このキーワード
友達に教える
URLをコピー

SI接頭辞とは?

SI接頭辞(エスアイせっとうじ、英語: Metric prefix)は、国際単位系 (SI) において、SI単位の十進の倍量・分量単位を作成するために、単一記号で表記するSI単位(ただし、質量の単位は例外であってSI基本単位でない「g(グラム)」に適用する。)の前につけられる接頭辞である。

国際単位系 (SI) 国際文書第8版(2006年)日本語版や理科年表日本産業規格(JIS Z 8000-1、他多数)ではSI接頭語(エスアイせっとうご)と言う。また、計量単位令(政令)や計量単位規則(省令)では単に接頭語と言う。

SI接頭辞は、SIの構成要素として国際度量衡総会 (CGPM) によって決定されている。

概要

各物理量にメートルワットなど基準となる1つの単位だけを定義し、それに10の累乗倍の数を示す接頭辞を付けることで、大きな量や小さな量を表す。例えば、接頭辞「キロ」は1000倍を表すので、「キロ」メートルは1000メートルに、「キロ」ワットは1000ワットになる。接頭辞「ミリ」は1000分の1を表すので、「ミリ」メートルは1000分の1メートルに(すなわち1メートルは1000ミリメートル)、「ミリ」リットルは1000分の1リットルになる。

例:

SI接頭辞」となっているが、SIにしか使えないということではない。名前の異なる多くの単位を使う代わりに1つの単位にさまざまな接頭辞をつけるという発想は、SIの導入よりも早くフランスメートル法が施行された1793年にまでさかのぼるものであり、慣例としてSI接頭辞は多くのSIに属さない単位にも使用される。

なお日本の計量法では、SI接頭辞を付けることを禁止する単位を明示している(後述)。

一方、SI単位にSI接頭辞をつけた単位は、1以外の比例定数を伴う単位であるため、SI単位ではあるが「一貫性のあるSI単位」ではない。

一覧

SI接頭辞
接頭辞 記号 1000 10 十進数表記 漢数字表記 short scale 制定年
ヨタ (yotta) | Y | 1000 | 10 | 1 000 000 000 000 000 000 000 000 | 一
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/21 03:39

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「SI接頭辞」の意味を投稿しよう
「SI接頭辞」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

SI接頭辞スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「SI接頭辞」のスレッドを作成する
SI接頭辞の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail