このキーワード
友達に教える
URLをコピー

MBSベースボールパークとは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2018年6月)
  • 出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2018年6月)
  • 脚注による出典や参考文献の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2018年6月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2018年6月)
  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2018年3月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2018年6月)

 | 
ラジオ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、CDなどでの販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態のネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。

【MBSベースボールパーク】

【ジャンル】
プロ野球中継(阪神戦中心)
【放送方式】
生放送
【放送期間】
2014年 -
【放送時間】
平日17:45 - 試合終了
土・日曜17:59 - 試合終了
【放送局】
MBSラジオ
【ネットワーク】
月・金曜:JRN
火・水・木曜:NRN
土・日曜:ローカル(LFと提携、対戦カードによりデーゲームはNRN/JRN・ナイターはJRNとネットを組む場合あり)
【公式サイト】
公式サイト

MBSベースボールパーク』(エムビーエスベースボールパーク、MBS Baseball Park)は、毎日放送(MBS)ラジオが2014年から放送しているプロ野球中継番組。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 中継タイトルの変遷
    • 1.2 キャッチコピー
    • 1.3 放送日・放送時間
    • 1.4 前座番組
    • 1.5 エンディング
    • 1.6 予備カードの扱い
    • 1.7 インターネット・携帯電話・ワイドFM向け中継
    • 1.8 歴史
      • 1.8.1 備考
        • 1.8.1.1 ゴーゴーホークス
        • 1.8.1.2 ブレーブス・ダイナミック・アワー
        • 1.8.1.3 毎日放送ダイナミックナイター
    • 1.9 ネットワーク・中継体制
      • 1.9.1 制作担当局
      • 1.9.2 土・日曜日の阪神・オリックス主催戦中継
        • 1.9.2.1 2007年度まで
        • 1.9.2.2 2008年度
        • 1.9.2.3 2009年度
        • 1.9.2.4 2010年度
        • 1.9.2.5 2011年度
        • 1.9.2.6 2012年度
        • 1.9.2.7 2013年度
        • 1.9.2.8 2014年度
        • 1.9.2.9 2015年度
        • 1.9.2.10 2016年度
        • 1.9.2.11 2017年度
        • 1.9.2.12 2018年度
        • 1.9.2.13 MBSテレビの副音声によるラジオ実況の同時放送
        • 1.9.2.14 沖縄開催の阪神主催試合への対応(2013年)
      • 1.9.3 ナイター中継延長時の対応
        • 1.9.3.1 平日
        • 1.9.3.2 土曜日
        • 1.9.3.3 日曜日
      • 1.9.4 雨天中止時・ナイター非開催日の対応
        • 1.9.4.1 月曜日
        • 1.9.4.2 火・水・木曜日
        • 1.9.4.3 金・日曜日
        • 1.9.4.4 土曜日
      • 1.9.5 『MBSタイガースライブ番外編』→『MBSベースボールパーク番外編』
      • 1.9.6 緊急対応による阪神戦中継の挿入
      • 1.9.7 スピンオフ企画による阪神戦中継『DJタイガースライブ』→『DJベースボールパーク』
      • 1.9.8 ナイターオフ編成下での中継
        • 1.9.8.1 阪神戦
        • 1.9.8.2 オリックス戦
        • 1.9.8.3 クライマックス・セ
        • 1.9.8.4 クライマックス・パ
    • 1.10 中継の特徴
      • 1.10.1 ベンチリポーターに独特の呼称
      • 1.10.2 多彩なジングル
      • 1.10.3 「今日の勝負どころ」
      • 1.10.4 コーナー・企画
  • 2 番組プレゼント
  • 3 出演者
    • 3.1 現在の出演者
      • 3.1.1 レギュラー解説者
        • 3.1.1.1 フィールドキャスター
      • 3.1.2 出演機会の多いゲスト解説者
      • 3.1.3 実況・リポート担当アナウンサー
    • 3.2 スタジオ担当アシスタント
    • 3.3 中継へのゲスト出演者
      • 3.3.1 他局からのゲスト解説者
      • 3.3.2 その他のレギュラーゲスト
    • 3.4 過去の出演者
      • 3.4.1 過去の解説者
      • 3.4.2 過去の実況担当
      • 3.4.3 タイガースリポーター
      • 3.4.4 阪神OB以外の出演者
      • 3.4.5 過去のスタジオ担当
  • 4 出来事
    • 4.1 毎日放送ダイナミックナイター
    • 4.2 MBSタイガースナイター
    • 4.3 MBSタイガースライブ
      • 4.3.1 2011年度
      • 4.3.2 2012年度
      • 4.3.3 2013年度
    • 4.4 MBSベースボールパーク
      • 4.4.1 2014年度
      • 4.4.2 2015年度
      • 4.4.3 2016年度
      • 4.4.4 2017年度
      • 4.4.5 2018年度
      • 4.4.6 2019年度
      • 4.4.7 2020年度
  • 5 関連項目
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 外部リンク

概要

中継タイトルの変遷

キャッチコピー

放送日・放送時間

MBSラジオのサービスエリアである関西地方に本拠地を置く阪神タイガースの公式戦を中心に、オリックス・バファローズなどの公式戦を随時中継。番組としての放送開始時間は、平日が17:45、土・日曜は17:59。公式戦の期間中は、デーゲームを含めて中継カードを試合終了まで放送する。

『タイガースライブ』時代、平日の開始時間を、2004年度までは17:36、2005-2010年度は17:25、2011年度からは17:54(阪神戦以外の場合は17:57から)、土・日曜の開始時間を17:59に設定。また、月曜日のナイターや祝日のデーゲームで阪神の試合がある場合には『MBSタイガースライブスペシャル』というタイトルで中継。土曜日についてはデーゲーム・ナイターとも『MBSタイガースライブ』として放送していた。

『ベースボールパーク』移行後の2016年度には、土曜日午後の生ワイド番組(同年度は『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト』→2017年度から『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』)の開始時刻を、通年で13:45に設定。土曜日に中継するデーゲームの開始時刻が13:45以降の場合には、編成上別番組として扱いながらも、先述番組のフロート番組(1コーナー)として放送した。

日曜日は競馬中継を最優先するためデーゲームの生中継は行われず、2006年までは前座コーナーの『とことん!!タイガース』でダイジェストが放送された。16・17時台にMBS自社制作の生放送番組『上泉雄一の日曜スポーツ宣言!』を編成していた2007年には、番組内でデーゲームの途中から生中継を実施することもあった。2008年以降は、阪神のデーゲームが薄暮開催などの関係で18時以降も続いていれば、ナイトゲーム中継枠の冒頭を使って放送することがある。

前座番組

平日は2008年まで、土曜日は2010年まで、日曜日は2009年まで、スタジオから前座コーナーを放送していた。

2009年からは、平日の前座コーナーを前枠番組『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』に統合。平日にナイトゲームを中継する場合には、原則として17:57に同番組からステブレレスで放送を開始した。

日曜日は2010年度当初から、土曜日は同年7月から同枠で別番組が開始されたため、土・日曜の前座コーナーも廃止された。

『ベースボールパーク』1年目の2014年には、『もうすぐベースボールパーク』というタイトルで、平日のみ前座コーナーを再び内包(放送時間は17:46から中継カードの開始直前まで)。『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』については、タイトルを2008年度までの『ノムラでノムラだ♪』に戻すとともに、火 - 木曜日の放送時間を7分短縮した(短縮後の放送時間は16:00 - 17:46)。その一方で、『EXトラ(エキストラ)』というタイトルは『豊永真琴のベースボールパークEXトラ』に引き継がれた。MBSの制作で阪神またはオリックスのナイトゲームを中継する場合には、『もうすぐベースボールパーク』の進行役を、実況担当のアナウンサーが事実上兼務。オープニングでは、「タイガース直前情報」と称して中継先から中継カードの聴きどころを手短に伝えた後に、タイトルコールを流す。スタジオアシスタントは、実況担当とのやり取りを最小限にとどめたうえで、中継に出演する実況・解説者の紹介、中継しないカードの先発投手・途中経過の案内、インフォマーシャルなどのアナウンスに専念していた。なお、平日に阪神・オリックス以外のゲームを中継する場合には、『もうすぐ - 』にMBSのスポーツアナウンサーがスタジオに登場。当該カードの中継を開始するまで、当日のスタジオ担当と共に、直近の阪神の戦い振りを振り返っていた。

2015年には、『上泉雄一のええなぁ!』の放送枠を平日のランチタイムから夕方へ移動させるとともに、『もうすぐベースボールパーク』の放送枠を『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』方式で統合。火 - 金曜日の17:45 - 17:54には、上泉と当日のスタジオアシスタントの出演で、『まだまだええなぁ! もうすぐベースボールパーク』を放送している。なお、当番組で阪神のナイトゲームを中継する場合には、上泉が(対戦チームを含めた)当該試合のスターティングメンバーを『上泉雄一のええなぁ!』内(18:00開始予定の場合には17:25頃)で発表。『まだまだええなぁ! - 』では、上泉が「タイガース直前情報」まで出演した後に、中継しないカードの速報・予告先発投手をスタジオアシスタントが伝える。7月からは、土曜日にMBSの自社制作で阪神のナイトゲームを中継する場合に『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト 延長スペシャル』(本来はナイトゲームのない土曜18 - 20時台に放送)として17:45 - 17:59に前座コーナーを復活させた。

2016年には、前年と同じく、火 - 金曜日に『まだまだええなぁ! - 』を編成。土・日・月曜日については、スポンサー付きの別番組を編成する関係で、ナイトゲームの中継を予定している場合でも基本として前座番組・コーナーを設定しない。ただし、土曜日にMBSの自社制作で阪神のナイトゲームを中継する場合には、『うきうき土曜リクエスト』の本編(17時台後半)に前座コーナーを組み込んだ。

2017年から2019年までは、『うきうき土曜リクエスト』の後継番組として、『桜井一枝&井上雅雄のるんるん土曜リクエスト』(『るんるん』)を放送。当番組の中継で実況・リポーターを担当するスポーツアナウンサーの井上雅雄をパーソナリティに起用したほか、井上が当番組を含むスポーツ中継との兼ね合いで休演する場合には、他のスポーツアナウンサーが交互に『るんるん』のパーソナリティ代理を務めた。このため、井上が中継の実況を担当する週には、『るんるん』を休止するか、中継に携わらないスポーツアナウンサーが同番組(中継終了後の短縮版)のパーソナリティを代演。逆に、井上以外のスポーツアナウンサーが中継の実況やリポーターを担当する週には、井上が桜井一枝とともに毎日放送本社のラジオスタジオから前座コーナーと短縮版へ出演していた。『上泉雄一のええなぁ!』でも2017年4月改編からコーナー構成を若干変更したため、プロ野球シーズン中の火 - 金曜日に阪神のナイトゲーム中継を実施する場合には、『まだまだええなぁ! - 』内で中継先から実況(または阪神側ベンチリポート)担当のアナウンサーが中継カードのスターティングメンバーを伝えるようになった。

なお、『うきうき』は2020年のレギュラーシーズン開幕前週(3月14日)で放送を終了するため、同年以降のシーズンでは上記の対応を若干変更する予定。

エンディング

阪神が試合に勝った場合は、中継終了時にBGMとして「六甲おろし」(カラオケバージョン。阪神甲子園球場で使われているものと同じ。)を流しながら、試合結果、解説者、ベンチレポーター、実況担当アナの紹介をした後、その試合での阪神の得点場面や試合終了の場面を実況再生(1分間ほど)しながら中継を終了する(阪神がサヨナラホームランで勝った場合は、その場面のみを再生する場合が多い)。なお、全国ネットなどで他局にネットしている場合は、2007年までは試合結果などの紹介をした上でネット局のみ先に中継を終了させた後、MBSのみ解説者と実況アナとのトークなどを数分間続けたのち、上記の実況再生などをして中継を終了していた。2008年からはMBS・ネット局とも一緒に中継終了の挨拶をした後、MBSのみ実況再生をして中継を終える事が多くなった。

『タイガースライブ』時代には、関西ローカル中継で阪神敗戦時に相手チームの選手に対するヒーローインタビューも放送したり、他球場からのプロ野球速報を中継内で詳しく伝えたりするなど、阪神以外の球団も極力平等に扱いながら野球界全体を盛り上げる方針になっていた。

予備カードの扱い

2006年度からの一時期は、阪神のナイトゲームが中止・ノーゲームか20:30頃まで終了した場合には、予備カード扱いのオリックスのホームゲーム中継を放送。オリックスの試合がビジターゲームの場合には、巨人戦を中心に、原則としてセントラル・リーグのカードを予備カードからの繰り上げ形式で中継する。ただし、関東圏での阪神ビジターゲームが中止の場合には、オリックスがホームゲームを開催していても巨人戦の放送を優先しており、2010年時点では阪神の試合の開催地に関係なく、オリックス主催試合は阪神戦・巨人戦に次ぐ第2予備になることが多かった。2011年度は前述のように他球団も極力平等に扱う方針となったため、8月までは巨人戦がある場合でもオリックスのホームゲームの方を第1予備として設定していたが、9月以降のこの優先措置は、全国放送の設定順位が屋内球場より上位の場合に限り行うようになっており、当初から阪神戦が非開催の日の対応についてもその時々であった。2013年からはオリックス戦の優先措置は阪神戦非開催日以外ほとんど見られなくなったが、2015年は阪神戦の第1予備にビジターのオリックス戦を配置するケースが見られるなど幾分扱いが改善されている(現地局で放送されている場合に限る)。

ちなみに、MBSラジオで選抜高等学校野球大会の全試合を完全中継していた2010年度までは、高校野球の試合時間が延びた場合に阪神・オリックス戦の中継を試合の途中から放送することがあった(プロ野球の開幕直後のカードが該当)。

インターネット・携帯電話・ワイドFM向け中継

2001年度からは、阪神甲子園球場で開催される阪神球団主催ホームゲーム(対巨人戦を除く)は、有料会員制でインターネット配信による実況『阪神タイガースLive!』を実施していた。

2007年度からは、『阪神タイガースLive!』を休止する代わりに、NTTドコモの携帯電話向け音声配信サービス『MBS猛虎亭DX』を開始。『阪神タイガースLive!』での対象ゲームに加えて、阪神対巨人戦(阪神主催試合)も配信している。ただし、MBSラジオで放送しない日曜のデーゲームや、他球団主催のビジターゲームまでは配信しない。また、auソフトバンクウィルコムなどの携帯電話には、今のところ対応していない。

2009年4月30日の阪神対横浜戦(甲子園のナイトゲーム、MBSではテレビ・ラジオで放送)では、P2P技術による実証実験を兼ねてインターネットでの無料配信中継を実施。2010年シーズンのradiko実用化試験期間中には、大阪府京都府兵庫県奈良県内に限って、試験用のポータルサイト(radiko.jp)を通じて放送中の中継・CMを無料・同時にインターネットで配信。試験対象地域では、携帯電話・携帯端末のうち、インターネット対応のiPhoneiPadAndroidで中継を聴けるようになった。同年12月から関西全域でradikoの本運用が始まったことを機に、『タイガースライブ』改称後の2011年シーズン以降は、同時配信の対象を和歌山県滋賀県内にも拡大。その一方で、楽天球団の方針により、(阪神のビジターゲームを含む)楽天ホームゲームでは同時配信を実施できなくなった。

2014年9月1日から「radikoプレミアム・エリアフリー」(有料会員制サービス)でもMBSの配信が開始されたため、9月2日の「阪神対DeNA」戦から同サービスで聴けるようになった。

さらに、MBSラジオでは2016年3月19日(土曜日)の12:00から、大阪府のほぼ全域と兵庫県・京都府・奈良県の一部地域を対象にFM補完放送(ワイドFM)の本放送を開始。当番組では、当日の12:55から放送した「オリックス対阪神」オープン戦中継(京セラドーム大阪、実況:近藤亨、解説:藪恵壹)を皮切りに、ワイドFMと従来のAMによるサイマル中継を本格的に実施している。

なお、2016年の当番組では、ワイドFMでの中継開始と「超変革 Fighting Spirits」(阪神のチームスローガン)にちなんで「FMでも聴ける!MBSラジオも聴変革(ちょうへんかく)!!」というキャンペーンを展開。キャンペーンポスターには、ワイドFMの周波数(90.6MHz)にちなんで、阪神の高山俊外野手(背番号9)・大和外野手(背番号0)・金本知憲一軍監督(背番号6:2013年から2015年までの阪神戦中継ゲスト解説者)によるホームゲーム用ユニフォーム姿の写真を用いていた。阪神がチームスローガンを「挑む!」に変更した2017年には、キャンペーンの名称を「MBSも挑む!」に改めながらも、上記のキャンペーンを続けていた。

歴史

MBSラジオでは、新日本放送としての開局2日目(1951年9月2日)に、日本の民放ラジオ局では初のアマチュア野球中継(ハワイ・レッドソックス対早稲田大学戦)を放送した。この中継では当初、「アメリカのメジャーリーグ中継を手本にせよ」という中澤不二雄の進言を基に、中澤自ら解説役として要点だけを喋るスタイルを採用していた。しかし、リスナーからの評判が芳しくなかったため、記録係として中継に帯同していた杉本隆平(当時の同局アナウンサー)が4回から放送に登場。これが解説を交えながら実況を伝える放送形式を生み出すことになった。ちなみに同年には、単発番組ながら、このスタイルでプロ野球のナイトゲーム中継も始めている。

ラジオ大阪ドラマティックナイター#NRN野球ネットについて」も参照

備考

ゴーゴーホークス
ブレーブス・ダイナミック・アワー
毎日放送ダイナミックナイター

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/02/20 09:03

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「MBSベースボールパーク」の意味を投稿しよう
「MBSベースボールパーク」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

MBSベースボールパークスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「MBSベースボールパーク」のスレッドを作成する
MBSベースボールパークの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail