このキーワード
友達に教える
URLをコピー

RKB毎日放送とは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年10月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年10月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2019年5月)

 | 画像提供依頼:
  1. 旧社屋(渡辺通時代)の施設外観
の画像提供をお願いします。(2009年7月)
RKB毎日放送株式会社
RKB Mainichi Broadcasting Corporation
RKB毎日放送放送会館

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【略称】
RKB
【本社所在地】
日本
814-8585
福岡県福岡市早良区百道浜二丁目3番8号
【設立】
2015年(平成27年)9月29日
(RKB毎日分割準備株式会社)
(1951年(昭和26年)6月29日創業)
業種
情報・通信業
法人番号
3290001071513
【事業内容】
テレビジョン放送ラジオ放送
【代表者】
代表取締役会長 永守良孝
代表取締役社長 井上良次
【資本金】
1000万円(2015年9月29日時点)
【売上高】
連結 245億3800万円
単体 179億4600万円
【営業利益】
連結 13億2400万円
単体 12億5800万円
【純利益】
連結 6億7900万円
単体 6億2500万円
【純資産】
連結 251億9000万円
単体 224億2000万円
【総資産】
連結 381億1900万円
単体 327億8200万円
【従業員数】
連結 656人、単体 221人
【決算期】
3月31日
【主要株主】
株式会社RKB毎日ホールディングス(100%)
【外部リンク】
https://rkb.jp/
特記事項:財務諸表は2011年3月期、従業員数は2011年(平成23年)3月31日時点。
アナログ親局・IDともに大阪のMBSテレビ(毎日放送)と同じ4ch。JNN系列のない佐賀県でも視聴者が多い。
創業当初の旧法人の社名は「株式会社ラジオ九州」。
1958年(昭和33年)8月18日、西部毎日テレビジョン放送株式会社と合併し現社名に変更。2016年(平成28年)4月1日に認定放送持株会社移行に伴い現体制となる。
【RKB毎日放送】

【基本情報】

【英名】
RKB Mainichi Broadcasting
Corporation

【略称】
RKB
【本社】
〒814-8585
福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3番8号
演奏所
本社と同じ
【公式サイト】
https://rkb.jp/
【ラジオ】

【放送対象地域】
福岡県
【系列】
JRN
愛称
RKBラジオ
呼出符号
JOFR
【開局日】
1951年12月1日
親局 / 出力 福岡 1278kHz / 50kW
【主な中継局】
ラジオを参照
【テレビ】

【放送対象地域】
福岡県
【ニュース系列】
JNN
【番組供給系列】
TBSネットワーク
愛称
RKB
呼出符号
JOFR-DTV
呼出名称
RKBまいにちデジタルテレビジョン
【開局日】
1958年3月1日
リモコンキーID
4
デジタル親局 福岡 30ch
アナログ親局 福岡 4ch
ガイドチャンネル
4ch
【主な中継局】

【主なアナログ中継局】
北九州8ch
テレビを参照
特記事項:
アナログ親局・IDともにMBSと同じ4ch。JNN系列局のない佐賀県でも視聴者が多い。

RKB毎日放送株式会社(アール・ケー・ビーまいにちほうそう、RKB Mainichi Broadcasting Corporation)は、福岡県放送対象地域とした中波放送(AM放送)事業とテレビジョン放送事業を兼営している特定地上基幹放送事業者である。

旧法人時代の登記上の商号は「アール・ケー・ビー毎日放送株式会社」だったが、2009年(平成21年)に変更した。

テレビ放送はJNN系列で、Gガイドの番組データの配信を行っている。かつては民放テレビ局はFNN/FNS系列局のみの佐賀県にもアナログGガイドの番組データの配信を対応していた。コールサインはJOFR-DTVリモコンキーIDはアナログ親局の4chから「4」。

ラジオ放送についてはRKBラジオを参照。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 事業所
  • 2 沿革
    • 2.1 ラジオ九州
    • 2.2 西部毎日テレビジョン放送
    • 2.3 合併・RKB毎日放送
    • 2.4 ネットワークと放送エリア
    • 2.5 テレビネットワークの移り変わり
  • 3 社史・記念誌
  • 4 本局及び中継局一覧
    • 4.1 ラジオ
    • 4.2 テレビ
      • 4.2.1 リモコンキーID
      • 4.2.2 送信所
      • 4.2.3 アナログ放送
    • 4.3 RKBテレビ・ラジオのサービスエリア外視聴
      • 4.3.1 ケーブルテレビ再送信局
    • 4.4 その他
    • 4.5 新聞のテレビ欄の表示名
  • 5 番組
    • 5.1 ラジオ番組
    • 5.2 自社制作番組
    • 5.3 TBS・系列局(JNN)制作の時差ネット番組
    • 5.4 その他
    • 5.5 過去に放送していた自社制作番組
    • 5.6 過去に放送していた番組
      • 5.6.1 FBS開局まで放送されていた日本テレビ系の番組
      • 5.6.2 腸捻転時代にネットされていた朝日放送の番組
      • 5.6.3 腸捻転解消でKBC・TNCから移行した毎日放送の番組
      • 5.6.4 ブロックネット
      • 5.6.5 TVQ開局まで放送されていたテレビ東京系の番組
      • 5.6.6 深夜アニメ
      • 5.6.7 上記以外の過去の放送番組
  • 6 主な受賞作品
    • 6.1 文化庁芸術祭賞
  • 7 スタジオ
    • 7.1 テレビスタジオ
    • 7.2 ラジオスタジオ
    • 7.3 サテライトスタジオ
  • 8 アナウンサー
    • 8.1 現時点
    • 8.2 元アナウンサー
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

ネットワークは、テレビJNN、ラジオJRNに加盟。略称の「RKB」は1951年(昭和26年)の開局当初ラジオ九州(Radio Kyushu Broadcasting)という局名だったことに由来する。その後、北九州市にあった西部毎日テレビジョン放送と合併した際に、略称RKBを継承して今日の局名となった。

ロゴマークについては、テレビ・ラジオで独自のものを導入する時期もあったが、2007年7月からは会社とテレビのロゴは「+rkb」に変更している。

夜間における緊急事態発生に備え、局アナ1人と制作・技術・報道部門のスタッフ数人が局に毎日交替で泊まり込む「宿直勤務制度」を実施している。

テレビのニュース名称:開局から1975年3月30日までは『RKB毎日ニュース JNN』、同年3月31日からは『JNNニュース』である。ローカルニュースの名称も『RKBニュースワイド』から、現在放送中の『今日感NEWS』と受け継いでいる。

ラジオのニュース名称:かつては『RKB毎日ニュース』という名称だったが、現在は『RKBラジオニュース』と『RKBヘッドライン』という二つの名称を交互に使用している。

韓国の独立系放送局だった京仁(きょんいん)放送(仁川広域市)と姉妹提携関係を結んでいたが、同局が赤字経営から2005年1月1日に廃局となり、提携関係も消滅した。

2010年よりJリーグギラヴァンツ北九州リーグ公式戦の公式試合映像の製作をJリーグメディアプロモーションから、またその映像を使用したスカパー!Jリーグ中継の番組制作をスカパー!からそれぞれ受託、実況は原則RKBのスポーツ担当アナウンサーを派遣している。

当局のテレビにおいては2017年4月の改編以降、『はやドキ!』、『あさチャン!』、『グッとラック!』、『今日感モーニング』、『ひるおび!』、『今日感テレビ』、『Nスタ』と生放送番組が平日の午前5時から午後7時まで14時間連続して放送されている。それまでは午前10時台がドラマの再放送や通販番組などに当てられていたため、平日の午前11時から午後7時まで生放送番組が連続していた(昼前から夕方にかけて生放送が連続する事例としては、同じJNN系列の毎日放送・大分放送や、NNN系列の札幌テレビ青森放送(金曜のみ)・ミヤギテレビ静岡第一テレビ熊本県民テレビ・NNN系列でRKB毎日放送と同じく福岡県を放送エリアとする福岡放送なども同様。

2016年4月1日西日本の民放では初めてで、全国の民放では7番目となる認定放送持株会社に移行、旧法人のRKB毎日放送株式会社は商号を「株式会社RKB毎日ホールディングス」に変更し、経営管理・不動産事業を除く現業全般(放送・文化事業など)を2015年9月29日に分割準備会社として設立された「RKB毎日分割準備株式会社」(2016年4月1日に新法人の『RKB毎日放送株式会社』に商号変更)が承継。TBS系列の放送局を子会社に持つ放送持株会社では東京放送ホールディングス(TBSHD)、中部日本放送(CBC)に次いで3番目で、在京キー局を除く地方局としてはCBCに次いで2番目となるが、TBSテレビやCBCテレビで行ったテレビ放送部門とラジオ放送部門の分社独立化は行わない。

事業所

沿革

RKBの初代ロゴ
(1951年-1969年)
CM(コンサートの主催等)の社名表記では1980年代でも見ることができた

ラジオ九州

西部毎日テレビジョン放送

合併・RKB毎日放送

1969年〜2007年まで使われたロゴ
(中継車のパラボラアンテナ)

ネットワークと放送エリア

テレビネットワークの移り変わり

出典:wikipedia
2020/02/20 01:58

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「RKB毎日放送」の意味を投稿しよう
「RKB毎日放送」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

RKB毎日放送スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「RKB毎日放送」のスレッドを作成する
RKB毎日放送の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail