このキーワード
友達に教える
URLをコピー

LUNA_SEAとは?

LUNA SEA

左からJ、INORAN、RYUICHI、真矢、SUGIZO
(2013年、シンガポール)

【基本情報】

【出身地】
日本神奈川県秦野市
【ジャンル】
オルタナティヴ・ロック
プログレッシブ・ロック
ポストパンク
パンク・ロック
ロック
ハードロック
ゴシック・ロック
【活動期間】
1989年 - 2000年
2010年 -
【レーベル】
Extasy Records
(1991年)
MCAレコード
(1992年 - 2000年)
HPQ
(2011年 - 2012年)
ユニバーサルミュージック
(2012年 - )
【事務所】
SWEET CHILD
(1992年 - 2000年)
LUNA SEA Inc.
(2011年 - )
【公式サイト】
LUNA SEA
【】

【メンバー】
RYUICHI(ボーカル)
SUGIZO(ギターヴァイオリン)
INORAN(ギター)
J(ベース)
真矢(ドラムスパーカッション)
X JAPAN
Queensrÿche
Billy Idol
Extreme

LUNA SEAのロゴ

LUNA SEA(ルナシー)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド1989年に現メンバーで結成し、1992年メジャーデビュー2000年終幕を宣言し活動を休止したが、2010年に活動を再開した。

目次

  • 1 バンド名
  • 2 メンバー
  • 3 音楽性と影響
  • 4 来歴
    • 4.1 メジャーデビュー以前
    • 4.2 メジャーデビュー以降
    • 4.3 終幕後
    • 4.4 REBOOT
  • 5 ディスコグラフィ
    • 5.1 シングル
      • 5.1.1 配信限定シングル
      • 5.1.2 ライブ会場内限定販売シングル
      • 5.1.3 非売品シングル
    • 5.2 アルバム
      • 5.2.1 スタジオアルバム
      • 5.2.2 ベストアルバム
      • 5.2.3 ライブアルバム
      • 5.2.4 オムニバスアルバム
      • 5.2.5 サウンドトラック
      • 5.2.6 インストゥルメンタルアルバム
      • 5.2.7 トリビュート・アルバム
    • 5.3 映像作品
    • 5.4 ボックス
    • 5.5 デモテープ
    • 5.6 書籍・写真集
    • 5.7 バンドスコア
    • 5.8 未音源化曲
  • 6 ライブ・コンサートツアー
  • 7 タイアップ
  • 8 NHK紅白歌合戦出場歴
  • 9 受賞歴
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 参考文献
  • 12 外部リンク

バンド名

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年9月)

LUNA SEAとは「」という意味である(LUNAはラテン語 SEAは英語である)。インディーズ時代は、狂気という意味のLUNACYと言うバンド名であった。メジャーでの活動を視野に入れた彼らは、一つの意味に縛られず、また音楽的にも「月のように変化があって、海のように深く」という思いから、「〜CY」箇所を「〜SEA」にし、2語とした「LUNA SEA」に変更した。これはJの提案によるものである。

また、2000年に発売されたアルバムには、初心に帰るという意味も込めて、旧バンド名である『LUNACY』というタイトルが付けられている。

東京ドーム初の無料ライブ「LUNACY 黒服限定GIG 〜the Holy Night〜」はLUNACY名義で行い、最後のアンコールで演奏したROSIERとMOTHER以外は全てインディーズの頃の曲を演奏した。 2015年開催のLUNATIC FEST.では、LUNACYとして両日オープニングアクトを行った。

メンバー

名前 生年月日 出身地 担当及び立ち位置 備考
RYUICHI
(リュウイチ) |  (1970-05-20) 1970年5月20日(49歳) | 神奈川県大和市 | ボーカル | 結成当時の名義はRAYLA(レイラ)。
ソロ活動は旧姓を含む本名・河村隆一名義で活動。
SUGIZO
(スギゾー) |  (1969-07-08) 1969年7月8日(50歳) | 神奈川県秦野市 | ギター&バイオリン&コーラス
(ステージ上手側) | 2008年よりX JAPANにも参加。
(2009年5月1日付で正式加入)
INORAN
(イノラン) |  (1970-09-29) 1970年9月29日(48歳) | 神奈川県秦野市 | ギター&コーラス
(ステージ下手側) | 
J
(ジェイ) |  (1970-08-12) 1970年8月12日(49歳) | 神奈川県秦野市 | ベース&コーラス | 
真矢
(しんや) |  (1970-01-13) 1970年1月13日(49歳) | 神奈川県秦野市 | ドラムス&パーカッション | 結成当時の名義はローマ字表記でSHINYA
日本芸術専門学校特別講師

SUGIZOと真矢、またINORANとJはそれぞれ同じ高校に通っていたが、真矢以外の3人は中学も一緒だった。(RYUICHIは全て別)。

元々はJとINORANがLUNACYというバンドをやっていて、SUGIZOは先輩のバンドに誘われてベースとして入ったが、「一緒にやろう」とそのバンドに真矢を誘った。その後、18歳か17歳の時にSUGIZOがPINOCCHIOというバンドを作り、真矢も一緒だった。

インディーズの頃のJと真矢のインタビューによると、JとINORANが遊びでやってた初めてのバンドがLUNACYで、それと並行して真矢とSUGIZOはPINOCCHIOという別のバンドをやっていた。PINOCCHIOは、わりとお調子者が揃っていたバンドだったので「お調子バンド」をやっていて、激しかったLUNACYに真矢は対抗意識を燃やしていた。JはPINOCCHIOに対して「うちより全然うまかった。うちは気合いのみだったから(笑)」という思いだった。二つのバンドは地元のバンド仲間で、スタジオが一緒だったりして、よく顔を見かけていた。JとINORANが高校を出る出ない(進学・就職)という時に、互いのバンドに最後まで残っていた4人で「一緒にやってみようか」ということになった。真矢はLUNACYのライブを見た時に「俺が入ったほうが、いいのにな」と思っていたので、誘われた時にはすぐ「よし、やろう」となった。

真矢1人のインタビューによると、高校生時代のLUNACYはハード・コアっぽくて硬派で、PINOCCHIOはもっと明るい感じの、まったく反対の音だったので、ライバル・バンドとして気になっていた。高校3年のとき、SUGIZOが真矢の家に行き、「バンドで一緒にプロになろう」と言い、真矢は「プロなんて果てしない道のりだ」と思っていたが、SUGIZOが「やる気になればできる」と言うので、「それもいいか」と思った。その後、進学や就活でLUNACYもPINOCCHIOも「ガタッとなって」、INORANとJが真矢のところに誘いに来たが、真矢はSUGIZOと一緒にやっていきたかったので、「LUNACYに入る代わりに、SUGIZOも入れてツイン・ギターにしてくれ」という条件をつけた。

真矢は度々LUNACYのサポートに入っていたが、SUGIZO加入前はINORANが「仕方なしに」ギター・ソロを弾いていた。RYUICHI加入後も「JUNK(もう死んだふりさせない)」という未音源化の曲のみ、ライヴでギター・ソロを弾いていたが、それ以降は生来の性格や好みもあり、楽曲のギター・ソロはすべてSUGIZOが弾くようになった。

作品については、メンバー全員が作詞作曲に参加し作り上げる。まず、メンバーの1人が原曲となる曲を持ち込み、それを元にメンバー全員で作り込んでいくジャム・セッションという方法を取っている。CDなどの音源で公に出す前にライブで発表することもあるが、詞やアレンジが大きく変更されることも多々ある。作詞は主にRYUICHIが担当するが、原曲者が歌詞を持ち込むこともある。作曲は、SUGIZO・J原曲のものがシングルのタイトルナンバーに採用されることが多く、カップリングにはINORANが原曲を担当したものが多く採用されている。原曲の作曲者がクレジットされないようになってからでは、「UNTIL THE DAY I DIE」、「Lost World」、「piece of a broken heart」、「So Sad」という曲でRYUICHIが、「inside you」、「ECHO」という曲で真矢が原曲を担当している。オリジナル・アルバムのレコーディングでは、まず最初に曲順を決めていた。これは、特に真矢の希望によるもの。

初期の作品は、クレジットタイトルに作詞・作曲を担当したメンバーが表記されていたが、途中からは全て「作詞・作曲:LUNA SEA」としている。これは、著作権から発生する印税収入などの権利を公平にし、5人全員で作品を作っているという意味が込められている。

LUNA SEAには、明確なリーダーが存在せず、また確立されていない。これについてJはNHK総合のドキュメンタリーで「全員が局面局面でイニシアチブを取れるから、責任を押し付けるようなリーダーはいらない」と発言している。意思決定は、全会一致が原則。提案に対し決は取るが1人が否定すれば、その案は棄却される。Jは「他のバンドさんの前に、5人がライバルだ」と語っている。このように、メンバー1人1人の個性が非常に強く時には衝突し合いながら緊張感溢れる音楽を作っている様子を称して、市川哲史は「独立国家共同体バンド」「音楽戦隊エゴレンジャー」「自己顕示欲のハルマゲドン」などと形容していた。バンド内でのそれぞれの役割について、インディーズの頃SUGIZOは「RYUICHIは顔、真矢は骨、それに付く筋肉がJ、俺は手足、そしてINORANはLUNA SEAサウンドのへそ」と言っていた。

また、LUNA SEAのファンを「SLAVE(スレイヴ)」と呼び、6番目のメンバーとしている。SLAVEは、オフィシャルファンクラブの名称でもあり、ファンクラブSLAVEは、LUNA SEAが終幕していた間も活動を続け、現在に至る。

最初の頃からファンは黒い服を着てくる人が多く、自然と増えて行ったので、「やったら面白そう」という理由だけで「黒服限定ギグ」を行い、その後も不定期に行うようになった。また、いい意味で裏切るため、メンバー全員白い衣装でライブに出ることもあった。

音楽性と影響

ミュージックステーションの生放送に出演する場合、昼から始まるリハーサルを終えると夜の出演までは時間が空いてしまう。この空き時間に、SUGIZOやJは、当時テレビ朝日の近くにあったCDショップ六本木WAVEで手当たり次第気になるCDを買っていたという。また、SUGIZOは土屋昌巳坂本龍一からオススメの音楽を教わっていた。このような音楽的貪欲さがLUNA SEAというバンドの音楽性の基礎につながっているのではないかとライターの藤谷は述べている。

このほかに、INORANはD'ERLANGERを尊敬しているという。SUGIZOはカオスUKディスチャージをルーツとしており、クラスポップ・グループなども好きなバンドにあげている。また、LUNA SEAの活動の初期にはバウハウスセックス・ギャング・チルドレンなどのゴシック・ロックからも影響を受けていたという。

来歴

 | 

この節には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2015年9月)
  • 大言壮語的な記述になっています。(2015年10月)

なお、ここに記載されている来歴は、ライブDVDである『THE FINAL ACT TOKYO DOME』のエンドロールとライブ・アルバム『NEVER SOLD OUT』のブックレットに記載されているLUNA SEA BIOGRAPHYを参考にしている。

メジャーデビュー以前

1989年
「ここで5人で音を出した時、これだ!と思った。」と、後に各メンバーが異口同音で語っている。
1990年
彼等が今でも偉大な先輩と尊敬するAIONのローディーをJが務めていたこともあり、AIONからイベント参加の誘いを受けたことがきっかけ。AIONのアルバム『AIONISM』(1991年 BMGビクター)にメンバー全員がコーラスで参加。
1991年
hideとは公私共に特に仲が良く、SUGIZOと真矢は1991年のX日清パワーステーション3days1日目「Xと仲間たち」で「JAZVA」として共演、INORANとJはコンピ・アルバム「DANCE 2 NOISE 004」にて「MxAxSxS」を結成し、「FROZEN BUG」を音源として残している。RYUICHIは、hideのシングル「TELL ME」のカップリング「SCANNER」に参加している。後に「SCANNER」は、『hide TRIBUTE SPIRITS』においてLUNA SEA名義でトリビュートされている。
1992年

メジャーデビュー以降

1992年
メンバー全員それまでカラフルだった髪の色を黒に染めて登場したり、それまでアンコールでの定番曲だった「MOON」をオープニングに持ってくるなど、観客を驚かす。
1993年
名古屋センチュリーホール(8月21日)大阪厚生年金会館(8月23日)日本武道館2 Days(8月26、30日)。日本武道館公演の2日目は当初27日の予定だったが、台風のため延期となり、30日に振替公演が行われた。一昨年の日本青年館公演でも台風に見舞われた事から、「嵐を呼ぶバンド」との異名を得る。
1994年
豪雪に見舞われ、一時開催が危ぶまれる事態になり、再び「嵐を呼ぶバンド」と呼ばれる。動員数約12,000人。
8月9日の福岡公演で1組目のSOFT BALLET演奏中に雨が降り出し、直後に豪雨となった。野外ステージだった為雨が小康状態になるまで約1時間弱イベントが中断され再開後に出演した3組(ゲスト含)はそれぞれ予定よりも数曲カットして演奏した。
後にこの豪雨は会場周辺の局地的集中豪雨で福岡市中心部などでは小雨程度であったことが上記と共に音楽誌で報じられ、「嵐を呼ぶバンド」の異名を揺るぎないものとした。
当時のオリコンチャートで、タイアップなしのシングルが1位を取るのは珍しかった。
ロングセールスとなり、約70万枚の売り上げを記録した。
1995年
1996年
普段はあまり行かない地区を中心にライブを行う。全国28か所28公演 総動員数58,000人。
本編終了後、アンコールを待つ観客による「きよしこの夜」の大合唱が起こる。この日より、1年間の充電期間に入る。Jによれば、7月からの全国ツアーが始まる頃に、メンバーでの話し合いが持たれ、「次のビジョンへ行くためには、一人ひとりのメンバーが力を付けて、新しいルナシーを作らなければダメ」であり、1997年を「みんなの自主トレーニングの期間にあてよう」という結論に至ったという。活動休止に関して提案したのはSUGIZO、賛成したのがRYUICHI、中立だったのがINORAN、反対したのがJ、真矢である。
1997年

この年、メンバーの5人はソロ活動をしていった。まずRYUICHIは、本名の河村隆一でソロ活動を開始。アルバム『Love』は約300万枚という男性ソロシンガーとしては歴代最高の売り上げを記録し、年末にはNHK紅白歌合戦にも出場するなど、わずか1年の間にソロシンガーとしての地位を不動のものにした。また、俳優タレントとしてもテレビやドラマなどにも出演し、お茶の間にも進出した。SUGIZOINORANJ真矢も、それぞれに精力的な音源製作・ライブ活動で5人が5人独特の活動を展開して見せた。個々にシンガーデビューを果たし、ランクインさせた。

1998年
アンコールでジョン・レノンの「Happy X'mas (War Is Over)」をカバーする。
1999年
1月9日 台湾 動員数3,000人 1月14日 香港 動員数3,800人 1月17日 上海 動員数2,500人
3日前に会場を襲った強風により数十億円をかけたステージセットが倒壊し、真矢のドラムが巻き込まれる等の被害が出て開演が危ぶまれ、「嵐を呼ぶバンド」の名が一時的に復活。当日はメンバー間でも「それでも絶対にライヴを決行しよう(J等)」と「観客が巻き込まれたりすると危険だからライヴは止めよう(INORAN等)」と意見が割れたという。しかし、「廃墟を(観客に危険が及ばない範囲で片づけた上で)セットにしてしまおう」、というSUGIZOのアイデアで決行。タイトルにある「NEVER SOLD OUT」の言葉通り、入場料を払えば当日でも何人でも入場できるシステムが採用され、総動員数 10万人を記録。この時、メンバーでただ1人倒壊前日にステージを見ていたINORANは、当時出演したテレビ番組で、セット倒壊の報を聞いてメンバー全員で駆け付けた際のことを「倒壊する前のセットの様子が、自分には点線のようになって見えたんですよ」と語っていた。
2000年
この日に、LUNA SEA終幕発表が公表される。RYUICHIは「終幕」の理由について、「このメンバーでバンドをやっていたいちばんの理由は、5人でいれば誰よりも輝けると思ったからです。でも、同じ光を見てると目も慣れて、より強い光を求められなくなった」と語った。
このライブのセットリストは、終幕発表以前に公式WEBサイト上で行われた曲投票が反映されている。最後の曲はラストナンバーの定番「WISH」であった。このライブを最後に終幕。

終幕後

1997年の活動休止中からソロ・アーティストとしてもキャリアをスタートさせていた5人は、終幕後も5人5様の活動を続けていた。また、多くのアーティストは解散後ファンクラブも終了する場合が多いが、終幕後もファンクラブSLAVEは存続していた。

それぞれの活動(河村隆一・J・真矢・FAKE?・SUGIZO/SHAG)としてある雑誌のインタビューを受けた際に、LUNA SEA開幕について聞かれ、SUGIZO以外のメンバーはそれに肯定的なことを言っていたが、SUGIZOは「開幕してほしいっていう人はあのときの感覚を再体験したいだけなんだよ。」と発言し、断固として反対していた。しかし、市川哲史の著作『私が「ヴィジュアル系」だった頃』でのインタビューでは、LUNA SEAを「偉大なる失敗バンド」と位置づけながらも「失敗の要因を全部クリアできて、もう一度5人が人間的に繋がり合えるのであればリ・スタートとしてありかも。」と、再結成を完全否定しているわけではないことが伺える発言もしていた。

2001年 - 2006年

2001年

それぞれ、特典映像が異なる。VHS版は、現在ほとんど入手不可能である。

2002年

2003年

RYUICHI・INORANは終幕後に初めて同じステージに立つ(後に、Tourbillonとして本格活動を開始)。

2004年

2005年

2007年
2007年はメジャーデビュー15周年、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/24 02:37

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「LUNA_SEA」の意味を投稿しよう
「LUNA_SEA」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

LUNA_SEAスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「LUNA_SEA」のスレッドを作成する
LUNA_SEAの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail