このキーワード
友達に教える
URLをコピー

IPodとは?

iPod classic
第4世代iPod shuffle

iPod(アイポッド)は、アップルが開発・販売する携帯型デジタル音楽プレイヤー。本体に搭載されている記憶装置に数百から数万曲の音楽を保存することができる。

現在、アップルより発売されているiPodiPod touch(アイポッド・タッチ)のみである。

バリエーション

アップルは2017年7月までは3種類のiPodを販売しており、モデルによって容量やデザインが異なっていたが、同年7月27日にiPod shuffleとiPod nanoのアップルストアでの取り扱いを終了した。

2017年7月現在アップルストアで販売されているのはiPod touchのみである。

iPod classicは初代iPodからの流れを汲むシリーズであったが、2014年9月10日にアップルストアでの取り扱いを終了した。

iPod miniiPod nanoの登場に伴い生産中止された。「iPod U2 Special Edition(アイポッド・ユーツー・スペシャル・エディション)は第5世代iPodの登場に伴って一旦生産中止されたが、2006年6月6日、第5世代iPodの30GBモデルをベースに、背面のステンレススチールまで黒いオールブラックの筐体で再登場した。

第一世代を発売した時期に他のメーカーは数十MBのSDカード等を音楽ファイルのストレージにしており、突然5GBの音楽プレイヤーを発売したことは大きな衝撃であった。

iPodはその時期に応じて投入される新しい世代の存在が牽引力になり、2001年にオリジナルモデル(第1世代)が登場して以来、市場の中で高い地位を確保し続けている。なお、多くのハードディスク型デジタルオーディオプレーヤーと同様に、現在のドライブ容量は音楽、画像向けに利用されていて、データストレージといった用途ではほとんど宣伝されていない。

iPod(オリジナルからの流れをくむiPod)

詳細は「iPod classic」を参照

ハードディスク内蔵タイプ。iPod系列で最大の保存容量を有している。2014年9月に販売終了。

iPod mini

詳細は「iPod mini」を参照

1インチハードディスクを内蔵し、オリジナルのiPodよりも小型軽量。2005年9月に販売終了。

iPod shuffle

詳細は「iPod shuffle」を参照

液晶画面を廃し、シャッフル再生に特化したタイプ。衣服等に付けるためのクリップを備えており、VoiceOver(ボイス・オーバー)機能により再生している楽曲を合成音声で読み上げる。2017年7月に販売終了。

iPod nano

詳細は「iPod nano」を参照

フラッシュメモリを使い、iPod miniよりもさらに小型化したシリーズ。iPod miniの後継機種にあたる。第5世代のみカメラ採用。第6世代よりカメラ採用せず、タッチスクリーンに対応した、。2017年7月に販売終了。

iPod touch

詳細は「iPod touch」を参照

全面タッチパネルによるユーザインターフェースをもち、無線LANによるウェブブラウズ、アプリケーションの追加などが可能。iPodシリーズで唯一iOS(アイオーエス)を採用し、iPhone(アイフォーン)に準じた仕様である。 iPod史上最高ストレージの256GBだ。(2019年モデルiPod touch (第7世代)のみ) 未だに、Apple Storeで販売中。(2020/03/28現在)

特徴

iPodのホイール部分。一部の機種を除きこれでほぼ全ての操作を行う

iPodは光沢のある白または黒、金属的な銀を基調としたシンプルなデザインで、iPodおよび第1、第3世代のiPod nanoの裏面は鏡面加工されたステンレスを用いて高級感を演出している。

最初のiPodは「四角と丸で表す事ができる」デザインで、後の世代やmininanoもそれを踏襲している。大きな液晶画面を備え、その下にはiPodの象徴とも言うべきホイールがある。このホイールを用いて選曲、音量調整、早送り、巻き戻し、画像・動画閲覧などすべての操作を直感的に行える。このデザインは、液晶のないshuffleですらホイールとよく似た形のコントロールパッドを備えるほどに一貫していた。ただし、2014年9月のiPod classic販売終了以降、このデザインを採用しているモデルはない。touchは従来のiPodとは異なり、表面全体を液晶画面とし、それに触れることで直観的な操作を実現している。

iPodには1G、2G、3Gというように明確な世代が存在する。なお、これらの数字の後ろにある「G」は、「世代」を意味する英単語である「ジェネレーション」の略である。日本語においては第1世代などと称されることもある。

iPodへ音楽・動画やそのプレイリスト、写真などを転送するには、iTunesもしくはXPlayなどのアプリケーションを使用する。開発元のアップルではiTunesを使用することを推奨している。

ユーザインタフェース

「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」等で管理される階層的な検索システムを持つ。これは クリエイティブテクノロジーの持つ、「ZEN特許」とも呼ばれているユーザインターフェース関連の特許に該当し、他社製プレイヤーにも同様のユーザーインターフェースを持つ物がある。なお、Appleはクリエイティブテクノロジー訴訟に対し1億ドルの和解金を支払い、和解した。

iPod(のちのiPod classic)、第5世代までのiPod nanoiPod miniユーザインタフェースは、中央のスクロールホイールを使って操作し、階層構造をたどって選曲するタイプのものである。この方法により、何千曲ものライブラリがあったとしても、ユーザは容易に選曲をすることが可能である。また、再生中の曲の頭出しや早送り、音量調整、収録されているゲームの操作や写真・動画の閲覧も、全てスクロールホイールによって行うことができる。このデザインは第1世代から踏襲されており、スクロールホイール(その後、クリックホイールに改良されている)はiPodの象徴ともなっている。

iPod touchiPhoneiPadiPod nano(第6世代以降)などは、タッチパネルでの入力となっており、こちらも直感的な操作ができるように工夫されている。

また、GUIの言語はmacOS同様、21言語を切り替えて使用できる。

モノクロディスプレイの液晶表示の書体は、英数字フォントに「Chicago(シカゴ)」、日本語フォントに「Osaka(おおさか)」を採用している。これは9.X以前のMac OSにおいて表示用全般として使われていたフォントである。第4世代以降のカラーiPodは、書体として英数字に「Helvetica(ヘルベチカ)」、日本語にはゴシック体の「ヒラギノ」を採用している。「Osaka」以外はいずれもアンチエイリアス処理がなされている。ただし、第4世代以降のiPodでもディスクモードにしたときのフォントはChicagoになる。

USBストレージ

iPod Touchを除く現行モデルのiPodはUSB大容量記憶装置としても利用できる。過去のモデルではFireWire接続の外付けディスクとして利用できるものもあったが、2005年9月発表のiPod nano以降のモデルではFireWire接続には対応していない。マッキントッシュはFireWire接続の外付けディスクを起動ディスクとすることも可能だが、アップル社はiPodの起動ディスクとしての利用を推奨していない。

ソフトウェア

iPodにはさまざまなソフトウェアが搭載されていて、またパソコン側のiTunesを通して、バックアップもとれる。

ミュージック
iPodMP3WAVAAC/M4AProtected AAC/M4P、AIFFAudible audiobook/AA/M4B、Apple Lossless音声ファイルフォーマット/M4AおよびM4Vの再生に対応する。ただし、iPod shuffleApple Losslessには対応していない。また、第5世代のiPodではこれに加えて H.264MPEG-4の再生にも対応する。iTunes for Windowsでは、コピーガードが無いWMAファイルをAAC、MP3、WAVの各形式に変換し、iPodに取り込めるようにもできる。
アップルはiTunesメディア・ライブラリー・ソフトウェアと連携して利用することを前提としてiPodを設計した。iTunesはコンピュータおよびiPod上の音楽ライブラリを扱うためのソフトウェアである。iTunesは特定のプレイリストまたは音楽ライブラリ全体の内容を、ホスト・コンピュータとiPodを接続するたびに自動同期することができる。もちろん、iTunes上で作成した スマートプレイリスト を、そのままiPodに転送することや、iPod上で自動的に更新させることも可能である。また、自動同期を行わず、全ての曲とプレイリスト、あるいは一部のプレイリストのみを手動管理することもできる。
ユーザーはiPodないしiTunes上で音楽のレーティングをつけることもでき、0〜5つ星まで指定可能である。
VoiceOver(ボイスオーバー)
再生している楽曲を合成音声で読み上げる機能。iPod shuffleiPod nanoに搭載。液晶を持たないiPod shuffleを除くiPodは、音楽再生機能に加えて簡易なPDA的な機能を備えていて、PDAの初心者には便利である。最新のiPod touch 64GBを例にとって見ると、
メモ、連絡先
「メモ」では簡単なメモを入力して、各メモの最初の行をリスト名として、あとで見ることができる。ただし、リストは作成日時の逆順に表示されるだけで、アルファベット・五十音順、または分類項目順などにはできない。なお、「連絡先」もすべてアルファベット・五十音順になり、分類項目順(親類、知人、同僚など)にはできない。
写真アルバム
「写真」では、iTunesで指定したパソコン側のフォルダーまたはAdobe Photoshop Album(アドビPhotoshop 2.0.1までを出荷して、その後販売を中止)のコレクションから同期の時にiPodへダウンロードして、写真アルバムを見ることができる。リストはフォルダー名またはコレクション名の五十音順・アルファベット順になる。
多言語処理
「設定」の「一般」から「言語環境」で、世界の30に渡る言語環境から自分の好きな言語を選ぶことができる。また同様に「キーボード」から「各国のキーボード」で、43の各国語のキーボードから日本語、英語(米国)、ロシア語、簡体字中国語など複数を自由に選ぶことができ、これらは入力の際にはキーボードのシフトキーの横の地球マークを押すたびに入れ変わり、外国語ができる人には大変便利である。ただし、英語にはプレディクター機能(例えば「sch」までを入れた段階で「schedule」、「school」などを選択できる機能)はなく、またロシア語を英語キーボード方式で入れるような機能もない。
iTunesでの同期(パソコン側)
詳細は「iTunes#パソコンとの同期」を参照
パソコン側のiTunesソフトは音楽データをiPodに送るだけでなく、PDA機能であるカレンダー、連絡先、メモ機能などをiPodまたはパソコン上の最新情報をお互いに同期させる機能がある。これはあらかじめパソコンにiPodを接続したときに自動的に同期するように指定しておくか、同期させたいときにそのつど「ファイル」から「iPodを同期する」を選んでできる。マッキントッシュの利用者は、address bookでの連絡先データ・iCalアプリケーションでのスケジュールデータの同期を行える。Windowsパソコンの利用者は、Outlookにある予定表、連絡先、メモと同期できるが、iPodには初歩的なPDA機能しかなく、Outlookのカレンダーはすでにある項目の更新は同期されず、また旧暦などのデータも同期はなくて、連絡先は分類項目別(家族、友人など)にはiPod側では表示されず、メモもやはり分類項目別に表示されるわけではない。

ゲーム

iPodではちょっとした待ち時間等をつぶす、という目的で使えるゲームも搭載されている。

第1世代および第2世代のiPodにはブロック崩しゲームの「Brick」が収録されている。

第3世代および第4世代のiPodiPod miniiPod nano(第1世代および第2世代)にはBrickの他に3つのゲームが含まれる。

Parachute(パラシュート)
ユーザーが砲塔を操作し、降下兵やヘリコプターを撃墜するゲーム。このゲームはマーク・アレンによるApple IIゲーム『Sabotage(サボタージュ)』を移植したもの。最高は1,000点であり、それを越すと降下兵やヘリコプターは出てこなくなる。稀に降下兵がパラシュートを付けずに落ちてくることがある。手足をじたばたさせながら急降下するが、1秒以内にパラシュートを開く。パラシュートを狙って撃つと降下兵のみが地面に降りてくる。地面にすでに降下兵がいた場合、その降下兵もセットで消える。降下兵が降りると同時にヘリを破壊すると、ヘリの残骸が飛んできて前述のような事が起こることがある。降下兵が下に降りてきた状態で終了すると、爆弾を投げられ、砲塔が爆発する。だが砲塔から飛んでくる残骸で残りの兵士も死ぬ。
Solitaire(ソリテア)
クロンダイクトランプのソリティアのような簡単なカードゲーム。
Music Quiz(ミュージック・クイズ)
ユーザー自身の音楽の一部を使用する対話形式の音楽クイズ。最初は選択肢が5つで、時間経過と共に選択肢が減っていく。もちろん選択肢が多いうちに答えるとより高い得点が得られる。100問出題されるとループする仕組みになっている。曲を途中停止する事も可能だが、現在のソフトウェアでは曲を途中停止して答えるとペナルティとしてポイントが与えられない仕組みとなっている。ただし途中停止を解除して答えるとペナルティにならず通常の正解扱い。なお100万点以上ポイントを獲得した場合、途中停止してもタイムゲージが進んでしまう機能があるため、100万点以上の点のときに曲の再生を停止してもあまり意味は無い。

またメモ機能を利用して、簡単なgames(ゲームズ)iPod上で楽しんだり、restaurant information(リストラント・インフォメーション)を入れておいたりといった使い方がされていた。

第5世代は当初第3世代および第4世代同様の4つのゲームが添付されているのみだったが、2006年9月12日に公開されたiPodソフトウェア1.2から、iTunes Store(アイチューンズ・ストア)からダウンロード購入したゲームを追加できるようになった。ゲームは1タイトル600円である。具体的にはiPodのゲームタイトル一覧を参照のこと。

iPod classicおよびiPod nano(第3世代)には以下の3つのゲームが含まれるほか、iTunes Storeからダウンロード購入したゲームも追加できたが、2011年10月に取り扱いを終了している。VortexiPod Quizは第5世代iPod向けにiTunes Storeからダウンロード販売されているものである。

Vortex(ボーテックス)
360°型のブロック崩しゲーム。クリックホイールを使って行う。
Klondike(クロンダイク)
カードゲーム。上記「Solitaire」の強化版。
iPod Quiz(アイポッド・クイズ)
クイズゲーム。上記「Music Quiz(ミュージック・クイズ)」の強化版の他、海外芸能・音楽理論についてのカルトクイズ等含まれる。ただし「Music Quiz2(ミュージック・クイズ・ツー)」以外は英語版のみ。

iPod touchはファームウエア2.0以降でiTunes storeApp store(アップ・ストア)からゲームやそのほかのアプリケーションを入れることが可能である。

ハードウェア

iPodのデータ転送は、現在販売されている全てのモデルにおいて高速USB 2.0、そして転送速度は遅いがUSB 1.1に対応している。

第2世代iPodまではFireWire(ファイアーワイアー)のみに対応、第3・第4世代のiPodiPod miniはUSBおよびFireWireに対応をしていたが、第5世代のiPodおよびiPod nanoではFireWireは充電専用となり、データの転送を行うことは出来なくなった。なおFireWireでパソコン等と接続すると転送できない旨が表示される。あまり意味の無い裏技として、FireWire端子を持つiPodと接続しても表示される。

iPodの内蔵バッテリへの充電は、コンピュータやiPodACアダプタFireWire端子(shuffle以外の全モデル)またはUSB端子(第4世代およびそれ以降のモデル)に接続することで行う。アップル社純正のACアダプタは、USB接続に対応するものとFireWire接続に対応するものの2種類のアダプタがある。iPod miniiPod nanoおよび第3世代以降のiPodは、コンピュータのFireWireまたはUSBポートにケーブルを介して接続する際に30ピン Dockコネクタ を使用する。なおDockコネクタ自体は日本航空電子工業のDD1を用いている。

なお、第1世代のiPod shuffleの充電及びデータ転送はコンピュータやUSBハブのUSB端子を介して行うことができ、接続にはUSB端子に直接差し込むほかに、USB延長ケーブルiPod shuffle向けに用意されたiPod shuffle Dock(アイポッド・シャッフル・ドック)を用いることもできる。第2世代ではiPod shuffle専用のDockを介し USB 端子へ接続して行う。また、第5世代以降のiPod touch、第7世代のiPod nanoでは、外部接続端子としてLightningコネクタを使用している。

iPodの第1世代から第3世代には、心臓部であるCPUとして2つのARM 7TDMI(動作周波数90MHz)が使われた。それに対して、後期モデルは同じバッテリー容量でより長時間駆動させるために、CPU使用率に応じて周波数が動的に変化するスピード・チップ(最高周波数80MHz)が使われた。最新の第5世代iPodで使用されているCPUは、ポータルプレイヤー社製のPP5021というデジタルプレイヤー向けのチップである。このチップにはFireWireインターフェイス機能が内蔵されていないが、次期チップであるPP5022ではFireWireインターフェイス機能が内蔵されている。また、PP5022はPP5020に比べて低電圧低電流で稼働するので、バッテリーでの駆動時間を延ばす事にも寄与することが期待される。

iPod東芝の1.8インチATAハードディスクドライブが使われ、IDE規格でないコネクターによって接続されている。iPod miniでは日立の1インチ・ハードドライブが、iPod shuffleではIM Flashのフラッシュメモリが、iPod nanoでは8GBモデルが東芝、4GBモデルがサムスン、2GBモデルがハイニックス社のフラッシュメモリがそれぞれ記憶媒体として使われている。

iPodにはケースの中のハードディスクドライブからオペレーティングシステムを読み込む装置に命じるプログラム、ブートローダを含む32MiBフラッシュROMチップが内蔵されている。全てのiPodには、32MiB RAM(第5世代iPodの60GBモデルに限り64MiB RAM)を内蔵している。このRAMの主な用途は、ファームウェアから読み込まれたiPod用のオペレーティングシステムを動作させ、同時に音楽データをキャッシュしてHDDやメモリーからの読み込み回数を軽減し、電池の持続時間を延ばすことである。

第4世代までのiPodは曲の間隔無しに音楽を再生するギャップレス再生機能を搭載していなかったが、第5世代以降のモデルではほぼギャップレス再生に対応した。

既に、携帯型音楽プレーヤー市場では、外部マイクやライン入力からの本格的な生録非圧縮で行えるなど、iPodとの差別化を図った製品が発売されており、そうした製品は、音楽演奏などの収録に活用されている。

iPodの光沢のあるステンレス部分は新潟県東陽理化学研究所(いわゆる磨き屋シンジケートを含む)や台湾のフォクスコンブランドを持つホン・ハイ社などが製造を担当している。ホン・ハイはiPod nanoの製造を行っているが、検査以外は鏡面仕上げを含め全自動であるという。

イヤフォン

すべてのiPodにはiPodのデザイン色に合わせた、白いコードのインナーイヤーイヤフォンが付属しており、この白いイヤフォンはiPodブランドのシンボルとなっている。この影響を受け、白いコードのインナーイヤーヘッドフォンが各社から多数発売されるといった状況になっている。

他社の音質を追求したモデル(ライバルのソニーのウォークマン、東芝のギガビートなど)を除く、比較的廉価な携帯型音楽プレーヤーと似て、iPodに付属するイヤフォンは決して良い音質を実現しているわけではない。iPodは全モデルで一般的にステレオミニジャックと呼ばれる3.5mmイヤホンジャックを採用しているため、プラグ部分が3.5mm規格もしくはそれに変換できるたいていのイヤフォン・ヘッドフォンを使用することができる。一部のサードパーティからは、iPod向けの代替イヤフォンとして白色のイヤフォン、例えば、ソニー社製EX71の白色モデルやエティモティック・リサーチ社製ER-6i、シューレ社のE4c、クリプシュ社のImage S4i White等が販売されている。なお、iPod付属のイヤフォンは左右のコードの長さが同じY型であり、イヤーパッド部分も左右のチャンネルの頭文字の「L」「R」の文字は入っているものの色分けはされていないため、慣れるまで扱いづらいことがある。

またiPodなどのデジタルオーディオプレーヤー人気の恩恵を受けて、ゼンハイザー社、シュア社、エティモティック・リサーチ社、アルティメット・イヤーズ社などが販売している、1万円を超えるような高価なイヤフォンの売り上げが好調となっている。

新第5世代iPod、第2世代iPod nano、第2世代iPod shuffleのカラーバリエーション増加後からは、全体が丸みを帯び、音質を向上させた新しいイヤフォンが付属している。

白いイヤフォンを装着している人がすなわちiPodの利用者である、という認識が広まる一方で、米国では白いイヤフォンで音楽を聴いているユーザーからiPodを強奪するという事件が近年しばしば発生しており、死者が出た例もある。

このイヤフォンは日本のフォスター電機が単独供給している。

互換性

第1世代iPodMac OS 9またはMac OS Xが動作するマッキントッシュでのみ使用できたが、2002年7月17日にアップルはオリジナルのHFS+フォーマットの代わりにFAT32でフォーマットされた内蔵型HDDを持つWindows互換iPodの販売を開始した。

アップル社は2003年10月16日にiTunesWindows版をリリースした。それ以前は、WindowsユーザーがiPodを使うには、Musicmatch JukeboxephPodまたはXPlayといったサードパーティ製ソフトウェアが必要だった。iTunesWindows版が公開されるまでWindows向けiPodには、Musicmatch Jukeboxが同梱されていた。

初代iPodはマッキントッシュでしか使えなかった。これは、HFS+でフォーマットされた記憶装置をWindowsで認識することが特別な追加ドライバソフトウェア無しには不可能だからである。第2世代はマッキントッシュ用がHFS+、Windows用がFAT32でフォーマットされて出荷された。第3世代はHFS+フォーマットで出荷され、これをWindowsへ接続した場合FAT32フォーマットに初期化するかどうかの確認メッセージが表示される。なお、FAT32フォーマットのiPodをマッキントッシュに接続して使うこともできる。マッキントッシュは、FAT32でフォーマットされた記憶装置を認識し、互換性を保ったまま使用できるからである。現在では、旧世代のマッキントッシュのみに対応しているiPodも、iPod Updaterで復元することで両オペレーティングシステムに対応させる事ができるが、アップル社の保証外動作のため保証は受けられなくなる。

2004年1月8日に、ヒューレット・パッカード社はiPodをベースとしたHPブランド・デジタル音楽プレイヤーの製作のためアップル社からiPodのライセンスを受けたと発表した。次の日、当時のヒューレット・パッカード社のチェアマン兼CEOのカーリー・フィオリナは2004年にコンシューマー・エレクトロニクス・ショーiPodベースの青色の装置を披露した。この「青色iPod」はアップル社の製品ではないが、アップル社製のiPodと全く同等の機能を有しているOEMである。実際に販売されたヒューレット・パッカード社版iPodは青色ではなかったが、本体金属面にアップル社のロゴとヒューレット・パッカード社のロゴの刻印がある。2005年8月、「デジタルエンターテインメント戦略に合致しない」ことを理由に販売打ち切りを表明。同年9月末頃に販売を終了したものと見られる。

iPodLinuxプロジェクトはiPodで動作するLinuxARMバージョンの移植に成功している。これはuCLinuxという仮想メモリの扱えない機器類への組み込み用に設計されたLinuxをベースとしており、現在第1世代(スクロールホイール)iPodから第3世代iPodまでをサポートし、公式にはサポートされていないが、第4および第5世代iPod、第1および第2世代のiPod mini、第1世代iPod nano上でも利用できる。macOS及びWindows上からインストールするためのインストーラが利用できる。iPodをマウントできれば他のオペレーティングシステムからでもインストールできる。SourceForge.net内にこのプロジェクトのウェブページが存在し、多くの関連文書がオンライン上に存在する。また、同じようなものではRockboxプロジェクトというオープンソース・ファームウェアも存在し、音質向上、多機能化を実現する。現時点でiPod 1世代から5.5世代、iPod miniiPod nano1世代、2世代まで互換性をサポートしている。また、iPod Classicは開発中である。これらLinuxRockboxは設定次第ではマルチブートして併用可能である。そのほかにはゲームボーイおよびゲームボーイカラーに対応したエミュレーターやファミリーコンピュータを動かす技術などが開発されている。市販されたゲームではボンバーマンソニック・ザ・ヘッジホッグなどが既に公式のゲームとして販売されている。

デザイン

本体デザインは同社のマッキントッシュ・シリーズと同様、ジョナサン・アイブが中心のデザインチームが担当している。マッキントッシュ・シリーズと同じく、光沢のあるプラスチックやカラーアルマイト、磨き上げられたステンレスなどの質感を重視した素材を使用し、可能な限りシンプルな形状にデザインされているのがシリーズ共通の特徴と言える。

iPod mini公開までの全てのiPodGUIには、マッキントッシュで使用されていたChicagoと言うフォントが使用されていた。

第3世代iPodの分解画像

左から右へ:

非純正アクセサリー

iPod管理ソフト」も参照
録音アダプターが接続された第3世代iPod nano
自動車用FMトランスミッター

iPodはアクセサリー産業の二次市場を大きく成長させる発端となり、2005年のマックワールド基調演説でアップル社CEOスティーブ・ジョブズはそれを「iPod経済」と呼んだ。一般的には、生態系になぞらえてエコシステムと呼ばれることもある。

iPodのアクセサリーにはメモリーカードリーダー、FMトランスミッター、及びボイスレコーダモジュールなどが存在する。それらのコネクターは音の信号を通し電源をiPodまたはアクセサリーに送ると同時に制御及び情報を提供する。これらのアクセサリー(ケース類などは除く)について2005年10月にアップル社がロイヤリティ料を徴収する旨の記事が出たが、現在ロイヤリティ料を徴収する決定はアップル社で出されていない。また、PORTER(吉田カバン)やプラダグッチコーチポール・スミスルイ・ヴィトンダンヒルなど各種ファッションブランドの専用ケース等も存在し、アップル社でもiPod nano tube靴下をモチーフにしたiPod靴下を販売している。

iPodをサポートする非純正ツール
【名前】
概要
foobar2000 | iPod managerプラグインをオプションとしてインストールしてiPodを管理できる、Windows向け音楽プレイヤー。
AmaroK | 完全にiPodをサポートしているKDE向け音楽プレイヤー。
Rhythmbox | GNOME上で動作するiTunesクローン。
gtkpod | iPodを目標とした GTK上のGTKツールキットを使用したシステム向けiPod管理プログラム。
ml ipod | iPodをサポートするために加えられたWinamp向けオープンソース・プラグイン。
EphPod | 多くのiTunesの特徴を備えたWindowsアプリケーション。EphPodiPodからコンピューターへ音楽のコピーもできる。
iPodLinuxプロジェクト | iPod上でLinuxを利用できる。現在は1G、2G、および3GiPodのサポートを提供。これはminiも含めて、他の世代のiPodでも利用できるが、iPodLinuxプロジェクトでは、導入方法等に関しての言及はあるが、公式なサポートは行わない、としている。
Rockbox | iPod上でWMAOgg Vorbisなどの音楽ファイルを再生したり、MP3などのギャップレス再生を可能にするオープンソースのファームウェア。2007年11月15日現在、iPod(第5.5世代以前)、iPod miniiPod nano(第1世代のみ)に対応。
iPodWizard | iPodのファームウェア内の画像を入れ替えるWindows用ソフトウェア。

グリフィン・テクノロジー社はiTripiBeamiTalkPowerPodおよびEarJamを含む、いくつかのiPodアクセサリーを作成している。テン・テクノロジー社によるnaviPodはアップルiPod向け5ボタン赤外線リモート・コントローラーである。ソニークリエイティブテクノロジーは、iPodシリーズと競合するデジタルオーディオプレーヤーを製造しているが、同時に、iPod専用のハードウェアも生産している。

iPodシリーズの歴史

iPod mini(左)、初代iPod(右)

最初のiPodはマッキントッシュ専用のデジタルオーディオプレーヤーとして2001年10月23日に発表され、2002年発売の第2世代でWindowsにも対応した。「iTunesのライブラリに収めた音楽を外へ持ち出す」というコンセプトで開発されており「まずiTunesありき」である点が、先行していた他のデジタル音楽プレイヤーとははっきり異なる。これはiPod発表時の惹句「iTunes to go」によく現れている。この惹句はiBook(アイブック)発表時の「iMac to go」にかけたもの。日本では「Goodbye MD」という惹句でミニディスク市場からの占有率獲得を目指した。iPodiTunesとの同期機能を備えることにより、自宅での環境をそのまま外へ持ち出すというコンセプトをより鮮明にした。

発売された初期の頃は電池の消耗・劣化が激しく、更に電池の交換費用が高額だった(購入後、僅か90日間の製品保証だった)ために、米国では購入者から電池交換費用を安くするよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/01 00:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「IPod」の意味を投稿しよう
「IPod」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

IPodスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「IPod」のスレッドを作成する
IPodの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail