | 15位
globe featuring TK | 2000年3月29日 | Throwin' down in the double 0 | AVCG-71022 | 10位
コラボレーションシングル
名義 発売日 タイトル 販売形態 シリアル 最高位
globe vs push | 2002年7月31日 | dreams from above | 12cmCD | AVCG-71031 | 12位
push vs globe | 2003年 | Tranceformation | デジタル・ダウンロード | - | -
企画参加シングル
名義 発売日 タイトル 販売形態 シリアル 最高位
TK Presents こねっと | 1997年1月1日 | YOU ARE THE ONE | 8cmCD | KPDD-20171 | 1位
song+nation featuring globe | 2002年3月6日 | Many Classic Moments Remix | 12cmCD | AVCD-30355 | 49位
販売中止シングル
発売日 タイトル 販売形態 規格No. 備考
2008年11月26日 (2008-11-26) | Get Wild | 12cmCD | AVCG-70069
AVCG-70070 | TM NETWORKの同曲のカバーを表題曲とする予定だった。
収録予定曲は表題曲と新曲『Spicy Girls』。のちに『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』にて2曲とも収録された。
2008年12月17日 (2008-12-17) | Self Control | AVCG-70071
AVCG-70072 | 『Get Wild』と同様にTM NETWORKの同曲のカバーを表題曲とする予定だった。
収録予定曲は表題曲と新曲(タイトルなどは不明)のほかに、規格品番によって違う曲の"mega-mix"というトラックが収録される予定だった。
2009年1月 (2009-01) | - | - | - | -

アルバム

オリジナルアルバム
№ 発売日 タイトル 規格No. 販売形態 最高位
1st | 1996年3月31日 | globe | AVCG-70001 | CD | 1位
2nd | 1997年3月12日 | FACES PLACES | AVCG-70002 | 1位
3rd | 1998年3月31日 | Love again | AVCG-70003 | 1位
4th | 1998年12月9日 | Relation | AVCG-70004 | 1位
5th | 1999年9月22日 | CRUISE RECORD 1995-2000 | AVCG-70006~7 | 1位
6th | 2001年3月28日 | outernet | AVCG-70008 | 9位
7th | 2002年2月6日 | Lights | AVCG-70010 | 2位
8th | 2002年4月17日 | Lights2 | AVCG-70011 | 2位
9th | 2003年3月26日 | LEVEL 4 | AVCG-70014 | CCCD | 17位
10th | 2005年8月10日 | globe2 pop/rock | AVCG-70062 | CD | 5位
11th | 2006年3月23日 | maniac | AVCG-70066~7
AVCX-70066~7 | 12位
ミニアルバム
№ 発売日 タイトル 規格No. 販売形態 最高位
1st | 2006年8月9日 | new deal | AVCG-70068
AVCX-70068 | CD | 20位
ベスト・アルバム
発売日 タイトル 規格No. 販売形態 最高位
1999年9月22日 | CRUISE RECORD 1995-2000 | AVCG-70006~7 | CD | 1位
2002年11月27日
2004年1月28日 | 8 YEARS 〜Many Classic Moments〜 | AVCG-70013
AVAG-72200 | CCCD
DVD-Audio | 2位
2002年12月26日 | Ballads & Memories | AVCG-70015 | CCCD | 13位
2004年3月31日 | 8 YEARS 〜Many Classic Moments〜 + DVD | AVCG-70019/B | 265位
2005年2月16日 | globe decade -single history 1995-2004- | AVCG-70020~2
AVCX-70020~2 | CD
CCCD | 8位
globe decade -complete box 1995-2004- | AVCG-70023 | 39CD+9DVD | 158位
2007年4月13日 | (avex ARCHIVES) COMPLETE BEST globe vol.1 | AQC1-50252 | CD | -
(avex ARCHIVES) COMPLETE BEST globe vol.2 | AQC1-50253
2010年9月29日 | 15YEARS -ANNIVERSARY BOX- | AVCG-70077 | 20CD+13DVD | 66位
15YEARS -TK SELECTION- | AVCG-70097 | 5CD+2DVD | 38位
15YEARS -BEST HIT SELECTION- | AVCG-70102~4 | 3CD | 19位
リミックスアルバム
発売日 タイトル 規格No. 販売形態 最高位
1999年3月31日 | FIRST REPRODUCTS | AVCG-70005 | CD | 4位
2000年8月30日 | SUPER EUROBEAT presents EURO global | AVCD-11845 | 3位
2001年9月12日 | global trance | AVCG-70009 | 4位
2001年11月10日 | global trance ep | RR12-88323 | アナログ盤 | -
2002年9月26日 | global trance 2 | AVCG-70012 | CCCD | 22位
2003年3月19日 | PIANO globe 〜globe piano collection〜 | AVCG-70016 | 92位
2003年9月3日 | global trance best | AVCG-70017/B | CCCD+DVD | 15位
2011年8月10日 | house of globe | AVCG-70106 | CD | 81位
2011年8月10日 | Ragga globe ~Beautiful Journey~ | AVCD-38317 | 225位
2013年3月27日 | globe EDM Sessions | AVCG-70107A | 69位
2014年2月5日 | GDM | AVCG-70108 | 59位
2015年8月5日 | Remode 1 | AVCG-70109~10 | 2CD | 12位
2016年7月27日 | deep JAZZ globe | - | デジタル・ダウンロード | -
2016年8月3日 | Remode 2 | AVCG-70114/B | CD+DVD | 12位
企画参加アルバム
発売日 タイトル 規格No. 販売形態 最高位 収録曲
2002年3月6日 | song+nation 2 trance | AVCD-17096 | CD | 40位 | Many Classic Moments / a song is born(globe version)
トリビュートアルバム
発売日 タイトル 規格No. 販売形態 最高位
2015年12月16日 | #globe20th -SPECIAL COVER BEST- | AVCG-70111~2(COVER+BEST)
AVCG-70113(COVER) | 2CD
CD | 8位

DVD・VHS

タイトル 発売日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/18 04:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「Globe」の意味を投稿しよう
「Globe」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

Globeスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Globe」のスレッドを作成する
Globeの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail