このキーワード
友達に教える
URLをコピー

TBSラジオ_エキサイトベースボールとは?

移動先: 案内検索
【TBSラジオ エキサイトベースボール】

【愛称】
エキサイトベースボール
【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
2006年 - 2017年
【放送時間】
火曜 - 金曜 17:50 - 原則試合終了
(最大延長 24:00)
【放送局】
日本 TBSラジオ
【制作】
TBSラジオ、TBSプロネックス
【ネットワーク】
JRN
【テーマ曲】
タイトル不詳(作曲:椎名KAY太)
【公式サイト】
公式サイト
特記事項:
1.実際の中継は18:00から(前の10分は直前情報枠に充てられる)。
2.2010年以降、上記以外の曜日は原則放送しない。デーゲームはそれ以前から原則放送しない(クライマックスシリーズも例外ではない)。

TBSラジオ エキサイトベースボール』(ティービーエスラジオ エキサイトベースボール、TBS Radio Excite Baseball)は、2006年から2017年まで日本TBSラジオが放送していたプロ野球中継番組である。放送上では『TBSラジオ954 エキサイトベースボール』(ティービーエスラジオきゅうごーよん エキサイトベースボール)と呼称されることがあった。基本的に日本野球機構(NPB)内に属する球団の試合を中継していた。

TBSラジオは関東地方をエリアとする放送局であるが、JRN系列のキー局でもあるため、ナイターについては『JRNナイター』(ジェイアールエヌナイター)の総称 のもと全国ネットで放送される場合があった。

本項では、前身となる番組についても併せて記述する。

目次

  • 1 番組の歴史
    • 1.1 番組題名の遍歴
    • 1.2 中継放送開始 - 1960年代
      • 1.2.1 レギュラー編成の開始
      • 1.2.2 ナイター中心の編成開始
      • 1.2.3 1960年代後半
    • 1.3 エキサイトナイター時代
      • 1.3.1 1970年代
      • 1.3.2 1980年代
      • 1.3.3 1990年代
    • 1.4 ザ・ベースボール時代
    • 1.5 エキサイトベースボール時代
      • 1.5.1 土・日曜ナイター編成廃止後
      • 1.5.2 RFラジオ日本との再提携(2016年)
      • 1.5.3 プロ野球中継の終了(2017年)
  • 2 概要
    • 2.1 放送時間
    • 2.2 放送内容
    • 2.3 中継カード
      • 2.3.1 オフシーズン編成期の中継
    • 2.4 関連番組
      • 2.4.1 過去
  • 3 リスナーサービス
    • 3.1 現金プレゼント
    • 3.2 友の会
    • 3.3 ワクワク野球塾
  • 4 テーマソング
  • 5 イメージキャラクター・マスコット
    • 5.1 『エキサイトナイター』時代
    • 5.2 『ザ・ベースボール』時代
      • 5.2.1 954ベースボールエンジェルズ(2003年)
      • 5.2.2 ザ・ベースボールエンジェルズ2004
      • 5.2.3 サンキュ〜・ベースボール!キャンペーン(2005年)
    • 5.3 『エキサイトベースボール』時代
      • 5.3.1 エキベ〜
    • 5.4 2015年
  • 6 ネット局(試合中継を担当する局)
  • 7 出演者
    • 7.1 解説者
      • 7.1.1 過去の解説者
    • 7.2 実況アナウンサー・リポーター
      • 7.2.1 過去の実況アナウンサー・リポーター
      • 7.2.2 アナウンサーの備考
    • 7.3 パーソナリティ・スタジオ担当
      • 7.3.1 過去の担当者
  • 8 制作に関して
    • 8.1 2010年度以降の週末ナイターの放送状況
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 参考資料
  • 11 関連項目
    • 11.1 ナイターオフシーズン限定番組
  • 12 外部リンク

番組の歴史

東芝ナイター

黄桜ゴールデン・ナイター
【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1958年5月4日 - 1961年9月24日(東芝時代)
1962年5月6日 - 9月30日(黄桜時代)
【放送時間】
日曜 20:00 - 21:00→19:30 - 21:40(東芝時代)
日曜 19:15 - 21:40(黄桜時代)
【放送局】
日本 ラジオ東京→東京放送
【テーマ曲】
コバルトの空』(作曲:服部逸郎)
【提供】
東芝
清酒黄桜
特記事項:
ラジオ東京最初のレギュラー編成による、プロ野球中継。
モロゾフナイター

木曜ナイター
【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1959年5月7日 - 9月24日(モロゾフ時代)
1960年5月5日 - 1961年10月5日
【放送時間】
木曜 20:00 - 21:00(モロゾフ時代)
木曜 20:00 - 21:00→20:00 - 21:40
【放送局】
日本 ラジオ東京→東京放送
【テーマ曲】
『コバルトの空』
【提供】
東邦酒造(モロゾフ時代)
日本電気伊藤ハム(木曜ナイター時代)
フェザー・シルバー・ナイター
三菱ダイヤモンド・ナイター

日曜薄暮ゲーム
【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1962年4月22日 - 9月30日(フェザー / 三菱時代)
1963年4月11日 - 1965年10月10日
【放送時間】
日曜 16:20 - 18:55
【放送局】
日本 東京放送
【テーマ曲】
『コバルトの空』
【提供】
フェザー安全剃刀(フェザー時代)
フェザー安全剃刀→三菱グループ(三菱商事三菱石油)(日曜薄暮時代)
特記事項:
1.『三菱…』のタイトルは大相撲中継期間に放送。
2.試合の無い時は『ダイヤモンド・ハイウェイ』を放送。

番組題名の遍歴

【年度】
【題名】

【1958】
(日曜)「東芝ナイター」(とうしばナイター)
【1959】
(木曜)「モロゾフナイター
(日曜)「東芝ナイター
【1960 - 1961】
(木曜)「木曜ナイター」(もくようナイター)
※冠協賛はないが、1社協賛番組としてNEC伊藤ハムがついていた
(日曜)「東芝ナイター
【1962】
(木曜)「木曜ナイター
(日曜・薄暮デーゲーム開催)「フェザーシルバーナイター」または
三菱ダイヤモンドナイター」(みつびしダイヤモンドナイター)
※原則としてフェザー剃刀協賛。
大相撲期間中はフェザー剃刀が大相撲中継に回るため、三菱グループの協賛となった
(日曜ナイター)「黄桜ゴールデンナイター」(きざくらゴールデンナイター)
【1963 - 1965】
(全曜日ナイター)「TBS○曜ナイター」(ティービーエス○ようナイター)
(日曜・薄暮デーゲーム開催)「日曜薄暮ゲーム」(にちようはくぼゲーム)
※冠協賛はないが、1社協賛番組としてフェザー剃刀、ないしは三菱グループ(条件は上掲に同じ)がついていた
【1966 - 1969】
(全曜日)「TBS○曜ナイター
【1970 - 1991】
(全曜日)「TBSエキサイトナイター」(ティービーエスエキサイトナイター)(第1期)
【1992 - 1995】
(全曜日)「TBSステレオエキサイトナイター」(ティービーエスステレオエキサイトナイター)
【1996 - 1999】
(全曜日)「TBSエキサイトナイター」(第2期)
【2000 - 2005】
(全曜日)「TBSラジオ ザ・ベースボール」(ティービーエスラジオ ザ・ベースボール)
【2006 - 2017】
(全曜日)「TBSラジオ エキサイトベースボール

中継放送開始 - 1960年代

局名が「ラジオ東京」だった1952年、3月の読売ジャイアンツ(巨人)対毎日オリオンズ定期戦(オープン戦)で初のプロ野球中継を編成(独占中継)。この編成にあたり、当時スポーツアナウンサーが不足していた ラジオ東京は、日本放送協会(NHK)から大阪局小坂秀二名古屋局近江正俊を移籍させた。最初の中継は3月12日の定期戦3・4戦。実況担当は小坂、解説には野球記者の大和球士を迎えた。その後は、1957年まで不定期で放送していた。

レギュラー編成の開始

1958年5月4日、毎週日曜20:00 - 21:00のレギュラー編成によるプロ野球中継を開始。また、解説者も大和に元中日内野手の土屋亨を加入させ、初の複数人体制となった。当時は東芝(東京芝浦電気)の一社提供による冠スポンサー番組として『東芝ナイター』(とうしばナイター)のタイトルで放送された。雨天中止の場合は、『東芝ジュークボックス』を編成。

1959年は、週二回に増加。5月7日から9月24日木曜20:00 - 21:00に東邦酒造一社提供の『モロゾフナイター』を放送(21:37までの延長オプションあり。雨天中止の場合は『モロゾフ・ハイファイ・タイム』を放送)。「モロゾフ」は東邦酒造のワインブランド名。

1960年は、5月5日より木曜20:00 - 21:00に『木曜ナイター』(もくようナイター。日本電気一社提供)を開始し、全ナイター中継において21:37までの延長オプションが設けられた。「東京放送」(TBS)となった後の1961年は日曜が19:30 - 21:40、木曜が20:00 - 21:40にそれぞれ放送時間を変更。『木曜ナイター』は1961年10月5日をもって一旦終了(終了当時は伊藤ハム一社提供)。

1962年には、日曜夕方の薄暮ゲーム中継として4月22日から日曜16:20 - 18:55に『フェザー・シルバー・ナイター』を開始(フェザー安全剃刀の一社提供)。大相撲中継期間は『三菱ダイヤモンド・ナイター』(みつびしダイヤモンドナイター)として放送。日曜ナイターは東芝に代わり清酒黄桜(黄桜酒造)の冠番組として5月6日より19:15 - 21:40に『黄桜ゴールデン・ナイター』(きざくらゴールデンナイター)を放送(試合の無い場合は、『黄桜演芸場』『てんや・わんやの民謡百景』などを編成)。いずれも9月30日まで放送。

【TBSナイター】

【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1963年4月6日 - 1969年10月5日
【放送時間】
火 - 木曜、土・日曜 18:55 - 22:00→月 - 日曜 18:40 - 21:40
【放送局】
日本 東京放送
【ネットワーク】
JRN
【テーマ曲】
『コバルトの空』
特記事項:
1.通常は、各放送曜日名を入れた『○曜ナイター』のタイトルで表記。
2.試合終了まで完全中継。
3.雨天中止・早終了などの場合芥川隆行出演の『ナイター・ジョッキー』。
4.1966年4月からは金曜除く6曜日、1969年4月からは全曜日放送。
5.1965年5月2日以降は、JRN系列全国ネット番組としての役割も併せ持つ。

ナイター中心の編成開始

1963年4月には、編成部長の中村新と編成課長の辰繁存らにより、ナイター中継を夜間放送の中心に据える編成を導入。金曜を除いた - 木・・日曜の18:55 - 22:00の枠による帯番組編成となる。また、引き続き日曜16:20 - 18:55枠には『日曜薄暮ゲーム』(にちようはくぼゲーム)としてフェザー安全剃刀の一社提供または三菱商事三菱石油(いずれも三菱グループ加盟社)の提供で放送試合の無い時は『ダイヤモンド・ハイウェイ』を編成)。4月6日の『火曜ナイター』(かようナイター)より新編成による中継を開始した。ナイター中継中心の編成が組まれた背景には、プロ野球中継しか夜間の番組がスポンサーがつかなくなっているという認識があったとされる。また、『TBSナイター』(ティービーエスナイター)という総称が使用されるようになった。

この編成に伴い、実況アナウンサーは渡辺謙太郎吉川久夫岡部達石井智池田孝一郎山田二郎が特定球団ごとに担当することとなった。また、巨人戦中心の編成をするとともに名古屋・関西(大阪・兵庫)・広島・福岡各本拠地球団主催試合をフォローする必要性から現地局であるCBC・ABC・RCC・RKBとの関係を強化した。

21:00以降の枠には、雨天中止・早終了などの場合によるクッション番組として『ナイター・ジョッキー』が挿入 され、芥川隆行が担当した。

ナイターのスポンサーも、引き続き各曜日ごとに単独で担当することとなった。火曜は日本酒造組合中央会、水曜はコカ・コーラ、木曜は日本漁網船具、土曜は資生堂、日曜は前年から引き続き清酒黄桜。

1964年も引き続き同じ編成。スポンサーは、水曜がコカ・コーラ ボトラーズ(名称変更)、日曜薄暮ゲームが三菱商事・三菱石油のみとなった。

1960年代後半

1965年、木曜のスポンサーが大関酒造に変更。また、同年5月2日にTBSラジオをキー局とするネットワーク組織「Japan Radio Network」(JRN)が発足した事に伴い、中継カードによりJRN系列全国ネット番組としての役割も担うこととなる。10月10日をもって『日曜薄暮ゲーム』の放送を終了。

1966年4月には、『月曜ナイター』(げつようナイター。ロッテの一社提供)も開始し週6回となる。また、試合のない場合の予備枠として、20:00まで『ナイタージョッキー』、それ以降は『○曜リクエストジョッキー』 を設けた。土曜ナイターのスポンサーから資生堂が外れ別の複数社による提供となる。

1967年には、放送時間を18:25 - 21:30に変更。試合のない日は、19:30までは『ナイタージョッキー』、20:00までは『○曜リクエストパレード』、それ以降は『ミュージックワイドショー』(月・日)『歌謡曲ワイドショー』(火)『ポピュラーワイドショー』(・土)『ヒットワイドショー』(木)を放送していた。また、この頃より番組表では『プロ野球ナイター実況中継』(プロやきゅうナイターじっきょうちゅうけい)という総称が使われた。スポンサーは、月曜が東鳩製菓、土曜は前年複数社の一つだったトヨタ自動車販売の一社となり、日曜のスポンサー名義が黄桜酒造に変更された。

1968年は、18:40 - 21:40に変更。18:50までは『プロ野球デスク』(プロやきゅうデスク)として内包。試合のない日は、20:00まで『ナイタージョッキー』、21:00までは月・日曜が『演芸バラエティ』火曜が『お笑いバラエティ』水・木・土曜が『ミュージックバラエティ』、21:40までは月・日曜が『爆笑ジョッキー』火曜が『歌謡ジョッキー』水曜が『こりゃまたジョッキー』木曜が『おかしなジョッキー』土曜が『まじめなジョッキー』をそれぞれ編成していた。月曜のスポンサーは複数社となった。

1969年は、『金曜ナイター』を開始。全曜日編成となった。10月5日をもって、『TBSナイター』としてのレギュラー放送を終了。


【TBSエキサイトナイター】

【愛称】
エキサイトナイター
【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1970年4月12日 - 1999年10月2日
【放送時間】
火 - 日曜 18:00 - 試合終了
【放送局】
日本 東京放送
【ネットワーク】
JRN
【テーマ曲】
『コバルトの空』
特記事項:
1.『TBSラジオエキサイトナイター』または『ステレオ・エキサイトナイター』(1992年 - 1995年)とも表記。
2.1979年 - 1981年の巨人戦については、ラジオ関東(1981年10月よりRFラジオ日本。以下、RF)と共同制作しており、RFの解説者やアナウンサーが出演する場合もあった(TBSラジオの解説ないしはアナとの共演含む)。

エキサイトナイター時代

1970年代

1970年4月12日より、『TBSエキサイトナイター』(ティービーエスエキサイトナイター)としての放送を開始。タイトルについては『TBSラジオエキサイトナイター』と表記される場合もあり、初年度の番組表ではこの表記が使用された。編成時間は、18:50 - 21:40。また、直前には平日・土曜は18:30 - 18:50に『歌のクリーンヒット がんばれジャイアンツ』が、日曜は18:40 - 18:50に『フレーフレージャイアンツ』がそれぞれ編成された。この頃には、概ね複数スポンサー提供となっており、単独スポンサー提供となっているのは日産自動車が付いている日曜のみだった。

1971年は、引き続き前年と同様の編成。ただし、平日・土曜については中継直前に2本のミニ番組内包する形をとった。ミニ番組は18:30 - 18:40が『毒蝮のがんばれジャイアンツ』(出演:毒蝮三太夫)、18:40 - 18:50は『マツダマチャアキスタジアム』(出演:堺正章市地洋子マツダ一社提供)。また、この頃には国外旅行ないしは万円単位の賞金が当たるというリスナー向けプレゼントクイズの企画も行っている。

1972年は、火 - 日曜の18:45 - 21:40に編成。また、金曜のスポンサーは1974年まで三井グループ単独提供となった。1973年は、火 - 日曜の18:40 - 21:30に編成。

1974年は、18:25 - 21:10に編成。この年をもって、初中継以来23年に渡り専属解説者を務めてきた大和が降板(同年11月には、解説としての功績を評価され、TBSラジオから「ゴールデンマイク賞」を受賞した)。

1975年は、18:15に繰り上げ、また、前座コーナーとして新専属解説者牧野茂による『牧野茂のナイター見どころ聞きどころ』(まきのしげるのナイターみどころききどころ)を開始。

1976年は、18:20 - 21:10(月曜ナイターの場合もあり)。また、試合のない日は『二郎で勝負!リクエストナイター』を編成していた(月曜は別編成)。ナイター直前には『ナイタースタートダッシュ』と題した5分枠のミニ番組を開始(原則ナイター枠のない月曜も同時間帯に放送)。また、日曜昼には『TBSサンデースポーツスペシャル』と題して、在京球団のデーゲーム中継を放送したことがあった。

1977年は、火 - 日曜の18:20 - 21:10、月曜は試合のある日のみ18:20 - 21:30の枠に編成。月曜以外の試合のない日は『二郎で勝負!リクエストナイター』を編成。

1978年は、火 - 日曜の18:20 - 21:10を基本編成として、試合予定のない日は『ラジオナイター・歌謡曲』を編成した。また、デーゲームしかない日は『デーゲームハイライト』を編成。この時、巨人主管試合については、ラジオ関東読売新聞社(巨人の親会社)との契約で独占中継権を獲得したことに伴い、JRN・NRN各局とも中継することが不可能となったため、巨人戦はビジターカードのみの放送となり、主管カードが実施される場合は、関東の他球団(主にヤクルト・大洋主管の試合)のカードを中心として放送した。

1979年は、基本編成変わらず。デーゲームハイライトとして録音中継が編成されることもあった(参考:4月14・15・22・28・29日)。前年、巨人主管試合の中継から締め出された影響で、地方局の聴取率・営業面の低下が進んだことを受け、この年から、巨人主催試合のみ読売新聞社から販売購入を行う形で、ラジオ関東(1981年10月よりRFラジオ日本。以下、RF)との共同制作となったため、一部同局解説者及びアナウンサーを起用(片方のみTBSラジオからの起用となる場合があれば、両方がRFからの起用となる場合もあった。事実上RFの「TBS用裏送り」またはTBSの「RF用裏送り」と同じ。詳細は、ラジオ日本ジャイアンツナイター#TBSとの連携へも参照)。

1980年代

1981年は、火 - 日曜の18:15 - 21:00に編成。同年限りでRFとの共同制作による巨人主催試合中継は終了。1982年より、RFから放送権を買い取ったうえで自社制作に戻る。

1983年は、18:00 - 21:00に編成(試合のない日は『歌謡曲で全力投球』を編成)。1984年は、試合のない日の特別番組として『プロ野球ネットワーク』を編成。また、高山栄がパーソナリティを務める『ナイタージョッキー』を終了後に放送。1986年より、18:00 - 21:00を全日ナイター枠に設定。また、4月7日より、試合予定のない月曜日限定で『マンデーナイトベースボール』を放送開始(時間は18:00 - 21:00)。

1987年は、ナイターが予定されていない月曜の編成については、18:00から『マンデーナイトベースボール』(出演:小林繁、松下賢次)、20:00から『三菱ドライビングジョッキー』(三菱自動車工業一社提供。出演:かまやつひろし早見優)、20:30から『ハロー!ワンニャン』(出演:宮野のり子)、20:45から『理佐の大冒険』をそれぞれ放送。

1988年は、ナイターが予定されていない場合の編成は、火 - 日曜は『プロ野球ネットワーク』と『ナイターミュージックランド』、月曜は18:00から『マンデーナイトベースボール』(出演:田淵幸一、松下賢次)、20:00から『KMオン・ザ・ロード』(KMグループ単独提供)、20:30から『山東昭子のフレンドトーク -この人あの時-』(出演:山東昭子)をそれぞれ放送)。

1989年のナイターが予定されていない月曜は、18:00から『マンデーナイトベースボール』(出演:小林繁、林正浩、香川恵美子)、20:00から『TBSラジオスペシャル』を放送していた。

1990年代

1990年より、枠を21:30までに拡大。ナイター予定のない日について、月曜は前年と同様(ただし、『マンデー…』の出演は山田二郎と林正浩)で、それ以外は『プロ野球ネットワーク』『ナイター・ミュージック・ランド』(以下、火 - 木・土・日曜)または『プロ野球東西南北』『ナイター・ミュージック・ライブラリー』(以下、金曜)を放送。

1992年は、ステレオ放送の開始に伴い、『ステレオ・エキサイトナイター』のタイトルを併用開始(1995年まで)。また、放送枠を21:20までに縮小した。ナイターが予定されていない月曜は、18:00から『マンデーナイトベースボール』(出演:宮沢隆、神田紅)、20:00から『TBSラジオスペシャル』、21:00からは新番組『太郎と太郎』(出演:木村太郎)を放送していた。

1993年は、ナイターが予定されていない月曜は、18:00から『マンデーナイトベースボール』(出演:栗山英樹、長峰由紀)、20:00から『TBSラジオスペシャル』、21:00から21:25まで新番組『ひでたけ・ゆみこのAKASAKAギャッピング』(出演:高嶋秀武福島弓子)をそれぞれ放送していた。同年をもって、『マンデーナイトベースボール』の放送を終了した(最後の放送は8月30日。時間は18:00 - 20:00だった)。

1994年は、10年ぶりに火 - 日曜の週6日へ縮小(月曜ナイター枠を原則廃止)。1995年は、21:00に縮小。また、8月26日からのヤクルト対中日ナイター三連戦をニッポン放送からの番販購入により放送した(1997年にも、普段ナイターが組まれることのない月曜となる5月5日にヤクルト対中日戦中継が編成された)。

1999年10月2日をもって、30年に渡る『TBSエキサイトナイター』としてのレギュラー放送を終了。


【TBSラジオ ザ・ベースボール】

【愛称】
ザ・ベースボール
【ジャンル】
プロ野球中継
【放送方式】
生放送
【放送期間】
2000年4月4日 - 2005年
【放送時間】
火 - 日曜 17:50 - 試合終了
【放送局】
日本 東京放送→TBSラジオ
【ネットワーク】
JRN
特記事項:
1.実際の中継は18:00から(前の10分は直前情報枠に充てられる)。
2.2001年4月から、巨人主催試合のネット配信を開始。
3.2001年10月より、東京放送からTBSラジオ&コミュニケーションズの放送に移行。

ザ・ベースボール時代

2000年、『TBSラジオ ザ・ベースボール』(ティービーエスラジオ ザ・ベースボール、TBS Radio The Baseball)に変更(レギュラー放送としての開始は、4月4日)。印刷物やウェブサイトにおけるタイトルロゴは『ザ・ベースボール』『the baseball』の2つを使用していた。前座番組は『キャッチ・ザ・ベースボール』(Catch The Baseball)のタイトルで、試合終了後のハイライト番組は『ザ・ベースボールジョッキー』(The Baseball Jockey)のタイトルで放送。

2001年4月には、巨人主催試合のネット配信を開始した。同年10月1日、従来テレビとの兼営局だった東京放送がラジオの放送事業を子会社TBSラジオ&コミュニケーションズへ完全に移行。それに伴い、『ザ・ベースボール』の制作・放送も同社に移行した。


エキサイトベースボール時代

2006年、タイトルを『TBSラジオ エキサイトベースボール』に変更。デーゲーム、ナイターオフなどの特別編成時は『TBSラジオ エキサイトベースボールスペシャル』(TBS Radio Excite Baseball Special)のタイトルで放送。また、同年よりTBSグループの番組制作会社であるティーエーシーが制作に関わる。

土・日曜ナイター編成廃止後

2010年、土・日曜のレギュラー編成によるナイター枠を廃止した。併せて、JRN系列の土・日におけるナイター中継も廃止した。

これには、

  1. TBSラジオの放送エリアにあたる首都圏内のナイター中継聴取率が減少傾向にあること。
  2. 2005年以後巨人戦(ホーム・ビジター問わず)の週末・祝日の開催の多くがナイトゲームからデーゲームに移行し、全試合デーゲーム・もしくは東京ヤクルト主催試合のみナイトゲームとなって放送枠自体の維持が困難になりつつある。
  3. 先述の要因などからナイトゲームの定期ネットを打ち切る局が続出している。

などの点が挙げられる。

この影響から、NRN/JRNクロスネット局(主にAMが1局しかない県)で週末にJRNナイターを放送していた局は、放送を打ち切って野球以外の通常番組に切り替えたか(TBSラジオからの音楽番組のネット受けを含む)、NRNナイターのネット受け(これでJRNナイターが実質火曜日のみとなる)にした局も多数ある(但し、土曜・日曜・月曜<祝日・セ・パ交流戦期間など>はプロ野球チームがある地域へ向けて、そのチームが関東圏で試合をする場合の裏送りはある。後述)。

具体的なアナウンスはないが、この2010年以降、公式戦期間中の月曜の中継も原則として行われていない。2012年6月の聴取率調査期間には、約3年ぶりの月曜の中継が実施された。

2012年10月1日、制作プロのティーエーシーがテレコム・サウンズと合併しTBSプロネックスが発足。以降、制作体制が同社とTBSラジオに移行する。

2013年8月31日、土・日ナイターレギュラー編成廃止後初めて、巨人が関与しないナイターとなる、阪神対広島戦(阪神甲子園球場)を放送した(解説:元木大介、実況:小笠原亘、リポーター:戸崎貴広)。しかし、公式戦期間中の土・日ナイター中継は同年9月22日の巨人対広島戦(巨人のリーグ優勝決定試合)を最後に実施されておらず、2014年以降の土・日ナイター中継はクライマックスシリーズと日本シリーズのみとなっている。

RFラジオ日本との再提携(2016年)

2016年シーズンからこれまでのTBSラジオを始めとするJRNの各局に加え、アール・エフ・ラジオ日本との制作協力を行う形で、中継することになり、これによって、ラジオ日本側では、巨人主催試合およそ20試合を制作し、JRN各局に放送するのに対して、ラジオ日本へはJRN各局が、それぞれの球場で作るナイター中継(主に巨人のビジターゲーム中心。TBSラジオからもDeNA主催試合を配信)をネット受けすることになっている。これによって、本番組での巨人戦中継カードは2015年シーズンに比べ約20試合増え、全中継カードの約8割が巨人戦となる。

ラジオ日本ジャイアンツナイター#JRN・NRNとの関係」も参照

プロ野球中継の終了(2017年)

2017年、雑誌『週刊ポスト』9月29日号において、同年シーズンを最後にナイター中継の自社制作から撤退するという内容の内部情報を基とした記事が掲載された。それによると「近年野球中継の聴取率悪化による広告収入の減少や、球場の放送席の使用料の高騰などで、採算が厳しい」とする現状があるとしており、松下賢次は「ラジオ中継のファンからブーイングが起こるのではないでしょうか。TBSは日本で初めて帯番組としてナイターを行った老舗であり、音声だけであらゆるものを網羅するラジオ中継はひとつの文化。赤字を理由に辞めるのは悲しい」とするコメントを寄せた。TBSラジオでも「年内を目処に、独自制作続行か撤退し他社制作を受けるかの結論を出す」としていた。

11月29日、同局社長の入江清彦が定例記者会見にて同年シーズンをもってプロ野球中継から完全撤退することを発表。中継の議論については2010年に土日にデーゲームが増えたために、週末のプロ野球中継から撤退したあたりから、「同じカードを同じエリアで横並びで放送するのはラジオのマーケット拡大、TBSの選択肢としてどうなのか、という疑問を持って議論をしていたのは事実です」と検討していたことをTBSラジオ社長の入江清彦は話していた。

同月4日に『エキサイトベースボールスペシャル』として放送された「SMBC日本シリーズ2017福岡ソフトバンクホークス横浜DeNAベイスターズ第6戦(福岡ヤフオクドーム。RKBラジオ制作)が最後の放送となった。ただし、これに対する関東以外の球団所在地のJRNナイター参加局の具体的な対応は発表されていない(各局との制作協力について「最終的に調整していく」とした)。一方、プロ野球中継以外の番組については、今後も続けていく予定であることも明らかにした。

概要

放送時間

原則として火曜日 - 金曜日の17:50から試合終了まで放送する(最初の10分は直前情報に当てられ、実際の中継は18:00からとなる)。基本的に月曜日・土曜日・日曜日は中継をしないが例外として聴取率調査週間中の週末とポストシーズンゲームなどで月・土・日曜日に野球中継がある場合は、18:00または18:15からの放送となる場合が多い。

  • 1982年度まで18:15からの放送だったが、1983年度から15分繰上げ18:00に、2000年度からは10分繰上げ毎日17:50になる。
  • 週末は2001年から17:30に変更。
  • 放送対象試合の開始時刻が18:00より前の場合でも中継開始は18:00である。

『エキサイトベースボールジョッキー』(後述)の放送終了時刻を迎えても試合が続いていた場合は、編成の関係で当該時間枠以後で放送される番組のスライドは行わず、時間短縮や休止の処置が取られる。原則試合終了まで放送するが、試合時間が長時間に及んだ場合は23時59分で放送を打ち切る。

放送内容

TBSラジオはJRNネットワークの基幹局かつ関東地区担当局である。そのため、関東地区を本拠地とする球団のホームゲームの制作を担当する(読売ジャイアンツ横浜DeNAベイスターズ埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズの4球団)。また、JRNの全国ネットカードにならない試合も原則としてTBSラジオが制作を担当し、ネット局向けの中継(制作局では流れない中継を裏に送ることから裏送りと呼ばれる)、雨天中止時や中継カードが早く終了した場合の予備、あるいは放送用の素材として実況を行う(ただし、ネット局が乗り込んで自社制作する場合、その音源を活用し、TBSラジオは制作を行わない場合がある)。それに対して、その他の球団のホームゲームは、原則としてネット局が制作し、JRNのネットワークを通じて中継される(ネット局は後述)。JRNナイターとして全国ネットされる試合が、関東地区を本拠地とする球団のビジターゲームの場合、TBSラジオがリポーターを派遣する。

JRNナイターとして放送されるネット局の中継では、全局共通のチャイム音を他球場速報の際に鳴らす。

本番組は全国向けに制作しているJRNナイターをそのまま放送している場合が多いが、関東以外の球団主催によるビジターの巨人戦の中継がある時は、担当局制作のJRNナイターを受けずに自社制作で中継することもある(主に後述のスペシャルウィーク期間中の試合、交流戦の対楽天戦、金曜開催の対広島戦と対阪神戦)。

特にスペシャルウィークは、東京ドームの巨人戦や横浜スタジアムのDeNA戦など、首都圏向けと全国向けのJRNナイターを二重制作する。そのため、両チームのリポーターは双方の中継のリポーターを担当することになる。また対阪神戦の場合、阪神サイドのリポーター(月・金はMBS毎日放送のアナ、その他はABC朝日放送のアナ)はTBSラジオ制作の首都圏向けと全国向けの中継、そして自社制作の中継と3つの中継のリポーターを担当することになる。2010年度以降のスペシャルウィークでは巨人主催試合の二重制作を行わずにTBSラジオでもJRN向けナイターをそのまま放送していた(この場合でも関東以外への自社予備待機は行うことがある)が、2013年8月のスペシャルウィークでは30日の巨人対中日戦のみJA全農協賛の特別企画を行ったため、久々にTBS向けとJRN向けの二重制作を行った(スペシャルウィークではないが、8月2日の巨人対阪神戦でも一社提供となったため二重制作している)。

JRNナイターとして全国ネットされる場合はネット局での放送開始時刻および中継音声への切り替え時刻が異なるため、18時30分までの複数回、切り替え時刻に解説者・アナウンサーがコメントをやめて場内音→飛び乗り配慮のコメント(それまでの試合概要など)をしている(これはJRN・NRNナイター全国ネット共通)。なお、本番組の提供読みは18時の時報明けに行われる(試合開始時刻などによって異なるが、18時試合開始の場合、先頭打者の打席中に行われる)。

TBSラジオが制作する場合、他のJRN局が制作する場合と比べて他球場速報の割合が多い傾向がある。他局制作の放送をネット受けする場合、投球の合間に、TBSラジオのみ実況アナと解説者が話しているのを遮って、TBSラジオのスタジオから他球場の速報を入れる場合がある。CM明けなどのタイミングで他球場の実況速報を入れることも多い。

中継カード

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/13 14:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「TBSラジオ_エキサイトベース…」の意味を投稿しよう
「TBSラジオ_エキサイトベースボール」のコンテンツはまだ投稿されていません。

TBSラジオ_エキサイトベースボールスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「TBSラジオ_エキサイトベースボール」のスレッドを作成する
TBSラジオ_エキサイトベースボールの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail