このキーワード
友達に教える
URLをコピー

KKドラフト事件とは?

KKドラフト事件(ケーケードラフトじけん)は、1985年プロ野球ドラフト会議を巡って発生した騒動。

概要

PL学園高等学校桑田真澄清原和博は、1年生時からエースと4番としてそれぞれ活躍し、5回の全国大会出場のうち優勝が2回・準優勝が2回・ベスト4が1回という記録を残した。二人はKKコンビと呼ばれ、高校卒業後の進路はプロ野球ファンのみならず、世間の注目を大いに集めた。

清原はプロ入りを志望し、読売ジャイアンツへの入団と、尊敬する王貞治監督の下でのプレーを熱望していた。桑田は大学への進学を表明し、ドラフト会議4日後の11月24日に早稲田大学教育学部の入学特別選抜試験を控えていた(ドラフト会議当日までに早稲田大学への進学が決まっていたわけではない)。このため、プロ志望の清原は指名の競合が予想された一方、進学志望を表明している桑田への指名は回避されると思われた。

しかし、1985年のドラフト会議(11月20日開催)では巨人は清原ではなく、桑田を1位で単独指名して交渉権を獲得。清原には6球団が1位指名で競合し、抽選の結果西武ライオンズが交渉権を獲得した。巨人からの指名を希望していた清原は会見で涙を流した。

その後、清原は西武に入団、桑田も早稲田大学の入学試験を辞退し巨人に入団した。

清原は、1987年の日本シリーズで西武が巨人を破った際、シリーズ制覇目前となった試合終了間際に守備位置で涙を流したことが語り草となっている。その後、清原はFA権を行使し、1997年のシーズンから巨人に移籍し、2005年に自由契約となってオリックスへ移籍するまで再び桑田とチームメイトとなった。

脚注

  1. ^ PL学園OBがすべて語った「桑田巨人 ドラフト密約の真実」
  2. ^ KKドラフトのシナリオは二頭取りだった 日刊ゲンダイ 2015年6月3日
  3. ^ 桑田真澄 41歳のキャンパスライフ。 - Number Web、2009年5月25日 石田雄太
  4. ^ 桑田と清原の運命を分けたドラフト会議「30年後の真実」とは - SAPIO 2015年9月号
  5. ^ プロ野球「ドラフト会議」50年 “あの大騒動”を一挙プレイバック!(1)KK事件の知られざる真相
  6. ^ 当時、西武の球団管理部長であり、自身で清原のくじを引き当てた[1][2]根本陸夫によると、桑田がドラフト1位で指名されなければ外れ1位又は2位で西武が指名する予定だった。巨人が単独1位指名してこれを阻止。
  7. ^ スポーツニッポン1987年11月1日・西武-巨人(西武)

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/16 17:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「KKドラフト事件」の意味を投稿しよう
「KKドラフト事件」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

KKドラフト事件スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「KKドラフト事件」のスレッドを作成する
KKドラフト事件の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail