このキーワード
友達に教える
URLをコピー

NEWS_ZEROとは?

(NEWS ZEROから転送)
お願い:スポンサー・裏番組の「詳細な記述」(スポンサー・裏番組のみの項目立てや単なる列挙など)は絶対しないで下さい。(PJ放送番組での合意に基づく)
【NEWS ZERO

news zero】

【ジャンル】
帯番組 / 報道番組
【企画】
山田克也
【演出】
土屋拓(総合演出・デスク)
【出演者】
有働由美子
櫻井翔(月曜日)
落合陽一(火曜日)
市來玲奈(月 - 水)
山本紘之(月 - 水)
岩本乃蒼(月 - 木)
河西歩果(木・金)
弘竜太郎(木・金)
畑下由佳(金曜日)

【ナレーター】
山崎優
打上順子
吉岡ふみお
樹又ひろこ
ふとがね金太
田中良典
駒田航(金曜日)
近藤隆
【オープニング】
作曲:イケガミキヨシ中塚武
【エンディング】
椎名林檎宮本浩次獣ゆく細道
【製作】

【製作総指揮】
関根崇史(制作)
【プロデューサー】
三浦俊明(CP)
スタッフを参照
【制作】
日本テレビ(NNN)

【放送】

【音声形式】
2012年3月以前:モノラル放送→モノステレオ放送
2012年4月以降:ステレオ放送
【放送国・地域】
日本
【放送期間】
2006年10月2日 -
【放送時間】
【月 - 木】23:00 - 23:59
【金曜日】23:30 - 翌0:30
【放送枠】
日本テレビ系列深夜ニュース枠
【放送分】
【月 - 木】59分【金曜日】60分
【回数】
3050
公式サイト


news zero』(ニュース ゼロ)は、日本テレビをはじめとしたNNN系列で2006年10月2日から毎週月曜日から金曜日深夜生放送されている平日最終版の報道番組である。ステレオ放送(2011年10月3日から)。

略称および番組タイトルコールは「zero」。2018年9月29日(土曜日)までの番組名は、読みが同じである大文字表記の「NEWS ZERO」であり、略称および番組タイトルコールは大文字表記の「ZERO」であった。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 番組改編
    • 1.2 視聴率
  • 2 現在の出演者
    • 2.1 キャスター
    • 2.2 解説者・コメンテーター
  • 3 過去の出演者
    • 3.1 メイン・サブ・ニュースキャスター
    • 3.2 カルチャー・スポーツ・気象コーナー担当キャスター
    • 3.3 曜日キャスター
    • 3.4 フィールドキャスター
    • 3.5 不定期出演キャスター
    • 3.6 コメンテーター
  • 4 放送時間
  • 5 主なコーナー
    • 5.1 過去のコーナー
  • 6 主な出来事
    • 6.1 2006年
    • 6.2 2007年
    • 6.3 2008年
    • 6.4 2009年
    • 6.5 2010年
    • 6.6 2011年
    • 6.7 2012年
    • 6.8 2013年
    • 6.9 2014年
    • 6.10 2015年
    • 6.11 2016年
    • 6.12 2017年
    • 6.13 2018年
    • 6.14 2019年
  • 7 ネット局
  • 8 テーマソング
    • 8.1 メインテーマ
    • 8.2 エンディングテーマ
  • 9 特別番組
  • 10 ネット配信
  • 11 不祥事
    • 11.1 エステ店医師法違反事件での盗撮
    • 11.2 プロデューサーによるセクハラ・パワハラ報道
  • 12 スタッフ
    • 12.1 過去のスタッフ
  • 13 関連項目
  • 14 脚注
    • 14.1 注釈
    • 14.2 出典
  • 15 外部リンク

概要

1954年10月4日から52年間続いた『NNNきょうの出来事』が2006年9月29日に終了し、それに代わる日本テレビの最終版ニュース番組として放送開始した。この「ZERO」の開始により、NNN系列の冠がつく平日最終版のニュース番組は消滅した。さらに、これまで分離されていたスポーツニュース枠(『どんまい!!スポーツ&ワイド→どんまい!!→TVじゃん!!』→『スポーツMAX』→『スポんちゅ』)も12年半ぶりに最終版ニュースに統合された。

番組スタート当時のCMでは、「52年ぶりに夜が変わる」、「52年ぶりの新番組」(実際に“52年ぶりに変わる”該当地域は当時の日本テレビの放送区域である南関東周辺のみ)をキャッチコピーにしていた。番組のコンセプトは『ゼロから始める、革命的ニュースショー』。その日に起こった政治経済社会芸能スポーツの話題をよりわかりやすく伝えていく。

初代のメインキャスターには、大蔵省(現在の財務省)の官僚から関西学院大学大学院の教授に転じていた村尾信尚を起用。従来報道局単独で制作されていた『きょうの出来事』とは異なり、スポーツ番組やワイドショーを制作するスポーツ・情報局、バラエティ番組やドラマを制作する制作局のスタッフも組み入れたプロジェクトチーム制で制作されている。これにより、『NNNきょうの出来事 Sports & News』の終了以来12年半ぶりに

2012年4月2日からはリアルタイム字幕放送に対応するようになった(前番組・きょうの出来事で、最晩期にそれを行っていた以来)。それまでは字幕放送は行っておらず、唯一2011年3月3日は耳の日ということで、当番組含め当日の同局系の全国ネットの生番組のすべてでリアルタイム字幕放送が実施されたのみであった。なお、日本テレビでは地デジにおいて字幕信号を常時送出している。

なお、番組開始から12年間にわたってメインキャスターを務めた村尾は、2018年9月29日(土曜日)放送分で勇退。同年10月1日(月曜日)放送分からは、元NHKアナウンサーの有働由美子を2代目のメインキャスターとして起用するなど、大半のキャスターを入れ替えた。さらに、タイトルロゴを小文字の表記(『news zero』)に統一。番組開始から使用してきた長方形のモニター(通称「ニュースウォール」)に代わって、日本のテレビ番組では初めて円形のモニターを導入するなど、スタジオセットも一新した。また、「視聴者と会話するニュース」というコンセプトの元、SNSで視聴者からのコメントを募集する試みもスタートした。

番組改編

2007年秋
放送時間が月 - 木曜日のみ3分拡大(23:58まで、金曜日はこれまで通り翌0:25まで)し、キャスターが一部入れ替わることになった。リポーターの知花くららは9月18日で番組を降板した。これにより、火曜キャスターには板谷由夏、金曜日のサブキャスターは現役女子大生の八木依子が担当することになった。
2008年秋
金曜の放送時間が25分繰り下げられ、23:55開始となり、終了時間が翌0:55までとこれまでより5分延びて60分の放送となった。同時に長嶋一茂と八木依子が降板。一茂の後任は置かれず、板谷も2008年5月中に産休に入っていたため、それから約1か月程度の間、実質的に曜日レギュラーは櫻井のみとなっていたが、11月に板谷が復帰した。八木の後任も立てられず、金曜日は村尾・鈴江・ラルフの3名のみで進行することになった。
2009年秋
開始当初から出演していた鈴江が、菊川怜の後任として『真相報道 バンキシャ!』のサブキャスターも務めることになったため、小林同様に月曜から木曜のみの出演となる。金曜日の放送は鈴江に替わって、日本テレビアナウンサーの松尾英里子と七尾藍佳が加わることになった。なお、金曜は前々枠の『未来創造堂』の終了と前枠の『アナザースカイ』の時間繰上げに伴い、1年ぶりに23:30からの放送に戻される。
2010年春
金曜日23:30 - 23:58に『恋のから騒ぎ』が移動するため、28分繰り下げられ、23:58開始となった。開始当初から出演していた小林が結婚により降板したため、後任にバイオリニスト宮本笑里が就任した。ただし原則として火曜日の「@CULTURE」の担当で、小林の役回りは鈴江が引き継いでいる。松尾も金曜日だけの担当から、平日担当になった。
2011年春
金曜キャスターの七尾藍佳がブルームバーグ記者への転身に伴い 降板した。後任は元毎日放送アナウンサーの八木早希が担当する。5月にはエンディングテーマ曲が変更となった。
2012年春
松尾が退職することに伴い、新たにホラン千秋が新キャスターとして番組に加わった(金曜を除く)。また、番組オープニング・スタジオセットやBGMやテロップが変更されたほか、「ニュースウォール」も一回り縦横に拡大され、画質も向上した。更に、火曜キャスターとして新たに桐谷美玲が加わった。これまで火曜日のカルチャーコーナーを担当していた宮本は月1回のペースでの出演に変わった。
2012年秋
松尾の退社以降、金曜日も進行キャスターとして出演していた鈴江が再び月曜から木曜の担当に戻った。後任にはそれまで金曜日のサブキャスターだった八木が就任し、新たな進行キャスターとして日本テレビアナウンサーの徳島えりかが加わった。
2013年春
サブキャスターのホラン、進行キャスターの鈴江、徳島が番組を卒業。鈴江の後任として、これまでフィールドキャスターを務めていた右松が進行キャスターを引き継いだ。ホランの後任には山岸舞彩が加入した。また新たに磯貝初奈が気象キャスターとして加わった。また、番組オープニング・スタジオセットやBGMやテロップが再度変更。更に乙武洋匡が教育問題担当のレギュラーキャスターとして月1回程度出演する。
2013年秋
月 - 木曜日の放送時間を23:00 - 23:59に変更し、6分拡大となった22時台の番組をそのまま引き継ぐ形となった。
2014年春
金曜キャスターの八木、気象キャスターの磯貝が番組を卒業。後任として久野静香(日本テレビアナウンサー)が金曜キャスター、塩川菜摘が気象キャスター(金曜日を除く)として番組に加わった。
2015年春
金曜は前枠の『未来シアター』が終了したことに伴い、5年ぶりに23:30からの放送に戻される。また、オープニングが変更された。
2015年秋
7月28日に結婚を発表した月 - 木曜キャスターの山岸が番組を卒業(芸能界を引退)することに伴い、金曜キャスターの久野を山岸の後任とし、久野と同期入社のアナウンサー・杉野真実が金曜キャスターとして番組に加わった。
2016年春
ニュースキャスターの右松、気象キャスターの塩川が番組を卒業。サブキャスターの久野・杉野がニュースキャスターに降格して、新たにサブキャスターとして、元NHKアナウンサーで獨協医科大学国際協力支援センター・国際疫学研究室助教の小正裕佳子を、気象キャスターとして良原安美(月・火曜)・井上清華(水・木曜)がそれぞれ番組に加わった。
また、お笑い芸人ピース又吉直樹、元フィギュアスケート選手の高橋大輔も新たにキャスターとして番組に加わった。
2017年春
気象キャスターの良原・井上が番組を卒業。後任として田中瞳が気象キャスター(金曜日を除く)、杉山セリナが金曜担当キャスターとして番組に加わった。杉山は金曜日の「ZERO CULTURE」と気象コーナーを担当する。
2017年秋
月 - 木曜担当のニュースキャスターの久野が番組を卒業。後任として日本テレビアナウンサーの岩本乃蒼が番組に加わった。
2018年春
月 - 木曜担当の気象キャスターの田中、月一回程度の不定期で出演していた高橋が番組を卒業。気象キャスターの後任として、ミス青山学院大学2017で新人フリーアナウンサーの今井美桜が番組に加わった。
2018年秋
番組のメインキャスターであった村尾が卒業し、後任に元NHKアナウンサーでフリーアナウンサーの有働由美子をメインキャスターに起用。それに伴い、番組名も大文字の「NEWS ZERO」から小文字の「news zero」に変更。
また、月 - 木曜担当のサブキャスターの小正、金曜担当のニュース兼サブキャスターの杉野、月 - 木曜担当のスポーツキャスターのラルフ、金曜担当のスポーツキャスターの川畑、月 - 木曜担当の気象キャスターの今井、金曜担当の気象キャスターの杉山が番組を卒業。それに伴い、新たに畑下由佳(金、ニュース担当)、山本紘之(月 - 水、スポーツ担当)、弘竜太郎(木・金、スポーツ担当)、市來玲奈(元乃木坂46、月 - 水、カルチャー&気象担当)、河西歩果(木・金、カルチャー&気象担当)がそれぞれ番組に加わった。
その他、2007年10月から火曜キャスターで2012年4月から不定期出演していた板谷は、同年8月29日放送分で9月での卒業を発表し、同年9月19日放送分で番組を卒業したほか、火曜キャスターとして出演していた桐谷は同年9月25日放送分で、不定期出演していた又吉は同年9月26日放送分で、村尾と同じく番組を卒業。そのため、2018年10月以降も引き続き出演するのは、唯一、番組開始当初から出演している櫻井と2017年秋に加入した岩本のみとなった。

視聴率

初回視聴率は7.5%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

2018年10月第1週(同月1日 - 7日、リニューアル後初週)の視聴率は、週平均では8.7%と、前週(同年9月第4週、同年9月24日 - 30日。ただしこの週について、24日 - 27日は通常編成、29日は通常より35分遅れでの放送)の7.4%を1.3ポイント上回り、初回から順に10.0%、以降は10.4%、7.9%、8.4%、6.6%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

その後、2018年10月12日には4.6%を記録(ただし金曜日のため月-木曜と異なり23時30分開始)し、2019年1月時点の報道では5%以下の回がほとんどと報じられるなど苦戦が伝えられていたが、その一方で2019年2月12日には11.0%とリニューアル初回を上回る視聴率を記録する回も出ている。2019年2月11日週にはリニューアル以降最高の週間平均視聴率を記録した。

平均視聴率ベスト4
  1. 18.6% - 2011年8月23日(島田紳助の芸能界引退会見の様子など)
  2. 16.2% - 2011年12月21日(『家政婦のミタ』最終回(40.0%)直後の放送)
  3. 14.9% - 2009年11月10日(リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の被疑者逮捕の速報など)
  4. 14.4% - 2006年12月20日(中島忠幸青島幸男岸田今日子の訃報など。『14才の母』最終回(22.4%)直後の放送)

現在の出演者

キャスター

メインキャスター(アンカーウーマン)
2018年10月1日から出演。
ニュースキャスター(アシスタントキャスター)
2017年10月2日から出演。2018年9月までは、カルチャーを兼務していた。
2018年10月5日から出演。また、月・火曜日は深層NEWSに出演。
月曜キャスター
2006年の初回放送から月曜に出演。2018年10月からは唯一の曜日キャスターとなった。自身のコーナー「プライチ」を担当。
スポーツキャスター
2018年10月1日から出演。
2018年10月4日から出演。
カルチャー&お天気キャスター
2018年10月1日から出演。
2018年10月4日から出演。

解説者・コメンテーター

レギュラー解説者 ※隔週、月〜木曜のみ出演
2018年10月1日から出演。
2018年10月8日から出演。
サッカー解説者 ※不定期出演
野球解説者 ※不定期出演
2019年から山本昌に変わり出演。日本テレビ野球解説者スポーツ報知野球評論家兼任。2019年4月2日から出演。
気象解説者 ※不定期出演
コメンテーター
2018年10月2日から毎週火曜日に出演。

過去の出演者

メイン・サブ・ニュースキャスター

【期間】
【メイン】
【サブ】
ニュース
【月 - 木曜日】
【金曜日】
【月 - 木曜日】
金曜日
【2006.10.2】
2007.9.28 村尾信尚 | 小林麻央 | 大石恵 | 鈴江奈々
【2007.10.1】
2009.9.26 (ニュースが兼務)
【2009.9.28】
2010.3.31 七尾藍佳 | 鈴江奈々 | 松尾英里子
【2010.4.1】
2011.3.26 鈴江奈々 | 松尾英里子
【2011.3.28】
2012.3.31 八木早希
【2012.4.2】
2012.6.29 ホラン千秋 | 鈴江奈々
【2012.7.2】
2013.3.30 鈴江奈々 | 徳島えりか
【2013.4.1】
2014.3.29 山岸舞彩 | 右松健太
【2014.3.31】
2015.10.3 久野静香
【2015.10.5】
2016.3.25 久野静香 | 杉野真実
【2016.3.28】
2017.3.31 小正裕佳子 | 久野静香 | 杉野真実
【2017.4.3】
2017.9.30 小正裕佳子 | (ニュースが兼務)
【2017.10.2】
2018.9.29 岩本乃蒼
【2018.10.1】
現在 有働由美子 | (不在) | 畑下由佳


カルチャー・スポーツ・気象コーナー担当キャスター

【期間】
【カルチャー】
【スポーツ】
気象
【月 - 水曜日】
【木曜日】
【金曜日】
【月 - 水曜日】
【木曜日】
【金曜日】
【月・火曜日】
【水・木曜日】
金曜日
【2006.10.2】
2007.9.28 (サブが担当) | ラルフ鈴木 | (不在)
【2007.10.1】
2008.9.26 (サブが担当) | 八木依子
【2008.9.29】
2010.3.31 (サブが担当)
【2010.4.1】
2012.3.31 鈴江奈々
宮本笑里 | (サブが担当)
【2012.4.2】
2013.3.30 (サブが担当)
【2013.4.1】
2014.3.29 磯貝初奈
【2014.3.31】
2016.3.25 塩川菜摘 | (不在)
【2016.3.28】
2017.3.31 (ニュースが担当) | 良原安美 | 井上清華
【2017.4.3】
2018.3.30 (ニュースが担当) | 杉山セリナ | ラルフ鈴木 | 川畑一志 | 田中瞳
【2018.4.3】
2018.9.29 今井美桜
【2018.10.1】
現在 市來玲奈 | 河西歩果 | 山本紘之 | 弘竜太郎 | (不在)


曜日キャスター

【期間】
【月曜日】
【火曜日】
【水曜日】
【木曜日】
金曜日
【2006.10.2】
2007.9.28 櫻井翔 | 竹内薫 | 長嶋一茂 | 川原亜矢子 | (不在)
【2007.10.1】
2008.9.26 板谷由夏 | (不在)
【2008.9.29】
2012.3.31 (不在)
【2012.4.2】
2018.9.29 桐谷美玲
【2018.10.1】
現在 (不在)


フィールドキャスター

現在はニュースキャスターおよび中継リポーターと兼務。

不定期出演キャスター

2016年4月27日から出演。自身担当コーナーの「SPOT LIGHT」放送時のみ出演。2018年春をもって番組を卒業。
2008年5月から同年11月4日まで産休。2009年3月までは毎週火曜日の曜日キャスターを担当していたが、2009年4月から不定期で放送している自身担当コーナーの「LIFE」放送時のみ出演する。高橋・又吉が出演し始めた2016年4月から、かなりの不定期でだいたい2ヶ月に1回ぐらいのペースで出演していた。2018年9月19日放送分をもって番組を卒業。
2016年4月28日から出演。主に最終週の水曜日もしくは木曜日にて担当。自身の担当コーナーの「働く」放送時のみに出演。2018年9月26日放送分をもって番組を卒業。
※レギュラー出演前の2016年3月9日には自身が取材した東日本大震災の特集を放送するためゲストとして1回出演した。
※2016年1月29日から出演。日本テレビ中京テレビ東海テレビCBCテレビサンテレビニッポン放送東海ラジオMBSラジオゲスト解説者兼。2018年をもって番組を卒業。

コメンテーター

政治解説
政治関連で重大なニュースがあった際や、『ZERO×選挙』の際に出演していた。

放送時間

(表記はすべて、JSTである。特別編成等で遅延の場合もあり)

【期間】
【月 - 木曜日】
金曜日
【2006.10.2】
2007.9.28 22:54 - 23:55(61分) | 23:30 - 翌0:25(55分)
【2007.10.1】
2008.9.26 22:54 - 23:58(64分)
【2008.9.29】
2009.9.26 23:55 - 翌0:55(60分)
【2009.9.28】
2010.3.27 23:30 - 翌0:30(60分)
【2010.3.29】
2013.9.27 23:58 - 翌0:58(60分)
【2013.9.30】
2015.3.28 23:00 - 23:59(59分)
【2015.3.30】
現在 23:30 - 翌0:30(60分)

主なコーナー

 | 
この節の加筆が望まれています。

2018年10月開始。番組が始まった瞬間に有働が挨拶し、暫くトークを行ったあと、「(○月○日の)zero始めます。」といってOPに入る。月曜は櫻井とトークを行う。重大なニュースが入った場合には行わない。
国内外の芸能情報を伝える。主に企画特集がメイン。ニュースの数によっては休止する場合もある。2018年9月までは、タイトルが大文字だった。
スポーツニュースコーナー。2018年9月までは、カルチャー同様タイトルが大文字だった。
ニュースに関して視聴者からTwitterを通じて意見を募り、放送当日に出演するゲストや視聴者と考えるコーナー。2018年10月1日から開始。
フラッシュニュース。2018年10月から開始。リニューアル前の「ZERO Pick UP」に相当する。
月曜出演の櫻井が進行するコーナー。2018年10月8日から開始。2018年9月まで櫻井が進行していた「イチメン!」とは異なり、毎週放送ではなく不定期放送となる。
通常編成の場合、金曜日の23:50頃から放送。毎週、さまざまな企画特集をメインとしている。齋藤飛鳥(乃木坂46)や矢部太郎(カラテカ)なども不定期にゲスト出演。なお、『報道ステーション』(テレビ朝日)にも同名のコーナーがあるが、こちらとは無関係。
なお、2007年10月より金曜日には全国の天気を伝えている。その際、月曜 - 木曜はCGで表示されるが、金曜日のみニュースウォールを使用していた。2012年3月までは、その時に流れるBGMも月曜 - 木曜と金曜日とでは異なった。2012年4月から月曜 - 金曜のBGMが同じようになった。関東地方の予報は関東7都県・山梨県静岡県の予報が表示。2013年4月から気象予報士が抜擢されるようになり、最初は全国の明日の気象予報、その後に関東地方の明日の気象予報(金曜日は週末土日も含む)を伝える。
2018年10月1日から、生活に関係する天気指標を伝える「くらし予報」と呼ばれる内容が追加された。

過去のコーナー

曜日別日替わりコーナー
全日放送コーナー
4 - 6本のフラッシュニュースで振り返る。その時に発生しただいたいの時刻が表示されるがニュースの順序は時系列にはなっていない。前番組『NNNきょうの出来事』の1990年代半ばの進行に似る。重大なニュースが入った場合は休止となる(特に東日本大震災発生後の2011年3月11日以降は同年6月24日まで放送されなかった)。2013年3月まではオープニング後に放送されていた。2018年10月のリニューアルに合わせ2018年9月末に終了。
2007年10月からスタートした、ニュース、スポーツ、カルチャー各ジャンルのニュースをコンパクトに行うコーナー。2013年3月までは、ニュース、スポーツ、カルチャー各ジャンルのニュースをコンパクトに行っていた。最初のニュースを読む以外はフラッシュニュース形式となる。2018年10月のリニューアルに合わせ2018年9月末に終了。
2017年10月2日からスタート。日本テレビのニュースサイト「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/13 09:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「NEWS_ZERO」の意味を投稿しよう
「NEWS_ZERO」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

NEWS_ZEROスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「NEWS_ZERO」のスレッドを作成する
NEWS_ZEROの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail