このキーワード
友達に教える
URLをコピー

Nintendo_Switchとは?

SoC
NVIDIA TegraX1 カスタム
CPU
クアッドコア ARM Cortex-A57 + クアッドコア ARM Cortex-A53 @ 1.02 GHz
GPU
NVIDIA GM20B(Maxwellベース)
【ディスプレイ】
  • 6.2インチ液晶ディスプレイ(1280×720ピクセル)
  • TVモード映像出力 : 最大1920×1080ピクセル/60fps

【対応メディア】
ゲームカード
【対応ストレージ】
32 GB eMMC
【コントローラ入力】
  • Joy-Con
  • Nintendo Switch Proコントローラー

【オンラインサービス】
Nintendo Switch Online
【売上台数】
Nintendo Switch
  • 1,144万台
  • 4,957万台
Nintendo Switchシリーズ
  • 1,344万台
  • 5,577万台
  • (2020年3月末時点)

【最高売上ソフト】

【前世代ハードウェア】
Wii U

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は、任天堂が開発・販売を担当し、2017年3月3日に発売された据置型ゲーム機。2019年にはNintendo Switch本体とコントローラを一体化させ、携帯型へと特化させた廉価モデル「Nintendo Switch Lite」が発売された。また、任天堂の据置型のゲーム機では、ニンテンドーゲームキューブ以来、名称にニンテンドーの名が付いた。

任天堂は「既存の“据置型テレビゲーム機”の範疇には入らないゲーム機」としつつも、「携帯型ゲーム機としての利用もできる据置機」とする。「NX」というコードネームで開発が進められていたが、2016年10月20日に正式名称が発表された。

日本でのキャッチコピーは「カタチを変えてどこへでも」、「いつでも、どこでも、誰とでも」(本体パッケージには「play anytime, anywhere, with anyone.」と英語で表現されている)。

本記事では本機を指す名称は「Switch」と略する。

概要

2016年10月20日に任天堂のホームページなどを通じ、正式に発表された。

据置・携帯用で遊べるゲーム機として設計され、本体部には画面・バッテリーを装備しており、後述する「Joy-Con(ジョイコン)」と併せて持ち出すことで携帯機としても利用できる。「Nintendo Switchドック(ニンテンドースイッチドック)」と呼ばれる機器に本体を接続することでテレビと共に据え置き機としても遊ぶ事ができ、本体に内蔵したバッテリーへの充電機能・モニターへの接続端子・ドック接続時の電源供給機能を備えている。

2017年1月13日の「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では「任天堂の娯楽のDNAをしっかりと受け継ぎ、すべてを積み込んだ」と紹介される。ニンテンドー・オブ・アメリカ社長のレジナルド・フィサメィはSwitchについて、「ゲーマーが自分の好きなように自由にプレイすることが可能である」と発言している。発表半年前、当時の任天堂社長の君島達己は、「NX(当時の開発コードネーム)はWii Uニンテンドー3DSの後継機ではない」と発言していた。

Switchは任天堂が販売した歴代の据置機や携帯機の特徴を受け継いでおり、まさに任天堂の集大成とも呼べるゲーム機となっていると公表された。

君島によると、NXというコードネームは、Switchの開発に深く関わっていた岩田聡社長(肩書当時)が命名したという。由来は命名した当の岩田しか知らず、君島ら他の経営陣や社内の開発者らに語る機会のないまま、本機の完成を見ることなく他界してしまったため、誰もその由来を知ることはなかった。その為、本機は岩田の形見となった。

Switchの総合プロデューサーである小泉歓晃は、Switchのテーマを「24時間、いつでもどこでも誰とでも,というテーマでやっている」と語っている。

沿革

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

ハードウェア

本体

Switchは任天堂とNVIDIAが共同開発するかたちとなった。NVIDIAはSoCだけではなく新しいゲーム機に必要な要素(アルゴリズムコンピュータアーキテクチャ、システムデザイン、システムソフトウェアAPIゲームエンジン、周辺装置など)の開発もしている。NVIDIAは「カスタマイズされたTegraプロセッサー」と明言しており、「GeForceゲーミング・グラフィックカードと同じアーキテクチャーのNVIDIA GPUが含まれている」としているが、それ以上の詳細はWii以降の任天堂のゲーム機の情報開示の傾向にならうかたちで公にはしていない。

任天堂のゲーム機はこれまでニンテンドーゲームキューブ・Wii・Wii Uと、IBM PowerPC CPUおよび現AMD製GPUが採用されてきた据置系の系譜と、ゲームボーイアドバンスニンテンドーDS・3DSというARMアーキテクチャを採用してきた携帯系の系譜があったが、TegraはARM系であり、携帯系の流れがメインストリームとなるかたちとなった。任天堂の据置きゲーム機として考えた場合に、初のARMアーキテクチャの採用であり、業界内でも3DO以来久々に登場したARMアーキテクチャの据置ゲーム機となった。一見Nintendo Switchドックが本体のように見えるが本体はテーブル・携帯モードで使用するディスプレイの付いたタブレット端末のほうである。

本体の機能

静電容量方式タッチスクリーン(投影型)
ゲーム中、手でタッチしたりスワイプできる。
明るさセンサー
明るさの状況に応じて画面の明るさの自動調節が可能。

通信機能

ローカル通信
Switchを持ち寄れば最大8台までローカル通信で対戦や協力などマルチプレイ可能。
インターネット通信
Nintendo Switch Online(2018年9月に正式にスタート)に加入すればネット対戦や協力プレイが可能。さらにスマートフォンで 友だちと待ち合わせやボイスチャットやファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineなどができる(後述)。

Joy-Con

本体に「ネオンレッド」と「ネオンブルー」のJoy-Conが付けられたNintendo Switch
Joy-Conグリップに入れたJoy-Con

Joy-ConはJoy-Con(L)Joy-Con(R)の2つがあり、本体に接続・分離することで、後述する3つのプレイモードに切り替えることができる。2つのJoy-Conをそれぞれ単体のコントローラーとして使ったり、Joy-Conグリップの左右にJoy-Conを接続し1つのコントローラーとしての利用、Joy-Con充電グリップに取り付けての利用、さらには本体にJoy-Conを付けることで携帯型ゲーム機としての利用も可能。

HD振動
一般的にはハプティクス技術や触覚技術と呼ばれており、今までの振動機能とは違い「触感」を得ることができる。例としてJoy-Conをグラスに見立てた場合、グラスの中でカランカランとぶつかっている氷の数まで表現され、まるで本当に今グラスを手に持っているかのように現実的な触感が得られる。Switchではリニア共振アクチュエータ (LRA) 方式が採用されている。
モーションIRカメラ
Joy-Con(R)に搭載されたモーションIRカメラは、カメラの捉えた物がどんな形をしているか、どんな動きをしているか、どのぐらいの距離かを読み取ることができる。例としてジャンケンのグー・チョキ・パーといった手の動きを読み取れる。
NFC
NFCを搭載しておりamiiboに対応するゲームも登場する。Joy-Con(R)のRスティックにamiiboを接触させて読み取らせる。NFC制御用のOSにイーソル株式会社が開発したμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSが採用されている。
キャプチャーボタン
Joy-Con(L)のキャプチャーボタンを押すと、今現在プレイ中のゲーム画面を撮影することができる他、Ver4.0.0以降の本体では長押しすることで最大30秒前からの動画を保存することができる。この録画機能は現時点ですべてのソフトに対応しておらず、今後対応ソフトが増加する予定となっている。
加速度センサー・ジャイロセンサー
Joy-Conを傾けたり動かしたりしてゲームをプレイすることができる。

Nintendo Switchドック

Nintendo Switchドック

HDMIで接続しテレビモニターへの映像出力、本体の充電、電源の供給が主な機能となっている。ドックにはUSB端子が3つ(側面×2背面×1)付いており、PROコントローラーやJoy-Con充電グリップなどの周辺機器を接続できる。本体とドックを接続・分離することで、後述する3つのプレイモードにシームレスに切り替えることができる。接続はUSB Type-Cだが、端子保護のための工夫がされている。

Nintendo Switch Proコントローラー

コアゲーマー向けのグリップ形状のワイヤレスコントローラー(別売)。HD振動に対応するなどJoy-Conと同等の機能を持つが、方向ボタンが十字ボタンになっているほか、モーションIRカメラは搭載されていない。既存の任天堂のProコントローラーとの互換性はなく、Switch専用である。また、公式には発表されていないが、Proコントローラーの右のスティックの奥の基板に隠されたメッセージが刻まれている。 システムアップデート3.0.0によりUSBケーブルで有線接続が可能になった。有線接続時はNFCが使用できなくなる。

プレイモード

Switchは据え置き・携帯両対応のため、ゲームの遊び方も自分のスタイルに合った遊び方ができる。またゲーム中であっても電源を切ることなく据え置きから携帯、携帯から据え置きにスムーズに移行できる。

TVモード
本体とドックを接続し、据え置き機として大画面のテレビでゲームを遊べるモード。タッチスクリーンを使用するソフトなどTVモードではプレイできないソフトも存在する。
テーブルモード
本体とJoy-Conを分離し、本体に付いているスタンドを立てて本体をテレビの代わりとして使うモード。分離したJoy-Conを2人で持ち寄り、1つの画面で共有して遊ぶこともできる。
携帯モード
本体の左右にJoy-Conを接続すれば携帯機に変身する。今までの携帯機と同じように、場所を選ばずにゲームを遊べる。モーションコントロール機能を駆使するソフトなど携帯モードではプレイが制限される、またはプレイそのものができないソフトもある。その一方でタッチスクリーンを用いた携帯モード専用のソフトもある。

内蔵サービス

UD新ゴ

システムフォントはUD新ゴが採用されている。 Nintendo SwitchのファイルシステムはexFATを採用している。

Nintendo Switch Online

詳細は「Nintendo Switch Online」を参照

Nintendo Switch Onlineは、Switchで利用できる有料オンラインサービスである。2018年9月19日午前9時から正式にサービス開始(サービス正式開始前まではβ版のため、無料で利用できた)。料金プランは1アカウントで利用する個人プランと最大8アカウントまで利用できるファミリープランがある。利用すると複数のサービスが受けられる。オンラインサービスに未加入であってもニンテンドーeショップを利用する等のオンライン利用については無料。また『フォートナイト』などNintendo Switch Onlineのロゴ表示がない作品はサービスの加入状況に関係なくオンラインプレイが可能。

インターネット対戦・協力プレイ
一部ゲームソフトに搭載されているインターネット対戦・協力プレイモードが利用できる。
「Nintendo Switch Online」アプリ
友だちとボイスチャットやオンラインプレイの待ち合わせが簡単にできたり、ゲームと連携して対戦結果などを確認できるスマートフォン向けの「Nintendo Switch Online」アプリが使用できる。
Nintendo Switch専用ソフト「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」「スーパーファミコン Nintendo Switch Online
2018年9月のサービス開始から配信。なつかしのファミコンゲームが収録されている。2019年9月からはスーパーファミコンバージョンが追加された。
セーブデータお預かり
本体内のセーブデータをインターネット経由で預けることができるサービス(一部ソフトを除く)
加入者限定特典
ファミリーコンピュータ コントローラーがマイニンテンドーストアで購入可能。
Nintendo Switch専用ソフト「TETRIS 99」が追加料金なしでプレイ可能。
2本でお得 ニンテンドーカタログチケット(9980円)が購入可能。「スーパーマリオメーカー2」「ベヨネッタ2」など任天堂が販売するゲームソフト2本と引き換えが可能

Nintendo みまもり Switch

ペアレント・コントロール用のスマートフォン向け無料アプリを提供している。対応OSはiOSAndroid。18歳以上のニンテンドーアカウントがあれば利用できる。

プレイ時間をみまもる機能
ゲームのプレイ時間を制限する機能。時間が来るとゲーム中にアラームで子供に知らせる。ゲームを中断させることもできる。
プレイ状況をみまもる機能
プレイしたゲームタイトルとプレイ時間を知らせる機能。日々の状況だけでなくレポート機能もあり、毎月スマートフォンのプッシュ機能で通知を行う。
機能制限
CEROの対象年齢を守らせたり、SNS投稿や友達以外の人とのコミュニケーションを制限する機能。

HOMEメニュー

ソフトウェアや各種機能を起動するためのメインメニュー。Joy-Con(R)のHOMEボタンを押すことで呼び出せる。主な機能は以下のとおり。

ゲームニュース
ゲームの最新情報など、インターネット経由で受信したデータを閲覧する機能。バージョン:3.0.0よりチャンネル機能が追加され、「チャンネルを見つける」で見たいゲームニュースのチャンネルを登録すると、そのゲームソフトに関するニュースが届くようになる。
ニンテンドーeショップ
ソフトウェアの購入・ダウンロードや、ソフトウェア各種の情報を閲覧する機能。初回Switch版のeショップにアクセスするにはアップデートが必要となるがバックグラウンドでダウンロードされ素早くインストールされるようになっておりゲームを中断する必要がない。
アルバム
撮影したゲーム画面、動画などを閲覧・編集する機能。「Twitter」・「Facebook」への投稿も可能。本体には画面写真は1000枚、動画は100本まで保存することができる。

なお、代表取締役社長の君島達己はインタビューにて、発売時点でのインターネットブラウザの搭載はないと明言している。ニンテンドーアカウントとの連携、ニンテンドーeショップ、画面写真のSNS投稿等の機能専用の内部ブラウザはACCESSの「NetFront Browser NX」が使用されている。

本体更新

Switch本体のシステムソフトウェア(ファームウェア)や内蔵ソフトウェアはインターネットなどを利用して更新できる。なお、「システムの安全性や利便性の向上」という項目については、特筆しない限り詳細は明かされていないものとする。

Ver.2系列

バージョン:2.0.0 2017年3月3日配信開始
最初の配信。ネットワーク機能等を利用可能にする。
バージョン:2.1.0 2017年3月28日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:2.2.0 2017年4月18日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:2.3.0 2017年5月16日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.3系列

バージョン:3.0.0 2017年6月20日配信開始
  • ゲームニュースに「チャンネル登録」機能とアイコン追加
  • ニンテンドー3DS、Wii Uのフレンド申告の送信、通知機能
  • 登録済みのコントローラー振動検索機能
  • ユーザー設定のMiiに「スプラトゥーン2」のアイコン追加
  • クイック設定(ホームボタン長押し)での音量調節機能
  • ヘッドホン使用時の最大音量の引き上げ(「みまもり設定」を使用している場合は無効)
  • 「保護者による使用制限」から「みまもり設定」に名称変更
  • 任天堂ライセンス商品のUSBコントローラーに対応
  • ユーザーの順番並べ替え変更機能
  • ダウンロード時に空き容量が不足している場合にすぐに整理できるようになる
  • ソフトの更新データを受信する際に「×」が表示されて更新できないことがある問題の修正
  • 特定のテレビと接続すると、テレビに接続されているほかの機器とのHDMI連動が解除されてしまう問題の修正
  • 「Proコントローラーの有線通信」設定、「コントローラーの更新」「画面の色合いを変える」項目追加
  • 「テレビ出力」の「テレビのサウンド」に「自動」項目を追加
バージョン:3.0.1 2017年8月1日配信開始
  • 充電残量が正しく表示されないことがある問題の修正。
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:3.0.2 2017年9月6日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.4系列

バージョン:4.0.0 2017年10月19日配信開始
  • 一部のソフトでプレイ動画の撮影機能の追加
  • ユーザー設定のMiiに「スーパーマリオ オデッセイ」、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のアイコン追加
  • 他のNintendo Switch本体にユーザーとセーブデータを引っ越す機能
  • 「あらかじめダウンロード」の対応(一部ソフトのみ)
  • ローカル通信を行う際、相手のソフトのバージョンが古い場合に新しいバージョンの更新データを配信する機能
  • USBヘッドフォンに対応
  • 「ニンテンドーゲームキューブ コントローラ接続タップ」経由でニンテンドーゲームキューブコントローラの操作に対応
  • ソフトにエラーが発生した時に、そのエラー情報をソフトの提供元へ送信する機能
  • システム言語のオプションに繁体字簡体字韓国語を追加(但し、システムの表示言語は英語。影響されるのは一部のソフトの表示言語のみ)
  • HDMIのEDID情報追加、メーカ名・機種名・種別(ゲーム機)をTVに報告するようになった。(4.0.1で廃止)
バージョン:4.0.1 2017年10月26日配信開始
  • HDMI接続時に正しく映像が表示されなかったり、音声が出力されなかったりすることがある問題を解消。(4.0.0で追加されたEDIDの追加情報も廃止)
バージョン:4.1.0 2017年12月5日配信開始
  • ジャイロセンサーを使うソフトをプレイ中に、操作が安定しないことがある問題の修正
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.5系列

バージョン:5.0.0 2018年3月13日配信開始
  • SNS (Facebook、Twitter) の知り合いをニンテンドーアカウントのフレンド候補として表示。
  • ユーザー設定のMiiに「ARMS」、「星のカービィ」のアイコン追加。
  • スマホ等から任天堂ホームページでDLソフトや追加コンテンツを購入すると今までより速くDL開始。
  • みまもり設定の暗証番号をコントローラーのスティックとボタンで入力できるようなった。(5.0.0以降は、この入力方式が標準に)
  • ゲームニュースをチャンネル別に閲覧できるように変更。
  • みまもり設定で起動が制限されているソフトはプレイ動画の再生も制限するように変更。
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:5.0.1 2018年3月27日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:5.0.2 2018年4月17日配信開始
  • 「フレンドになれるかも?」で、Facebookのフレンドのアイコンが表示されない問題の修正。
  • ジャイロセンサーを使うソフトをプレイ中に、操作が安定しないことがある問題の修正。
バージョン:5.1.0 2018年5月31日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.6系列

バージョン:6.0.0 2018年9月19日配信開始
  • 「Nintendo Switch Online」サービスに正式対応。
    • オンラインで「セーブデータお預かり」に対応。(一部のソフトは除く)
  • 「アルバム」に保存されている画面写真をSNS(Facebook、Twitter)に静止画最大4枚投稿可能(動画は最大1動画のみ投稿可能)。
  • ユーザー設定のMiiに「進め! キノピオ隊長」のアイコン追加。
  • ニンテンドーeショップの「ダウンロードできる本体」を「いつもあそぶ本体」に名称変更。
  • 「みまもり設定」で設定されている年齢制限に応じて、「ゲームニュース」の視聴も制限可能。
  • 「設定」でUSBキーボードのキー配列を指定可能。
  • ユーザーに連携しているニンテンドーアカウントを変更不可能に。
  • 任天堂ライセンス商品のコントローラーの動作を改善。
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:6.0.1 2018年10月9日配信開始
  • 通信速度の結果が正しく表示されない問題の修正。
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:6.1.0 2018年10月30日配信開始
  • Nintendo Switch Onlineに加入していても、加入案内が表示されることがある問題の修正。
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:6.2.0 2018年11月20日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.7系列

バージョン:7.0.0 2019年1月29日配信開始
バージョン:7.0.1 2019年2月19日配信開始

Ver.8系列

バージョン:8.0.0 2019年4月16日配信開始
  • HOMEメニューの「すべてのソフト」のなかで、ソフトをタイトル順などで並べ替えられるようにした。「すべてのソフト」はHOMEメニュー上にソフトが13個以上ある場合に表示される。
  • 過去に配信されたものも含めて、配信中のすべてのゲームニュースを見ることができるようにした。「ゲームニュース」→「Y チャンネル別に見る」→「もっと見る」で見ることができる(すでに配信が終了しているゲームニュースは除く)。
  • ユーザー設定のMiiに「スプラトゥーン2」より9種類、「ヨッシークラフトワールド」より6種類のアイコン追加。
  • 「データ管理」で「セーブデータの引っ越し」をできるようにした。これにより2台目の本体へゲームソフトごとにセーブデータを引っ越しして、続きから遊べるようになった。
  • 画面の表示を拡大できるようにした。「設定」→「本体」から設定可能で、この設定をONにすると、HOMEボタンを2回連続で押すことで画面の表示が拡大される。
  • 「スリープ」の設定に「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」の項目を追加した。この設定をOFFにすると、Nintendo Switchドックから本体を取り出したときにスリープが解除されない。
  • 本体の「みまもり設定」でVRモード(3D映像)の視聴を制限できるようにした。
  • 「セーブデータのオンラインバックアップ」を「セーブデータお預かり」に、「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を「ユーザーの引っ越し」にそれぞれ名称を変更した。(機能に変更はない)
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:8.0.1 2019年4月24日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:8.1.0 2019年6月18日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.9系列

バージョン:9.0.0 2019年9月10日配信開始
  • 「ゲームニュース」の「チャンネルを見つける」に検索機能を追加。
  • 「ユーザー設定」に「チェックイン用のQRコードを表示」を追加。
  • 「設定」の「通知」に「アラームの通知設定」を追加。
  • 「設定」の「コントローラーとセンサー」に以下の機能を追加。
  • タッチスクリーンの感度を「通常」または「タッチペン用」の2種類から選択出来るようになった。
  • 「本体のボタンで操作する」を追加(Nintendo Switch Lite のみ)。
  • マイページに「オンラインプレイの招待」を追加。
  • システムの安定性や利便性の向上(下記含む)。
バージョン:9.0.1 2019年10月1日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上(下記含む)。
  • 本体の起動時や使用中にエラーが発生することがある問題を修正。
  • Nintendo Switch Liteで初期設定中にJoy-Conを取り外す案内が表示されることがある問題を修正。
バージョン:9.1.0 2019年12月5日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上(下記含む)。
  • 本体にJoy-Conを取り付けたときの画面上のアニメーションに、Joy-Conの色が反映されない問題を修正。
バージョン:9.2.0 2020年3月3日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。

Ver.10系列

バージョン:10.0.0 2020年4月14日配信開始
  • 「ゲームニュース」に最大300件まで登録できるブックマーク機能を追加。
  • 「設定」の「データ管理」に「本体/SDカード間のデータ移動」を追加。
  • 但し、セーブデータと一部の更新データを除く。
  • 「設定」の「コントローラーとセンサー」に「ボタンの割り当てを変える」を追加。
  • コントローラーごとに、スティックやボタンの割り当てを変更し、変更後の設定を「お気に入り」としてコントローラーの種類ごとに最大5つまで保存できる。
  • 対応コントローラーはJoy-Con (L)/(R)、Nintendo Switch Proコントローラー、Nintendo Switch Liteのみ。
  • 「ユーザー設定」に「プレイ記録の設定」を追加。
  • それに伴い、「フレンド機能」の設定内にあった「プレイ記録の公開」と「プレイ記録の消去」の2つを移動。
バージョン:10.0.1 2020年4月22日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:10.0.3 2020年5月26日配信開始
  • システムの安定性や利便性の向上。
バージョン:10.0.4 2020年6月5日配信開始
  • 一部の国や地域における『ニンテンドーeショップ』で、新規にクレジットカードを使った残高追加やカード情報の登録ができない問題を修正。

ソフトウェア

ゲームカード

ソフトウェアについては、既存のWii Uニンテンドー3DSとの互換性は無い。Switchのパッケージ版ソフトの形態は「ゲームカード」と呼ばれるカートリッジを採用している。ゲームカードの形状は、同社のニンテンドーDSニンテンドー3DSのカードより一回り小さい。なお、携帯型ゲーム機初のユーザー機能の実装により、セーブデータはカートリッジではなく、本体に保存される。

一覧

本体同時発売タイトル

日本国内でSwitch本体と同時発売されたソフト

パッケージソフト

出典:wikipedia
2020/07/12 15:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「Nintendo_Switch」の意味を投稿しよう
「Nintendo_Switch」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

Nintendo_Switchスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Nintendo_Switch」のスレッドを作成する
Nintendo_Switchの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail