このキーワード
友達に教える
URLをコピー

NBAとは?

【NBA】

今シーズン・大会:
2017-2018シーズン
【競技】
プロバスケットボール
【コミッショナー】
アダム・シルバー
【開始年】
1946年
【参加チーム】
30チーム(2カンファレンス・6ディビジョン)

【国】
アメリカ合衆国 カナダ
【前回優勝】
GSW ゴールデンステート・ウォリアーズ(6回目)

【最多優勝】
BOS ボストン・セルティックス(17回)

NBA(National Basketball Association、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は、北米で展開する男子プロバスケットボールリーグであり、30チームの内29チームがアメリカ合衆国、1チームがカナダを本拠としている。また、国際バスケットボール連盟(FIBA)に加盟しているUSAバスケットボール (USAB) のアクティブ・メンバーの1つであり、北米4大プロスポーツリーグの一つである。

1946年6月6日ニューヨークで設立。設立当初は、BAA (Basketball Association of America) という名称だった。ライバル関係にあったNBL (National Basketball League) から数チームを引き抜いたあと、1949年の秋に、NBAという名前に改称した。

NBAには各国に独立した事務所があるが、すべてニューヨーク5番街のオリンピック・タワー内にある本部の管理下にある。NBA EntertainmentとNBA TVスタジオは、ニュージャージー州セコーカスに本部がある。

目次

  • 1 概説
    • 1.1 レギュラーシーズン
    • 1.2 ポストシーズン(プレーオフ)
    • 1.3 ファイナル
  • 2 NBAの歴史
    • 2.1 創成期
    • 2.2 1950年代
    • 2.3 1960年代
    • 2.4 1970年代
    • 2.5 1980年代
    • 2.6 1990年代
    • 2.7 2000年代
    • 2.8 2010年代
  • 3 NBA独自のルール
    • 3.1 概要
    • 3.2 補足
    • 3.3 ドレスコード
  • 4 所属チーム
    • 4.1 イースタン・カンファレンス
    • 4.2 ウェスタン・カンファレンス
  • 5 現在の各チーム所属選手
  • 6 ホームコート
  • 7 優勝の記録
  • 8 経営
  • 9 薬物違反
  • 10 乱闘
  • 11 人物
    • 11.1 会長・コミッショナー
  • 12 テレビ放映権
    • 12.1 世界
    • 12.2 アメリカ
    • 12.3 日本
      • 12.3.1 日本向けの中継の主な解説者
        • 12.3.1.1 現在
        • 12.3.1.2 過去
  • 13 NBA.TV
  • 14 NBA.com/Stats
  • 15 下部組織相当のリーグ
  • 16 賞・タイトル
    • 16.1 個人賞
    • 16.2 セレクトチーム
    • 16.3 スタッツリーダー
  • 17 脚註
  • 18 関連項目
  • 19 外部リンク

概説

アメリカ合衆国カナダに全30チームがあり、東西2つのカンファレンス、さらにそれぞれ3つのディビジョン(各5チーム)に分かれて、10月から翌年4月までレギュラーシーズン82試合が行われる。その結果に応じてポストシーズンが行われ、カンファレンス優勝チーム間でファイナルが行われ最終的にシーズンのチャンピオンが決定する。

レギュラーシーズン

夏のオフシーズンに引き続きチームは9月下旬からトレーニングキャンプを開始する。トレーニングキャンプでは、若手(特にルーキー)を中心に選手の評価を行う。チームの弱点、強みをスカウトし、シーズン開始に備えて、選手補強を図り、12名のアクテブロースターと3名の控えプレーヤを揃える。キャンプ後に数試合のプレシーズンゲームを行う。大学や海外チームと対戦することもある。 NBAのレギュラーシーズンは10月の最終週に開幕する。レギュラーシーズンでは、各チームは全82試合を行う。41試合をホームで、41試合をアウェイで戦うこととなる。同じディビジョンの4チームとは4対戦(ホーム2、アウェイ2)で合計16試合を戦う。同カンファレンスで、他ディビジョンのチームとの対戦は、6チームと4試合(24試合)、残りの4チームと3試合(12試合)、合計36試合を戦う。異なるカンファレンスの15チームとは、2対戦(ホーム1、アウェイ1)し,合計30試合を戦う。 この非対称な構成は、チーム間にスケジュールの厳しさに不均衡をもたらすが、NFLMLB程ではない。5年間で、同じディビジョンの4チームと80試合、同カンファレンス他ディビジョンのチームとの対戦は、180試合(ホーム90、アウェイ90)、異なるカンファレンスのチームとは、150試合になり、スケジュールの不均衡がなくなるように調整される。 レギュラーシーズン終了後、各カンファレンス内の勝率上位8チームが、東西それぞれのカンファレンスで4戦先勝方式のプレーオフトーナメント「NBAプレーオフ」を戦う。

ポストシーズン(プレーオフ)

プレイオフはカンファレンス内の順位で組合せが決定し、それぞれ対戦する2チームで勝率が高い方に、(7戦目まで進んだ場合)一方のチームより1試合多くホームゲームを戦える「ホームコートアドバンテージ」が与えられる。※A:勝率が高いチーム B:勝率が低いチーム→AABBABAというホーム開催となる。各ラウンドは4勝したチームが勝ち抜ける。A(1位 - 8位)、B(2位 - 7位)、C(3位 - 6位)、D(4位 - 5位)の組み合わせで1stラウンドを戦い。カンファレンスセミファイナルは、A-D、B-Cで対戦し、それぞれの勝者でカンファレンスファイナルを戦う。

ファイナル

両カンファレンスを優勝したチーム同士で行われる決勝は「NBAファイナル」(6月上旬 - 中旬開催)と呼ばれ、世界各地に中継放送されて3億人が観戦していると言われる。ファイナルもレギュラーシーズンの勝率の高いチームが「ホームコートアドバンテージ」を獲得し、ファイナルでは、ホーム、ホーム、アウェイ、アウェイ、ホーム、アウェイ、ホームで試合が進められる。ファイナル終了後に、ファイナルMVPが選出される。

NBAの歴史

創成期

NBAはバスケットボール誕生から約半世紀後に創設された。創設の目的はプロアイスホッケーに利用されるアリーナの空き時間を埋めるためであり、初代コミッショナーにはAHLの会長であるモーリス・ポドロフが就任した。1946年11月1日に、トロント・ハスキーズニューヨーク・ニッカボッカーズの顔合わせで初めて試合が行われた。1949年NBLと合併し、ジョージ・マイカンがNBA入りした。

1950年代

この時期リーグは大きな2つの変化を経験する。その1つが24秒ショットクロック(ボールを保持したチームが24秒以内にシュートをしなければ、相手ボールとなる)の導入だった。NBLの吸収で17チームにまで膨れ上がったNBAだが人気は停滞し、1954年には8チームにまで減少した。このような状況を打破すべく導入されたショットクロックは、試合のテンポを早くし、より娯楽性の高いものとした。もう1つの変化は黒人選手の隆盛だった。公民権運動が活発化する前のNBAは選手の大半を白人が占めていたが、1950年にはNBA初の黒人選手チャック・クーパーがドラフト指名され、1956年にはビル・ラッセルがNBA入りし、1959年にはウィルト・チェンバレンが新人にして得点王、リバウンド王、新人王、MVP4冠を達成した。1950年代前半はマイカン率いるミネアポリス・レイカーズがNBA初の3連覇を達成。後半にはラッセル擁するボストン・セルティックスがリーグを支配し始める。

1960年代

1960年代はセルティックスの時代だった。ラッセルを始めボブ・クージービル・シャーマンサム・ジョーンズジョン・ハブリチェックらを擁したセルティックスは、名将レッド・アワーバックに率いられ、1958 - 59シーズンから65 - 66シーズンまでの8連覇を達成した。セルティックスがリーグを支配する一方で、チェンバレンの1試合100得点やオスカー・ロバートソンのシーズン平均トリプルダブル達成などの記録も生まれた。NBAは60年代末には傘下チームを14に増やすなどしようやく軌道に乗り始めたが、1967年にはライバルリーグABAが誕生した。

1970年代

リーグはセルティックスの支配が終わり群雄割拠の時代を迎え、全体的にビッグマンが活躍する時代となる。70年代前半は大都市のロサンゼルス・レイカーズニューヨーク・ニックスが3回NBAファイナルで対戦して人気を博したが、70年代前半から中盤にかけてベトナム戦争の泥沼化などの暗い時代背景や薬物などの蔓延によりNBAの人気は低迷し、またABAとの競争のための事業拡大はリーグ全体の質の低下を招いた。カリーム・アブドゥル・ジャバーやABA出身のジュリアス・アービングらがリーグを牽引したが、人気の回復には至らなかった。

1980年代

どん底まで沈んでいたNBAを救ったのはマジック・ジョンソンラリー・バードの登場だった。両者のライバル関係はリーグを活性化させ、1980年代のNBAファイナルはジョンソンのロサンゼルス・レイカーズとバードのセルティックスのいずれかが争った。またマイケル・ジョーダンら次世代を担うスター選手らが続々とNBA入りを果たしたのもこの時期であり、また第4代コミッショナーに就任したデビッド・スターンはリーグのクリーン化に力を注いだ。NBAの人気は加速度的に増していき、チーム数は27にまで増加する。そして80年代末のバッドボーイズの連覇を経て、NBAはジョーダンの時代を迎えた。

1990年代

NBA史上最高の選手の一人に挙げられるジョーダン率いるシカゴ・ブルズがリーグを席巻し、2度の3連覇、6度の優勝を果たした。ジョーダンと個性溢れる様々なライバル選手との熱戦は世界中にテレビ中継され、アメリカ国内のみならず、海外のNBAブームにも火を着けた。そしてNBAの世界的な人気を決定的なものにしたのが、1992年バルセロナ五輪への「ドリームチーム」派遣であった。また海外出身のアキーム・オラジュワンが2年連続でファイナルMVPを受賞し、カナダに新チームを立ち上げるなどグローバリゼーションが進む一方、90年代は選手の年俸が高騰した時期でもあり、ブルズが2度目の3連覇を果たした1998年にはロックアウトが起き、開幕が大幅に遅れ、シーズンが短縮される事態に陥った。

2000年代

21世紀最初の王朝はシャキール・オニールコービー・ブライアントを擁し3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズだった。またティム・ダンカン擁するサンアントニオ・スパーズも98-99シーズンを含む計4回の優勝を果たすなど、2000年代のNBAはウェスタン・カンファレンスに強豪チームが揃う西高東低と呼ばれる図式となった。また、2000年代は海外出身選手も急増し、2002年2005年2006年NBAドラフトではアメリカ国外出身選手が1位指名を受け、04-05シーズン以降3シーズン連続でシーズンMVPは海外出身選手が獲得しており、06-07シーズンにはシーズンMVPとファイナルMVPを海外出身選手が獲得した。

イリーガルディフェンスとは、ゾーンディフェンスが禁止されていた時代のルールで、マンツーマンディフェンスを強制するためのルールである。ディフェンダーがマッチアップする相手とワンアーム(手が届く位置)以内の距離から離れて3秒経つとイリーガルディフェンスがコールされた。ゾーンディフェンス解禁後は、これに変わってディフェンス3秒ルールが設定され、ペイントエリア内のディフェンダーが、相手とワンアーム(手が届く位置)以上離れて、3秒ペイントエリア内にとどまるとディフェンス3秒がコールされる。ペナルティは、同じく1フリースロー。

2010年代

2010年オフにマイアミ・ヒートがFAでレブロン・ジェームズクリス・ボッシュを同時に獲得して、スリーキングスを結成。大きな話題となる。ヒートは直ちに強豪チームとなり、初のシーズンは、2011年のファイナルでダラス・マーベリックスに敗れたものの、2012年、2013年とチャンピオンとなり連覇した。

NBA独自のルール

国際バスケットボール連盟 (FIBA) ルールとは異なる独自のNBAルールがあり、その違いからオリンピック、世界選手権などでアメリカが苦戦を強いられる要素にもなっている。ただし、2010年10月から五輪や世界選手権で、2012年10月からは各国で、それぞれFIBAルールが改正され、3ポイントラインが50cm下がり、ペイントゾーンが長方形になる。これによって国際ルールとNBAルールが近づくことになる。

概要

フロントコート図
3秒ルール拡張仮想レーン
ロワー・ディフェンシブ・ボックス(LDB)図
  • 2016-2017シーズン --- フルタイムアウト(90秒)が前後半合計6回20秒タイムアウト(実質60秒)が前後半各1回。オーバータイム時はフルタイムアウトが2回、20秒タイムアウトが1回。オフィシャル(マンダトリ)タイムアウトは2nd、4thクォーター各1回で、残り9分を切って最初にプレーが止まった時点。
  • 2017-2018シーズン --- タイムアウト(75秒)が前後半合計7回。4thクォーターには4回まで持ち越せる。4thクォーターでは①残り3分を切って以降と②2回目のオフィシャル(マンダトリ)タイムアウト後には、各チーム2回に制限される。オフィシャル(マンダトリ)タイムアウトは各クォーター2回で、残り①7分と②3分を切って最初にプレーが止まった時点。オーバータイム時はタイムアウトが3回。
タイムアウトの申請はヘッドコーチだけでなくプレー中ボールを保持している選手も可能。ショットクロックは保持される。タイムアウトは、ファウルゲームを仕掛けた際に残り試合時間のロスを防ぐなど、終盤になるほど戦術的に重要なものとなる。
詳細は「3秒ルール」、「ノーチャージエリア (バスケットボール)」、「制限区域 (バスケットボール)」、および「スリー・ポイント・フィールド・ゴール」を参照。

補足

インスタントリプレイで確認するNBAオフィシャル

ドレスコード

NBAでは、選手が、ゲームウェアー以外で、チームやリーグに関わる場で、相応しい装いをすることを規定している。ショートパンツ、ジャージ、ノースリーブシャツ、Tシャツ、サンダル、冠り物、ヘッドフォン、チェーンやペンダントなどが禁じられている。

所属チーム

TOR
BOS
BKN
NYK
PHI
CHI
CLE
DET
IND
MIL
ATL
CHA
MIA
ORL
WAS
DAL
HOU
MEM
NOP
SAS
DEN
MIN
OKC
POR
UTA
GSW
SAC
PHO
LAC
LAL

イースタン・カンファレンス

地区 チーム 創設年 加盟年 本拠地
イースタン・カンファレンス
アトランティック | ボストン・セルティックス
BOS Boston Celtics  | 1946 |  マサチューセッツ州ボストン
TDガーデン
ブルックリン・ネッツ
BKN Brooklyn Nets  | 1967 | 1976 |  ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区
バークレイズ・センター
ニューヨーク・ニックス
NYK New York Knicks  | 1946 |  ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン
マディソン・スクエア・ガーデン
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
PHI Philadelphia 76ers  | 1946 | 1949 |  ペンシルベニア州フィラデルフィア
ウェルズ・ファーゴ・センター
トロント・ラプターズ
TOR Toronto Raptors  | 1995 |  オンタリオ州トロント
エア・カナダ・センター
セントラル | シカゴ・ブルズ
CHI Chicago Bulls  | 1966 |  イリノイ州シカゴ
ユナイテッド・センター
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/09 15:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「NBA」の意味を投稿しよう
「NBA」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

NBAスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「NBA」のスレッドを作成する
NBAの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail