このキーワード
友達に教える
URLをコピー

SENSE_(アルバム)とは?

SENSE』(センス)は、日本のロックバンドMr.Childrenの16作目のオリジナルアルバムである。2010年12月1日トイズファクトリーより発売された。

目次

  • 1 概要
  • 2 収録曲
  • 3 演奏
  • 4 SENSE PROJECT
    • 4.1 2010.11.16
    • 4.2 2010.11.21
    • 4.3 2011.10.21
    • 4.4 2011.10.24
    • 4.5 2011.10.26
    • 4.6 2011.11.13
    • 4.7 2012.4.7
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典

概要

前作『SUPERMARKET FANTASY』から約2年ぶりとなるオリジナルアルバム。

メジャーデビュー作の『EVERYTHING』以来となる全曲がCD初収録のアルバムで、前作以降、配信限定シングル「fanfare」や「365日」など新曲の発表はあったものの、CDシングルの発売が1枚もない状態での発売だった。

また、発売前日(フラゲ日)までタイトル・収録曲等は一切告知されず、プロモーション活動も行わない異色の作品となった。

収録曲

  1. I [4:09]
  2. 擬態 [5:49]
    本作のリード曲で、発売に先駆け11月29日よりラジオ限定でオンエアが解禁された。
    CM内の「トビウオニギタイ」というキーワードは、この曲の歌詞から採られたもので、桜井が愛聴している伊集院光ラジオ番組でのトークから曲作りのインスピレーションを得ている。
    元々はSalyuへの提供曲として書かれた楽曲であるが、作っていくうちに愛着が湧いて「提供するにはもったいない」(桜井)とのことで、バンドのレパートリーとなった。
    後にベストアルバム『Mr.Children 2005-2010 』にも収録された。
  3. HOWL [4:20]
  4. I'm talking about Lovin' [5:12]
  5. 365日 [5:37]
    NTT東日本NTT西日本CMソング。
    NTTドコモ「NTT docomo group × Mr.Children 25th Anniversary コラボキャンペーン」ブランドCMソング(2017年)。
    Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜』で初披露され、『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』まで毎回演奏された。ライブで披露される際は資料映像をSEと共に流すという演出が行なわれた。
    シングルとしてリリースされていないのにも関わらず、Mr.Childrenが2010年代に入ってから人気のある代表曲の一つとして挙げられている。後にベストアルバム『Mr.Children 2005-2010 』にも収録された。また、2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では29位に選ばれた。
    また、現在Youtube公式チャンネルにおいて最も再生回数が多い曲(2019年2月現在)でもあり約4461万回再生されている。
  6. ロックンロールは生きている [4:49]
    発売に先駆け11月18日よりラジオ限定でオンエアが解禁された他、本作のCMでもわずかに使用されている。
  7. ロザリータ [5:49]
    同年4月に行われたファンクラブ限定ライブで一度だけ披露された。
  8. [3:45]
  9. fanfare [6:17]
    2作目の配信限定シングル。本作唯一のシングル曲。表記はないが、ミックスし直されたアルバムバージョンとなっている。
  10. ハル [5:25]
  11. Prelude [6:55]
    歌詞の中にMr.Childrenが過去に発表した曲名や歌詞(「光の射す方へ」「その向こうへ行こう」など)が登場する。
  12. Forever [4:51]
    ドキュメンタリー映画『Mr.Children / Split The Difference』のエンディング曲でセルフタイアップ。

演奏

SENSE PROJECT

アルバムの情報解禁前には「SENSE PROJECT」というウェブサイトが設立されており、アルバム発売日前までは黒地に「SENSE」と書かれたものでクリックするとテレビ上で放映されていたCMの一部が流れたり、携帯電話が置いてある部屋が映し出され書いてある番号に電話をすると画面内に映っている携帯電話に着信が入る、など謎に包まれていた。情報が解禁されると黒地だった部分にこのアルバムのジャケットが映し出されるようになった。

2010.11.16

2010.11.21

2011.10.21

2011.10.24

2011.10.26

2011.11.13

2012.4.7

脚注

注釈

  1. ^ Salyuにはこの曲の代わりに「青空」を提供している。
  2. ^ 2009年からCMでオンエアされていたが、本作に収録されるまでCD音源化されていなかった。

出典

  1. ^ 『Mr.Children 2005-2010 』ライナーノーツより。
  2. ^ 映画「Mr.Children REFLECTION」パンフレットより。
  3. ^ 『Mr.Children / Split The Difference』の付属の冊子より。
Mr.Children(カテゴリ)
桜井和寿 - 田原健一 - 中川敬輔 - 鈴木英哉
シングル | 
CD | 
1990年代 | 
92年 | 
1.君がいた夏 - 2.抱きしめたい

93年 | 
3.Replay - 4.CROSS ROAD

94年 | 
5.innocent world - 6.Tomorrow never knows - 7.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

95年 | 
8.【es】 〜Theme of es〜 - 9.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

96年 | 
10.名もなき詩 - 11.花 -Mémento-Mori- - 12.マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

97年 | 
13.Everything (It's you)

98年 | 
14.ニシエヒガシエ - 15.終わりなき旅

99年 | 
16.光の射す方へ - 17.I'LL BE


2000年代 | 
00年 | 
18.口笛 - 19.NOT FOUND

01年 | 
20.優しい歌 - 21.youthful days

02年 | 
22.君が好き - 23.Any - 24.HERO

03年 | 
25.掌/くるみ

04年 | 
26.Sign

05年 | 
27.四次元 Four Dimensions

06年 | 
28.箒星 - 29.しるし

07年 | 
30.フェイク - 31.旅立ちの唄

08年 | 
32.GIFT - 33.HANABI

09年 | 
-


2010年代 | 
10年 | 
-

11年 | 
-

12年 | 
34.祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

13年 | 
-

14年 | 
35.足音 〜Be Strong

15年 | 
-

16年 | 
-

17年 | 
36.ヒカリノアトリエ - 37.himawari


コラボレーション | 
奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)


配信限定 | 
花の匂い - fanfare - かぞえうた - hypnosis - REM - 放たれる - here comes my love


アルバム | 
CD | 
オリジナル | 
1.EVERYTHING - 2.Kind of Love - 3.Versus - 4.Atomic Heart - 5.深海 - 6.BOLERO - 7.DISCOVERY - 8.Q - 9.IT'S A WONDERFUL WORLD - 10.シフクノオト - 11.I U - 12.HOME -13.SUPERMARKET FANTASY - 14.SENSE - 15.[(an imitation) blood orange] - 16.REFLECTION - 17.重力と呼吸

ベスト | 
Mr.Children 1992-1995 - Mr.Children 1996-2000 - Mr.Children 2001-2005 - Mr.Children 2005-2010

カップリング集 | 
B-SIDE

企画盤 | 
LAND IN ASIA - 1/42


配信限定 | 
Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25 - Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25


映像作品 | 
ライヴ | 
regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY - Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001 - Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001 - wonederful world on DEC 21 - Mr.Children Tour 2004 シフクノオト - MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field- - Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜 - Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" - Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- - MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 - Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour - Mr.Children REFLECTION{Live&Film} - Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 - Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 - Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

ドキュメンタリー | 
【es】 Mr.Children in FILM - regress or progress '96-'97 DOCUMENT - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

ミュージック・ビデオ | 
music clips ALIVE - Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25


映画 | 
【es】 Mr.Children in FILM - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children REFLECTION

書籍 | 
【es】 Mr. Children in 370 DAYS - Mr.Children 詩集「優しい歌」

関連項目 | 
エンジン(烏龍舎) - トイズファクトリー - ロボット - ap bank - THE WALLS - Bank Band - Reborn-Art Session


オリコン月間アルバムチャート第1位(2010年12月度)
2010年 | 

2011年 | 
  • 1月 いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜(いきものがかり)
  • 2月 MUSICMAN(桑田佳祐)
  • 3月 願いの塔(EXILE)
  • 4月 Checkmate!(安室奈美恵)
  • 5月 ボーン・ディス・ウェイ(レディー・ガガ)
  • 6月 ここにいたこと(AKB48)
  • 7月 Beautiful World(嵐)
  • 8月 SMAP AID(SMAP)
  • 9月 FIVE(浜崎あゆみ)
  • 10月 TONE(東方神起)
  • 11月 スーパーガール(KARA)
  • 12月 EXILE JAPAN/Solo(EXILE/EXILE ATSUSHI)

  • 2012年 | 
  • 1月 EXILE JAPAN/Solo(EXILE/EXILE ATSUSHI)
  • 2月 BUTTERFLY(L'Arc〜en〜Ciel)
  • 3月 Kis-My-1st(Kis-My-Ft2)
  • 4月 YUZU YOU[2006-2011](ゆず)
  • 5月 Mr.Children 2005-2010 (Mr.Children)
  • 6月 Uncontrolled(安室奈美恵)
  • 7月 I LOVE YOU -now & forever-(桑田佳祐)
  • 8月 1830m(AKB48)
  • 9月 ALL SINGLES BEST 2(コブクロ)
  • 10月 Popcorn(嵐)
  • 11月 [(an imitation) blood orange](Mr.Children)
  • 12月 EXILE BEST HITS -LOVE SIDE / SOUL SIDE-(EXILE)

  • 2013年 | 
  • 1月 MIRACLE(三代目J Soul Brothers)
  • 2月 てっぺんとったんで!(NMB48)
  • 3月 TIME(東方神起)
  • 4月 5TH DIMENSION(ももいろクローバーZ)
  • 5月 ALL TIME BEST ALBUM(矢沢永吉)
  • 6月 B'z The Best XXV 1988-1998(B'z)
  • 7月 FEEL(安室奈美恵)
  • 8月 予襲復讐(マキシマムザホルモン)
  • 9月 Love Collection 〜mint〜(西野カナ)
  • 10月 LOVE(嵐)
  • 11月 楔-kusabi-(KAT-TUN)
  • 12月 L album(KinKi Kids)

  • 2014年 | 
  • 1月 次の足跡(AKB48)
  • 2月 新世界(ゆず)
  • 3月 TREE(東方神起)
  • 4月・5月 アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック(サウンドトラック)
  • 6月 Ballada(安室奈美恵)
  • 7月 Kis-My-Journey(Kis-My-Ft2)
  • 8月 世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜(NMB48)
  • 9月 Mr.S(SMAP)
  • 10月 THE DIGITALIAN(嵐)
  • 11月 関ジャニズム(関ジャニ∞)
  • 12月 WITH(東方神起)

  • 1990後
  • 2000前
  • 2000後
  • 2010前
  • 2010後


  • オリコン週間アルバムチャート第1位(2010年12月13日 - 12月20日付・2週連続)
    1月 | 

    2月 | 
  • 1日 NEXT FUTURE(GIRL NEXT DOOR)
  • 8日 Whistle(HY)
  • 15日 BEST〜third universe〜 & 8th AL "UNIVERSE"(倖田來未)
  • 22日 ファンキーモンキーベイビーズBEST(FUNKY MONKEY BABYS)

  • 3月 | 
  • 1日 BEST SELECTION 2010(東方神起)
  • 8日 スポーツ(東京事変)
  • 15日 Journey(清水翔太)
  • 22日 うれしくって抱きあうよ(YUKI)
  • 29日 ONE PIECE MEMORIAL BEST(Various Artists)

  • 4月 | 
  • 5日 ∠TRIGGER(ポルノグラフィティ)
  • 12日 BABY(aiko)
  • 19日 神曲たち(AKB48)
  • 26日 Rock'n'Roll Circus(浜崎あゆみ)

  • 5月 | 
  • 3日・10日・17日・24日 VOCALIST 4(徳永英明)
  • 31日 EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク(Various Artists)

  • 6月 | 
  • 7日 僕の住んでいた街(くるり)
  • 14日 Lovebox(BENI)
  • 21日 FANTASY(EXILE)
  • 28日 NO MORE PAIИ(KAT-TUN)

  • 7月 | 
  • 5日・12日 to LOVE(西野カナ)
  • 19日 JUMP NO.1(Hey! Say! JUMP)
  • 26日 HOLIDAYS IN THE SUN(YUI)

  • 8月 | 
  • 2日 We are SMAP!(SMAP)
  • 9日 HEAVEN(加藤ミリヤ)
  • 16日・23日 僕の見ている風景()
  • 30日 Hadou(稲葉浩志)

  • 9月 | 
  • 6日 ALL COVERS BEST(コブクロ)
  • 13日 Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'(Superfly)
  • 20日 The...(JUNSU/JEJUNG/YUCHUN)
  • 27日 LIVE(NEWS)

  • 10月 | 
  • 4日 still a Sigure virgin?(凛として時雨)
  • 11日・18日 Request(JUJU)
  • 25日 GLAY(GLAY)

  • 11月 | 
  • 1日 8UPPERS(関ジャニ∞)
  • 8日 放課後ティータイムII(放課後ティータイム)
  • 15日・22日 いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜(いきものがかり)
  • 29日 THE BEST BANG!!(福山雅治)

  • 12月 | 
  • 6日 Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2(宇多田ヒカル)
  • 13日・20日 SENSE(Mr.Children)
  • 27日 COSMONAUT(BUMP OF CHICKEN)



  • Billboard JAPANアルバム・セールス・チャート「Billboard Japan Top Albums Sales」第1位(2010年12月13日 - 12月20日付・2週連続)
    1月 | 

    2月 | 
  • 1日 NEXT FUTURE(GIRL NEXT DOOR)
  • 8日 Whistle(HY)
  • 15日 5years(木村カエラ)
  • 22日 ファンキーモンキーベイビーズBEST(FUNKY MONKEY BABYS)

  • 3月 | 
  • 1日 BEST SELECTION 2010(東方神起)
  • 8日 スポーツ(東京事変)
  • 15日 Journey(清水翔太)
  • 22日 うれしくって抱きあうよ(YUKI)
  • 29日 ONE PIECE MEMORIAL BEST(アニメ)

  • 4月 | 
  • 5日 ∠TRIGGER(ポルノグラフィティ)
  • 12日 BABY(aiko)
  • 19日 神曲たち(AKB48)
  • 26日 Rock'n'Roll Circus(浜崎あゆみ)

  • 5月 | 
  • 3日・10日・17日・24日・31日 VOCALIST 4(徳永英明)

  • 6月 | 
  • 7日 VOCALIST 4(徳永英明)
  • 14日 Lovebox(BENI)
  • 21日 TWIST(矢沢永吉)
  • 28日 NO MORE PAIИ(KAT-TUN)

  • 7月 | 
  • 5日・12日 to LOVE(西野カナ)
  • 19日 JUMP NO.1(Hey! Say! JUMP)
  • 26日 HOLIDAYS IN THE SUN(YUI)

  • 8月 | 
  • 2日 We are SMAP!(SMAP)
  • 9日 HEAVEN(加藤ミリヤ)
  • 16日・23日 僕の見ている風景()
  • 30日 Hadou(稲葉浩志)

  • 9月 | 
  • 6日 ALL COVERS BEST(コブクロ)
  • 13日 BPM(堂本光一)
  • 20日 The...(JUNSU/JEJUNG/YUCHUN)
  • 27日 LIVE(NEWS)

  • 10月 | 
  • 4日 DJ KAORI'S INMIX VI(オムニバス)
  • 11日・18日・25日 Request(JUJU)

  • 11月 | 
  • 1日 8UPPERS(関ジャニ∞)
  • 8日 放課後ティータイムII(放課後ティータイム)
  • 15日・22日 いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜(いきものがかり)
  • 29日 THE BEST BANG!!(福山雅治)

  • 12月 | 
  • 6日 Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2(宇多田ヒカル)
  • 13日・20日 SENSE(Mr.Children)
  • 27日 COSMONAUT(BUMP OF CHICKEN)



  • Billboard JAPAN R35以上対象番組ラジオ・エアプレイ・チャート「Adult Contemporary Airplay」第1位(2010年12月13日付)
    (擬態)

    1月 | 

    2月 | 
  • 1日・8日 アコーディング・トゥ・ユー(オリアンティ)
  • 15日 戻れない明日(aiko)
  • 22日 素顔のきみに(マイケル・ブーブレ)

  • 3月 | 
  • 1日 素顔のきみに(マイケル・ブーブレ)
  • 8日 アリス(アヴリル・ラヴィーン)
  • 15日 ソルジャー・オブ・ラヴ(シャーデー)
  • 22日 新しいYES(Salyu)
  • 29日 SAKURA(MONKEY MAJIK)

  • 4月 | 
  • 5日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/06/21 04:52

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「SENSE_(アルバム)」の意味を投稿しよう
    「SENSE_(アルバム)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    SENSE_(アルバム)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「SENSE_(アルバム)」のスレッドを作成する
    SENSE_(アルバム)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail