このキーワード
友達に教える
URLをコピー

NMB48とは?

移動先: 案内検索
NMB48

【出身地】
日本
【ジャンル】
J-POP
【活動期間】
2010年 -
【レーベル】
laugh out loud! records
(2011年7月 - )
【事務所】
KYORAKU吉本.ホールディングス
(2010年 - 2016年12月)
Showtitle
(2016年12月 - )
【共同作業者】
秋元康
剱持嘉一
AKB48グループ
【公式サイト】
nmb48.com
【】

【メンバー】
メンバーを参照
【】

【旧メンバー】
元メンバーを参照

NMB48(エヌエムビー フォーティーエイト)は、日本女性アイドルグループ秋元康のプロデュースにより、2010年10月に誕生した。大阪市難波にある専用劇場「NMB48劇場」を拠点とし近畿地方を中心に活動している。AKB48グループを構成するグループのひとつである。運営会社および所属事務所はShowtitle。所属レーベルはlaugh out loud! records(よしもとミュージックエンタテインメント)

目次

  • 1 概要
  • 2 特徴
    • 2.1 活動方針
    • 2.2 地域性
    • 2.3 ファンとの交流
    • 2.4 グループロゴマーク
    • 2.5 運営
    • 2.6 AKB48や他の姉妹グループとの比較
  • 3 略歴
    • 3.1 2010年
    • 3.2 2011年
    • 3.3 2012年
    • 3.4 2013年
    • 3.5 2014年
    • 3.6 2015年
    • 3.7 2016年
    • 3.8 2017年
  • 4 メンバー
    • 4.1 編組略史
    • 4.2 正規メンバー
      • 4.2.1 チームN
      • 4.2.2 チームM
      • 4.2.3 チームBII
    • 4.3 ドラフト研究生
    • 4.4 元メンバー
      • 4.4.1 元正規メンバー
      • 4.4.2 元研究生
  • 5 グループ編成
    • 5.1 メンバー構成推移
    • 5.2 研究生から正規メンバーへの昇格者
    • 5.3 チーム再編
      • 5.3.1 AKB48グループ大組閣祭り
      • 5.3.2 大組閣(2016年)
  • 6 選抜メンバー
    • 6.1 アンダーガールズと白組・紅組、難波鉄砲隊
  • 7 ユニット
    • 7.1 俺ら
    • 7.2 TORACO応援隊長
    • 7.3 さやみるきー
    • 7.4 ふぅさえ
    • 7.5 Queentet
  • 8 センターポジション
  • 9 作品
    • 9.1 シングル
      • 9.1.1 その他配信限定
      • 9.1.2 参加シングル
    • 9.2 オリジナル楽曲
    • 9.3 アルバム
      • 9.3.1 オリジナルアルバム
      • 9.3.2 劇場公演アルバム
      • 9.3.3 参加作品
      • 9.3.4 参加アルバム
    • 9.4 映像作品
      • 9.4.1 劇場公演
      • 9.4.2 コンサート
      • 9.4.3 どっキング48
      • 9.4.4 なにわなでしこ
      • 9.4.5 NMB48 げいにん!
      • 9.4.6 NMBとまなぶくん
      • 9.4.7 映画
    • 9.5 ミュージック・ビデオ
  • 10 タイアップ
  • 11 公演
    • 11.1 NMB48劇場での公演
      • 11.1.1 チームN
      • 11.1.2 チームM
      • 11.1.3 チームBII
      • 11.1.4 研究生
      • 11.1.5 カトレア組
    • 11.2 出張公演
  • 12 コンサート
    • 12.1 単独コンサート
      • 12.1.1 NMB48リクエストアワー
    • 12.2 AKB48グループ・AKB48・SKE48名義
  • 13 出演
    • 13.1 テレビ
      • 13.1.1 現在のレギュラー番組
      • 13.1.2 過去のレギュラー番組
      • 13.1.3 その他・特別番組など
    • 13.2 映画
    • 13.3 ラジオ
      • 13.3.1 現在のレギュラー番組
      • 13.3.2 過去のレギュラー番組
      • 13.3.3 単発番組
    • 13.4 イベント
    • 13.5 ネット配信
    • 13.6 Webドラマ
    • 13.7 Web連載
    • 13.8 街頭ビジョン
    • 13.9 イメージキャラクター
    • 13.10 CM
  • 14 書籍
    • 14.1 写真集
    • 14.2 雑誌・新聞連載
  • 15 ショップ
  • 16 オーディション
    • 16.1 共通募集要項
    • 16.2 オープニングメンバーオーディション
    • 16.3 第2期生オーディション
    • 16.4 第3期生オーディション
    • 16.5 第4期生オーディション
    • 16.6 第5期生オーディション
    • 16.7 AKB48グループドラフト会議
      • 16.7.1 第1回
      • 16.7.2 第2回
      • 16.7.3 第3回
    • 16.8 NMB48 ポスト山田菜々オーディション
  • 17 受賞記録
    • 17.1 2012年
  • 18 脚注
    • 18.1 注釈
    • 18.2 出典
  • 19 関連項目
  • 20 外部リンク

概要

NMB48劇場
 | この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年11月)

AKB48の全国展開の一環で、名古屋SKE48に続く第2弾として大阪市が選ばれ、2010年10月9日の東京・葛西臨海公園での野外ライブ『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』において初めてお披露目され、発足した。これにより、秋元康プロデュースによる「48プロジェクト」(「AKB48グループ」とも)ユニットが日本三大都市圏に出揃った。

グループ名の「NMB」の由来は、劇場の所在地である中央区浪速区に跨る大阪の二大繁華街の一つ、ミナミにある「難波(なんば)」(NAMBA)からで、「難波48」とも称される。

活動方針に関してはAKB48や他の姉妹グループと共通する部分がある。また、SKE48やHKT48と同様に、メンバーがAKB48名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)となったり、AKB48の握手会やコンサートなどのイベントに参加したりする。

中央区の難波千日前、なんばグランド花月向かいのYES-NAMBAビルに『NMB48劇場』を有している。2010年12月3日に閉館したbaseよしもと(現在は5upよしもとを経てよしもと漫才劇場)を改装してできたもので、2011年1月1日の初演以来ここで定期的に公演を行っている。2009年8月から2012年3月までSDN48と共用だったAKB48劇場、オープンから2012年8月まで共用だったSKE48のSUNSHINE STUDIO(現・SKE48劇場)とは異なり、NMB48劇場は一貫してNMB48の公演専用となっている。

姉妹グループ同様、メンバーを定期的に募集しオーディションを経て採用している。2016年までに計5回のオーディションを行い、第5期生までが活動を行っている。それに加え、合同オーディションである『AKB48グループ ドラフト会議』でNMB48各チームに指名されたドラフト1 - 2期生や『ポスト山田菜々オーディション』の合格者、AKB48のオーディションで採用され移籍したメンバーも共に活動を行っている。また、チーム制を導入しており、グループ名「NMB」から1文字ずつ取った「チームN」「チームM」「チームBII(ビーツー)」の3つのチームと、チームに所属していない研究生により構成されている。2011年3月のチームN結成から原則16名のチーム制を導入していたが、2014年4月に開始した新体制からは各チームの定員が20名程度に増え、劇場公演時のみ16名出演という制度になった。メンバーは2018年4月2日時点で、チームN 15名、チームM 16名、チームBII 15名、研究生 15名の計61名である。

AKB48・SKE48同様に、総合プロデューサーの秋元康が全ての楽曲の作詞を手掛けている。2011年7月20日にリリースしたシングル「絶滅黒髪少女」でよしもとアール・アンド・シー(現・よしもとミュージックエンタテインメント)のlaugh out loud! recordsレーベルからメジャー・デビュー、AKB48の姉妹グループでは初めてデビューシングルでオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得する。その後3作連続で同1位、また5thシングル「ヴァージニティー」から10thシングル「らしくない」まで6作連続1位を継続しているほか、2013年2月27日には1stアルバム『てっぺんとったんで!』をリリースしこれもオリコン週間アルバムチャートで初登場1位となった。

特徴

活動方針

AKB48や姉妹グループ同様、コンセプトの根幹に「会いに行けるアイドル」を据えて、恋愛禁止のルールなどを引き継いでいる。その一方で、他のグループとのイメージの差別化もみられる。例えば、吉本興業系列の事務所所属ということでコントや漫才にも力を入れており、『R-1ぐらんぷり』や『キングオブコント』への出場歴があるメンバーもいるほか、吉本新喜劇やお笑い番組などへの出演は多岐にわたる。また、1stシングル「絶滅黒髪少女」のタイトルに採用されたように当初はメンバーは黒髪とすることがルールとなっていた(AKB48やSKE48も一時期同様だった)が、現在は18歳以上のメンバーに限り黒髪のルールが解禁となっている。

地域性

SKE48やHKT48と同様に、地域密着を掲げていて、大阪を中心とする近畿地方でイベントやコンサートを行ったり地域イベントに参加したりするなど、地域活動に重点を置いており、メンバーも一部を除き近畿地方出身者である。

不毛の土地を満開に…」という楽曲や、2016年公開のドキュメンタリー映画の内容にあるように、かねてから大阪は「アイドル不毛の地」と呼ばれており、構想段階から秋元康は「大阪のアイドルで当たった例しがない」といった多くの反対意見を受けた。大阪は渋ちんな人が多いとされ、購買力が弱い土地柄であるといわれている。そのような環境のなかで、NMB48は初めてブレイクしたグループともいわれる。

ファンとの交流

AKB48や姉妹グループ同様、NMB48のシングル発売記念の握手会を独自に開催している。シングルの「通常盤(初回生産分)」については、握手券1枚につき1人または複数のメンバーとの握手となる「全国握手会」、「劇場盤」については購入時に指定したメンバー1人との握手となる「個別握手会」を行う。開催地は本拠地・大阪のほか、SKE48やHKT48と同様に、関東地方や名古屋などでも開催している。また、NMB48独自のサービスとして、カメラ付き携帯電話等でメンバーとの2ショット写真を撮るシングル発売記念「写メ会」(途中から「なんば式写メ会」に変更)、CDケース(途中からメンバーソロショットのオリジナルアナザージャケット)にメンバーのサインを貰うシングル発売記念「なんば式サイン会」を実施している。

劇場公演終了後は、他の姉妹グループと同様にメンバーによるハイタッチが行われるが、NMB48独自のサービスとして劇場係員によりランダムで選ばれたメンバー1名から肩たたきを受けるファンサービスも行われていた(現在はAKB48グループ共通施策としてステージでのお見送り会に変更されている)。

メンバー個人が持つファンとのコミュニケーションツールとして、全メンバーが対象の『NMB48オフィシャルブログ powerd by Ameba』のほか、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)の一種であるGoogle+Twitter755InstagramSHOWROOM、有料会員登録制でメンバーのメッセージをメールで配信する『NMB48 Mail』がある。

グループロゴマーク

AKB48のピンク、SKE48のオレンジ、HKT48の黒の単色の背景であるのとは異なりNMB48ではヒョウ柄となっており、メンバーの着用する衣装もグループロゴにちなんだヒョウ柄をあしらったものが採用されている。

運営

吉本興業の子会社であるShowtitleが運営会社となっており、メンバーの所属事務所もAKB48からの移籍メンバーを除くとすべてここである。また、所属事務所と異なる系列のレーベルである他の姉妹グループと違い、所属レーベルのlaugh out loud! recordsも吉本興業の子会社である。NMB48メンバーがAKB48グループとして活動する場合は、AKB48の運営会社であるAKSが統括する。これはかつてピタゴラス・プロモーションに所属していた頃のSKE48(現在は一部を除きAKS所属)と同様である。

NMB48の商標権は、AKSではなく、KYORAKU吉本.ホールディングスが保有している。このため関連商品に標記される著作権標記は「©NMB48」あるいは「©NMB」となっている。

総合プロデューサーは姉妹グループと同様に秋元康であるが、プロジェクトプロデューサーである剱持嘉一が事実上の運営の最高責任者であり、チーフマネージャーの關根清隆が各種活動やメンバー、スタッフの統括を担っている。さらに、姉妹グループと同様、「劇場支配人」と呼ばれる役職が置かれている。シングル発売後行われる握手会においては「支配人部屋」が設けられ、劇場支配人に対するファンの意見陳述の場となっている。NMB48劇場支配人は発足時から一貫して金子剛が務めていて、2013年1月のAKB48リクエストアワーにおいて姉妹グループの支配人異動が発表された際も留任となっている。

AKB48や他の姉妹グループとの比較

  • 劇場公演のチーム制、チーム毎のキャプテン制も姉妹グループと同じである。なお、AKB48グループ大組閣祭りでの副キャプテン制導入以前に、一時期チームNでは副キャプテンのポストを置いていた。
  • SKE48やHKT48・NGT48と同様に、選抜総選挙、じゃんけん大会、TOKYO DOME CITY HALL公演、ユニット祭りは、全ての姉妹グループが総参加(完全な平等ではなく、じゃんけん大会におけるAKB48メンバーの優先などがある)する形で年1回行われる。一方、リクエストアワー、シングル、コンサート、握手会に関しては、AKB48名義のものの多くにNMB48やSKE48・HKT48・NGT48のメンバーが参加する一方、NMB48やSKE48・HKT48のリクエストアワー(HKT48除く)、シングル、コンサート、握手会にAKB48のメンバーが参加することはない(兼任メンバーを除く)。
  • 毎回変動するAKB48と異なり、シングル曲の選抜人数は16人で固定されていた(9thシングルまで)。
  • AKB48やSKE48と異なり、1期生から全員(ただし、兼任・移籍・第1回AKB48グループドラフト会議およびポスト山田菜々オーディションによる加入を除く)が研究生所属で活動を開始する。
  • AKB48グループ内の兼任・移籍によって加入したメンバーを除く全員が以前はKYORAKU吉本.ホールディングス、現在は同系列のShowtitleに所属しており、2017年12月現在、他系列の芸能事務所へ移籍はグループ離脱かつ事務所退所からしばらく経過した者以外で例がない。
  • コントや漫才、お笑い番組への出演などに力を入れている。
  • YouTubeだけに公式チャンネルを有する姉妹グループと違い、ニコニコ動画YNNにも公式チャンネルを開設している。
  • NMB48劇場公演チケットの最低料金は1080円で日本国内で活動するAKB48グループで最も安価に設定されている。
  • NMB48名義で発売されるCDの劇場盤の販売は1stシングルから14thシングルまでキャラアニ・チャンスで取り扱われていたが、15thシングルからはforTUNE musicに変更された。

略歴

2010年

  • 7月10日、代々木第一体育館で行われたAKB48のコンサート『サプライズはありません』において、NMB48のプロジェクト開始が発表される。
  • 10月9日、東京・葛西臨海公園で行われた『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』において、1期研究生26名がお披露目。同日放送の『スター姫さがし太郎』でも紹介され、その後も密着取材が続いた。結成時の平均年齢は14.7歳で、姉妹ユニットの中で最も若いグループとしてスタートした(後にHKT48が更新)。
  • 12月31日、『第61回NHK紅白歌合戦』に初めてAKB48として出場。

2011年

  • 1月1日、1期研究生の選抜メンバー16名により、NMB481期研究生公演『誰かのために』初公演を行う。
  • 3月10日、1期研究生から選抜された16名により、チームNを結成。
  • 4月4日、チームN劇場初公演。
  • 5月25日、AKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」がリリースされ、山本彩渡辺美優紀がNMB48のメンバーとして初の選抜入り。
  • 5月 - 6月、『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』(第3回選抜総選挙) で山本彩がアンダーガールズ入り。
  • 7月16日、選抜じゃんけん大会の予備戦が行われ、これを勝ち抜いた山口夕輝・肥川彩愛・島田玲奈・藤田留奈・與儀ケイラが本戦出場権を獲得。
  • 7月20日、デビューシングル「絶滅黒髪少女」をリリースし、オリコン週間チャート1位を記録。
  • 8月13日、2期研究生劇場初公演。
  • 9月20日、日本武道館で『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』が開催され、山口夕輝・肥川彩愛が選抜入りとなる。
  • 10月26日、2ndシングル「オーマイガー!」をリリースし、デビューから2作連続となるオリコン週間チャート1位を記録。さらに女性グループ史上初の快挙となるデビューから2作連続での初週売上20万枚突破。

2012年

  • 1月26日、1期研究生5名と2期研究生11名の計16名によりチームMを結成。
  • 2月8日、3rdシングル「純情U-19」をリリースし、デビューから3作連続となるオリコン週間チャート1位と初週売上20万枚超えを記録。ともに女性アーティスト史上初の快挙となる。
  • 3月2日、初の公式ガイドブック『NMB48 COMPLETE BOOK』(光文社)を発売。
  • 3月24日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』で、チームN渡辺美優紀のAKB48チームBとの期間限定兼任を発表。過去にAKB48の楽曲へ参加した例はあるものの、NMB48とAKB48を兼任するのはNMB48のメンバーでは初の例となる。
  • 5月9日、4thシングル「ナギイチ」を発売。
  • 5月 - 6月、『AKB48 27thシングル選抜総選挙』(第4回選抜総選挙) で山本彩・渡辺美優紀がアンダーガールズ、福本愛菜山田菜々がネクストガールズ、小笠原茉由がフューチャーガールズ入り。福本・小笠原はAKB48名義シングルには初選抜。
  • 8月8日、5thシングル「ヴァージニティー」を発売。
  • 8月24日、コンサート『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』で、チームN小谷里歩がAKB48の新生チームAとの兼任予定であることと、AKB48チームK横山由依の新生チームAへの異動および同時にNMB48を兼任する予定であることが発表された。NMB48のメンバーがAKB48を兼任するのは前述した渡辺美優紀に次いで小谷が2人目、AKB48のメンバーがNMB48を兼任するのは横山が史上初となる。
  • 10月10日、3期研究生から選抜された16名によりチームBIIが結成され、この日初公演を実施。
  • 11月7日、6thシングル「北川謙二」を発売。

2013年

  • 1月25日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』2日目公演において、48グループ支配人人事異動が発表され、現NMB48劇場支配人の金子剛については支配人留任となり、同月27日に開催された最終日公演で信任・不信任の信任決議発表の結果、信任され支配人留任が決定。
  • 1月26日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』3日目公演において、 4月25日-28日に日本武道館で『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』を開催、NMB48は26日に単独、28日に48グループ総出演の一部としていずれも出演することが発表される。
  • 2月27日、1stアルバム『てっぺんとったんで!』がリリース。
  • 3月6日、『てっぺんとったんで!』が初週売上約32.6万枚でオリコンランキング1位を獲得
  • 3月15日、高槻市を拠点とする女子サッカークラブ「スペランツァFC大阪高槻」のスペシャルサポーターに就任。
  • 4月18日、NMB48リクエストアワーセットリスト ベスト30 2013(オリックス劇場)開催。NMB48としては初となる山田菜々のチーム異動を発表。
  • 4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』夜の部において、横山のNMB48チームNとの兼任および小谷のAKB48チームAとの兼任がそれぞれ解除され、新規にAKB48チームBの市川美織がNMB48チームNとの兼任および矢倉楓子がAKB48チームAとの兼任をすることが発表される。
  • 6月5日、「AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』」を日本武道館で開催。
  • 6月8日に開票が行われた『AKB48 32ndシングル選抜総選挙「夢は一人じゃ見られない」』(第5回選抜総選挙)でNMB48から9名が選出され、グループ発足以降、最高となった。
  • 6月19日、7thシングル「僕らのユリイカ」発売。自己最高となる初週売上約48.2万枚を売上げ、オリコン1位を獲得。
  • 8月1日、「NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!!」公開。
  • 8月7日、『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜 in 京セラドーム大阪』1日目公演において、10月12日・13日に大阪城ホールで『NMB48 3rd Anniversary Special Live』が開催されることが発表された。
  • 8月23日、『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜 in 東京ドーム』2日目公演において、AKB48グループ全チームオリジナル新公演の発表があり、NMB48チームN初日公演の2013年10月26日(土)「ここにだって天使はいる」公演を皮切りに各グループのチーム毎に新公演開始日程が発表された。NMB48ではチームMが2014年4月26日(土)、チームBIIが2014年8月9日(土)にそれぞれ新公演初日を予定。
  • 10月2日、8thシングル「カモネギックス」発売。
  • 10月12日・13日、『NMB48 3rd Anniversary Special Live』開催。同公演1日目にて、10月18日放送のテレビ朝日系列『ミュージックステーション』にNMB48として初出演することが発表された。
  • 10月18日、テレビ朝日系列『ミュージックステーション』にNMB48として初出演。48プロジェクトのAKB以外の姉妹グループとしては2012年1月27日に初出演を果たしたSKE48以来2組目となる。
  • 11月1日、チームBII 2nd『ただいま恋愛中』(A4th公演)の公演を開始。事前に公演名を発表せず、公演当日に発表された。
  • 11月19日、チームN 3rd公演『ここにだって天使はいる』の初日を迎える。NMB48として初めてのオリジナル公演。
  • 12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』にNMB48単独で初出場を果たす。AKB48の姉妹グループとしては『第63回NHK紅白歌合戦』に単独初出場したSKE48に続く2組目となる単独出場となった。

2014年

  • 2月24日 - Zepp DiverCity Tokyoにて開催された『AKB48グループ大組閣祭り』で姉妹グループとの入替を伴うチーム再編が発表され、2月27日に確定した。小笠原茉由がAKB48に移籍する一方、藤江れいな梅田彩佳がAKB48から移籍、市川美織がAKB48から完全移籍、AKB48から柏木由紀、SKE48から高柳明音、HKT48から村重杏奈がそれぞれ元のグループと兼任として加入することが発表された。また、渡辺美優紀の兼任先がAKB48からSKE48に変更、山本彩・小谷里歩・渋谷凪咲がAKB48と、山田菜々がSKE48とそれぞれ兼任になることも発表された。
  • 3月26日、9thシングル「高嶺の林檎」発売。
  • 4月22日、新チーム体制に移行開始。
  • 5月21日 - 22日、NMB48リクエストアワーセットリスト ベスト50 2014(オリックス劇場)開催。
  • 7月25日、「NMB48 げいにん!THE MOVIEリターンズ 卒業!お笑い青春ガールズ!!新たなる旅立ち」公開。
  • 8月13日、2ndアルバム『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜』発売。
  • 11月5日、10thシングル「らしくない」発売。

2015年

  • 2月4日、山田菜々が4月3日で卒業することに伴い行われた「ポスト山田菜々オーディション」の合格者として植村梓がお披露目される。
  • 3月26日、『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』(さいたまスーパーアリーナ)において“春の人事異動”が発表される。柏木由紀、村重杏奈、高柳明音の兼任を解除し本籍グループに戻すことと、渡辺美優紀がSKE48との兼任を解除され再びAKB48と兼任する方針が明らかにされる。
  • 3月31日、11thシングル「Don't look back!」を発売。SKE48との間で、姉妹グループ間では初めてのシングル同日発売となる。
  • 4月3日、山田菜々がこの日の劇場公演を以って卒業。後任のチームMキャプテンに藤江れいなが指名される。また植村梓がチームMに正式配属された。
  • 7月15日、12thシングル「ドリアン少年」を発売。通算10曲目となるオリコン週間チャート1位を獲得。
  • 8月15日 - 16日、NMB48リクエストアワーセットリスト ベスト100 2015(神戸ワールド記念ホール)を開催。2日目の昼公演で、結成5周年記念ライブを10月20日、21日、22日の3日間にわたって大阪城ホールで開催することを発表。
  • 8月25日、『第1回AKB48グループ大運動会』を東京ドームで開催。国内AKB48グループ13チームが参加し、AKB48チーム8が優勝した。NMB48はチームBIIが5位、チームMが6位、チームNが8位で終えた。
  • 10月7日、13thシングル「Must be now」を発売。選抜メンバー9名は、NMB48としては過去最少人数である。
  • 10月20日 - 22日、『NMB48 5th Anniversary Live』を大阪城ホールにて開催。
  • 10月31日、『NMB48秋の大運動会』をノエビアスタジアム神戸で開催。チームBIIが優勝した。
  • 12月11日、NMB48劇場で行われたチームBII公演において、2016年2月22日から全国ツアー『NMB48 Live House Tour 2016』を開催することを発表。

2016年

  • 1月29日、ドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』が公開。第40回香港国際映画祭(3月21日 - 4月4日)の「I See it My Way」部門に出品されることが発表された。AKB48グループのドキュメンタリー映画が国際映画祭へ出典されるのは史上初である。
  • 4月27日、14thシングル「甘噛み姫」を発売。
  • 5月26日、山本彩のAKB48チームKとの兼任が解除され、NMB48専任となる。
  • 7月3日 - 4日、神戸ワールド記念ホールで『NMB48 渡辺美優紀 卒業コンサート 〜最後までわるきーでゴメンなさい〜』を開催。
  • 8月3日、15thシングル「僕はいない」を発売。
  • 8月6日、『第2回AKB48グループ大運動会』をさいたまスーパーアリーナで開催。国内5グループ13チームが参加し、NGT48チームNIIIが優勝した。NMB48からはチームMが最下位となり、罰ゲームとして会場の撤収作業を行った。
  • 8月25日、27日、NMB48リクエストアワーセットリスト ベスト235 2016(神戸ワールド記念ホール)を開催。
  • 8月26日、『NMB48コンサート2016 Summer 〜いつまで山本彩に頼るのか?〜』(神戸ワールド記念ホール)を開催。このコンサートでは、チケットが完売しなければ山本彩が次作シングルのセンターを務め、チケットが完売すれば山本以外のメンバーがセンターを務めるというコンセプトになっていた。結果としてチケットは221枚が売れ残り、次作シングルのセンターは山本が務めることとなった。
  • 10月18日 - 19日、『NMB48 6th Anniversary LIVE』(神戸ワールド記念ホール)を開催。18日にはNMB48単独では初となる「大組閣」と称したチーム再編が発表された。2017年1月1日より施行される新チーム体制として、チームMキャプテンに川上礼奈、チームBIIキャプテンに久代梨奈が就任することや、上西恵の卒業などが発表された。
  • 12月28日、16thシングル「僕以外の誰か」を発売。

2017年

『NMB48 ASIA TOUR 2017』タイ公演(2017年8月)
  • 1月1日、新チーム体制に移行。
  • 3月11日、京セラドーム大阪において東日本大震災復興支援イベント『NMB48「誰かのために」プロジェクト What can I do for someone? in 京セラドーム大阪』を開催。
  • 8月2日、3rdアルバム『難波愛〜今、思うこと〜』を発売。
  • 8月5日と6日の2日間にわたり、ワールド記念ホールにおいて『NMB48 LIVE 2017 in Summer〜いつまで山本彩に頼るのか? Revenge〜』『NMB48 LIVE 2017 in Summer 〜サササ サイコー〜』を開催。『いつまで山本彩に頼るのか? Revenge』においては、チケットは無事完売し、昨年のリベンジを達成した。
  • 8月14日、タイでの公演を皮切りに、初のアジアツアー『NMB48 ASIA TOUR 2017』を開始。9月29日に香港、10月1日に台湾で公演を行った。
  • 9月20日、横浜アリーナで『NMB48 ARENA TOUR 2017』の初日公演を開催。9月23日に名古屋・日本ガイシホール、10月11日と12日に大阪城ホール公演が行われた。
  • 12月27日、17thシングル「ワロタピーポー」を発売。

メンバー

メンバーの一覧に移動

編組略史

NMB48の正規メンバーは、原則「チームN」「チームM」「チームBII」の3つのチームのうち、いずれか一つに所属する。NMB48劇場での劇場公演は、基本的にチーム単位で行われている。このほかに正規メンバーではない「研究生」と呼ばれるメンバーがおり、バックダンサーや正規メンバーのアンダーとして公演に出演する。また、研究生単独での公演も行われる。

NMB48結成 - 2014年4月

2010年10月7日に最終審査合格となった1期生26名は、2010年10月9日にお披露目され、AKB48、SKE48とは異なり全員が研究生として活動を開始した。1期研究生は2011年1月1日より劇場公演を開始し、グループのキャプテンが山本彩に決定した。2011年3月10日に1期研究生から選抜された16名によりチームNを結成した。

2つ目のチームとなるチームMは、2012年1月26日に2期研究生11名、1期研究生5名で結成した。

3つ目のチームとなるチームBIIは、2012年10月10日に3期生のみから選抜された16名で結成。

2014年4月 - 2016年12月

2014年2月24日にZepp DiverCity TOKYOで行われた『AKB48グループ 大組閣祭り 〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜』において、グループ間の移籍と兼任の増加を伴う新体制が発表された。NMB48としては初の「組閣」実施となった。

この体制より副キャプテン制度を導入した。他グループへ5名、他グループから3名が兼任となり、1名がAKB48へ移籍し、AKB48より3名が移籍することとなった。

  • 山本チームN - 前体制に続き『ここにだって天使はいる』公演を新体制として実施した2014年4月30日から2016年12月19日まで活動。キャプテンは前体制と同じく山本が務めた。
  • 山田チームM - 2014年5月2日の『チームM 2nd Stage「RESET」』初日公演から開始。
  • 藤江チームM - 2015年4月の山田菜々卒業によりキャプテンが藤江れいなに交代となった。2016年12月25日の同公演千秋楽をもって活動終了。
  • 上枝チームBII - 『チームBII 3rd Stage「逆上がり」』が実施された2014年4月22日から2016年12月11日まで活動。キャプテンは前体制と同じく上枝が務めた。

2017年1月 -

2016年10月18日に神戸ワールド記念ホールで開催された『NMB48 6th Anniversary LIVE』1日目の公演において発表された「大組閣」による体制。NMB48単独では初の組閣実施となった。

この体制では公式に、AKB48と同様にチームキャプテンの苗字をチーム名の先頭に置いたチーム呼称が使用され、研究生全員がチーム付きとなった。

正規メンバー

チームN

チームカラーは「黄色」。

【名前】
【よみ】
【生年月日】
【加入期】
【昇格日】
【所属事務所】
【備考】
総選挙
最高
順位
東由樹 | あずま ゆき | (1996-02-17) 1996年2月17日(22歳) | 2期 | 2012年10月09日 | Showtitle | 元チームM(初代・藤江) | -
市川美織 | いちかわ みおり | (1994-02-12) 1994年2月12日(24歳) | - | - | プロダクション尾木 | 2018年5月1日卒業予定
元AKB48チーム4(初代)
元AKB48チームB兼任(梅田)
元チームBII(上枝) | 39位
梅山恋和 | うめやま ここな | (2003-08-07) 2003年8月7日(14歳) | 5期 | 2017年10月12日 | Showtitle | 元チームN研究生 | -
日下このみ | くさか このみ | (1996-01-12) 1996年1月12日(22歳) | 3期 | 2012年10月10日 | Showtitle | 元チームBII(初代・上枝) | -
古賀成美 | こが なるみ | (1998-03-30) 1998年3月30日(20歳) | 2期 | 2013年04月18日 | Showtitle |  | -
小嶋花梨 | こじま かりん | (1999-07-16) 1999年7月16日(18歳) | 5期 | 2017年10月12日 | Showtitle | 元チームN研究生 | -
谷川愛梨 | たにがわ あいり | (1995-12-05) 1995年 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/15 06:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「NMB48」の意味を投稿しよう
「NMB48」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

NMB48スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「NMB48」のスレッドを作成する
NMB48の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail