このキーワード
友達に教える
URLをコピー

SKE48とは?

移動先: 案内検索
 | ノート:AKB48#移籍・兼任メンバーの加入期の表記についてに、このページに関する議論があります。
議論の要約:移籍・兼任メンバーの加入期の表記

SKE48


【基本情報】

【出身地】
日本
【ジャンル】
J-POP
【活動期間】
2008年夏 -
【レーベル】
Lantis
(2009年6月 - 12月)
CROWN GOLD
(2010年1月 - 2011年5月)
avex trax
(2011年6月 - )
【事務所】
ピタゴラス・プロモーション
(2008年夏 - 2011年10月31日)
AKS
(2011年11月1日 - )
【共同作業者】
秋元康
AKB48グループ
【公式サイト】
www.ske48.co.jp
【】

【メンバー】
メンバーを参照
【】

【旧メンバー】
元メンバーを参照

SKE48(エスケーイーフォーティーエイト)は、日本女性アイドルグループ。専用劇場名古屋市に有し、ここを拠点として中京圏を中心に活動している。秋元康が総合プロデュースを手掛けるAKB48グループの1つで、2008年に誕生した。

目次

  • 1 概要
  • 2 特徴
    • 2.1 活動方針
    • 2.2 誕生の経緯
    • 2.3 AKB48や姉妹グループとの比較
      • 2.3.1 パフォーマンス・音楽性
    • 2.4 目標と方向性の変化
    • 2.5 地域性
    • 2.6 握手会
  • 3 略歴
    • 3.1 2008年
    • 3.2 2009年
    • 3.3 2010年
    • 3.4 2011年
    • 3.5 2012年
    • 3.6 2013年
    • 3.7 2014年
    • 3.8 2015年
    • 3.9 2016年
    • 3.10 2017年
  • 4 メンバー
    • 4.1 正規メンバー
      • 4.1.1 チームS
      • 4.1.2 チームKII
      • 4.1.3 チームE
    • 4.2 研究生
    • 4.3 元メンバー
      • 4.3.1 元正規メンバー
      • 4.3.2 元研究生・候補生
  • 5 グループ編成
    • 5.1 メンバー構成推移
    • 5.2 研究生から正規メンバーへの昇格者
  • 6 作品
  • 7 選抜メンバー
    • 7.1 カップリング曲のメンバー
  • 8 派生ユニット
    • 8.1 期間限定ユニット・企画ユニット
  • 9 タイアップ
  • 10 公演
    • 10.1 劇場公演
      • 10.1.1 SKE48劇場
      • 10.1.2 出張公演
    • 10.2 コンサート
      • 10.2.1 単独公演
      • 10.2.2 SKE48リクエストアワー
      • 10.2.3 AKB48・AKB48グループ名義
    • 10.3 舞台
  • 11 出演
    • 11.1 テレビドラマ
    • 11.2 特別番組
    • 11.3 バラエティ・情報番組
    • 11.4 映画
    • 11.5 ラジオ
    • 11.6 ネット配信
    • 11.7 携帯配信
    • 11.8 CM
    • 11.9 イベント
    • 11.10 ミュージック・ビデオ
  • 12 書籍
    • 12.1 雑誌・新聞・Web連載
    • 12.2 漫画作品
  • 13 商品展開
  • 14 その他の活動
  • 15 オーディション
    • 15.1 第1期生オーディション
    • 15.2 第2期生オーディション
    • 15.3 第3期生オーディション
    • 15.4 第4期生オーディション
    • 15.5 第5期生オーディション
    • 15.6 第6期生オーディション
    • 15.7 第7期生オーディション
    • 15.8 第8期生オーディション
    • 15.9 AKB48グループドラフト会議
      • 15.9.1 第1回
      • 15.9.2 第2回
      • 15.9.3 第3回
  • 16 スタッフ
  • 17 受賞記録
  • 18 脚注
    • 18.1 注釈
    • 18.2 出典
  • 19 参考文献
  • 20 関連項目
  • 21 外部リンク

概要

SKE48劇場が入居するサンシャイン栄(錦通大津通が交わる錦通大津交差点側から撮影)。
SKE48劇場の入口ゲート

AKB48自体も含めて日本国内に5組、国外を含めると7組あるAKB48の「姉妹グループ」(「姉妹ユニット」)の1つで、AKB48最初の姉妹グループとして2008年7月に結成、同年8月23日にお披露目された。活動の拠点である名古屋市中区(さかえ)に専用劇場を置いている。グループ名のアルファベット部"SKE"は栄のローマ字表記(SaKaE)に由来する。

専用劇場の『SKE48劇場』は、名古屋市営地下鉄栄駅に直結する複合ビル「サンシャイン栄」の2階にある。2008年10月5日に初公演を行った。通常ほぼ毎日のペースで定期的に行われている「劇場公演」は、3つの正規チームや研究生などがそれぞれに割り当てられた演目を交代で上演するもので、約2時間のダンストークからなる。現在の劇場は3か月余りの改装期間を経て2012年12月9日にオープンした専用劇場である。2012年8月までは複合スタジオ『SUNSHINE STUDIO』であり、SKE48の公演以外でも利用されていた。このことが、2012年春のコンサートのタイトル『SKE専用劇場は秋までにできるのか?』に採用されたという経緯もある。

他の姉妹グループと同様に「AKB48グループ」(「48プロジェクト」)の一翼を担っていて、「会いに行けるアイドル」という基本コンセプト、劇場公演や握手会などの基本フォーマットは共通している。また、「AKB48」名義で開催される握手会(全国握手会)やコンサートなどのイベントにも参加するほか、一部のメンバーはグループ間の兼任や移籍を行っている。さらに、「SKE48」名義のシングルとは別に、SKE48のメンバーが「AKB48」名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)に選出されAKB48として活動を行う場合もある。

初期は約半年、第3回以降は約1年間隔、第7回は約2年間隔でメンバーの募集を行っており、2016年までに計8回のオーディションを行い、現在は第8期生までが活動を行っている。また、AKB48・HKT48のオーディションで採用され移籍してきたメンバー、合同オーディションである『AKB48グループ ドラフト会議』でSKE48各チームに指名されたドラフト1 - 2期生も一緒に活動を行っている。

グループ名「SKE」から1文字ずつ取った「チームS」「チームKII」「チームE」の3つのチームと、チームに所属していない研究生により構成されている。2008年10月の劇場公演開始から定員16人のチーム制を導入していたが、2014年4月に開始した新体制からは各チームの定員が20名程度に増え、劇場公演時のみ16名出演という制度になった。メンバーは2018年2月12日時点で、チームS 15名、チームKII 20名、チームE 15名、研究生 18名の計68名で、そのうち1名がAKB48との兼任である。

2009年8月5日に1stシングル「強き者よ」をリリースしランティスからメジャー・デビュー、翌2010年3月の2ndシングル「青空片想い」よりCROWN GOLDへ移籍し、2011年3月には5thシングル「バンザイVenus」で初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得。メジャー・デビューは初お披露目から11か月後でAKB48やNMB48とほぼ同じだが、オリコン1位獲得は1年6か月後でAKB48(3年10か月)より早くNMB48(9か月)より遅い。その後2012年7月の6thシングル「パレオはエメラルド」よりレーベルをavex traxに移し、20thシングル「金の愛、銀の愛」まで16作連続でオリコン初週1位を継続している(2016年8月時点)。なお、楽曲の作詞は全て、AKB48等の姉妹グループ同様に総合プロデューサーの秋元康が担当している。

地元ライブでは、2009年5月の名古屋ボトムラインを初演に、同年7月にダイアモンドホール、同年12月にZepp Nagoya、2010年11月に愛知県芸術劇場大ホール、2012年に日本ガイシホール と開催規模を拡大し、2014年2月にはナゴヤドームで単独2日連続コンサート(2日間で観客66,000人)、2015年8月には豊田スタジアムで最大規模のコンサート(観客最大45,000人)を開催した。

ツアーでも、2010年10月には3都市、2011年6-7月には6都市、2013年10月-2014年2月にも3都市を巡っている。2012年にはSKE48単独として初めて『第63回NHK紅白歌合戦』に出場した。2014年11月からは姉妹グループ初の47都道府県ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。全国へ行こう!〜」を開始し、2016年4月までに22道府県を巡っている。

特徴

活動方針

AKB48が掲げる基本コンセプトである「会いにいけるアイドル」を踏襲し、劇場公演、握手会などのファンサービスを行う。メンバー間およびメンバー以外との恋愛禁止なども共通している。一方で、2013年初め頃まで茶髪禁止のルールが設けられているなど、イメージ面でAKB48などとの差別化を図っていた部分もある。

メンバー個人に与えられているファンとのコミュニケーションツールとして、下記のものがある。

  • SKE48公式ブログ - 全メンバーが対象。過去記事の閲覧に限り会員制。
  • SKE48オフィシャルブログ powerd by Ameba - シングル歌唱メンバー(選抜メンバー)が対象。
  • Google+ - SNSの一種。利用可能年齢のメンバーが対象。
  • SKE48 Mail - 全メンバーが対象。登録したメンバーのメッセージをメールで配信する会員制の「プライベートメール」。
  • 755 - SNSの一種。参加は任意。
  • Twitter - SNSの一種。2017年8月23日時点で在籍中の正規メンバー全員と、一部の研究生がアカウントを開設している。
  • SHOWROOM - ストリーミングサービスの一種。日本国内のAKB48グループメンバー全員が対象で、個人での生配信が可能。ただし年齢により配信時間に制限が設けられている。
  • Instagram - 画像共有をメインとするSNSの一種。参加は任意。

ブログに関しては、選抜と関係なく限られたメンバーのみブログを持つAKB48、登録せず閲覧できるアメーバブログを全メンバーが持つNMB48とは制度が異なる。

また、松村香織YouTubeに公式アカウントを開設している。

「オフィシャルファンクラブ」として『二本柱の会』を運営するAKB48とは呼称が異なるが、SKE48の「公式モバイルファンクラブ」として、携帯電話向けの『SKE48 Mobile』がある。

誕生の経緯

秋元康がAKB48全国展開を模索していた時期に、名古屋の協力先から声が掛かり、またサンシャイン栄のリニューアルの話が持ちかけられたことからプロジェクトが始動。サンシャイン栄を運営する京楽栄開発が投資や同ビルの活性化を狙って協力し、子会社ピタゴラス・プロモーションを設立、SKE48の運営を行うこととなった。

発足以来、劇場が入居するサンシャイン栄ではSKE48関連のコラボレーションが実施される。ビル内には、SKE48関連のポスターやフラッグが掲げられているほか、SKE48デビュー時には観覧車「スカイボート」のゴンドラにメンバーがラッピングされ、メンバーがアナウンス音声(収録)を担当していた。また、企画イベントが行われることがあるほか、地下1階では公演の映像中継が行われることがある。結果として、同ビルの来館者数は2007年から2011年にかけて3割増加している。

2011年に運営会社はAKSに移るが、同時期に京楽産業.からAKSへ出資や役員の輩出を行うなど資本関係が維持されている。

プロジェクト発足の記者会見(2008年6月5日)において秋元は名古屋の特徴として「若者が集まりやすい」「エネルギーに満ちている」「名古屋の女の子はファッショナブルで自己主張がはっきりしている」ことなどを挙げた。また、全国展開として名古屋を選んだ理由について秋元は「名古屋は火が付くのが遅いかもしれないが、本当に認められれば長くファンに愛される(入口は狭いが、気に入ったらずっと応援してくれる)」という旨のことを名古屋の知人に言われたと会見で述べている。

AKB48や姉妹グループとの比較

  • 各チームのまとめ役を担うメンバーは「リーダー」、その補佐をするメンバーは「副リーダー」と呼ばれており、「キャプテン」「副キャプテン」と呼ぶAKB48・NMB48・HKT48・NGT48と異なる。
    • なお、SKE48全体をまとめる「キャプテン」をこれまで中西優香(2013年4月13日 - 2014年4月21日)、斉藤真木子(2016年3月5日 - 現在)が務めている。
  • 一部のメンバーを除くと、全員がAKS(2011年10月31日まではピタゴラス・プロモーション)に所属している。AKS以外の事務所に所属するのは、大場美奈、山内鈴蘭、高柳明音、松井珠理奈、須田亜香里。
  • 5thシングル以降、シングルのジャケットに入るタイトルロゴは、毎回メンバーのデザインの中から選ばれたものを原案に作成されていた時期があった。
  • メンバーが自ら立ち上げた二次元同好会やアイドル研究会など多数のサークルが存在する。複数のサークルに加入しているメンバーもおり、中でも二次元同好会はインターネットラジオ「K'z Station」で(過去にはニコニコ動画でも)配信されている。これらのサークルには、SKE48以外の姉妹グループのメンバーが参加しているものもある。
  • SKE48の公演では、AKB48・NMB48・HKT48と違い冒頭の「overture」の際にファンはMIX(合いの手)を打たないとされる。
  • ロゴなどに使用されるグループカラーは 橙色(オレンジ色)。
  • SKE48のファンが使用するサイリウムペンライトの色は、劇場では各メンバーごとの色が使われる ことが多く、チームごとの色が使われることが多いAKB48と違う。ただし、2012年のリクエストアワーでは1位になった「羽豆岬」に合わせて青色、2014年にナゴヤドームで開催されたコンサートでは2日目アンコールの際にオレンジ色(両者とも有志のファンによる立案で、特にナゴヤドームのものは『未来とは?』のMVにも収録された)など、イベントでは場面に応じて統一カラーが使われることがある。
  • 選抜総選挙、じゃんけん大会、TOKYO DOME CITY HALL公演(各グループの劇場公演を集中的に行うイベント。過去「見逃した君たちへ」「思い出せる君たちへ」のタイトルがつけられている)、ユニット祭りは、全ての姉妹グループが総参加(完全な平等ではなく、じゃんけん大会におけるAKB48メンバーの優先などがある)する形で年1回行われる。一方、リクエストアワー、シングル、コンサート、握手会に関しては、2015年時点ではAKB48名義のものの多くにSKE48やNMB48・HKT48のメンバーが参加する一方、SKE48やNMB48・HKT48のリクエストアワー(HKT48除く)、シングル、コンサート、握手会にAKB48のメンバーが参加することはない(兼任メンバーを除く)。
  • 1stから15thシングルまでの約5年間、表題曲のセンターポジションは松井珠理奈単独、あるいは松井珠理奈と松井玲奈の2人 で、長い期間センター交代を経験していなかった。
  • NMB48・HKT48と同様、2014年春までシングルの選抜人数は基本的に(4th - 14thシングルは16人に)固定されていて、毎回変動するAKB48とは異なっていた。
  • 旧劇場『SUNSHINE STUDIO』時代の公演では、ステージが狭かったため、各メンバーの立ち位置の間隔が60cmと狭かった(他の姉妹グループは90cm)。
  • SKE48名義で発売されるCDの劇場盤の販売は1stシングルから5thシングルまでキャラアニ・チャンスで扱われていたが、6thシングルからavex traxレーベルになるとともにmu-moショップに変更された。

パフォーマンス・音楽性

AKB48と比較した印象や特徴として、総合プロデューサーの秋元康は、SKE48の魅力は「がむしゃらさ」ではないかとしている。その要因は、ダンス自体は"一般的にはまだまだ"であるものの、一生懸命さからきているであろう、指先あるいは足の爪先やかかとまで神経が行き届いた動きであり、それが「ダンスのキレのいいSKE48」というイメージを作っているのではないかと語っている。また、歌詞を書く上ではメンバーにあった歌詞をつけることはしているが、SKE48に「特別な色をつけようというのはなかった」、違いは「ファンの方が決めてくれればいい」とも述べている。このほか、曲調のアクティブさ、「汗の量はハンパじゃない」というコンサートのタイトルにもなったようなダンスの激しさやダイナミックさ、ストイックさなどが、特徴と評されることもある。

発足時のレッスンから劇場公演「手をつなぎながら」「制服の芽」、6thまでのシングルの振り付け等を担当している牧野アンナも、SKE48はダンスを長所としていて、メンバーも振りにこだわりを持っていると語っている。

AKB48グループのサウンドディレクターを担当する田中博信も、SKE48の音楽性の特徴として激しいダンスを挙げており、2ndシングル「青空片想い」の頃からそれを考えた楽曲構成になっていったと語っている。リズム感を止めずに勢いを出すことに重点を置き、「全力を出しやすい曲」や「抜けが良く振り切った曲」、例えば「バンザイVenus」「パレオはエメラルド」のような楽曲に「らしさ」が出やすいという。また、「Escape」のようにダンスの難易度が高いと評される曲もある。

一方、近年はNMB48も振りを揃えたダンスを意識しているが、NMB48は全員がピッタリと揃う振りを特徴とするのに対し、SKE48は割り振られたポジションにより差を付けたバリエーションのある振りを特徴とするほか、ジャンプなど髪型が崩れるような激しい振りが多いという。

目標と方向性の変化

初期のレッスンは、AKB48に「憧れる」のではなく初めから「勝つ」ことを意識して行った特に厳しいもので、指導した牧野アンナは「短期間で仕上げる為に力技で行くしかなかった」「今考えるとかわいそうだった」とも回想している。最初のレッスンで牧野は「同じことをやるならAKBの方が良いに決まってる」「AKBに無いものって何なんだ」「アイドルなのに汗だくになってる姿が、唯一SKEがAKBに勝てる道じゃないか」という話をしたという。このストイックなレッスンの様子は、当時のメンバー(卒業生含む)のインタビューを交えて、シンプルでありながら感情に訴えかけるシーンとして、2015年のドキュメンタリー映画に収められている。このレッスンを原点とする「目の前の事に常に全力で挑む、勝ちに行く」考え方 は、特に初期のメンバーを中心に浸透しているという。

一方、AKB48に勝つ、AKB48を超えるといった当初の目標意識がそのまま継続されているわけではない。後に多数の姉妹グループが誕生し交流していく中で、一緒に48グループを盛り上げつつも頭一つ抜けた存在になりたい、という気持ちに変わってきているという。

5年間にわたりシングルのセンターを担うなどグループの先頭に立っている松井珠理奈と松井玲奈について、秋元康は2012年のインタビューで、「二人の違うキャラクターが、グループの中の良い意味での"光と影"になっている」とも語っている。一方、2014年冬のシングルで行われた初のセンター交代や2015年春の1期生2人らの卒業などから、「次世代の育成」が進められているとの批評も見受けられる。メンバー自身としても、様々な変化を契機として、自分よりも周りのメンバーを支え育てていくことを意識しているメンバーもいるという。

またSKE48は2015年春までに通算60人以上が卒業しているが、2015年のドキュメンタリー映画では、卒業したメンバーの現在の姿を見せることで、SKE48の活動が各々の人生の一部分であったという相対的な視点が与えられている。ライターの香月孝史によればそれは「若い時期の試行錯誤の一環」であり、ファンが未練を持つのは道理であるものの、アイドルの活動をどこまで続けるかを決めるのは、「責任を持ってその人生を背負い続ける彼女たち自身でしかありえない」と指摘している。そして、グループが成長していく過程の一瞬一瞬の尊さと同時に、在籍者・卒業生各々の人生の尊さが描かれ、SKE48での活動から繋がった人生を歩んでくれていることは実はファンにとって嬉しいことなんだと語られている。

地域性

師崎港と羽豆岬
「羽豆岬」のPVに登場する羽豆神社。CDの発売以降は参拝や絵馬奉納に訪れるSKE48のファンが増加した。
愛知県南知多町羽豆岬・「羽豆岬」の歌碑

地域貢献をテーマの一つとして掲げる。栄での清掃ボランティア活動、地域の祭りなどのイベントに参加したり、地元を中心に広報大使などの公益活動を委嘱されている。ただ、公演倍率が上昇するなど人気が高まったことで地域イベントへの参加は難しくなってきている 一方、結成6周年となる2014年7月に円頓寺商店街でゲリラライブを行うなど原点回帰の動きも起こりつつある。他方、SKE48発足以降愛知県内で複数のローカルアイドルが誕生するなど、この地域のアイドル文化を活性させるきっかけになったとの見方もある。

コンサートの面でも地元名古屋での開催を積み重ねてきている。劇場外初のコンサートは2009年5月の名古屋ボトムラインだった。その後名古屋の会場で規模を拡大していき、2012年・2013年には春コンサートを2年連続で日本ガイシホールで開催する。

そして、初のガイシホール公演の頃から、1期生を中心に当初からの目標の1つであった「ナゴヤドーム公演」が多くのメンバーの目標として共有されるようになる。後の2013年8月に「AKB48グループ」としてナゴヤドーム公演を行う事が決まるが、これによって「次はSKE48単独で」という気持ちを強くしたという。なお、この「AKB48グループ」としてのナゴヤドーム公演2日目終盤で、SKE48単独のナゴヤドーム公演を翌年に開催することが発表される。ナゴヤドーム単独コンサートは2014年2月に2日連続で開催され、合わせて66,000人の観客を動員した。また、2013年・2014年・2015年には愛知県美浜町で開催される「美浜海遊祭」で3年連続で単独野外ライブを行う。

NMB48が2012年に近畿地方で、HKT48が2014年に九州地方でコンサートツアーを行っているが、SKE48は東海地方あるいは中部地方での地元ツアーの開催歴がない。一方で2014年秋から、姉妹グループでは初めての47都道府県ツアーを開始した。

3rdシングルのc/wで歌った「羽豆岬」はいわゆるご当地ソングで、その効果でPVのロケ地となった愛知県南知多町羽豆岬訪れるファンが増えていて、地域おこしの効果を期待する声があり、2013年7月には地元観光協会の手により歌碑も建立された。

メンバーに関しても、2014年4月時点では、愛知県出身者が過半数を占め、三重県岐阜県静岡県出身者を入れると多くのメンバーが東海地方出身である。東海地方以外の出身は、2013年1月時点では6名と全体の1割程度に過ぎなかった。しかし、2013年10月のドラフト会議と2014年2月の「大組閣」と称するチーム再編を経て、新体制が発足した2014年4月には21名と約3割を占めるまでになり、変容しつつある。

東京のAKB48に対して「地方」の姉妹グループであるSKE48(名古屋)、NMB48(大阪)、HKT48(福岡)は地域性がグループの特色の一つになっていて、各グループのファンの間でも競争意識がみられることがある。総合プロデューサーの秋元康は、こうした姉妹グループ間の競争を「球団同士の争いのようになってきている」と例えているほか、「メンバーを入れ替えようとすると激しい反発を受ける」とも述べている。

握手会

AKB48グループは、シングルごとに、シングル封入のイベント参加券(握手券)を使用した発売記念イベントを本拠地を含めた主要都市で開催している。記念イベントは多くが握手会で、2010年頃から握手会会場でミニライブも行われたが、2014年夏からは原則としてミニライブはなくなり、代替のステージイベントが催されている。開催地は、本拠地および人口が多い関東地方が中心で、SKE48は名古屋と関東地方(東京・神奈川千葉埼玉)を中心に、大阪、京都、福岡等で開催したことがある。

SKE48のシングル発売記念の握手会は現在2種類ある。まず、シングルには3種類のパッケージがあり、店頭やネットで通常発売される「初回限定版」および「通常盤」と、キャラアニmu-mo限定で数回に分けて発売される「劇場盤」がある。通常盤にはイベント参加券が付いていない。初回限定版は、「全国握手会」と称する、1枚につきいずれか1人または数人のメンバーとの握手になる。劇場盤は、「個別握手会」と称する、購入時に指定したメンバー1人との握手になる。初期には、会場が異なるだけでいずれも握手券1枚につき複数メンバーとの握手だった。またこれとは別に不定期に、中小都市の商業施設のイベントスペースなどを利用した「ミニ握手会」が開催されることがある。

なお、AKB48のメンバーはAKB48のシングル(年間4枚程度)の握手会のみに参加するが、地方の姉妹グループであるSKE48・NMB48・HKT48のメンバーは自グループのシングルの握手会(年間3枚程度)に加えて、AKB48のシングル・アルバムの一部の握手会(撮影会やサイン会、「夏祭り」などのアトラクションイベントの場合もある)にも参加する。SKE48のメンバーは、AKB48の10thシングル「大声ダイヤモンド」以降、AKB48の「個別握手会」に参加している。

略歴

2008年

  • 5月30日、AKB48オフィシャルブログにて、AKB48の名古屋進出として名古屋・栄に「SKE48」を創設することを発表。
  • 6月1日、第1期生オーディションの受付を開始。7月12日締切。
  • 6月5日、サンシャイン栄のリニューアルオープン会見に併せてSKE48プロジェクトの記者会見が行われ、「AKB48およびSKE48総合プロデューサー」として秋元康がプロジェクトおよびオーディションの概要、同ビル2階の「SUNSHINE STUDIO」を拠点として活動していくこと、10月上旬にデビュー予定であることなどを発表。
  • 7月30日、第1期生22名が決定。
  • 8月23日、日比谷野外大音楽堂で行われた『ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り』に特別出演、お披露目ライブとなった。また、同ライブにおいてAKB48研究生であった中西優香のSKE48への移籍を発表。
  • 10月2日、オフィシャルサイト上にて、劇場公演を行う16名の選抜メンバー(後のチームS)が決定したことを報告。
  • 10月5日、選抜メンバーによるSKE48初の劇場公演『PARTYが始まるよ』を開始。以降、定期的に公演を行う。
  • 10月22日、AKB48の10thシングル「大声ダイヤモンド」において、松井珠理奈がSKE48メンバーとして初の選抜入り し、センターポジションを務める。

2009年

  • 2月1日、第2期生オーディションの受付を開始。3月12日締切。
  • 2月14日、初のSKE48オリジナル公演『手をつなぎながら』を選抜メンバー(後のチームS)で開始。
  • 3月、選抜メンバーによりチームSを結成。
  • 4月26日、日本国外では初となる香港にて、ライブ『C3 in Hong Kong 2009』を開催。
  • 5月24日、劇場以外では初の単独コンサート『初めての課外授業』を開催。
  • 5月25日、第2期合格者と昇格した研究生により「チームKII」を結成。
  • 6月13日、チームKIIが劇場公演『会いたかった』を開始。
  • 7月8日(6月23日から投票)、『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』(第1回選抜総選挙)で、松井珠理奈が19位となり選抜入り、松井玲奈が29位でアンダーガールズ入り。
  • 8月5日、1stシングル「強き者よ」でCDデビュー。
  • 9月1日、第3期生オーディションの受付を開始。9月30日締切。
  • 9月19日、初の冠番組『SKE48学園』(衛星(CS)放送)が放送開始。
  • 12月、『第60回NHK紅白歌合戦』に初めてAKB48として出場(松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美)。

2010年

  • 6月9日(5月25日から投票)、『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』(第2回選抜総選挙)で、松井珠理奈が当時SKE48歴代最高の10位となり、松井玲奈(11位)ともにSKE48から初のメディア選抜入り。また、大矢真那(24位)、高柳明音(35位)、矢神久美(38位)がアンダーガールズ入り。
  • 7月20日、第4期生オーディションの受付を開始。8月20日締切。
  • 7月31日、SKE48としては初めて、ファン投票により楽曲の人気投票を行う「リクエストアワー」として、『SKE48 リクエストアワーセットリストベスト30 2010〜神曲はどれだ?〜』を開催。
  • 10月3日 - 17日、初めて愛知県外の会場を含む単独ツアーコンサート『汗の量はハンパじゃない』を開催。
  • 12月6日、昇格した研究生16人により「チームE」を結成。

2011年

2012年

  • 1月27日、8thシングル「片想いFinally」でテレビ朝日系列『ミュージックステーション』にSKE48として初出演。48プロジェクトのAKB以外の姉妹グループとしては初めてとなる。
  • 3月1日、中国・南京市で文化交流イベント『南京ジャパンウイーク』に出演する計画があったが、イベント自体が中止となっていたことが報道された。
  • 3月19日、SKE48チケットセンターがオープン。
  • 3月24日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』にて、松井珠理奈のAKB48チームKとの期間限定兼任を発表。SKE48のメンバーによる他のグループとの兼任は初となった。
  • 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』にて、松井玲奈、矢神久美、高柳明音がSKE48メンバーとしては初めて事務所移籍を打診されたことが発表。
  • 4月14日 - 15日、日本ガイシホールにおいてコンサート『SKE専用劇場は秋までにできるのか?』を開催、2日間で自己最多の1万6千人を動員。
  • 5月14日、チームEが劇場公演『逆上がり』を開始。
  • 6月6日(5月22日から投票)、『AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜』(第4回選抜総選挙)で、松井珠理奈が当時SKE48歴代最高の9位となり、10位の松井玲奈とともに選抜入り。また、8名がアンダーガールズ入りしたほか、新設されたネクストガールズに3名が、フューチャーガールズに2名が入り、SKE48からは計15名が選出。
  • 7月27日、チームS公演で、SKE48劇場が専用劇場化に向けて同年9月から改修工事に入ること、改修期間中は出張公演を行うことを発表。
  • 8月15日、第6期生オーディションの受付を開始。9月30日締切。
  • 8月24日、東京ドームでのコンサート『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKIIの石田安奈のAKB48チームBとの兼任、AKB48チームBの北原里英のチームSとの兼任を発表。AKB48のメンバーがSKE48との掛け持ちで籍を置くのは初の例となった。
  • 8月29日、SKE48劇場改修前最終特別公演を実施。
  • 9月18日、日本武道館で『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』が開催され、SKE48からは木本花音と上野圭澄が選抜入り。
  • 9月19日、1stアルバム『この日のチャイムを忘れない』と10thシングル「キスだって左利き」を同時リリース。シングルは初動売上が51.1万枚を記録し、2007年以降にシングル初動50万以上を記録した歌手としては、AKB48に続く3組目となった。
  • 12月9日、改修工事中だったSKE48専用劇場がオープン初日を迎え、全メンバー出演による特別公演を開催。
  • 12月31日、「パレオはエメラルド」で『第63回NHK紅白歌合戦』にSKE48として単独で、研究生を含む総勢62名で出演。曲中に器械体操クラシックバレエラインダンスのパフォーマンスを取り入れた。SKE48としての単独出場は、AKB48の姉妹グループとしては初となった。

2013年

  • 1月25日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』2日目公演において、48グループ支配人人事異動と信任投票の実施を発表。AKB48チームKマネージャー芝智也がSKE48劇場新支配人に指名され、投票の結果信任され、27日に新支配人に就任した。
  • 1月30日、11thシングル「チョコの奴隷」をリリース。初動売上は約53.9万枚で、女性アーティストとしては宇多田ヒカル浜崎あゆみ、AKB48に続く4組目となる2作品連続初動売り上げ50万枚超えとなった。また、通算売上でも67.2万枚を記録しSKE48最多となり、同年のオリコン年間シングルランキングでもSKE48過去最高の7位となった。
  • 4月6日、高柳明音が ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/23 19:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「SKE48」の意味を投稿しよう
「SKE48」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

SKE48スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「SKE48」のスレッドを作成する
SKE48の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail