このキーワード
友達に教える
URLをコピー

NHK静岡放送局とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年1月)
日本放送協会 > 日本放送協会放送局の一覧 > NHK静岡放送局
NHK静岡放送局

NHK静岡放送会館

【所在地】
422-8076
静岡市駿河区八幡一丁目6番1号

公式サイト

総合テレビ

【開局日】
1957年6月1日

【放送対象地域】
静岡県
【コールサイン】
JOPK-DTV
【親局】
静岡 20ch (キーID 1)
Eテレ


【放送対象地域】
全国放送
(名古屋放送局管轄)
【コールサイン】
JOPB-DTV
【親局】
静岡 13ch (キーID 2)
ラジオ第1

【開局日】
1931年3月21日

【放送対象地域】
静岡県
【コールサイン】
JOPK
【親局】
静岡 882kHz
ラジオ第2


【放送対象地域】
全国放送
【コールサイン】
JOPB
【親局】
静岡 639kHz
FM


【放送対象地域】
静岡県
【コールサイン】
JOPK-FM
【親局】
静岡 88.8MHz
【主な中継局】

デジタルテレビ
熱海:総合 33ch 教育 13ch
伊豆の国:総合 20ch 教育 13ch
三島:総合 24ch 教育 16ch
富士宮:総合 24ch 教育 14ch
島田:総合 16ch 教育 14ch
藤枝:総合 20ch 教育 13ch
浜松:総合 20ch 教育 13ch
ラジオ
熱海:FM84.2MHz 第1 1161kHz
御殿場:FM 83.8MHz 第1 1026kHz
伊豆長岡:FM 85.3MHz
芝川:FM 84.9MHz
島田:FM 83.0MHz
浜松:FM 82.1MHz 第1 576KHz 第2 1521KHz

NHK静岡放送局(エヌエイチケイしずおかほうそうきょく)は、静岡県静岡市駿河区にある日本放送協会(NHK)の地域放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。

マスコットキャラクターとして「しずくん」を採用している。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 局舎について
  • 2 沿革
  • 3 親局・中継局
    • 3.1 テレビジョン放送
    • 3.2 ラジオ放送
      • 3.2.1 ラジオ第1放送
      • 3.2.2 ラジオ第2放送
      • 3.2.3 FM放送
  • 4 支局
  • 5 情報カメラ
  • 6 主な静岡局制作番組
    • 6.1 総合テレビ
    • 6.2 ラジオ第1放送・FM放送
    • 6.3 気象情報について
  • 7 過去の制作番組
    • 7.1 総合テレビ
  • 8 天気ループ
  • 9 アナウンサー・キャスター
    • 9.1 アナウンサー
    • 9.2 キャスター
    • 9.3 気象予報士
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 外部リンク

概要

組織としては中部(東海・北陸)となり、基本的に名古屋放送局の管轄下となっている。静岡県が関東と中京に挟まれている地域特性上、独自番組や東京発の「管中」「ローカル」番組の一部(管中番組時代の『小さな旅』や『特報首都圏』など)をネットすることもあり、拠点局とある程度距離を置き、東京管内とのつながりも維持する傾向がある。ただし、関東甲信越の番組を静岡でネットする場合、東京からの直受けではなく、一度名古屋を経由して受ける特殊なネット方法となっている。また、ごくまれに管内他局が名古屋からのニュース気象情報を放送している中、静岡だけ県内ニュース・気象情報に差し替えることもあるが、2017年時点ではその回数も年に数回程度である。

報道取材用として、ハイビジョン対応の取材ヘリコプターを静岡ヘリポートに常駐させている。

開局当初のラジオ送信所のアンテナ
現在は使われていないが鉄塔は健在
ラジオ塔。静岡市内、清水山公園

局舎について

現局舎

4代目となる放送会館は2018年3月12日から正式に運用が開始された。ここでは新局舎のスタジオ概要についてのみ述べる(「第1213回経営委員会資料」より引用。スタジオ面積は平米を坪に換算)。建設・移転までの経緯及び局舎の概要については後述。


旧局舎概要

旧局舎(放送会館)は、静岡局としては3代目の建物となり、1963年3月1日から2018年3月11日まで55年間に亘り運用されていた。

旧局舎内のスタジオは次の3つ。


旧局舎から新局舎へ

旧局舎では内部の改装は幾度となく行われていたが、建物自体は全国のNHK放送局の中でも古い部類に入り、築年数が2018年3月の新局舎への移転時点で55年を迎えていた。他地域の老朽化した放送局(放送会館)が順次建て替えを行う中にあって、静岡局については実際に新局舎建設・移転となるまで紆余曲折を経ている。

新局舎建設については、数年来の不祥事に起因する一連の経費削減策の影響を受け、一旦白紙に戻った。しかしその後改めて移転計画が出されており、葵区の紺屋町・七間町などへの移転が取り沙汰されたこともあったが、2010年12月に都市ガス供給会社の静岡ガスの所有地(静岡市駿河区八幡一丁目)(地図)への移転について協議を開始した旨が発表された。協議開始が伝えられてから3年の間に、静岡ガスの本社本館の建て替えが行われ、2013年10月に、静岡ガスが所有地の売却を発表した。これによって静岡局の建て替え・移転計画が具体化することとなった。

そして2017年9月に新放送会館が竣工、2018年3月12日より運用を開始した。新静岡放送会館の整備にあたってNHKは、「いかなる災害時にも対応できる放送機能の強化」「緊急報道等情報発信の体制強化とマネジメント機能強化」「県民や地域住民に親しまれる放送局」の3点をコンセプトにあげている。また、設計業者選定にあたって公募型設計プロポーザルを行うと発表された。

なお、放送機材については特にここ数年、他の地方局より先行して整備が図られている。これは東海地震などを念頭に、災害報道に特に力を入れるべき局との位置づけがなされているためであり、前述の取材用ヘリコプター常駐もその一環である。

沿革

親局・中継局

テレビジョン放送

送信所
中継局
遠州
  • 浜松(牛山公園) 総合:20ch 教育:13ch
  • 三ヶ日(滝の入山) 総合:32ch 教育:36ch
  • 三ヶ日都筑(都筑) 総合:37ch 教育:39ch
  • 天竜横山(谷山) 総合:16ch 教育:14ch
  • 天竜船明(行者山) 総合:16ch 教育:14ch
  • 佐久間(羽ヶ庄) 総合:20ch 教育:13ch
  • 東佐久間(大滝) 総合:50ch 教育:45ch
  • 水窪(上村裏山) 総合:43ch 教育:45ch
  • 春野(城山) 総合:40ch 教育:37ch
  • 南春野(若見裏山) 総合:44ch 教育:32ch
  • 秋葉(宮川) 総合:16ch 教育:14ch
  • 龍山(カシ山) 総合:43ch 教育:32ch
  • 湖西(嵩山西) 総合:31ch 教育:33ch
  • 袋井(中川) 総合:42ch 教育:44ch
  • (城ヶ平) 総合:16ch 教育:14ch
  • 掛川家代(家代) 総合:27ch 教育:31ch
  • 掛川原谷(上新田) 総合:27ch 教育:31ch
  • 小笠(河東山) 総合:16ch 教育:14ch
  • 浜岡(馬場原) 総合:40ch 教育:42ch
中部
  • 中川根(下長尾裏山) 総合:52ch 教育:45ch
  • 本川根(小長井裏山) 総合:41ch 教育:37ch
  • 中川根徳山(大原山) 総合:16ch 教育:14ch
  • 島田(牧ノ原台地) 総合:16ch 教育:14ch
  • 島田伊太(大鳥) 総合:40ch 教育:42ch
  • 川根(幸多山) 総合:40ch 教育:26ch
  • 藤枝(潮山) 総合:20ch 教育:13ch
  • 藤枝葉梨(中田山) 総合:37ch 教育:47ch
  • 藤枝堀之内(五州岳) 総合:37ch 教育:47ch
  • 岡部(河原南高地) 総合:37ch 教育:47ch
  • 玉川(うつ峰) 総合:16ch 教育:14ch
  • 清沢(大峯山) 総合:52ch 教育:45ch
  • 井川(大日峠) 総合:16ch 教育:14ch
  • 静岡大原(保ヶ沢) 総合:16ch 教育:14ch
  • 静岡籠上(柳ヶ谷) 総合:30ch 教育:34ch
  • 静岡丸子(元宿山) 総合:30ch 教育:34ch
  • 清水興津(日影村山) 総合:36ch 教育:37ch
東部
伊豆

ラジオ放送

送信所

ラジオ第1放送

送信所名 コールサイン 周波数 空中線
電力
静岡送信所 JOPK | 882kHz | 10kW
予備送信所(静岡市清水区・日本平送信所) 100W
浜松鼠野送信所 中継局 | 576kHz | 1kW
予備送信所(浜松市中区・牛山送信所) 100W
佐久間(送電線放送) 1341kHz | 100W
水窪 1584kHz | 100W
御殿場 1026kHz | 100W
熱海 1161kHz | 100W

ラジオ第2放送

送信所名 コールサイン 周波数 空中線
電力
静岡送信所 JOPB | 639kHz | 10kW
浜松鼠野送信所 中継局 | 1521kHz | 1kW

FM放送

送信所名 コールサイン 周波数 空中線
電力
静岡送信所(日本平デジタル放送所) JOPK-FM | 88.8MHz | 1kW
浜松(牛山送信所) 中継局 | 82.1MHz | 250W
佐久間 84.8MHz | 10W
東佐久間 83.8MHz | 3W
水窪 84.1MHz | 1W
春野 84.5MHz | 10W
中川根 83.4MHz | 100W
島田 83.0MHz | 100W
芝川 84.9MHz | 10W
御殿場 83.8MHz | 10W
伊豆長岡 85.3MHz | 100W
熱海 84.2MHz | 100W
東伊豆 83.3MHz | 10W
河津 82.2MHz | 3W
下田 84.1MHz | 10W

支局

情報カメラ

東部・伊豆
中部
西部

主な静岡局制作番組

総合テレビ

ワンセグでは2007年2月まで、上記の番組を含め、同局送出番組はすべて名古屋放送局送出の番組に差し替えて放送していた。
※なお、上記時間帯以外は全て名古屋から東海・北陸地方のニュース・気象情報を放送。

ラジオ第1放送・FM放送

ラジオの県域ローカル枠
太字はFMでも放送。
以下の時間帯以外は、名古屋放送局から東海・北陸ブロック放送
無印は、全曜日静岡ローカル。但し、年末年始は、19:15(大晦日は19:10)枠を除き、東海4県向けに放送。
▲印は、平日のみ静岡ローカル(土日・祝日・年末年始は、東海・北陸ブロック放送)
交通情報(ラジオ第1放送)

気象情報について

過去の制作番組

総合テレビ

天気ループ

アナウンサー・キャスター

アナウンサー

キャスター

気象予報士

脚注

注釈

  1. ^ 県域放送は、総合テレビ、ラジオ第1放送、FM放送のみで、教育テレビ(Eテレ)・ラジオ第2放送は、全国放送扱いとなっている。
  2. ^ 尚、教育テレビでは、高校野球静岡県大会などスポーツ中継を放送する場合のみ県域放送を行っている。ただし、教育テレビのワンセグ放送「NHKワンセグ2」では、静岡局のコールサインは一切アナウンスされない。
  3. ^ 静岡が名古屋局の管轄下に置かれているため、東京の放送センターからまず、拠点局である名古屋局を経由して静岡局へ配信される仕組みになっている。これによって例えば名古屋管内においては、通常の管内ローカル枠で東京の映像をカットして名古屋局が割り込むことが可能となり、東京からの映像はその時点で強制的に断ち切られる。ただし、東京からの映像も別回線で常に配信されており、かつての『ゆうどきネットワーク』で行われていたマルチ編成や、『小さな旅』の放送についてはこちらの「別回線」を直受けして放送していた(いる)。
  4. ^ 基本的には静岡県内での空撮取材が主となるが、地理的条件から近接する山梨県や神奈川県西部、長野県南部、愛知県東部での応援取材も行うことがあるという。これは在静の民放テレビ各局も同様である。NHKにおいて、拠点局以外の地方局単独で取材ヘリコプターを常駐(オールニッポンヘリコプターが保有するヘリコプターを年間契約で占有使用)する例としては、静岡の他に新潟局高松局(四国では、拠点局である松山局ではなく、高松局に配備されている)、鹿児島局沖縄局の計5局のみであり、地域的に特に重要視されていることがここからもうかがえる。
  5. ^ テレビスタジオ用の副調整室は、ニュース用に整備された1か所で2つのスタジオを駆動していた、
  6. ^ 主にラジオ第1やFMのローカル放送で使用するが、ローカルニュースはアナウンサーの都合上テレビ第2スタジオから放送されることもある。
  7. ^ NHK静岡放送会館の建て替え・移転計画については、2010年春、JR静岡駅北口に完成した再開発ビルの「葵タワー」へ入居・移転との噂も出ていた。また七間町への移転計画については、同地にある興行会社静活が運営する映画館の新静岡駅ビルへの移転(新築される新静岡駅ビルにシネマ・コンプレックス形式で開業させ、七間町で同社が運営していたすべてのスクリーンを閉鎖させる)計画を受け、移転(閉鎖)予定である「オリオン座」と周辺の土地を新たな局舎用地とする案を地元有志グループがNHKをはじめ関係各所に働きかけたものの、色よい返事を得られず頓挫したという経緯もある。
  8. ^ 静岡ガス本社の一部として、かつて建物が建てられていた土地。
  9. ^ 東京都大島町(伊豆大島)に設置された。
  10. ^ 2010年春まで、全県の予報表示は『ゆうどきネットワーク』のローカル枠(17:54 - 17:56、関東甲信越エリアのみ。静岡は名古屋発をネットするため未放送)であったが、2010年春から予報のみ全県を表示するように改められた。

出典

  1. ^ NHK静岡放送会館の当社所有地への移転に関する協議について
  2. ^ 静岡ガス新本社ビル建設について
  3. ^ 地域と共に明日のくらしを提案する低炭素型防災拠点 静岡ガス新本社ビルが完成
  4. ^ NHK静岡放送局 新放送会館用地の売却について
  5. ^ NHK静岡放送局 新放送会館の用地取得について
  6. ^ 理事会議事録平成27年4月28日開催分 (PDF)”. 日本放送協会 (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  7. ^ 新静岡放送会館の整備方針・概要について (PDF)”. 第1213回経営委員会資料 (2014年5月13日). 2014年6月11日閲覧。
  8. ^ 「NHK新静岡放送会館」公募型設計プロポーザルのお知らせ (PDF)”. 日本放送協会 (2014年6月5日). 2014年6月11日閲覧。
  9. ^ 日本放送協会 編 『NHK年鑑'65』 日本放送出版協会、1965年、228頁。
  10. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』 日本放送出版協会、1969年、225頁。
  11. ^ 静岡放送局70年史編集委員会 『静岡放送局70年のあゆみ』 日本放送協会静岡放送局、2001年、200頁。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/11 12:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「NHK静岡放送局」の意味を投稿しよう
「NHK静岡放送局」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

NHK静岡放送局スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「NHK静岡放送局」のスレッドを作成する
NHK静岡放送局の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail