このキーワード
友達に教える
URLをコピー

Mr.Children_REFLECTIONとは?

【Mr.Children REFLECTION】

【監督】
Mr.Children
稲垣哲朗
【製作】
稲垣哲朗
Mr.Children
Sunny
【製作総指揮】
稲垣哲朗
【出演者】
Mr.Children
SUNNY
【音楽】
桜井和寿
【主題歌】
Mr.Children「Reflection」
【撮影】
稲垣哲朗
齋藤陽道
【編集】
稲垣哲朗
【配給】
日活
【公開】
2015年2月7日
【上映時間】
109分
【製作国】
日本
【言語】
日本語
【前作】
Split The Difference

Mr.Children REFLECTION』 (ミスターチルドレン リフレクション)は、Mr.Childrenのライブドキュメンタリー映画。詳細は『Mr.Children REFLECTION{Live&Film}』を参照。

目次

  • 1 内容
    • 1.1 セットリスト
  • 2 公開時期
  • 3 評価
  • 4 タイトルの由来
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

内容

2014年9月17日から10月9日にかけて開催した「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」を撮影し、メンバーのインタビューも交えて映画化したものであり、体裁はフィルムコンサートに近いものとなっている。ライブ映像はMr.Childrenのファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の中から、最終日の10月9日に行われたZepp Sapproでの公演を収録、セットリストは公開当時において未発表の新曲を中心に構成されている。

撮影は4Kカメラにて行われている。

セットリスト

このツアーよりキーボードSunnyが復帰、またいくつかの楽曲はメンバー4人のみで演奏されている。今回披露された未発表の新曲はすべて後にリリースされた『REFLECTION』に収録された。

○がついている曲はライブの時点で未発表の楽曲、□がついている楽曲は映画公開時点で未発表の楽曲。

  1. Everything (It's you)
  2. 旅人
  3. 名もなき詩
  4. Melody
  5. FIGHT CLUB
  6. 斜陽
  7. 蜘蛛の糸
  8. I Can Make It
  9. 放たれる
  10. 花 -Mémento-Mori-
  11. 進化論
  12. 足音 〜Be Strong
  13. 幻聴
  14. 口笛
  15. 未完
  16. 独り言

公開時期

映画の基となるMr.Childrenのファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」が2014年9月17日から10月9日に行われ、そのツアーの最中にメンバー4人の中では映画作品として劇場公開をするというアイディアが芽生える。

そこで、既に2015年3月14日から6月4日にかけて開催が決定していた新たなツアー「Mr.Children Tour 2015 REFLECTION」までの間に、2015年2月7日から2月27日間の3週間限定として公開された。

公開前日には、同映画で披露される多数の新曲を収録した通算18枚目となるアルバム『REFLECTION』のリリースが発表された。

評価

2月7日 - 2月8日の全国興行収入ランキングにおいて、初登場第8位にランクイン。上位の1位 - 7位の作品は、同週末に初日を迎えた『ミュータント・タートルズ』、『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』など大規模公開の話題作や、『ベイマックス』「ANNIE/アニー』といった超大作が並び、これらの作品が300スクリーン - 600スクリーンの公開規模のなか、100スクリーンに満たない公開規模の本作が全国興行収入ランキング内でスクリーンアベレージ1位の興行成績を記録した。また、TOHOシネマズ調べの週末ランキングでは『ベイマックス』『ミュータント・タートルズ』に続き、第3位にランクイン。さらに、ぴあ初日満足度ランキングでも1位を獲得し、鑑賞後の口コミも広がっている。公開前日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた前夜祭は、これまでに同会場をジャックして行われたイベントの中で最大の動員数を記録する大盛況となった。

タイトルの由来

同映画のタイトル、また、18枚目のアルバムとなった『REFLECTION』のタイトルは、メンバーの田原健一によって命名された。その由来は、写真家の齋藤陽道がファンクラブ限定ツアーの際に撮影した写真にある。齋藤が撮影した写真の中にはいくつか、ステージと客席の間に、緑色の光で構成されたモヤが映り込んでおり、それは齋藤が撮影上の手法として意図的に発現させたものではなかった。これを見た田原は、ミュージシャンである自分たちが音楽として発している“想い”と、その音楽の受け手であるファンたちの“想い”が重なり合って起きた現象だと感じ、その“想い”と“想い”の「反射」を表して、「REFLECTION」(「反射」の意)というタイトルになった。

脚注

  1. ^ 本作エンドロール及び劇場用パンフレットより

外部リンク

Mr.Children(カテゴリ)
桜井和寿 - 田原健一 - 中川敬輔 - 鈴木英哉
シングル | 
CD | 
1990年代 | 
92年 | 
1.君がいた夏 - 2.抱きしめたい

93年 | 
3.Replay - 4.CROSS ROAD

94年 | 
5.innocent world - 6.Tomorrow never knows - 7.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

95年 | 
8.【es】 〜Theme of es〜 - 9.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

96年 | 
10.名もなき詩 - 11.花 -Mémento-Mori- - 12.マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

97年 | 
13.Everything (It's you)

98年 | 
14.ニシエヒガシエ - 15.終わりなき旅

99年 | 
16.光の射す方へ - 17.I'LL BE


2000年代 | 
00年 | 
18.口笛 - 19.NOT FOUND

01年 | 
20.優しい歌 - 21.youthful days

02年 | 
22.君が好き - 23.Any - 24.HERO

03年 | 
25.掌/くるみ

04年 | 
26.Sign

05年 | 
27.四次元 Four Dimensions

06年 | 
28.箒星 - 29.しるし

07年 | 
30.フェイク - 31.旅立ちの唄

08年 | 
32.GIFT - 33.HANABI

09年 | 
-


2010年代 | 
10年 | 
-

11年 | 
-

12年 | 
34.祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

13年 | 
-

14年 | 
35.足音 〜Be Strong

15年 | 
-

16年 | 
-

17年 | 
36.ヒカリノアトリエ - 37.himawari


コラボレーション | 
奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)


配信限定 | 
花の匂い - fanfare - かぞえうた - hypnosis - REM - 放たれる - here comes my love


アルバム | 
CD | 
オリジナル | 
1.EVERYTHING - 2.Kind of Love - 3.Versus - 4.Atomic Heart - 5.深海 - 6.BOLERO - 7.DISCOVERY - 8.Q - 9.IT'S A WONDERFUL WORLD - 10.シフクノオト - 11.I U - 12.HOME -13.SUPERMARKET FANTASY - 14.SENSE - 15.[(an imitation) blood orange] - 16.REFLECTION - 17.重力と呼吸

ベスト | 
Mr.Children 1992-1995 - Mr.Children 1996-2000 - Mr.Children 2001-2005 - Mr.Children 2005-2010

カップリング集 | 
B-SIDE

企画盤 | 
LAND IN ASIA - 1/42


配信限定 | 
Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25 - Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25


映像作品 | 
ライヴ | 
regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY - Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001 - Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001 - wonederful world on DEC 21 - Mr.Children Tour 2004 シフクノオト - MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field- - Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜 - Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" - Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- - MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 - Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour - Mr.Children REFLECTION{Live&Film} - Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 - Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25

ドキュメンタリー | 
【es】 Mr.Children in FILM - regress or progress '96-'97 DOCUMENT - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

ミュージック・ビデオ | 
music clips ALIVE - Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25


映画 | 
【es】 Mr.Children in FILM - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children REFLECTION

書籍 | 
【es】 Mr. Children in 370 DAYS - Mr.Children 詩集「優しい歌」

関連項目 | 
エンジン(烏龍舎) - トイズファクトリー - ロボット - ap bank - THE WALLS - Bank Band - Reborn-Art Session



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/10 02:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「Mr.Children_REFLE…」の意味を投稿しよう
「Mr.Children_REFLECTION」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

Mr.Children_REFLECTIONスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Mr.Children_REFLECTION」のスレッドを作成する
Mr.Children_REFLECTIONの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail