このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ISBNとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年1月)

International Standard Book Number
13桁EANバーコードで表現された13桁ISBN番号である978-3-16-148410-0

【頭字語】
ISBN
【利用開始】
1970年 (1970)
【管理団体】
国際ISBN機関
【桁数】
13桁 (かつては10桁)
チェック
ディジット

加重和
【例】
978-3-16-148410-0
【ウェブサイト】
www.isbn-international.org

ISBN(アイエスビーエヌ)は、International Standard Book Number略称(頭字語)。図書(書籍)および資料の識別用に設けられた国際規格コード(番号システム)の一種。アラビア数字で表される。日本における漢訳名は「国際標準図書番号」。

開発されたのは1966年イングランドW・H・スミス社のプロジェクトによる (cf.)。

現代日本では、ISBN(国際標準図書番号)・分類記号・価格コードという3種類の情報で構成された「日本図書コード」が使用されている。

目次

  • 1 歴史
  • 2 特徴
    • 2.1 旧規格(2006年12月31日まで)
      • 2.1.1 概要
      • 2.1.2 チェックディジット
    • 2.2 現行規格(2007年以降)
      • 2.2.1 概要
      • 2.2.2 チェックディジット
  • 3 脚注
    • 3.1 注釈
    • 3.2 出典
  • 4 参考文献
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

歴史

1965年英国で、SBN (Standard Book Number) と呼ばれる書籍特定コードがトリニティ・カレッジ(ダブリン大学)ゴードン・フォスターにより開発された。これは翌年に国内で利用され始めた。1967年、国際規格ISBNのアルゴリズムが考案された。ISBNは国際標準化機構 (ISO) で1970年に採用された (ISO 2108)。

日本は、1981年にISBNに関する国際的な枠組みに加盟。その後、1988年JIS X 0305としてJIS規格となっている。出版関連の団体によって設立された一般社団法人日本出版インフラセンターに所属する日本図書コード管理センターが、管理している。

なお、出版物()に関する国際標準化機構の国際規格は、ISBNの他に、逐次刊行物(雑誌)のシリーズごとに付与される国際標準逐次刊行物番号 (ISSN) がある。

特徴

ISBNは、各種の書籍(単行本漫画など)の他、CD-ROMカセットテープマイクロフィルムなど、出版社から刊行されて出版取次書店流通する出版物におおむね適用される。ただし、日本などでは、ムックを除く雑誌にはISBNではなく雑誌コードを使用する。また、ウェブサイト広告物・ゲームなどは、国際的にもISBNの対象外である。

旧規格(2006年12月31日まで)

ISBNは10桁のコードで表され、通常4つのパートからなった。なお、この、10桁であらわされる(旧規格)ISBNコードを、現行の13桁のISBNに対して ISBN-10 と呼ぶことがある。

概要

ISBN-10は、

のように表示される。しかし、●、A、Bの各部分の割り当て桁数は決まっておらず、合計で9桁(必ず1桁のC部分を入れると10桁)となる範囲内で、それぞれの部分は増減する。

それぞれの部分の意味は、

●部分 - 「グループ記号」
出版物の出版された、地域、言語圏。桁数は、そのグループの出版点数によって異なる。コード表は現行規格を参照。
A部分 - 「出版者記号」
桁数は、出版者の出版点数などによって異なる。
B部分 - 「書名記号」
出版物に固有の番号。原則として図書の版ごとに付与。
C部分 - 「チェックディジット
検査数字。入力した際に誤りがないか確かめるためのもの。0 - 9、Xが使用される。(Xは数値10をあらわす)

チェックディジット

旧規格のISBN (ISBN-10) のチェックディジットは、「モジュラス11 ウェイト10-2」という計算法にて算出される。(チェックディジットを除いた左側の桁から10、9、8…2を掛けてそれらの和を取る。和を11で割って出た余りを11から引く)

ここで、例として ISBN4-10-109205-□ のチェックディジット(□部分)を求めてみる。

 4×10 + 1×9 + 0×8 + 1×7 + 0×6 + 9×5 + 2×4 + 0×3 + 5×2
= 40  +  9  +  0  +  7  +  0  +  45 +  8  +  0  +  10
= 119
119 ÷ 11 = 10 あまり 9
11 - 9 = 2

よって、このISBNのチェックディジットは2である。なお、計算結果が10になった場合、10の代わりにX(アルファベットの大文字)を用いる。また、11になった場合は、0となる。

現行規格(2007年以降)

ISBNは2006年までは10桁であったが、一部のグループ記号(英語圏)で、発番可能な出版者記号(前項例示のA部分)の枯渇が目前となったため、13桁ISBNの規格が制定され、2007年1月1日に完全施行された。それと同時に、過去に発番された10桁のISBNは無効となったが、書店での書籍検索・注文など、実際にISBNを利用する場面においては、過去の10桁ISBNも併用できるよう便宜が図られている場合がほとんどである。

2007年以降の新刊書には当初から13桁の新規格ISBNが付けられており、10桁ISBNは新たに発番しない。また、過去に発番された10桁ISBNについては、その頭に 978- を挿入し、チェックディジットを計算しなおした13桁のものを正規のISBNとして取り扱う。

例: (旧ISBN)4-00-310101-4 → (現行ISBN)978-4-00-310101-8(チェックディジットの計算法は後述)

なお、現行規格によって表されるISBNを、旧規格のISBN (ISBN-10) に対してISBN-13と呼ぶことがある。

概要

ISBNは13桁のコードで表され、通常5つのパートからなる。

●、A、Bの各部分の桁数は決まっておらず、合計で9桁の範囲内でそれぞれの部分は増減する。

n部分 - 「接頭記号」
nnn は 978 または 979 のいずれか(数字3桁)である。
●部分 - 「グループ記号」
旧規格と基本的に同じ。上記解説を参照。ただし、接頭記号が異なれば、グループ記号が同じでも異なる言語圏を指す可能性もある。
【接頭
記号】
【グループ記号】
地域または言語
978 | 0および1 | 英語
2 | フランス語(フランスは979-10も使用)
3 | ドイツ語
4 | 日本
5 | ロシア・旧ソビエト連邦(ロシア以外の国では他の記号も使用)
600から622(3桁) | その他の地域
65 | ブラジル(85も使用)
7 | 中華人民共和国(香港マカオ台湾は別記号)
80 | チェコスロバキア
81 | インド(93も使用)
82 | ノルウェー
83 | ポーランド
84 | スペイン
85 | ブラジル(65も使用)
86 | セルビア(共有)
87 | デンマーク
88 | イタリア(979-12も使用)
89 | 大韓民国(979-11も使用)
90 | オランダ(94も使用)
91 | スウェーデン
92 | 国際NGO欧州連合
93 | インド(81も使用)
94 | オランダ(90も使用)
950から989
9920から9989
99901から99981
(3桁から5桁) | その他の地域
979 | 10 | フランス(フランス語は978-2も使用)
11 | 大韓民国(978-89も使用)
12 | イタリア(978-88も使用)
A部分 - 「出版者記号」
旧規格と同じ。上記解説を参照。
B部分 - 「書名記号」
旧規格と同じ。上記解説を参照。
C部分 - 「チェックディジット」
0 - 9の数字1桁が入る。以前のISBNのチェックディジットとは計算法が異なり、10桁 → 13桁に変換する際は再計算が必要となる。

各パートの間は、ハイフン(またはスペース)で区切りを付けるのが正式な表示法である(区切りを付けなくても書籍を特定する上での問題はない)。

チェックディジット

現行規格のISBN (ISBN-13) のチェックディジットは、JANコードと同じく、「モジュラス10 ウェイト3・1(モジュラス10 ウェイト3)」という計算法にて算出される。(チェックディジットを除いた一番左側の桁から順に1、3、1、3…を掛けてそれらの和を取る。和を10で割って出た余りを10から引く。ただし、10で割って出た余りの下1桁が0の場合はチェック数字を0とする。)

ここで、例として ISBN 978-4-10-109205-□ のチェックディジット(□部分)を求めてみる。

 9×1 + 7×3 + 8×1 + 4×3 + 1×1 + 0×3 + 1×1 + 0×3 + 9×1 + 2×3 + 0×1 + 5×3
= 9  +  21 +  8  +  12 +  1  +  0  +  1  +  0  +  9  +  6  +  0  +  15
= 82
82 ÷ 10 = 8 あまり 2
10 - 2 = 8

よって、このISBNのチェックディジットは8である。

脚注

注釈

  1. ^ 例外として、チェックディジットX が数値 10 の代わりに用いられる。

出典

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “ISBN”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  2. ^ 小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “ISBN”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  3. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “ISBN”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  4. ^ 三省堂大辞林』第3版. “ISBN”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  5. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “ISBN”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  6. ^ 平凡社百科事典マイペディア』. “国際標準図書番号”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  7. ^ 平凡社『世界大百科事典』第2版. “日本図書コード”. コトバンク. 2019年12月12日閲覧。
  8. ^ Foster, Gordon (1966年). “INTERNATIONAL STANDARD BOOK NUMBERING (ISBN) SYSTEM original 1966 report”. informaticsdevelopmentinstitute.net. 2011年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月20日閲覧。
  9. ^ ISBN History”. isbn.org (2014年4月20日). 2014年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月20日閲覧。
  10. ^ (PDF) Information Standards Quarterly, 8, ISO, (July 1996), p. 12, http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/6294/ISQ_vol8_no3_July1996.pdf
  11. ^ US ISBN Agency. “Bowker.com – Products”. Commerce.bowker.com. 2015年6月11日閲覧。
  12. ^ Gregory, Daniel. “ISBN”. PrintRS. 2015年6月11日閲覧。

参考文献

 | 
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年12月)

関連項目

外部リンク

国際標準番号
標準


ISO標準
国際標準一覧 · ローマ字表記国際規格一覧 · 国際電気標準会議が定める国際標準一覧

1から
10000まで | 

10001から
20000まで | 

20001以上 | 

カテゴリー | 
  • ISO標準
    • ISO 31
    • ISO 639
    • ISO 3166
    • ISO 8859
    • ISO/IEC 80000
  • ISO/IEC標準

関連項目: ISOで始まる記事一覧

【典拠管理】

  1. ^ ISBN Information - Anatomy of a 13-digit ISBN”. isbn-information.com. 2019年4月14日閲覧。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/29 18:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ISBN」の意味を投稿しよう
「ISBN」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ISBNスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ISBN」のスレッドを作成する
ISBNの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail