このキーワード
友達に教える
URLをコピー

RADWIMPSとは?

この記事は語句の内部リンク、見出しのマークアップなどスタイルマニュアルに沿った修正が必要です。ウィキペディアの体裁への修正にご協力ください(ヘルプ)。(2018年10月)
RADWIMPS


【基本情報】

【出身地】
日本 神奈川県横浜市
【ジャンル】
ポップ・ロック
ミクスチャー・ロック
オルタナティヴ・ロック
【活動期間】
2001年 -
【レーベル】
NEWTRAXX
(2003年 - 2005年)
東芝EMI
EMIミュージック・ジャパン
(2005年 - 2013年)
EMI Records
(2013年 - )
【事務所】
有限会社ボクチン (voque ting)
【公式サイト】
RADWIMPS.jp
【】

【メンバー】
野田洋次郎(ボーカルギターピアノ)
桑原彰(ギター・コーラス)
武田祐介(ベース・コーラス)
山口智史(ドラムス・コーラス)

RADWIMPS(ラッドウィンプス)は、日本の4人組ロックバンドである。所属レコード会社はEMI Records。所属事務所は有限会社ボクチン(英称: voque ting、所属はRADWIMPSのみ)。略称は「ラッド」。

バンド名は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語俗語rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み合わせた造語であり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」といった意味である。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 バンド初期:2001年-2004年
    • 1.2 メジャーデビューとバンド活動の本格化:2005年-2007年
    • 1.3 「アルトコロニーの定理」:2008年-2010年
    • 1.4 「絶体絶命」と東日本大震災、「×と○と罪と」:2011年-2013年
    • 1.5 メンバーの活動休止と映画「君の名は。」、「人間開花」:2014年-2016年
    • 1.6 2017年-現在
      • 1.6.1 「HINOMARU」問題
  • 2 メンバー
  • 3 糸色 -Itoshiki-
  • 4 ディスコグラフィ
    • 4.1 シングル
    • 4.2 オリジナルアルバム
    • 4.3 サウンドトラック
    • 4.4 ライブアルバム
    • 4.5 映像作品
    • 4.6 バンドスコア
    • 4.7 参加作品
      • 4.7.1 映画音楽
      • 4.7.2 参加楽曲
      • 4.7.3 コンピレーション・アルバム
    • 4.8 被カバー曲
  • 5 ミュージックビデオ
  • 6 受賞とノミネート
  • 7 タイアップ
  • 8 ライブ
  • 9 出演イベント
    • 9.1 フェス
    • 9.2 ライブイベント
  • 10 出演
    • 10.1 テレビ
    • 10.2 ラジオ
    • 10.3 映画
  • 11 味噌汁's
    • 11.1 メンバー
    • 11.2 ディスコグラフィ
    • 11.3 ライブ
    • 11.4 マルコメ
    • 11.5 出演
    • 11.6 ミュージックビデオ
  • 12 脚注
    • 12.1 注釈
    • 12.2 出典
  • 13 外部リンク

経歴

バンド初期:2001年-2004年

2001年、野田洋次郎が友人・桑原彰からボーカルに誘われRADWIMPS結成。

2002年2月5日、RADWIMPSとしての初のライブを関内B.B.STREETで行う。8月27日、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2002に桑原が締め切り前日に勝手に応募し出場。「もしも」でグランプリを獲得。同年の大会に山口智史、翌年の大会に武田祐介が別のバンドで出場した。

2003年3月、FM世田谷が主催する高校生文化祭・青二祭出演。当初予定していたバンドの出演キャンセルにより、本番10日前に急遽出演が決まった。5月3日、1万枚限定で1stシングル『もしも』(100円)を販売し、即完売となる。7月1日には1stアルバム『RADWIMPS』発売。8月28日、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2003にてゲストライブを行う。同月、野田の受験を理由に活動休止。 翌年3月に野田が大学合格。バンド活動の再開に伴いメンバーをチェンジし、武田と山口が加わり現在の形に至る。

7月18日、バンド初のツアー開始。ファイナルは9月3日横浜CLUB24ワンマン。 7月22日に2ndシングル『祈跡』を発売する。

メジャーデビューとバンド活動の本格化:2005年-2007年

2005年3月8日に、2枚目となるアルバム『RADWIMPS 2 〜発展途上〜』を発売。3月19日からライブツアー「はるなっTOUR」を開始。

4月から2006年3月まで、ZIP-FMで「HEAT PHONICS Feat.RADWIMPS」というアーティスト番組を担当する。また、FM横浜で「RADWIMPSの金9!」という2時間枠のアーティスト番組を担当する。

5月25日には、バンド初の両A面となる3rdシングル『へっくしゅん/愛し』を発売。9月3日、「はるなっTOUR」ファイナルの、横浜BLITZ公演にてメジャーデビューを発表し、二か月後の11月23日、4枚目のシングル『25コ目の染色体』を発売し、東芝EMIからメジャーデビューを果たした。

2006年1月18日、5thシングル『イーディーピー 〜飛んで火に入る夏の君〜』を発売し、2月15日にはメジャーとして初のアルバムとなる3rdアルバム『RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』を発売し、オリコン初登場13位を記録。3月5日から4月9日にかけて、アルバム発のライブツアー「RADWIMPSと行く無人島ツアー2500円? ドリンク代は別途頂きます。」を開催。

5月17日に、6thシングル『ふたりごと』発売。7月16日には、7thシングル『有心論』を発売する。

9月2日からデビュー日である9月3日にかけてライブ「セプテンバーにぃさん」を開催する。バンドにとって横浜BLITZでの初めてのワンマン公演となった。。

10月9日からTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」のウェブサイトにてインターネットラジオ・「RAD LOCKS!」にパーソナリティとして出演を開始する。

11月8日、8thシングル『セツナレンサ』発売。オリコン初登場4位を記録し、シングル・アルバム通じて初のTOP10入りを果たす。12月6日、4枚目のアルバム『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜』発売。オリコン初登場5位を記録。12月25日から29日に、ライブツアー「ソナタと行く冬のツアー」を開催。

2007年2月7日、ミュージッククリップ集『RADWIMPS4.5』を発売。

3月5日から4月8日にかけてライブツアー「TOUR 2007 "春巻き"」を開催。7月11日にはライブDVD『生春巻き』を発売。

3月27日からTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて、毎週火曜日Artist LOCKS!を担当する。この番組は2007年9月をもって一旦終了した。

8月30日、横浜アリーナにてバンド初のアリーナ公演である「セプテンバーまだじゃん。」を開催した。

「アルトコロニーの定理」:2008年-2010年

2008年1月23日に、9thシングル『オーダーメイド』発売。この作品で、バンドとして初のオリコン初登場1位を獲得した。 7月31日にはシングル発ライブ「RADWIMPS LIVE 2008 オーダーメイドライブ」を開催。

翌年1月7日、新曲「おしゃかしゃま」「雨音子」の着うたを配信する。同日、5thアルバム『アルトコロニーの定理』を3月11日に発売することを発表した。3月11日、宣言通り5thアルバム『アルトコロニーの定理』を発売。このアルバムでバンド史上最高の初動売上を記録し、オリコン初登場2位を獲得。同日、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが番組を休校するのをきっかけにTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて、2009年5月まで毎週水曜日Artist LOCKS!を担当することとなる。

4月6日から6月24日、バンド最長期間となるライブツアー「イルトコロニーTOUR 09」を開催。

11月3日に、全国FM放送協議会(JFN)主催のFM FESTIVAL LIFE MUSIC AWARDにてLIFE MUSIC OF THE YEAR(大賞)を受賞。また、同時に『アルトコロニーの定理』収録曲「おしゃかしゃま」がBEST LYRIC OF LIFEを、『アルトコロニーの定理』がBEST ALBUM OF LIFEを受賞する。

2010年6月30日、10thシングル『携帯電話』、11thシングル『マニフェスト』を同時発売した。

「絶体絶命」と東日本大震災、「×と○と罪と」:2011年-2013年

2011年1月12日に12thシングル『DADA』を発売。今までに発売したシングルの中では最高の初動売上を記録し、2作目となるオリコン初登場1位を獲得した。

TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて、1月31日から2月3日まで4日間「ミニRAD LOCKS!」を担当。2月にはタワーレコードの意見広告シリーズである「NO MUSIC, NO LIFE?」のポスターに登場した。

2月9日、13thシングル『狭心症』を発売。一か月後の3月9日、6枚目のアルバム『絶体絶命』を発売。また、このアルバムの収録曲「君と羊と青」が2011年度のNHKサッカー中継のテーマソングに起用された。Jリーグ天皇杯などの国内大会のほか、ロンドンオリンピックの予選や7月の南米選手権などの中継でも起用された。

3月11日の震災を受けて、3日後の14日に東日本大地震の被災地へメッセージと義援金を募る特設サイト「糸色-Itoshiki-」を開設する。

TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて、4月4日から5月30日までの2ヶ月間「RAD LOCKS!」が期間限定で復活した。

4月12日から8月3日にかけて、バンド史上最長のアルバム発ライブツアー「絶体延命ツアー」を開催。

12月15日、清水康彦が監督した「DADA」のミュージックビデオが、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に選出された。

2012年1月、ライブDVD&Blu-ray『絶体延命』の発売に先駆け、東京・大阪・名古屋3地区の映画館にて3日間限定でライブ映像のロードショーを開催した。11日、ライブDVD&Blu-ray『絶体延命』を発売。男性アーティスト史上2組目となる、週間DVDランキングとBDランキングのそれぞれ総合部門で初登場首位を獲得した。

「どうしてもこの日に演奏して歌いたかった」と、震災から一周年の3月11日にYouTubeにて新曲「白日」を公開。またこれ以降、バンドは毎年3月11日に新曲を発表している。

7月28日、「シュプレヒコール」をニコニコ動画にて期間限定公開し、8月1日に14thシングル『シュプレヒコール』を発売した。

11月8日より、野田がソロプロジェクトである「illion」を始動させる。

翌年の元旦、3月にシングルを発売し、9月に初の野外ワンマンライブを実施することを宣言する。

「やっぱり自分たちにできること、したいことはこれしかないや」のメッセージとともに、2回目の3月11日にYouTubeにて新曲「ブリキ」を公開。

15thシングル『ドリーマーズ・ハイ』を3月27日に発売。4月17から18日の二日間、横浜アリーナにて「春ウララレミドソ」を開催。9月6日、RADWIMPS LIVE @YOKOHAMA BLITZ開催。9月15日、宣言の通りバンド初の野外ライブとなる「青とメメメ」を東北で開催する。

10月16日、16thシングル『五月の蝿/ラストバージン』を発売。12月11日、7枚目のアルバム『×と○と罪と』を発売。

2月5日から7月20日にかけてライブツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」を開催。3月2日にはNHK BSプレミアムにて、野外ライブ「青とメメメ」のライブ映像を放送する。

メンバーの活動休止と映画「君の名は。」、「人間開花」:2014年-2016年

東日本大震災が発生してから3回目の3月11日に、「この日にふさわしいのかどうかわからないけど、3年前の出来事があって産まれた曲」のメッセージとともに、YouTubeにて新曲「カイコ」を公開。

12月3日、Blu-ray&DVD『RADWIMPS LIVE&DOCUMENT 2014 ×と○と君と』を発売する。12月24日には、野田洋次郎が参加した、大竹しのぶのコラボレーションアルバム『歌心 恋心』が発売された。

2015年3月11日には「かつて住んでいた場所から移って避難生活を続ける人は合計で22万人を超えると言われています。その方々の『日常』が早く戻ってきますように」と、YouTubeにて新曲「あいとわ」を公開。

野田洋次郎の初のエッセイ本『ラリルレ論』が5月16日に発売。野田主演映画『トイレのピエタ』の松永大司監督による原作小説も同時発売。。6月6日、野田洋次郎主演の映画『トイレのピエタ』公開。この映画の出演により、野田の俳優活動が増加する。6月10日には映画の主題歌である17thシングル『ピクニック』を発売した。9月16日にBlu-ray&DVD『青とメメメ』が発売される。

9月23日、山口智史が持病の神経症悪化により無期限休養に入ることが発表される。バンドは一時的にドラマー不在の状況に陥り、サポートドラマーの募集を開始する。

9月30日 、東京メトロのCMソングに「‘I’ Novel」を書き下ろす。CMへの楽曲提供はこれが初めてであり、10月1日から放送のCM に野田も出演する。

10月9日から23日にかけて韓国、フランス、ドイツ、イギリス、台湾を巡る初の海外ツアー「RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour」を開催。更に11月4日から28日初に対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」を開催する。ゲストアクトは、米津玄師きのこ帝国plentyLOVE PSYCHEDELICOゲスの極み乙女。ハナレグミクリープハイプスピッツいきものがかりONE OK ROCKMr.Children。ツアー最終日に18thシングル『記号として/‘I’ Novel』の発売を決定する。12月23日 - 幕張メッセ国際展示場にてワンマンライブ「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」を開催。この公演では、PA卓に置かれたカメラ1台でライブ冒頭の4曲を中継する「RADWIMPSのはじまりはじまりのさわり」と題された生配信がGYAO!にて行われた。ライブ終了後のショートムービーで、3月11日にバンドのドキュメンタリー映画『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』を公開することを予告した。

2016年3月11日、YouTubeにて新曲「春灯」を公開。7月9日、スピッツが主催するライブイベント「ロックロックこんにちは! 20th Anniversary Special 〜R2 need U, I need U〜」に初出演。

8月24日 - 同名アニメーション映画のサウンドトラックでもある、アルバム『君の名は。』発売。26日、20曲以上の劇中音楽全てを制作した、新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』が公開される。主題歌『前前前世』の社会的ブームにより、テレビ朝日系「ミュージックステーション 2時間スペシャル」に出演し、初めて地上波音楽番組でパフォーマンスした。11月23日、『前前前世』『スパークル』を収録した8thアルバム『人間開花』が発売される。なお、11月23日は、11年前に『25コ目の染色体』を発売してメジャーデビューを果たした日である。12月31日 -「第67回NHK紅白歌合戦」に初出場、『前前前世』を披露した。

2017年-現在

2017年2月22日、映画『君の名は。』の北米公開を記念し、野田洋次郎が新たに英語詞を書き下ろした『君の名は。English edition』を発売。2月25日から5月10日にかけて、ライブツアー「Human Bloom Tour 2017」を開催。

4月13日から6月29日間放送されたテレビ東京系のドラマ『100万円の女たち』で、野田洋次郎がドラマ初出演、主演を務めた。4月19日、コールドプレイ東京ドームで行った来日公演に、ゲストアクトとして出演。4月23日にはアルバム『人間開花』に収録されている楽曲「棒人間」が主題歌である、日本テレビ系ドラマ「フランケンシュタインの恋」放送開始。

5月10日、20thシングル『サイハテアイニ/洗脳』を発売。6月4日から7月12日にかけ、6都市を巡る初のアジアツアー「RADWIMPS 2017 Asia Live Tour」開催。10月18日、Blu-ray&DVDおよびライブアルバム『Human Bloom Tour 2017』を発売。

12月4日、5日に東京国際フォーラム・ホールAで開催された「『君の名は。』オーケストラコンサート」に出演した。

2018年2月21日に21stシングル『Mountain Top/Shape Of Miracle』を発売。2月24日には新曲「Mountain Top」を主題歌として書き下ろした、日中共同製作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』が公開された。

6月6日22ndシングル『カタルシスト』発売。6月1日から27日にシングル名を冠したライブツアー「Road to Catharsis Tour 2018」が開催。7月10日、"Road to Catharsis Tour 2018"のドキュメント・ティーザー映像をYouTube上で公開した。 7月11日から8月18日にかけ、8都市を巡るアジアツアー「RADWIMPS Asia Live Tour 2018」を開催した。

「HINOMARU」問題

カタルシスト』発売後、同作にカップリング曲として収録されていた曲「HINOMARU」が、主にネット上で「軍歌のようだ」「戦争を想起させる」と批判を浴びた。作詞、作曲した野田がツイッターで「そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません」と釈明したが騒ぎは収まらず、6月26日に行われた『Road to Catharsis Tour 2018』の神戸ワールド記念ホール公演で、男2人、女2人がライブ開始直前、「侵略戦争と戦死の歌をうたうな」と書かれた横断幕と屋根に拡声器をつけた軽自動車を交差点に停車させ、「HINOMARU」の歌詞が不適切だと主張し、公演中止を求める抗議活動をした。これに対し神戸水上警察署は26日、兵庫県尼崎市の職業不詳の男(47)を道路交通法違反で現行犯逮捕した。

メンバー

野田 洋次郎 (のだ ようじろう)
詳細は「野田洋次郎」を参照
生年月日は (1985-07-05) 1985年7月5日(33歳)。ボーカルギターピアノ、RADWIMPSのほぼすべての楽曲の作詞・作曲を担当。身長180cm。血液型はA型。両利き。未婚。
桑原 彰(くわはら あきら)
生年月日は (1985-04-04) 1985年4月4日(33歳)。ギター、コーラスを担当。身長166cm。血液型はA型。右利き。既婚。
神奈川県立荏田高等学校に通っていたが、16歳の時に「俺はラッドで食っていく」と決意し中退。その後、音楽学校のMI JAPAN東京校ギター科を卒業した。
野田との初対面の場所は、あざみ野のミスタードーナツであった。「"桑原"と書いて何と読む?」という質問に対して「ゲーム」と答えるほどゲームが好きで、もしRADWIMPSで無ければファミ通に勤務していたとも発言している。得意なものまねは中尾彬。ジャニーズのオーディションに応募し3次審査まで進むが、バク転の受け身が取れず不合格。2017年ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017で自らがプロデュースしたハンバーガーショップ「くわバーガー」を出店。さらには2018年の「Road to Catharsis Tour 2018」の各会場でも出店する。
Psychederhythmというメーカーのオリジナルギターを使用。歪みはアンプでコントロールしている。
使用機材
  • ギター
    • Gibson Custom Shop Historic Collection 1958 Les Paul Standard
    • Gibson S-1
    • Gibson Les Paul Goldtop 1969
    • Gibson Les Paul (PU:P-90)
    • Gibson Les Paul Custom
    • Gibson Les Paul P-100 40th Anniversary
    • Gibson VOS Goldtop Les Paul
    • Psychederhythm Soapbar Special #004
    • Psychederhythm Moderncaster S ギンギン
    • Psychederhythm T-Custom Limited
    • Cole Clark FL2-AC
  • アンプ
    • ORANGE Rockerverb 100
    • Divided By 13 RSA 31
    • Hughes & Kettner TRIAMP MKII(アンプヘッド)
    • Hughes & Kettner CC412WA(アンプキャビネット)
  • エフェクター
    • ハンドメイド A/B BOX(A/B BOX)
    • Hughes & Kettner TRIAMP MKII 用 STAGE BOARD(アンプ用フットスイッチ)
    • BOSS BF-3(フランジャー)
    • BOSS AW-3(オート・ワウ)
    • LINE6 DL4 Delay(ディレイ)
    • Digitech Whammy WH-4(ワーミーペダル)
    • KORG DT-10(チューナー)
武田 祐介(たけだ ゆうすけ)
生年月日は (1985-05-24) 1985年5月24日(33歳)。ベース、コーラスを担当。身長167cm。血液型はB型。右利き。既婚(2013年 -)。
洗足学園音楽大学ジャズ科を卒業。
途中からRADWIMPSに加入。理由は「たまたま近くにいたから」、「(RADに入った決め手は)有名だったから」と語っている。男3人兄弟の末っ子。加入前には、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVALに、RADWIMPSが出場した翌年に出場している。「猫に食べられたい」と言うほど無類の猫好き。手が多汗症であり、高校生の時、右手だけ汗の神経を切っている。すね毛の濃さなら誰にも負けないといい、別名「多毛田」。かなりの大食いだが、太らない。メンバーの中で最も酒に強い。自称超ドM。
中学生のとき、ギターの上手な先生が吹奏楽部の顧問だったという理由で吹奏楽部に入部し、コントラバスを始める。フレットレス・ベースを初め、多弦ベースを多く所有しており、4弦ベースはあまり持っていない。このことから、メンバーからはたまに「多弦田」と呼ばれることもある。スラップ奏法を好む。尊敬するベーシストはマーカス・ミラージャコ・パストリアス
使用機材
  • ベース
    • YAMAHA BB-Takeda Custom #1
    • YAMAHA BB-Takeda Custom #2
    • YAMAHA BB-NEII
    • YAMAHA TRB-6 P-II
    • FenderUSA jazz bass
  • エフェクター
    • BOSS ODB-3 (オーバードライブ)
    • ディメター OptoCompulataor (コンプレッサー)
    • Free The Tone ARC-3 (ループスイッチャー)
    • プロビデンス PEC-2 (ループスイッチャー)
    • クルーズマニアックサウンド DPA-2B (プリアンプ)
    • TECH21 Bass Driver DI (プリアンプ)
    • MXR M-80 Bass D.I. + (プリアンプ)
    • DEMETER BEQPB (プリアンプ)
    • Source Audio SA170 Programmable EQ (7バンドグラフィックイコライザー)
    • TECH21 Red Ripper (オーバードライブ/ファズ)
    • KORG DT-10 (ステージチューナー)
    • EBS UNICHORUS (コーラス)
    • Roland VB-99 V-Bass System (YAMAHA TRB6PIIで使用)
  • アンプ(キャビネット)
    • aguilar GS410
    • aguilar GS212
    • aguilar DB112
    • YAMAHA BBT410S×2
  • アンプ(ヘッド)
    • aguilar DB680
    • エレクトロハーモニクス POWERSLAVE
    • YAMAHA BBT500H
山口 智史(やまぐち さとし)
生年月日は (1985-03-20) 1985年3月20日(33歳)。ドラムス、コーラスを担当。身長168cm。血液型はA型。右利き。既婚(2009年 - )。
洗足学園音楽大学ジャズ科を中退。
途中からRADWIMPSに加入。武田と加入時期や理由は同じ。武田とは特に仲が良く、昔はホテルもたいてい一緒の部屋だった。4人兄弟で本人以外は全員女性。桑原と同様に、「俺もラッドで食っていく」と宣言。大の麻雀好き。RADWIMPSも出場した、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2002に「をかし」という名前のメタルバンドで出場していた。
好きなアーティストは、スピッツHY。尊敬するドラマーは村上秀一。ヤマハとスポンサー契約を結んでいる。
2015年9月23日、持病であるフォーカル・ジストニアと呼ばれる神経症が悪化したため無期限休養に入ることが、公式サイトで発表された。公式サイトには病気を発症した時期や経緯、さらに山口が脱退を考えていたことなどの苦悩などが綴られている。山口の休養中は、サポートドラマーで対処するという。
使用機材
  • YAMAHA OAK Custom Set
  • YAMAHA MAPLE CUSTOM ABSOLUTE Set
サポートメンバー
森瑞希(もり みずき)
ドラムス担当。無期限休養の山口に代わって急遽オーディションで選抜され、そのオーディションには山口本人も立ち会った。
2015年10月の海外ツアー「RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour」の1本目の韓国公演から、レコーディングとライブに参加する。
ニックネームは“みっきー”。
刄田綴色(はた としき)
ドラムス、パーカッション担当。元東京事変のメンバー。本名は畑利樹(読み同じ)。
2015年11月の対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR 『RADWIMPSの胎盤』」より、森とのツインドラム体制で参加。

糸色 -Itoshiki-

2011年3月11日の東日本大震災を受けて、3月14日に被災地へのメッセージと義援金を募るサイト「糸色 -Itoshiki-」を開設。 3月25日に15,000,000円、7月25日に10,238,122円、計25,238,122円を日本赤十字社に寄附した。 また、RADWIMPSに賛同した、宮藤官九郎塚本高史堺雅人綾野剛佐藤隆太椎名林檎トータス松本Superfly、といった様々な俳優、ミュージシャンらの応援メッセージも公開された。

また、震災発生以降、毎年3月11日にYouTubeにて新曲を公開している(2017年のみ発表なし)。全曲がCD未発表曲である。

2016年4月の熊本地震の被災地支援のため、野田洋次郎が楽曲「バイ・マイ・サイ」の新録バージョンを配信。この楽曲にはONE OK ROCKのTakaも参加した。6月30日には、アーティスト収益分の全額である19,698,094円を熊本県庁へ寄附したことが報告された。

ディスコグラフィ

RADWIMPSのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 9
ライブ・アルバム 1
シングル 22
映像作品 7
サウンドトラック 1
バンドスコア 6
参加作品 4

シングル

発売日 タイトル 規格 規格品番 順位 収録アルバム
1st | 2003年5月3日 もしも CD | DYYC-1 |  | RADWIMPS
2nd | 2004年7月22日 祈跡 CD | YYCM-9103(初回生産限定盤) | 126位 | RADWIMPS 2
YYCM-104(通常盤)
3rd | 2005年5月25日 へっくしゅん/愛し CD | NTRW-106 |  | RADWIMPS 3 /
RADWIMPS 2
4th | 2005年11月23日 25コ目の染色体 CD | TOCT-4940 | 45位 | RADWIMPS 3
5th | 2006年1月8日 イーディーピー 〜飛んで火に入る夏の君〜 CD | TOCT-4955 | 32位
6th | 2006年5月17日 ふたりごと CD | TOCT-4985 | 16位 | RADWIMPS 4
7th | 2006年7月26日 有心論 CD | TOCT-40012 | 13位
8th | 2006年11月8日 セツナレンサ CD | TOCT-40060 | 4位
9th | 2008年1月23日 オーダーメイド CD | TOCT-40146 | 1位 | アルトコロニーの定理
10th | 2010年6月30日 携帯電話 CD | TOCT-40296 | 3位 | 絶体絶命
11th マニフェスト CD | TOCT-40297 | 2位 | (未収録)
12th | 2011年1月12日 DADA CD | TOCT-40317 | 1位 | 絶体絶命
13th | 2011年2月9日 狭心症 CD | TOCT-40318 | 2位
14th | 2012年8月1日 シュプレヒコール CD | TOCT-45050(初回限定盤) | 4位 | (未収録)
TOCT-45051(通常盤)
15th | 2013年3月27日 ドリーマーズ・ハイ CD EXTRA | TOCT-45068 | 6位 | ×と○と罪と
16th | 2013年10月16日 五月の蝿/ラストバージン CD | TYCT-30002 | 3位
17th | 2015年6月10日 ピクニック CD | UPCH-89223 | 7位 | (未収録)
18th | 2015年11月25日 記号として/‘I’ Novel CD | UPCH-80415 | 13位 | 人間開花
2015年12月23日 | レコード | PRON-7001
19th | 2017年2月22日 君の名は。English edition CD | UPCH-80465 | 6位 | Your name. (deluxe edition)
20th | 2017年5月10日 サイハテアイニ/洗脳 CD | UPCH-89333(初回限定盤) | 2位 | ANTI ANTI GENERATION
UPCH-80470(通常盤)
21st | 2018年2月21日 Mountain Top/Shape Of Miracle CD | UPCH-80415 | 10位 | ANTI ANTI GENERATION / (未収録)
レコード | UPKH-30001
22nd | 2018年6月6日 カタルシスト CD+グッズ | UPCH-89375(初回限定盤) | 5位 | ANTI ANTI GENERATION
CD | UPCH-80489(通常盤)

オリジナルアルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 順位
1st | 2003年7月2日 RADWIMPS CD | YYCF-101 | 86位
2nd | 2005年3月8日 RADWIMPS 2 〜発展途上〜 CD | NTRW-0105 | 80位
3rd | 2006年2月15日 RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜 CD | TOCT-25933 | 13位
4th | 2006年12月6日 RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜 CD | TOCT-26168 | 5位
5th | 2009年3月11日 アルトコロニーの定理 CD | TOCT-26730 | 2位
6th | 2011年3月9日 絶体絶命 CD | TOCT-27060(初回限定盤) | 2位
TOCT-27061(通常盤)
7th | 2013年12月11日 ×と○と罪と CD | TYCT-69009(初回限定盤) | 2位
TYCT-60021(通常盤)
8th | 2016年11月23日 人間開花 CD+DVD | UPCH-29241(初回限定盤) | 1位
CD | UPCH-20436(通常盤)
2017年2月22日 | レコード | UPJH-20006/7
9th | 2018年12月12日 ANTI ANTI GENERATION CD+DVD | UPCH-29313(初回限定盤) | 1位
CD | UPCH-20503(通常盤)
2019年3月27日 | レコード | UPJH-20010/1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/01/07 03:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「RADWIMPS」の意味を投稿しよう
「RADWIMPS」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

RADWIMPSスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「RADWIMPS」のスレッドを作成する
RADWIMPSの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail