このキーワード
友達に教える
URLをコピー

Oh!_Yeah!とは?

【「Oh! Yeah! ⁄ ラブ・ストーリーは突然に」】

小田和正シングル
【初出アルバム『Oh! Yeah!』】

【リリース】

【規格】
8cmCDシングル
ジャンル
J-POP
【時間】

レーベル
Little Tokyo ⁄ ファンハウス
SCD:FHDL-1004
作詞・作曲
小田和正
プロデュース
小田和正
ゴールドディスク


【チャート最高順位】

  • 週間1位(7週連続、オリコン)
  • 1991年2月度・3月度月間1位(オリコン)
  • 1991年4月度月間2位(オリコン)
  • 1991年5月度月間11位(オリコン)
  • 1991年度年間1位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング9位
  • 登場回数44位(オリコン)

  • 小田和正 シングル 年表
    恋は大騒ぎ
    (1990年) | Oh! Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に
    (1991年) | あなたを見つめて
    (1991年)

    Oh! Yeah! 収録曲
    1. 空が高すぎる
    2. 1985
    3. 夜の行方
    4. I Miss You
    5. ためらわない、迷わない
    6. good times & bad times
    7. Little Tokyo
    8. 春風に乱れて
    9. 恋は大騒ぎ
    10. FAR EAST CLUB BAND SONG
    11. ラブ・ストーリーは突然に
    12. Oh! Yeah!


    EANコード

    EAN 4988027001261
    ASIN B00005EKDF
    JAN 4988027001261

    Oh! Yeah! ⁄ ラブ・ストーリーは突然に」(オー!・イェー! / ラブ・ストーリーはとつぜんに)は、1991年2月6日に発売された小田和正の通算6作目のシングル。発売元はファンハウス

    目次

    • 1 解説
    • 2 収録曲
    • 3 脚注
    • 4 外部リンク

    解説[ソースを編集]

    本作は「ラブ・ストーリーは突然に」との両A面扱いでのリリース。オリコンをはじめとする表記上、「Oh! Yeah!」と「ラブ・ストーリーは突然に」の両A面シングルとされているが、発売前は「Oh! Yeah!」の単独A面であった。「ラブ・ストーリーは突然に」をメインにして売り出したいというファンハウス側の意向に対し、小田自身は「Oh! Yeah!」をメイン曲(1曲目)とすることを強く希望していた。この折衷案として、両A面シングル扱いとなった。両曲ともオリジナル・アルバム未収録で、同年リリースのベスト・アルバムOh! Yeah!』に収録。こちらもミリオンセラーとなった。以後、ベスト・アルバムに数回収録されている。

    「Oh! Yeah!」は、第一生命のCMソングであり、「ラブ・ストーリーは突然に」は、フジテレビ月9ドラマ東京ラブストーリー』の主題歌に使用され、初回プレスの58万枚が発売1日で完売する。当時オリコン歴代1位の初動売上74万枚を記録して初登場1位を獲得し、当時オリコン史上最短の発売から2週目で100万枚突破を達成した。発売37日目の1991年3月14日には累計出荷枚数が200万枚を突破した。累計出荷枚数は270万枚に達し、当時日本のシングルCD史上最高のヒット作となった(オリコンでは累計約258万枚)。1991年のオリコン年間シングル売上ランキングでも1位を獲得した。1991年3月18日のドラマ終了後も、2週に渡りオリコンシングルチャート1位にランクインした。ドラマ『東京ラブストーリー』のタイトルバックで何組もの男女のキスシーンをシルエットに流されるなど、小田の活動歴の中でも大きな転機となった。後に小田は、この作品のヒットについて「当時でも自分は十分オジさんだと思っていた。そんな歳になって、まさかあんなに大きなプレゼントを貰えるとは思ってもいなかった」と語っている。

    「Oh! Yeah!」の プロモーションビデオの一部は第一生命のCM映像にも使われた。

    シングルCDのジャケットは白を背景に、黒いタキシード姿の小田が、つま先立ちで背中を大きく反らせ叫んでいるブレた写真が使われ、そこに大きな赤い文字で曲名が入っているデザインとなっている。反対面も全く同じデザインで、曲名の文字だけが違っている。

    収録曲[ソースを編集]

    1. Oh! Yeah!- (4:50)
    2. ラブ・ストーリーは突然に- (4:55)

    脚注[ソースを編集]

    1. ^ 毎日新聞』1991年3月15日付東京夕刊、3頁。
    2. ^ 「TVドラマから大ヒット曲」『日本経済新聞』1991年3月25日付夕刊、14頁。
    3. ^ 小田和正 - アーティストページ - J-POP 追いかけネット(インターネットアーカイブのキャッシュ)
    4. ^ BMG WEB SITE FUN HOUSE(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
    5. ^ 所属事務所副社長の吉田雅道が、家族とともにワンシーンで出演。

    外部リンク[ソースを編集]

    SonyMusic

    小田和正
    シングル | 
    個人 | 

    コラボレーション | 
  • 今だから(松任谷由実・小田和正・財津和夫)
  • 僕らが生まれたあの日のように(USED TO BE A CHILD)
  • クリスマスが過ぎても(PLUS ONE)
  • クリスマスの約束(ゆずおだ)
  • カオ上げて(PLUS ONE) / FOUR WORLDS(佐藤竹善)
  • RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜(AIDS チャリティ Project)
  • Dear Mama feat.小田和正/Eternal(LGYankees)
  • 笑ってみせてくれ(BAND FOR "SANKA")
  • 恋バス(矢井田瞳 & 恋バスBAND with 小田和正)
  • 君さえいれば feat. 小田和正(清水翔太)
  • A Christmas Song(Monkey Majik + 小田和正)


  • アルバム | 
    オリジナル | 

    ベスト | 
  • Oh! Yeah!
  • 伝えたいことがあるんだ
  • 自己ベスト
  • 自己ベスト-2
  • あの日 あの時

  • セルフカバー | 
  • LOOKING BACK
  • LOOKING BACK 2

  • トリビュート | 
  • 言葉にできない〜小田和正ベストカバーズ〜


  • 映像作品 | 
    ライブ映像 | 

    テレビ番組 | 
  • 風のようにうたが流れていた

  • ファンクラブ会員限定販売用 | 
  • LIFE-SIZE KAZUMASA ODA

  • 監督映画 | 
  • いつか どこかで
  • 緑の街


  • テレビ番組 | 
  • クリスマスの約束
  • 風のようにうたが流れていた
  • KAZUMASA ODA TOUR"どーもどーも その日が来るまで"
  • 密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜

  • 関連項目 | 
  • 作品一覧
  • BMG JAPAN
  • アリオラジャパン
  • ファー・イースト・クラブ
  • Far East Café
  • Far East Club Band
  • オフコース
  • 聖光学院中学校・高等学校


  • オリコン年間シングルチャート第1位(1991年度)
    1960年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 68 サウンド・オブ・サイレンス(サイモン&ガーファンクル)
  • 69 悲しき天使(メリー・ホプキン)


  • 1970年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 70 ヴィーナス(ショッキング・ブルー)
  • 71 ナオミの夢(ヘドバとダビデ)
  • 72 ゴッドファーザー愛のテーマ(アンディ・ウィリアムス)
  • 73・74 イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)
  • 75 プリーズ・ミスター・ポストマン(カーペンターズ)
  • 76 ビューティフル・サンデー(ダニエル・ブーン (歌手))
  • 77 スカイ・ハイ(ジグソー)
  • 78 ストレンジャー(ビリー・ジョエル)
  • 79 ダンスに夢中(レイフ・ギャレット)


  • 1980年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 80 ダンシング・シスター(ノーランズ)
  • 81 愛のコリーダ(クインシー・ジョーンズ)
  • 82 カサブランカ(バーティ・ヒギンズ)
  • 83 フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング(アイリーン・キャラ)
  • 84 アイ・ライク・ショパン(ガゼボ)
  • 85 ウィ・アー・ザ・ワールド(USAフォー・アフリカ)
  • 86 パートタイム・ラヴァー(スティーヴィー・ワンダー)
  • 87 スタンド・バイ・ミー(ベン・E・キング)
  • 88 トイ・ボーイ(シニータ)
  • 89 エリー・マイ・ラブ〜いとしのエリー(レイ・チャールズ)


  • 1990年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 90 イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー(ダイアナ・ロス)
  • 91 とどかぬ想い(ビリー・ヒューズ)
  • 92 ラスト・クリスマス(ワム!)
  • 93 オールウェイズ・ラヴ・ユー(ホイットニー・ヒューストン)
  • 94 冬の散歩道(サイモン&ガーファンクル)
  • 95 恋人たちのクリスマス(マライア・キャリー)
  • 96 トゥ・ラヴ・ユー・モア(セリーヌ・ディオン with クライズラー&カンパニー)
  • 97 キャンドル・イン・ザ・ウインド ~ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ(エルトン・ジョン)
  • 98 チェンジ・ザ・ワールド/ティアーズ・イン・ヘヴン(エリック・クラプトン)
  • 99 Eyes On Me featured in Final Fantasy VIII(フェイ・ウォン)


  • 2000年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 00 ダズント・リアリー・マター(ジャネット・ジャクソン)
  • 01 S.O.S./チキチータ(ABBA)
  • 02 アンセム〜2002 FIFA World Cup 公式アンセム(ヴァンゲリス)
  • 03 アセレヘ〜魔法のケチャップ・ソング(ラス・ケチャップ)
  • 04 モーメント/最初から今まで(Ryu)
  • 05 青い影/クエスチョン・オブ・オナー(サラ・ブライトマン)
  • 06 ダニー・カリフォルニア(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
  • 07 ガールフレンド(アヴリル・ラヴィーン)
  • 08 ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)(キャラメル)
  • 09 SAHARA〜feat. 稲葉浩志(スラッシュ)


  • 2010年代 | 
    邦楽 | 

    洋楽 | 
  • 10 ネヴァー・セイ・ネヴァー feat. ジェイデン・スミス/サムバディー・トゥ・ラヴ feat. アッシャー(ジャスティン・ビーバー)
  • 11 GO GO サマー!(KARA)
  • 12 HEAT(キム・ヒョンジュン)
  • 13 OCEAN(東方神起)
  • 14 Sweat/Answer(東方神起)
  • 15 Love Me Right 〜romantic universe〜(EXO)
  • 16 Coming Over(EXO)


  • 年の表示は年度の意。2005年までは前年の12月第1週から11月最終週、現在は前年の12月第4週から12月第3週までの集計。

    オリコン月間シングルチャート第1位(1991年2月 - 3月度:2ヵ月連続)
    1990年 | 
    出典:wikipedia
    2019/08/26 01:48

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「Oh!_Yeah!」の意味を投稿しよう
    「Oh!_Yeah!」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    Oh!_Yeah!スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「Oh!_Yeah!」のスレッドを作成する
    Oh!_Yeah!の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail