このキーワード
友達に教える
URLをコピー

OpenOffice.orgとは?

OpenOffice.org
OpenOffice.org 3.0の新機能 スタートセンター

作者
2002年 - 2010年 サン・マイクロシステムズノベルIBM、Redflag 2000など
2010年 - 2011年 オラクル、ノベル、IBM、Googleインテルレッドハットなど
開発元
OpenOffice.org Project
【最新版】
3.3 (最終版) / 2011年1月25日 (2011-01-25)
【プログラミング言語】
C++, Java
対応OS
Windows, Mac OS X, Linux, FreeBSD, Solaris
プラットフォーム
クロスプラットフォーム
対応言語
110+ 言語
【サポート状況】
OpenOffice.org制作プロジェクトは解散
後継はApache OpenOfficeもしくはLibreOffice
【種別】
オフィススイート
ライセンス
GNU LGPL
【公式サイト】
www.openoffice.org

OpenOffice.org(OOo)(オープンオフィス・オルグ)は、一般にOpenOfficeと知られていた、かつて存在していたオープンソースオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本では商標の関係でStarSuite)のオープンソース版であり、サン・マイクロシステムズ社が内部で利用するために1999年、StarOfficeを制作していたStar Division社を買収をした。

OpenOffice.orgは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、ベクタードローツール(Impress)、数式エディタ(Math)、データベース(Base)で構成されていた。標準ファイル形式には、ISO/IECの国際標準規格であるオープンドキュメント形式(ODF)が利用されていた。また、様々なファイル形式を読み込むことができたが、Microsoft Officeで作成したファイルの利用には注意が必要であった。

サン・マイクロシステムズ社は、Microsoft Officeに対抗するため に2000年7月にOpenOfficeとしてオープンソース化。2002年5月1日にバージョン1.0をリリース。

その後、2010年にサン社を買収し知的財産権を所有していたオラクル社は、2011年、OpenOffice.orgの商用バージョン提供を中止。のちにOpenOffice.orgプロジェクトの終了とプロジェクトをApacheソフトウェア財団に寄贈することを発表した。

寄贈を受けたApacheソフトウェア財団は、ソフトウェアの名前をApache OpenOfficeに変更。また、OpenOffice.org後継プロジェクトとしては、分派し最も活発に開発をされているLibreOfficeやmacOS専用の商用ソフトのNeoOfficeがある。

OpenOffice.orgは、主にLinuxMicrosoft WindowsSolaris向けに開発されていたがのちにmacOS向けも開発されるようになり、他のオペレーティングシステム向けにも移植されるようになった。ライセンスは、LGPLの元で配布されていたが、初期にはSun業界基準使用許諾(SISSL)でも配布されていた。


概要

OpenOffice.orgは、オープンソース・ソフトウェアとして開発されていたオフィススイートであった。ソースコードLGPLで公開されていたため、派生ソフトウェアが数多く存在した。派生ソフトウェアの中にはOpenOffice.orgの機能に改善を施したものや、テンプレートフォントを付属させたものもあった。これらの中には、有償で販売されているものも存在した。各機能は統合されていたため、OpenOffice.orgというソフトウェアが単体でワープロ機能や、表計算機能をサポートしていた。また、複数のプラットフォーム(OS)をサポートしていた。

プロジェクトの歴史

サン・マイクロシステムズは、1999年ドイツのStarDivisionを買収し、同社が販売していたStarOffice のソースコードをオープンソースライセンスで2000年10月に公開、OpenOffice.org プロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトには、サン・マイクロシステムズノベルIBM(2007年9月10日))、Googleインテルレッドハット、Redflag Chinese 2000(2007年5月)などが参加し、サン・マイクロシステムズが管理を行った。

2010年1月27日オラクルによるサン・マイクロシステムズ買収完了に伴い、プロジェクトの管理はオラクルが行うこととなったが、2010年9月28日にオラクルとの関係などから、プロジェクトに参加していたメンバーの一部は、The Document Foundationを立ち上げ、OpenOffice.orgのソースコードを元にLibreOfficeの開発を開始した。主要なLinuxディストリビューションはLibreOfficeを支持している。

その後、オラクルは2011年4月15日に、非営利団体が管理するのが望ましいと声明を発表し、2011年6月1日に、Apacheソフトウェア財団に、ソースコードの著作権ならびにOpenOffice.orgの商標の提供を提案した。

Apacheソフトウェア財団は、2011年6月13日に投票の開票結果を受けてApacheのインキュベータープロジェクトして承認した。その結果、OpenOffice.orgの資産はオラクルからApacheソフトウェア財団に寄贈・譲渡され、OpenOffice.orgプロジェクトならびにOpenOffice.orgは終了した。

マーケットシェア

OpenOffice.orgは、特にプロプライエタリな文書フォーマットに依存すべきでない自治体官公庁などに採用された。

日本の採用事例
地方公共団体
兵庫県洲本市栃木県二宮町(現・真岡市)、福島県会津若松市(LibreOfficeに移行済み)、愛媛県四国中央市大阪府箕面市愛知県豊川市北海道深川市大阪府交野市茨城県龍ケ崎市
都道府県では初めて、山形県庁が2011年度から全パソコンにOpenOffice.orgを導入することを決定した(ただし一部の部署に限定すれば、都道府県では徳島県が初)。その後、山形県庁が再びMicrosoft Officeを採用という報道も流れたが、実際には一部必要な部署が導入したのみで、依然として標準はOpenOffice.orgでファイル形式はODFを使用。
企業
アシスト(LibreOfficeに移行済み)、住友電気工業株式会社(LibreOfficeに移行済み)、株式会社トーホー三洋機工新生フィナンシャル
海外
シンガポール国防省フランス経済・財政・産業省フランス内務省ハンガリー国防省、マケドニア財務省、オランダハールレム市、イギリスブリストル市議会などで採用されるケースがある。

特徴

ライセンス

OpenOffice.orgはオープンソースかつコピーレフトGNU LGPLの元、フリーで公開されていた。当初はサン・マイクロシステムズ独自のSISSL(Sun Industry Standards Source License)とLGPLの2重ライセンスで公開されていたが、2005年9月2日にサン・マイクロシステムズがSISSLの廃止を発表して以降LGPLに一本化された。

ドキュメントファイルフォーマット

OpenOffice.orgではOpenDocumentを標準の形式としていた。また、WordExcelなど、Microsoft Officeファミリーのファイルフォーマットの読み書きをサポートしていた。これらのフォーマットへの互換性はバージョンごとに向上を果たしていた。

OpenDocument

OpenOffice.orgはISO/IEC 26300 および構造化情報標準促進協会(OASIS)などで規定されるOpenDocument Format(ODF)を標準の文書形式としていた。

OpenDocumentは、OpenOffice.orgが利用していたドキュメントファイルフォーマットを元に策定された、オフィスソフト用の文書ファイルフォーマットである。2005年に構造化情報標準促進協会(OASIS)が標準化認定しており、その後ISOによりISO/IEC 26300としても認定された。これを受けて日本工業規格は、2009年12月7日JISとして承認し、2010年2月22日付の官報で公示された。

詳細は「OpenDocument」を参照

OpenDocument形式のファイルは、XMLで記述された複数のデータファイルをZIP形式で圧縮したものであるOpenDocument形式は、サポートするソフトウエア同士は、違うベンダのものであっても相互に一定の読み書きが保障されることを目指している。

マイクロソフト・オフィス形式

OpenOffice.orgはMicrosoft Office 2007/2010で新たに採用されたOffice Open XML形式のファイル(拡張子がdocx, xlsx, pptx等)は読み込みと、加工は可能であるが、保存はできない。2018年11月現在、日本語のPC環境でOffice Open XMLファイル形式で保存可能なサードパーティのオフィススイートはKingsoft Office及びLibreOfficeである。OpenOffice.orgでは、OpenOffice.org 2.0以降では標準ファイル形式として採用し、OpenDocument形式の読み込み、保存ともにサポートした。Microsoft Officeは、Office 2007 Service Pack 2よりOpenDocument形式に対応した。一太郎は、一太郎2006では追加モジュールでの対応、一太郎2007からは標準で対応された。

詳細は「OpenDocumentをサポートするアプリケーションの一覧」を参照

OpenDocument形式がISO/IEC標準と規定されたことで、各国の政府機関により OpenDocument形式のファイルが政府調達の条件に加えられるようになった。欧州委員会は政府調達で OpenDocument形式を用いることを推奨している。日本国内においても、将来的にOpenDocument形式が政府調達の要件になる可能性もあり、大企業の政府調達部門を中心にOpenDocument形式に対応するために、OpenOffice.orgを導入するところもあった。

クロスプラットフォーム

OpenOffice.org はクロスプラットフォームで、WindowsLinuxFreeBSDSolaris(x86とUltraSPARC)およびMac OS Xに対応していた。

バージョン3.0よりMac OS Xのネイティブな環境である Aqua ユーザインタフェースに対応。3.0以前の OpenOffice.orgは、X11版でMac OS Xに一応は対応していたものの、X11版は、Mac OS Xとユーザインタフェースの統一が取れておらず、また、X11のソフトが動作するためのX serverをインストールする必要があり、あまり普及しなかった。Javaを利用して Mac OS X(Aqua)へ対応した外部プロジェクト NeoOfficeが存在し、OpenOffice.orgのMac OS X版として利用されてきたが、Aquaに対応した3.0がリリースされたことにより、NeoOfficeからOpenOffice.orgへ移行するユーザーも見受けられた。

多国語対応

国際化地域化に力を入れていたため、世界中で同一のソフトを利用することができた。内部はUnicodeで処理されているため、OpenOffice.org日本語版でも、欧米の言語のみならず他地域の言語を扱うことができた。なお、開発にドイツ国内の技術者が大きく関与しているため、英語と並んでドイツ語関係の機能も充実していた。アジア諸言語としては、日本語のほか、韓国語中国語に対応していた。複合文字言語(CTL)では、アラビア語タイ語ヒンディ語ヘブライ語などに対応していた。

各機能

OpenOffice.orgは統合オフィススイートで、各機能は別個のソフトとして存在しているわけではない。統合ソフトであるため、共通の機能も多く見られた。

起動時にコマンドライン引数を指定することで、機能を指定して起動できた。

コマンドライン引数(例)
【機能】
コマンドライン引数
ワープロ(Writer) | -writer
表計算(Calc) | -calc
描画(Draw) | -draw
プレゼンテーション(Impress) | -impress
データベース(Base) | -base
数式エディタ(Math) | -math

共通の機能

OpenOffice.orgでは各機能を通してOpenDocumentを標準のファイルフォーマットとしていた。

OpenOffice.orgにはスタイルと呼ばれる機能があった。多くのオフィススイートでは標準の書式設定を変更できるが、スタイル機能では文字や段落のスタイルから、箇条書きのスタイルやページスタイルを自由に設定することができる。

共通して英単語のスペルチェック機能があり、間違った英単語を入力した際に修正することができる。また、打ち間違えた英単語を自動で修正するオートコレクト機能がある。これは、youyuoなどのように打ち間違えた場合、本来のyouに自動修正を行う機能である。

数式エディタ「Math」の機能は「Writer」や「Calc」などでも使うことができる。そのため、文書中に簡単に数式を埋め込むことが可能である。

ワープロ(Writer)

OpenOffice.org Writer(バージョン 3.0)

ワープロ機能。スタイルの編集機能により長文の文章の編集が容易となっている。文法チェッカーの機能はWriter自身には存在しないが、拡張機能をインストールすることで利用することができる。また、縦横の文字数を指定することで、原稿用紙などに印刷することもできる。

多国語対応なので、次のような各言語に特別な機能が、世界共通で付与されている。

大文字/小文字の変換ができる。
半角/全角変換・ひらがな/カタカナ変換ができる。この機能は主に日本語を念頭に置かれている。
Windows上のかな漢字変換ソフトウェアで、文字の再変換機能を利用することができる。
中国語のテキストの書記法(簡体字又は繁体字)を変換することができる。
選択した韓国語テキストをハングルとハンジャの間で相互に変換することができる。

標準フォーマットはOpenDocument(*.odt)だが、プレーンテキスト(*.txt)、Rich Text Format(*.rtf)、HTMLドキュメント(*.htm, *.html)などの形式のほか、Microsoft Word 97/2000/XP(*.doc)、DocBook(*.xml)、Microsoft Word 2003 XML(*.xml)形式での保存などもできる。

詳細は「OpenOffice.org Writer」を参照

HTMLエディタ

OpenOffice.org Writer/Web(バージョン 3.1.1)

HTML編集機能。Writer-Webともよばれるこのエディタは、WYSIWYG HTMLエディタの一種に属し、画面上で実際の文書を逐一確認しながら HTMLの作成を行うことができる。テキストエディタのように HTMLタグを直接用いた編集にも対応する。Webサイトの製作目的としてはピクセル単位での編集に対応していないうえ、一般的にWebサイトに用いられるフォント種類はゴシック体だが、HTML編集機能の既定のフォントをWriterと共有しているため、Writerの既定のフォントが明朝体等に設定されていた場合、フォントが競合しない。また、CSSへの対応は決して高くは無い。このため、現実的なウェブサイトの制作には向いていない。同様なフリーのHTMLエディタとして代表的なものには、これ以外にもMozilla Composerやその派生のNvuKompoZerなどが存在する。

表計算(Calc)

OpenOffice.org Calc(バージョン 3.1.1)

表計算機能。OpenOffice.org 1.xでは処理できる行数が32,000行までに、列数が256列までに制限されていたが、OpenOffice.org 2.0からは行数が65,336行、OpenOffice.org 3.0からは列数が1024列、OpenOffice.org 3.3からは行数が1,048,576行に拡張された。

Calcの関数ウィザードに用意されている関数は、データベース、日付と時刻、財務、情報、論理関数、数学行列統計、文字列、アドイン関数に分類されている。関数自体はExcelと同様のものが多いが、Excelでは引数,(カンマ)で区切るのに対し、OpenOffice.org Calcでは;(セミコロン)で区切るという違いがある。Excelブック(ファイル)のインポート/エクスポート時には自動的に変換されるが、OpenOffice.orgが標準で,で区切るように変更することはできない。

多言語対応の点からCalcの日付の書式については、異なる紀年法での表示が可能である。以下に、表示可能な主要なものを列記する。

なお、日付はシリアル値として処理されているが、Excelが1900年1月1日を「1」としているのに対して、Calcでは、1899年12月31日を「1としている。ただし、1900年3月1日以降についてはシリアル値は一致する。これは、Excel(および先行していた表計算ソフト Lotus 1-2-3)が本来閏年ではない1900年を誤って閏年と認識してしまうことに由来する。そのため、Calcでは1900年3月1日以前の日付であっても曜日が正しく計算されるようになっている(標準の1899年12月31日スタートのほかに、ベースとなったStarCalc1.0やWindows版Excelに合わせた1900年1月1日、Mac版Excelに合わせた1904年1月1日の設定もある)。

一方、セル枠の罫線のデザインに点線や破線が使えないと言った問題もある。これについてはバージョン1.0 がリリースされた時代である2002年10月にコミュニティに要望が送られているが、8年経った最新版のバージョン 3.3 でも利用できない状態のままである。他にも、セルの結合操作を行った後の結果が異なる、セルの選択操作の違い、一部ショートカットキーの操作が異なる(一例・セルの相対参照と絶対参照を切り替える操作《A1→$A$1→A$1→$A1→A1》がExcelでは「F4」キーであるが、Calcは「Shift」+「F4」キー)など、細かい部分ではExcelとは異なる動作をするものが多い。

データベース(Base)

OpenOffice.org Base(バージョン 3.1.1)

データベース機能。関係データベースに対応している。BaseはOpenOffice.org 2.0から登場した機能である。もっとも、その元となるデータベース機能(データソース)は1.0当時から存在していたが、ユーザーから「Microsoft Accessのようなデータベース機能はないのか」という要望が強く、分かりやすいように機能として独立させるとともに強化が図られたものである。

他のデータベースソフトに比べて他形式での出入力機能が不十分であるが、その代わり、ワープロ機能や表計算機能との連携は密である。

最も標準的に使用するのはHSQLDBであるが、そのほかに次の形式などに対応している。

Oracle Database, MySQL, Microsoft SQL Server(JDBC, ODBC経由), dBASE, Microsoft Access, Adabas D, Excel, テキストファイル, MozillaWindowsのアドレス帳, Apache Derby

プレゼンテーション(Impress)

OpenOffice.org Impress(バージョン 3.1.1)

プレゼンテーション機能。Impressには予めプレゼンテーションの作成ウィザードが用意されている。そのため、プレゼンテーションの作成に詳しくないユーザーであっても、画面に表示されるウィザードに従えば簡単なプレゼンテーションを完成させることができるよう配慮されている。配布資料を作成する機能を備え、Impressのみでプレゼンテーション全体を製作することが可能となっている。また、OpenOffice.org 3.0からImpressとDrawに独自の表機能が追加されており、表を用いたプレゼンテーションの作成が容易にできる。ただし、Impressに予め用意されているテンプレートは二つと少なく、有用な利用には追加の必要性が高い。3.1から図形などにアンチエイリアス処理を施せるようになったため、図形を用いたプレゼンテーションが使いやすくなった。

描画(Draw)

OpenOffice.org Draw(バージョン 3.1.1)

図形描画機能。作図のみならず、レイアウトの複雑なパンフレットの作成にも活用できる。さらに、簡易的なDTP用途のソフトウェアとして利用することができる。ベクターベースの線画や編集、3Dモデルの作成・回転・影付けなどの機能が提供されている。

Adobe Flash形式のファイルを出力する事ができる。ベクターグラフィックスであるため、ベクターデータによる画面表示では拡大や縮小をしても描写の劣化が起きない。図形同士を線分によって連結するコネクタ機能によって、図形を移動させることも容易である。色の指定は、RGBCMYKなどによっても行うことができる。

OpenOffice.org 2.0からは多数の図形(星型や顔型など)が当初から用意されるようになった。また、SVG形式の出力が可能になった。

詳細は「OpenOffice.org Draw」を参照


数式エディタ(Math)

OpenOffice.org Math(バージョン 3.1.1)

数式エディタ機能。デザインサイエンスMathTypeのデータのインポート・エクスポートが可能。またMathML 1.01形式で出力できる。

選択ウィンドウから数式を選択することもできるが、コマンドウィンドウでコマンドを入力することもできる。慣れると素早く数式を入力することができ、またLaTeXなどとは異なってコマンド編集中にリアルタイムで結果数式が表示されるという利点もある。

Math単体で複数の数式を作成した場合、画像をその都度挿入していくことで動作が重くなる。このため数学の証明問題などを作成する場合は、Writerに一つ一つの数式をオブジェクトとして組み込むことで、レンダリング処理を式ごとに分割させることができる。

例えば、二次方程式の解の公式

x={-b+-sqrt{b^2-4 ac}}over {2 a}

のように記述すると

x=-b±b2-4ac2a{\displaystyle x={\cfrac {-b\pm {\sqrt {b^{2}-4ac}}}{2a}}}

のように表現できる。

チャート

グラフ機能である。ワープロ機能や表計算機能に用いられる。ワープロ機能や表計算機能と同様にチャート機能として開発が進められている。

この機能により以下のようなグラフを作成することができる。

なお、円グラフやドーナツグラフの表示順序は、標準で反時計回り(左回り)となっている。

マクロ

OpenOffice.orgではBASICPythonJavaScriptなどの言語を用いたマクロが利用できる。OpenOffice.orgには、Basic言語用の統合開発環境が付属しているため、知識があれば誰でも手軽にプログラムを作成し定型業務の自動化を簡単に行うことが出来る。基本的にインタプリタ型の言語であるため、コンパイル(ビルド)の作業は不要である。

Universal Network Objects(UNO)インタフェースを用いてC++Javaなど他の言語プログラムを呼び出すこともできる。

また、このインタフェースを用いてOpenOffice.org API(Sun StarSuite API)を利用することにより、共通ダイアログを利用したり、OpenOffice.orgのファイルに直接アクセスしたり、MySQLPostgreSQLなどの外部データベースに直接アクセスすることができる。

OpenOffice.org BASICの言語仕様はサン・マイクロシステムズのStarSuite Basicと同じであり、Microsoft OfficeVBAと似ている。変数、制御文、演算子などはVBAと同じなので、言語仕様を覚える手間は少ない。しかしAPIが全く異なるので、VBAサポート機能を使用しない限り、VBAのマクロをそのまま使うことはできない。たとえばExcelとCalcではセルの内容にアクセスする方法が大きく異なる。

拡張機能

拡張機能を利用することができる。

OpenOffice.org repository for Extensions

OpenOffice.org repository for Extensions
【URL】
http://extensions.services.openoffice.org/
【使用言語】
多言語
【運営者】
OpenOffice.org
アレクサ
ランキング

1,976位(2010年2月)
【現状】
現在運営中

拡張機能を登録し、公開することのできる場所である。ここには多くの拡張機能が登録されており、その多くが自由に利用することができる。

たとえば、サン・マイクロシステムズが公開している「Sun Presenter Console」を利用すれば、Impressでプレゼンテーションするときにスクリーンとは別に、パソコン画面にプレゼンター向けの時計やノートを表示できる。

プロジェクト

OpenOffice.orgの開発プロジェクトであった。OpenOffice.orgには複数のプロジェクトが存在し、これらが共同でOpenOffice.orgを開発していた。各プロジェクトはリーダーを主体としてプロジェクトが構成されていた。

Native Language Confederation

各国語版のOpenOffice.orgを開発するためのプロジェクト群であった。これらはOpenOffice.orgのユーザインタフェースを翻訳するだけでなく、各国でOpenOffice.orgの広報活動も執り行っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/04/09 15:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「OpenOffice.org」の意味を投稿しよう
「OpenOffice.org」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

OpenOffice.orgスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「OpenOffice.org」のスレッドを作成する
OpenOffice.orgの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail