このキーワード
友達に教える
URLをコピー

NHK衛星第2テレビジョンとは?

NHK衛星第2テレビジョン

【基本情報】

【略称(愛称)】
BS2、衛星第2
【運営(番組供給)事業者】
日本放送協会
【放送(配信)開始】
1989年6月1日
【放送(配信)終了】
2011年3月31日
【アナログ放送(BS、放送終了)】

【放送事業者】
日本放送協会
【チャンネル番号】
BS-11ch
【放送開始】
1989年6月1日
【放送終了】
2011年3月31日
【衛星基幹放送(BSデジタル放送)】

【放送事業者】
日本放送協会
【チャンネル番号】
Ch.102
リモコンキーID
2
物理チャンネル
BS-15ch
【放送開始】
2000年12月1日
【放送終了】
2011年3月31日
【その他(再送信・配信)】

【その他】
以下アナログ放送
南大東島 VHF-6ch
小笠原父島 VHF-10ch
小笠原母島 VHF-12ch
特記事項:
開局日はアナログ放送本放送開始日。試験放送開始は1986年12月25日

NHK衛星第2テレビジョン(エヌエイチケイえいせいだいにテレビジョン、略称:BS2ビーエス・ツー、デジタル放送の受信機表示アイコン:NHK2)は、かつて放送されていた日本放送協会(NHK)のBSテレビチャンネルのひとつ。現行放送法上の衛星基幹放送に該当する。デジタル・アナログとも、NHKは2011年3月31日をもって委託放送事業者(現:衛星基幹放送事業者)としての放送を終了した。リモコンキーIDはその名の通り「2」であった。

目次

  • 1 放送編成
  • 2 放送映像・音声ほかの仕様
  • 3 歴史
    • 3.1 放送開始の経緯・開始当時の状況
    • 3.2 完全デジタル化に向けた措置
  • 4 沿革
  • 5 放送形態
    • 5.1 放送休止
    • 5.2 時報スーパー
      • 5.2.1 備考
    • 5.3 コールサインの遍歴
  • 6 放送チャンネル
    • 6.1 閉局時の放送チャンネル
  • 7 放送された番組
  • 8 その他
  • 9 脚注
  • 10 関連項目

放送編成

BS1がニューススポーツ中継を中心とした編成であるのに対してBS2は映画コンサート中継、アニメ海外ドラマなどエンターテイメント性の高い番組を中心に編成されている。スポーツ中継は大相撲(2011年初場所を最後に終了)、高校野球(開・閉会式、準々決勝、準決勝、決勝)のみに限られるがBS1の編成の都合上で放送できない場合まれに放送されることがあった(2007年7月29日のAFCアジアカップ決勝戦がBS1で参議院通常選挙開票速報放送に伴う代替放送もこれに該当した)。

また先述の通り、BS2が「(地上波の)難視聴解消を目的とする放送」と位置付けられていたため、『NHKニュースおはよう日本』『NHKニュース7』『NHKのど自慢』・『国会中継』『日曜討論』など、総合テレビとのニュース番組の同時放送、さらに『連続テレビ小説』の45分先行放送、1週間分再放送、『大河ドラマ』の2時間先行放送など、総合テレビや教育テレビの番組を時差編成で放送していた。BSアナログ放送のチャンネルでは唯一、日本語字幕放送を行っていた。

また衛星波3チャンネルの中では唯一「NHKニュース速報」のテロップは表示せず、地震速報のみ速報テロップ表示(全国放送で震度3以上の場合に限る)を行う。ローカルの地震速報の場合は衛星波3チャンネルとも表示なし。また、衛星波3チャンネルとも交通情報・気象警報のテロップ表示も一切行われていない(総合テレビが担っているため)。

台風が日本列島に接近・上陸する恐れがある時や地震での大規模災害があった時は、深夜から早朝の番組の一部を総合テレビとサイマル放送で差し替える形をとったことがある(なお東日本大震災の時は発生から1週間はBS1が総合テレビ、BS2が教育テレビの同時放送を行い、その後もBS1は総合テレビの地震関連ニュースを終夜体制で同時放送。BS2は『おはよう日本』、『正午のニュース』、『ニュース7』をBS1と同時放送した以外はほぼ通常編成に戻した)。

『おはよう日本』の前身『NHKニュースワイド』→『NHKモーニングワイド』の時代には、週替わりで全国のローカル枠の番組を放送したことがあった。

放送映像・音声ほかの仕様

デジタルアナログともに同一内容を放送している。デジタル放送についてはNHKは放送免許を持たず、委託放送事業者として放送を行っている。アナログについても2007年10月31日24時をもってNHKの放送局としては廃局となり、委託放送事業者に移行した。

BSデジタル放送では標準画質であるが放送時間の大半がハイビジョン同様16:9の画面で放送され、2か国語放送・解説放送もステレオで放送される事があるほか一部の音楽・映画番組では5.1サラウンド放送もある。またリモコンのdボタンで、気象情報のデータ放送を見る事もできる。なお、16:9の画面で放送されている番組は原則としてハイビジョン制作である。2006年11月20日よりハイビジョン制作の番組(一部の15秒、30秒、1分の番組案内スポットも含む)は原則として16:9の画面で放送されている。またBSデジタル放送開局時から2007年11月26日0:55までは8スロットによる放送であったが、アナログBShiの終了に伴う衛星スロット配置の変更に伴い同日5:00から3スロット追加されて11スロットでの放送となり画質が向上した。

歴史

放送開始の経緯・開始当時の状況

NHKの衛星放送は当初から2チャンネル体制での放送体制を計画しており基本的には山間部や離島地域など難視聴地域への対策を目的としてNHK衛星第1テレビジョン(BS1)が総合テレビ、BS2が教育テレビのそれぞれの同時・ないしは時差編成を中心として行うこととしていた。しかし1984年5月12日の開局時に使用した「ゆり2号a」の中継器とその予備各1台が故障するトラブルに巻き込まれ、予定していた2チャンネル体制での放送は急遽中止。放送後しばらくは1チャンネルで地上波2チャンネルの同時・時差編成の混成放送を行うこととなった。

1986年2月12日、本来は予備衛星となる予定であった「ゆり2号b」が打ち上げられ本来の2チャンネル体制が可能な環境が確立。1986年12月25日から2チャンネル体制での放送が開始された。1987年7月4日からBS1が24時間完全自主編成の放送となってからは地上波2チャンネルの同時・時差編成を中心に行い、1989年6月1日からの本放送突入以後はそれを並行しつつも本格的な独自編成を取り入れた24時間放送(ただし初期の頃は実際は後述のとおり23時間以下しか放送されなかった)を開始するようになった。

完全デジタル化に向けた措置

2011年のテレビ放送の完全デジタル化に向けて衛星放送は抜本再編されることになった。これに伴いBS2・BShiは2010年度いっぱいで放送終了することが決定した。BS2は、2010年度を「現在のハイビジョン専用チャンネルとしての最終年度」と位置づけたBShiとの連動性を図り、更に文化・娯楽・教養の番組コンテンツの充実を図ってハイビジョン化につなげる編成が行われた。

総務省における手続きを経て2010年12月9日、NHKから新生BSの概要が発表された。チャンネル通称名・コンテンツを引き継いだBS1と異なり、BS2とBShiは連動性の実績を生かして新しいチャンネルBSプレミアムとして生まれ変わることになった。これに伴い、BSプレミアムのオリジナルドラマ・アニメなどの放送が決定した。

BSプレミアムの意味合いとしては「見るべきテレビが、ある」をテーマに掲げ、ハイビジョン映像の高画質による高級感のあふれる娯楽(映画・演劇・音楽・芸術)と教養の総合チャンネルの番組を提供するという狙いが込められている。

2011年3月31日24時をもってBS2・BShiは閉局し、BS1は標準画質放送を終了した。その後デジタル放送スロット数変更の作業を行い、翌4月1日朝6時に新生ハイビジョンチャンネル「BS1」・「BSプレミアム」が放送を開始した。アナログBS2に割り当てられていたBS物理11chについては同年7月24日の正午まで「BSプレミアム」のサイマル放送が行われた。その後は通常の番組は放送されなくなり、アナログ放送の終了告知のみに切り替えられた。24時間放送を停止して深夜~早朝の数時間に放送休止枠を設定し、その時間帯に「技術実験」として次世代ハイビジョンなどの試験放送を行うことも検討されていたが、実施されなかった。

新BS1・BSプレミアムの放送開始と同時にBS2で実施されていた地上波放送難視聴者対策放送も終了した。デジタル放送完全移行後も地上波が映らないため、BSアナログを視聴している一部地域にはBSデジタルチューナーを配布し、地デジ難視対策衛星放送で見られるようにする対策をとった。ただし、『連続テレビ小説』と『大河ドラマ』については引き続きBSプレミアムで地上波よりも先に放送される(前者は平日7:30 - 7:45(再放送もあり、土曜には6話連続放送もある)、後者は日曜18:00 - 18:45)ほか、『さわやか自然百景』などごく一部の地上波番組もBSプレミアムで引き続き放送される。高校野球中継・大相撲中継は放送が無くなるほか、地上波ニュース番組のBS同時放送も災害・地震・津波などの全波一斉放送の臨時ニュースを除いて完全になくなった。 さらに大晦日の『NHK紅白歌合戦』も衛星放送からの放送もなくなった。

BSプレミアムのリモコンキーIDはBShiの「3」を引き継ぎ同ID「2」での放送は3月31日24時で終了した。また、BSプレミアム開始の前週からはBShiの欄にBSプレミアムのEPGが表示されていた。

しかし、BS-102chは2011年10月16日まではこのチャンネルを押すと「臨時放送用のチャンネルが休止しているため、ごらんの放送局の別のチャンネルに切り替えます」と表示してBS-101chへ自動的に誘導、ないしは「このチャンネルはありません」と表示されていたが、10月17日のメンテナンス終了以後はEPGの番組表に常時掲載され、放送がない場合、EPGには「(この時間帯は101chをご覧ください。)」と表記された。また102chを押した場合「このチャンネルは休止しています」と表示され、自動誘導されなくなった。この102chでは主にBS1の通常放送を行う101chで特番編成やスポーツ中継などの理由で定時に放送できない場合に備えたマルチ編成のための予備チャンネルとして使われるようになった。2013年1月10日からは102chの欄も使ってメインチャンネルの番組を表示するようになりサブチャンネル終了後、自動的にメインチャンネルの番組に切り替わる。

NHKの放送波で「プレミアム」の名称が付くチャンネルは、そのほかに在外日本人向けの「NHKワールド・プレミアム」があるが、こちらは「BSプレミアム」とは違い、娯楽・教養だけでなくニュース・情報番組、スポーツ中継も編成され、有料放送・無料放送が混在する、NHKの海外日本語有料チャンネルである(ワールド・プレミアムでもBSプレミアムの一部番組が放送される)。

沿革

放送形態

詳細は「日本放送協会の放送形態」を参照

毎日5:00起点の24時間放送(年1回メンテナンスのためデジタル放送のみ放送休止あり。アナログ放送は送出を2系統化しているためメンテナンスがあっても完全無休で放送)。

放送休止

時報スーパー

備考

コールサインの遍歴

デジタル放送
受託放送事業者(現:基幹放送局提供事業者)の放送衛星システム(B-SAT)が一括して管理・コールサインを保有している関係からNHKは委託放送事業者(現:認定基幹放送事業者、正確にはそのうち衛星基幹放送事業者)として放送を行っていたため、最後までNHK単体でのコールサインはなかった(他の全てのBSデジタル放送局も同様)。
アナログ放送
2007年10月31日まではNHKが送信業務を実施していたため、NHK単体でのコールサインが割り当てられていた。このコールサインは放送を発信する衛星によって割り当てられたコールが異なっていた。
  1. 1984年(試験放送開始当初 ゆり2号a使用) JO2A-BS-TV
  2. 1986年(ゆり2号b使用) JO20-BS-TV
  3. 1990年(ゆり3号a使用) JO32-BS-TV → 後に、B-SAT所属のBSデジタル放送を行う衛星基幹放送局(BSAT-3c及びその予備衛星使用)のコールサインとして再割当されている。
  4. 1997年(BSAT-1使用) JO22-BS-TV(放送では「じぇいおうにーにーびーえすてぃーヴぃー」と読み上げ)
※チャンネルは一貫してBS-11ch
2007年11月1日以降はアナログ放送もB-SATに送信業務を委託し委託放送事業者に移行したため、NHK単体でのコールサインは廃止された。

放送チャンネル

閉局時の放送チャンネル

デジタル放送
BS-102ch(リモコンキーID2)
アナログ放送
BS-11ch
※なお、当初BSアナログ放送では第1テレビではBS-11ch、第2テレビはBS-15chを使用する予定だった。
中継局
小笠原父島 VHF10ch(10W)
小笠原母島 VHF12ch(1W)
南大東 VHF6ch(100W)
小笠原諸島では2010年6月末まで、BS2、BS1とは別に通信衛星を使い関東広域圏と東京都域の地上波テレビ放送(総合テレビ、教育テレビ、民放キー局TOKYO MX)が再送信されていた。
大東諸島では、BS2、BS1とは別に通信衛星を使い関東広域圏の地上波テレビ放送の内、総合テレビ、教育テレビと県内民放のキー局であるTBSテレビフジテレビテレビ朝日が再送信されていたが、2011年7月22日に沖縄県域局のデジタルテレビ中継局が開局し、県域放送が視聴可能となった。

放送された番組

NHK衛星放送番組一覧」も参照

その他

極初期のころ、NHK衛星放送局宛に受信報告書を郵送した場合、放送衛星をデザインにあしらったベリカードを発行することがあったが、その後はオリジナルのベリカードは発行されていない。

脚注

  1. ^ BS2の同時放送時間外で、総理記者会見・内閣組閣関連・皇室関連・重大な事件関係がある場合などは原則としてBS1で放送されていた。
  2. ^ この名残りで、朝ドラと大河ドラマの先行放送はBSプレミアムに移行後も継続して行っている
  3. ^ ただし、一部番組は国会中継など特別編成で不定期放送となっている番組も少なくない。旧BS1でもごく一部ではあったが、ニュース番組を中心に地上波の同時・時差放送があった。
  4. ^ ただし、2011年3月11日発生の東日本大震災の特設ニュースと14日以降の教育テレビ全面サイマル放送の安否情報・生活関連情報・定時番組放送時は放送休止中も含めて「NHKニュース速報」のテロップも表示された。
  5. ^ 発生当時から数時間は「8波全中」(教育テレビ・ラジオ第2・国際放送を含むすべての電波で同じ内容を共通して放送する)を行った
  6. ^ これは先述の当初目的である難視聴対策で地上波の補完放送を実施したことの名残であり、24時間放送が導入される以前からも、臨時の終夜放送にしたことがあった
  7. ^ ただし、新「BS1」の意味合いは従来の「衛星第1テレビ」という意味合いから「日本初の実用衛星放送を開始したNHKの誇りを大切にし、衛星放送のNo.1を目指す」という願いが込められたものに変わった。
  8. ^ NHK側によれば、BShiとBS2を統合したチャンネルとして位置付けている。
  9. ^ 「へうげもの」のアニメ化(毎日新聞 2010年12月8日)
  10. ^ オリジナルドラマ(時代劇2本・「どんど晴れ」スペシャルドラマ)(毎日新聞 2010年12月8日)
  11. ^ NHKの発表
  12. ^ 2010年12月7日開催、同年12月24日公表の第1131回NHK経営委員会より。
  13. ^ 夏の高校野球は衛星放送はBS朝日で放送されている。
  14. ^ 大相撲中継は2011年3月の春(大阪)場所が中止されたため、事実上2011年1月の初場所で放送が終了した。ただし、2011年7月場所以降は総合テレビで16時台に国会中継が組まれた場合に限り新BS1で16:00 - 17:05に放送される(初適用は2011年7月12日の名古屋場所三日目)、2011年11月(九州)場所からBS102(SD)で放送が再開する。
  15. ^ BS1で行われていた政治・皇室関連その他重大な内容の特設ニュースに関する総合テレビとの同時放送もハイビジョンチャンネル化後は原則として無くなった。現在は地デジ難視対策衛星放送以外で地上波ニュース番組のサイマル放送が見られるのは国外向けのNHKワールド・プレミアムのみとなった。
  16. ^ NHKのBS FAQ(Q2)によると、3月31日24時の放送終了後、ID2(102ch)のボタンを押すと「このチャンネルはありません」といったエラー表示を出す(機種により表示方法は異なる)が、実際は新BS1の臨時チャンネルとして使用される。
  17. ^ NHKのBS FAQ(Q6)・(Q7)2011年3月25日0時から31日24時(4月1日0時)までは現行3チャンネルで表示されるが、4月1日0時以後の番組データは掲載されず空欄になる。その後一旦停波した後の4月1日4時以後はBS2(ID2)のデータは削除された。
  18. ^ 同様にBS hi=現BSプレミアムの予備チャンネルであった104chも自動誘導されず、番組表への常時掲載が開始されたが、BSプレミアムのマルチ編成放送となることはほとんどない。
  19. ^ BShiでは3月12日のみを休止とし、3月14日にその代替を含め2日分放送、3月15日以後は当初日程通り放送。
  20. ^ 『おひさま』に関しては第4回までBShiで放送し、そのままBSプレミアムに移動する予定だったが、開始日が1週延期となったためBShiでも放送されなかった。
  21. ^ ただし、生活関連情報番組を担当したアナウンサーが「午前0時から5時まで教育テレビ・衛星第2テレビは節電に協力するため放送を休止にします」というアナウンスはあった。

関連項目

日本放送協会
サービス | 
チャンネル | 
テレビ放送 | 

ラジオ放送 | 
  • ラジオ第1
  • ラジオ第2
  • FM
  • NHKワールド・ラジオ日本

  • 放送付随サービス | 
  • データオンライン
  • NHK Hybridcast
  • ネットラジオ(らじる★らじる)

  • 終了 | 
  • UHFテレビ実験局
  • ハイビジョン試験放送
  • 旧BS1
  • BS2
  • BShi
  • デジタルラジオ
  • スーパーハイビジョン試験放送


  • その他 | 
  • 放送形態
  • 国際放送
  • 衛星放送
  • 番組一覧(総合EテレBSラジオ第1ラジオ第2FMデジタルラジオNHKワールドTV)
  • ニュース
  • 気象情報
  • 地域情報番組
  • 学校放送
  • オンライン
  • オンデマンド
  • ネットクラブ
  • アーカイブスポータル


  • 組織 | 
    最高意思決定機関 | 
    2010Happy Mail