このキーワード
友達に教える
URLをコピー

JXエネルギーとは?

(JXエネルギーから転送)
移動先: 案内検索
JXTGホールディングス > JXTGエネルギー
JXTGエネルギー株式会社
JXTG Nippon Oil & Energy Corporation

大手門タワー・JXビル

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 5001
2010年3月29日上場廃止
大証1部(廃止) 5001
2010年3月29日上場廃止
名証1部 5001
2010年3月29日上場廃止
札証 5001
2010年3月29日上場廃止
福証 5001
2010年3月29日上場廃止

【略称】
JXTG、ENEOS、NOE
【本社所在地】
日本
100-8162
東京都千代田区大手町1丁目1-2
(大手門タワー・JXビル)
【設立】
1888年(明治21年)5月10日
(有限責任日本石油会社)
業種
石油・石炭製品
法人番号
4010001133876
【事業内容】
石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油等)の精製及び販売、ガス(LPG・LNG)の輸入及び販売、電力の発電及び販売
【代表者】
杉森務(代表取締役社長・社長執行役員)
【資本金】
1394億円
【決算期】
3月31日
【主要株主】
JXTGホールディングス 100%
【関係する人物】
木村康
【外部リンク】
JXTGエネルギー
特記事項:2010年7月1日、新日本石油が新日本石油精製・ジャパンエナジーを吸収合併してJX日鉱日石エネルギーに商号変更。2016年1月1日、JXエネルギーに商号変更。2017年4月1日、東燃ゼネラル石油との合併により、現商号に変更。

JXTGエネルギー株式会社(ジェイエックスティージーエネルギー、: JXTG Nippon Oil & Energy Corporation)は、石油製品の精製及び販売等を行う日本企業持株会社JXTGホールディングスの傘下であり日本の石油元売として最大手、世界では第8位の規模を持つ。略称はNOEまたはJXTGエネ

目次

  • 1 概要
    • 1.1 事業内容
    • 1.2 ブランド
      • 1.2.1 ENEOS
      • 1.2.2 Esso・Mobil
      • 1.2.3 ゼネラル
      • 1.2.4 Express
  • 2 事業所
    • 2.1 本社・支店
    • 2.2 製油所・製造所
    • 2.3 油槽所・その他
  • 3 グループ会社
    • 3.1 石油備蓄部門
    • 3.2 石油精製・化学部門
    • 3.3 石油輸送部門
    • 3.4 設備・工事部門
    • 3.5 石油製品販売・流通部門
    • 3.6 流通部門
    • 3.7 その他石油関連製品の製造・販売部門
  • 4 年表
    • 4.1 日本石油
      • 4.1.1 明治時代
      • 4.1.2 大正時代
      • 4.1.3 昭和時代(戦前)
      • 4.1.4 昭和時代(戦後)・平成時代
    • 4.2 三菱石油
    • 4.3 日石三菱→新日本石油
    • 4.4 JX日鉱日石エネルギー→JXエネルギー→JXTGエネルギー
  • 5 CM
    • 5.1 キャラクター
    • 5.2 出演タレント
    • 5.3 歴代出演タレント
    • 5.4 コマーシャルソング
    • 5.5 提供番組
      • 5.5.1 テレビ
      • 5.5.2 ラジオ
  • 6 スポーツ関連事業
  • 7 公式スポンサー
  • 8 不祥事
    • 8.1 コンプライアンス違反など
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

2010年(平成22年)4月、新日本石油と業務提携関係にあったジャパンエナジーの持株会社である新日鉱ホールディングス(JX日鉱日石金属→JX金属)が経営統合して、共同持株会社のJXホールディングスが発足した。そして、同年7月にグループ内の再編により、新日本石油が行っていた子会社管理等の管理事業をJXホールディングスへ、石油開発事業をJX日鉱日石開発(現JX石油開発)へそれぞれ継承すると共に、新日本石油が新日本石油精製とジャパンエナジーを吸収合併して、JX日鉱日石エネルギーに商号変更した。

そして、経営統合から5年半が経過した2016年(平成28年)1月、JXブランドが浸透したことで「日鉱日石」を商号から外す時期と判断し、JXエネルギーに商号変更した。

2017年4月1日、親会社のJXホールディングスが、東燃ゼネラル石油株式交換によって子会社化の上で、同時に当社が東燃ゼネラルを吸収合併し、当社の社名をJXTGエネルギーに改称。HDも、同時にJXTGホールディングスに社名を変更した。

日石横浜ビル(横浜市みなとみらい)

石油元売の一つであるコスモ石油とは業務提携関係にあり、原油調達・石油精製・物流潤滑油の各部門で1999年(平成11年)より提携している。2004年(平成16年)には、互いに相手方の対象特許を使用して燃料油の製造・販売することを可能とするクロスライセンス契約を締結した。これらのほか、2002年(平成14年)には出光興産と精製部門で提携、2006年(平成18年)にはジャパンエナジーと開発・精製・物流・燃料電池・技術開発の分野における業務提携を結んだ。日本国外の企業では大韓民国SKと提携関係にあり、中華人民共和国中国石油天然気集団公司と協力関係にある。

メインバンクは、旧新日本石油の前身である日本石油時代からの流れによりみずほ銀行で、他に取引行として三井住友銀行三菱東京UFJ銀行があるが、旧日本石油と旧三菱石油が合併した流れから、三菱グループの一員であり、三菱金曜会と三菱広報委員会に所属している。

社長は、NOE発足以降、3代続けて新日石側から出している(同様に、HDおよびNMMは新日鉱出身者、NEXは新日石出身者からいずれも3代続けて出している)。JXTGエネルギーに改称後は、JXエネルギーの杉森務社長(日本石油出身)は社名変更後もそのまま留任し、代表権のある副社長は、東燃ゼネラル石油の代表権のある副社長で同社子会社のEMGマーケティング合同会社(同社は、2017年1月1日に東燃ゼネラルに吸収合併され消滅)社長(正確には、代表社員職務執行者を社長として扱っていた)だった廣瀬隆史(東燃ゼネラルの前身のひとつであるモービル石油出身)が就任する形を取った。

2017年(平成29年)9月5日、エネオス、エッソ、モービル、ゼネラルの4ブランドを統合し、ブランド名をエネオスに統一すると発表した。

事業内容

JXグループ(現・JXTGグループ)の中核事業会社の一つとして発足した当社は、石油精製・販売部門を手がける。主な製品は、燃料油(ガソリン軽油灯油ジェット燃料重油など)やアスファルト液化石油ガス潤滑油(製品名は旧日本石油時代からの名称を使用している)といった石油製品や、ベンゼントルエンキシレンナフサなどの石油化学製品である。

石油・石油化学以外のエネルギー事業では、液化天然ガス石炭の輸入販売や燃料電池エネファームの開発を進めるほか、製油所・製造所併設の発電所や油槽所に設置した風力発電設備などを使用した電力卸供給事業 (IPP) や電力小売事業 (PPS) を展開している。

ブランド

ENEOS

詳細は「エネオス」を参照

ENEOS」(エネオス)は、サービスステーション等のブランド名で、「ENERGY」(エネルギー)とギリシア語で「新しい」意を表す「NEOS」を組み合わせた造語である。旧日石三菱時代の2001年(平成13年)に、それまでの「NISSEKI」(日本石油)、「三菱石油」ブランドに代わる新ブランドとして制定された。2008年九州石油が展開していた「STORK」ブランドを併合。さらにJX日鉱日石エネルギーの発足後は、ジャパンエナジーが展開していた「JOMO」ブランドも併合された。キャッチコピーは、「エネルギーを、ステキに。ENEOS」。

Esso・Mobil

詳細は「エッソ」および「モービル (ブランド)」を参照

Esso」(エッソ)、「Mobil」(モービル)は、東燃ゼネラル石油エクソンモービルとのライセンス契約で使用していたブランド。合併後も契約で使用していたが、「ENEOS」ブランドに統一される。

ゼネラル

ゼネラル」は、東燃ゼネラル石油が使用していたブランド。米国ではソコニー・バキューム社が保有していた商標である。日本では戦前、スタンバック社と販売代理契約を結んでいた三井物産が財閥解体で解散され、その元社員らによって設立されたゼネラル物産が使用した商標である。戦前の三井物産も「ゼネラルガソリン」として販売していた。

東燃ゼネラル石油の前身だったゼネラル石油が使用していたものを、合併後も使用していたが、「ENEOS」ブランドに統一される。

Express

詳細は「エクスプレス (サービスステーション)」を参照

Express」(エクスプレス)は、東燃ゼネラル石油が使用していたセルフサービスのガソリンスタンドのブランド。「Esso Express」「Mobil Express」「ゼネラル Express」の3種類がある。2001年からブランド使用を開始し、「もっとも素早く、簡単なサービスを最もきれいで心地よい設備で提供する」がコンセプト。エクスプレスの由来は、このコンセプトの「素早い」から。セブン-イレブンや、ドトールコーヒーを併設する店舗や、オイル交換などを行うモービル1センターを併設する店舗もある。

東燃ゼネラル石油が使用していたものを、合併後も使用していたが、「ENEOS」ブランドに統一される。

  • ENEOS

  • モービル

  • エッソ

  • ゼネラル

  • ゼネラル Express

事業所

旧本社(JXビル)

本社・支店

製油所・製造所

括弧内は1日あたりの原油処理能力。

油槽所・その他

喜入石油備蓄基地

グループ会社

石油備蓄部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

JX喜入石油基地株式会社 | 鹿児島市 | 石油類の貯蔵 | 新日本石油基地株式会社
→JX日鉱日石石油基地株式会社
志布志石油備蓄株式会社 | 横浜市中区 | 国家石油備蓄基地の操業 | -
上五島石油備蓄株式会社 | 横浜市中区 | 国家石油備蓄基地の操業 | -
福井石油備蓄株式会社 | 東京都港区 | 石油備蓄基地の創業 | -
秋田石油備蓄株式会社 | 東京都千代田区 | 国家石油備蓄基地の操業 | -
沖縄石油基地株式会社 | 沖縄県うるま市 | 石油類の貯蔵 | -
日本海石油株式会社 | 富山市 | 油槽所の運営 | -

石油精製・化学部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

鹿島石油株式会社 | 東京都千代田区 | 石油製品の製造・販売 | -
大阪国際石油精製株式会社 | 大阪府高石市 | 石油製品の製造・販売
(JXTGエネルギーと中国石油国際事業日本の合弁会社) | -
三共油化工業株式会社 | 千葉県市川市 | 潤滑油・特殊アスファルトの製造・販売 | -
和歌山石油精製株式会社 | 和歌山県海南市 | 潤滑油の製造・販売 | -
水島パラキシレン株式会社 | 岡山県倉敷市 | パラキシレンの製造 | -
鹿島アロマティックス株式会社 | 東京都港区 | パラキシレンベンゼン、軽質ナフサ等の製造販売 | -
NUC株式会社 | 東京都港区 | 高圧法低密度ポリエチレン、直鎖状低密度ポリエチレンの製造 | (旧東燃ゼネラル石油系)

石油輸送部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

JXオーシャン株式会社 | 東京都港区 | 海上運送業 | JX日鉱日石タンカー株式会社
(旧・新日本石油タンカー株式会社)
JX日鉱日石シッピング株式会社
(旧・日正汽船株式会社
旧・雄洋海運株式会社)
昭和日タン株式会社 | 東京都千代田区 | 海上運送業 | 昭和輸送船株式会社
日本タンカー株式会社
日本グローバルタンカー株式会社 | 東京都港区 | 外航タンカー・内航タンカーの運航 | -

設備・工事部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

アナテックサービス株式会社 | 岡山県倉敷市 | 分析計のメンテナンス | -

石油製品販売・流通部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

株式会社ENEOSフロンティア | 東京都中央区 | 石油製品の販売 | 株式会社ENEOSネットを吸収合併
ENEOSグローブ株式会社 | 東京都千代田区 | 液化石油ガスの輸入・販売、新エネルギー関連機器の販売
(JXエネルギー・三井物産丸紅の3社合弁) | 
株式会社ジャパンガスエナジー | 東京都港区 | LPガス元売
(JXエネルギー・日商LPガス・伊藤忠エネクスの3社合弁) | -
株式会社ENEOSサンエナジー | 東京都港区 | 石油製品、石油化学製品の販売・営業 | 株式会社JOMOサンエナジー
→JX日鉱日石サンエナジー株式会社
JXリテールサービス株式会社 | 東京都中央区 | 石油製品、自動車関連用品の販売 | 株式会社JOMOリテールサービス
→JX日鉱日石リテールサービス株式会社
株式会社ジェイ・クエスト | 東京都文京区 | 石油製品の販売、コンビニエンスストアーの運営 | -
アジア商事株式会社 | 東京都新宿区 | プロパンガス販売、自動車用品・サービスの販売、住宅リフォームなど | -
株式会社JOMOプロ関東 | 前橋市 | LPガス・石油製品の販売等 | -
株式会社キョウプロ | 京都市下京区 | LPガス、一般高圧ガス石油類の販売等 | -
JXジュンテック株式会社 | 川崎市幸区 | 石油製品・業務用機材の販売等 | 日本ジュンテック株式会社
株式会社ジョモガーディアンの給油所照明設備メンテナンス・油槽所タンククリーニング業務
→JX日鉱日石ジュンテック株式会社
株式会社ENEOSウイング | 名古屋市東区 | 石油製品・自動車用品・保険の販売、オートリース・車検整備
(JXエネルギーと鈴与商事の共同持株会社であるJ&Sフリートホールディングスの完全子会社) | -
中央石油販売株式会社 | 東京都港区 | 石油製品の販売 | (旧東燃ゼネラル石油系)

流通部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

JXトレーディング株式会社 | 東京都千代田区 | SSに関する各種サポート、グループ向けリース、カーショップ・ゴルフ場・旅行代理店の運営、通信販売の運営 | 新日石トレーディング株式会社
株式会社JOMOサポートシステム
株式会社JOMOエンタープライズ(リース部門ならびに物販関係)
株式会社ジョモガーディアン
→JX日鉱日石トレーディング株式会社

その他石油関連製品の製造・販売部門

【会社名】
【本社所在地】
【主な事業内容】
【旧法人名】

JX ANCI株式会社 | 千葉県山武郡芝山町 | 不織布の製造・販売 | 新日石プラスト株式会社
→JX日鉱日石ANCI株式会社
株式会社アイエスジャパン | 埼玉県戸田市 | 細胞培養用培地・試薬類の輸入及び販売等 | -
川崎天然ガス発電株式会社 | 東京都港区 | 天然ガス火力発電所の企画・運営
(JXエネルギーとニジオの合弁会社) | -
JX液晶フィルム株式会社 | 東京都千代田区 | 液晶ディスプレイフィルムの製造・販売 | 新日石液晶フィルム株式会社
→JX日鉱日石液晶フィルム株式会社

年表

三菱石油の年表については三菱石油#沿革を参照。

日本石油

明治時代

  • 1888年(明治21年)
  • 1890年(明治23年)12月 - 尼瀬製油場が操業開始。
  • 1894年(明治27年)1月8日 - 日本石油株式会社に改組。
  • 1895年(明治28年)6月16日 - 新潟鐵工所が発足(1896年5月8日操業開始)。
  • 1899年(明治32年)
    • 6月25日 - 第二製油所が操業開始。
    • 8月1日 - 本社を刈羽郡大洲村大久保(現・柏崎市大久保)に移転。尼瀬製油場を第一製油所に改称。
  • 1903年(明治36年)6月25日 - 第一製油所閉鎖。
  • 1907年(明治40年)
    • 2月1日 - 鷲田製油所を買収、新津製油所(初代)とする。第二製油所を柏崎製油所(初代)に改称。
    • 4月17日 - 新潟市内に新潟硫曹製造所を開設。
    • 4月20日 - 柏崎製油所隣接地に柏崎硝子製造所を開設。
    • 6月1日 - インターナショナル石油の新潟県の全資産を買収(同年6月12日に同社製油所が直江津製油所として発足)。
  • 1909年(明治42年)12月 - 柏崎硝子製造所休止。
  • 1910年(明治43年)
  • 1911年(明治44年)2月6日 - インターナショナル石油の北海道の全資産を買収。
  • 1912年(明治45年)4月13日 - 北海道製油所が発足(同年10月操業開始)。

インターナショナル石油

  • 1900年(明治33年)11月15日 - アメリカ合衆国スタンダード・オイルが、北海道・新潟県の石油開発を目的としインターナショナル石油株式会社を設立。
  • 1901年(明治34年)11月 - 直江津製油所が操業開始。
  • 1902年(明治35年)3月 - 蔵王石油株式会社(1894年7月設立)を買収。
  • 1907年(明治40年)6月1日 - 新潟県の全資産を日本石油に売却。
  • 1911年(明治44年)2月6日 - 北海道の全資産を日本石油に売却

大正時代

日石ビルディング(有楽館)
  • 1914年(大正3年)8月3日 - 本社を東京市麹町区有楽町(後の東京都千代田区丸の内)の三菱21号館に移転。
  • 1915年(大正6年)7月1日 - 柏崎製油所内に化学研究所を開設。
  • 1917年(大正6年)
    • 1月31日 - 新潟硫曹製造所を閉鎖・売却。
    • 11月21日 - 新津製油所(初代)閉鎖。
  • 1919年(大正8年)2月 - 初のガソリンスタンドを東京神田に開設。
  • 1920年(大正9年)1月10日 - 中央石油株式会社(1907年7月29日設立)を買収。
  • 1921年(大正10年)10月1日 - 宝田石油株式会社と合併。新潟製油所(旧・沼垂製油所)、柏崎製油所柏崎分工場(旧・柏崎製油所)、秋田製油所豊川支所(旧・豊川製油所)、秋田製油所道川支所(旧・道川製油所)、秋田製油所二田分工場(旧・秋田製油所)、新津製油所(2代目)、台湾製油所(旧・苗栗製油所)、試験所を継承。化学研究所を試験所に統合。
  • 1922年(大正11年)
    • 5月31日 - 直江津製油所休止。
    • 6月30日 - 柏崎製油所(初代)閉鎖。
    • 7月1日 - 旧宝田石油の柏崎分工場が柏崎製油所(2代目)に改称。
    • 7月末 - 本社ビル「有楽館」が完成。
    • 12月31日 - 秋田製油所豊川支所、直江津製油所閉鎖。
  • 1923年(大正12年)
  • 1926年(大正15年)2月28日 - 新津製油所(2代目)休止(1928年7月26日閉鎖)。

宝田石油

長岡市にあった宝田石油本社(1912年頃撮影)
  • 1893年(明治26年)3月29日 - 山田又七らにより、宝田石油株式会社(ほうでんせきゆ)設立。
  • 1896年(明治29年)9月24日 - 古志石油と合併、古志宝田石油株式会社に社名変更。
  • 1898年(明治31年)
    • 6月16日 - 全越石油の製油所(後の長岡製油所)を買収し、製油事業に進出。
    • 10月 - 宝田石油株式会社に社名変更。
  • 1901年(明治34年)10月 - 第一次合同、1903年10月までに浅野製油所など30の会社・組合を買収。
  • 1904年(明治37年)10月 - 第二次合同、1905年3月までに宝扇石油商会・浅野削井部など19の会社・組合を買収。
  • 1906年(明治39年)10月 - 第三次合同、1907年3月までに村井石油部など36の会社・組合を買収。
  • 1907年(明治40年)4月 - 第四次合同、1908年9月までに新南北石油など27の会社・組合を買収合併。
  • 1919年(大正8年)7月 - 沼垂製油所が操業開始。
  • 1920年(大正9年)5月1日 - 中外石油アスファルト株式会社(1913年10月28日に中外アスファルトより社名変更、1907年4月15日会社設立)を合併。
  • 1921年(大正10年)10月1日 - 日本石油株式会社と合併。

昭和時代(戦前)

出典:wikipedia
2018/02/19 18:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「JXエネルギー」の意味を投稿しよう
「JXエネルギー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

JXエネルギースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「JXエネルギー」のスレッドを作成する
JXエネルギーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail